Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Camera’

smartphone-camera

[スマートフォンのカメラ:The Verge

Vlad Savov の発言が興味深い・・・

To beat the iPhone, you have to beat the iPhone’s camera | The Verge

カメラで競うスマートフォンメーカー

アップルがモバイルデバイスの主導権を握っている背景には、最も重要な部品がサファイアクリスタルレンズだという事情がある。今日のスマートフォン市場ではあらゆるものがコモディティ化しており、素晴らしいデザインも目を見張るような薄さもありふれたものになっている。強力なプロセッサや大きなバッテリーももはや特別なものではなく、誰もが予期するものだ。顧客を新しく増やすには(そして現在の顧客を維持するためにも)、スマートフォンメーカーは自分たちが売ろうとしているのが何よりもまずスマートカメラで、それ以外はすべて二義的なものであるかのようにせざる得なくなっている。

The most critical component to Apple’s current mobile dominance lies behind that sapphire crystal lens. In today’s commoditized smartphone market, even great design and spectacular thinness are becoming commonplace. Powerful processors and large batteries are expected rather than exceptional. To win over new customers (and to keep existing ones), smartphone makers will have to act like what they are selling is actually a smart camera first and everything else second.

     *     *     *

そしてこの話を引用した Jason Snell の感想がさらに興味深い・・・

To beat the iPhone, beat the iPhone’s camera | Six Colors

新しいコミュニケーションの手段

相変わらず iPhone 6 カメラのクオリティには驚かされている。しかしティーンエイジャーの娘やその友人たちを見ているともっと驚かされる。彼女らの主たるソーシャルメディアは Instagram だ。彼女たちにとって Instagram に載せる写真を撮ることが電話を使う最大の目的なのだ。セルフィーが欲しいだけさとジョークをいうこともできる。しかしこの新世代は写真をコミュニケーションの手段にしているのだ。これってスゴいことだ!

I am constantly amazed at the quality of the iPhone 6 camera. But more than that, I see it with my teenaged daughter and her friends—their primary social-media platform is Instagram, and getting those photos is the single most important thing they do on their phones. We can joke about selfies all we want, but this is a generation that is using photography as a primary medium of communication. That’s huge.

     *     *     *

熱狂的 Taylor Swift ファン(swifties)の孫娘をみてもそのようだ。ブログより Instagram にのめり込んでいる。

未来世代が iPhone を使う目的はすでに変化しているのかもしれない・・・

広告

Read Full Post »

grandpa Isaac

[Great Grandpa:Life on the Gravelly Road

Shawn Blanc が微笑ましくて、ちょっと考えさせられる話を載せている。

Shawn Blanc: “Grandpa’s iPad” by Shawn Blanc: 23 January 2014

     *     *     *

私の祖父

私の祖父は法的には「盲目」だ。実際はやっとのことで見える程度。大型字本を読むときは、ほとんど鼻先において見る感じ。古いウェスタン映画の VHS コレクションを見るときも、大型テレビの60センチほど手前に座るありさま。

My grandpa is legally blind. He can see, but poorly. When he reads books they are the extra large print editions, and he holds them so close they’re practically resting on his nose. And when he watches an old western film from his VHS collection he sits about two feet away from his big-screen TV.

     *     *     *

家族写真だらけ

先週末コロラドの家族を訪ねたとき、両親の家で家族パーティを開いた。夕食に祖父を連れてくるため、2歳の息子ノアを車に乗せてアパートまで迎えに行った。

Last weekend, while in Colorado visiting family, we had a big family dinner at my parent’s house. I loaded my 2-year-old son, Noah, into the car and we drove to pick up my Grandpa from his apartment and bring him over for dinner.

祖父母の家はいつも床から天井まで見えるかぎり家族の写真で埋め尽くされているものだった。今のアパートでも同じだ。写真立てがテーブルにも机にも、タンスの上まで並んでいる。孫たちの写真は(ハイテクに詳しい親戚に助けてもらって)プリントされ、壁いっぱい画びょうで貼られている。

My Grandparents’ homes were always filled with seemingly floor to ceiling photos of family. And his current apartment is no different. There are picture frames on the table and on the desk and on the dresser, and snapshots of grandchildren have been printed out (with the help of more tech-savvy relatives) and thumb-tacked to the walls.

     *     *     *

帽子、歩行器・・・そして iPad

祖父がアパートで身の回りのものをそろえている間ノアを抱いて待っていた。コートに帽子、歩行器・・・そして彼の新しい iPad だ。

At the apartment, I held Noah while my Grandpa gathered his things — his coat, hat, and walker. And, a new item now: his iPad.

iPad は伯母からのプレゼント。第3世代の iPad だがあまり使わないので、祖父にとあげたもの。(大きなテレビリモコン代わりだったのかも。)

The iPad was a gift from my aunt. It’s a 3rd generation and she doesn’t use it that often so she gave it to him hoping he could use it. (Perhaps as a giant remote control for the TV?)

     *     *     *

誰も考えつかなかった使い方

しかし祖父は誰も考えつかなかった使い方をした。祖父のこれまでで一番いいカメラになったのだ。

But my Grandpa discovered a use for it that none of us had considered. It is the best camera he’s ever owned.

アパートを出る前に、ノアと私は写真のためにポーズしなければならなかった。iPad を眼前30センチくらいのところに構えて、祖父は何枚も写真を撮った。

Before leaving the apartment, Noah and I had to pose for a picture. Holding the iPad about 10 inches in front of his face, my Grandpa snapped a few photos.

     *     *     *

iPad で写真だって?

iPad で写真を撮るひとがいることは知っていた。そんな写真を見たことがあるからだ。でもちょっと不自然でおかしいと感じたものだ。

I know there are people out there who take pictures using their iPads, because I’ve seen — ahem — pictures of them doing it. But I’ve always thought it a bit funny and awkward.

そんな私が、いま iPad で写真を撮ってもらうためにポーズしている!

And there I was. Posing to have my picture taken with an iPad.

笑いたくなったが、そんなこと出来るだろうか? 祖父が孫やひ孫の写真を iPad で撮りたいというのなら構わないではないか? 少なくとも自分はそう思う。

At first, I wanted to snicker. But how could I? If my Grandpa wants to use an iPad to take a picture of his grandson and great grandson, then who cares? Certainly not me.

     *     *     *

iPad のおかげで

両親の家に戻ったあと、祖父はその夜の半分をみんなの写真を撮って過ごした。いとこ達も何人か来ており、祖父とは何か月も会っていないものが多かった。だからその夜は写真を撮るのに格好の機会だった。

Back at my parent’s house, my Grandpa continued to spend the first part of the evening taking everyone’s picture. Several of my cousins were there, and many of us don’t get to see my Grandpa more often than every couple of months, if not longer. It was a prime time for snapshots.

その後ノアは iPad のおかげで祖父と仲良く盛り上がっていた。(どの親でも知っているように、iPad や iPhone は幼児にとってすぐ夢中になれる存在だ。ノアはもう iOS を使いこなしていて、歩きはじめる前からスライドしてロック解除することができた。)iPad のおかげで祖父はノアを自分のそばにおいて、カメラロールの写真をフリップしたりして過ごすことができた。

Later, Noah quickly warmed up to my Grandpa thanks to the iPad. (As any parent knows, iPads and iPhones are captivating to a toddler. Noah is already quite fluent with iOS and has been sliding to unlock since before he could walk.) The iPad was a way for my Grandpa to spend some time with Noah at his side, as the two of them flipped through the camera roll.

     *     *     *

写真家になった祖父

先週は、その夜のことを思い出すと自然にほ微笑みが涌いてきたものだ。

With a smile, I’ve been thinking about that evening for the past week.

iPad のおかげで、祖父はかつて出来なかったことができるようになった。9.7 インチのタッチスクリーンは祖父を写真家に変えたのだ。

My Grandpa’s iPad has enabled him to do something that he’s been unable to do for as long as I can remember. The 9.7-inch touch screen has turned my Grandpa into a photographer.

スクリーンが十分大きいので、フレームに納めて写真を撮ることも実際にできる。そしてその写真は中に入っているので、いつでも好きなときに大きなスクリーンでそのまま見れるのだ。

The screen is large enough that he can see well enough to actually frame and take pictures. And then he has them right there, on that same large screen, where he can browse through them any time he wants.

     *     *     *

なんと素晴らしい!

考えただけで魔法のようだった。

To me, that’s pretty magical.

     *     *     *

新しいデバイスはひとが思いもつかぬ使われ方をする。

目の悪い Shawn Blanc の祖父の場合はカメラというワケだ。

そういえば、アップルの新しいコマーシャル「iPad 讃歌」(Your Verse)でも、カメラとして iPad が使われる場面がいくつも登場する。しかもプロが使う場面で。

John Gruber の次のようなコメントももっともだと思う。

     *     *     *

iPad にも最新のカメラを

iPad をメインのカメラとして使う人がたくさんいることを考えると、アップルは最新型の iPhone で使っているカメラを同年型の iPad モデルにも搭載してくれたらどんなにいいだろうと思う。それに Blanc の祖父みたいなひとたちは、撮った写真をどうやってバックアップしているのだろうと心配になってしまう。

With so many people using their iPads as their primary cameras, I really hope Apple can figure out a way to get the same camera used in the top-of-the-line iPhone into the same model year’s new iPads. And I worry about how someone like Blanc’s grandfather is backing up those photos.

     *     *     *

障害者と iPad の関わりは予期せぬ使い方の最たるものではないだろうか。「ハン・ソロになりたい」という Owen 少年の願いをことばに表わせたのも iPad のおかげだった。

目の悪い筆者が iPhone を音の世界へのガイドとして使っているのも予期せぬ使い方のひとつかも。

もっともこんなユーモラスな使い方もあるけれど・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Walt Mossberg interviewed Sony’s CEO, Sir Howard Stringer

Walt Mossberg がカーネギーホールでソニーの Howard Stringer にインタビューをした。

Stringer の口から興味深い発言があったらしい・・・

彼の発言を Seth Weintraub が引用している。

9 to 5 Mac: “Howard Stringer says Sony image sensors delayed for Apple’s iPhone (updated)” by Seth Weintraub: 01 April 2011

     *     *     *

ソニーはアップルのカメラ部品を作っている

Stringer の発言を意訳するとこういうことだ。「われわれの最高のセンサー技術は津波の被害を受けた工場のひとつで製造されている。このセンサーはアップルの iPhone のためのものだ・・・それとも iPad? スゴいだろう? アップルは最高のセンサーをソニーから買っているんだよ。」

Paraphrased: “Our best sensor technology is built in one of the (tsunami) affected factories.  Those go to Apple for their iPhones…or iPads.  Isn’t that something?  They buy our best sensors from us?”

     *     *     *

アップルの部品供給メーカーがこれほどあからさまにその事実(事実だとして)を語ったのは初めてだろう。

Seth Weintraub は iPhone 5 が Sony Ericsson Xperia neo の8メガピクセルカメラセンサーを採用するのではないかというウワサについても触れている。(iPhone 4 は OmniVision の5メガピクセルセンサー。)

Weintraub の記事に対して John Gruber が次のようにコメントしている。

Daring Fireball: “Howard Stringer Says Sony Image Sensors Delayed for Apple’s iPhone” by John Gruber: 02 April 2011

     *     *     *

WWDC で iPhone 5 が発表されないもうひとつの理由

このセンサーを製造するソニーの工場が津波の被害を受けたということなら、これが WWDC で iPhone 5 が発表されない理由のひとつかもしれない。

Given that Sony’s plant that makes these sensors was damaged by the tsunami, perhaps this is a reason why there won’t be an iPhone 5 at WWDC.

     *     *     *

アップルギークの Gruber が iPhone 5 は WWDC では発表されないと考えているらしい点が気にかかる・・・

同じインタビューについて WSJ は次のように報じている。

WSJ: “Jobs Looms Large as Stringer Talks Tech” by Jessica E. Vascellaro: 02 April 2011

     *     *     *

ソニーがアップルのカメラ部品を作っている皮肉

初めの方で、Stringer はソニーがカメラ部品をアップルデバイスのために供給している皮肉について語った。「いつも不思議に思う。どうして自分たちがアップルのために最高のカメラを作ってやっているのだろう?」

Early on, he raised the irony of Sony supplying camera components for Apple devices. It “always puzzles me,” he said. “Why would I make Apple the best camera?”

アップルのどのデバイスのことについて彼が語ったのか不明だ。イメージセンサーの名で知られるカメラの主要部品をソニーがアップルのために提供しているという話は聞いたことがないから・・・

It is unclear what devices he was talking about as Sony isn’t known to supply key camera components, known as image sensors, to Apple; A Sony spokeswoman declined to comment and an Apple spokesperson couldn’t be reached for comment.

     *     *     *

WSJ は津波の被害を受けた工場の話には触れていない。

同じ場所にいて、同じ話を聞いていても伝わる内容が異なるのだからおもしろい。

ひとつの話が語り手により異なる伝わり方をする。

それぞれについて、またひとが異なる反応をする。

報道やウワサにつきものの話だといってしまえばそれまでだが、考えてみればなかなか興味深い。

★ →[原文を見る:Seth Weintraub

Read Full Post »

peter_belanger.jpg

Peter Belanger shoots one iPhone with another.

プロのカメラマンが iPhone 4 で Macworld マガジンの表紙を撮影した。iPhone 4 特集号の表紙だ。

撮影も編集もすべて iPhone 4 だけで行なわれた。

撮影にあたったカメラマン Peter Belanger の話が興味深い。

Peter Belanger: “Macworld iPhone 4 cover” by Peter Belanger: 29 July 2010

*     *     *

iPhone で iPhone を撮影する

Macworld マガジンの表紙を iPhone のカメラで撮影できたらどんなにクールだろうといつも思っていた。5メガピクセルのカメラを搭載した iPhone 4 が発表されたとき、それができないかと Macworld マガジンの編集者が興奮して尋ねた。新しい iPhone をフィーチャーするのに、iPhone で iPhone の表紙を撮影する以上のことがあるだろうか。

I’ve always thought it would be cool to photograph the cover of Macworld magazine using an iPhone as my camera. When the new iPhone 4 was released with the 5MP camera, the editors at Macworld were excited to see if it could be done. What better way to showcase the phone’s new camera than to have an iPhone take the photo of the iPhone on the cover?

*     *     *

iPhone と iPhone アプリだけで

Macworld マガジンの表紙の撮影にはいつもは Phase One P65+ を使う。60 メガピクセルの写真が撮れるからだ。iPhone 4 の 12 倍だ。iPhone にとってはなかなか挑戦的な仕事になる。私の目標は iPhone とそのアプリだけで(自分のマックでは Photoshop が使えなかったので)カバー写真を撮ることだった。

Normally when I shoot the cover of Macworld Magazine, I use a Phase One P65+ which is a 60 MP digital camera. It has twelve times the megapixel count of an iPhone 4. This was going to be a very challenging task for the iPhone. My goal was to photograph the cover using only the iPhone and any available app for the iPhone (I couldn’t use Photoshop on my Mac!)

*     *     *

マウントも自作

撮影のやり方は、いつもの Phase One デジタルカメラの場合と変わらない。いつものセットで、たくさんのライト、フラグ[レフ版?]、スタンドを使う。ただ iPhone はスタジオのストロボとシンクできなかったので、光源をストロボからタングステン光に変更せざるを得なかった。iPhone を三脚に固定するカメラマウントは自分で作るハメになった。探してもぴったりのものがなかったので(あっても時間的に間に合わなかっただろう)、工具店でパーツを探して自作した。

For the most part, my strategy for photographing the cover didn’t change from how I normally would photograph with the Phase One digital camera. I still had my normal set with lots of lights, flags and stands. I did have to change my light source from strobes to tungsten lights because the iPhone can’t sync with studio strobes. I did end up making my own camera mount for the phone to go on my tripod (monopod). I hadn’t seen one that would do exactly what I needed (even if I did I didn’t think it would ship to me in time) so I picked up some parts from the hardware store and rigged one myself.

*     *     *

できるだけ完璧な写真を撮る

普通表紙の撮影には、マックを使って iPhone のスクリーンをはめ込み、ゴミを取り、ひっかき傷や欠落を修正する。しかし iPhone ではそうできないので、イン・カメラの状態でできるだけ完璧な写真に近づくようにしなければならない。撮影中はイメージファイルをアートディレクターのコンピュータに転送して直ちにレイアウトできるようにした。縮尺とクロップ[余分なピクセルの切り落とし?]の完璧を期したからだ。

Normally when I photograph the cover I use my Mac to add the iPhone’s screen, clean up dust, scratches and any other imperfections. I wasn’t going to have that same control on my iPhone so I had to ensure the photo looked good and close as possible to final in-camera. During the shoot I would send the image files over to the art director at his computer so he could drop the image into layout. We needed to be sure the scale and crop was perfect.

*     *     *

PhotoForge と Resize-Photo

iPhone の Retina ディスプレイはほんとにスゴい。撮影中に写真のディテールが分かる。アップルのデスクトップモニターもみなこうなって欲しいと思うほどだ。最終写真はゴミもなく、すばらしい出来上がりだ。iPhone でキャプチャーできるディテールには本当に驚かされる。撮影後の編集には iPhone アプリを使った。PhotoForge と Resize-Photo の2つだ。PhotoForge は写真が少し青みがかったのを取り除く。Resize-Photo は印刷に必要な 290 dpi(216 dpi から)に増やす。表紙撮影で欲しいと思っていたアプリのひとつが Camera+ 1.2 だ。個別のタッチ露出とタッチフォーカスが可能になる。

The iPhone’s Retina display was truly awesome. I was really able to see the detail in the photo as I was shooting. It made me wish Apple produced all their desktop monitors this way. The final photo was dust-free and looked great. I was extremely impressed with the detail that the iPhone was able to capture. For post production I used two iPhone apps: PhotoForge and Resize-Photo. PhotoForge was used to remove a slight green cast from the photo. Resize-Photo was used to increase the photo from 216 dpi to 290 dpi in order to meet printing requirements. One app that I wish had been available when I was photographing the cover was Camera+ 1.2 with separate touch exposure and touch focus.

*     *     *

mwcover_belanger.jpg

Macworld iPhone 4 cover by Peter Belanger

かくして出来上がったのが上の表紙だ。

記事に添えられた撮影風景もプロカメラマンの仕事ぶりを窺わせて興味深い。

また、Macworld マガジンの側から書かれた記事はこちら

かつて Peter Belanger は iPhone 3GS の表紙撮影も行なったが、そのときのコマ取り撮影ビデオも必見だ。(Macworld のオフィス風景も登場する。)

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Mroslav Tichy

一度見たら忘れられないものがある。

(CG)ミロスラフ・ティッシーの驚くべき世界」の Miroslav Tichý もそうだ。

彼の手製のカメラはもっとすごい。

Miroslav Tichý とはいったい何者か・・・

プラハ美術学校出身の芸術家が辿った運命には数奇なものがあるようだ。

m1m.info: “Miroslav Tichý

     *     *     *

プラハ美術学校

1940 年代半ば、Miroslav Tichý はプラハ美術学校に学んだ。専門はデッサンと油絵だった。初期の作品は印象派の影響が色濃い。

In the mid 1940s Miroslav Tichý attends the Academy of Arts in Prague, where he concentrates on drawing and painting. His early works are distinctively influenced by Expressionism.

     *     *     *

共産主義が人生を変えた

Miroslav Tichy2

1948 年の共産主義者による政権転覆により、若き芸術家の未来は崩壊し始めた。共産主義体制や社会主義リアリズムの専横を受け入れることができず、彼は間もなくアウトサイダーとなる。共産主義の抑圧には抗し難かったが、それでも抵抗をやめなかった。全体主義的イデオロギーで固められた社会に個人を完全に取り込んでしまおうとする試みに対し、彼は社会的価値を否定することで立ち向かった。理髪店の息子の Miroslav Tichý は、1960 年代には外見に構わなくなり、終にはボロ切れのような衣服を纏うまでになった。次第に彼は体制批判の落伍者として生まれ育った街で疎んじられるようになった。その時期に彼は写真を始めたのだ。

After the communist overthrow in 1948 the young and promising world of the artist begins to tremble. Not willing to subordinate himself to the political system and follow the dicdates of Socialist Realism, he soon becomes an outsider. Noticeably he fails to cope with the repression under the communist system his resistance however never ceases. In opposition to the total integration of the individual into the ideologically tightly structured society he reponds with the negation of their social values. In the 1960s Miroslav Tichý, who is the son of a gentlemen’s tailor, begins to neglect his appearance to such an extent, that his clothes fall from his body in rags. In his small home town he is increasingly being avoided as a derelict critic of the system. During this period he begins his photographic expeditions.

     *     *     *

疎外された現実

Miroslav Tichy3

身の回りの光景を倦むことなく撮りつづける様は、あたかもかつて彼が身を退き、今やそこから疎まれている現実そのものを掴みなおそうとする試みのように見える。プラトンの隠遁者の潜みにならって、周囲の世界は幻影に過ぎず、彼自身もその傍観者に過ぎないとする。

The artist’s tireless capturing of his immediate environment seems like an attempt to get a grip on a reality from which he has withdrawn and that is now rejecting him in return. In allusion to Plato’s cave allegory, he regards the world as mere reflection and himself as its only conscious observer.

     *     *     *

手製のカメラ

Miroslav Tichy Camera

ほとんど物に憑かれたように、彼は1日 100 枚の写真を手製のカメラで撮りつづける。カメラはガラクタの寄せ集めだ。金属片、ビンのキャップ、ゴム輪、段ボール、セロハンテープ、アクリル樹脂。ぶざまだけれど器用に作られたカメラは独創的発明の才を示している。

In a nearly obsessive manner he takes close to one hundred photographs a day, equipped with archaicly looking instruments that turn out to be self-made cameras. Build from scraps, such as metal plates, crown caps, rubber bands, cardboard, scotch tape, and plexi glass, his awkward yet masterful cameras display an ingenious inventiveness.

     *     *     *

刑務所や精神病院に入れられたこともあるようだ。1980 年代には芸術活動を断念するに至る。

数年前、キュレータのハロルド・ゼーマンに発掘されたことにより有名になった。

ウェブを検索すると、Miroslav Tichý に関してかなりの資料がみつかる。それぞれの探索をお勧めする。

原文を見る

     *     *     *

[参考記事]

・m1m.info: “Miroslav Tichý“ 本稿
・The Online Photographer: “Random Excellence: Miroslav Tichý
・MAKE: “Scavenging photography of Miroslav Tichý

Miroslav Tichý のサイト]

Foundation Tichý Ocean のウェブサイト・・・作品、展示会、生い立ちなど豊富

Pompidou の展示会]

・Pompidou: “Miroslav Tichý – EXHIBITIONS AT THE CENTER“: June 25 2008 – September 22 2008
・The Guardian: “Geoff Dyer on a retrospective of Miroslav Tichý’s photographs of women in the Pompido
・A VIEW FROM PARIS パリから観る: “ミロスラフ・ティッシーの言葉:Miroslav Tichý au Centre Pompidou

[日本での展示会]

・東京美術通信: “ミロスラフ・ティッシー:Miroslav Tichý” by Taka Ishii Gallery: 2007年10月6日~11月2日

YouTube ビデオ]

・YouTube – “Miroslav Tichý – starý mládenec
・YouTube – “Worldstar Trailer lg
・YouTube – “Tarzan in Pension

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »