Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Benedict Evans’

B9w3RjuCQAAcmay

自動車の話題で持ち切りのアップルだが、Benedict Evans がさっそくコメント

「そうか、新キャンパスが円形なのはそういうワケだったか・・・」

広告

Read Full Post »

Eline-Muijres

[Android のコンパスはてんでバラバラ:photo

デベロッパの立場から Android のフラグメンテーションについて興味深い投稿がある。

Benedict Evans がそれにことよせて、非常に興味深い議論を展開している。

Benedict Evans: “Android fragmentation and the cloud” by Benedict Evans: 20 May 2014

     *     *     *

フラグメンテーションの持つ二面性

Android ジャイロスコープに関する Game Oven の投稿が問題の持つ意味をよく表わしている。(もう一例はこちら。)Android のフラグメンテーションの問題は、何をしたいかによってあるいは過大評価され、あるいは過小評価されるということだ。

Game Oven’s post on Android gyroscope support is a nice illustration of a general issue (another good illustration here): Android fragmentation is both massively overstated and massively understated, depending on what you want to do.

     *     *     *

クラウドへ移行した API

まずひとつには、Android バージョン間のフラグメンテーションを減らすことにグーグルはかなり成功している。Google Play を利用する Android デバイスの約4分の3はバージョン 4.X で動いているが、しかしもっと重要なことはグーグルが自らの(地図、支払、通知などの)主要サービスを OS そのものから外して Google Play というソフトウェアのレイヤーに移行させたことだ。キーとなる API プラットフォームを、バックグラウンドでワイヤレスでアップデートできるソフトウェアレイヤーに取り込むことによって、OEM にファームウェアアップデートを依存するのをグーグルは減らしているのだ。グーグルは非常に幅広い電話で使われているツールをいつでも望むときにアップデートできる。グーグルが今年の IO で新しい地図や通知のための API を発表すれば、1年前あるいは2年前の Android バージョンで動くデバイスでも使えるようになる。グーグルのクラウドを利用している限りもはやフラグメンテーションはないのだ。

On one hand, Google has been quite successful in reducing the impact of Android version fragmentation. Around three quarters of the Android devices that hit Google Play are running 4.X, but more importantly, Google has moved its own key services (maps, payment, notifications etc) out of the OS itself and into a software layer, ‘Google Play Services’. By putting key platform APIs into a software layer that can be updated in that background over the air, Google has reduced its dependance on OEMs to produce firmware updates – it can update its own tools any time it wants, across the great majority of phones. When Google announces new APIs for Maps or notifications at this year’s IO, they’ll be available on devices running year-old and two-year-old versions of Android. There is no more fragmentation if you’re using Google’s cloud.

     *     *     *

android_fragmentation

[フラグメンテーションの進む Android ハードウェア:chart

加速するハードウェアのフラグメンテーション

一方、ハードウェアのフラグメンテーションはますます加速している。昨年夏 OpenSignal が載せた上のチャートがそのダイナミックな市場をうまく可視化している。

On the other hand, hardware fragmentation is if anything accelerating. This chart from OpenSignal, from last summer, is a nice visualization of the market dynamic.

     *     *     *

必然としてのフラグメンテーション

Android のフラグメンテーション自体が悪いワケではない。それはグーグルの選択に起因しているのだ。「オープン」とか「選択」がどういうものであるかという意味でもある。600 ドルのデバイスと 50 ドルのデバイスが「分化していない」(un-fragmented)デバイスの世界など想像もできない。能力に差ができるのは当然なのだ。文字通り数千の OEM[Original Equipment Manufacturer: 相手先ブランド製造メーカー]や大きな選択肢・価格差を望むなら、異なる能力を持った異なるデバイスということになる。

Android fragmentation isn’t of itself a bad thing – it’s inherent in the choices that Google made. This is what ‘open’ and ‘choice’ look like. And I doubt if it’s possible to have an ‘un-fragmented’ device landscape that includes both $600 devices and $50 devices: some scattering in capability is part of the deal. If you want to have thousands (literally) of OEMs, and a huge range of choice and price points, well, you’re going to have different devices with different capabilities.

     *     *     *

アップル流と Android 流

これは大きく結果が異なってくるという意味においてのみ興味深いのだ。アップル流アプローチを取る結果は、どれもが同じように振る舞うことが期待される。しかし非常に狭い価格帯(スクリーンサイズも)の非常に限定されたデバイスにならざるを得ず、しかも対応可能なマーケットは厳しく制限される。50 ドルの電話を買えるひとの方が 600 ドルの電話を買えるひとより遥かに多いのだ。一方 Android 流のアプローチを取る結果は、より広範な種類のデバイスや価格帯であり、より大きなマーケットになる。しかし最先端のものがまったく期待どおりに動かないこともあり得る。これはジャイロスコープだけの話ではない。ハードウェアで気の利いたことをしようとすれば程度の差こそあれ起きることなのだ。これはまた API が謳い文句どおり動いたとしても当てはまることだ。どれほどのユーザーが NFC[Near Field Communication:近距離通信]機能を備えた Android を持っているか分からないときに(ユーザー自身だって知らないのに)、NFC を大衆市場で展開しようとしてもあまり意味はない。
 

This is only interesting, then, to the degree that it has broader consequences. The consequence of Apple’s approach is that pretty much everything behaves in predictable ways, but you have a very narrow range of devices at a narrow range of prices (and screen sizes), and that severely restricts the addressable market. More people can afford $50 phones than can afford $600 phones. The consequence of the Android approach is that you have a much wide range of devices and prices, and a much larger market, but anything on the bleeding edge doesn’t work predictably at all. This doesn’t just apply to the gyroscope – it also applies to varying degrees to almost anything trying to do clever things with the hardware. This is also true even if the API does actually work as advertised – there’s not much point trying to do a mass-market Android NFC deployment when you have no idea how many of your users even have NFC Androids (and the users themselves don’t know).

     *     *     *

アップルの強み・グーグルの強み

これから導かれるひとつの結論は、以前にも述べたように、アップルとグーグルはそれぞれ異なる分野のイノベーションに注力しているということだ。アップルはハードウェアとソフトウェアの統合体験(iBeacon, 指紋, M7 など)を下流へ向けて動いている。これに対抗するのは Android には難しい。一方グーグルは Google Play Services を利用して Android をクラウドと機械学習の方向へ、上流へと動かそうとしている。これはアップルにとって対抗し難しい。

One result of this, as I’ve said before, is that Apple and Google are focusing their innovation in different areas. Apple is moving down the stack with integrated hardware/software experiences (iBeacon, fingerprints, M7 etc) that are hard for Android to match, and Google is moving Android up the stack with Google Play Services, the cloud and machine learning, which is hard for Apple to match.

     *     *     *

デベロッパにとっての問題

一方デベロッパにとってのパラドックスは、よりオープンで拡張可能なプラットフォームは実際上は開発が困難だということだ。サムスンの同じブランドの同じモデルの電話を2つの異なる国で購入したとき、カメラのドライバーが違っていて作成したアプリがどちらかで(あるいは双方で)クラッシュするとしたら、最初に投資すべき資金はどちらに注力すべきだろうか? リソースも時間も限られており、次のラウンドに進むには成果を示さなければならないのだ。それに、アナタが作るクールなアプリをインストールしたいと望むユーザーは iPhone の方に集中している。これまたパラドックスだ。Android はアーリーアダプター(初期採用者)にとってベストなプラットフォームであり、iOS はちゃんと動くことを望むレイトアダプター(後期追随者)にとってベストだ。しかし市場で採択される順番は逆になる。それがこのチャートが正当ではないが意味がある理由のひとつだ。

The paradox for developers, meanwhile is that the more open and extensible platform can actually be harder to hack on. When you buy two Samsung phones of the same model and brand in two different countries and find they have different camera drivers and your app will crash on one or the other (or both), where do you focus your seed funding? You have limited resources and limited time and you need to hit milestones to get your next round, after all. Plus, the users who want to install your cool new apps are still concentrated on the iPhone. Again, this is a paradox: Android is the platform best for early adopters and iOS the one best for late adopters who just want something that works, but the market adoption is the other way around. That’s one of the reasons this chart is both unfair but relevant.

     *     *     *

どちらが優れているか

プラットフォームにとって決定的なイノベーションはどちらの方だろうか? 現在の力学では、Game Oven のようなひとたちは(もしやるとすれば)まず第1に iOS をそして Android を第2にするだろう。それによって優れたユーザーの大宗は iOS とアップルマシンのアップデートに引き寄せられるだろう — 典型的なエコシステムの善循環だ。しかしもし多くの人(とくに最近では Fred Wilson)が指摘するように、最も重要で最も興味深いイノベーションがクラウドで起きるとすれば、グーグルのトレードオフがアップルのトレードオフに勝るかもしれない。グーグルにとって居心地のいい場所がアップルに打ち勝つのだ。

Which type of innovation is crucial to a platform? With the current dynamics, people like Game Oven are going to keep doing iOS first and Android second (if at all), and that keeps the majority of the best users on iOS and Apple’s machine turning over – the classic ecosystem virtuous cycle. But if, as many people suggest (Fred Wilson most recently) the most interesting and important innovation will happen in the cloud, then Google’s tradeoff might win over Apple’s trade-off – Google’s comfort zone beats Apple’s.

     *     *     *

クラウドはアップルを救うか

しかしながら別のパラドックスもある。すべての素晴らしいことがクラウドで起きているとすれば、アプリやデベロッパのサポートではなく、デザイン・品質・フィット感・仕上げなどアップルが常にリードしてきたものすべてに基づいてデバイスを購入することになる。ウェブは20年前にアップルを救った。なぜならウェブではエコシステムに関係なく最高のハードウェアとユーザー体験を選択できるからだ。iMac を買えばソフトウェアの心配をする必要はなかった。だからすべてが再びクラウド化するのであれば、それが真にアップルが存在する意味になる[?]のだろうか?

There’s another paradox here, though: if all the best stuff is happening in the cloud, then you’ll buy the device based not on apps and developer support but on design, quality, fit and finish… that is, all the things Apple always leads on. The web saved Apple 20 years ago, because with the web you could choose the best hardware and UX regardless of the ecosystem – you could buy an iMac and not worry about the software. So if everything goes to the cloud again, is that really an existential problem for Apple?

     *     *     *

なかなか興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Braeburn-Group-iPad-Edited

[伸び悩む iPad:chart

iPad が伸び悩んでいると Jean-Louis Gassée が指摘している。

Monday Note: “The iPad Is a Tease” by Jean-Louis Gassée: 20 April 2014

それに対する John Gruber のコメントが興味深い。

Daring Fireball: “On the Leveling-Off of iPad Sales” by John Gruber: 21 April 2014

     *     *     *

頭打ちになった iPad の伸び

On the Leveling-Off of iPad Sales

対前年比で見ると iPad の伸びが頭打ちになってきていると広く言われていることについて Jean-Louis Gassée いわく:

Jean-Louis Gassée, on the widespread expectation that year-over-year iPad sales have leveled off:

感動に満ちたコマーシャルにもかかわらず、アップルの iPad に対する期待は現実的な可能性を大きく超えている。iPad だけを利用するユーザーの数は多いが、それ以外にもかなりの数の両刀使いのユーザー、すなわちタブレットと従来の PC を日常的に使用するユーザーが存在するのだ。

Despite the inspiring ads, Apple’s hopes for the iPad overshot what the product can actually deliver. Although there’s a large numbers of iPad-only users, there’s also a substantial population of dual-use customers for whom both tablets and conventional PCs are now part of daily life.

非現実的な期待から覚めたとき、iPad の売れ行きには小康状態が訪れると思う。多くのひとが当初期待したほど iPad が PC に取って代わるのは時期尚早だったと。

I see the lull in iPad sales as a coming down to reality after unrealistic expectations, a realization that iPads aren’t as ready to replace PCs as many initially hoped.

     *     *     *

要すれば

要すれば Gassée は、タブレットの売れ行きは頭打ちになる、iPad の成長には Mac のようにより高度の作業ができる能力が必要だといっている。

In short, Gassée is arguing that tablet sales have hit a wall, and that the iPad needs to grow more Mac-like capabilities for advanced tasks.

     *     *     *

iPhone を視野にいれると

Gassée に対して Benedict Evans がつぎのようにツイート。興味深い議論の輪が広がっている。

Gassée’s piece spawned an interesting thread on Twitter, in which Benedict Evans argued:

議論の前提: iPad の伸び悩みは PC 市場にとって悪いニュースであり、電話が PC 利用の大きなシェアを占めることができることを意味する。

Posit: slow iPad sales are worse news for the PC market: implies phones can take the greater share of PC use cases.

     *     *     *

iOS デバイスで考えると

これはなかなか説得力があると思う。われわれはタブレットの究極の役割を過大評価し、電話の役割を過小評価したのかもしれない。そしてこの議論は業界全体が5インチサイズの電話ディスプレイに向けて動いていることでいっそう混乱する。

I find that compelling. We might have overestimated the eventual role of tablets and underestimated the role of phones — and the whole argument is further muddled by the industry-wide move toward 5-inch-ish phone displays.

     *     *     *

最後の一行がとくに興味深い。

exhibit-no-413046

[消費者はアップルにないものを望んでいる:chart

アップル対サムスン裁判で表に出た証拠のひとつに上のスライドがあった。ライバルのように大型モデルを出さないと iPhone は伸びないというアップルの内部資料だ。

iPhone だけで考えれば、ライバルに対抗するためには大型スクリーン iPhone を出すのが必然のように思える。

一方 Gruber のコメントに従えば、iOS デバイスとしての iPhone と iPad はお互いに食い合う関係にあることになる。

ウワサの大型スクリーン iPhone についてアップルがどう出てくるのかたいへん興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Screen Shot 2014-02-12 at 11.34.09 AM

[アップルが Windows をこえた:chart

「これはじつに象徴的な瞬間だ」と Benedict Evans はいう・・・

Benedict Evans: “Apple passes Microsoft” by Benedict Evans: 12 February 2014

     *     *     *

マイクロソフトをこえたアップル

これはじつに象徴的な瞬間だ。2013 年第4半期にアップルが売った「コンピュータ」[注]の数が世界で売れた Windows PC の数をこえたのだ。[冒頭チャート参照。]Windows フォンをこれに加えればほぼ同じになる。

A symbolic moment, this: in Q4 2013 the number of computers* sold by Apple was larger than the number of Windows PC sold globally. If you add Windows Phone to the mix they’re more or less exactly equal.

[注] Mac + iPhone + iPod Touch + iPad

(*Macs, iPhones, iPod Touches and iPads)

これはまたモバイルの規模をよく示したものにもなっている。アップルはモバイルマーケットのハイエンドしか対象にしていないが、それでも PC 全体の売上げよりもっと多いのだ。

This is a pretty good illustration of the scale of mobile: Apple limits itself only to the high end of the mobile market but still sells more units than the whole PC industry.

     *     *     *

アップルの記録的第1四半期」には多くのひとが注目した。

アップルが「Windows と肩を並べた」ことを Horace Dediu が指摘したのも記憶に新しい。

この Benedict Evans の説明も直截で分かりやすい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Benedict Evans の論考がたいへん興味深い・・・

Benedict Evans: “Smartphone market share is not a metric” by Benedict Evans: 28 January 2014

     *     *     *

スマートフォンのマーケットシェアは物差しではない。

Smartphone market share is not a metric

本論は数学に関するものでもないのと同様、テクノロジー業界に関するものでもない。いやあるいはそうかも知れない。まずは3つのチャート。

This isn’t really a post about the tech industry so much as one about maths. Or, perhaps, three charts.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.37 pm

[世界のスマートフォン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

最初のチャートは、世界のスマートフォン販売台数に占めるアップルのシェア。フラットで、伸び悩み、ハッキリいえば滑り落ちている。そうだろう?

The first shows Apple’s share of global smartphone unit sales. Flat, stagnant and, to be honest, slipping. Right?

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.34.47 pm

[世界のモバイルフォーン販売台数に占める iPhone のシェア:chart

ふむふむ。では同じ数字を、こんどは世界のモバイルフォーン販売台数に占める割合で見てみよう。

Hmm. Now look at the same numbers, this time shown as a percentage of global mobile phone unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.30.22 pm

[iPhone 販売台数(実数):chart

ふむふむ。じゃあ、こんどは販売台数の実数だ。

Hmm. Now, actual unit sales.

     *     *     *

Screen Shot 2014-01-28 at 8.41.20 pm

[世界の Android および iPhone の販売台数(実数):chart

それに Android を加えてみると・・・

Now, let’s add Android to this.

     *     *     *

トヨタの例で考えると

かつてはスマートフォンのマーケットシェアを云々することが有意義で、重要な物差しだったときがあった。そんなときはもう過ぎた。これは米国における日本車の販売台数に占めるトヨタのシェアを語るのと似ている。なにがしかのことを語り、過去には非常に有用だったが、もはやそうではなくなった。

There was a point in time where talking about share of smartphone sales was a meaningful and important metric. That time has passed. It’s rather like talking about Toyota’s share of sales of Japanese cars in the USA: it tells you something, and was very useful in the past, but not any more.

     *     *     *

もはやスマートフォンのシェアだけでは不十分

アップルの将来については多くの問題があり、これらのチャートはそれぞれ異なった事柄について多くのことを — たとえば販売の伸びが明らかに減ってきていることを — 物語っている。しかし「スマートフォンのシェア」というだけではこれらの問題を考える有用な方法にはならないのだ。

There are lots of issues and questions about Apple’s future, and lots of different things going on in those charts, including a clear decline in the growth of sales. But ‘smartphone share’ is not a helpful way to think about those questions.

     *     *     *

日本車に対するトヨタの割合か、全車両に対する割合かという例がよく言い得ている。

たしかに iPhone が発表された時点ではスマートフォンとモバイルフォンは別だったかもしれないが、いずれモバイルフォンはすべてスマートフォンになる。

また先進国市場ではスマートフォンが飽和状態に近づき、新興国市場ではモバイルフォンとの競合関係も考えざるを得なくなってきたとき、比較すべきはどちらだろうか?

さらにはアンドロイドとの競合関係を考えるときに比較すべきはどちらだろうか?

Benedict Evans のチャートはひじょうに明快にその疑問を投げかけてくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

アップルが 2013 年第4四半期(7〜9月期)の業績を発表した。

Apple、第4四半期の業績を発表 | Apple (日本) – Apple Press Info
Apple Reports Fourth Quarter Results | Apple – Press Info

     *     *     *

iPhoneの販売台数が26%増え、過去最高の7〜9月期に

iPhone Sales Grow 26% to Establish New September Quarter Record

2013年10月28日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2013年9月28日を末日とする、2013年度第4四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は375億ドル、純利益は75億ドル、希薄化後の1株当り利益は8.26ドルとなりました。前年同期は、売上高が360億ドル、純利益が82億ドル、希薄化後の1株当り利益が8.67ドルでした。売上総利益率は、前年同期の40.0%に対し、37%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は60%でした。

CUPERTINO, California—October 28, 2013—Apple® today announced financial results for its fiscal 2013 fourth quarter ended September 28, 2013. The Company posted quarterly revenue of $37.5 billion and quarterly net profit of $7.5 billion, or $8.26 per diluted share. These results compare to revenue of $36 billion and net profit of $8.2 billion, or $8.67 per diluted share, in the year-ago quarter. Gross margin was 37 percent compared to 40 percent in the year-ago quarter. International sales accounted for 60 percent of the quarter’s revenue.

当社は当四半期、4〜6月期としては過去最高の3,120万台のiPhoneを販売しました。対する前年同期の販売台数は2,600万台でした。Appleはまた、当四半期中に1,460万台のiPadを販売しました。対する前年同期は1,700万台でした。当社は当四半期、380万台のMacを販売しました。対する前年同期は400万台でした。

The Company sold 33.8 million iPhones, a record for the September quarter, compared to 26.9 million in the year-ago quarter. Apple also sold 14.1 million iPads during the quarter, compared to 14 million in the year-ago quarter. The Company sold 4.6 million Macs, compared to 4.9 million in the year-ago quarter.

     *     *     *

数字は読むひと次第でどうにでも読める。

様々なひとがさまざまな読み方をしている。

いちばん単純なのは前年同期と比べて増えたの減ったのと論じることだろう。

Benedict Evans は何もいわずに、大きな流れを図示して見せた。

Benedict Evans: “Apple Q4” by Benedict Evans: 28 October 2013

1)アップルの業績と次期見込み

revenue_&_guidance

2)iPhone/iPad の四半期毎の販売台数

unit_sales

3)iPhone/iPad の販売価格の推移

selling_price

4)売上総利益率(gross margin)の推移

gross_margins

5)地域別売上げ

revenue_by_region

さあ、アナタはどう読む?

★ →[チャートを見る:Benedict Evans

Read Full Post »

Screen Shot 2013-10-23 at 10.42.10 pm

分離するタブレット市場

新しい Retina iPad mini の登場に伴い、旧モデルの価格は 299 ドルに引き下げられた。

それをめぐって Benedict Evans[ロンドンのリサーチコンサルタント会社 Enders Analysis のアナリスト]が興味深い指摘をしている。

Benedict Evans: “iPads, price and self-selection” by Benedict Evans: 24 October 2013

     *     *     *

サプライズはなかった

アップルの iPad イベントは予想範囲にとどまりサプライズはなかった。レギュラーサイズの iPad はいずれスピードが速くなり、より軽くなることは分かっていた。またいずれかの時点で iPad mini も Retina 化することは分かっていた。唯一の問題はサプライチェーンが十分なパネルを供給できるかどうか(一部事情通はそうならないといっていたが)、11月後半の出荷日、そして 400 ドルという価格が適正かどうかにかかっていた。

Apple’s iPad event was pretty unsurprising. It was obvious that the large one would be speed-bumped and get lighter. It was also obvious that the Mini would get retina at some point – the only question was whether the supply chain could deliver enough panels now (with some well-informed people suggesting it could not), and the late-November ship date and $400 price point to how close it was.

     *     *     *

指紋認証もなかった

どちらの iPad にも指紋認証が搭載されなかったのは驚きだった。これまたサプライチェーンの問題かもしれない。しかしアップルが念頭におく(モバイルペイメント)プラットフォームは(指紋認証を立ち上げるには)ユーザーベースが小さすぎるということを意味しているのだろう。

The lack of fingerprint scanning in both the new models was a surprise – it may again be a supply problem, but it means that any platform play Apple has in mind (ie payment) will have a smaller install base to launch onto.

     *     *     *

旧モデル Mini が 300 ドルに止(とど)まったナゾ

しかし大きなナゾは、旧モデル Mini が 300 ドルまでしか下がらなかったことだ。これは Retina mini と並ぶ解像度の Nexus 7 の 230 ドルと比べても見劣りがする。グーグル Nexus 7 の販売マージンは非常に低いが、それにしても旧モデル Mini の価格は 275 ドルとか 250 ドルではなく 300 ドルにしか出来なかったのだろうか? アップルはいったい何を考えているのだろう?

However, the big puzzle is the price the now old Mini is discounted to: $300. This compares poorly to a new Nexus 7, with comparable resolution to the retina Mini, at $230. The Nexus 7 is of course being sold at very low margin by Google, but does the old Mini really need to be $300 rather than, say, $275 or $250? What is Apple thinking?

     *     *     *

タブレットの販売予想

単純化していえば、アップルのマーケットシェアは明らかに小さくなっている。冒頭のチャートは今週ベイ・エリアで行なったプレゼンテーションのものだが、私のタブレット販売予想を図示したものだ。(上に行くほど伸び率が大きい。四半期予測のできるデータがない Kindle Fire は含まれていないが、米国外や特定の限られたマーケットではあまり意味がない。)

On a simplistic level, Apple’s tablet market share is clearly shrinking. The chart below, taken from a presentation I’ve been giving in the Bay Area this week, shows my estimates of tablet unit sales. (They’re in increasing order of certainty as you go from top to bottom. Kindle Fire is not included, since I lack the grounds to do quarterly estimates, but obviously it is not relevant outside the USA and a few other markets).

     *     *     *

プライスウインドウ(price window)

最近のアップルの売れ行きが減っているのは、主に製品サイクルの問題によるものだ。だがそれ以外のタブレットの成長は目覚ましい。それなのに未だアップルは iPad の下に安いプライスウインドウ[price umbrella とも:ライバルに参入の余地を残す価格帯]の存在を許している。なぜなのか?

Apple’s recent sales decline is largely a product cycle issue, but clearly, sales of other tablets are growing fast. And yet Apple is allowing the price window underneath the iPad to become meaningful. Why?

     *     *     *

売れない Nexus

このチャートで自分がいちばん興味があるのは、Nexus の売上げが非常に小さいことだ。Nexus はクリーンな Android がインストールされ、非常に意欲的な価格設定になっている。しかしグーグル自身の数字でもほとんど売れていない。どうして? いったいなぜ Nexus 10 の売上げは 100 万台にも達しないのか?

To me, the really interesting thing about this chart is how small Nexus sales are. Here is a good device with a nice clean Android install, sold at a very aggressive price. On Google’s own numbers, almost no-one buys it. Why? Why do sales of the Nexus 10 appear to be under 1m units?

     *     *     *

Nexus 以外の Android タブレットは?

一方どのデータを見ても — インストールされたアプリの数、ウェブでの利用、その他サードパーティの利用数字を見ても — 使われているタブレットの4分の3は iPad だ。Nexus 以外の Android タブレットはいったいどこへ行ってしまったのか? いったいどうなっているのか?

Meanwhile, every single data set shows iPad with at least three quarters of tablet use, be it app installs, web use or any other third-party engagement metric you want. Where are all those other, non-Nexus Android tablets? What’s being done with them?

     *     *     *

いま起きていること

いま起きているのはこういうことだろうと思う。 — アップルやスティーブ・ジョブズが造り出した「ポスト PC ビジョン」を望むのであれば、そんなひとは iPad を買うだろう。そんなマーケットの大部分をアップルが占め、そんな利用目的で iPad が使われることになる。これは驚くにはあたらない。Android のタブレットアプリは、Android の電話アプリと同じような意味で、iPad に大きな遅れをとっているからだ。

What seems to be happening is that if you want the post-PC vision that Apple and Steve Jobs created, you probably buy an iPad, and Apple has a large majority of that market, and hence of the use of devices for that purpose. This isn’t very surprising: the Android tablet app offer remains far behind the iPad in a way that the Android phone app offer does not.

     *     *     *

中国製ノーブランド Android タブレット

一方別な側面もある。ノーブランドの黒い中国製 Android タブレットが Nexus 7 の半額の 75〜150 ドルで売られていることだ。大量に売られているのだが、実際の使われ方は非常に異なっているように見える。

But there’s also another proposition, a $75-$150 black generic Chinese Android tablet, half the price of a Nexus 7. That proposition is also selling in huge numbers, but it appears to come with a very different type of use.

     *     *     *

「タブレットのフィーチャーフォン」

なぜみんなは(ノーブランド Android タブレットを)買うのか? いったい何に使っているのか? これらのタブレットは専ら中国[グラフのいちばん上のピンクの部分]や新興マーケット、西洋低所得者層で売れている。ウェブや無料ゲームにも少しは使われているようだ。読書もいくらかあるかもしれない。しかし大部分はビデオの視聴だ。事実、多くの購買者にとってこれらタブレットはテレビと競合しているのであって、iPad や Nexus、Tab と競合しているのではないと主張することもできるかもしれない。その使われ方がどうであるにせよ、iPad とは異なっているのだ。実際のところ、これらのタブレットは(いわば)「タブレットのフィーチャーフォン」なのだ。

Why are people buying these? What are they being used for? They’re mostly in China (that’s the pink bar above) and emerging markets and in lower income groups in the west. And it seems that they’re being used for a little bit of web, and a bit of free gaming. Perhaps some book reading. And a LOT of video consumption. In fact, one might argue that for many buyers, these compete with TVs, not iPads, Nexuses and Tabs. But regardless of what they’re being used for, they’re not being used the way iPads are used. In effect, they are the featurephones of tablets.

     *     *     *

2つのタブレットマーケット

もしこの仮説が正しいとすれば、iPad は(iPhone と違って)未だ競争上の脅威に晒されておらず、300 ドル Mini に競合問題はないことになる。実際は2つのまったく異なるマーケットが存在するということだ。ひとつはアップルが圧倒的に優勢な「ポスト PC ビジョン」、もうひとつはタブレットの名で呼ばれてはいるがまったく別物の超低マージンの製品という2つのマーケットだ。

If this theory is correct, it suggests that Apple’s $300 Mini really isn’t a competitive problem, because the iPad doesn’t yet face a strong competitive threat (quite unlike the iPhone). Rather, there are actually two quite different markets: the post-PC vision, where Apple is dominant, and a ultra-low margin product that’s also called a tablet but which is really a totally different product.

     *     *     *

タブレットにもフィーチャーフォンがあると見立てたところが眼目だ。

タブレットのマーケットシェアを論じるときに見落としてはならない視点だろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »