Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Brent Simmons’

WWDC-Developer-Labs

[WWDC Developer Labs の風景:photo

筆者の好きなメモ作成ソフト Vesper を開発した Brent Simmons が、WWDC 2014 に対する熱い思いを語っている・・・

inessential: “Early Thoughts on WWDC 2014” by Brent Simmons: 07 June 2014

     *     *     *

驚いた

ワクワクしている。驚いた、何層倍も驚いた、なんどもなんども驚いた — そしてハッピーだ。

I’m excited. Surprised — multiply surprised, surprised over and over — and happy.

     *     *     *

ラッキー

自分はラッキーだ。ちょうど Mac アプリを始めたばかり。これからは Swift で書くつもりだ。

I’m lucky. I’ve just started a Mac app, and I plan to write it in Swift.

1年は待ってみようとほかの開発者がいうのを聞いた。それもよく分かる。今日書いた Swift コードが数か月したらコンパイルできないかもしれないと考えるのももっともだ。まだ進行中なのだから。

I’ve heard other developers say they want to wait about a year, and I totally understand that attitude. It’s reasonable to assume that Swift code written today may not compile in a few months — it’s a work in progress.

     *     *     *

フィードバック

しかし自分はこう考える。もし今使い始めれば、フィードバックを返せる。残りの自分のキャリアで使うことになるであろうプログラミング言語を形作っていくのにフィードバックが役立ってくれるだろうと。フィードバックはたくさんするかもしれないし、しないかもしれない。でもそうできるチャンスは逃したくない。

But my thinking is this: if I start using it now, I can provide feedback, and that feedback will help shape the programming language that I’m likely to use for the rest of my career. Maybe I’ll have a ton of feedback, and maybe I’ll have none — but I’d sure hate to have missed my chance to help.

自分は開発言語がどれかでなければならないという純粋主義者ではない。まったくその反対だ。いいソフトをより早く書きたいという経験豊富な実利主義者だ。

I’m no language purist — quite the opposite. I’m a pragmatist with many years of experience who wants to write better software more quickly.

     *     *     *

俄然ワクワクしている

Swift のことは考えてもいなかった。5年もすれば、とは思ったかもしれない。しかしこれは自分が最もワクワクすること — 断然そうなのだ。(解説書の3分の1ほどはもう読み進んだ。)

I did not expect Swift. I expected it in five years, maybe. But this is — far and away — the thing I’m excited about. (I’m about a third of the way into the book.)

     *     *     *

最高のクリスマス

まるでこれまでで最高のクリスマスみたいだ。サンタも出てきて、一緒にセルフィーできる。こんなフレンドリーで気前のいいアップルは、なぜ自分が iOS や Mac アプリを書くのが好きなのか再確認させてくれる。

It was like this, though — we kept hearing about things, even relatively small things, that all by themselves would have made for a great week. It was like the greatest Christmas ever — and then Santa Claus hung out so you could take selfies with him. This friendly and generous Apple reminds me why I love writing iOS and Mac apps.

     *     *     *

アップルの変化を感じ取った開発者の思いがストレートに伝わってくるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

john_gruber_azure

[Microsoft Azure を PR する John Gruber:video

いやあ、隔世の感がある。

アップルの守護神的なブロガー John Gruber がマイクロソフトのコマーシャルに出ているのだ。

Channel 9: “Learn how Vesper built offline sync using Azure Mobile Services” by Windows Azure: 01 April 2014

このコマーシャルは Marco Arment をして次のように言わしめた。

Marco.org: “Learn how Vesper built offline sync using Azure Mobile Services” by Marco Arment: 03 April 2014

     *     *     *

タイムマシン

誰ぞタイムマシンを作ってくれないものか — そうすれば10年前に遡って、2004 年の John Gruber に 2014 年の John Gruber がマイクロソフトのプロモーションビデオに主役で出ているといえるのだが・・・

Somebody please build a time machine so we can travel back a decade and tell 2004 John Gruber that 2014 John Gruber would star in a promotional video for Microsoft.

     *     *     *

それだけではない。

マイクロソフトの開発者会議 Build(アップルの WWDC ではない)に出て、会場からライブのポッドキャストまでやっている。

Live From Build 2014 – The Talk Show | Mule Radio Syndicate

     *     *     *

Build 開発者会議からライブで

スペシャルゲストの Ed Bottが John Gruber と一緒に、サンフランシスコでのマイクロソフトの Build 開発者会議の聴衆を前にライブでポッドキャストを収録した。トピックは同開発者会議のニュースだけでなく、広く IT 業界におけるマイクロソフトの新しい位置付けなどについても触れる。

Special guest Ed Bott joins John Gruber in an episode recorded in front of a live audience at Microsoft’s Build developer conference in San Francisco. Topics include last week’s news out of the conference — including Windows Phone 8.1 — and a broader look at the new Microsoft and its position in the industry.

     *     *     *

これもすべては「Vesper」のせいだ。

Vesper はメモ作成ソフトで、Gruber が Brent Simmons らと一緒に立ち上げた Q Branch が出した iPhone アプリだ。

非常に使いやすく人気があるが、ユーザーの要望のトップは他のデバイスとの Sync 機能だ。

そのために行き着いたのがマイクロソフトの Windows Azure というワケ。

アップルでも、グーグルのクラウドサービスでもなく、マイクロソフトの Windows Azure を選択したというところがとても興味深い。

iCloud ではうまくないということか・・・

★ →[ビデオを見る:Microsoft Azure

Read Full Post »

[Amazon Prime Air | YouTube

アマゾンの無人配達ドローン[drone:無人機]が話題になっている

Vesper のデベロッパでシアトル在住の Brent Simmons の反応がオモシロい・・・

inessential.com: “Ack-ack” by Brent Simmons: 03 December 2013

     *     *     *

ズドーン、ズドーン(Ack-ack)

自分は銃を持っていない。しかしアマゾンが Air ドローン(Amazon Prime Air)を考えていると知ってライフルを買う気になった。玄関のポーチに座って、ブンブン飛んで行くドローンを撃ち落としたらどんなに気持ちがいいだろう。

I don’t own any guns, but the Amazon Air drones tempt me to buy a rifle. It would be so much fun to sit on my front porch and shoot at the drones as they buzz by.

今日の Ballard[シアトルの近郊]は寒いが、空は驚くほど澄んでいる。スキー帽をかぶり、ウィスキーびんを持って、一仕事して空をきれいに片づけてくるか・・・

It’s cold today in Ballard but the sky is marvelously blue. Today I’d put on a ski cap and grab a bottle of good whisky and do my part to keep the sky clean.

     *     *     *

監視ドローンとどう違うのか

コラテラル・ダメージ[collateral damage:巻き添え被害]の問題ともいえるが、しかしアマゾンの一見無害で幸せなドローンと、グーグルの24時間人間監視装置や警察や NSA[国家安全保障局]のそれとどう区別すればいいというのか。いっそ全部撃ち落としてしまえばいいのだ。

I might argue it’s a matter of collateral damage. I don’t know how I could tell Amazon’s harmless, happy-day drones from Google’s real-time people-watchers — or those of the police or the NSA. It’s best to shoot them all down.

それとも撃ち落とすのが単に楽しいからといった方がいいだろうか。メチャ楽しいと・・・

Or I might argue that it’s just plain fun. So much fun.

     *     *     *

Amazon Prime Air についての記事では Brent Simmons のこの反応がいちばんオモシロかった。

ドローンというとイラクやアフガニスタンで攻撃する遠隔操作の無人偵察・爆撃機のことを考えてしまう。

中国にも 300 機を超えるドローン部隊があるらしい。

フクシマの原発事故直後に放射能測定をしたのもドローンだった。

無人配達機のドローンだといわれてもいささか複雑な思いがする。

NSA 騒ぎに揺れるアメリカでは、国民総監視の可能性と結びつけて考えるひとも多いということか。

最近の技術は手放しでよろこべないものが増えてきたような気がする・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »