Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Biography’


[スタンフォード Memorial Church:photo

Mona Simpson の追悼の辞のつづき

最後の部分、Steve Jobs の死について。

NYTimes.com: “A Sister’s Eulogy for Steve Jobs” by Mona Simpson: 30 October 2011

     *     *     *

予期せぬ死

誰でも結局は途中で死ぬのです。物語の途中で。たくさんの物語がそうです。

We all — in the end — die in medias res. In the middle of a story. Of many stories.

ガンを患って何年も生き延びたひとの死をそういうのは必ずしも正確ではないかもしれません。しかし Steve の死は私たちにとって予期せぬものでした。

I suppose it’s not quite accurate to call the death of someone who lived with cancer for years unexpected, but Steve’s death was unexpected for us.

兄の死から学んだこと、それは物語にとって登場人物は欠かせない、どういう死に方をしたかでその人となりが分かるということです。

What I learned from my brother’s death was that character is essential: What he was, was how he died.

     *     *     *

「キミは間に合わないと思う」

火曜日の朝、彼はパロアルトまで急いで来て欲しいと電話をかけてきました。愛おしむような愛情に満ちた声でしたが、どこかもう車に荷物を積んで、旅の一歩を踏み出してしまったという感じがありました。みんなを残していくことになって済まない、ほんとに済まないと・・・

Tuesday morning, he called me to ask me to hurry up to Palo Alto. His tone was affectionate, dear, loving, but like someone whose luggage was already strapped onto the vehicle, who was already on the beginning of his journey, even as he was sorry, truly deeply sorry, to be leaving us.

別れのことばを言い始めたので、私は遮っていいました。「待って、行くから。今空港へ行くタクシーの中よ。きっと行くから」と。

He started his farewell and I stopped him. I said, “Wait. I’m coming. I’m in a taxi to the airport. I’ll be there.”

「ハニー、電話しているのは、キミが間に合わないと思うからだよ・・・」

“I’m telling you now because I’m afraid you won’t make it on time, honey.”

     *     *     *

着いてみると

着いてみると、彼は Laurene は冗談を交わしているところでした。一生毎日一緒に過ごしてきた相棒同士のように。彼は視線をそらすことができないというように、子供たちの目を覗き込んでいました。

When I arrived, he and his Laurene were joking together like partners who’d lived and worked together every day of their lives. He looked into his children’s eyes as if he couldn’t unlock his gaze.

午後2時頃までは、Laurene に起こしてもらって、アップルの友人たちと話をさせることができました。

Until about 2 in the afternoon, his wife could rouse him, to talk to his friends from Apple.

しばらくすると、もう声をかけても目を開けてくれないことがはっきりしました。

Then, after awhile, it was clear that he would no longer wake to us.

     *     *     *

息づかいが変わった

息づかいが変わりました。辛そうで、じっくりと、意図しているかのように。また彼が歩みを数え始めたのだと気付きました。前より一歩でも遠くへと。

His breathing changed. It became severe, deliberate, purposeful. I could feel him counting his steps again, pushing farther than before.

私が悟ったこと、それは彼が死に対してすら努力をしたということです。死が Steve に訪れたのではありません。彼が死を成し遂げたのです。

This is what I learned: he was working at this, too. Death didn’t happen to Steve, he achieved it.

一緒に年とることができなくて済まない、ほんとに済まないと彼がいったとき、彼はもっといい場所への旅立ちを告げていたのです。

He told me, when he was saying goodbye and telling me he was sorry, so sorry we wouldn’t be able to be old together as we’d always planned, that he was going to a better place.

Fischer 医師は真夜中までもつ可能性は五分五分だといいました。

Dr. Fischer gave him a 50/50 chance of making it through the night.

彼は一晩持ちこたえました。Laurene はずっとベッドに付き添い、呼吸の合間が長引くとびくっと飛び起きました。彼女と私は視線を交わします。するとまた深く息を吸い込み、呼吸が始まるのです。

He made it through the night, Laurene next to him on the bed sometimes jerked up when there was a longer pause between his breaths. She and I looked at each other, then he would heave a deep breath and begin again.

     *     *     *

やり遂げなければ

やり遂げなければ。この期に及んでもなお彼は毅然として、端正で、絶対君主のような、夢想家のような横顔をしていました。彼の息遣いから、急峻な山道を登る苦しい旅をしていることが分かりました。

This had to be done. Even now, he had a stern, still handsome profile, the profile of an absolutist, a romantic. His breath indicated an arduous journey, some steep path, altitude.

山を登っているようでした。

He seemed to be climbing.

その意思、仕事の使命感、その力強さ、そしてそこには Steve の不思議を求める心がありました。細部にこだわり、より美しいものを後世に残そうとする芸術家の信念が・・・

But with that will, that work ethic, that strength, there was also sweet Steve’s capacity for wonderment, the artist’s belief in the ideal, the still more beautiful later.

     *     *     *

最後のことば

Steve が数時間前に発した単音節の三度の繰り返し、それが彼の最後のことばとなりました。

Steve’s final words, hours earlier, were monosyllables, repeated three times.

旅立つ前に、彼は妹の Patty を見やり、それから長い間子供たちに、そして生涯の伴侶 Laurene に視線を移し、それから彼らの肩越しに遠くを見ました。

Before embarking, he’d looked at his sister Patty, then for a long time at his children, then at his life’s partner, Laurene, and then over their shoulders past them.

Steve の最後のことば。

Steve’s final words were:

オウ、ワオ。オウ、ワオ。オウ、ワオ。

OH WOW. OH WOW. OH WOW.

— 完 —

     *     *     *

裸の人間 Steve Jobs に直接向き合っているようで、襟元を正した。

そこには巷間エクセントリックと評された人間ではなく、抗いようのない運命と最後まで戦うひとりの人間の姿がある。

Mona Simpson の手記と同時に、伝記『スティーブ・ジョブズ』の最終2章を読んだ。「三度目の病気療養休養(2011年)」以降の部分は、余命幾ばくもないことがあきらかになったあと加筆されたのではないかと思う。

一筋縄ではいかない稀有の天才 Steve Jobs を理解するためには、Walter Isaacson の伝記本の他に、Mona Simpson の手記のような、Jobs の人格に寄り添い、心の内面に踏み込んで書かれたものが必要だと思う。

いつの日かきっと、作家 Mona Simpson の手になるジョブズの本が出るのではないかという気がした・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《関連》

血を分けた兄の死(4)— 死
血を分けた兄の死(3)— 病い
血を分けた兄の死(2)— 彼の人生
血を分けた兄の死(1)

《参考:日本語訳》

Mona Simpson の手記には多くにひとが触発されて日本語訳を試みている。

いずれも練達の士によるすばらしい日本語なので、併せてご覧ください。

スティーブ・ジョブズの妹モナ・シンプソンの追悼演説:A Sister’s Eulogy for Steve Jobs | Long Tail World
妹からスティーブ・ジョブスへの弔辞 | はてな匿名ダイアリー

広告

Read Full Post »


[Robert Friedland:photo

カリスマといえば Jobs の同義語といってもいいほどだ。しかし彼は同時代の別のカリスマから学んだと John Brownlee[Cult of Mac]が書いている。

Cult of Mac: “This LSD Love Guru Gave Steve Jobs His ‘Reality Distortion Field’” by John Brownlee: 24 October 2011

     *     *     *

「現実歪曲空間」の源

Steve Jobs はその生涯で多くの指導者[mentor:メンター、精神的指導者、導師]についた。そのうちのひとりは特に注目される。それは Robert Friedland だ。カリスマ的で、フリーラブや LSD をやるいかれたヤツで、アップル果樹園にフリーラブのコミューンを持っていた。後に Steve はそのアップルを会社の名前にしたのだという。「現実歪曲空間」(Reality Distortion Field)について学んだのもそこだったという。

Steve Jobs was a man who adopted many mentors in his life, but one of his mentors deserves more than a passing look: Robert Friedland, a charismatic, free love wacko who dealt LSD and had his own free love commune on the same apple orchard that inspired Steve for the name of his company. It was also where Steve allegedly got his “reality distortion field” from.

     *     *     *

Steve Jobs が Robert Friedland に会ったのは Reed College のときだった。LSD 所有で有罪となり刑期を務めた Friedland は、Reed College に戻り、選挙に勝って学生自治会長になった。Jobs が Friedland に会った下りはショッキングなので省くが、それが知り合った初めだった。

     *     *     *

Friedland のコミューン

Friedland は風変わりな百万長者の叔父から継いだリンゴ果樹園に「All One Farm」というコミューンを作った。みんなはそこで LSD をやり、東洋のスピリチュアリズムについて語った。食事を作ったのは Hare Krishnas だった。

Friedland then formed a commune out on All One Farm, an apple orchard that was granted to him by an eccentric millionaire uncle. People did acid and talked a lot about Eastern spiritualism there, and the Hare Krishnas would cook them meals.

     *     *     *

アップルという名前

結局 Steve はコミューンでの生活は自分に合わないと考えた。台所で眠り、夜の間に食事を奪い合うのを見たからだ。しかしコミューンを去るときには、Steve は自分の会社をアップルという名前にするつもりになっていた。

Steve eventually decided communal living was not for him after sleeping in the kitchen and watching people steal each other’s food in the night. Upon leaving the commune, though, Steve Jobs had the inspiration to name his company Apple.

Jobs は結局は Friedland と仲たがいする。カルトのリーダーとしての振る舞いがイヤになったからだ。

Jobs eventually fell out with Friedland, disliking the cult leader’s demeanor.

     *     *     *

真実とは主観的なもの

それはさておき、アップル初期のエンジニア Daniel Kottke は、Jobs の性格の一部は Friedland の影響を受けているという。真実とは主観的なものだと考える「現実歪曲空間」(Reality Distortion Field)がそうだ。

That said, early Apple engineer Daniel Kottke said that some of Jobs’ personality traits were inspired by Friedland, including the reality-distortion field, where truths are much more subjective.

Friendland も「カリスマ的だった。いささか詐欺師的で、自分の強い意志に合わせて事態をねじ曲げることができた。機智に富み、自信があり、独裁者的なところがあった。Steve はそれに感じ入った。Robert と過ごしたことで彼もそうなった。」Kottke は Friendland が Steve に多くのことを教えたのだと考えている。オープンで、責任を引き受けるカリスマの役を演じることこそ、人々に影響を及ぼし、思うがままに操る方法であると・・・

Friendland was also “charismatic, a bit of a con man and could bend situations to his very strong will. He was mercurial, sure of himself, a little dictatorial. Steve admired that, and he became more like that after spending time with Robert.” Kottke thinks Friendland taught Steve a lot about how being the open, take-charge charismatic type is the way to influence people and get them to do what you want.

     *     *     *

なんとも妙な気分

後になって Friedland は鉱山業の大物で億万長者となった。環境問題に遭遇したとき彼は Jobs に電話して、当時のクリントン大統領に話をしてもらえないかと頼んだ

Later in life, Friedland became a billionaire mining magnate. Once, he was in trouble for environmental issues and called up Jobs to see if he could hold some sway with then president Bill Clinton.

Jobs は断った。Friedland との関係について彼はこう語った。「若いとき影響を受けた精神的指導者が、象徴的に、しかも現実にも、金採掘業者だったというのはなんとも妙な気分だ。」

Jobs refused. He said about his relationship with Friedland: “It was a strange thing to have one of the spiritual people in your young life turn out to be, symbolically and in reality, a gold miner.”

     *     *     *

Reed College をドロップアウトしてからインドへの放浪の旅に出た時代のことはあまり知られていない。

有名なスタンフォード大でのスピーチでも、Hare Krishnas 寺院で食事にありついたことが少し触れられただけだ。

Friedland の話も、コミューンの話も初めて聞いた。

Isaacson の CBS “60 Minutes” インタビューでは、Jobs 自身がその時代のことを次のように語っている。

     *     *     *

スピリチュアルな時代

Steve Jobs:我々が育った時代は不思議な時代だった。自分自身にとってもスピリチュアルな時代だった。確かに LSD をやることは自分の人生で重要なことのひとつだった。決して一番重要なことではなかったけれど。しかしそこまでだ[?]。

[Steve Jobs, audio: The time we grew up in was a magical time. And it was also a very, you know, spiritual time in my life. Definitely taking LSD was one of the most important things in my life and not the most important. But right up there.]

     *     *     *

Isaacson の公認伝記本ではそのあたりはどう書かれているのだろうか。[追記参照]

公認伝記でも、なお語り尽くせないことは多いということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:公認伝記本ネタ(10月27日)

ショック! この話はぜんぶ公認伝記本ネタだった。

Isaacson の本の方がもっと詳しい。

読者の Chris が元記事でそうコメントしているのに気づかなかった。

このライターと、この記事を載せたサイトのことは記憶に止めておこう。

Read Full Post »


[Walter Isaacson のインタビュー:photo

米国では明日[米国時間10月24日]、Steve Jobs の公認伝記本が発売される。

最近 Jobs に関する記事のほとんどはこの本がネタ元だ。

作者 Walter Isaacson との “60 Minutes” インタビューの全容が、発売を明日に控えてネットにアップされた。

CBS News [60 Minutes]: “Steve Jobs: Revelations from a tech giant“: 23 October 2011

ビデオはこちら:

Steve Jobs, part 1:
Steve Jobs, part 1 | CBS News]
Steve Jobs, part 1 | YouTuve]

Steve Jobs, part 2:
Steve Jobs, part 2 | CBS News]
Steve Jobs, part 2 | YouTube]

     *     *     *

特に興味深かった部分をいくつかご紹介。


[育ての親 Paul Jobs]

・養子であることを知ったとき

Steve Jobs:ちょうどこの芝生の上で、筋向かいの Lisa McMoylar に自分は養子だと話していた。すると彼女は「じゃあ、アナタの本当の親はアナタがいらなかったってこと?」といった。一瞬自分の頭の中で稲妻が走った。自分が家に駆け込み、泣きながら両親に尋ねたのを覚えている。両親は私を座らせて「そうじゃないよ。特別にお前を選んだんだよ」と答えた。

[Steve Jobs, audio: I was, I remember right here on the lawn, telling Lisa McMoylar from across the street that I was adopted. And she said, “So does that mean your real parents didn’t want you?” Ooooh, lightning bolts went off in my head. I remember running into the house, I think I was like crying, asking my parents. And they sat me down and they said, “No, you don’t understand. We specifically picked you out.”]

     *     *     *


[金持ちにしては質素な自宅]

・カネの亡者にはならない

金持ちなのに普通の家にすんでいることについて:

Jobs:アップルの株式公開でたくさんのひとの生活が変わったのを見てきた。多くのひとが金持ちの生活を始めなきゃと考えた。そこでたくさんのひとがロールスロイスを買い、家を買った。妻に美容整形をさせた。みんなホントにシンプルでいいひとたちだったのに、それが奇妙なひとたちに変わってしまった。だから自分に言い聞かせたのだ。「カネで自分の人生をダメにするようなことはしないぞ」と。

[Jobs: I saw a lot of other people at Apple, and especially after we went public, how it changed them. And a lot of people thought they had to start being rich, so they– I mean, a few people went out and bought Rolls Royces and they bought homes, and their wives got plastic surgery, and they, and I saw these people who were really nice, simple people turn into these bizarro people. And I made a promise to myself. I said: “I’m not going to let this money ruin my life.”]

     *     *     *


[Laurene Powell との結婚式]

・家族の写真

家族や妹など、初めてみる写真も多数。

     *     *     *

・生みの親について

Jobs:自分の生みの母親を探したとき、当然自分の生みの父親も探した。少しは彼のことが分かったけれど、あまりうれしいことじゃなかった。だから[実の妹 Mona が生みの父親と会うことになったとき]自分たちが会ったことや自分に関することをいわないでくれと頼んだのだ。

[Jobs: When I was looking for my biological mother, obviously, you know, was looking for my biological father at the same time. And I learned a little bit about him and I didn’t like what I learned. And I asked her to not tell him that we ever met and not tell him anything about me.]

     *     *     *

・すぐに手術を受けなかったことについて

Kroft:あんなにすばらしい人がどうしてそんなバカなことをしたのでしょうか?

Kroft: How could such a smart man do such a stupid thing?

Isaacson:ええ、たぶん彼は、自分が無視すれば、存在しないと考えさえすれば、[それで無くなってしまうと]魔法のように考えられる(magical thinking)と思ったのじゃないでしょうか。過去にもそれはうまくいった[Reality Distortion Field:現実歪曲空間のこと]のですから。しかし彼は後悔していました。いくつかの決定についてね。きっと彼は早いうちに手術をすべきだったと考えたと思います。

Isaacson: Yeah, I think that he kind of felt that if you ignore something, if you don’t want something to exist, you can have magical thinking. And it had worked for him in the past. He regretted it, you know, some of the decisions he made and certainly, I think he felt he should’ve been operated on sooner.

     *     *     *

・死について

Isaacson:ある日家の裏庭で、神について彼が語り始めたのを覚えています。「時には神を信じ、時には信じない。50-50 ぐらいかな。しかしガンになってから、前より考えるようになった。少しは自分が信心するようになったと思う。その、たぶん来世を信じたいと考えるからだろう。死を迎えたとき、すべてが無くなるわけじゃない。生涯蓄積してきた知恵とか。それはなんらかの形で生き続けるのだと思う。」彼はしばらく間をおいて、「そうなんだ。でも時にオン・オフスイッチみたいだと思うことがある。ボタンをクリックすればそれでオシマイというように。」またしばらく間をおいていいました。「だからアップル製品にはオン・オフスイッチを付けたくないんだ。」

Isaacson: I remember sitting in his backyard in his garden one day and he started talking about God. He said, “Sometimes I believe in God, sometimes I don’t. I think it’s 50-50 maybe. But ever since I’ve had cancer, I’ve been thinking about it more. And I find myself believing a bit more. I kind of– maybe it’s ‘cause I want to believe in an afterlife. That when you die, it doesn’t just all disappear. The wisdom you’ve accumulated. Somehow it lives on.” Then he paused for a second and he said, “Yeah, but sometimes I think it’s just like an on-off switch. Click and you’re gone.” He said and paused again, and he said, “And that’s why I don’t like putting on-off switches on Apple devices.”

     *     *     *

Isaacson の伝記本を出版する Simon & Schuster は CBS の傘下にある。

CBS が取り上げたのもプロモーションの一環といえるのかもしれないが、見どころ、聴きどころ満載の内容だ。

Jobs に関心をお持ちの方へはおススメのビデオ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[”Steve Jobs” by Walter Isaacson:image

Jobs の公認伝記本もいよいよ二、三日うちに発売される。

作家の Walter Isaacson がテレビ出演したり、AP が概要を漏らしたりで、つい注意がそっちへ向いてしまう。

なにしろ、次のような下りがあるというのでは、見過ごすわけにはいかなくなる。

AP: “Jobs questioned authority all his life, book says” by Rachel Metz, Barbara Ortutay and Jordan Robertson: 20 October 2011

     *     *     *

Android は潰してやる

「この不正を正すためなら、もし必要なら自分が最後の息を引き取るまで、さらにアップルの 400 億ドルの貯金すべてをはたいても、この不正を正すのに使うつもりだ」と Jobs はいう。「Android は潰してやる。それは盗品なのだ。この件に関しては核戦争になってもやるつもりだ。」

“I will spend my last dying breath if I need to, and I will spend every penny of Apple’s $40 billion in the bank, to right this wrong,” Jobs said. “I’m going to destroy Android, because it’s a stolen product. I’m willing to go thermonuclear war on this.”

     *     *     *

2人の会談

グーグルの Android や Google Docs、インターネットワープロを説明するのに Jobs はののしり言葉を使った。その後 Schmidt とパロアルトのカフェで会ったとき、Jobs は訴訟で解決することに関心はないといったと、Isaacson の伝記本は述べている。

Jobs used an expletive to describe Android and Google Docs, Google’s Internet-based word processing program. In a subsequent meeting with Schmidt at a Palo Alto, Calif., cafe, Jobs told Schmidt that he wasn’t interested in settling the lawsuit, the book says.

     *     *     *

カネが欲しいんじゃない

「カネが欲しいんじゃない。50 億ドル積んだって要らない。カネならたっぷりある。Android で我々のアイデアを使うのをやめること、それが望むすべてだ。」2人が会っても問題はなにも解決しなかったと Isaacson は書いている。

“I don’t want your money. If you offer me $5 billion, I won’t want it. I’ve got plenty of money. I want you to stop using our ideas in Android, that’s all I want.” The meeting, Isaacson wrote, resolved nothing.

     *     *     *

アップルとグーグルの対立をすっぱ抜いたのは NY タイムズだが、その直後パロアルトのカフェにいる2人の写真が話題になった。

このときのやりとりは、上のようなものだったことになる。

これまでウワサの霧に包まれていた多くの事柄が Jobs 自身のことばで明らかになるというのだから、間違いなくこれは Jobs に関する第一級の資料だ。

     *     *     *

詳しくは注文した本が届いたとき、直接ページを繰って読みたいと思うのだが、内容がポロポロ漏れてくるとそちらも気になって仕方がない。

John Gruber も思いは同じようだ。

古くさいといわれても、このような本はハードカバーで読みたい。

Call me old-fashioned, but a book like this, I get in hardcover.

Daring Fireball: “Pre-Order ‘Steve Jobs’ From Amazon” by John Gruber: 21 October 2011

そういいながらも、次のようにもいう。

ネタバレにしてぶち壊すつもりはないが、(こんな内容だと)エントリーにしないわけにはいかない。

I’m pretty much in no-spoiler mode on this book, but I had to post this.

Daring Fireball: “‘I’m Going to Destroy Android, Because It’s a Stolen Product’” by John Gruber: 21 October 2011

     *     *     *

MG Siegler も思いは同じようだ。

ParisLemon: “Chances this biography is going to be awesome?” by MG Siegler: 21 October 2011

Michael Liedtke のツィッターを見て:

@liedtkesfc
Michael Liedtke
Bill Gates について Jobs は次のようにいっている。「Bill は基本的に創造力がない。それに何も新たに発明していない。恥知らずにも他人のアイデアを盗んだだけだ。」

Jobs on Bill Gates: “Bill is basically unimaginative and has never invented anything…He just shamelessly ripped off other people’s ideas.”

この伝記本はヒットするか? 100% 間違いなしだ。

Chances this biography is going to be awesome? 100%.

     *     *     *

このツィッターですぐ思い浮かぶのは、Jobs 若き日の例のビデオだ。

ブレないというか、いったん思い込んだら変えないというか・・・

     *     *     *

他にも伝記本の内容はあれこれ漏れてくる。

・手術までに様々ながん治療法を試みた

New Book Details Jobs’s Fight Against Cancer | NYTimes.com

・オバマ大統領にあなたは一期限りだといった

Steve Jobs Biography Reveals He Told Obama, ‘You’re Headed For A One-Term Presidency’ | Huffingtonpost.com

・Tim Cook のことは早い時期から認めていた

Apple’s Cook Won Jobs’s Trust Early: Book | Bloomberg

・Jonathan Ive にオペレーションの権限を与えようとした

Steve Jobs Organized Apple to Give Jony Ive Complete Operational Freedom – Mac Rumors

・Jobs が貶したひとのリストというのまである。

Steve Jobs Biography: A Scorecard of Put-Downs | NYTimes.com

     *     *     *

ジャーナリストもライターも、長い間 Steve Jobs をメシの種にしてきた。

しかしこれまでの凡百のジョブズ本と違って、今回は亡くなる直前2年間の50回にも及ぶインタビューを踏まえて書かれたものだ。まさに正伝というにふさわしい。しかも語ったひとはもういないのだ・・・

マスコミも技術専門家も、ギークも一般読者も、みなが注目するわけだ。

アマゾンのメールによれば、発送予定は10月27日になっているのだが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[三宅一生をマネした・・・:photo

すっかりトレードマークとなった黒のタートルネックをなぜ Steve Jobs が愛用するに至ったか、Walter Isaacson の伝記本の一節を Gawker が紹介している。

Gawker: “Steve Jobs on Why He Wore Turtlenecks” by Ryan Tate: 11 October 2011

     *     *     *

三宅一生をモデルにして

2週間後に発売される Isaacson の伝記『Steve Jobs』によれば、アップルの従業員に制服を着せようとしたボスの試みはブーイングで退けられたという。そこで Jobs は有名デザイナー三宅一生が着ているものをモデルにして作った個人用制服に甘んじざるを得なかった。

[…] According to Isaacson’s book Steve Jobs, due out in two weeks, Apple employees jeered their boss’s scheme for a corporate outfit. So he had to settle for a personal uniform, modeled on shirts he saw noted designer Issey Miyake wearing.

以下はその伝記本の一節・・・

     *     *     *

絆のような存在

1980 年代初めに日本へ旅したとき、Jobs はソニーの盛田昭夫会長に工員がみな制服を着用しているのはなぜかと尋ねた。戦後、着るものとてなかった時代、どの会社もソニーのように社員に着るものから与えなければならなかった。年が経つにつれて、ユニフォームは自らのアイデンティティーを示す個性的なものとなった。とくにソニーのような会社ではそうだ。それはまた社員をソニーという会社に結びつける絆のような存在にもなったのだと盛田会長は語った。「そんな絆みたいなものがアップルにも欲しいと思った」と Jobs は回顧する。

On a trip to Japan in the early 1980s, Jobs asked Sony’s chairman Akio Morita why everyone in the company’s factories wore uniforms. He told Jobs that after the war, no one had any clothes, and companies like Sony had to give their workers something to wear each day. Over the years, the uniforms developed their own signatures styles, especially at companies such as Sony, and it became a way of bonding workers to the company. “I decided that I wanted that type of bonding for Apple,” Jobs recalled.

     *     *     *

ブーイングの嵐

スタイルを尊重するソニーは、その後有名デザイナー三宅一生にユニフォーム製作を依頼した。リップストップナイロン生地できた袖付きジャケットで、袖のジッパーをはずせばベストになるものだった。そこで Jobs は三宅一生を訪ね、アップルのためにベストをデザインしてくれるよう頼んだ。「サンプルを持ち帰ってみんながこのベストを着たらどんなにすばらしいだろうと説いてみた。そしたら一斉にブーイングの嵐だ。だれもその考えが気に入らなかった」と Jobs は語る。

Sony, with its appreciation for style, had gotten the famous designer Issey Miyake to create its uniform. It was a jacket made of rip-stop nylon with sleeves that could unzip to make it a vest. So Jobs called Issey Miyake and asked him to design a vest for Apple, Jobs recalled, “I came back with some samples and told everyone it would great if we would all wear these vests. Oh man, did I get booed off the stage. Everybody hated the idea.”

     *     *     *

一生涯着れるだけ

そうしたわけで、Jobs は三宅と友人になり、定期的に彼を訪ねるようになった。そして自分のユニフォームを作ってみたいと考えるようになった。日常的に快適にすごせる(彼の主張する主義とも合致する)のがひとつ、もうひとつは個性的なスタイル(signature style)を伝えられるという点だ。「そこで、一生が着ているタートルネックが気に入ったので、私のために何着か作ってくれと頼んだ。そうしたら彼は百着近く作ってくれたんだ。」その話を聞いてびっくりした私を見て、彼はクローゼットにたくさん置いてあるのを見せてくれた。「これが私が着ているヤツだ。一生涯着れるだけ持ってるよ。」

In the process, however, he became friends with Miyake and would visit him regularly. He also came to like the idea of having a uniform for himself, both because of its daily convenience (the rationale he claimed) and its ability to convey a signature style. “So I asked Issey to make me some of his black turtlenecks that I liked, and he made me like a hundred of them.” Jobs noticed my surprise when he told this story, so he showed them stacked up in the closet. “That’s what I wear,” he said. “I have enough to last for the rest of my life.”

     *     *     *

Isaacson の伝記本には、今まで語られたことのない Jobs 自身のことばによるエピソードが満載されていそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


タイム誌 Steve Jobs 特集号

Steve Jobs 公認伝記本の作者 Walter Isaacson が、最後に Jobs に会ったときのことをタイム誌に書いている。

そのサワリの部分を MG Siegler が紹介している。

ParisLemon: “Speaking of the Steve Jobs biography,…“: by MG Siegler: 07 October 2011

     *     *     *

ほんの数週間前

Steve Jobs 公認伝記本の作者 Walter Isaacson がタイム誌に Jobs の追悼文[定期購読者限定]を書いている。タイトルは「アメリカのアイコン」というシンプルなもの。

Speaking of the Steve Jobs biography, its author, Walter Isaacson, has written a piece for Time on Jobs’ passing, titled simply: American Icon.

Isaacson はほんの数週間前、この本のことで最後に Jobs と会ったときのことを書いている。

Writes Isaacson of his last meeting with Jobs for the book, just weeks ago:

     *     *     *

なぜ かくも熱心だったのか

作家として自分は客観的な第三者的立場をとることに慣れている。しかし別れをいおうとして悲しみが押し寄せてくるのを感じずにはおれなかった。感情を抑えるために、私はいまでも困惑している質問をした。なぜ Jobs はかくも熱心だったのか。いつもなら人目に触れるのをいやがる彼が、一冊の本のためにかくも心を開いて、2年間の50回にも及ぶインタビューや会話を通じて自らを語ることにどうして熱心だったのか、と。「子供たちに自分のことを知ってもらいたい。いつも一緒にいたわけではないから、子供たちに自分がしたこととそのわけを理解して欲しいのだ」というのが彼の答えだった。

As a writer, I was used to being detached, but I was hit by a wave of sadness as I tried to say goodbye. In order to mask my emotion, I asked the one question that was still puzzling me: Why had he been so eager, during close to 50 interviews and conversations over the course of two years, to open up so much for a book when he was usually so private? “I wanted my kids to know me,” he said. “I wasn’t always there for them, and I wanted them to know why and to understand what I did.”

     *     *     *

親なら誰しもいつかはこどもに自分のことを理解して欲しいと願うだろう。

自らについて書かれたものをどれひとつとして認めなかった Jobs が、最後に心を開いたのはそういうことだったのか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Steve Jobs: Co-Founder of Apple

Update:実際のマンガはこんな感じ》

8月に Steve Jobs の伝記マンガが出版されるという。

Bluewater Productions: “‘Steve Jobs: The Co-Founder of Apple’ comic book biography to hit stores in August“: 13 June 2011

     *     *     *

『スティーブ・ジョブズ:アップルの共同創業者』

Steve Jobs はアップルのロゴと同じくらい偶像的だ。革新者、リスクテイカー、ビジョナリーなど様々な名前で呼ばれる。恥知らず、ジコチュー、企業海賊と呼ばれることもある。Jobs の人生とキャリアを描いた Bluewater Productions の伝記マンガではこの複雑な人物の両面が扱われる。

Steve Jobs is nearly as iconic as his company logo. He’s been called an innovator, risk-taker, a visionary and a genius. He’s also been called unscrupulous, an egomaniac and a corporate pirate. Both sides of this complex personality are examined in an upcoming Bluewater Productions biography comic book tracing Jobs’ life and career.

『Steve Jobs: Co-Founder of Apple』は 2011 年8月出版の予定。アップルの CEO がトップに登り詰め、その地位に止まろうとする闘いに迫る。

Scheduled for an August 2011 release, “Steve Jobs: Co-Founder of Apple” offers readers a unique insight into the Apple CEOs legendary drive to the top and his continuing fight to stay there.

     *     *     *

CW Cooke 作、Chris Schmidt 画

「崇拝しようと嫌おうと、Jobs のビジョンと洞察力が世界を革新した」と作者の CW Cooke は述いう。「Jobs とマイクロソフトの創設者 Bill Gates は、過去30年にわたり我々が互いに意思を通じ、相互に交流し、ビジネスを行なうことについて大きな影響を与えた人物だ。」

“Admire him or hate him, Jobs’ vision and business acumen revolutionized the world,” said writer CW Cooke “Between he and Microsoft founder Bill Gates, you would be hard pressed to find someone with greater influence over how we communicate, interact and do business over the last 30 years.”

32 ページのマンガの画家は Chris Schmidt(表紙は DC アーチストの Joe Phillips)。3.99 ドルの価格で各書店、アマゾン、 Barnes & Noble、Borders などのオンラインストアから一斉に発売される。アマゾンの予約はこちら

The 32-page issue, penciled by Chris Schmidt (with cover art supplied by DC artist Joe Phillips), will be available in comic shops, bookstores and various online venues including Amazon, Barnes & Noble and Borders, for the cover price of $3.99. […] to pre-order it on Amazon click here: http://amzn.to/ieP4Nm

     *     *     *

Zuckerberg のマンガがヒットしたから

Bluewater の社長 Darren Davis いわく、「彼の技術革新はトップニュースとなり、彼の健康状態は株価に影響を与える。大学のドロップアウトにしては悪くない。彼とアップルの物語は叙事詩だ。バランスのとれた伝記を描くのにこんなに時間がかったことの方がオドロキだ。」

“His innovations command front page news, speculation of his health affects the stock market. Not bad for a college dropout,” said Bluewater president Darren Davis. “His story, and that of Apple, is epic. I’m surprised it took us this long to publish a proper, balanced biography of him.”

Bluewater によれば、Jobs の伝記を出版しようと思ったのは Facebook の創設者 Mark Zuckerberg の伝記マンガの成功によるという。売り切れた Zuckerberg のマンガは9月には 10.99 ドルで再販されるという。

According to Bluewater, the impetus to publish the Jobs biography was based on the demand and success of Bluewater’s biography comic featuring Mark Zuckerberg, the founder of Facebook. A graphic novel of the sold out Zuckerberg comic book will be in stores in September and retail for $10.99. To pre-order it on Amazon click here: http://amzn.to/kHobXS

     *     *     *

公認自伝のつぎは伝記マンガか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》実際のマンガはこんな感じ(6月15日)


[Jobs 誕生]

実際のマンガがどんな感じになるのか、PCWorld がスクープしている。

Steve Jobs the Comic Book Hero: An Early Look | PCWorld


[ドロップアウトするまでの大学生活]

まだ白黒でカラーは入ってないが、おおよその感じは掴める。

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »