Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Competitive advantage’

iphone_economy

[iPhone は海外で作られる:image

James Allworth のサムスン脅威論の最終回。

果たしてアップルに打つ手はあるのだろうか・・・

asymco: “The real threat that Samsung poses to Apple” by James Allworth: December 2012

     *     *     *

アップルはライバルに手を打ってきた

長い間アップルは、ライバルがアップルのビジネス上の優位性を脅かさないように手を打ってきた。アップルがサプライチェーンを使っていかに競争的優位性を保とうとしたか、またアップルの技術を利用するためにはライバルが奨励金を支払わざるを得なくなったかということについて、大変優れた記事が Quora に載っている。しかしながら、キーとなる新技術を誰も利用できないように「ロックイン」する手法は、消費者がデバイスにさらなる性能を求めた世界でこそうまく働いたのだが、そんな世界は急速に消えつつあるのだ。

Apple have taken steps to minimize the ability of competitors to duplicate their business advantage. There’s a great post here on Quora describing how Apple has used its supply chain as a competitive advantage and how competitors end up subsidizing Apple’s use of the technology. But the approach of “locking in” key new technology so nobody else can get them works best in a world where consumers need more performance from their devices — a world is rapidly slipping away.

     *     *     *

アップルに残された道は何か

ではアップルとしては何を為すべきか? 重要なコンポーネントのサプライヤーがライバルにならない限りは彼らを使うことができた。しかしそうではない場合、あるいはサプライヤーがすでにライバル化してしまった場合には、賢明な方策はたったひとつしかない — サプライヤーを変えてしまうことだ。その場合も選択肢は2つしかない。誰でも分かる第1の選択肢は、別のサプライヤーと差し替えてしまうことだ。しかしそれでは再び同じことを繰り返すリスクがある。そのサプライヤーを再びアップルのライバルに育ててしまうことになるからだ。残った方法は、競争上の優位性をマーケットで維持するため決定的に重要なコンポーネントやサービスについては、アップル自らがそのコンポーネントを製造するという選択肢だ。

So, what’s Apple got to do? In so much as it is able to trust its suppliers of key components not to become competitors, it can continue to use them. But where it can’t, or where those suppliers have already become competitors, it has only one sensible choice — replace them. It has two choices here: the first (and obvious one) is with another supplier. But that risks the same thing happening all over again — Apple nursing another supplier into a competitor. The second choice: for components and services that are critical to maintaining competitive advantage in the markets which Apple plays, Apple needs to build the components themselves.

     *     *     *

Tim Cook がやろうとしていること

かかる立場におかれた企業はほどんどない。しかしアップルはまさにそうなりかけている。また一方、失業率がかなり高いために、雇用の一部を自国に取り戻そうとしている国があることも聞いている。奇妙なことに、それこそ Tim Cook が今やろうとしていることなのだ。海外で生じた非課税収益の一部をを自国に持ってくるという意味でもこれはいい方法かもしれない。(米国内に少なからぬ工場を誘致しようする税法上の優遇策はかなり高いのではないかと想像する。)その一方で、ライバルの手からビジネスを — 現在から未来にわたって — 取り戻せることにもなるのだ。

Most companies wouldn’t be in a position do that. But Apple is almost already there. I also hear that there might be a country out there with relatively high unemployment rate, looking for some jobs to be brought back home. Funnily enough, it seems that’s just what Tim Cook is doing right now. This approach might just be a good way of on-shoring some of those untaxed offshore profits (I imagine the tax benefits for building a few factories in the US would be quite high), all the while taking away business from competitors — both current and future.

     *     *     *

それでもなお・・・

それでもなお、答えの出ていない疑問が残る。サムスンがアップルに与えている脅威という点では、時すでに遅しではないのか、と・・・

But there’s one question that still remains. In the instance of the threat that Samsung poses to Apple: is it already too late?

     *     *     *

ついつい紹介が長くなってしまった。

James Allworth のサムスン脅威論は筆者にとって昨年いちばんオモシロかった記事のひとつだ。

しかし太平洋のこちらでも向こうでもあまり取り上げられなかったような気がする。

ハーバードビジネススクールのフェローという学者の書いたものだけに、使われている語彙だけでなく、論理の筋立てもいくつもの視点がからみあって一筋縄ではいかない。

いつものように抜き書きして簡単に紹介するワケにはいかなかった。

アップルといえばデザイン、アップル信者がアップルを支えるといったステレオタイプな思考を排して、ジョブズ亡き後の今日のアップルが抱える問題点を掘り下げて非常に興味深い論考だと思う。

冷えきっていた心がしばらくぶりに熱気を感じた次第。

もっともオモシロいかどうかは例によって読者の判断に委ねられている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《参考》以下の投稿も James Allworth のサムスン脅威論のに関係したものです。

1)アップルにとってサムスンの真の脅威とは何か
  Asus とデルの寓話
2)アップルの真の強みとは?
  アップルの持つ2つの側面
3)コモディティ化したデザイン
  デザインはコモディティ化してしまった
4)アップルに残された道は何か[本稿]
  アップルのとるべき方策

広告

Read Full Post »

Apple CEO Steve Jobs resigns, Cook in charge

[アップルの2つの側面:photo

James Allworth のサムスン脅威論のつづき

アップルの持つ真の強みは何かという視点からの考察。

asymco: “The real threat that Samsung poses to Apple” by James Allworth: December 2012

     *     *     *

アップルの持つ真の強み

まず最初に、真似される(copying)ということはアップルにとってさほど脅威ではないという点を指摘しておきたい。昨年 John Gruber は「アップルの新しい優位性」(The New Apple Advantage)という記事を Daring Firebal に投稿した。アップルとその製品を高く評価する多くのひとと同様、Gruber も初めはアップルのデザインを評価したと同記事で書いている。しかし Gruber がアップルの真の競争上の優位性(true competitive advantage)だとした点が実にオモシロいのだ。

But first, I want to establish why copying is actually less of a threat to Apple than you might think. Daring Fireball’s John Gruber wrote last year on what he termed “The New Apple Advantage“. Like most people who appreciate Apple and its products, the starting point for Gruber’s appreciation of Apple is its design — he says as much in the article. But the realization that Gruber has in the article on Apple’s true competitive advantage is what’s really interesting:

     *     *     *

以下、その Gruber の記事から:

二人の人物のおかげ

ここで話を単純化して考えてみよう。15年にわたるアップルの成功は二人の人間のおかげだと考えるのだ。ひとりは Steve Jobs、もうひとりは Tim Cook だ。Jobs の功績は、「美しい beautiful」、「エレガント elegant」、「革新的 innovative」、「楽しい fun」という形容詞で表される。Cook の功績は「手ごろな価格の affordable」、「信頼性のある reliable」、「もうかる profitable」という形容詞で表される。Jobs がデザインし、Cook が製造して販売する。

So let’s be lazy for a second here, and attribute all of Apple’s success over the past 15 years to two men: Steve Jobs and Tim Cook. We’ll give Jobs the credit for the adjectives beautiful, elegant, innovative, and fun. We’ll give Cook the credit for the adjectives affordable, reliable, available, and profitable. Jobs designs them, Cook makes them and sells them.

     *     *     *

Jobs 的側面、Cook 的側面

アップルのライバル(電話であれ、タブレットであれ、ラップトップであれ)がマネできるのは Jobs 的側面だ。だから特許が問題になり、訴訟が起きる。デザインはマネ出来るのだ。だが Cook 的側面もある。スケールメリットという利点だ。複雑な製品ラインアップを持つ会社にはこれはマネ出来ない。たとえばデルのような会社はラップトップのカテゴリーとして「Design & Performance」や「Thin & Powerful」という区別をしているが、そんな会社がいったいどうしてマネなど出来ようか?

It’s the Jobs side of the equation that Apple’s rivals — phone, tablet, laptop, whatever — are able to copy. Thus the patents and the lawsuits. Design is copyable. But the Cook side of things — Apple’s economy of scale advantage — cannot be copied by any company with a complex product lineup. How could Dell, for example, possibly copy Apple’s operations when they currently classify “Design & Performance” and “Thin & Powerful” as separate laptop categories?

     *     *     *

誰にもマネできない

私としては密かに思い当たることがある。私がアップル製品に関心を持ってきたのは優れたデザインがその理由だった。アップルのビジネスとしての側面に興味を持ったことはなかった。しかし今になって明らかになってきたことは、アップルのデザインがいかに優れたものであっても、ライバルに遥か先んじ、持続できる強みをもたらしたのは、まさにそのビジネスとオペレーションの力、すなわち Cook 的側面であるということだ。それはアップルが経てきた数十年に及ぶプロセスと同じものを経験しない限り、誰にもマネできないのだ。[強調部分は Allworth による]

This realization sort of snuck up on me. I’ve always been interested in Apple’s products because of their superior design; the business side of the company was never of as much interest. But at this point, it seems clear to me that however superior Apple’s design is, it’s their business and operations strength — the Cook side of the equation — that is furthest ahead of their competition, and the more sustainable advantage. It cannot be copied without going through the same sort of decade-long process that Apple went through. (emphasis mine)

     *     *     *

性能が満足できるものとなった時点で

すばらしい分析だ。アップルのデザイン的側面とは iPhone で見たように新しい事業を再定義できる能力のことだ。次の目標がテレビ市場であれそれ以外のものであれ、アップルが当初成功したのはデザインを統合したという点が決定的な役割を果たしたからだ。然るにアップルのビジネス的側面に比べて、デザインは実際にはどのカテゴリーの製品の場合でも、いったん当該カテゴリーの性能が「満足できるもの」(good enough)に達した時点では永続的な戦略的優越性(sustained strategic advantage)をもたらさなかった。IT 産業は常に真似をすることで発展してきた。いったんどうやればいいかが分れば、みんなが殺到する。その時点で、デザインよりも、ビジネスをどうやるかということが重要になるのだ。

The argument is beautifully made. The design part of Apple’s equation is to their ability to redefine new industries as they did with the iPhone. Whether they go after the TV market next, or something else, it’s this integrated design component that will be crucial to their initial success. But compared to the business side of Apple, design actually generates much less sustained strategic advantage in any one product category, once performance in that category becomes “good enough”. The tech industry has always revolved around copying. Once folks work out how it’s done, everyone piles on. And at that point, it becomes much less about design than it does about how you operate your business.

     *     *     *

同じプロセスを繰り返さなくても

Gruber からの引用で特に重要なのは「アップルが経てきた数十年に及ぶプロセスと同じものを経験しない限り、誰にもマネできない」という最後の部分だ。たしかに彼は正しい。ライバルにとってアップルが成し遂げたのと同じプロセスをそのまま繰り返すことは非常に難しい。しかしこのことから、私はある考えとそれに関連する物語に思いを馳せたのだ。それは幸いにも自分の師と仰ぐことができた Clayton Christensen から学んだことだ。ライバルにとってアップルの真似をする必要はなかったのかもしれない・・・。

It is the last part of the Gruber quote that really drives things home. “It cannot be copied without going through the same sort of decade-long process that Apple went through”. He’s right — it’s very hard for a competitor to outright replicate what Apple has achieved without going through all the same steps. But it got me thinking of a concept — and a related story — that I learned from someone I was fortunate enough to have as a teacher: Clayton Christensen. Perhaps a competitor didn’t have to copy Apple.

     *     *     *

もしも・・・

もしもライバルがすでにアップルから十分に学んでしまっていたらどうだろうか?

What happens if Apple had already taught them?

     *     *     *

前回紹介した Asus とデルの寓話はこの後に続いている。

Gruber の指摘を手掛かりに、ビジネス的側面の重要性に考えを飛躍させたところがオモシロい。

性能が満足できるもの(good enough)となった段階では、デザインよりむしろビジネスの側面が重要になるという視点だ。

そしてサムスンはすでに必要なものを学んでしまったのではないかという問いかけは実に刺激的だ。

★ →[原文を見る:Original Text]

     *     *     *

《参考》以下の投稿も James Allworth のサムスン脅威論のに関係したものです。

1)アップルにとってサムスンの真の脅威とは何か
  Asus とデルの寓話
2)アップルの真の強みとは?[本稿]
  アップルの持つ2つの側面
3)コモディティ化したデザイン
  デザインはコモディティ化してしまった
4)アップルに残された道は何か
  アップルのとるべき方策

Read Full Post »