Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Broadcom’


[外観からは変化が分からない]

アップルの第5世代 Airport Extreme と第4世代 Time Capsule は6月にひっそりとアップデートされた。

外観もパッケージもそれまでのモデルと変わらず、特段のプロモーションもなかった。

それから数か月経って、AnandTech が詳細極まりないレビューをしている。アップルの Airport はより高速な Wi-Fi を可能にする大変なスグレモノだというのだ。

いつものように長文かつ専門用語満載だ。

なんとか結論部分の訳出を試みた。

[なお、 Airport Extreme は「AirMac Extreme」と読み替えてください。]

AnandTech: “Airport Extreme (5th Gen) and Time Capsule (4th Gen) Review – Faster WiFi” by Brian Klug: 05 August 2011

     *     *     *

何が変わったか

我々は Time Capsule および Airport Extreme のアップデートについて詳細な検討を行なった。当初このレビューを Wi-Fi デー[注1]に投稿するという皮肉な巡り合わせにするつもりだった。しかしその特別な日にはテストを繰り返し、測定結果を正確なものにするため何度も Iperf[注2]を繰り返すハメとなった。Time Capsule および Airport Extreme が前世代モデルから変わった点は簡単だ。公式の 3TB オプションが Time Capsule に加わったこと、Time Capsule と Airport Extreme の双方により強力でパフォーマンスの高い BCM4331 ベースの Wi-Fi スタックが新たに搭載されたことだ。
[注1:Wi-Fi Day とは 802.11 から 2011 年8月2日のこと]
[注2:Iperf とは NLANR/DAST によって開発されたネットワーク速度の診断ツール]

We’ve gone into extreme detail about the Time Capsule and Airport Extreme updates. I originally intended to have this posted with a hint of irony on WiFi day (8.02.11) but instead ended up spending that special day doing more testing and running even more instances of Iperf to make sure our numbers were solid. What’s changed between both previous generations is simple—the Time Capsule gets an official 3TB option, and both the Time Capsule and Airport Extreme now have a much more powerful, modern, and better-performing BCM4331 based WiFi stack.

     *     *     *

新世代の高速な Broadcom チップ


[より強力な Broadcom の BCM4331 ベースソリューション]

Marvell から Broadcom へ移行は2つの結果をもたらした。第1は、新世代チップセットが可能にしたより強力な送信出力と一層の感度改善によって、パフォーマンスと飛距離(range)が決定的に良くなったこと。第2は、アップルのハードウェアラインアップ(iPhone、iPad、MacBook から iMac、Mac Mini に至るまで)のアクセスポイントで Broadcom を多用することによって、フレームバースト(frame bursting)やパケット連結(packet aggregation)のようなスピードアップをもたらす技術を利用することが可能になったことだ。これぞまさにハードウェアを完璧にコントロールできれば大きな利益 — この場合はより高速の Wi-Fi — がもたらされるという格好の例だ。

The result of the move from Marvell to Broadcom is twofold. First, performance and range is definitely better thanks to more transmit power and the improved sensitivity afforded by newer generation chipsets. Second, the combination of lots of Broadcom in Apple’s hardware lineup (from the iPhone, iPad, and MacBooks, to iMac and Mac Mini) with Broadcom in the access point likely allows for the use of frame bursting or some other packet aggregation technique that speeds things up in some scenarios. It’s another example of how having that complete hardware control can in fact result in some benefit—in this case, faster WiFi.

     *     *     *

ウワサにも関わらずコア機能に変化無し

今回のアップデートの前には、iOS をベースとする Airport 製品について様々のウワサがあった。Time Capsule はソフトウェアアップデートをローカルにキャッシュできるだろうとか、すべてはアップルの iCloud ソリューションに組み込まれるだろうとか。いまのところどれも実現しておらず、ウワサの出所は赤面しているようだ。自分は Lion が発表されるのを辛抱強く待った。予想の半分は当たり、このレビューの半分はムダになるだろうと思った。しかしその日が来てみると、ほとんど変化はなかった。このレビューを書いている時点で、Airport ラインのコア機能は以前のままだ。iCloud も iOS マジックもローカルへのアップデートキャッシングも全くなかった。

Before this update, there were so many rumors about both iOS based Airport products, that the Time Capsule would cache software updates locally, and that the whole thing would somehow tie into Apple’s iCloud solution. None of that exists right now, and it’s looking like (for now) the rumor mill has some egg on its face. I waited patiently for Lion to launch and half expected things to turn on and render half of the review null; instead that day came and went without much change at all. As of this writing, the core functionality of the Airport line remains the same as it was before—sans any iCloud/iOS magic/local update caching.

     *     *     *

妥当な値段の Airport Extreme

アップルの製品には高すぎるという欠点がある。3TB の Time Capsule はその一例かもしれない。しかし Airport Extreme はほぼ妥当な価格といえる。例えば Linksys E4200 と比べてみよう。Broadcom をベースとしているが、2.4GHz では 2×3:2、5GHz では 3×3:3 だ。価格は 179.99 ドルで、デバイス共有のための USB 2.0 ポートと同じような機能を持っている。一方 Airport Extreme は 179.00 ドルだが、2.4GHz と 5GHz の双方でフル 3×3:3[注]を提供する。一方 E4200 の Tx パワーはかなり強力で、この点は次の記事で扱いたい。
[注:3×3:3 = 最初の数字は送信チェーンの数、2番目は受信チェーンの数、3番目はデータストリームの合計数を示す]

There’s a stigma that Apple gear is more expensive, and for the 3TB Time Capsule that may be the case, but the Airport Extreme is actually right near where it should be. Take for comparison the Linksys E4200, which is a 2×3:2 device on 2.4GHz, and 3×3:3 on 5GHz, and also Broadcom based. That device runs for $179.99 and features similar functionality including a USB 2.0 port for sharing devices. At $179.00, the Airport Extreme offers full 3×3:3 on both 2.4 and 5GHz, albeit the E4200 does have considerably more Tx power, which we’ll investigate in a forthcoming article.

     *     *     *

不安定な挙動なし

自分が個人的に(他の NAT デバイスと一緒に)Airport Extreme を使う理由は、それが実際に自分で使ってみた中で、ロックせずにちゃんと動き、周期的に不安定になることもなければ、何時間も 100% 稼働させたときでも過熱によってセッションが落ちることもなく、毎日再起動が必要になることもない、そんな数少ない 802.11n デューアルバンドアクセスポイント(AP)のひとつだからだ。コンシューマーレベルの 802.11n アクセスポイントで、基準に達せず、ひどいストレスがたまり、信頼できないものはいくらでもある。これまで第5世代 Airport Extreme と第4世代 Time Capsule をメインのアクセスポイントとして、それぞれ 12 のデバイスに接続して使い続けているが、この1か月近く不安定な挙動は一度ももなかった。そんな安定性こそ私が気に入った理由だ。3×3:3 ですらあまり重要ではない[?]。

I guess the reason that I personally use an Airport Extreme (in conjunction with another device for NAT) is that it’s really one of a small number of 802.11n dual-band APs I’ve tried that actually works without locking up, becoming unstable periodically, dropping the session from overheating when being pushed to 100% for hours, or requiring a daily reboot. There are just so many other consumer level 802.11n APs that either fall short or are incredibly frustrating and unreliable. Thus far, I’ve been using an Airport Extreme Gen 5 and Time Capsule Gen 4 as my primary AP with over 12 devices attached to each one for the greater part of a month without a single instability. It’s that kind of stability that really sells it for me, even with 3×3:3 out of the picture.

     *     *     *

アップルの素晴しい成果

Wi-Fi 一般についてまとめると以上のとおりだ。理想的にいうなら、常時稼働して、始終気にしなくてもユーザーにとって透明なものであるべきだ。大部分の Airport Extreme や Time Capsule ユーザーは 3×3:3 といっても何のことだか分からず、さらには物理的リンク速度(link rate)をどうやってチェックしていいのかさっぱり分からないだろう。そのことは、これらのデバイスがいかに安定的であるかという証拠でもある。たぶんそのためアップルは、大幅に改良された WLAN 接続のような変更についてもあまり大げさにしなかったのかもしれない。ひとつだけハッキリしていることがある。それはアップルのワイヤレス部門がさりげなく振る舞っているのか、それとも本来受けるべき栄誉を得ていないのか、そのどちらかだということだ。

That kind of sums up WiFi in general—ideally, it should work and be something transparent to the user instead of a constant consideration. I wager the vast majority of Airport Extreme and Time Capsule owners have no idea what 3×3:3 is or how to even check their physical link rate, and for the most part that’s a testament to how stable these devices are. Maybe that’s the reason why Apple doesn’t make a super huge note about changes like markedly improving their WLAN connectivity. One thing is for certain, Apple’s wireless division is either playing it incredibly cool, or honestly not getting the credit it deserves.

     *     *     *

ワイヤレスの専門用語がいっぱいで分かりにくいが、とにかく Airport はすばらしいということのようだ。

実は・・・

筆者の Airport には問題がある。

OS X Lion への準備のため Snow Leopard を最新版(10.6.8)にアップデートして以来、ワイヤレスネットワークが落ちるようになった。

マックの前を離れると接続が切れて、再度接続しようとしてもなかなか時間がかかってイライラする。

筆者の「AirMac Express ベースステーション with AirTunes」は、AnandTech がレビューした「AirPort Extreme Base Station」とは異なるのだろうか。

ネットでいろいろ調べてみても、それらしい情報がない。(Lion や Time Capsule については、こちらこちら。)

AnandTech のレビューを読んだのも、ひょっとして Airport の問題に触れているかもと思ったからだ。

AnandTech にも、先の Ars Technica の Lion レビューにも、特段の記述はない。

ということで OS X Lion へのアップグレードに踏み切れないでいる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


さっそく分解された13 インチ MacBook Air

最新アップル製品の分解はいまや iFixit の独壇場だ。バラシの早さ、見やすい写真、分解の手順、必要工具など、iFixit の右に出るものはいない。

発売されたばかりの 13 インチ MacBook Air を iFixit がさっそく分解している。

iFixit: “MacBook Air 13″ Mid 2011 Teardown“: 21 July 2011

iFixit の分解に基づいて Ars Technica が解説を加えた。

Ars Technica: “Sandy Bridge’s GPU makes room for Thunderbolt in new MacBook Air” by Chris Foresman: 22 July 2010

     *     *     *

変更された点は

アップル最新の MacBook Air がはやくも iFixit のラボで12のパーツに分解された。内部も外部も、昨年10月に出た一世代前のモデルとほぼ変わらない。変更されたのはバックライトキーボード、Bluetooth 4.0、Thunderbolt をサポートするため変更だけだ。

Apple’s latest MacBook Air has already made its way to iFixit’s labs, and it’s currently in 12 pieces. Though its insides and outsides are barely different from the last-generation Air released last October, a couple internal changes were necessary to add support for the backlit keyboard, Bluetooth 4.0, and Thunderbolt.

     *     *     *


ユニボディ Air

ペンタローブの特殊ネジ

iFixit の説明では、MacBook Air の外部から分かる唯一の変化は高速インターフェイスの Thunderbolt ポートだけだ。カーブしたアルミユニボディ底部に同じ10本のペンタローブ[pentalobe:五角形の花形]特殊ネジで固定されている。だからペンタローブドライバーを使えば前モデル同様簡単に内部にアクセスできる。

iFixit noted that the only identifiable change in the exterior is the “lightning bolt” that denotes the new MacBook Air’s Thunderbolt port. The same ten pentalobe screws hold the bottom plate on the carved aluminum unibody, so with the right screwdriver it’s as easy to access the internals as the previous models.

     *     *     *

直付けの RAM、直付けでない SSD

内部もほぼ同じで変わらない。新しい Air は昨年のモデルと同じく小型のブレードタイプ SSD を使用している。だからその気になればユーザーがアップグレードすることも可能だ。RAM はマザーボードに直付けのままだ。スピーカエンクロージャ、バッテリー、クーリング、ロジックボードの大部分も前のモデルと同じだ。

Inside, things are largely the same as well. The new Airs use the same small, blade-type SSDs as last year’s model, so it’s possible to upgrade on your own if you like. And RAM remains soldered directly to the motherboard. Speaker enclosures, battery, cooling, and the overall logic board are also the same.

     *     *     *

ワイヤレスチップは Broadcom

しかし変更された部分もいくつかある。新しいワイヤレスモジュールには Bluetooth Low Energy (BLE) をサポートするシングルチップ Bluetooth 4.0 プロセッサ「Broadcom BCM20702」が採用されている。iFixit によれば、Bluetooth の新標準によってセキュリティが増し、待ち時間もほとんどなく、電力消費も少ないという。

However, there are a few changes. An updated wireless module includes a Broadcom BCM20702 Single-Chip Bluetooth 4.0 Processor with Bluetooth Low Energy (BLE) support. According to iFixit, the newer Bluetooth standard offers improved security, very low latency, and less power consumption.

     *     *     *


13 インチ MacBook Air のロジックボード。赤が Intel Core i5 プロセッサ、オレンジが Intel PCH]

NVIDIA の統合コントローラは不要に

グラフィックスはインテルのオンダイ HD 3000 IGP で処理されるようになったので、統合グラフィックス対応の NVIDIA 320M コントローラは不要になった。それに代えてインテルのプラットフォームコントローラ「E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K」が使われている。同部品に関する情報はインテルのサイトで見られる。統合 Thunderbolt コントローラがこれに含まれているようだと Kyle Wiens[iFixit CEO]はいう。

With graphics now handled by an on-die Intel HD 3000 IGP, there is no longer a need for the NVIDIA 320M controller with integrated graphics. That chip has been replaced with an Intel platform controller hub labelled “E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K.” Information about the particular part isn’t on Intel’s website, but iFixit CEO Kyle Wiens told Ars that it likely includes an integrated Thunderbolt controller.

     *     *     *

バックライトキーボード

最後に、MacBook Air にバックライトを採用するため LED および光学回路が追加された。バックライト電源のため LED アレイをロジックボードにつなぐリボンケーブルが追加された。

Finally, the keyboard now contains a series of LEDs and optical channels necessary for the return of a backlit keyboard to the MacBook Air line. A new ribbon cable connects the the LED array to the logic board to provide power for the backlighting.

     *     *     *

製造中止になった MacBook

Sandy Bridge チップ搭載 MacBook Air の修理難易度は前と変わらず 4/10[10/10 が一番易しい]だという。Air 特有の部品とペンタローブネジがその理由で、一般ユーザーに内部を触らせないようになっているのだ。「アップルにとっては今日は素晴しい日かもしれないが、修理業者にとっては悲しむべき日だ」と iFixit の Miro Djuric はEメールでいう。「アップルはシンプルでサービス可能な白い MacBook をこのほっそりしたセクシーな MacBook Air で置き換えてしまった。」アップルはひっそりと MacBook を製造中止にしてしまったのだ。

iFixit awarded the new Sandy Bridge-powered MacBook Air a 4/10 for repairability—the same as the preceding model—due to its use of largely proprietary parts and pentalobe screws meant to keep the average user from getting inside the machine. “Although today is an exciting day for Apple, it’s a sad day for consumer repair,” iFixit’s Miro Djuric said via e-mail. “Apple decided that this ‘svelte and sexy’ MacBook Air will replace the ‘simple and serviceable’ white plastic MacBook,” which Apple unceremoniously discontinued on Wednesday.

     *     *     *

Ars Technica があまり触れていないスピードについては、 Bare Feats が一世代前の Air の倍になったと報告している。

MacBook Air と引き換えにラップトップのスタンダードモデル MacBook を生産中止にしてしまったのはさすがにショックだ。

この点については The Loop が行なったアップル担当役員とのインタビューが興味深い。

The Loop: “Apple execs discuss Lion, MacBook Air, Mac mini, Thunderbolt display” by Jim Dalrymple: 20 July 2011

     *     *     *

MacBook Air の方が人気が高い

新型 MacBook Air の発表と同時に白の MacBook が姿を消した。消費者の動向を考えれば当然だとアップルはいう。

With the release of the new MacBook Air came the demise of the white MacBook. Apple said it made sense after seeing the trends of its customers.

「ひとつは MacBook Air の方が MacBook より人気があるということ」と David Moody[アップルのハードウェア製品マーケティング担当副社長]はいう。「重さもボリュームも半分なのにもっといろんなことができるから。」

“One of the things we saw is that the MacBook Air was simply more popular than the MacBook,” said Moody. “It does more in half the weight and in half the volume.”

     *     *     *

MacBook Air はラップトップのスタンダードモデルでありながら、シロウトが内部をいじることなぞかなわない存在となった。


大部分を占めるバッテリー

iFixit のバラシをみて改めて感じるのは、Air の中身の大部分がバッテリーで占められていることだ。

バッテリーの進化次第ではまだまだ変化が期待できるということか・・・

★→[原文を見る:iFixit
★→[原文を見る:Ars Technica
★→[原文を見る:The Loop

Read Full Post »