Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘China Mobile’

apple-china-tim-cook

[驚異的な中国マーケットの伸び:Quartz

中国のスマートフォン市場における iPhone の驚異的な伸びについて、Adam Pasick の分析がよくまとまっているように思える。

How Apple sold more phones than anyone in China—even at twice the price | Quartz

     *     *     *

6位からトップへ

Canalys によれば、大型化した iPhone 6 と iPhone 6 Plus のおかげで、中国本土のスマートフォン市場におけるアップルのランキングは昨年の6位から今年はトップに躍り出た。[昨年の上位5社は Huawei、Lenovo、Samsung、Xiaomi、Yulong]

     *     *     *

さらに差が開いた実売価格

それでも中国における昨年の iPhone 実売価格(ASP)はライバルのほぼ2倍だったが、第4四半期にはさらに 50 ドル高い 681 ドルになった。6月時点での Huawei および Xiaomi の実売価格はそれぞれ 155.30 ドル と 159.60 ドルだった。

     *     *     *

それでも倍増した iPhone の売上げ

出荷台数の増加と割り増し価格(premium pricing)によって中国におけるアップルの売上げは倍増した。これは iPhone に対する中国消費者の需要がまだまだ大きいことを示すものだ。ではいったい何故そうなったのだろうか?

     *     *     *

消費者が望むものを与えた

Giving consumers what they want

iPhone の大型化を長い間拒んできたアップルもついに折れて、大きな賭けに出た。そしてその賭けは大きく報われたのだ。大型の電話を好む中国の消費者は、ライバルの Samsung や Xiaomi より新しい iPhone に殺到した。

Apple long resisted larger iPhones that couldn’t easily be gripped in the hand or spanned by an outstretched thumb. But Apple finally gave in—and the bet paid off, big time. Chinese consumers, who have long preferred bigger phones, flocked to the new iPhones, with many choosing them over rival offerings from Samsung and Xiaomi.

     *     *     *

販売チャンネルを増やした

Super-premium retail

アップルのブランドイメージを高めるためにはシックなアップルストアの存在が必須だ。中国の旧正月を盛り上げるためアップルは新たに5店舗のアップルストアをオープンした。今後2年で40店舗に倍増する計画だ。そのための秘密兵器がアップルリテール部門のトップ Angela Ahrendts だ。前職のバーバリーで中国リテールの体験をたっぷり積んできた。

Apple’s chic retail stores have been crucial in creating the brand’s high-end aura. The company is opening five new stores on the mainland in the run-up to the Chinese New Year’s prime shopping season next month; it plans to double its retail footprint, to 40 stores, within the next two years. The not-so-secret weapon here is Apple retail chief Angela Ahrendts, who has a wealth of China retail experience from her former job running Burberry.

先週 Ahrendts は国営「新华日报」のインタビューで、「中国の需要に世界レベルのサービスで応えること」が彼女にとって最大のチャレンジだと述べた。そのため、米国で選抜したアップルストアのスタッフを中国へ送り込むと語ったという。

Ahrendts gave a rare interview last week to China’s state-run Xinhua Daily, saying that her biggest challenge is “keeping up with demand while providing the same global customer service standards.” To that end, she is reportedly offering to move select US Apple store staff to China.

     *     *     *

チャイナ・モバイルとの契約締結

A China Mobile deal

China Mobile[中国移动通信、チャイナ・モバイル]とアップルの契約交渉がなぜ長期にわたったのかはナゾだが、両社の契約が締結されたことのメリットは明白だ。アップル躍進の最大の要因として同社の高速 LTE データ通信の展開があることは Canalys も認めている。

It’s a mystery why it took so long for Apple to sign up the biggest mobile carrier in China, and thus the world, but now that it’s finally inked a deal with China Mobile, the benefits are obvious. Canalys credited the deal, along with the carrier’s rollout of high-speed LTE mobile data connections, as a primary driver behind Apple’s sales growth.

     *     *     *

中国政府との良好な関係

Keeping Beijing happy

中国で営業するすべての外国企業と同じく、アップルにとっても中国共産党政府の黙認は中国展開の前提になる。しかし必ずしも政府と良好な関係を保ってきたわけではない。反消費者的とされるビジネス慣行を国営メディアは激しく非難した。またアップルが中国ユーザーの機密情報を収集しているのではないか、さらには米国情報機関に情報を提供しているのではないかという懸念を政府当局は示している。

Like all foreign businesses in China, Apple can only operate with the acquiescence of the ruling Chinese Communist Party. And the relationship has not always been a happy one: state-owned media have railed against allegedly anti-consumer business practices, and government regulators have raised concerns that Apple may be gathering sensitive information about its Chinese users—or, even worse, sharing information with US intelligence agencies.

このような疑念を抱く当局をなだめるため、アップルは中国官憲に対しネットワークやハードウェアに対するアクセスを許す「セキュリティーチェック」を認めようとしていると、中国のメディアは報じている。(本件に対するコメントをアップルは拒否している。) このような動きは中国に対し国内・国外での盗聴や監視を可能にする内部情報を与える可能性がある。しかしアップルに何十億ドルも転がり込むことを考えると、これは中国で商売するための必要コストということかもしれない。

Apple seems to be taking steps to placate Susanpicious regulators, according to Chinese media reports, by agreeing to allow “security checks” that will give Chinese officials access to its networks and hardware. (Apple has declined to comment on the matter.) Such a move could potentially give China inside knowledge that would enable its own snooping and surveillance at home and abroad—but with Apple’s many billions rolling in, that may just be the cost of doing business in China.

     *     *     *

中国マーケットを正確に理解するには、iPhone の躍進を可能にした要因をひとつひとつ分析していく必要がある・・・

広告

Read Full Post »

china-mobile

[China Mobile:image

China Mobile[中国移動通信]の iPhone 発売価格がやっと明らかになった。

しかしその契約価格は思ったほど安くなかった・・・

WSJ: “China Mobile iPhone Packages Not Cheap” by Lorraine Luk: 17 January 2014

     *     *     *

驚くほど高い iPhone の契約価格

7億6千万人の契約者数を擁する世界最大のモバイルキャリアは金曜日(1月17日)に初めて iPhone の提供を開始するとともに、iPhone 契約の内容を発表した。それによると China Mobile[中国移動通信]の iPhone 5S の2年縛り契約当初価格は最低でも 5488 元(906 ドル)となる。

As the world’s largest mobile carrier with over 760 million subscribers started offering the iPhone for the first time on Friday, it announced the terms of its iPhone packages. The upfront cost of China Mobile’s 24-month iPhone 5S contract is at least 5,488 yuan ($906).

     *     *     *

競合2社よりはるかに高い

これは China Telecom[中国電信]の契約価格(4000 元)より 37% 高く、またChina Unicom[中国聯合通信]の契約価格(4699 元)より 17% も高い。この2社は契約者数では China Mobile より少ないが、昨年9月の世界同時発表以来 iPhone 5S/5C を提供している。中国では、キャリア契約なしの 16GB iPhone 5S の価格は 5288 元だ。

That’s 37% higher than China Telecom Corp.’s plans, which start at 4,000 yuan. It is also 17% more than China Unicom (Hong Kong) Ltd.’s contracts, which start at 4,699 yuan. The two carriers, though smaller than China Mobile in terms of subscriber base, have been offering the iPhone 5S and iPhone 5C since their global launch in late September. In China, an unsubsidized 16-gigabyte iPhone 5S without a carrier contract costs 5,288 yuan.

     *     *     *

WSJ の記事は、アップル以外の複数の端末についても販売助成金を出す必要があることや、競合2社がまだ 4G サービスを開始していないことなどからこのように高い価格になったというアナリストの見方を紹介している。

数日前に China Mobile(中国移動通信)の奚国華会長は、予約注文者数が百万を越えたと述べたが、オンライン予約の時点ではまだ価格はハッキリしていなかった。キャンセル料を払わなくても予約のキャンセルは可能らしいので、予約者たちがどういう反応を示すかも注目される。

中国のユーザーにとっては1か月の平均的給与(3000 元)に収まるかどうが大きなポイントだと聞いたことがある。今回の出だしはなかなか慎重だということになるのだろうか。

そういえば、Savio Chan が1月の段階では高いままだが、第2弾で大衆向けに大幅な助成措置を考えるハズだといっていたのが思い起こされる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Web

[予約受付は始まったが・・・]

ついに中国最大手の China Mobile(中国移動通信)から iPhone が販売されることが正式に決まった。

両社のプレスリリース(同文)で、12月25日予約開始、来年1月17日発売というところまで発表されたのに、予約受付日を過ぎてももまだ iPhone 価格などの詳細は分からない

そんな中で Horace Dediu が China Mobile に課せられる販売ノルマ[MOQ:最低発注数量]を取り上げているのが興味深い・・・

asymco: “The China Mobile iPhone MOQ” by Horace Dediu: 23 December 2013

     *     *     *

来年1月17日販売開始

2013 年12月22日北京およびクパティーノ発:アップルは世界最大の携帯電話会社 China Mobile(中国移動通信)と iPhone を販売する複数年契約を締結したことを本日発表した。この契約によって、iPhone 5S および iPhone 5C はアップルストアだけでなく China Mobile の販売店網からも来年1月17日(金)から販売が開始される。

“BEIJING and CUPERTINO, California—December 22, 2013—Apple® and China Mobile today announced they have entered into a multi-year agreement to bring iPhone® to the world’s largest mobile network. As part of the agreement, iPhone 5s and iPhone 5c will be available from China Mobile’s expansive network of retail stores as well as Apple retail stores across mainland China beginning on Friday, January 17, 2014.

アップル(12月22日)および China Mobile(12月23日)のプレスリリースから

China Mobile & Apple Bring iPhone to China Mobile’s 4G & 3G Networks on January 17, 2014 – Yahoo Finance

     *     *     *

縁起のいい日

どうやら1月17日は縁起のいい日らしい。[注]

January 17 seems to be an auspicious date.[1]

[注]1月17日は中国の数霊術ではラッキーナンバーにあたる。1+7=8と末広がりの八になっていて非常に縁起のいい数字だ。Joe Zou のツイッターから。

1. January 17 is a lucky day in Chinese numerology: 1+7=8 is a multiple of number 8, which is the most auspicious number. Joe Zou @zzbar via Twitter

     *     *     *

NTT Docomo の MOQ

ちょうど1年前の1月17日に、自分は iPhone の最低発注数量[MOQ]について書いた。

Precisely a year prior to that date, on January 17, 2013, I wrote The iPhone MOQ.

その投稿で、米国キャリアの契約者総数に占める iPhone アクティベーションの割合を示した。キャリアやその年によって変わるが 10% 〜 19% という数字だった。さらに日本については NTT Docomo 社長の発言に基づいて高い方の数字になるものと仮定した。

Within that post I showed the activation rates for US operators as a percent of total users. Figures ranged from 10% to 19% by year or operators. I further assumed the figures would be toward the high end of that in Japan based on statements by the president of NTT DoCoMo.

     *     *     *

China Mobile の MOQ は?

その投稿の最後の文章はつぎのとおり。

The last phrase I used was:

「China Mobile(中国移動通信)については最低発注数量(MOQ)が何パーセントになるのか興味深いところだ。」

“The MOQ figure as percent of subs for China Mobile would also be an interesting point of debate.”

     *     *     *

控え目にみて3千万か

自分の予想では、China Mobile の場合は米国や日本よりはるかに低い数字から始まるだろうと考える。中国の場合は最低発注数量(MOQ)が 2014 年の契約者総数の 4% になっても驚かない。上記の China Mobile のプレスリリースでは契約者総数を7億6千万人としている。ということは iPhone の最低発注数量は3千万ということになる。

My assumption would be that CM would start at a base significantly lower than the US or Japan. I would not be surprised to see an MOQ of 4% of user base for 2014. In the press release above China Mobile states that they serve 760 million customers. That implies a minimum order of about 30 million iPhones.

他にデータがないことから控え目に予想すべきだと考える。

In the absence of any other data it’s best to be conservative.

     *     *     *

China Mobile(7億6千万人)だけでもはるかに AT&T(1億1千万人)を超える。

その 4% にいくらで、どういう条件で売ろうとしているのかますます気になってくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:近々結果が出る》

138733372984

[中国移動の奚国華会長:photo

アップルと中国移動(China Mobile)の提携話はまたもや空振りに終わった。

結局12月18日の iPhone 発表はなかった。

財経新聞: “(香港)中国移動が下落、「アップルとの提携発表」との観測空振りに“: 18 December 2013

     *     *     *

またも空振り

中国移動:チャイナ・モバイル下落。市場ではこれより先、同社が本日18日に米アップルとの提携を発表するとの観測が浮上していたが、空振りに終わっている。地元メディアの報道によると、中国移動の奚国華会長は18日、アップルとの交渉はまだ続いており、本日中にiPhoneに関する情報を発表する予定はないと述べた。

     *     *     *

中国の他のニュースを見ても同じだ。

钛媒体网: “中国移动仍在与苹果谈判,暂不发布移动iPhone” by 精选: 18 December 2013

辛抱強く待ってほしい

本日開催された 2013 年の Worldwide Partner Conference において、中国移動の奚国華会長は腾讯科技(Tencent Technology)との単独インタビューに応じ、アップルとの交渉はまだ継続中であり、アップル iPhone 関連の情報発表は本日はないのでユーザーは辛抱強く待って欲しいと述べた。

在今日召开的2013中国移动全球合作伙伴大会上,中移动董事长奚国华在接受腾讯科技独家专访时表示,与苹果的谈判还在进行中,今日也不会发布和苹果iPhone有关的信息,希望用户耐心等待。

     *     *     *

それらしきニュースがあれほど続いたのに、中国のことはほんとに分からない。

アップル関連で今年最大のミステリーだ。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》近々結果が出る(12月19日)

中国日报网(CHINAdaily)の記事から・・・

chinadaily.com.cn: “China Mobile on silent mode regarding Apple deal” by Shen Jingting: 18 December 2013

     *     *     *

依然交渉中だが近々結果が出る

China Mobile(中国移動通信)の奚国華会長は、China Mobile のネットワークで使える iPhone を買うにはまだ辛抱強く待つ必要があると語った。

Xi Guohua, chairman of China Mobile, said customers need to have more patience to shop for iPhone devices running on China Mobile’s wireless networks.

China Mobile はアップルとの交渉に関しては口を閉ざしているが、奚会長は「China Mobile は未だアップルと交渉中だが、いいニュースは時間がかかるものだ。提携については近々発表できる思う」と述べた。

China Mobile on silent mode regarding Apple deal
“China Mobile has yet to reach agreement with Apple, but good news deserves to be waited for, and we expect to release related cooperation information soon,” Xi said.

     *     *     *

china_mobile_preordering

[China Mobile オンライン予約の広告画像:image

正体不明の 4G スマートフォン

China Mobile の北京支店は正体不明の 4G スマートフォンのオンライン予約を先週開始した。

China Mobile’s Beijing branch opened online preorders for unnamed 4G star smartphone models last week.

このスマートフォンが何なのか China Mobile は明らかにしていないが、予約画面に黄金のアップルのイメージが表示されていることから iPhone 5S に違いないというウワサだった。

Though the company did not specify the particular device, speculation on the web suggested that it was the iPhone 5S handset by demonstrating an image of a golden apple.

12月18日現在6万8千人がオンライン予約した。しかし本当に iPhone 5S を入手できるのかどうか誰も知らない。

About 68,000 people made online reservations by Dec 18. However, no one knows when he or she will get a real iPhone 5S smartphone.

     *     *     *

最大のミステリーはアップルとの交渉で何がもめているのかサッパリ見えてこない点だろう。

その背景に、China Mobile(中国移動)との交渉でアップルは「中国のキャリアに販売助成金を負担させることに失敗した」との見方もあった。

4G ネットワークへの移行に伴い、携帯電話本体と SIM カードを別々に購入するこれまでどおりの売り方を維持するのか、それとも他の国と同じ2年縛りを前提とした販売助成金制に踏み切るのか、非常に興味のあるところだが、アップルとの交渉内容はなかなか見えてこない。

これまで方式だとしても、高額の本体価格をそのまま消費者に転嫁するのか、それとも何らかの軽減措置を講じるのか

契約制に踏み切るとして販売ノルマ[最低発注数量 MOQ]はどうなるのか。7億というマーケットから考えてもノルマは膨大なものになりそうだ。

4G ネットワークに移行に伴い当然多くの機種を扱うだろう。ライバル各社はどうのような条件を提示しているのか。

まだ分からないことがいっぱいだ。

それに「近々結果が出る」というのも興味深い。

中国の消費者がショッピングに殺到する中国正月の春節は、来年は1月31日からだといわれている。

その頃までオンライン予約した消費者がガマンできるかどうか。

China Mobile の iPhone 戦略が姿を現すのもそう遠くはなさそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Dan_Ayd_Shenzhen2

[早くもアップル製品が・・・]

ウワサされている12月18日の発表を前に中国深圳からの報告・・・

PRC and ME: “Look what I found – iPhones at China Mobile” by Dan Ayd: 14 December 2013

     *     *     *

深圳の China Mobile ストア

深圳市福田区の Link City にある China Mobile[中国移動通信]のストアを通りかかったら、なんと iPhone の広告だけでなく iPhone や iPad の実物まで展示されていた。こんなことは初めてだ。

I walked by a China Mobile store (Link City in Shenzhen’s Futian district) on my way to dinner tonight and lo and behold, there were not only (a lot of) iPhone advertisements but also actual iPhones and iPads on display. This was a first.

     *     *     *

Dan_Ayd_Shenzhen1

[iPhone も iPad も・・・]

iPhone も iPad も

表示されている iPhone 5S の 4380 元(723 ドル)や 5C の 3380 元(558 ドル)という価格は契約割引価格ではないかと思われる。店内の展示テーブルのひとつは iPhone と iPad 専用で、かなりのひとが群がっていた。店内至る所にアップルの広告が張られ、フラットスクリーンのテレビでは Phil Schiller の A7 チップ発表のビデオを流していた。広告も展示スペースもほとんどはアップル関連だった。この様子を見ると、China Mobile は新しいアップルとの提携関係を大々的に宣伝して、China Unicom[中国聯合通信]や China Telecom[中国電信]に一挙に追い付くつもりのようだ。

Advertisements on the wall showed what I believe to be discount pricing (probably with contract) of 4380元 ($723) for the iPhone 5s and 3380元 ($558) for the 5c. Of the two display tables in the store, one was dedicated to iPhones and iPads and there was a pretty good crowd around the table as I passed by. Not only were there Apple advertisements all over the place, but even Phil Schiller was present, his A7 chip announcement playing on a flatscreen TV. A majority of the ad and display space in the store had been dedicated to Apple. If this is any indication, China Mobile is planning to aggressively promote their new Apple partnership in the hopes of blunting any advances from China Unicom and Telecom.

     *     *     *

それでも・・・

それでも、本当かどうかはまだ分からない・・・

(Update: I’m still not exactly sure

     *     *     *

いよいよ巨大マーケットが動き出すか。

現地はすでに走り出しているようだ。

それにしても最後の一行は中国らしい・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

china-mobile

[China Mobile(中国移動)]

中国最大のモバイルキャリア China Mobile(中国移動)から iPhone が発売されるのもいよいよ目前に迫ったようだ。

7億人超のユーザーを抱えるといわれる China Mobile から iPhone が発売されれば、これまで手つかずだったマーケットの門戸が一挙に開放されることになる。

Forbes: “Apple Nears China Mobile Deal As 4G Launch Approaches” by Trefis Team: 26 November 2013

     *     *     *

China Mobile、12月18日に新規モバイルサービス開始か

China Mobile(中国移動)は最近の広告で新しいブランドのモバイルサービスを来月から開始すると謳っている。このため iPhone についての交渉が近々成立するのではないかとの観測が行われている。先週同社は12月18日に広州で開催される「世界パートナーカンファレンス」で新しいサービスを発表することを明らかにしている。

China Mobile’s recent advertisement touting the launch of a new brand for mobile services next month has fueled fresh speculation about an imminent iPhone deal. The carrier announced late last week that it will introduce a new service at its 4G global partners conference in Guangzhou on December 18. […]

アップルにとってみれば、これまで iPhone 販売助成金がなかったため手つかずだった China Mobile の7億5千万人という巨大な契約者ベースの門戸が開放されることになる。China Mobile の 3G TD-SCDMA ネットワークと互換性がないという点は別にしても、iPhone 契約が非常に高くつく — 巨額の販売助成金をキャリアが負担して一般ユーザーの手に届きやすくする必要がある — ことが最近両社の交渉が行き詰まった理由のようだ。Qualcomm から最近出たベースバンドチップセットは、China Mobile の 3G ネットワークだけでなく今後の TD-LTE ネットワークへのアクセスも可能にするが、これによってアップルは China Mobile との互換性をもった iPhone を作るという技術的チャレンジを克服できるのだ。しかしながら、アップルが新興市場に向けて 400 ドル以下の iPhone を投入するかどうか、あるいは China Mobile との交渉を成功させるため販売助成金ないしは別の形でこれまでに例を見ない譲歩をするかどうか大変興味深いところだ。

As for Apple, a deal with China Mobile opens up a huge subscriber base of 750 million that has largely remained untapped in the absence of iPhone subsidies. Apart from the incompatibility issues with China Mobile’s 3G TD-SCDMA network, it is likely that the expensive nature of an iPhone contract – which entails huge carrier subsidies to make the smartphone affordable for the average consumer – has been a sticking point in recent negotiations. Qualcomm’s recent launch of baseband chipsets that enable access to not only China Mobile’s 3G network but also its upcoming TD-LTE network allows Apple to overcome the technological challenge and launch a China Mobile-compatible iPhone. However, it will be interesting to see if Apple launches a sub-$400 iPhone for the emerging markets, or sets an unlikely precedent by offering a concession either in subsidies or any other form to land the China Mobile deal.

     *     *     *

一方、9月に新 iPhone が発表された際、China Mobile(中国移動)との交渉でアップルは「中国のキャリアに販売助成金を負担させることに失敗した」のではないかという見方もあった。

iPhone 5S/5C の中国での販売価格が思ったほど安くなかったことからの推測だ。

Blogos: “中国でのiPhone価格から想像できること” by 大西宏: 13 September 2013

     *     *     *

China Mobile(中国移動)に販売助成金を負担させることに失敗した?

では中国でなにが起こったのでしょうか。中国のキャリアに販売助成金を負担させることに失敗したのではないでしょうか。中国ではSIMカードと携帯電話本体を別々に購入するのが主流です。それでは2年間の縛りを前提とした価格は打ちだせません。そんなビジネスの仕組みを変えることができなかったのではないかと想像しています。

iPhone5Cであれ、iPhone5Sであれ、中国で売れる価格にするためには、中国のキャリアが2年間なりの縛りという方式を取り入れ、販売助成金を出して価格を下げるか、アップルがキャリアへの販売価格を思い切って下げるしか選択肢はありません。

今回のアップルのアジア戦略の目玉は、日本でのドコモの取り扱い開始と、中国最大のキャリア、中国移動通信から販売することだったはずでした。中国でiPhoneのシェアを伸ばそうとすれば、携帯電話の契約者数がなんと7億人を超えている、世界最大規模の中国移動通信との契約がなければ厳しいはずです。

その中国移動通信から売りだされるという発表がなかったのです。想像ですが、中国移動通信での販売方式や価格でまだ折り合いがついていないということではないでしょうか。アップルの中国戦略が成功するかどうかは、中国移動通信が鍵を握っており、焦点はアップルが中国移動通信との契約に成功するかどうか、また契約時にiPhoneが売れる価格にできるかどうかでしょう。

もしかすると中国市場については第二弾のサプライズがあるか、もう契約交渉に失敗してしまっていて、サプライズはないかのいずれかだと思います。

     *     *     *

アップル中国のサイトを見ると、iPhone 5S は:

中国第2の China Unicom(中国聯通) — モデル A1528
中国第3の China Telecom(中国電信) — モデル A1533

の2モデルがあって、キャリア契約無しの価格(いずれも 16GB で 5288 元)だけが表示されていることに気づく。

そもそもロック解除された SIM フリーモデルしか売られていないということなのだろうか・・・

新たな発表でこれに最大手の China Mobile(中国移動)が加わるのだろう。

中国工業情報省電気通信設備認証センターが China Mobile の通信ネットワークを利用するのに必要な免許をアップルに与えたのは iPhone 5S/5C が発表される直前だった。

今の時期に SIM フリー iPhone が発売されたのは決して偶然ではない気がする。

China Mobile が iPhone を発売する準備が整ったからこそ中国以外の国でも SIM フリー iPhone が発売されたのではないか・・・

     *     *     *

Screen-Shot-2013-11-22-at-9.22.42
[中国とインドでは高くても売れる?:Mobile Unlocked

改めて Mobile Unlocked の調査[上図]を見直すとなかなか興味深い。

もともとは同じ iPhone を買うとしたらどの国が高くつかという地図なのだが、視点を変えてみると、高い iPhone でも買うひとがいるのはどの国かという地図でもある。

新興市場の中国とインドがそんな国として群を抜いているワケだ。

SIM フリー iPhone の発売はアップルがいよいよ新興市場へ攻勢をかける準備が整ったことの証しではないのか。

じつは今回の SIM フリー iPhone は中国が狙い目で、日本はメじゃなかったりして・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »