Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Bob Mansfield’

[iPhone 開発のオリジナルチーム:photo

アップル人事のビッグニュースを John Gruber が分析している。

Daring Fireball: “Forstall Out; Ive Up” by John Gruber: 29 October 2012

     *     *     *

アップルのプレス発表

アップルのトップ指導陣に関するビッグニュース:Scott Forstall は辞めさせられた。アップルのプレス発表のサワリはつぎの部分。

Blockbuster executive leadership change at Apple; Scott Forstall has been shown the door. Here’s the key paragraph:

インダストリアルデザインのトップ Jony Ive がアップル全般にわたるヒューマン・インターフェイス(Human Interface)の方向付けと指揮をとります。彼の信じられないほどすばらしいデザイン美学こそが、10年以上にわたってアップル製品のルック&フィールの原動力となってきました。

Jony Ive will provide leadership and direction for Human Interface (HI) across the company in addition to his role as the leader of Industrial Design. His incredible design aesthetic has been the driving force behind the look and feel of Apple’s products for more than a decade.

Eddy Cue はさらに Siri および Map について責任を持ち、すべてのオンラインサービスひとつにまとめます。・・・Craig Federighi は iOS および OS X を率います。

Eddy Cue will take on the additional responsibility of Siri and Maps, placing all of our online services in one group. […] Craig Federighi will lead both iOS and OS X.

     *     *     *

辞めさせられたミニ・スティーブ

Forstall はアップルに来て長い。90 年代初期に NeXT で仕事を始め、それ以来 NeXTStep、Mac OS X そして iOS の開発に携わってきた。にも関わらず Tim Cook の Forstall に対する謝辞がアップルのプレス発表に一切含まれていないことが多くを物語っている。5月に発表された Mansfield の退職(その後留任)に対する Cook のことばや、2011 年3月にに辞めた Bertrand Serlet私的コメントと比べてみて欲しい。Forstall は自ら辞めたのではない。追い出されたのだ。Forstall に不利に働いたと思われるいくつかの要因 — デザインの好み、エンジニアの管理、カンに障るスタイル、iOS 6 Maps をめぐるゴタゴタなど。また、スティーブ・ジョブズとの親密な関係がどれほど彼の役に立ったのかは疑問。ジョブズの保護はもうないのだ。

Forstall has been around for a long time: he started at NeXT in the early ’90s and had been involved in the evolution of NeXTStep, Mac OS X, and iOS ever since. That makes it all the more telling that Apple’s press release contains no quote from Tim Cook offering kind words or thanks to Forstall. Compare and contrast to the quote from Cook when Mansfield’s (now cancelled) retirement was announced in May, or the personal quote from Bertrand Serlet when he stepped down in March 2011. Forstall is not walking away; he was pushed. Potential factors that worked against Forstall: his design taste, engineering management, abrasive, and the whole iOS 6 Maps thing. I also wonder how much Forstall was effectively protected by his close relationship with Steve Jobs — protection which, obviously, no longer exists.

     *     *     *

プレス発表から読み取れること

アップルについて感心することのひとつは彼らの率直さだ — コマーシャルでも、プレス発表でもそうだ。今日リンクを貼ったばかりだが、Derek Thompson が The Atlantic で、アップルの四半期決算発表のプレス発表は他の大会社のものと比べて非常に短いという興味深い指摘をしている。Forstall の解雇に関するプレス発表は一見この逆のように見える。「アップルはハードウェア、ソフトウェア、およびサービス全般にわたる協力関係を拡大するための変更を発表します。」さらに次のようなサブタイトルが続く。「Jony Ive、Bob Mansfield、Eddy Cue および Craig Federighi がそれぞれが追加的に責任を分担します。

One of the things I admire about Apple is their plainspokenness, both in advertising and in press releases. Just today I linked to a piece by Derek Thompson for The Atlantic, wherein he makes in the interesting observation that Apple’s quarterly earnings releases contain remarkably fewer words than other large corporations. At first glance, the headline of the press release announcing Forstall’s departure seemed to go against this: “Apple Announces Changes to Increase Collaboration Across Hardware, Software & Services”. That was followed by a subhead: “Jony Ive, Bob Mansfield, Eddy Cue and Craig Federighi Add Responsibilities to Their Roles”.

     *     *     *

お荷物になった Forstall

もう少しこの点を考えてみよう。私が聞いた Forstall の社内での評判と考え合わせると、このヘッドラインは遠回しながらはっきりとありのままの事実を伝えていると思う。すなわち Forstall はアップル社内の共同作業にとって障害となっていたのだ。彼は会社を辞め、その権限は Ive、Mansfield、Cue および Federighi の4人によって分割分担されることになった。

Thinking about it some more, though, and considering what I know about Forstall’s reputation within the company, I think that headline, euphemistic though it is, tells the plain truth: Forstall was an obstacle to collaboration within the company. Now he’s gone, and his responsibilities are being divided between four men who foster collaboration: Ive, Mansfield, Cue, and Federighi.

     *     *     *

後を分担する4人

Federighi は Forstall 同様 NeXT 時代まで遡る。2009 年にアップルに復帰してから急速にピラミッドの梯子を駆け上った。Mansfield にとって今年はとても奇妙な1年だった。5か月前退職しようとしたが、一旦退職をやめ、今やすべてのワイヤレスおよびセミコンダクターエンジニア部門を含む新しい「技術」グループの担当となった。Maps については Eddy Cue をおいて適当な人間がいるだろうか。彼は MobileMe の大失敗を引き受け、「完全とはいえないまでもかなりよく、かつ着実に進化し続ける」iCloud に変えたのだ。

Federighi, like Forstall, dates back to NeXT, and has moved up the ladder quickly after returning to Apple in 2009. Mansfield has had a curious year — five months ago he was retiring, then he un-retired, and now he’s taking over a new “Technologies” group encompassing all wireless and semiconductor engineering. Who better to take over Maps than Eddy Cue, the guy who took over the disaster that was MobileMe and turned it into the far-from-perfect-but-pretty-good-overall and steadily-improving iCloud?

     *     *     *

Jony Ive がすべてのデザインを統括する

しかし今日の最大のニュースは Jony Ive に関するものだ。Ive がハードウェアおよびソフトウェアのすべてのプロダクトデザインを統括するということが如何に大きなことであるか、いくら強調しても強調しすぎることはないだろう。去年1年、スティーブ・ジョブズなきアップルで UI デザインの責任を取るのが一体誰なのか、外部の観察者はいぶかしく思ったものだ。その答えがついに出た、それが Jony Ive だ。

But the big news today is about Jony Ive. I don’t think it can be overstated just how big a deal it is that he now oversees all product design, hardware and software. For the last year, outside observers have been left to wonder just where the buck stopped for UI design at post-Jobs Apple. That question has now been answered: Jony Ive.

     *     *     *

スティーブ・ジョブズが好んで出入りした場所のひとつが iPhone 開発のオリジナルチーム[冒頭写真]に属した Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

maclalala2: “《追記》魔法使いの弟子”[次世代 iPad は「The new iPad」]: 09 March 2012

     *     *     *

ジョブズが好きだった場所

Jony Ive のハードウェアデザインラボに出入りして、その全体像を見渡すのを Jobs が好んだことはよく知られている。もう一か所彼が好んだ場所が、その一階上にある Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

It’s well-known that Jobs loved to hang out in Jony Ive’s hardware design lab, looking over hardware. Another favorite spot was the user interface lab run by Forstall, located a floor above.

     *     *     *

Tim Cook の謝罪にまで発展した iOS 6「マップス」騒動の背後で、「ミニ・スティーブ」排除の動きが進行していたということか・・・

着々と Tim Cook 体制の構築が始まっているということだろう。

それにしても「Human Interface」ということばは懐かしい。これこそマックと他の PC を分けるものだった。

Jony Ive が統括する「Next Big Thing」とは何だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 3:トドメの一撃》

Update 2:文化的不一致》

Update:一度失敗すると辞めさせられる?》

papermaster.jpg

Mark Papermaster

IBM から引き抜かれて Jobs の副官となった Mark Papermaster がアンテナゲートの責任を取らされたらしいと NY タイムズが書いている。

NYTimes.com: “Executive Leaves Apple After iPhone Antenna Troubles” by Miguel Helft: 07 August 2010

     *     *     *

消えた Papermaster

アップルの主力製品 iPhone などのアップルハードウェアを担当する Mark Papermaster がアップルを去った。最近大きな問題になったアンテナゲートの最中のことだった。

Mark Papermaster, the Apple executive in charge of hardware for the company’s flagship iPhone, has left the company in the wake of widely reported problems with the antenna of the recently introduced iPhone 4.

Papermaster 氏が追われたのか自らの意思で辞めたのかは定かではない。

It is not clear if Mr. Papermaster was ousted or left on his own accord.

携帯電話にコンタクトしたが、Papermaster 氏のコメントは得られなかった。

Reached on his cellphone, Mr. Papermaster declined to comment.

      *     *     *

後任は Mansfield

アップルのスポークスマン Steve Dowling 氏は、Papermaster 氏がアップルを辞めたことを公式に認めた。「Papermaster 氏はアップルを退職した。Macintosh ハードウェアエンジニアリングの上級副社長 Bob Mansfield がその後を継いでいる。」

In a statement, an Apple spokesman, Steve Dowling, confirmed Mr. Papermaster’s departure. Mr. Dowling said Mr. Papermaster “is leaving the company and Bob Mansfield, senior vice president of Macintosh hardware engineering, is assuming his responsibilities.”

既に Mansfield 氏は A4 チップ、retina ディスプレイ、タッチスクリーンなど iPhone に係る主要技術を監督している、と Dowling 氏はいう。

Mr. Mansfield already oversees several technologies that are part of the iPhone, including the A4 chip, the retina display and touch screens, Mr. Dowling said.

     *     *     *

姿をみせなかった Papermaster

アップルの緊急記者会見では Jobs 氏のほかに Tim Cook 氏[COO:最高執行責任者]と Mansfield 氏が出席したが、Papermaster 氏の姿が見えなかったことに驚きを隠さないひとも多い。Papermaster 氏は先週土曜日まではアップルサイトの役員リストに載っていたが、その日のうちにリストから姿を消した。

Some observers were surprised that Mr. Papermaster was not present at the press conference, which in addition to Mr. Jobs included Tim Cook, the chief operating officer, and Mr. Mansfield. Mr. Papermaster, who was listed as an executive on Apple’s Web site earlier Saturday, had vanished from the site later in the day.

     *     *     *     

アップル内部で聞いたコメントを John Gruber が紹介している。

Daring Fireball: “Mark Papermaster Leaves Apple; Responsible for iPhone 4 Antenna” by John Gruber: 07 August 2010

      *     *     *

アンテナ野郎

私が聞いた限りでは、Papermaster がお払い箱になったことは明らかだ。彼がアンテナゲート記者会見に欠席したのは目立っていた。アップル内部では、彼こそ「アンテナ問題の責任を負うべきヤツ」だった。(7月23日の引用を見よ。)同じソースの話として、「アンテナ野郎は見かけからして怒りっぽかったが、もうそうじゃない。」

From what I’ve heard, it’s clear he was canned. Papermaster was a conspicuous absence at the Antennagate press conference. Inside Apple, he’s “the guy responsible for the antenna” — that’s a quote from a source back on July 23. (Another quote from the same source: “Apparently the antenna guys used to have a big chip on their shoulder. No more.”)

      *     *     *

緊急記者会見の Q&A で見慣れぬ Bob Mansfield が出席していたのはそういうわけだったのか・・・

アンテナゲートを切り抜けたかに見えるアップルだが、その陰では責任を取らされた者がいた。

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

Update:一度失敗すると辞めさせられる?(8月9日)

アップルでは一度失敗すると辞めさせられるのだろうか。John Gruber がおもしろい指摘をしている。

Daring Fireball: “Papermaster and That Damn Antenna” by John Gruber: 08 August 2010

     *     *     *

Papermaster と Mansfield は対等

アップルには「ひとつミスを犯すとクビ」というポリシーがあるのだろうか。そんなことはない。しかしミスが重大すぎると、時にはそうなる。Papermaster がクビになった原因が iPhone 4 アンテナ問題だけだったのかどうか知らない。組織図から見ると Papermaster は表面上は Bob Mansfield と対等だった。 Mansfield は Mac ハードウェアエンジニアリングのトップであり、Papermaster はモバイルデバイスのハードウェアエンジニアリングのトップだ。Papermaster を採用したときの 2008 年11月のプレスリリースでもそうなっている。・・・

Does Apple have a “make one mistake and you’re fired” policy? No. But, if the mistake is big enough, sometimes yes. But I don’t even know whether the iPhone 4 antenna is the only thing that led to Papermaster’s sacking.1 Ostensibly, Papermaster was a peer to Bob Mansfield in the org chart; Mansfield the head of Mac hardware engineering, Papermaster the head of mobile device hardware engineering. Here’s the PR from Apple in November 2008, announcing Papermaster’s hiring: […]

     *     *     *

プロモーションビデオ

ところが iPhone 4 発表時の6分に及ぶプロモーションビデオを見ると、登場したのは Papermaster ではなく Mansfield だった。このビデオは iPhone 4 発表の数週間前(ひょっとすると数か月前?)に撮影されたものだ。役員で他に登場するのはだ Jonny Ive、Greg Joswiak、Scott Forstall だ。Mansfield は Retina ディスプレイ、高解像度のメリット、エンジニアリング技術について語る。さらに最後の部分で、A4 system-on-a-chip について語る。これはまさに Papermaster の専門分野だ。

But it was Mansfield, not Papermaster, who appears in Apple’s six-minute iPhone 4 promotional video — and that video was shot weeks (months?) before the iPhone 4 was unveiled. The other executives who appear in the video: Jonny Ive, Greg Joswiak, and Scott Forstall. Mansfield talks about the Retina Display, the advantages of its higher resolution, and the engineering behind it. Then at the end, Mansfield comes back to talk about the A4 system-on-a-chip — literally Papermaster’s area of expertise.

     *     *     *

すでに消えていた

組織図に従えばビデオには Papermaster が登場すべきだったろう。Papermaster もビデオに出るようにいわれたのかもしれない。あるいはカメラの苦手だったのかもしれない。Mansfield はカメラ写りが悪くはない。ハンサムではないが、人好きのする感じで、なによりすばらしい声をしている。John Goodman[注:伝記映画でベーブルースを演じたこともあるアメリカの俳優]がスクリーンに映っているみたいだ。Papermaster はすでにこの時点で消えていた。そして Mansfield が Retina ディスプレイや A4 のエンジニアリングを統括していたのだ。

By the org chart, that should have been Papermaster in the video. Now, I don’t know — maybe Papermaster was invited to appear in the video but declined. Perhaps he’s not comfortable in front of a camera. And Mansfield is good. He’s not pretty, but he’s likable and has a great voice — a John Goodman-esque screen presence. But maybe Papermaster was already on the outs, and Mansfield was already overseeing the engineering of things like the Retina Display and the A4.

     *     *     *

iPhone 4 アンテナの利点と欠点

iPhone 4 アンテナの利点は次のようなものだ。

The good aspects of the iPhone 4 antenna:

・多くの場合信号が強く、古い iPhone では信号が得られない場所でも通話できる

– It gets a stronger signal in most situations, and is able to hold calls in places where older iPhones couldn’t get any signal at all.

・外部アンテナにしたことで内部にスペースができ、より小さくできるだけでなく、大きなバッテリーを収容できる。iPhone 4 のバッテリーが優れている最大かつ唯一の理由はこの外部アンテナだろう

– By going external, it saves space inside, allowing the iPhone 4 to be physically smaller while at the same time having a larger battery. This antenna is perhaps the single biggest reason why the iPhone 4 gets best-of-class battery life.

・見てくれがいい

– It looks great.

一方、たったひとつだけ問題がある。

There’s one and only one problem with it:

・特定の場所をひとが触ると信号が落ちる

– It can lose signal when human skin touches a certain spot.

     *     *     *

次期 iPhone ではどうなる?

Steve Jobs が iPhone 5 を来年6月(遅くとも)に発表するとき、ケースの内部に収めた「革新的」アンテナを発表すると考えるものも多い。

I know many people think that come next June (if not sooner), we’re going to see Steve Jobs on stage unveiling an iPhone 5 with a “revolutionary” new antenna that’s back inside the case.

しかし私は、iPhone 5 は iPhone 4 と同じメリットを持つ外部アンテナのままで、問題は解決していると思う。

I’d say it’s more likely we’ll see an iPhone 5 with an external antenna with all the same advantages of the iPhone 4 antenna, but without the problem.

      *     *     *

1モデルだけ

アップルの製品戦略は他社に比べてリスクが大きいことを考慮すべきだ。iPhone には複数のラインアップはない。3、4か月ごとに新モデルを出すわけでもない。毎年出すのは1モデルだけだ。これはリスクも、プレシャーも大きい。

Keep in mind that Apple’s product strategy is riskier than that of other companies. They don’t have a line-up of iPhones. They don’t roll new models out every three or four months. They do one new iPhone per year. It’s high stakes, and high pressure.

     *     *     *

たっぷり時間はあった

最後にもうひとつ情報ソースの話。「触れ方が悪い」ことにより生じる信号ロスの問題は、2年以上前に見つかっていた。見つからなかったのでもなければ、見つけるのが遅すぎたわけでもない。したがって、基本的なアンテナデザインは明らかに Papermaster がアップルに来る前に決まっていたということだ。同時にまたこのことは、問題を解決すべき時間が十分あったということでもある。アップルは外部アンテナを採用すべきではなかったといっているのではない。もっとより良いものになったはずだということだ。

One last tidbit from an informed source: the bug on the “touching it wrong” signal loss issue was filed two years ago. This is not a problem they didn’t catch, or caught too late. So, on the one hand, clearly the fundamental antenna design predated Papermaster’s time at the company. But on the other hand, there was plenty of time to find a solution to the problem. I.e., it’s not that Apple should not have used an external antenna. It’s that it should have been even better.

     *     *     *

ホワイト iPhone 4 の失敗

まったく私の推測に過ぎないが、Papermaster はホワイト iPhone 4 の失敗についても責任を取らされたのかもしれない。誰かの責任には違いないのだから・・・

Pure conjecture on my part, but it could be that Papermaster is being held responsible for the white iPhone 4 debacle as well. It’s got to be somebody’s fault.

     *     *     *

いくつかの事柄をつなぎ合わせて事の真実に迫るところはアップルウォッチャーの面目躍如だ。

NY タイムズの記事の隙間を埋めるような作業でとてもおもしろい。

取材を踏まえて事実を報道するジャーナリズムにとっては、取材内容の深度と他社に先駆けるスピード(特ダネ競争)が問題なのだろうが、ブログのおもしろさとはこういうところにあるのではないかという気がする。

アンテナゲートについては、信号ロスという事実そのものより、リコールに発展しかねないマスコミ対策が問題だった。

なぜアップルが緊急記者会見を開いてまで、その沈静化にやっきとなったか、復活した John Gruber のポッドキャストがその背景や様子に触れていてこれまたおもしろい。

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

Update 2:文化的不一致(8月9日)

Yukari Iwatani Kane 記者が一歩踏み込んだ解説をしている。

WSJ.com: “IPhone Executive Is Out At Apple” by Yukari Iwatani Kane and Ian Sherr: 08 August 2010

     *      *      *

文化的不一致

iPhone 4 の問題がどれほど Papermaster 氏の辞職と関係しているのか不明だ。・・・Papermaster 氏の事情をよく知る複数のひとたちによれば、彼の辞職はより広い意味での文化的不一致(cultural incompatibility)によるものだという。

Exactly how much the problems with the iPhone 4 played in Mr. Papermaster’s exit is unclear. […] Several people familiar with Mr. Papermaster’s situation said his departure was driven by a broader cultural incompatibility.

     *      *      *

アップルの企業文化

これらの人々によると、Papermaster 氏は数か月前から Jobs 氏の信頼を失い、ここしばらくは意思決定過程に参画していないという。Papermaster 氏はアップルが期待するクリエイティブな考え方ができず、アップルの企業文化に慣れていなかったという。アップルでは上級幹部といえども自分の責任範囲の細かい部分に精通しておらねばならず、多くの仕事を下に任せることなく直接こなすことが期待されている。

Mr. Papermaster had lost the confidence of Mr. Jobs months ago and hasn’t been part of the decision-making process for some time, these people said. They added that Mr. Papermaster didn’t appear to have the type of creative thinking expected at Apple and wasn’t used to Apple’s corporate culture, where even senior executives are expected to keep on top of the smallest details of their areas of responsibility and often have to handle many tasks directly, as opposed to delegating them.

     *      *      *

外部者には厳しい

Papermaster 氏の辞職は、外部から来た者がアップルで成功することがいかに難しいかを示している。外部から来た何人かの幹部は成功しているが、Tim Cook, [COO:Compaq Computer Corp. から]、Ron Johnson小売り担当:Target Corp. から]を除くと必ずしもうまくいっていない。・・・

Mr. Papermaster’s departure shows how difficult it can be for an outsider to succeed at Apple. While some of the company’s top executives who came from other corporations have thrived—notably Chief Operating Officer Tim Cook, who was previously at Compaq Computer Corp., and retail chief Ron Johnson, who joined from Target Corp.—others haven’t fared as well. […]

     *      *      *

準備できていなかった

Papermaster 氏が仕事に就いたのは Jobs 氏が病気休暇で肝臓移植手術を受けていた 2009 年の前半だった。当時幹部たちは意思決定過程で比較的自由が利いていた。その意味で Papermaster 氏は、Jobs 氏が復帰したとき彼の実践的(hands-on)マネージメントスタイルに十分準備ができていなかったともいえる、と事情に詳しいひとびとはいう。

Mr. Papermaster started his position while Mr. Jobs was on sick leave to receive a liver transplant during the first half of 2009. At the time, executives had more autonomy to make decisions, so Mr. Papermaster was likely ill-prepared when Mr. Jobs, who is known for his hands-on management style, returned, said the people familiar with the situation.

     *      *      *

いかなる組織でも上に仕えるのは難しいが、Jobs の場合はひとしおということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

Update 3:トドメの一撃(8月10日)

Yukari Iwatani Kane 記者の記事[Update 2 参照]に対する John Gruber のコメント。

Daring Fireball: “WSJ: Papermaster ‘Lost the Confidence of Mr. Jobs’” by John Gruber: 09 August 2010

     *     *     *

トドメの一撃

これだ。アンテナ問題だけではなかった。しかしトドメの一撃だった。

And that’s that. The antenna wasn’t the only thing, but it may have been the final straw.

     *     *     *

ほとぼりが冷めるまで

なぜアップルは Papermaster を辞めさせるのにアンテナゲートのほとぼりが冷めるまで数か月待たなかったのか、そう MG Siegler は疑問を呈している。(私宛のメールをみると彼だけではない。)しかしそれはアップルのやり方ではない。アップルの上級幹部はお飾りじゃない。彼らは強いプレシャーを受けながら、とことん頑張っているのだ。(Tim Bucher のことを覚えているだろうか?)いったん Jobs に能なしと思われたらそれで最後だ。タイミングなんて関係ない。

MG Siegler (and, judging by my email, he’s not alone) wonders why Apple didn’t wait a few months to show Papermaster the door, to wait for the Antennagate ashes to run cold. That’s not how Apple rolls. These senior executives are not figureheads. They work their asses off, under a lot of pressure. (Remember Tim Bucher?) When Jobs decides you’re a bozo, you’re done, timing be damned.

     *     *     *

ウーン、きびしい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »