Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘CEO’


[CEO を辞任した Steve Jobs:photo

コミュニケータ(communicator)としての Steve Jobs を高く評価する Carl Howe が、少し前になるが興味深いコメントをしている。

Yankee Group Blog: “What Steve Jobs Resignation Means” by Carl Howe: 25 August 2011

     *     *     *

アップルについてこれまで指摘してきたこと

今日のプレスリリース[CEO 辞任]の内容は繰り返さない。その代わり、これまで私が15年の間に Steve Jobs に関するインタビューで指摘してきた点をいくつか繰り返しておきたい。以下の諸点だ。

I won’t repeat what’s in the press release. What I will do is repeat some points I’ve made in interviews about Steve Jobs over the past 15 years that I’ve been covering Apple. Those are:

     *     *     *

・1000 億ドル企業を動かしているのはひとりの人間ではない

アップルの創業者およびビジョナリーとして Steve Jobs は有名だが、彼がすべての決定を行なっているわけではない。実際にアップルを運営しているのは練達のビジョナリーチームなのだ。Tim Cook をはじめ、Phil Schiller、Jonathan Ive、Scott Forestal、Ron Johnson など面々だ。Steve はあくまでアップルの表の顔であり、彼ひとりですべての意思決定を行なっていると考えるべきではない。

・One person doesn’t run a $100 billion company. Despite the fact that Steve Jobs was the best-known founder and visionary of Apple, Inc., he doesn’t make every decision in the company. In fact, Apple has been run by a team of very accomplished visionaries that includes Tim Cook, Phil Schiller, Jonathan Ive, Scott Forestal, Ron Johnson and a host of others. Steve was public face of the company, but we shouldn’t think that he was the only one making all the decisions.

     *     *     *

・Jobs の残した後継者計画は強固なものだ

アップルに関心を持ち続けたものにとって、今日の発表は驚くべきものではない。Jobs はアップルの取締役会と共同で、彼が去ったあともアップルが存続できる後継者計画を何年もかけて練ってきた。幹部チーム(executive team)のメンバーなら誰でも CEO の役割を果たす能力がある。しかし Tim Cook は Jobs が復帰した頃からアップルのビジョンを遂行してきた。彼がこれまで何年にもわたって負ってきた責務にふさわしいポストにつくことはまったく自然なことだ。

・Jobs left a strong succession plan. Today’s announcement wasn’t a surprise to anyone who had been paying attention to Apple. Jobs had worked with Apple’s board for years to create a succession plan to ensure that the company would continue after he left the company. Any of the members of the executive team had the ability to take on the CEO role, but Tim Cook had been executing on the company vision nearly since Jobs rejoined the company. It’s only natural that he will have the title to go with the responsibilities he has accepted for many of those years.

     *     *     *

・アップルの力の源泉はカルチャーであってスポークスマンではない

多くのアナリストは Steve Jobs を究極のショーマンとして捉えているが、彼が築きあげ、今やアップルを特徴づけているプロセスやチームのことをよく認識していない。Steve Jobs が CEO として残した永続的遺産とは、「thinks different」な思考をし、そのアイデアに社運を賭けることを恐れない1000 億ドル企業を造り出したという事実だ。

・Apple’s strength comes from its culture, not its spokesman. Too many analysts have focused on Steve Jobs as the ultimate showman for Apple, but don’t recognize the processes and teams that he built that now define the company. The lasting legacy Steve Jobs leaves from his CEO role is the fact that he created a $100 billion enterprise that “thinks different.” and isn’t afraid to bet the company on that idea.

     *     *     *

・これまでの10年と同じくアップルには驚くべき未来がある

過去数十年にわたってアップルは3つのカテゴリーの新製品を造り出し、支配力をふるってきた。ミュージックプレーヤの iPod、スマートフォンの iPhone、そしてタブレットの iPad だ。まだあまり知られていないのは、同じようによく考え抜かれ、開発されたたくさんの驚くべき製品群がまだ市場にもたらされていないことだ。その製造パイプラインと 700 億ドルの現金資産が相まって、今後数十年とはいわずとも、何年にもわたって消費者をよろこばせ続けるのだ。

・Apple’s future will be just as amazing as the last decade’s. Over the past decade, Apple has both defined and dominated three new product categories: music players with the iPod, smartphones with the iPhone, and tablets with the iPad. What isn’t widely known is that many other amazing products have been similarly well-though out and developed but haven’t been brought to market yet. That pipeline, combined with Apple’s more than $70 billion cash horde, will continue to delight consumers for years, if not decades to come.

     *     *     *

Steve Jobs の功績

アップルの未来は Tim Cook の手に渡っても安泰だと考えるが、Steve Jobs のリーダーシップについていくつか賛辞を呈しておきたい。コマーシャルなパーソナルコンピュータを初めて製造した企業を創業したこと、引き続く苦難、1990 年代の衰退からの復活、これらはすべてきちんと記録されている。しかし忘れられ勝ちなのは、Steve Jobs がアップルに復帰し、かつての栄光を超える会社へ作り替えた数年間、彼はまた、今やディズニーに吸収された映画会社 Pixar の CEO でもあったことだ。

But despite the fact that Apple’s future is secure in the hands of Tim Cook, I would like to pay some tribute to Steve Jobs’ leadership. Apple’s founding as the first commercial personal computer company, it’s subsequent struggles, and its comeback from its 1990s decline have all been well-documented. What’s often forgotten, though, is that for many of the years when Steve Jobs returned to Apple and rebuilt it to pass its former glory, he also was CEO of Pixar, the motion picture company that is now part of Disney.

     *     *     *

テクノロジーを介する万人向きの創造物

Jobs が Pixar のトップであった間、製作した映画はどれもすべて文句無しの大ヒットで、興行的にも大成功を収めなかったものはなかった。いかなる映画会社といえども太刀打ちできない実績だ。Pixar のアニメーションは万人向け映画に指定(rated G)されてきたが、決して子供向けのストーリーというわけではなかった。テクノロジーを介して、ライターやディレクターがすべての年代の観客に向けて物語る創造物であり、これからもそうあり続けるのだ。

For the time that Jobs was head of Pixar, that company never made a single movie that wasn’t an unqualified and money-making success, a track record unequalled by any other movie studio. Pixar’s animated movies may have been rated G, but they were anything but children’s stories. They were creations where technology was the vehicle whereby writers and directors could tell stories to all ages of viewers, and they continue to do so.

     *     *     *

稀代のストーリーテラーにして企業人

Steve Jobs を世界で最も価値あるテクノロジー企業を築いた人間として記憶するのは容易だ。同時に記憶すべきは、その過程において、現代の最も成功したストーリーテラーとアーチストを中心にビジネスを構築するのを手助けしたことだ。彼が同時に二つの役割を果たしたという事実は、ほとんどのひとにとってどちらも可能でなかったということを考えるとき、真に永続する資産となるのだ。

We will easily remember Steve Jobs as the man who built Apple to become the most valuable technology company in the world. What we should also remember is that while he was doing that, we was also helping to build a business around some of the most successful story-tellers and artists of our time as well. The fact that he did both at once, when most people would not have been able to do either will truly be his lasting legacy.

     *     *     *

折に触れてアップルに関する様々な視点を提供してくれる Carl Howe は大好きだ。(こちらこちら

Jobs を神格化する「神話」とは一線を画して、チームとしてのアップルに注目する。

アップル社員に呼びかけるのに Jobs が「チーム」ということばを使うは偶然ではない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Steve Jobs とアップル:image

アップルの今日の体制をひと月前に予測していた John Gruber が興味深いことをいっている。

Daring Fireball: “Resigned” by John Gruber: 24 August 2011

     *     *     *

Tim Cook で決まり

先月 Jobs の後継者問題について書いたのは偶然ではない。結局脚注の注記2の文章をいいたかったのだ。

It’s no coincidence that I wrote about succeeding Jobs just last month. All you need to read in that piece is the second footnote:

この記事全体をつぎの一行で置き換えてもいい。「ほら、Tim Cook だよ。それで決まりだ。」

Perhaps this entire article could be replaced with, “Look, it’s going to be Tim Cook, and that’s that.”

     *     *     *

Steve が去った後のキーノート

余人をもって代え難い人物の代わりをどうやってみつけるか? 目下我々が目にしているとおりだ。いつまで続くか分からない病気休暇でも肩書きは CEO のまま。コンピュータ産業を逆転させる iPad のメジャーアップグレードを含めて、強力な新製品が続々と登場する。日々の業務とリーダーシップは、後継者として選んだ自らの右腕に委ねる。新製品発表の場の目立つ役割は、それぞれに詳しい Phil Schiller、Scott Forstall、Eddy Cue などのトップの副官たちに委ねる。直接見聞きはできなかったものの、今年の WWDC キーノートの場にいたら感じることができたハズだ。キーノートの途中で私は次のように書いた

How do you replace the irreplaceable man? Like we’re seeing. An open-ended medical leave, where he retains the CEO title. A continuation of strong new products, including a major improvement to the iPad, the device that is upending the entire computer industry. The ceding of day-to-day operations and leadership to Tim Cook, his right-hand man and chosen successor. Ever-higher profiles during public product announcements of top product-focused lieutenants like Phil Schiller, Scott Forstall, and Eddy Cue. It wasn’t something you could see or hear, but from the audience during this year’s WWDC keynote, it was something you could feel. Midway through, I wrote:

彼も出席してはいる。しかしこれは Steve が去った後の初めてのキーノートだ。

He’s here, but this is the first post-Steve keynote.

     *     *     *

フラクタルデザイン

アップルの製品は隅々までアップルらしい(Apple-like)特徴で溢れている。アップルらしいアプリを内蔵し、アップルらしいデバイスで動く。アップルらしいボックスに収められ、アップルらしい広告で宣伝され、アップルらしいお店で売られる。アップルは部分と全体が同一なフラクタルデザイン(fractal design)なのだ。シンプル、エレガント、美しく、賢く、謙虚だ。真っすぐで、真実。少し距離を置いて見れば、アップル製品のこれらの特徴と同じものがアップル全体についてもいえることが分かる。会社自体が「アップルらしい」のだ。同じ思想、同じ配慮、同じ細部へのこだわりは Steve Jobs がもたらしたものだ。「コンピュータはいかに動くべきか?」、「デジタル時代の音楽やアプリ購入はいかにあるべきか?」などという問いに答える過程で。そして最も重要な問いは「このような製品を生み出せる会社はいかにあるべきか?」というものだ。

Apple’s products are replete with Apple-like features and details, embedded in Apple-like apps, running on Apple-like devices, which come packaged in Apple-like boxes, are promoted in Apple-like ads, and sold in Apple-like stores. The company is a fractal design. Simplicity, elegance, beauty, cleverness, humility. Directness. Truth. Zoom out enough and you can see that the same things that define Apple’s products apply to Apple as a whole. The company itself is Apple-like. The same thought, care, and painstaking attention to detail that Steve Jobs brought to questions like “How should a computer work?”, “How should a phone work?”, “How should we buy music and apps in the digital age?” he also brought to the most important question: “How should a company that creates such things function?”

     *     *     *

Jobs の最も偉大な創造物

Jobs の最も偉大な創造物はアップル製品のどれでもない。それはアップルそのものなのだ。

Jobs’s greatest creation isn’t any Apple product. It is Apple itself.

     *     *     *

彼流のやり方で

今日の辞任発表は大きく、悲しいものだが、長い時間かけて整然と練られた権限委譲のワンステップに過ぎない。誰も望まないが、避けることのできない政権移行だ。そしていつもどおり Jobs は彼流のやり方でやっているのだ。

Today’s announcement is just one more step, albeit a big and sad one, in a long-planned orderly transition — a transition that no one wanted but which could not, alas, be avoided. And as ever, he’s doing it his way.

そういうことなのだ。

So it goes.

     *     *     *

アップルこそ Jobs の最高傑作であり、すべては彼のイニシアティブで進んでいるというわけだ。

新しく CEO になった Tim Cook が社員に向けて書いたメールにもそれは明らかだ。[メール全訳はこちら

Ars Technica: “Exclusive: Tim Cook e-mails Apple employees: ‘Apple is not going to change’” by Jacqui Cheng: 26 August 2011

     *     *     *

アップルは変わらない

アップルは変わらないのだとみんなに安心してほしいと思います。私はアップル特有の主義や価値観を大切に思い、称賛します。世界のどこにもない会社と文化を Steve は創りました。私たちはそれに忠実であり続けたいと思います。それが私たちの DNA なのです。世界で最も優れた製品を今後とも作り続けることによって、私たちの顧客をよろこばせ、私たちの社員に強いプライドを持たせたいと思います。

I want you to be confident that Apple is not going to change. I cherish and celebrate Apple’s unique principles and values. Steve built a company and culture that is unlike any other in the world and we are going to stay true to that—it is in our DNA. We are going to continue to make the best products in the world that delight our customers and make our employees incredibly proud of what they do.

     *     *     *

これでこそ Tim Cook が右腕として選ばれただけのことはある。

アップルは米証券取引委員会(SEC)への報告で Tim Cook に譲渡制限条件付き株式(RSU)100 万株を与えたことを明らかにした。

SEC: “Form 8-K Prepared By R.R. Donnelley Financial“: 26 August 2011

     *     *     *

100 万株を授与

Cook 氏の CEO 任命に際し、取締役会は Cook 氏に制限付き株式 100 万株を授与した。Cook 氏がアップルに在籍する条件で、2016 年8月24日および 2021年8月24日にそれぞれ株式の各 50% が付与される。

In connection with Mr. Cook’s appointment as Chief Executive Officer, the Board awarded Mr. Cook 1,000,000 restricted stock units. Fifty percent of the restricted stock units are scheduled to vest on each of August 24, 2016 and August 24, 2021, subject to Mr. Cook’s continued employment with Apple through each such date.

     *     *     *

要すれば、アップルの CEO として頑張ってくれれば5年後に50万株、10年後にさらに50万株相当のボーナスを与えるということだ。

かくて Steve Jobs の新しいビジョナリーとしての仕事に欠かせない Tim Cook の首にも鈴が付けられたわけだ。

この制限付き株式(RSU)について John Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “In It for the Long Haul” by John Gruber: 26 August 2011

     *     *     *

信頼する・・・

これは次のことを示すメッセージだ。アップル取締役会は Tim Cook を信頼し、Tim Cook はアップルを信頼するというメッセージ・・・

The message: Apple’s board is confident in Tim Cook, and Tim Cook is confident in Apple.

     *     *     *

Jobs がひとつ上のポストにずれただけで、より自由な立場になったことを除けば、(健康状態が許す限り)これまでと何も変わらないということのようだ。

いよいよ Jobs の最高傑作も仕上げの段階にはいったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:ジョブズの写真

確かに Steve Jobs の病状がどの程度なのか気にかかるところだ。

一部のサイトが競って Jobs の痛々しい写真を掲載しているらしい。

それに対して MacDailyNews が抗議している。

MacDailyNews: “Regarding photos of Steve Jobs“: 26 August 2011

     *     *     *

Steve Jobs の写真について

MacDailyNews は彼の写真を掲載するつもりはない。リンクを貼るつもりもない。だから写真を送らないようにお願いする。

Regarding photos of Steve Jobs: MacDailyNews is not going to be posting them, nor are we posting links to them, so please stop sending them.

我々はアクセス稼ぎがどうしても必要なわけではない。そういうサイトのことを残念に思う。

We don’t need hits that badly. We feel sorry for outfits that think they do.

かかる写真は「ニュース」ではない。悪趣味の、無差別なプライバシーの侵害だ。

Such images are not “news,” they are tasteless, classless invasions of privacy.

かかる写真を掲載するサイトが無視することは分かっている。しかしはっきりいっておきたい。Steve Jobs はもうアップルの CEO ではない。そっとしておいて欲しい。

We know this will be ignored by the types of outlets that run such photos, but we’ll say it anyway: Steve Jobs is no longer Apple’s CEO. Leave the man alone.

     *     *     *

かつてスタンフォード大での名スピーチのあと、Jobs の父親探しに一部のライターが狂奔したことがある。

また、最近でも病院に張り込んで治療中の写真を撮ろうとした例もある。

病気は最大のプライバシーだ。

同じような姿だった自分にはその痛みがよく分る。

ほんとにそっとしてあげて欲しい。

Read Full Post »


[Steve Jobs:photo

Steve Jobs がアップルを辞めた日の様子を Bloomberg/Businessweek が載せている。

Bloomberg/Businessweek: “Steve Jobs: ‘Unfortunately, That Day Has Come’” by Peter Burrows and Josh Tyrangiel: 24 August 2011

     *     *     *

Jobs に近いひと(健康問題について語ることは禁じられている)が話してくれたところによると、CEO 辞任発表の当日、Steve Jobs はアップル本社で終日勤務時間を過ごし、予定されていた取締役会に出席した。この人物は Jobs の様子を弱々しかったと表現したが、辞任したのは急に容態が悪くなったためではないと付け加えた。またこの数週間自宅で過ごしているが、床は離れている(up and about)とも付け加えた。辞任のニュースが明らかになった後、Jobs は幹部チームを集めて会合を持ったが、とても感傷的(emotional)なものだったという。

On the day of the announcement, a person close to Jobs who was not authorized to speak about his health said the outgoing CEO was in Apple’s Cupertino (Calif.) office for the entire workday and attended a regularly scheduled board meeting. This person described Jobs’s condition as weak but added that his resignation was not indicative of a sudden downturn and that Jobs, while housebound in recent weeks, was up and about. Jobs gathered his senior executive team in an emotional meeting after the news broke.

後継者問題に詳しい別のソースによれば、彼は活動的な会長(active chairman)になるつもりだとハッキリ述べたという。

He also made clear he plans to be an active chairman, according to another source familiar with the transition.

マーケットは即座に反応した。アップル株は辞任発表後の時間外取引で 7% も下落した。

The market reaction was instantaneous: Apple shares fell as much as 7 percent in extended trading after the announcement.

     *     *     *

急激に容態が悪化したわけではないようなので、ひとまずホッとする。

iPhone 5 イベントでキーノートをこなすのは誰だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Steve Jobs:photo

Steve Jobs がアップル CEO の辞意を表明した。

辞意表明の手紙の内容はとりあえず次のとおり[日本語]。

Apple [Press Info]: “Letter from Steve Jobs“: 24 August 2011

     *     *     *

アップル取締役会およびアップルコミュニティへ

To the Apple Board of Directors and the Apple Community:

常々私は、万一アップルの CEO としての義務と期待に応えられない日が到来したときは、私が最初にそのことをお知らせするといってきた。残念ながらその日がやって来た。

I have always said if there ever came a day when I could no longer meet my duties and expectations as Apple’s CEO, I would be the first to let you know. Unfortunately, that day has come.

ここに私はアップルの CEO を辞任する。もし取締役会が適当と考えるなら、私は取締役会の会長、取締役、およびアップルの社員として留まりたい。

I hereby resign as CEO of Apple. I would like to serve, if the Board sees fit, as Chairman of the Board, director and Apple employee.

私の後継者には、アップルの後継者計画に従い、Tim Cook をアップル CEO とするよう強く推薦する。

As far as my successor goes, I strongly recommend that we execute our succession plan and name Tim Cook as CEO of Apple.

アップルの未来には輝かしく、革新的な日々が続くものと信じる。私は新しい立場でその成功を見届け、それに貢献したいと思う。

I believe Apple’s brightest and most innovative days are ahead of it. And I look forward to watching and contributing to its success in a new role.

私はアップルで幾人もの生涯の友を得た。みなさんと一緒に仕事ができた多くの歳月に心から感謝する。

I have made some of the best friends of my life at Apple, and I thank you all for the many years of being able to work alongside you.

スティーブ

Steve

     *     *     *

前から準備されていた文章のような感じだ。

Jobs は今年1月に3度目の病気休暇をとっており、その容態が気遣われていた。

この要請を受けて直ちにアップルは Steve Jobs を会長に、Tim Cook を CEO に選任した日本語]。

Jobs の容態が悪化しているのでなければいいが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Steve Jobs

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が取り上げた Steve Jobs の後継者問題について John Gruber が興味深いコメントをしている。

Daring Fireball: “On Succeeding Steve Jobs” by John Gruber: 22 July 2011

     *     *     *

WSJ 紙の記事

アップルが記録破りの決算報告をするたったの30分前に、アップル CEO の後継者問題に関する記事が WSJ 紙に載った。Yukari Iwatani Kane、Joann S. Lublin、Nick Wingfield などの共同執筆になるものだ。(講読者限定の記事だがこちらのリンクから読める。誰でもググれば読めるのだ。日本語では全文が読める。)

On Wednesday, less than 30 minutes before Apple announced another record-breaking quarter of financial results, the Wall Street Journal published a story by Yukari Iwatani Kane, Joann S. Lublin, and Nick Wingfield regarding the issue of Apple CEO succession. (You can circumvent the WSJ paywall using this link, which allows access to anyone coming to the story from Google.)

     *     *     *

ヘッドハンターに打診

WSJ 紙記事の要点はつぎのとおり。

Here’s the nut of it:

関係筋が明らかにしたところによると、米アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)(56)が昨冬に病気療養で休職入りして以降、同社の 一部の取締役らがCEO後継問題について、企業幹部専門の人材紹介会社と協議した。また、少なくとも1人の大手IT企業の幹部とも話し合ったという。[WSJ 日本版訳]

Since Steve Jobs went on medical leave this winter, some members of Apple Inc.’s board have discussed CEO succession with executive recruiters and at least one head of a high-profile technology company, according to people familiar with the matter.

同筋によると、話し合いは新CEO探しを明確な目的にしたものではなく、選択肢を非公式に検討する意味合いの方が強かったという。関係筋の一部は、これら取締役がアップル取締役会全体を代表して話し合っているようではなかったとしている。アップルにはジョブズ氏を含め、7人の取締役がいる。[WSJ 日本版訳]

The conversations weren’t explicitly aimed at recruiting a new chief executive and were more of an informal exploration of the company’s options, said these people. The directors don’t appear to have been acting on behalf of the full board, some of these people said. Apple has seven directors, including Mr. Jobs.

ジョブズ氏がこのことに気づいていたかどうかも不明だ。ウォール・ストリート・ジャーナルはこの話し合いについてジョブズ氏に質問したが、ジョッブズ氏は18日の電子メールで、「それはでたらめだと思う」と回答してきた。[WSJ 日本版訳]

It is unclear whether Mr. Jobs was aware. In response to questions from The Wall Street Journal about the discussions, Mr. Jobs said Monday in an email, “I think it’s hogwash.”

     *     *     *

タメにする記事

WSJ 紙記事を見て、記事のタイミングが不自然だと書いたが、それは控え目な言い方に過ぎたかもしれない。Jobs の後継者問題がダイナマイトにつながっていることは誰でも知っている。Jobs は余人をもって代え難い。しかしいずれ代わる日はやってくる。未来のいずれかの時点で Jobs が CEO を退くことになれば、アップルの株価が打撃を受けることになるのは必定だ。こんな憶測報道、しかも出所のはっきりしない記事が、圧倒的にポジティブな決算発表をアップルが行なう30分前に記事にされた・・・そのことが、アップルの株価にそれなりのマイナス効果を与えようとしたものではなかったとはとても信じられない。

As I wrote when the story broke, to say that the timing of the publication was suspicious is an understatement. Everyone knows the question of succeeding Jobs is attached to dynamite. He cannot be replaced, but, inevitably, someday will be. If Jobs steps down as CEO at any point in the foreseeable future, the company’s stock price is almost certain to take some sort of hit. I can’t see how a speculative and sketchily-sourced story such as this, published 30 minutes before Apple announced overwhelmingly positive financial results, was not intended to dampen, to some degree, the positive effect of those results on Apple’s stock.

     *     *     *

出所不明

この記事は「出所がはっきりしない」と述べた理由。「事情に詳しいひとによれば」(according to people familiar with the matter)というのがこの記事の唯一のソースだ。それなら誰でもいいことになる。ちゃんとした信頼できるソースは、取締役会の異端的といわれる一人ないし複数のメンバーの場合だろう。信用できないソースは、取締役会のメンバーに接触されたと称するヘッドハンター役員とか、あるいは「有名テクノロジー企業のトップ」、すなわちアップルのライバル企業の場合だろう。アップル取締役会のメンバーが誰であれそんなことを新聞記者に語ったとは信じ難いことだ。記事には固有名詞がまったく出てこない。取締役会の誰かという名前も、ヘッドハンターの名前も、外部の後継者と目される候補者の名前も、まったく何も触れられていない。

Regarding my description of the story as “sketchily-sourced”: the only attribution in the story is “according to people familiar with the matter”. That could be anyone. A good source would be one or more of the purportedly rogue board members. A dubious source would be, say, simply an executive headhunter who claims to have been approached by members of the Apple board, or the “head of a high-profile technology company” — i.e. perhaps an Apple competitor. I find it hard to believe any member of Apple’s board would speak about such an effort to reporters. There are no names in the story whatsoever. No board member, no headhunter, no supposedly-considered outside candidates for the job. None.

     *     *     *

ナンセンス(hogwash)

この記事は読めば読むほど、ひどい話に思えてくる。だから Jobs が「ナンセンスだ」と一蹴したのが真実味を帯びてくるのだ。外部のものをアップルに連れてきても、Jobs の代わりの CEO として信頼を得られる人間なぞ誰もいない。近い将来 Jobs が引退するとしたら、彼に代わるのはアップル社内の人間だろう。

The more I think about this story, the worse it looks. Here’s what gives credence to Jobs’s dismissal of it as “hogwash”: there is no one from outside Apple who could credibly replace Jobs as CEO of Apple. If Jobs steps down in the foreseeable future, his replacement will come from within the company.

     *     *     *

2つのグループ

新しい CEO は直ちに2つのまったく異なるグループの信頼を勝ち取らなければならない。ひとつはアップルの一般社員であり、もうひとつはウォール街だ。この双方を(どの程度であれ)満足させられる候補者は、すでにアップルで働いているものしかいない。外部からきた人間でアップル社内とウォール街双方に受け入れられるものなぞ考えもつかない。たったの一人も・・・

A new Apple CEO would need credibility and the ability to instantly instill confidence with two highly disparate groups: Apple’s rank-and-file employees, and Wall Street. The only candidates who could satisfy both factions, to any degree, already work at Apple. Name one outsider who’d be accepted both inside the company and on Wall Street. I can’t. Not one.

     *     *     *

アップルの気風

アップル社員は何よりも偉大なデザインを尊敬し、育(はぐく)む。かかる気風は他のどのテクノロジー企業にもない。アップルのような企業はどこにもないのだ。アップルから人材が流出することはアップルにとって壊滅的ダメージを意味する。アップルの取締役会メンバーはこのことを十分心すべきだ。これは誰でも分かる自明のことだ。

Apple employees respect and cultivate great design above all else. No other company in technology reflects this ethos. There is no other company like Apple. An exodus of talent from the company would be utterly devastating. Everyone on Apple’s board of directors must know this. It’s completely obvious.

     *     *     *

外部からの人物で後継者候補と目される者への辛口批評がこの後続く。なかなかオモシロいが、名前を挙げるだけでここでは割愛する。

– Eric Schmidt
– グーグル出身者
Jon Rubinstein
Tony Fadell
– Jeff Bezos
– Larry Ellison
– マイクロソフト出身者
– Woz
– Jean-Louis Gassée
Guy Kawasaki
– Jack Dorsey

     *     *     *

Tim Cook

後継者問題は誰もが興味を持つ話と思われ勝ちだ。でもそんなことはない。なにも陰謀なぞないのだ。もし Jobs が近い将来引退するとなれば、後継者は間違いなく Tim Cook だ。ウォール街から全幅の信頼を得、アップル内部でも多くから信頼されている。Jobs の休暇中はすでに彼がアップルを指揮していた。彼のあらを探すとすれば、業務畑で財務畑、プロダクトデザイン向きではないという点だろう。理想は Steve Jobs のような人間をアップルが見つけることだ。しかしそんな人間は存在しない。Steve Jobs に代わる人間なんていないのだ。見つかるのはアップルの次期 CEO だけだ。

Everyone wants this to be an interesting story, but it’s not. There is no intrigue. If Jobs steps down in the foreseeable future his replacement will almost certainly be Tim Cook. Utter credibility on Wall Street, and much respect within Apple. He’s already run the company while Jobs has been on leave. The knock against him is that he’s an operations and finance guy, not a product design guy. Ideally Apple would find someone just like Steve Jobs, but there exists no such person. There will not be a next Steve Jobs. There will be a next CEO.

     *     *     *

三頭体制

Tim Cook がこれまでアップルについて語ったことを読んでみよう。彼はまさに典型的業務畑で財務畑だ。彼は業務畑で育ち、アップルがどう動いているか、なぜ成功したのか、成長を続けるにはどうしたらいいかということを理解している。Cook に Jobs の仕事はこなせない。ほかの誰だって出来やしない。Cook はそのことを知っており、それに満足していると私は考える。Jobs が去った後のアップルの自明な体制とは、Cook がこれまで COO としてやってきたことを CEO として続け、デザインに関する決定権は複数の上級副社長に任せるというものだ。iOS については Scott Forstall に、ハードウェアデザインについては Jonathan Ive に、そしてマーケティングは(場合によっては Mac についても)Phil Schiller に任せるのだ。

Read what Tim Cook has said about Apple over the past few years. He is anything but a typical operations and finance guy. He’s an operations guy who understands how Apple works and why it has succeeded, and what it needs to keep doing to continue growing. Cook cannot do what Jobs does, but no one else can either. And Cook, I think, is not only aware of that, but he’s comfortable with it. The obvious structure for a post-Jobs Apple has Cook as CEO, doing mostly what he’s already been doing as COO. What he already does at Apple is what most CEOs do at other companies. Final word on product design goes to the senior vice presidents: Scott Forstall (iOS), Jonathan Ive (hardware design), and Phil Schiller (marketing and, perhaps, Mac).

Cook 以外に信頼を得られる候補者はこの3人だけだ。Ive について誰もがはっきり持つ印象は、ポストに付きもののスポットライトに彼が興味を示さないだろうということだ。それに Cook が満足して COO として留まっている限り、Forstall や Schiller がポストをオファーされるとは考えられない。もし Cook が昇進を見送り、その結果アップルを去ることにでもなれば、ウォール街では株価暴落の始まりとなるだろう。

Those three men are the only other credible candidates for the job than Cook — and one gets the distinct impression that Ive has no interest in the limelight that would accompany the post. And I don’t see how Forstall or Schiller could be offered the gig unless Cook was on board, satisfied remaining as COO. Because if Cook were passed over and in response left Apple, that’s the sort of thing that could trigger a stock collapse on Wall Street.

     *     *     *

アップルの価値観

アップルがどのライバルより大きく、かつ急成長しているのでなければ話は違うかもしれない。しかしアップルはどこよりも大きく、どこよりも早く成長している。アップルにはライバルとは異なった価値観がある。それにも関わらず — ではなく、だからこそアップルが今日の成功を勝ち得たのだとすべてのアップル社員が信じている。アップルがやってはならぬのは、組織をいじったり、ライバル他社がやっていることを真似することだ。

Things would be different if Apple weren’t both larger and growing faster than all of its competitors. But they are. Apple has different values than its competitors, and everyone in the company believes that it is because of these differences, not despite them, that Apple has achieved its current success. The last thing Apple needs is a shake-up or a dose of what any of their competitors are drinking.

     *     *     *

いいかえれば・・・

いいかえれば、Jobs がアップルを去った後の自明の体制とは、誰もが現在目にしている Jobs 不在のアップルと同じなのだ。

Put another way, the obvious structure for a post-Jobs Apple is simply Apple as we know it, without Steve Jobs.

     *     *     *

なかなか説得力があるように思えるがいかが?

それにしても WSJ の記事のタイミングは変だな・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »