Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Beta Product’


[Google partners:image

グーグルの OS を採用するメーカーとグーグルとの関係について、Matt Alexander[The Loop]が興味深い指摘をしている。

The Loop: “Google’s relationship issues” by Matt Alexander: 11 November 2011

     *     *     *

Logitech の嘆き

Google TV と提携したがために1億ドルの損失を出したという今日の Logitech の話日本語]は必ずしも驚くにあたらないが、ビジネスパートナーとしてのグーグルの本質がまさに問われているのだと思う。

Following today’s entirely unsurprising revelation that Logitech lost $100 million, in part, because of its Google TV partnership, Google’s nature as a business partner has (rightly) come into question.

Techcrunch の Jason Kincaid によれば:

Techcrunch’s Jason Kincaid writes:

まだ成功するかどうか分からない製品を Logitech が発表したのは高望みしすぎたせいだということは明らかだ。しかしグーグルの行き過ぎた欲望 — 未完成のソフトウェアでも敢えて発表しようとする — の犠牲になったのは彼らだけではない。モトローラの Xoom は今年始めに iPad のライバルとして発表されたが、発表時点で触れてみたデバイスとしては最悪のものだった。iPad と比べていささか大きするという欠点もあったが、しかし主な原因は Honeycomb[Android のタブレットバージョン]がバグだらけという点にあった。

Now, Logitech was obviously overambitious when it came to launching the still-unproven product, but they aren’t the only manufacturer that was burned by Google’s overeager desire to ship software before it was ready. Motorola’s Xoom, which was released early this year as an iPad competitor, was one of the worst devices I’ve ever used at launch. That was partially because it was a little too bulky compared to the iPad, but it was primarily because Honeycomb — the tablet version of Android — was a buggy mess.

     *     *     *

ソフトのせいで

ハードウェアメーカーが手の出せないソフトウェアのせいで非難の的となったという Kincaid の指摘は正しい。グーグルの一次パートナーはグーグルのソフトウェアを採用してそれぞれ製品を出している。そして製品レビューのほとんどすべてが、いずれも同じく、バグだらけのソフトの問題を提起している。だからこれらの製品は失敗する。もちろんそれが失敗の原因のすべてではないが、間違いなく大きな要因であり、長い目で見ればグーグルにとって高くつくことは間違いない。

Kincaid makes an excellent point — hardware manufacturers are coming under fire for software that is largely out of their hands. Google’s primary partners have been putting out products using Google’s software, and virtually all reviews of said products highlight the same, buggy software problems. Accordingly, these products flop. While this is certainly not the only cause of failure, it is certainly a contributing factor, and it may prove costly for Google in the long run.

     *     *     *

反撃が始まった

すでに Kindle Fire や Nook Color の形で反撃が始まっている。 Amazon も B&N もグーグルとの面倒な関係をやめ、その代わりに自ら手を加えた自社版 Android を使うことにしているし、グーグルのエコシステムの代わりに自らのものを充てているのだ。

The response has already begun in the shape of the Kindle Fire and Nook Color. Both Amazon and B&N’s offerings have foregone messy ties with Google in favor of their own revamped flavor of Android, and have substituted Google’s ecosystem with their own.

     *     *     *

逸脱がセールスポイント

Kindle Fire に限っていえば、グーグルのビジョンから逸脱していることがセールスポイントですらある。当面の業務についてアマゾンは有能で安定した OS を構築している(ように見える)。しかもその改良点をグーグルに帰してはいない。Fire 製品のページをざっと見回しても、Android に触れているのはたったひとつ、「Amazon Appstore for Android」という名称で触れられているだけだ。

For the Kindle Fire, at least, its deviation from Google’s vision has become one of its key selling points. Amazon has built a stable, capable operating system for the task at hand (or so impressions indicate), and they are attributing none of it to Google. A quick glance of the Fire’s product page reveals one reference to Android, and it comes merely as a portion of Amazon’s app store name, the “Amazon Appstore for Android.”

     *     *     *

右へ倣え

もし Kindle Fire がメジャーな成功を収めれば、他のハードウェアメーカーも将来そのやり方に倣うことになっても驚かない。それはグーグルにとって大きな損害を与えるハズだ。

If the Kindle Fire finds mainstream success, I would not be surprised if other hardware manufacturers began to adopt a similar approach in future, and that could be extremely damaging for Google.

     *     *     *

次なる試練

ここ数週間グーグルは、自社製品ラインの大部分を切り捨て、刷新しているが、その決定により無視できないほどの混乱が生じている。

Although Google has steadily axed and revamped much of its product line in recent weeks, the uproar surrounding some of its decisions is difficult to ignore.

グーグルにとっての次なる試練は、発表されたばかりの音楽イベントだろう。Google+ 発表後の初めて、エコシステムに新たな、機能しうる、統合マーケットをもたらそうとする試みだ。うまくいけば信頼が増すかもしれないが、しかしEブックと同じで舞台から姿を消すだけなら、更に問題を煽る結果になっても驚かない。

The next test for Google will be its just announced Music event — what will be its first post-Google+ attempt to introduce a new, working, integrated marketplace into its ecosystem. If done correctly, it may inspire some further confidence, but if it simply sinks into the background along with its ebook sibling, don’t be surprised if more questions arise.

     *     *     *

パートナーの吟味が始まる

「ベータ」製品を出すという評判や、製品の出荷を急ぎ過ぎるという点を改めない限り、躊躇し真剣に再検討する顧客が増え、グーグルが実際にはパートナーや製品をどう扱っているかを真剣に吟味し始める事態になるのは間違いないと思われる。

Without shaking it’s “beta” reputation, and the apparent overeagerness to ship products, Google is likely facing a sincere examination of how exactly it deals with its partners and its products, and an ever-increasing amount of scrutiny and hesitance from its customers as well.

     *     *     *

タダで使えるというだけでは済まない、十分な利害得失の検討が必要になるということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[Why So Siri-ous?:image

MG Siegler の Siri に関する大変興味深い考察がある。

以下、端折ってご紹介。

TechCrunch: “Why So Siri-ous?” by MG Siegler: 16 October 2011

     *     *     *

Siri の話題で持ち切り

この数日、ウェブを見回してみるとブログの世界はたったひとつの話題、Siri の話しかないみたいだ。予想どおり iPhone 4S が百万人の手に渡ったいま、Siri こそその特筆すべき特徴であることは明らかだ。

Looking over the web and especially the blogosphere over the past couple of days, it seems there is only one thing everyone wants to talk about: Siri. With the iPhone 4S now in millions of peoples’ hands, as expected, it’s clearly the stand-out feature of the device.

     *     *     *

またしてもアップルが

理由はいくつかある。しかし過去何年もの間繰り返し目にしてきたことが一番シンプルな答えだ。またしてもアップルがやってのけたのだ。

There are a few reasons. But the simplest answer is one that has played out time and time again over the past several years: Apple did it right.

     *     *     *

システムレベルで iOS に組み込んだ

確かに音声技術を初めて実現したのはアップルではない。電話に実装したのもアップルが初めてではない。実をいえば、アップルが音声コントロールに手を出したのは Siri が初めてではない。iPhone で試した最初の試みは、ハッキリいえばひどいものだった。誰も使わないのは当然だ。ところが Siri(アップルが買収した会社)のやることは、従前のサードバーティ製のスタンドアローンアプリとまったく同じことだ。従前の音声コントロールの試みに競争力はないが、Siri をシステムレベルで iOS と統合すれば魔法の力を持つとアップルが考えたそのビジョンと洞察力が賞賛すべきなのだ。

No, Apple is not the first to implement voice technology. Nor are they the first to do it on a phone. In fact, Siri isn’t even Apple’s first foray into voice controls. But their first attempt on the iPhone, quite frankly, sucked. It’s no surprise that no one used it. As for Siri, it’s a company that Apple acquired — they were actually doing some of the same things as a stand-alone third-party app previously. Credit Apple for having the vision and foresight to realize that their previous voice control offering wasn’t competitive, and that system-level integration of Siri into iOS could be magical.

     *     *     *

人間らしさ

大きな目で見れば、またしてもアップルはライバルが理解し得ないことを理解していたのだ。テクノロジーは誰の生活にとってもますます重要になっている。しかし幅広いユーザーが真にアクセスできるようにするためには、「人間らしさを加える」(humanize)ことが唯一の方法なのだ。それが Siri だ。グーグルもマイクロソフトも、ほかの誰もがこの点で見事に失敗している。

In the bigger picture, this is something that Apple seems to understand time and time again that their rivals do not. Technology is an ever-important part of everyones’ lives, but the only way to make it truly accessible to the vast majority of users is to humanize it. That’s Siri. Google, Microsoft, etc — they all fail miserably at doing this.

     *     *     *

なぜ控え目なのか

奇妙なのは、いつもならすばらしいマーケティングの手腕を見せるアップルが、こと Siri に関してはそれを抑えているように見えることだ。何故だろうか? それは Siri がまだベータ段階だとアップルが考えているからだ。グーグルの製品ならすべてはベータから始まる。アップルはそう軽々にベータということばを使わない。今回の発表にいたるまでアップルと話してみて明らかなことは、今目にしている Siri が第一歩としてはすばらしいものだが、目標とするものには遥かに及ばないと彼らが感じていることだ。そこに至るまでなお半年、あるいは1年かかるかもしれない。しかし準備成れりというときがくれが、大掛かりなマーケティング攻勢をかけることは間違いない。しかもその時には、複数のデバイスでも可能になるかもしれないのだ。

The funny thing is that while Apple are normally brilliant marketers in this regard, they’re actually holding back on Siri right now. Why? Because they consider the product to still be in “beta”. And while every Google product starts in beta, it’s not a tag Apple takes lightly. Talking with them leading up to the launch, they clearly feel that Siri as it stands right now, while a great first step, is nowhere near where they want it to be. It may take six months to get there. It may take a year. But when Apple does get it to where they feel it’s ready, I bet we’ll see a massive marketing push. And we may even see it come to other devices at that point.

     *     *     *

いろいろなデータとの統合

Siri は今の時点ではまだベータ段階だ。しかし直ぐには他のデータ提供パートナーと統合しないなどと考えるひとがいるだろうか。Quora と統合したときを考えてみよ。Twitter(すでにそうなっているかもしれない)と統合したらどうか。Foursquare はどうか。それに・・・Facebook とならどうだ。それが実現した暁には、グーグルは本気で心配するハメになる。

But again, this is a beta product. Does anyone really think Apple isn’t going to work quickly to integrate it with other data partners? Imagine it tied to Quora. Imagine it tied to Twitter (and how is it not already?!). Imagine it tied to Foursquare. Imagine it tied to… Facebook. If and when that happens, Google will have a very legitimate reason to be concerned.

     *     *     *

いずれ検索ビジネスにも

現在のところ、われわれと情報の間を繋いでくれる仲介役がグーグルだ。グーグルがそうしてくれることをみな有難いと思う。各人が自分で情報を見つけようとしてもたくさんあり過ぎて困るのだ。仲介役がどうしても必要となる。だからグーグルが必要なわけだ。しかしアップルが、この状況はモバイルアプリで変わると示唆しはじめてからしばらく経つ。アプリとは、より新しく、よりアクセスしやすい形で情報を包み込んだものに過ぎないのだ。いずれアップルが検索エンジンビジネスに参入するとみんなが考えるのはそういうわけだ。

Right now, Google is a middle man between us and information. And we love Google for it. There’s simply too much information out there for anyone to find by themselves. There needs to be a middle man. We need Google. Apple has been hinting for a while that mobile applications could change this game. But apps are just a new, perhaps more accesible wrapper of information. There still needs to be a search mechanism powering the discovery of information — that’s why everyone keeps insisting that Apple will eventually get into the search engine business.

     *     *     *

あくまで入り口

確かにアップルは参入を果たした。ただし皆が考えるやり方ではない。Siri はあくまで入り口(entry point)に過ぎない。ここでもまた、まだ小さな一歩にすぎないが、しかしいずれ大掛かりなものとなる可能性を秘めている。(もっと喫緊の課題は、スタックの核となるべきものをサードパーティの Nuance に委ねたままでいいのかということだろう。)

Well they have. But not in the way that everyone was thinking. Siri is their entry point. Again, it’s a small step right now, but it has the potential to be massive. (Perhaps the more pressing question: is Apple okay relying heavily on a third party, Nuance, for what may become a core component of their stack?)

     *     *     *

新しい検索パラダイムとしての音声入力

グーグルの音声検索(voice search)ならエキサイティングだと感じないのに Siri ならそう感じる根源的理由もそこにある。グーグル製品とは、つまるところすべてがグーグル検索を使わせる手段なのだ。音声検索も新しく加わったひとつのレイヤーに過ぎない。それが十分からなくても、まったく新しいものだとは感じられないのだ。Siri は完全に新しいものを目指している。Siri によってアップルは情報検索のあり方を変え、新しいパラダイムを創造したいと考えているのだ。それはモバイルによって可能となった進歩であり、音声(voice)という新しくかつ強力な情報入力によって可能となったものなのだ。

And that’s another fundamental reason why people are so excited by Siri where they aren’t by Google voice search. Google voice search, like basically every Google product, is ultimately a way to drive more Google searches. It’s just a new layer. Even if people don’t fully understand that, they sense that it doesn’t point to something totally new. Siri does point to something totally new. With it, Apple wants to change the information search and creation paradigm. It’s an evolution powered by mobile and a new, more powerful input: voice.

     *     *     *


Apple Futureshock | YouTube]

自然言語による音声対話

これはアップルが24年の長きにわたって追い求めてきたビジョンだ。iPad 発表のころから上のビデオが改めて注目を浴びている。「アップルは20年以上も前からタブレットを考えていた」という言葉とともに。しかし大切な点が見落とされている。それは自然言語による音声対話(natural language voice interaction)という点だ。アップルは密かに開発を続けていた。そしてそれが現実のものとなった。まさに未来を告げているのだ。

This is a vision that has been 24 years in the making at Apple. The video below first re-surfaced around the launch of the iPad. “Apple envisioned their tablet 20+ years ago!,” everyone yelled. But at the time, everyone overlooked the arguably more powerful aspect: natural language voice interaction. Apple was quietly working on that too. And now it’s here. Heralding the future.

     *     *     *

われわれが目撃しているのはそういうことか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »