Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Bloomberg’

traders-at-terminals

[決して安くはない:photo

今回のブルームバーグ端末事件ではしなくも最先端の金融情報ビジネスの舞台裏が垣間見える。

多くの報道機関が静観の構えの中で果敢に報道を続けている Quartz が、今回は門外不出のターミナル(端末)利用料金を明らかにしている

Quartz: “This is how much a Bloomberg terminal costs” by Zachary Seward: 15 May 2013

     *     *     *

年間利用料2万4千ドル

ブルームバークターミナルの年間利用料はシングル(1台)で2万4千ドルだ。

Bloomberg is now charging $24,000 a year for a single terminal subscription.

     *     *     *

業界最大

株式非公開のこの会社はターミナルの料金については公表していないが、金融情報のプロバイダーとしては最も料金が高い。我々はブルームバークの利用料を 2001 年まで遡って入手した。当時の契約者数は16万で、業界最大かつライバルの Thomson Reuters の後塵を拝していた。しかし今では31万5千の契約者数で業界最大となった。

The closely held company doesn’t publicize its prices, which are the most expensive among financial data providers. But we’ve got our hands on what Bloomberg has charged going back to 2001, when the company had about 160,000 terminal subscribers and still trailed its greatest rival, Thomson Reuters. It’s now the market leader, with 315,000 subscribers.

     *     *     *

複数台の場合は

​ブルームバーグは料金をディスカウントしないことで有名だ。すべてのデータにアクセスできる一種類の利用料金しか設定していない。しかし今では年約2万ドルの低い料金も提供している。何百台ものターミナルを契約できる大銀行などに対して2台目以降の契約に適用されるものだ。しかしこの料金もシングルターミナル料金がこの十年間で増加したのに比例して高くなっている。ブルームバーグは料金についてコメントすることを避けた。

Bloomberg is famously averse to discounting, and only offers one level of subscription with access to all data. But it does charge a lower price—currently about $20,000 a year—for customers with two or more subscriptions, including large banks than can have hundreds of terminals. That price, however, increased proportionally with the single-terminal price over the past decade. Bloomberg declined to comment on its pricing.

     *     *     *

オーシャンサイド市のデータ

我々の利用料金のデータは、カリフォルニア州オーシャンサイド 市(Oceanside)から得たものだ。同市では会計担当者が1台のブルームバーグターミナルを契約している。ブルームバーグとオーシャンサイド 市との契約書および関係書類については、昨日我々が公開した[こちら]。同市は「Bloomberg Professional」というターミナルを1台契約しており、契約者は「Bloomberg Anywhere」アクセスによって他のデバイスからもログインできる。

The pricing data in our chart comes from Oceanside, California, which has a Bloomberg terminal for its treasurer. Yesterday we published Oceanside’s contract with Bloomberg along with related documents, which you can read here. The city pays the standard rate for a single subscription to the terminal, officially known as Bloomberg Professional, including Bloomberg Anywhere access, which allows the customer to log in from other devices.

     *     *     *

terminal-cost-and-subscribers2

[ターミナル契約者および利用料金(推計)のチャート:chart

ターミナル利用料金の推移

現在ではブルームバーグターミナルのシングル利用料金は2年契約で月額2千ドルだ。2011 年は 1975 ドル1.3% の増加だが、物価上昇を考慮すると 3.1% の減少になる。ブルームバーグは 2005 年から 2011年まではアグレッシブな料金政策をとった。2001 年の利用料は月額 1640 ドルだった。

Bloomberg is currently charging single-terminal subscribers $2,000 a month for two-year contracts. That’s a hike of just 1.3% from the price of $1,975 in 2011, and adjusting for inflation, it’s actually a decline of 3.1%. Bloomberg raised its price much more aggressively between 2005 and 2011. Back in 2001, the price was $1,640 a month.

     *     *     *

ターミナル契約者の推移

ターミナル契約者数は様々な新聞報道から我々がまとめた。金融危機の前に急激に増えて、2007 年には27万台に達している。その後、ブルームバーグの最大の顧客のいくつかが予算を削減したり、完全に破産したためその成長は鈍った。昨年のブルームバーグの収入は79億ドルで、ほとんどはターミナルからの収入だ。

The number of terminal subscriptions, which we compiled from various press reports, grew steeply before the financial crisis, hitting 270,000 in 2007. Then growth slowed as some of Bloomberg’s biggest customers trimmed budgets or went under entirely. Bloomberg’s revenue was $7.9 billion last year, most of it from terminals.

     *     *     *

ライバルの動き

明らかにブルームバーグのライバルたち — とくに Thomson Reuters および Dow Jones — は、ブルームバーグ顧客のターミナル使用状況に記者がアクセスしたことが発覚した今回の騒ぎに乗じようとしている。ロイターはブルームバーグに最も近い機種を出している。かつて Telerate という機種でこの分野に激しい攻勢をかけていた Dow Jones は、今は DJ X という新機種を個別投資家に売り込んでいる。提供されるデータはブルームバーグやロイターより少ないが、その代わり利用料はほんの僅かで済む。

Bloomberg’s competitors, particularly Thomson Reuters and Dow Jones, will clearly try to capitalize on the furor over revelations that Bloomberg’s journalists had access to usage data of terminal subscribers. Reuters has the products most comparable to what Bloomberg offers. Dow Jones, which once competed more aggressively in this space with a product called Telerate, is now pitching something new, called DJ X, to individual investors. It promises less data than what Bloomberg and Reuters provide—but at a fraction of the price.

     *     *     *

Quartz とはどういうサイトなのだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《追記》Quartz についてはこんな情報も・・・

デジタル絶好調の米 Atlantic が打ち出す、近未来 Webメディア “QUARTZ” — 藤村 厚夫 | アゴラ

米ビジネスサイトのQuartz、月間の独自訪問者が100万人超す | DON

なお、2時間前のこんな記事もありました・・・

Abenomics is working—but it had better not work too well | Quartz

(アベノミクスでお疲れの阿部首相)

広告

Read Full Post »

big_brother

[全知全能のブルームバーグ:image

週が明けて一斉にブルームバーグのスキャンダルが取り上げられている

なかでも金融情報帝国ブルームバーグの内実に迫った Quartz の記事がとても興味深い。

Quartz: “Bloomberg’s culture is all about omniscience, down to the last keystroke” by Zachary Seward: 12 May 2013

     *     *     *

全てを知る

ブルームバーグでは全てを知ること(omniscience:全知)はバグではなくひとつの機能なのだ。

At Bloomberg, omniscience is a feature not a bug.

     *     *     *

bloomberg_tower

[中庭から見たブルームバーグ本社:photo

「透明性」

ブルームバーグのニューヨークの摩天楼は、その中庭が パノプティコン のように周りを囲まれている。その内部では、曲がり角毎に置かれた水槽に装飾が付けられている。誰にも身を隠す部屋はなく、会議室の壁も透明なガラスだ。

The company’s New York City skyscraper unfurls around its courtyard like a panopticon. Inside, the decor is punctuated at every turn with fish tanks. No one has an office to hide in, and the meeting rooms are enclosed in clear glass.

     *     *     *

2種類の ID

世界中に 192 あるブルームバーグのどのオフィスを訪ねても、訪問者の記録は永久に残される。数年後、地球の反対側から再度訪れても、ネームカードには同じ写真が付けられる。従業員は2種類の ID を持ち、ひとつは入館する際、スタッフの所在地をログインするのに使われる。もうひとつは — 顧客の一部も使うが — バイオメトリクス(生体認証)を意味する B-Unit と呼ばれる。自分のターミナルの接続回線の利用(home access)を許可するのに指紋を読み込むのに使われる。

Visit any of Bloomberg’s 192 offices, and you are forever stored in the system; come back years later, on the other side of the world, and the same photograph will grace your name tag. Employees carry two IDs. The first gets them into the building, logging their locations for anyone on staff to look up. The other—which some Bloomberg customers use, as well—is called a B-Unit, for biometric: It reads their fingerprints to permit home access to their terminals.

     *     *     *

ターミナル(金融情報端末)

そして肝心のターミナル(金融情報端末)だ。このマシンほどブルームバーグの特徴をよく捉えているものはないだろう。今日ではむしろソフトの集まりと呼ぶ方が相応しいかもしれない。このターミナルの年間使用料は2万ドルで、世界中で31万5千の契約者がおり、昨年は79億ドルという巨額の収入をもたらした。ターミナルの最新のセールスデータやその他のデータが、ブルームバーグのオフィスならどのスクリーンでも見られる。

The terminal. Nothing captures Bloomberg better than these machines, though these days, it’s usually more accurate to call them pieces of software. A terminal costs about $20,000 a year and, with 315,000 subscriptions around the world, accounted for the bulk of the company’s $7.9 billion in revenue last year. Up-to-date sales figures and other data about the terminals are displayed on screens throughout Bloomberg’s offices.

     *     *     *

カネになる情報ならすべて

ターミナルが保証すること — 多かれ少なかれ達成されている — は、カネを稼ぐことに関係ありそうなあらゆる情報に直ぐさま、かつ、無制限にアクセスできることだ。クレジット・デフォルト・スワップ [CDS:Credit default swap]からスポーツの賭けのオッズに至るまであらゆることに。ニューヨーク商品取引所[NYMEX:New York Mercantile Exchange] で取引される原油の最大所有者であるアメリカ石油備蓄はどの程度保有しているか? ブルームバーグはオクラホマ州 Cushing の上空の衛星に委託して、週に2回画像を撮影する。ターミナルの顧客なら誰でもこの写真や、屋根に映った影の長さから推計されるタンクの備蓄量にアクセスできる。

The promise of the terminal, which it more-or-less fulfills, is quick and unlimited access to any information that might possibly make you money, from credit default swap spreads to sports betting odds. What’s going on at the largest American oil reserve, which holds the crude sold on the New York Mercantile Exchange? Bloomberg commissions a satellite to fly over the site in Cushing, Oklahoma, twice a week and take a picture. Any terminal customer can access the photographs along with estimates of the amount of oil held in the tanks based on the length of the shadows cast across their roofs.

     *     *     *

bloomberg_terminal

[特徴的なブルームバーグのターミナル:image

すべてのデータをターミナルに

1万5千人以上のブルームバーグの従業員はすべて、2面スクリーンと特徴的なキーボードを備えたターミナルを有しており、そのオフィスはさながらトレーダーの立会場のようだ。そしてターミナルを出来るだけたくさん使うよう勧められる。ブルームバーグの中核を為す機能はこのターミナルを通じて行なわれる。2千4百人のジャーナリストもこのターミナルを使って情報ソースのデータベースを維持する。コンタクト先の情報、子供の名前から爵位まで詳細、その人物と交わした会話のすべてを・・・。

Each of Bloomberg’s more than 15,000 employees has a terminal, its iconic keyboard and twin screens making the offices resemble a trading floor, and is encouraged to use it as much as possible. Many core functions of the company are conducted with the terminal. Bloomberg’s 2,400 journalists use it to maintain a collective database of sources—contact information, details like children’s names and accolades, and a record of every conversation with that person.

     *     *     *

従業員なら誰でも

そして外の世界が初めて知ったように、すべての従業員は(ブルームバーグの記者を含めて)ターミナル顧客のセンシティブな可能性もある情報にごく最近までアクセスすることができた。ログインした最後の日時、使用したコマンド、カスタマーサービスと交わしたチャットなどの情報に。ブルームバーグのスタッフは長年にわたってそんなアクセスができたのだ。

And as the rest of the world just learned, all employees—including, until recently, Bloomberg reporters—have access to potentially sensitive information about terminal users: the last time they logged in, the commands they use, and their chats with customer service. Bloomberg staff have had such access for years.

     *     *     *

「間違いだった」

ブルームバーグの最大の顧客であるゴールドマン・サックスから、ブルームバーグニュースが同社の顧客データを取材に利用しているという苦情の申し出があったため、記者が顧客データを見ることをブルームバーグは禁止した。ブルームバーグの CEO Dan Doctoroff は、金融という過度に秘密主義的な世界で仕事をしている神経質な顧客をなだめるため、記者が情報にアクセスしたことは「間違いだった」と認めた。

The company revoked its journalists’ ability to see the data after complaints from one of the company’s biggest customers, Goldman Sachs, which claimed Bloomberg News was using the information to aid its reporting about the bank. Bloomberg CEO Dan Doctoroff, seeking to mollify jittery customers, most of whom work in the obsessively secretive world of finance, called the access for reporters “a mistake.”

     *     *     *

「透明性」

しかしブルームバーグタワーの内部では、一部従業員と(それに彼らの話では)役員もこの論争に困惑しているという。顧客のターミナル使用データが見れることは公然の秘密だった。ブルームバーグテレビのあるキャスターは、2011 年の放映でそのことについて触れている。当初ブルームバーグが行なった調査では「数百人」の記者がそのアクセスを利用していたという。この情報はブルームバーグが「透明性」と呼ぶ広い意味でのカルチャーの一部であり、同社の成功のカギであると、一部のひとたちは考えたようだ。

Inside the Bloomberg Tower, though, the controversy is being met with bafflement by some employees and, they say, executives. The ability to see data about terminal usage by customers was considered an open secret. A Bloomberg TV anchor mentioned it on the air in 2011, and an initial analysis by the company is said to show that “several hundred” reporters took advantage of the access. The information seemed, to some, of a piece with Bloomberg’s broader culture of what it calls “transparency,” considered a key to the company’s success.

     *     *     *

得意先を知る

その間中記者たちは、取材の過程で得た情報をすべてインプットしてきた。スタッフたちはコンピュータの前に座っているだけでよかった! ジャーナリストにとってバイブルである「The Bloomberg Way」は、「もし自分たちの得意先が、何時、何処で、何を、どのように行なっているかを知らなければ、得意先を知ったことにはならない」という文言で始まる。

Reporters, meanwhile, are bred to make use of any information they can get their hands on, and this stuff was just sitting on their computers! A chapter in The Bloomberg Way, the bible for its journalists, begins, ”If we don’t know the people on our beats, what they do, where they’re doing it, when they’re doing it, and how they do it, we don’t know our beats.”

     *     *     *

ストーカー行為

ブルームバーグ社内ではストーカー行為はカルチャーの一部に過ぎなかった。自分のターミナルの 機能を使えば、従業員なら誰でも、誰が最初にオフィスに入り、誰が最後にオフィスを出たかを知ることができる。それを使って合法的に同僚や、(覗き魔のように)役員の出張をチェックすることもできる。「Winkler は今東京のバッジをはずしたぞ!」というワケだ。一部のスタッフは、同社の設立者で長い間 CEO を務め、今はニューヨーク市長をしている Michael Bloomberg が同じセキュリティシステムを利用しているブルームバーグファミリー財団(Bloomberg Philanthropies)を最後に訪ねたのがいつだったかチェックするのが習慣になっていた。

Within the company, stalking is simply part of the culture. Employees can look up—using the function on their terminals—the last time anyone scanned into or out of a Bloomberg office, which they use to keep legitimate tabs on coworkers and, more voyeuristically, to track their executives on business trips (“Winkler just badged out of Tokyo!”). Some staff make a habit of looking up the last time Michael Bloomberg—the company’s founder, longtime chief executive, and now mayor of New York—visited his family’s foundation, which uses the same security system.

     *     *     *

キーロガーデータ

ブルームバーグの従業員は昔も今も、ターミナルで行なわれたすべての記録 — スタッフによるものであれ外部の顧客によるものであれ — を保存しておくようにいわれている。これはキーロガー(keystroke logging)という名で知られているキー入力を監視する方法だ。このデータは会社内部に秘匿されているが、ターミナルを使う顧客へのサービスから従業員の守秘義務違反に至るあらゆることに使われている。

Many current and former Bloomberg employees say they have been told the company keeps a record of every action taken on a terminal, whether by staff or outside customers, in a practice known as keystroke logging. The data are closely held within the company but can be used for everything from assisting customers with their machines to investigating employees for violations of their confidentiality agreement.

     *     *     *

顧客データも克明に記録

このキーロガーのデータがブルームバーグの取材に使われたという証拠はない。キーロガーは会社がスタッフをモニターするのに一般的に用いられている方法だ。しかしブルームバーグの場合、これほど克明にターミナルの使用状況が記録されていることを顧客は知らないかもしれない。ブルームバーグのスポークスマン Ty Trippet はこの慣習についてコメントすることを避けた。

There’s no evidence the keystroke data have ever been used for Bloomberg reporting. Keystroke logging is commonly used by companies to monitor staff, but Bloomberg customers may not be aware their terminal usage is so finely recorded. Bloomberg spokesman Ty Trippet declined to comment on the practice.

     *     *     *

FRB も財務省も問題視

土曜日に CNBC は、FRB[US Federal Reserve:米連邦準備制度理事会]および財務省が職員のブルームバーグターミナル使用を覗き見されている問題について調査を開始したと報じた。「まだ政府および規制当局からの正式の照会はない」と Trippet は Quartz に語った。ブルームバーグは金曜日に新しく「顧客データコンプライアンス担当役員」を指名して、顧客情報が自社の記者に入手出来ないようにした。

On Saturday, CNBC reported that the US Federal Reserve and Treasury department were looking into Bloomberg terminal usage snooping of their employees. “We have had no formal inquiries from government or regulatory bodies,” Trippet told Quartz. Bloomberg said on Friday it had created a new role of “client data compliance officer” to ensure that customer information was no longer available to its reporters.

     *     *     *

ライバルの羨望の的

ブルームバーグが顧客について保有している広範な情報は、プライバシー侵害の懸念を惹起しているが、一方でそれはブルームバーグのライバルたちにとって羨望の的でもある。多くのテクノロジーやメディア関係のスタートアップ企業にとってブルームバーグはモデルになっている。開かれたオフィス環境、顧客情報の大量収集、全社的に情報を利用可能にするといったことは決してブルームバーグが最初ではない。しかしブルームバーグがこをれ普及させ、それによって大いに成功したことは明らかだ。

The breadth of information the company possesses about its customers may raise privacy concerns, but it’s also the envy of Bloomberg’s competitors and a model for many startups in technology and media. Bloomberg was hardly the first company to use open-plan offices, collect loads of data about its customers, and make that information available across the organization, but it popularized those practices and obviously found great success in them.

     *     *     *

ブルームバーグのコピー

支払決済を扱うスタートアップ Square のサンフランシスコオフィスは、円形の長椅子から各自の机上でデータを表示しているディスプレイに至るまでブルームバーグ本社のミニチュア版といえる。ニューヨークでは Dow Jones が最近ライバルのブルームバーグから CEO として Lex Fenwick を雇ったが、最初の数か月彼は役員室の壁を取り払い、開放されたオフィス環境にすることに専念した。そのほか顧客サービスとデータに注力する新しいイニシアチブを展開し、要すれば10ブロックほど離れたブルームバーグのようなオフィス環境を作り上げたのだ。今日のメディア企業ならどこでも、「顧客情報をもっと集め、全社で利用可能にする」というのが CEO のスローガンだ。さすがにプライドもあり、あるいはいわなくても分かるので、あからさまに「ブルームバーグのように」とまではいわないけれど・・・

The San Francisco office of payments startup Square looks like a miniature version of Bloomberg’s headquarters, from the curved couches to the screens displaying data about the company above everyone’s desk. In New York, when Dow Jones recently hired its new chief excutive, Lex Fenwick, from rival Bloomberg, he spent the first several months tearing out offices on the executive floor to create an open-plan layout, launched a new initiative focused on customer service and data, and generally made the place feel like a copy of the Bloomberg building 10 blocks to the north. A mantra of CEOs throughout the media industry these days is more data about customers, more readily available throughout the company. They don’t add, like Bloomberg, out of pride or perhaps because it’s obvious.

     *     *     *

ブラックボックス

だからといってブルームバーグの記者が顧客のターミナル使用状況を覗き見するのを正当化はできないが、しかしブルームバーグの一部のものが(一部といっても何百人という数だが)、眉ひとつ動かすことなく簡単に覗き見できる理由の説明にはなるだろう。ブルームバーグのオープンさと極端な秘密主義のカルチャーが外部世界と衝突することによって緊張をもたらしている。ブルームバーグでは透明性とはあくまでその建物内部だけの話なのだ。外部世界にとって、株式非公開のこの会社は金魚鉢のように透明ではなくブラックボックスなのだ。

It’s not as though any of this justifies Bloomberg reporters snooping on customer terminal usage, but it should help explain how someone—indeed, hundreds of people—at the company could do it without batting an eye. And it points to a tension between Bloomberg’s culture of openness and its intense secrecy to the outside world. At Bloomberg, transparency only goes as far as the door. To the rest of the world, the privately held company is more black box than fish bowl.

     *     *     *

守秘義務契約

すべての従業員は守秘義務契約を結ぶことがブルームバーグでは求められる。それにはニュース部門の記者も含まれるが、メディア企業としては異例のことだ。また雇用中も退職後も、会社にとって不利な発言はしないことを約束するのが通例だ。ブルームバーグのスタッフは外部の者に会社のことを話すのを本気で怖れている。その恐怖ももっともで、最近あるソーシャルメディア編集者が内輪の会話で会社のことを「まったくメチャクチャだ」と語ったことがバレて、直ちにクビになった。去年あるスタッフがゴシップサイトの Gawker に「ビッグブラザー」的な会社のことを密告したとき、デジタル記録を残さないようにすべてを紙に書いたという。

The confidentiality agreement that every employee must sign—including reporters, which is unusual in the media industry—is just part of it. They also generally must agree not to say anything critical about the company while employed or after leaving. Bloomberg staffers are genuinely terrified of talking about their company to anyone who doesn’t work there, a fear that was recently justified when Bloomberg immediately fired its social media editor after his private conversations, in which he called the company a “total mess,” leaked online. When a Bloomberg staffer wanted to rat on his “Big Brother” employer to gossip blog Gawker last year, he wrote it all down on paper rather than create a digital record.

     *     *     *

情報はカネだ

こういうワケで、外部のものがブルームバーグについて耳にすることは、時たまターミナルのセールスの数字が明かされるほかめったにない。ある意味、ブルームバーグの透明性と秘密主義のパラドックスは同社のビジネスモデルを実によく表わしている。可能な限り大量ののデータが、可能な限り多くの所から会社に入ってくる。しかしそこから出て行くことはない。なぜならブルームバーグにとって情報はカネだからだ。

As a result, the public doesn’t hear much from Bloomberg LP, outside of occasional updates on terminal sales. In a sense, the paradox of Bloomberg’s transparency and secrecy actually describes its business model quite well: Data comes into the company—as much as possible, from wherever possible—but it doesn’t leave because, at Bloomberg, information is money.

     *     *     *

最後が利いている。

ブルームバーグの仕事のやり方もさりながら、このようなシステムがすでに経済の深層部にインストールされ、機能していることに思いを致さざるを得ない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

bloombond4

[ブルームバーグの顧客情報画面:image

ブルームバーグの記者が特定顧客の情報を覗き見して取材に利用していたことが分かって大きな波紋が広がっている

タブロイド紙 New York Post のスクープNY タイムズが取り上げるに至ってスキャンダルの様相を呈してきた。

お馴染みの Marco Arment が感想を述べているが、なにがしかコンピュータに携わるものの気持ちをよく代弁しているように思える。

Marco.org: “Privacy Breach on Bloomberg’s Data Terminals” by Marco Arment: 11 May 2013

     *     *     *

深刻な問題だ

これは非常に深刻な問題だ。倫理的に一線を越えたというだけでなく、ブルームバーグのセキュリティに重大な欠陥があったことを示している。

This is a very serious problem — not only does this cross major ethical lines, but it reveals a severe lack of security at Bloomberg.

     *     *     *

必要もないのになぜ

なぜブルームバーグニュースの記者たちは — まったく異なる部門の一般社員にすぎないのに — これほど自由に金融・ターミナル部門の顧客データにアクセスできたのか? そもそも記者が顧客情報にアクセスしていいのか? ブルームバーグの他の誰が必要もないのにアクセスしていたのか?

Why did Bloomberg News reporters — rank-and-file employees of an entirely different division — have so much access to customer data from the financial-terminal division? Why should reporters have any access to customer information? Who else in the company needlessly has access to it?

     *     *     *

JPMorgan の例も

JPMorgan Chase にも昨年同じような問題があったことを考えると、ずいぶん前からこの種の問題が起きていたに違いない。ブルームバーグほどの大会社が、かかる大きな金融リスクをもたらす可能性がある顧客データを扱っているのに、従業員が顧客データを検索するのを記録も取らなければ、監査も行っていなかったのだろうか?

Since JPMorgan Chase reportedly had a similar issue last summer, this had to be happening for quite a while. Does a company as big as Bloomberg, dealing with such sensitive data with such huge possible financial risks, not log and audit employee queries of customer data?

     *     *     *

セキュリティの怠慢

これは単なるハッキングの結果でもなければ、少数の悪質な従業員によるものでもない。これはセキュリティの深刻な怠慢だ。

This isn’t the result of a hack or a couple of bad employees — this is serious security negligence.

     *     *     *

自分の個人情報は?

かつて自分は 2006 年にブルームバーグに就職しようとしたことがあるが、自分の個人情報にアクセスした記者はどれくらいいたのだろうか・・・

I applied for a job at Bloomberg in 2006.1 I wonder how many reporters there have access to all of my personal information.

     *     *     *

New York Post のスクープをさらに掘り下げた NY タイムズは、ゴールドマン・サックスだけでなく JPMorgan Chase や FRB[Federal Reserve Bank:米連邦準備銀行]まで問題にしていると指摘しているが、そのほか財務省も問題視しているといわれる。

Privacy Breach on Bloomberg’s Data Terminals | NYTimes.com
Fed, Treasury Examining Bloomberg Use of Terminal Data | CNBC

一方、ブルームバーグの情報端末から実際にどのような情報が得られるのか、Quartz が画像まで添えて詳しく解説している。

What Bloomberg employees can see when they snoop on customers | Quartz

どうやら一大スキャンダルの様相を呈しつつあるが、とりあえずは「ブルームバーグはいったいどこまで知っているのか」ということに関心が集中しているようだ。

ウォール街の株価形成に影響を及ぼす情報入手の背景も垣間見えて大変興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:ブルームバーグに顧客情報が筒抜けだったゴールドマン・サックス》

Bloomberg_NYC_HQ

[Bloomberg のニューヨーク本社:photo

Philip Elmer-DeWitt が Bloomberg のアップルに批判的なネガティブ報道に噛みついている。「アップルサプライヤーの CEO にいわせようとしたのは記者の方だ」と。

Fortune Tech: “About that Bloomberg report of ‘falling iPad mini demand’” by Philip Elmer-DeWitt: 09 May 2013

     *     *     *

Pegatron の決算発表

水曜日の Pegatron の決算発表を取材したほとんどのアジアのジャーナリストは、この台湾の家電メーカーの第1四半期の純益が前年同期比 80% 増えたと報道した。

FORTUNE — Most Asian journalists covering Pegatron’s investor conference Wednesday focused on the fact that the Taiwanese electronics manufacturer’s first quarter profits were up more than 80% year over year.

2日続けての米国でのヘッドラインを飾ったのは、Pegatron が一気に 40% も労働者を増員することや、2013 年後半には通信機器からの売上げが増えるだろうとう見通しだった。そしてどの記事も同社がアップルの低価格 iPhone を出すのではないかというウワサを煽る結果となった。

The theme of Thursday’s second-day headlines in the U.S. was that Pegatron is on a hiring spree, boosting its workforce 40% and anticipating that communications products would drive revenue increases in the second half of 2013 — all of which somehow fueled speculation that the company might be building a lower-cost iPhone for Apple (AAPL).

     *     *     *

Bloomberg の批判的な記事

しかし Bloomberg の Tim Culpan は水曜日の決算発表について違う記事を書いた。アップルに批判的なこの記事は広くあちこちで取り上げられた。(こちらこちらこちら、そしてこちらも。)

But Bloomberg’s Tim Culpan came away from Wednesday’s conference with a different story, one with an anti-Apple slant that got widely picked up. (See here, here, here and here.)

     *     *     *

Tim Culpan の書いたこと

Pegatron の第1四半期の家電製品売上げは前年同期比 162% 増えたが、第2四半期には季節変動もあって 25% 〜 30% 減少するだろうという事実に着目して、同記者は iPad mini にその責めを負わせようとした。

Focusing on the fact that after growing 162% year over year in Q1 Pegatron’s revenues from consumer electronics were expected to fall 25% to 30% sequentially in Q2, he set out to pin the blame on the iPad mini.

[見出し]:iPad mini 需要が減少したため Pegatron の売上げが減る

His headline: Falling IPad Mini Demand to Push Pegatron Electronics Sales Down

[書き出し]:「アップル製品のメーカーで台北に本社をおく Pegatron Corp は、iPad mini の需要が減少したため家電製品売上げが過去6期で最大の減少となると予想している。」

His lead: “Pegatron Corp., the Taipei-based maker of Apple Inc. devices, forecast its biggest drop in consumer-electronics revenue in six quarters as iPad Mini demand falls.” (emphasis mine)

[サワリ]:「iPad mini からの収入の減少は『価格は安定しているので、需要の減少によるものだ』と Pegatron の CEO Jason Cheng は語った。」

His killer quote: “A decline in revenue from the iPad Mini ‘is more on demand, while price has been stable,’ Pegatron Chief Executive Officer Jason Cheng said.”

     *     *     *

他の可能性は?

前年同期比 65% も増収した後なので、ひとつないしは複数の iPad に対する需要が減速したということも考え得る。

Now it could well be that after rising 65% year over year last quarter, demand for one or more iPad products might be slowing.

     *     *     *

Tim Culpan に対する2つの疑問

しかし同記事の引用については、直ちに2つの疑問が湧く。

But two things about that quote immediately raised suspicions.

第1に、iPad mini からの収入の減少の部分は引用符に入っていないこと。ということは情報ソースが述べたのでなく、記者が書いたのではないかということだ。

First, the phrase about a decline in iPad mini revenue is not in quotation marks, suggesting that it came from the reporter, not the source.

第2に、アップルのサプライヤーが、アップルのいかなる製品についてであれ需要云々することが果たしてこれまであっただろうか。Tim Cook との仕事を継続したいのなら、そんなことをいったりはしないだろう。

Second, have you ever known an Apple supplier to say anything on the record about demand for any of Apple’s products? Not if he or she wants to keep doing business with Tim Cook.

     *     *     *

Pegatron_Jason_Cheng

[Pegatron の Jason Cheng:photo

直接本人に尋ねた

そこでこの記事の信憑性を確かめるため、同記事で引用された文言について Pegatron の CEO Jason Cheng に対してメールで質問した。彼の回答は次のとおり。

To get to the bottom of the story, I asked Pegatron CEO Jason Cheng by e-mail about that quote. Here’s what he said:

     *     *     *

特定の製品や顧客についてはいかなる発言もしていない

「われわれは昨日機関投資家向けのカンファレンスを開催し、2013 年第2四半期の業績見通しを発表しました・・・。家電製品のカテゴリーに含まれるのは、ゲームコンソール、液晶テレビ、電子リーダー、タブレット製品などです。タブレット製品はすべてこのカテゴリーに入れていますが、特定の製品や顧客について細かい数字を出したことはこれまで一度もありません。」

“We held our Institutional Investors Conference yesterday, and gave out a guidance of our 2Q13 business outlook… The category of Consumer Electronic Product includes game consoles, LCD-TV, e-paper readers, tablet products, and some others. We put all tablet products in this category, but have never broken down to detail numbers for specific products nor customers.

「会議終了後、Bloomberg のレポーター(単数)が私のところへ来て、いくつかの特定製品の数字を聞き出そうとしました。特定の製品や顧客についてのコメントはしないとハッキリ拒否しましたが、それでもなお彼は他の問題についても質問を続けました。私の発言として彼が記事で引用した『価格は安定しているので、需要の減少によるもの』とか、『ほぼすべての項目がマイナスの方向へ推移している・・・』、『タブレットに限らず、電子書籍やゲームコンソールについても』という文言は確かに私の発言です。しかし特定の製品に関してはいかなる発言もしていません。」

“After the meeting, one reporter from Bloomberg approached me, trying to dig out detail numbers about some specific product. I clearly refused to comment on specific products, nor customers, even though he continued with other questions. I did say those words that he quotes me in the article “more on demand, while price has been stable”…, “almost every item is moving in a negative direction”…; “Not just tablets, also e-books and games consoles”. But I did not say anything associated with any specific products.

「『特定の製品あるいは顧客について言ったり、ほのめかしたりすることはしない』というのが、投資家向けカンファレンスなど公式行事での当社の原則であり方針です。会議後いろいろな推測が行なわれるのはいつものことです。」

“‘No indication, nor hint for specific products or customers‘ has been our principle and guideline for any public events such as investors conference. There are always speculations after these meetings.

「(我が社の立場を)明確にするようメールを下さったことを感謝します。」

“Thank you for the mail to clarify.”

     *     *     *

Bloomberg は・・・

Bloomberg の Tim Culpan 記者および編集者に対してもコメントを求めたが、未だ解答はない。

I’ve asked Bloomberg’s Tim Culpan and his editor for their comment. No reply yet.

     *     *     *

アップルに対するネガティブ報道がこれほど続くとさすがに読者の目も厳しくなる。

先に決めた結論(agenda)があって、それに合う断片的な発言と結びつけてネガティブ報道にすることは、これまでもなかったワケではない。

しかし金融機関やアナリスト御用達の Bloomberg が名指しで批判されるのは異例だ。

さすがに同記事の日本語訳は今のところ出されていないようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ブルームバーグに顧客情報が筒抜けだったゴールドマン・サックス(5月11日)

trader-from-above

[金融マンに欠かせぬブルームバーグの金融情報端末:photo

Rupert Murdoch 率いるタブロイド紙 New York Post の特ダネ

m.NYPOST.com: “Goldman outs Bloomberg snoops” by Mark DeCambre: 09 May 2013

     *     *     *

お偉方の対決

腹を立てたゴールドマン・サックスのお偉方が最近ブルームバーグと対決した。ブルームバーグニュースサービスの記者が、至る所で見られる同社のターミナルを使って、ウォール街の銀行の特定の社員を監視しているのではないかと懸念したためだ、という情報を New York Post は入手した。

Irked Goldman Sachs brass recently confronted Bloomberg LP over concerns reporters at the business news service have been using the company’s ubiquitous terminals to keep tabs on some employees of the Wall Street bank, The Post has learned.

     *     *     *

ターミナルからあれこれ詮索できる

複数の情報提供者によれば、ブルームバーグニュースサービスの少なくともひとりの記者が顧客の使用情報をあれこれ集めていることがゴールドマンの役員に明らかになったことから、ブルームバーグのターミナルにはユーザーのことをあれこれ詮索できる能力があることが明るみに出たという。

The ability to snoop on Bloomberg terminal users came to light recently when Goldman officials learned that at least one reporter at the news service had access to a wide array of information about customer usage, sources said.

     *     *     *

最近アクセスがないけど

ある場合には、ブルームバーグの記者はゴールドマンの役員に対し同銀行の共同経営者のひとりが最近辞めたかどうかを尋ねたという。ブルームバーグのターミナルへ最近ほとんどログインしなくなったからだと、情報提供者はつけ加えている。

In one instance, a Bloomberg reporter asked a Goldman executive if a partner at the bank had recently left the firm — noting casually that he hadn’t logged into his Bloomberg terminal in some time, sources added.

     *     *     *

何でも分かる

複数のインサイダーによれば、ブルームバーグの専用ターミナルに誰がログインしたかということだけではなく、ブルームバーグ専用の機能を何度利用したかということまでブルームバーグの社員に分かるのだと後になってゴールドマンは知ったという。

Goldman later learned that Bloomberg staffers could determine not only which of its employees had logged into Bloomberg’s proprietary terminals but how many times they had used particular functions, insiders said.

あるゴールドマンのインサイダーによれば、「誰がどのニュースを何度見たか、メッセージ機能を使ったかどうかということが基本的には全部分かるということだ。」

“You can basically see how many times someone has looked up news stories or if they used their messaging functions,” said one Goldman insider.

「『ブルームバークは他にもどんな情報が分かるのだろうか』と考えてしまう」とインサイダーはいう。

“It made us think, ‘Well, what else does [Bloomberg] have access to?,’ ” the insider said.

     *     *     *

辞めた記者は誰もいない

ブルームバーグが問題解決のため所要の措置を講じたことをゴールドマンのスポークスマンは確認した。

A Goldman spokesman confirmed that Bloomberg was taking steps to address the issue.

しかしこの情報収集活動で職を失った記者はいない。

No reporters have lost their jobs as a result of the snooping issues.

     *     *     *

ブルームバーグの金融情報端末は四六時中金融情報が見れるターミナルとして金融マンには欠かせない存在だ。

1台約2万ドルという高額の年間使用料にも関わらず、ウォール街ではどこでも目にするお馴染みのターミナルだ。

スポンサーの圧力に屈しないよう報道部門と顧客(広告)部門を切り離すのは報道機関の鉄則だが、どうやらブルームバーグでは記者がセールスにも貢献した90年代の慣行が残っていたものらしい。

金融情報端末に加えてニュースサービスも開始したブルームバーグは巨万の富を築き、設立者 Michael Bloomberg は現ニューヨーク市長となった。

財務長官や連銀総裁を輩出するゴールドマン・サックスの情報がニューヨーク市長を出したブルームバークに筒抜けだったわけで、当事者ならずとも気になるところだ。

特定の意図(agenda)を持った情報を流すことでウォール街の動きを左右することも不可能ではないのかもしれないなどと思ったりする。

かつて自分のグーグル検索履歴を見たとき、自分が訪れたサイトやダウンロードした画像など秒単位で数年分残っているのにことばを失ったことがある。インターネットでは個人はまる裸だと痛感したものだ。

株価の行方や金融政策を左右する個人の行動が筒抜けとあらば、その影響するところは計り知れない。

改めてドキッとする関係者も多いのではないだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Is Steve Jobs dead?

夜中に目覚めたら、Twitter の異変に気がついた。

CBS が Steve Jobs 死亡の誤報を出したというツィートで溢れかえっている。

Mail Online: “‘Steve Jobs has passed away’: CBS network makes embarrassing error reporting Apple CEO’s death“: 10 September 2011

     *     *     *

今日 CBS News は Steve Jobs が死亡したという誤報を Twitter.com に載せた。

CBS News accidentally reported that Apple CEO Steve Jobs had died in a careless post on Twitter.com today.

Shira Lazar がホストする CBS 番組「What’s Trending」のアカウントが出所だ。「Steve Jobs が死亡したという知らせが入った。詳しくはアップデートを待って・・・」というツィートでインターネットは騒然となった。

An account tied to the U.S. network’s web series What’s Trending, hosted by Shira Lazar, sparked an internet firestorm with a post reading: ‘Reports say that Steve Jobs has passed away. Stay tuned for more updates’.

このツィートはすぐ削除されたが、多くのひとがリツィートしたので、今でも原文が読める。

The item was pulled almost immediately but the text can still be viewed on the website, because so many people retweeted it.


What’s Trending の謝罪文

ヘマした直後、謝罪文が現れた。

Moments after the gaffe, an apology appeared.

「Steve Jobs の死亡情報はまったく根拠のないものだ」と。

‘Reports of Steve Job’s (sic) death completely unconfirmed,’ it read.

このナゾに満ちたツィートは Jobs の健康状態に関する懸念に油を注いだ。アップル CEO は8月24日に彼がガレージで 1976 年に設立した会社から退任したばかりだった。

The cryptic post has fuelled speculation as to the state of Jobs’ health; the Apple CEO stepped down from the company he founded in his garage in 1976 on August 24,.

     *     *     *

ツィートはひっきりなしに交わされているものの、何が起きたのかという具体的情報はまったく分からない。

以前 Bloomberg が Steve Jobs の死亡記事を流したことがあった。

このときは予定原稿が誤って流れたものだった。(有名人については日頃予定原稿を準備しておくのがメディアの常。)

今回の原因となった知らせ(reports)がどのようなものだったのか、結局は分からずじまいでベッドに戻った。

とりあえず誤報でほっとしたが、改めて Jobs の健康回復を祈った・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPhone 5 ?:image

Update:iPad 3 はどうなる?》

今年の WWDC ではお預けとなった iPhone 5 だが、発表は9月になると Bloomberg がいっている。

Bloomberg: “Apple Preparing Faster IPhone for September” by By Tim Culpan, Peter Burrows and Adam Satariano: 22 June 2011

     *     *     *

iPhone 5 は9月に登場

事情に詳しい2人のソースによれば、アップルはより強力なチップと高性能カメラを搭載した新 iPhone を9月に出す計画だという。

Apple Inc. (AAPL) plans to introduce a new iPhone in September that boasts a stronger chip for processing data and a more advanced camera, according to two people familiar with the plans.

     *     *     *

A5 プロセッサ、8メガピクセルカメラ

匿名希望の2人のソースによれば、新しい iPhone は、強力な A5 プロセッサ(iPad 2 が使っているものと同じ)および8メガピクセルカメラ(iPhone 4 は5メガピクセル)を搭載することになるという。またソースのひとりは、iPhone 4 と同じ高解像度のスクリーンを使用した iPad の新モデルをアップルがテスト中だという。

The device will include the A5 processor, the more powerful chip that Apple added to the iPad 2 earlier this year, along with an 8-megapixel camera, up from the 5-megapixel model in the iPhone 4, said the people, who asked not to be identified because the details aren’t public. Apple is also testing a new version of the iPad that has a higher resolution screen, similar to the one now used in the iPhone 4, one of the people said.

     *     *     *

収入の半分を稼ぐ iPhone

アップルのベストセラーである iPhone は、前四半期の収入のほぼ半分にも達する。高速のチップを搭載することでデータのダウンロードの速度も速くなり、グーグル Android を搭載したサムスンなど他社の端末機への対抗にもなる。

The iPhone is Apple’s top seller, accounting for half of revenue last quarter. A faster chip will enable speedier data downloads and help the device vie with handsets being introduced by rivals such as Samsung Electronics Co. that are powered by Google Inc. (GOOG)’s Android software. […]

     *     *     *

コード名 Telluride

新しい iPhone は今月 WWDC で発表された iOS 5 を搭載することになる。ソースのひとりによれば、「Telluride」というコード名で呼ばれるこの OS は、すでに発表済みのメッセージやフォトシェアリングの進化機能を備え、すべてのモバイルデバイスで動くという。iPad、iPhone、iPod touch は昨年末まではそれぞれ異なるバージョンの iOS を使っていた。

The new phone will run the iOS 5 operating system Apple previewed at a developer’s conference this month. Codenamed “Telluride,” it will feature already-announced features such as improved messaging and photo-sharing, one person said. It’s also designed to run on all of Apple’s mobile devices, this person said. Until late last year, iPads, iPhones and iPod touches used slightly different versions of iOS.

     *     *     *

iOS 5 発売までずらした

アップルは次世代 iPhone 5 の発表を iOS 5 発売と同じ時期まで延期したのだと、このソースはいう。

Apple pushed back the release of the next iPhone — its fifth — to coincide with the release of the new iOS 5, the people said.

     *     *     *

廉価版 iPhone も

アップルはまた開発途上国向けに廉価版の iPhone を開発中であり、現在の iPhone 4 と同じようなチップとディスプレイを使ったものだ、とこのソースはいう。アップルが小型の廉価版を開発中であることは2月に話題になっている。

Apple is also working to finish a cheaper version of the iPhone aimed at attracting customers in developing countries, the people said. This device would use chips and displays of similar quality to today’s iPhone 4, the people said. Apple’s work on a smaller, lower-priced version of the device was discussed by people familiar with the matter in February.

     *     *     *

解像度が増す新 iPad

新しい iPad は、いまの iPad 2 より3割増のスクリーンの解像度を持ち、タッチスクリーンの反応もよくなると、ソースのひとりはいう。

The screen resolution on Apple’s new iPad would be about one-third higher than that of the iPad 2 and will boast a more responsive touchscreen, one of the people said.

     *     *     *

フォームファクタは現行モデルと同じ

新 iPhone の形状は iPhone 4 に非常によく似ているそうだ。

The new iPhone will closely resemble the iPhone 4, the people said.

     *     *     *

まったく新しいデザインになるというウワサ(ここここ)とは違って、現行モデルとあまり代わり映えのしないデザインのようだ。

Bloomberg が9月といっているところがミソか・・・

iPhone 5 についてはこれまでも様々な画像や情報がリークされているが、Know Your Mobile がこれまでのリーク画像を集めていておもしろい。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》iPad 3 はどうなる?(6月23日)


[iPad 3 – Retina Display:image

大手の Bloomberg まで iPhone 5 のウワサを載せるようになった。

記事のライターの中に Peter Burrows の名前があることに注目した。Burrows が書いていた BusinessWeek[後に Bloomberg に吸収された]は、いつもウラ取りをした記事を載せていた。iPhone 5 もいよいよウワサの域を出たかと感じたわけ。

この記事については John Gruber も反応を示している。iPad に関する部分についてだが、次のように述べている。

Daring Fireball: “Bloomberg Apple Rumor Dump” by John Gruber: 22 June 2011

ハイレゾの部分は納得だが、3割増の部分は頂けない

Higher-res makes sense to me. “One-third higher” makes no sense to me.

Gruber がリンクしているのは彼が2月に書いた iPad 3 の予測記事だ。入院中のベッドで読んで強い印象を受けた記憶がある。9月という話を聞くたびにこの記事を思い出す。

長文の記事だが Gruber の基本的考え方に触れているので、この機会にサワリのところだけでも紹介しておきたい。

Daring Fireball: “The Next Six Months” by John Gruber: 09 February 2011

     *     *     *

パーソナル・コンピューティングの未来は今後の6か月で決まると Gruber はいう。「ポスト PC の時代」はすでに始まっている、iPad がその道をひたはしっているからだ。アップルに続くのは、グーグル、RIM、モトローラ、デル、サムスン、HP などだ。(マイクロソフトはない。)これから6か月後には、4つのタブレットのプラットフォームが競い合うことになる。iOS、 Android、WebOS、Playbook の4つというわけだ。

そこにアップルの新製品投入サイクル(クリスマス商戦を控えた9月に新 iPod ラインナップ、6月の WWDC で新 iPhone 発表するのがこれまでの常)を重ねるとどうなるか。

2011 年に出荷される iPad に関する Gruber の推測はつぎのように大胆なものだった。iPad 2 発表の1か月前ということを考えてもそのインパクトは大きい。

     *     *     *

2011 年の iPad 投入サイクル

2011 年の iPad 出荷計画に関する私の推測はつぎのとおり。

So, here’s my guess at Apple’s iPad plans for 2011:

iPad 2:もうすぐ。3月発表、4月第1週出荷か。より速く(RAM も、多分ストレージも増える)、より薄く、より軽く。カメラは前面に1台。iOS 4.3 搭載。

▪An iPad 2, fairly soon. Say, a March announcement, shipping in the first week of April. Faster, more RAM, maybe more storage, thinner and lighter, a front-facing camera.1 Running iOS 4.3.

iOS 5:3月のデベロッパ向けイベントで発表、出荷は6月。

iOS 5, announced at a developer event in March, shipping in June.

iPad 3:9月出荷、iPod イベントで発表。次世代 iPod Touch と同じく iOS 5.1 を搭載。

iPad 3, shipping in September, announced at the annual iPod event. Running iOS 5.1, same as the next-generation iPod Touch.

     *     *     *

ハイエンドモデル?

第2世代の iPad を投入して半年しか経たないのにどうしてアップルは第3世代の iPad を投入したりできるだろうか。それは次世代モデルというよりは iPad 2.5 ないしは iPad 2 Pro みたいなものかもしれない。iPad 2 モデル(現時点ではまだ発表されてはいないけれども)の次世代代替機(replacement)ではなく、むしろ iPad ファミリーのハイエンドモデルともいうべきものかもしれない。

How could Apple release a third-generation iPad just six months or so after the second one? Maybe it won’t be an actual next generation model. Maybe it’s more like an iPad 2.5, or iPad 2 Pro — a new higher-end model that sits atop the iPad product family, not a replacement for the iPad 2 models (which, of course, haven’t even been released yet).

     *     *     *

2倍の解像度?

それとも iPad 2 HD か? 次世代 iPad のディスプレイについて錯綜し、相矛盾したウワサがあるのもそのせいではないか。自分としては iPad 2 が現行モデルと同じサイズで同じ解像度のディスプレイになることは絶対間違いないと思っている。しかしその倍の解像度 2048 × 1536 の iPad が 2011年中に出るかどうかとなると自信はない。これは技術的に見て意欲的な出荷スケジュールだろうか? もちろんだ。しかしアップルは将来の部品(詳細不明)について40億ドルの投資をしている。Tim Cook が先期の決算報告で明らかにした。[iPad が Retina ディスプレイを搭載するのは意外と早いのではないか・・・]

Or: an iPad 2 HD. What if that’s the source of the conflicting reports of a retina display next-gen iPad? I am nearly dead certain the iPad 2 is going to have the same display resolution and size as the current iPad. I am not so sure at all, though, that there won’t be a double-resolution 2048 × 1536 iPad in 2011. Is that a technically aggressive release schedule? Absolutely. But Apple has invested $4 billion on some sort of unspecified components for future products. Tim Cook, during last month’s quarterly analyst call: […]

     *     *     *

マーケットポテンシャル

こういうと大言壮語に聞こえてしまうかもしれないが、マーケットにおける iPad と iPhone の潜在的可能性(market potential)は、これまでアップルが発表したいかなる製品よりも大きいと思う。二つともパーソナル・コンピューティングにおける次世代のマイクロソフトとインテルになるチャンスがある。ソフトウェアプラットフォームのベンダーとしても、ハードウェアメーカーとしても、大きく利益をあげる可能性がある。私の推論は非現実的で、現実より希望的観測に傾いているかもしれない。しかしアップルが同じ可能性を見て、大きく賭けていることは間違いない。アップルは可能な限り iPad のハードウェアスペックを高めるべくガソリンの最後の一滴まで使い切る覚悟だろう。

I don’t know how to say this without sounding hyperbolic, but the iPad and iPhone have more market potential than any products Apple has ever released. They have the chance to be both the Microsoft and the Intel of the next generation of personal computing — profiting, wildly, both as the software platform vendor and hardware seller. Maybe my guesswork here is unrealistic, and driven more by what I’d like to see than what I should actually expect. But I’m certain that Apple sees the potential and the high stakes. They’re not going to leave any gas in the tank pushing the iPad hardware specs forward as fast as they can.

     *     *     *

まだ iPad 2 すら発表されていないときだったが、この記事がきっかけで一気に iPad 3 のウワサが吹き出した。(こちらこちら

Retina Display についての彼の考え方も注目されるが、こちらは次の記事ををお読みください。

Daring Fireball: “Cold Water on the iPad 2 Retina Display Hype” by John Gruber: 18 January 2011

     *     *     *

その後大地震・大津波・原発事故が日本を襲った。

世界のサプライチェーンとして、日本でしか製造できない Retina ディスプレイなどの部品供給がどうなるか大きな注目を浴びた。

Gruber の思い描いたアップルの製品発表サイクルとてその影響を受けずにはおれない。

iPhone 5 の9月発表を Bloomberg まで口にするようになったところをみると、大震災前に Gruber が思い描いた方向へ動き出しているのかもしれない。

Read Full Post »

Bloomberg Television Game Changers: Steve Jobs – YouTube]

Bloomberg テレビが Steve Jobs の特集番組を流している。

ぜひとも 48 分のビデオをこちらでお楽しみください・・・

Bloomberg: “Bloomberg Game Changers: Steve Jobs“: 15 October 2010

     *     *     *

「Game Changers」は、友人や元同僚、仕事仲間とのインタビューを通じて、これまで隠されていたプライベートな Steve Jobs 像の様々な側面を明らかにしていく。リーダーシップやマネジメント、創造過程における Jobs 流スタイルについて・・・

登場するのは Steve Wozniak[アップル共同創業者]、John Scully[元アップル CEO]、Michael Moritz[ベンチャーキャピタリスと]、Jeffrey Katzenberg[Dreamworks CEO]、Guy Kawasaki[元マック伝道者]、Robert X.Cringely[元アップル従業員で技術ジャーナリスト]など。

木曜日9時からの Bloomberg テレビ「Bloomberg Game Changers」をご覧ください。

Oct. 14 (Bloomberg) — Through interviews with friends, former colleagues and business associates, GAME CHANGERS reveals the many layers of the intensely private Steve Jobs – his style of leadership, management and creative process. Interviews include Apple co-founder Steve Wozniak, former Apple CEO John Scully, journalist turned Venture Capitalist Michael Moritz, Dreamworks CEO Jeffrey Katzenberg, former Apple “Mac Evangelist” and Silicon Valley Entrepreneur, Guy Kawasaki and Robert X.Cringely, technology journalist and former Apple employee. Watch BLOOMBERG GAME CHANGERS on Bloomberg TV on Thursdays at 9 p.m. ET. (Source: Bloomberg)

     *     *     *

Steve Jobs 好きに贈る 48 分、オタカラ映像満載だ・・・

[注]game changer:ゲームチェンジャー、試合の流れを変える選手、従来のやり方を一変させるもの(ひと)

★ →[ビデオを見る:Bloomberg TV

Read Full Post »

Older Posts »