Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Cloud’

17bits-snapchat-master315

Erasable Internet の必要性について

The Lesson of the Sony Hack: We Should All Jump to the ‘Erasable Internet’ | NYTimes.com

“Everyone is so excited about the cloud, but the cloud is really a drunken Xerox machine making copies of pretty much everything that everyone has said anywhere and spewing it all over the place,” said Howard Lerman, the co-creator of Confide, a messaging app that works like the corporate version of Snapchat.

Read Full Post »

canstockphoto18554776

The Most Popular Enterprise Sync and Share Product Might Surprise You | TechCrunch

451 Research actually believes that as bigger companies turn their attention to this technology, customers will tend to focus on the more expensive and established enterprise players like EMC, OpenText and Citrix –in other words, the usual enterprise suspects and not the cloud upstarts.

It’s worth noting, however that the report acknowledges that overall, most companies have no sense of what people are actually using outside of the IT (known as Shadow IT) and this could be skewing the numbers down because it’s looking strictly at the IT perspective –and they clearly have lost control to a large extent of what people are using.

He’s right of course. It is, but it’s also important to ask the right questions and to ask the right people and I’m not sure IT is the place to find all of the answers to these questions right now, especially in regards to the cloud upstarts.

企業のクラウド共有・同期サービスの人気調査は意外な結果―1位はBoxではなかった | TechCrunch

451 Researchによれば、企業の規模が大きくなるにつれて、利用されるツールは次第に高価で複雑なものになっていく傾向が見られたという。このような大企業で人気があったのはクラウドではなく、EMC、OpenText、Citrixなど、要するに既存のエンタープライズ・サービスだった。

もうひとつ重要な発見は、IT部門が管理しておらず、社員が個人的に利用しているITサービス(シャドーITと呼ばれている)についてはどの会社も皆目知識をもっていないという点だった。このレポートはIT部門の把握している範囲での利用状況を示すものなので、実態はこれとかなり異なる可能性はある。IT部門は、社員が実際に使っているサービスに対するコントロールを完全に失っているという印象だったという。

Read Full Post »


[ファイルの不一致が生じた場合:image

「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is on the cloud.)と WWDC で Steve Jobs が語った。[ストリーミングビデオの 1h 24 分ごろ]

John Gruber がその点を敷衍してポッドキャスト「The Talk Show #47」で興味深い議論をしている。[72 分〜 79 分ごろ]

MacStories がその部分のテープ起こしをしている。

MacStories: “iCloud To Avoid File Conflicts with Versioning” by Federico Viticci: 17 June 2011

     *     *     *

iCloud ではマージングや不一致は生じない

Gruber:新しいやり方ではマージング[merging:複数のファイルやデータ、プログラムなどを決められたルールに従って一つに統合すること]や不一致は生じない。・・・しかしそれは同期の持つ技術的困難さをアップルが魔法のように解決したという意味ではない。

Gruber: The new way does not involve merging and conflicts. […] It doesn’t mean that Apple has magically solved the tech difficulties of syncing. […]

例えば3つのデバイスがあるとしよう。サーバー上のデータはどこかにあるサーバーに保存されており、そして iPhone および Mac があるとする。すべてのデータ、たとえば住所録のデータはいずれも最新のものだ。たとえば Dan Benjamin の項目にはいずれもメールアドレスがある。3つとも同じものだが、ここで(オフラインで)自宅の電話番号を Mac に加え、同時に iPhone でも自宅電話を入力するがタイプミスしたとする。そうすると同期(sync)はどうなるのか。異なる2つの電話番号が2つの場所にあり、サーバーには電話番号がない。今現在だと MobileMe はダイアログボックスを出してデータの不一致を知らせる。そこでどれが正しいのかキミが決めなければならないことになる。

You’ve got 3 devices let’s say. Server-side data stored somewhere on a server, and you’ve got an iPhone and you’ve got a Mac. All data is up to date, say Address Book. You have an entry for Dan Benjamin and all it has is an email address. In all three places it’s the same and I sit down at my Mac, I add your home phone # to your contact and then I sit down with my iPhone at the same time (say everything’s offline) and enter Dan’s home # manually, but I enter it wrong. What happens when you sync? You’ve entered two phone numbers in two places, and at the server there’s no phone number. As it stands now MobileMe often will offer you a dialog box telling you that there is a conflict. It presents it to you and you have to pick which one is right. […]

     *     *     *

「ホンモノはクラウドにある」

オフラインで加えられた変更がどんなものであれ、iCloud ではそんなダイアログは出ないだろうとボクは思う。不一致らしきものがあったとすると、サーバー上の iCloud はどれがベストか(アップルのいい方では「ホンモノ(truth)」か)を自ら判断する。「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is in the Cloud.)と Steve Jobs がいったのはそういうことなのだ。iTunes はどれが正しいかを判断する。そういうことだ。その正しいものを iCloud は、異なるバージョンの存在する同じアカウント持つデバイスにプッシュする。だがここにトリックがある。もしそれが正しいものでなかったらどうなるかというわけ。サーバー側ではすべてのものが記憶されるだろう。バージョニング[versioning:バージョン管理]とほぼ同じだ。「住所録を調べなさい」といったダイアログが出るだろう。「前のバージョンから正しいものを選択しなさい」といったダイアログもあるだろう。それをユーザーが選択してクラウドへプッシュし、「これがホンモノだ」と教える。アップルはこれをそのままプッシュするのだ。

In iCloud I believe you will never be presented with such a dialog, no matter how much has changed in one of the instances while it was “offline”. The server-side iCloud, when there seemingly is a conflict, will make a decision and it will decide which one is the best (in Apple’s terms the “truth”). That is what Steve Jobs means when he says “The Truth is in the Cloud.” iTunes will decide which one is right and that’s it. iCloud will push that right one to any device that has this account that has a different version. But, here’s the trick – what happens if it’s not the right one? On the server side, it will remember all of the other ones, almost like versioning. There will be some sort of interface like “go and look at your contacts.” There will be some sort of way to say “show me previous versions and let me pick the one that is right”. You pick it and push it back up into the cloud and tell it “that’s the truth” and Apple will push it out.

Dan Benjamin:最新の変更がどれであれ、ユーザーが望むなら以前のバージョンを選べる、と・・・

Dan Benjamin: Whatever is the most recent change will propagate but here are previous versions to pick from if you want.

     *     *     *

iCloud がホンモノを決める

Gruber:アップルはそうはいっていないが、サーバー上の iCloud は公開されることのない不一致を検出したときはどれがホンモノかを決定する。iCloud は「ブラックボックス」みたいに機能するのだ。ほとんどの場合一番最後に行なわれた変更を採用するだろう。しかし、それを(あとで変更できるように)決めないままにしておく。重要なポイントはもし不一致があったとしても、異なるバージョンのすべてが記憶されるという点だ。もし「ホンモノでないもの」が選択された場合でも、元に戻って正しいものを選択することができる。今後はマージングや不一致はなくなるとボクがいったのはそういう意味だ。ユーザーが決める場合を除き、マージングや不一致については iCloud がベストの判断をするのだ。

Gruber: Apple won’t reveal it but iCloud, on the server, will determine the truth when it detects a conflict that will never be published. It will act like a “black box”. Most cases it will go by the most recently implemented change — it will be undefined. The key is that if there is a conflict, they will remember the different conflicting versions. If it picks the “wrong truth” it will be able to go back and get the right one. That’s what I mean when I say no more merging or conflicts. iCloud will make its best guess at merging & conflicts other than having you pick it.

     *     *     *

iBooks の持つ意味

Dan Benjamin:キミはこれが事実だと知っているのか、それとも単なるキミの見解なのか?

Dan Benjamin: Do you know this or is it just a theory?

Gruber:これは事実だ。しかし iBooks がその具体例に違いないという点については、自分としては間違いないと考えているが、事実とまでは知らない。iPhone と iPad にある同じ iBook をオフラインで読む場合、iPhone で何ページか読み、さらに iPad で異なる部分を何ページか読んで、その後オンラインにして「read state」や「current page state」を iTunes サーバーに同期しようとしても、iBooks ではダイアログはなにも出てこない。

Gruber: I know this. What I don’t know but I beleeve, again, is that I think iBooks is an example of this in action. If you have the same iBook on the iPhone and iPad and take them both offline and flip a couple of pages on the iPhone then flip a different number of pages on the iPad, and them put them both online and they go to sync their “read state” or “current page state” to iTunes servers, iBooks never presents you a dialog. […]

iBooks は、現在もこれまでも、アップルが iCloud と呼んでいるもののタタキ台なのだ。

iBooks is and has been one of the testbeds for what Apple is now calling iCloud.

     *     *     *

今秋実際に目にするまでは、iCloud に関する議論は絶えないだろう。

「ホンモノはクラウドにある」(The Truth is on the cloud.)という Jobs の発言の真意もこれから次第に明らかにされてくるに違いない。

Gruber のポッドキャスト、今週の「The Talk Show #47」が注目されるのもそういうわけだ。

前の週のポッドキャストはなんと80万回もダウンロードされたというのだから、Gruber の注目度は大変なものだ。

司会の Dan Benjamin とさしで、たっぷり語らせるところがミソ。(いささか長過ぎるきらいはあるが・・・)

Dan Benjamin の「5by5」にはこの他にもたくさんの豪華キャストを揃えており、John Siracusa の「Hypercritical」や Marco Arment の「Build and Analyze」がとくにおもしろい。

然るべきゲストとじっくり腰を据えて語るポッドキャストの存在はとてもありがたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Image: Cloud Computing

WWDC に対する Lessien の感想がおもしろい。

ぴりっとエッセンスがつまっている。

DiogeneX: “Thoughts on a Keynote” by Lessien: 06 June 2011

     *     *     *

クラウドとネイティブアプリ

アップルは、クラウドによってネイティブアプリが良くなると考える。他のみんなは、ネイティブアプリの代替物がクラウドだと考える。

Apple’s vision of the cloud makes native apps better. Others see the cloud as a substitute for native apps.

     *     *     *

iOS と OS X の違いはたいしたことなくなる

Mac は「格下げされた」というが、iOS デバイスが Mac と同格になったのだと私は考えたい。iOS がよちよち歩きしていた状態は終わったのだ。アップルが「Mac OS X」から Mac を落としたのは当然だ。私の予想では、OS X 次期バージョンのウワサがどっと増えるだろう。多分 iOS と OS X の違いはたいしたことなくなる。多分(エヘン!)マイクロソフトが Windows 8 でやったのと同じようになるだろう。[

Some will say that the Mac was “demoted”. I prefer to say that iOS devices have been brought on par with the Mac. The toddler stage for iOS is over. Unsurprisingly, Apple dropped the “Mac” from “Mac OS X.” Over-reading the tea leaves, I’m sure this will prompt speculation about the next version of OS X, in which I believe the distinction between iOS and OS X will become negligible. Perhaps to the point of (gasp) validating Microsoft’s Windows 8 approach.

     *     *     *

ひとつにつなぎ合わせる

モバイル世界の勝負はまたもや変化したわけだ。アプリの数(42万5千の iOS アプリ)、App Store やハードウェアはもはや関係ない。(ひとつひとつがいかにすばらしいサービスであっても)、それぞれをひとつにつなぎ合わせて初めて意味があるのだというまごう方なき事実をアップルはいっているのだ。パズルのピースは誰でも集めることが出来る。しかしそれを組み合わせて大きな絵にするには技術が要るのだ。

The mobile game has changed (again). It’s no longer about app counts (425K by latest count for iOS), app stores or hardware. Apple is making the compelling case that none of this matters without the knitting (a robust services layer) tying each piece together. Anyone can put puzzle pieces in a bag, but it takes a certain skill to assemble the total picture.

     *     *     *

Copland の問題を超えられるか

アップルの開発ツールは劇的に変化した。John Siracusa が「Copland 2010 Revisited」で指摘した幾つかの問題はこれで解決されると思う。

Some fundamental changes were made to Apple’s development tools, which (I believe) go some way toward addressing many of John Siracusa’s points in Copland 2010 Revisited.

     *     *     *

Apple TV は問題児

私にとって Apple TV は問題児(elephant in the room)だ。Photo Stream 以外さしたる変化はなかった。秋のイベントではもっといろいろあって欲しい。

Apple TV was, for me, the elephant in the room. Other than Photo Stream, no new features have been publicly announced for it. Hopefully, more to come here, especially going into a Fall event.

     *     *     *

ブログとメディアサイトの違いは何だろうか。

情報を取りこぼしなく見たいのならメディアサイトだろう。

ポイント、ものの見方、視点についてはブログの方にハッとさせられることがある。

Lessien(DiogeneX)もまさに「寸鉄人を刺す」だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


買収された iCloud ドメイン

「iCloud」という名前が注目を集めている。

AppleInsider: “Sources: Apple utilizing ‘iCloud’ internally, service to be more than music” by Kasper Jade: 29 April 2011

     *     *     *

WWDC で明らかにされる iCloud

アップルは数週間のうちに WWDC で「iOS と Mac OS の未来を明らかにする」と約束しているが、WWDC では iCloud の詳細を明らかにし、アプリの内部から新しいクラウドサービスを活用できるツールを Mac・iOS デベロッパコミュニティに対し提供するつもりらしいということが明らかになってきている。

With Apple promising to “unveil the future of iOS and Mac OS” at its Worldwide Developers Conference in five weeks, it’s increasingly likely the Cupertino-based company will use the forum to divulge its plans for iCloud and provide its Mac and iOS developer communities with tools they can be used to leverage the new cloud service from within their applications.

     *     *     *

iCloud ドメインの買収

Om Malik[GigaOm]は、アップルが今月「iCloud.com」というドメイン名をスエーデンの Xcerion 社から 450 万ドルで獲得したという情報を明らかにしたが、その一日後、アップルが iCloud という名前を未来の OS バージョンで積極的に用いているというウワサが出た。特にアップルが CloudMe.com ドメインを買収したことに伴い、Xcerion 社の iCloud サービスは CloudMe と名前に変更されている。

Word that Apple is making active use of the name in future versions of its operating systems comes just one day after GigaOm’s Om Malik cited sources as saying that the iPhone maker this month acquired the iCloud.com domain name for an estimated $4.5 million from Sweden-based desktop-as-a-service company, Xcerion. Conspicuously, Xcerion’s existing iCloud service was just rebranded to CloudMe, with the company purchasing the CloudMe.com domain on April 5, 2011.

     *     *     *

デジタルロッカー

AppleInsider が入手した証拠によれば、iCloud サービスは音楽だけでなく、現行 MobileMe を刷新したサービスの中心的な部分になるものと思われる。この点に関し、2月の記事ですでに述べたところだが、未来のアップルインターネット計画の特長をなすのは、写真、音楽、ビデオといったユーザーにとって大切な個人的情報のすべてを保存しておける「デジタルロッカー」だ。それはまた iPhone のような未来のモバイルデバイスが高価なフラッシュメモリーを大量に内蔵する必要がなくなることを示すものだ。

But evidence seen by AppleInsider suggests the service will go beyond music, and could be the central component of a revamped Apple’s existing MobileMe service. To this end, reports dating back to February characterized Apple’s plans future internet service plans as including a digital “locker” that would hold all of a users personal memorabilia, including photos, music and videos. That would negate the need for future Apple mobile devices like an iPhone to have a great deal of internal and costly flash memory storage.

     *     *     *

無料化される MobileMe?

アップルはまた、機能強化された MobileMe サービスを無料化してユーザーとアップルのエコシステムとの結びつきを強化し、利幅の多いアップルデバイスの売り上げをさらに増やすアイデアを検討中らしい。中心的サービスとなる音楽ストリーミングについては、当初は無料で、いずれは一部サービスを有料化するだろう、と音楽業界のインサイダーは語っている。

Apple is also said to have been toying with the idea of making its enhanced MobileMe a free service that would further tie users into the Apple ecosystem and drive sales of the company’s profitable hardware device. And while the music streaming component of the service could potentially be included free at first, at least some features of the music service would eventually require a fee, music industry insiders have said.

     *     *     *

アップルクラウドがまた現実味を帯びてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


コンピュータにつながないと使えない iPad

破竹の勢いを誇る iPad だが、「ポスト PC」を謳いながらどうしても母艦としてのコンピュータから切り離せない部分がある。

John Gruber が興味深い考察をしている。「iPad をコンピュータにつなぐコードは切れないのか」と。

Daring Fireball: “Cutting That Cord” by John Gruber: 15 April 2011

     *     *     *

クラウドではひと世代遅れている?

先月 iPad 2 の発表イベントがあった際に、 Josh Topolsky[その後 Engadget を辞めた]と話をしたが、彼が興味深い指摘をした。iPad 2 は(ハード的にもソフト的にも)デバイスという面ではライバルよりひと世代先をいっているが、クラウドという面になるとひと世代遅れているのではないか・・・iPad 2 はそういうことを端的に示しているのではないか、と。

After Apple’s iPad 2 introduction event last month, I ran into Josh Topolsky, and, of course, we talked about what we thought of it. Topolsky made an interesting observation: that the iPad 2 epitomized how Apple seems to be a generation ahead of its competitors on the device side — both hardware and software — but a generation behind on the cloud side.

     *     *     *

まさに iOS がそうだ

以来その点について考え続けてきた。そしてそれは iOS の現況そのものではないかと思い至った。どのライバルといえども、エレガンス、バッテリー、製造品質のいずれにおいても iPad 2 に匹敵するものを今年出すとは思えない。ユーザー体験という意味においても、iOS に勝る OS はないと思われる。

I’ve been thinking about the iPad in this context ever since, and I think it’s a perfect synopsis of the state of iOS. There will be no tablet this year from any competitor that matches the iPad 2 in terms of elegance, battery life, or build quality. No competing OS will match iOS in terms of on-the-device user experience.

     *     *     *

ライバルは PC を必要としない

しかし iPad のライバルのタブレットは、デスクトップ PC につなぐ必要がほとんどないか、まったくその必要がない。この点では RIM の PlayBook ですら一歩進んでいるといえる。出荷時点では PlayBook は独立のデバイスではない。メールや住所録、カレンダー、メッセージなどは BlackBerry(電話)につなぐ(tethered)ことが必要だ。それでも PC は必要ないのだ。

But most iPad competitors have little-to-no reliance on a connection to a desktop PC, the way an iPad does. Even RIM’s PlayBook is, in some sense, ahead in this regard. The PlayBook, as it is going to ship, is not a standalone device. It requires a tethered BlackBerry phone in order to do email, contacts, calendaring, or messaging — but it doesn’t require a PC.

     *     *     *

この点に関するいくつかの議論を踏まえて、Gruber はつぎの4つが iPhone、iPad、iPod Touch などの iOS デバイスが母艦としての Mac/PC を必要とする場合だという。

母艦が必要となる場合

1)デバイスのアクティベーション(device activation)
2)iOS のアップデート(software updates)
3)デバイスのバックアップおよびデータ復元(device backup/restore)
4)データの取り込み・移動(getting data onto your device)

・Michael Gartenberg: “‘Post-PC’ does not mean ‘Sans-PC’
・C.K. Sample: “Dear Apple: You’re Not ‘Post-PC’ Until You Cut the Cord
・Paul Hontz: “If iPads Are ‘Post-Pc Devices’ Why Must I Sync With iTunes Before I Can Use One?

     *     *     *

それぞれ別個の問題

これらの問題は、「デスクトップ iTunes につながなければ同期できないコンピュータへの依存はなくすべきだ」という単一の問題と考えるべきではなく、それぞれ別個の4つの問題と考えるべきだ。

I think it’s worth considering these as discrete problems, rather than thinking about this as a single “Apple should eliminate the dependency on tethered syncing to desktop iTunes” issue.

     *     *     *

Apple TV 2 の場合

Apple TV 2 は一歩進んでいる。iOS デバイスでありながら(コンピュータからは)独立しているのだ。箱から取り出し、電源コードをつなぎ、電源を入れて、iTunes Store の認証を入力すれば・・・それで終わりだ。ただし Apple TV 2 にはコンテンツを保存できない。ストリーミングするだけだ。だから最初に音楽やビデオといったコンテンツを同期する必要がないし、コンテンツをバックアップする必要もない。万が一 Apple TV がおシャカになってもデータを失うことはないのだ。

Apple TV 2 shows the way forward. It’s an iOS device that works independently. Take it out of the box, plug it in, turn it on, enter your iTunes Store credentials — done. But Apple TV 2 doesn’t store content; it only does streaming. And because it only does streaming, there’s no initial sync for music or video, and there’s no need for anything to be backed up. If your Apple TV goes belly-up, you don’t lose any data.

したがって iOS デバイスを iTunes が動いている母艦としての Mac ないしは Windows PC につなぐ必要があるとされる4つの理由のうち、Apple TV は2つに対処するだけで済む。デバイスのアクティベーションとソフトウェアのアップデードの2つだ。

So of the four reasons why other iOS devices require tethering to iTunes running on a Mac or Windows PC, Apple TV only tackles — and admittedly only needs to tackle — two of them: device activation and software updates.

     *     *     *

同じことができない理由はない

この2つの「デスクトップ iTunes」への依存に関しては、いずれアップルは iPhone や iPad についてもなくすることになるだろうと考える。もし Apple TV がアクティベーションもソフトウェアアップデートもできるのなら、iPhone や iPad で同じことができない理由はない。技術的に簡単に解決できるといっているのではない。マイクロソフトが Windows Phone 7 デバイスのアップデートで遭遇した問題を考えれば明らかだ。しかし、ともかく技術的に可能ではあるのだ。

I suspect those are the first two desktop iTunes dependencies that Apple will eliminate for iPhones and iPads. If Apple TV can activate itself and update its own software, there’s no reason iPhones and iPads couldn’t do the same. I’m not saying it’s an easy technical problem to solve — see, for example, the problems Microsoft has had with updates to Windows Phone 7 devices — but clearly, it’s technically feasible.

     *     *     *

容量がない場合はどうする

デバイス上に自由に使えるストレージスペースがない場合はどうするかという明らかな問題がある。その場合は、アップデーターは一部のスペースを開放するか、あるいは Mac や PC の iTunes につなぐ古いやり方でソフトウェアアップデートを行なうよう指示することになるだろう。もう一点、iPhone や iPad でワイヤレスなソフトウェアアップデートが可能になったとき、それでもアップルはコンピュータにつなぐやり方を好ましいアップデート方式とするだろうかという問題。これはそれほハッキリした問題ではない。なぜなら iTunes はアップデートをインストールする前にデバイスのバックアップを行なう。コンピュータに同期したことのない iPad は、一度もバックアップしたことのない iPad というわけだ。

One obvious problem: what to do if there isn’t enough free storage space on the device? Perhaps, in that case, the updater would suggest either freeing up some space or plugging the device into iTunes on a Mac or PC to update the software the old-fashioned way. A less obvious problem: even if/when over-the-air software updates are enabled for iPhones and iPads, should Apple still present tethered-to-a-computer updating as the preferred update mechanism? The reason: iTunes backs up the device before installing the update. An iPad that’s never been synced to a computer is an iPad that’s never been backed up.

     *     *     *

PC を必要とするデバイスをどうして「ポスト PC」デバイスといえるか

これは大切な点だ。なぜならワイヤレスなバックアップやコンテンツの同期はすぐ実現するとは考えられないからだ。ワイヤレスネットワークはまだ十分な速さを備えていない。Mac や PC で動く iTunes にローカルネットワークで Wi-Fi 同期(Wi-Fi syncing)させる話をしているのではない。それならいずれ実現するだろう。しかし「PC を必要とするデバイスがどうして『ポスト PC』デバイスといえるだろうか」という問題を解決することにはならない。iPad には USB ケーブルが必要だという類いの話ではない。そもそもなぜ PC が必要かという話なのだ。

That’s important, because I don’t think over-the-air backups or media syncing are coming soon. Wireless networking just isn’t fast enough. I’m not talking about Wi-Fi syncing over a local network to iTunes running on your Mac or PC — that may well be coming soon, but it wouldn’t solve the “how can these devices be ‘post-PC’ if they require a PC?” problem. We’re not talking about why the iPad needs a USB cable; we’re talking about why it needs a PC, period.

     *     *     *

アップルが踏み出す第一歩

アップルの「クラウド」対応は十分でない、あるいは関心を持っていないと非難されることがある。しかしそれは正確ではない。物事をひとつずつ解決してはいるのだ。音楽、映画、テレビ番組、そしてアプリなどの大部分については、iOS ユーザーが iPhone や iPad で直接に購入する段階になっている。これは Mac/PC の iTunes をハブとして必要としなくなる方向へアップルが踏み出した第一歩なのだ。

Apple gets a rap for being bad at, or simply not caring about, “the cloud”, but that’s not accurate. It’s just that they’re moving things there one piece at a time. It’s already the case that a large amount of songs, movies, TV shows — and especially apps — are purchased from the iTunes Store by iOS users directly from their iPhones and iPads. That’s the first step Apple took away from iTunes (on the Mac/PC) as a required hub.

     *     *     *

一歩一歩ずつ

だから私はこう考える。iPad や iPhone が iTunes の動く PC との接続を一気に断つということはないだろうと。それは一歩一歩の歩み(incremental)であり、最初は新品のデバイスのアクティベーションとソフトウェアアップデートから始まるのだ。そうなった時点で PC がなくても iPad/iPhone が使えるようになる。まだ大量の音楽・ビデオライブラリーを同期する必要があるのであれば、あいかわらず iTunes の動く PC が必要かもしれない。しかし、そもそも大量の音楽・ビデライブラリーを持っているのなら、すでに PC を所有しているハズだから問題はないわけだ。

So I’m thinking the iPad and iPhone won’t drop their connection to iTunes running on a PC in one fell swoop. It’ll be incremental, with new-device activation and software updates coming next. At that point, you’ll be able to use them without owning a PC. If you want to sync large libraries of music and video, you’ll still need a PC running iTunes, but if you have a large music/video library in the first place, you must have a PC already, so that’s not really a problem.

     *     *     *

クラウドへの完璧なバックアップ・復元

32 ないし 64 GB ものデータをクラウドにバックアップし、復元するのはまだ技術上可能ではない。 Wi-Fi 接続の iTunes から HD 映画一枚をダウンロードするだけで数時間かかる。アップロードとなるとダウンロードよりもっと遅くなる。この点では iOS デバイスが Android に遅れを取っているわけではない。Android ではクラウドへの完璧なバックアップや復元はやっていないからだ。(そもそも Android は完璧なバックアップ・復元はやらないのだ。)

It just isn’t technically feasible to have people backing up and restoring 32 or 64 GB of data to the cloud. It can take hours to download a single HD movie from iTunes over a Wi-Fi connection, and upload speeds are far slower than download speeds. iOS devices aren’t behind Android in this regard, because Android doesn’t do complete device backups/restores over the cloud. (Android devices don’t do complete backups/restores, period.)

     *     *     *

少量データのクラウドへの同期

膨大なデータを移動させるにはワイヤレスネットワークはまだ不十分だ。しかし少量データをクラウドで同期させる(cloud-based syncing)という面では、iOS はライバルに立ち遅れている。iPhone や iPad のユーザーは MobileMe を使えばカレンダー、住所録、ブックマークなどを簡単に同期できる。MobileMe はとても信頼性が高いので何年も使っており、私は大好きだ。しかし年間 99 ドルも払うとなると、多くの iOS ユーザーにとって話は別で、彼らのほとんどはカレンダー、住所録、ブックマークのワイヤレス同期を利用していない。現時点では競争力がないというわけ。・・・Android ユーザーならほとんど全部がグーグルアカウントを持ち、新しい端末を買ったらすぐカレンダー、住所録、その他多くのアプリケーションのデータをワイヤレスで同期しているのは間違いないだろう。

Wireless networking just isn’t ready for moving huge chunks of data around. Where iOS devices are behind the curve, competitively, is in cloud-based syncing for small bits of data. iPhone and iPad owners need MobileMe to get no-fuss wireless syncing for calendars, contacts, and bookmarks. I like MobileMe a lot, and it’s been very reliable for me for a few years now. But, at $99/year, it’s not something most iOS users have, and thus, most iOS users don’t get over-the-air syncing of calendars, contacts, and bookmarks. That’s not competitive today. (I’d love to know exactly what percentage of iOS users do use MobileMe.) I’ll bet nearly all Android users have Google accounts, and thus get calendars and contacts and many other bits of application data synced over-the-air a few minutes after they take their phones out of the box.

     *     *     *

ユーザーは待ちかねている

iOS ユーザーの多くは、Mac や Windows で動く iTunes はもはや必要ないとアップルが発表するのを待ちかねている。私が待ちかねているのは、ワイヤレスにカレンダーや住所録、それに App Store のアプリのデータを同期するのに MobileMe に支払わなくても済むことだ。

The announcement many people seem to be waiting for is for Apple to tell iOS users they no longer need iTunes on the Mac or Windows. The announcement I’d like to see is for iOS users to no longer need to pay for MobileMe to wirelessly sync calendars, contacts — and any other small bits of data from apps from the App Store.

     *     *     *

MobileMe の必要がない iBooks

iBooks ではそうなっている。iPad の読書を途中でやめ、iPhone でその続きを読もうとすれば、同じ本の同じページが見れる。Kindle でも、他の電子書籍サービスでもこれは同じだ。iBooks がユニークだとか、ライバルより一歩進んでいるという点が重要なのではない。iBooks には MobileMe が必要ないという点が重要なのだ。すべては iTunes Store で処理される。自分のデバイスで本を買い、同じデバイスでそれを読む。その履歴やブックマークなどのメタデータはクラウドにある iTunes アカウントに同期される。すべてはスムーズだ。ほかのアプリも同じようにできるべきなのだ。Safari のブックマークをワイヤレスに同期するのに年間 99 ドルも払う必要があるだろうか。iOS のゲームデベロッパにとって、自分のゲームでの上達ぶりが同じ iTunes アカウントを使えば、簡単に複数のデバイスでも同期できるようにすべきではないか。App Store のデベロッパは、この種の機能を使うために他のサードパーティの Dropbox などに頼らなくて済むべきではないか。

iBooks does this. If you pause while reading a book on your iPad, then resume reading on your iPhone, it picks up on the same page in the book. Kindle and a bunch of other e-reading services do this too. The point isn’t that iBooks is unique or ahead of the curve in this regard. It’s that you don’t need MobileMe for iBooks. It’s all handled by the iTunes Store itself. You buy books on your device, you read them on your device, and your history, bookmarks and other metadata all get synced to your iTunes account in the cloud. And it works great. But a lot more apps should work like this. Should wireless Safari bookmark syncing cost $99 a year? Shouldn’t it be easy for iOS game developers to sync progress for the same game across multiple devices using the same iTunes account? App Store developers shouldn’t have to rely on another third-party — Dropbox — for this sort of functionality.

     *     *     *

Google Docs なら

iWork ソフトや GarageBand の iPad 版は実にすばらしいアプリだ。これまでになくすばらしいユーザー体験をデザインしたクリエイティブソフトといっていい。しかし、例えば iPad の Keynote で作成したスライドを iMac の Keynote で開こうとすると、これは全くの時代遅れといわざるを得ない。Google Docs には UI 上の華々しさはないかもしれないが、同期するのは目にもつかない(invisible)ほど簡単だ。Google Docs を開きさえすれば、ファイルはそこに見つかる。編集や作成に使ったマシンが何か、いま使っているマシンが何かということは一切関係ない。いつでもそこにあるのだ。それが Google Docs が提供する全体的な体験なのだ。

[…] The iPad versions of the iWork suite and GarageBand are exquisite apps — easily some of the best-designed user experiences for creative software ever made. But the process of getting, say, a slide deck created in Keynote on your iPad open in Keynote on your iMac is downright antediluvian. Google Docs has none of the UI panache, but the syncing is invisible. You just open Google Docs, and there are your files. Doesn’t matter which machine you used to edit or create them, or which machine you’re using now, they’re all just there. That’s part of the overall experience.

     *     *     *

そして・・・

そしてその点でアップルは遅れている。

That’s where Apple is behind.

     *     *     *

徐々に母艦への依存度は減らしていくが、ある日突然すべてがクラウドに移行するわけではないという点が重要だろう。

「雲を掴むような」アップルクラウドや巨大データセンターの話に振り回されないためには、アップルの強みと弱みを十分に理解しておく必要がありそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


アップルのクラウドサービス

Update:白羽の矢を立てたのは》

アップルの巨大データセンターやクラウドサービスについては、ときたま細切れの情報が出るだけでなかなか全貌が掴めない。

つい最近もアップルが12ペタバイト分のストレージ機器を発注したという話があった。

こんどはアップルが小チームを編成して、クラウドサービスの設計にあたるという話だ。

AppleInsider: “Apple assembling small team to build ‘the future of cloud services’” by Neil Hughes: 13 April 2011

     *     *     *

アップルの求人広告

今週アップルは新しい求人広告を出した。職種は「クラウドシステムソフトウェアエンジニア」だ。AppleInsider が見つけたものだが、クパティーノ本社におけるフルタイムジョブで、「アップルの未来のクラウドサービスを設計する小さなチームに参加する」ことになるという。

Apple this week posted a new job listing for the position of “Cloud Systems Software Engineer.” Discovered by AppleInsider, the full-time role at the company’s Cupertino, Calif., campus will join a “small team” that is said to be building “the future of cloud services at Apple.”

     *     *     *

次世代ウェブサービスを構築

iPhone メーカーはスケーラブルで拡張性のあるシステムの経験を有するエンジニアを求めており、採用された場合は他のエンジニアチームと協力してアップルの次世代ウェブサービスのためのプラットフォームの骨格やシステムを構築することとなる。

The iPhone maker is looking to hire an engineer with experiencing in scalable and extensible systems. The ideal candidate will collaborate with other engineering teams at Apple to build the platform frameworks and systems that will power Apple’s next-generation Web services.

     *     *     *

デジタルロッカー

これまでもアップルは MobileMe というクラウドサービス(年間 99 ドル)を提供してきた。しかし WSJ によると、今年アップルは MobileMe の機能拡張版を出す計画日本語]だという。写真や音楽、ビデオなど個人のコンテンツファイルを保存する「デジタルロッカー」(digital locker)がその目玉だ。こられのコンテンツはインターネットに接続された iPhone などのデバイスにストリーミング可能なので、個別ローカルに大きなメモリーを持つ必要がなくなる。

Apple has offered cloud-based services for some time with its $99-per-year MobileMe service. But according to The Wall Street Journal, Apple is expected to unveil an enhanced version of MobileMe this year, featuring a digital “locker” that would store personal files such as photos, music and videos. That content could be streamed to Internet-connected devices like iPhones, eliminating the need for a large amount of local memory on devices.

     *     *     *

クラウドベースの音楽サービス

特筆すべきはアップルが、ユーザーに対しどこからでもストリーミング可能なクラウドベースの音楽サービスを検討中という点だ。ノースカロライナの巨大データセンターが関係すると思われるこのようなサービスは、この春には運用開始されることが期待されている。

In particular, Apple is believed to be working on a cloud-based music service that would allow users to stream their music from anywhere. Such a product could be powered by Apple’s new massive data center in North Carolina, expected to go online this spring.

     *     *     *

クラウドサービスはウワサになって久しいが、なかなか時間がかかっている。

まだ雲を掴むようなところがあるが、これもアップルデータセンターの責任者が急死したこととも関係があるかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》白羽の矢を立てたのは(4月17日)


Kevin Timmons

データセンターの専門サイトが、アップルクラウドを任せる人材をマイクロソフトから引き抜くといっている。

Data Center Knowledge: “Microsoft Data Center GM Timmons Heads to Apple” by Rich Miller: 14 April 2011

     *     *     *

マイクロソフトから移籍

マイクロソフトのデータセンターを構築して、同社のクラウドコンピューティング世界展開を手助けした Kevin Timmons が、マイクロソフトを去ってアップルに移籍し、同社の指導的地位につくものと期待されている。この動きは、アップルがノースカロライナの巨大データセンターに止まらず、データセンター群を強化する計画であることを強く窺わせる。


Kevin Timmons, who helped build the data centers that power Microsoft’s global cloud computing operation, has left the company and is expected to take a leadership position at Apple. The move strongly hints that Apple is stepping up its plans for an expansion of its data center infrastructure beyond its huge new facility in North Carolina.


     *     *     *

Olivier Sanche の後がまではない

マイクロソフトとアップルの両社で働いたことから双方に多くのソースを持つ Dave Ohara は、Timmons の移籍についてつぎのようにいう。


[…] Dave Ohara, who has many sources at Microsoft and Apple from his time working at both companies, noted Timmons’ career change.

「Kevin Timmons のポストは不明だ。少なくとも Olivier Sanche の死によって空いたポストではない。そのポストはすでに別のデータセンター役員が就いているからだ」と Ohara は自分のブログで書いている。


“The position Kevin is going to fill is not known and is not the position vacated by the departed Olivier Sanche,” Ohara writes on his blog. “Olivier’s position has been filled by another data center operations executive.”

Timmons の役職も仕事内容も不明だが、データセンター業界の大物のひとりを引き抜いたことは、アップルのクラウドコンピューティングに対する並々ならぬ野心を示すものであり、様々な憶測が生じることは間違いない。


While Timmons’ title and duties are not known, the hiring of one of the data center industry’s master builders is bound to heighten speculation about Apple’s cloud computing ambitions. […]

     *     *     *

コストを半減

Timmons は限られた予算でインターネットレベルの効率的なデータセンタを構築したことで知られる。2009 年半ばにマイクロソフトにきた Timmons は、ダブリンやシカゴの巨大なデータセンター展開を統括した。その後、同社のデータセンターのデザインやコスト構造を見直して合理化する方向に進む。マイクロソフトのデータセンター網を「信じられないほどの費用効果で信じられないほどスケーラブルにする」ことが自分の目的であり、データセンターにかかるコストを 50% 削減するつもりだと述べた。

Timmons has forged a reputation for building efficient Internet-scale data centers on a budget. At Microsoft, Timmons oversaw the deployment of massive new data centers in Dublin and Chicago shortly after his arrival in mid-2009, but then moved to streamline the company’s data center design and cost structure. Timmons said his goal is for Microsoft’s data center network to be “incredibly scalable at awesome cost effectiveness,” and said his team was on target to slash data center costs by 50 percent.

     *     *     *

トラクター小屋


Microsoft’s Modular Datacenter | YouTube]

Timmons がマイクロソフトにいた間の功績のいくつかは、ワシントン州 Quincy の最新のデータセンターで見られる。Microsoft Global Foundation Services での設計作業の頂点を示すものだ。サーバー、ストレージ、電源、冷却装置などを詰め込んだカスタマイズ可能なコンテナが、軽量構造の上屋(Timmons は「トラクター小屋」に例える)を占めているのが特長だ。容量が必要になれば新しいモジュールを増やし、技術や信頼性に応じた組み合わせで対応するのだ。

Some of Microsoft’s innovations during Timmons’ tenure are on display in its latest data center in Quincy, Washington, which is the culmination of years of design work at Microsoft Global Foundation Services, and offers dramatic reductions in cost and resources. The facility features a lightweight exterior (which Timmons likened to a “tractor shed”) filled with highly-customizable containers packed with servers, storage and power and cooling infrastructure. The modules can be deployed as new capacity is needed, and configured with a mix-and-match approach that supports a variety of technologies and reliability levels.

     *     *     *

白羽の矢を立てた

アップルは自社のデータセンターについて語りたがらない。しかし求めていたのがデータセンターについてありきたりでない考えを持つ(think different)経営幹部だとしたら、Timmons に白羽の矢を立てたということかもしれない。


Apple doesn’t talk about its data centers. But if it is looking for an executive to “think different” about data centers, Apple may have found its man in Timmons.

     *     *     *

すべてにチャレンジせよ

2010 年3月の DataCenterDynamics プレゼンテーションで Timmons は次のように語った。「これまでのデータセンターのあらゆるものにチャレンジせよ。壁も屋根も、構築すべきすべてのものにチャレンジせよ。」


“Challenge everything you know about a traditional data center,” Timmons said in a March 2010 presentation at DataCenterDynamics New York. “From the walls to the roof to where it needs to be built, challenge everything.”

     *     *     *



とうとうアップルはマイクロソフトの人材でも引き抜くようになったか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

apple_bat_signal.jpg

Apple Cloud – Sam Spratt

アップルを含むハイテク産業にとって来年はサービス競争の年になると、投資家向けサイト Barrons が予想している。

Barrons.com: “Beyond Gadgets: The Services Brawl of 2011” by Tiernan Ray: 18 December 2010

     *     *     *

「サービス」の意味

ハイテク産業にとって軍資金を必要とする理由がますます顕著にになってくる。アップルもまた大きなチャレンジに対処しなければならない。iPad や iPhone の 2011 年の販売量がどうなろうと、アップルは競争力を「エコシステム」にシフトする必要がある。コンピュータ機器やソフトウェアだけでなく、「サービス」が大きな意味を持ってくる。サービスとは、コンテンツや諸機能がアップルデータセンターのコンピュータ上に存在するという意味だ。

[…] reasons for companies to hold onto their war chest will increase markedly. Apple, for one, will need to invest to meet a major challenge. No matter how many iPads and iPhones it sells in 2011, the competitive focus is shifting to the “ecosystem.” This comprises not just computing devices and software, but also “services,” which basically means content and functionality that is hosted on Apple’s own computers in its data centers.

     *     *     *

グーグルと互角に勝負

今やアップルは、iTunes からコンテンツを配信する世界一のオンラインミューシックベンダーだ。しかしこれは始まりに過ぎない。これからはグーグルと互角に勝負できることを示さなければならない。グーグルはすでに何年にもわたって個人のデータを扱い、デスクトップアプリケーションではなくインターネットそのものに関わってきたのだ。

Apple is already the No. 1 online music vendor in the world, serving up content from iTunes. That’s a start. But it will have to show it can go head-to-head with Google, which has spent many more years hosting individuals’ data and thinking about the Internet, not desktop applications.

     *     *     *

空中のジュークボックス

これに対抗すべくアップルはノースカロライナのデータセンターに10億ドルを投じてきた。これによってアップルのオンライン MobileMe は格段に強化されることが期待されている。例えばユーザーは、映画や音楽を自らのマックではなく、空中のジュークボックスに永久に保存することも可能になるのだ。

In response, Apple is investing $1 billion in a data center in North Carolina and it is widely expected that the facility will enhance Apple’s current MobileMe online application. It could, for example, become a big jukebox in the sky, where a customer’s movies and music are stored permanently, rather than residing on their Mac computer.

     *     *     *

増加する設備投資

確かにアップルは大きな設備投資に備えている。Robert Cihra[Caris & Co.]によれば、今年の設備投資は 55% 増の40億ドルになるという。もっぱらオンラインインフラの強化のためだ。

APPLE IS CERTAINLY GEARING UP for big investments. Its capital expenditures are expected to jump more than 55% this year, to $4 billion, according to Caris & Co.’s Robert Cihra, mainly for online infrastructure.

     *     *     *

プラットフォームの構築

アップル、グーグル、マイクロソフト、その他多くのハイテク産業は、プラットフォームの構築を競っているのだと Gene Munster[Piper Jaffray のアナリスト]はいう。ここでプラットフォームとは、コンテンツやコンピュータ能力をあらゆるデバイスに押し進めることだ。なかんずくタブレットコンピュータやスマートフォンのようなモバイルデバイスが中心であり、一方データは「クラウド」に存在するというわけだ。

Apple, Google, Microsoft (MSFT) and most other computing companies are competing to build a platform, in the words of Piper Jaffray analyst Gene Munster. The platform means all manner of content and computing functionality can be pushed to various devices, increasingly mobile devices such as tablet computers and smartphones, while the data resides in the “cloud.”

     *     *     *

クラウド

クラウドというのはハイテク業界の隠語で、サービスプロバイダーが管理運営するサーバーコンピュータの集合体を意味する。個人が管理するものについては通常いわない。

The cloud is tech-industry argot for collections of server computers managed by service providers, rather than maintained by the individual.

     *     *     *

アップルはウェブ企業

「10年前にアップルのことを家電メーカーだというのはバカげていた」と Munster は先週の電話インタビューで語った。「しかし今やバカげた話ではない。ではアップルがウェブ企業だと考えるのはバカげているだろうか?」

The thought of Apple being a consumer-electronics company 10 years ago was absurd,” Munster observed in a phone interview last week. “It’s no longer absurd. Now, is it absurd to think of Apple as a Web company?”

     *     *     *

データを人質に取る

問題はその理由だ。なぜコンピュータやスマートフォンを売るだけではないのか。なぜ「サービス」企業になる必要があるのか。ひとつの答えは囲い込み(lock-in)だ。アップルやグーグルはよく知っているのだ。ユーザーのデータをクラウドに取り込む(人質に取る)ことによって、ソフトやデバイスに対するユーザーの忠実度を確保できることを。そうすることによってユーザーが他のベンダーに逃げ出したりしなくなると考えているのだ。

The big question is, Why? Why not just sell computers and smartphones? Why become a “services” company? One answer is lock-in. Apple and Google know that by holding your data in the cloud, so to speak, they’ll retain your loyalty for their software and devices. The defection of customers to other vendors will decrease, or so the thinking goes.

     *     *     *

新手の競争相手

もうひとつの答えは、2011 年になると新手の新進企業が続々と登場してハイテク産業に対するプレシャーが増すからだ。Facebook は最近の個人的投資で時価総額が 550 億ドルに達すると考えられており、創業者 Mark Zuckerberg は弱冠26才の若さでタイムズ誌の表紙を飾る。Twitter の時価総額は40億ドルになんなんとしている。

Another answer: 2011 will bring more and more pressure on tech companies to compete with the new kids on the block. Facebook, whose founder Mark Zuckerberg is Time’s Person of the Year at the tender age of 26, is apparently valued these days at approximately $55 billion, based on recent private investments in the company. Twitter is approaching $4 billion in market cap.

     *     *     *

革新的であり続ける

さらにまたアップルやグーグルなどのハイテク企業にとっては、革新的であり続けない限り脱落するというプレシャーがあるからだ。

And still another answer is that Apple and Google and others are under pressure to keep innovating or fall behind.

     *     *     *

アップルに限らずどのハイテク企業も現金を溜め込んでいるのは、かかる変化に備えるためというわけだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記(12月21日)

元記事の全訳はこちら・・・

WSJ Japan: “BARRON’S / 【バロンズ】米アップル、11年はエコシステム構築に向けた投資が鍵 “: 20 December 2010

Read Full Post »

live_streaming.jpg

アップデート3:ライブストリーミングはデータセンターのテスト?〉

アップデート2:今夜のライブストリーミングは本当に見れるのか〉

アップデート:もし途中でつっかえたら・・・〉

直前のアップル発表・・・

ZDNet: “Apple to stream its Sept. 1 powwow” by Larry Dignan: 31 August 2010

     *     *     *

イベントのライブ中継

まったく初めてのことだが、アップルは明日のアップルイベントをライブ中継するそうだ。ただしアップル製品を持っていないと見れない・・・

For the first time ever, Apple will stream one of its live events—as long as you own an Apple product.

アップルの発表によれば、明日のプレス発表(iPod と Apple TV に関するものか)はライブ中継されるという。これまでアップルはライブストリーミングをしたことがない。

In a statement, Apple said it will stream its iPod and potentially Apple TV press conference live. Typically, Apple doesn’t do live streaming.

PC じゃ見れないってとこがミソ。もちろん Android でもダメ・・・

The catch: PCs need not apply. And don’t bother with Android either.

アップルの発表はこちら

Here’s what Apple said:

     *     *     *

ほかのライブ中継がくわれなければいいが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

     *     *     *

〈アップデート〉もし途中でつっかえたら・・・

ライブストリーミングについての John Gruber のコメントがおもしろい。

Daring Fireball: “Apple to Provide Live Video Streaming of Tomorrow’s Event” by John Gruber: 31 August 2010

     *     *     *

もしも途中でつっかえたら・・・

アップルがライブのビデオストリーミングを試みようとしてどのくらいの年数がたっただろうか。もしも途中でつっかえたりしたら・・・これまでのアップルのライブストリーミングから、まったくの仮定の話だがもしもそうなったら、大騒ぎになってブロガーたちに書きまくられるだろう。

How many years has it been since Apple has tried this? If it holds up — a big “if”, considering Apple’s previous live-streaming efforts — there goes the live-blogging racket.

     *     *     *

Daring Fireball に寄せられたコメントもこれまたおもしろい。

[Safari のプラグインで見ることが可能。]

     *     *     *

iTunes のインフラを示す絶好のチャンス

RHT のコメント

アップルはライブブロガーを防止したりはしないだろう。結局は起きることなのだから。むしろアップルは、新しい iTunes の配信システムが構築されることになるインフラを見せびらかすだろう。

これ以上うまいやり方が考えられるだろうか。

RHT:

My guess is that Apple is not doing this to deter the live-bloggers. That will will happen anyway. What I suspect is that Apple is going to show off it’s streaming infrastructure on which the new iTunes distribution is built.

What better way to prove the concept?

     *     *     *

すべてのブロガーをバイパスする

ChuckG のコメント

これってイベントを直接ライブ中継することによって、「ブロガーどもの国家」をまるごとバイパスして彼らにクソクラエという Steve のアイデアだと思う。

もちろんアップルがストリーミングビジネスに参入する前兆として、サーバーの信頼性を示す狙いの可能性もある。

いずれにしても F5 攻撃を避けるのはいいことだと思う。

ChuckG:

I honestly think this is Apple’s “Fuck-you!” to the “nation of bloggers” that Steve would rather bypass altogether with a live, direct feed of the event.

Of course, it could just be Apple showing off its servers’ reliability, foreshadowing its entry to the streaming business. Should be a good test of their server capacity.

Either way, I’m glad to avoid the game of whack-an-F5-key.

     *     *     *

ライブストリーミング自体が関心の的となる?

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

     *     *     *

〈アップデート2〉今夜のライブストリーミングは本当に見れるのか

ライブ中継が行なわれる HTTP Live Streaming プロトコールについて MacRumors が触れている。

MacRumors: “Can You Watch Apple’s Live Keynote Stream? Requirements and Workarounds ” by Arnold Kim: 01 September 2010

     *     *     *

[HTTP Live Streaming の]プロトコールはスタンダードとされているが、これまでのところ同プロトコールを実現しているのはアップルだけだ。その結果、ビデオを簡単に見れるのは特定のプラットフォームだけということになる。既存のテクノロジーに基づくシステムに比べていくつか比較優位性があると思われる。特にストリーミングが標準的 HTTP プロトコールでなされるため、ルータ・ファイアウォールの問題はないはずだ。

While the protocol has been proposed as a standard, so far Apple’s the only company who seems to have implemented it. As a result, the video will only be easily viewable on the specified platforms. There seem to be some advantages to the system over existing streaming technologies. Notably, there should be no router/firewall issues as the stream is sent over standard HTTP protocols.

ストリーミングが見れるかどうか分からないときは、アップルが提供しているこちらのサンプルで調べることができる。

If you’re not sure you will be able to view stream, you can try loading this HTTP Live sample stream that Apple has provided.

     *     *     *

なお HTTP Live Streaming については、もふ氏[macwebcaster.com]がこちらとこちらで詳しく解説しておられる。

アップルのテストサンプルは、筆者の iPhone(iOS 4)では確認できたが、古いマック(Snow Leopard ではない)ではダメだった。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

     *     *     *

〈アップデート3〉ライブストリーミングはデータセンターのテスト?

やはりデータセンターとも関係あった・・・

Cult of Mac: “Apple Is Live Streaming Sept. 1 Event To Test New Server Farm [Exclusive]” by Leander Kahney: 31 August 2010

     *     *     *

データセンターのテスト

アップルの今夜のライブ中継は、アップルの巨大なデータセンターのテストのためだというのが情報筋の話だ。

Apple is live streaming Wednesday’s iPod event as a test of its massive new data center, we’ve been informed by a source.

ここ数年で初めてのアップルのビデオ中継は、将来の iTunes から iOS デバイスにストリーミングできる能力がサーバーファームにあるかどうかをテストするためだと情報屋はいう。

Apple’s first live video broadcast in years is a test of the server farm’s ability to stream a future version of iTunes for iOS devices, our tipster says.

「トラフィックの負荷と品質をモニターするためだ」と匿名希望の情報屋。

“The goal is to monitor traffic load and quality,” says our tipster, who asked to remain anonymous to preserve their connections at Apple.

     *     *     *

いろんな情報がポロポロと・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »