Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘BBC’

Update 2》BBC の番組を見る
Update》アップルは深い怒りを覚える

pegatron_bbc

[製造ラインで眠りこける労働者:BBC

iPhone 6 を製造する上海の Pegatron 工場に潜入した BBC のドキュメンタリー番組。「アップルの裏切られた約束:アップルは中国の労働者を保護していない。」

Apple ‘failing to protect Chinese factory workers’ | BBC News

     *     *     *

苛酷な製造現場

上海郊外の Pegatron 工場で昼夜2交代シフトで疲労困憊した労働者が眠りこけている様子が撮影された。

Exhausted workers were filmed falling asleep on their 12-hour shifts at the Pegatron factories on the outskirts of Shanghai.

アップルコンピュータの部品を製造する工場で働くおとり労働者のひとりによれば、繰り返し休日をとらしてくれと訴えたにもかかわらず、18日間ぶっ続けで働かなければならなかったという。

One undercover reporter, working in a factory making parts for Apple computers, had to work 18 days in a row despite repeated requests for a day off.

他のおとり労働者の場合、シフトは最長で16時間にも及び、「寮に戻ると動きたくもない」という。

Another reporter, whose longest shift was 16 hours, said: “Every time I got back to the dormitories, I wouldn’t want to move.

「腹がすいていても、起き上がって食べる気にもならない。ただ横になって休みたいだけ。ストレスで夜も眠れない。」

“Even if I was hungry I wouldn’t want to get up to eat. I just wanted to lie down and rest. I was unable to sleep at night because of the stress.”

     *     *     *

秘密裡に撮影されたという Pegatron 工場の内部映像から外部からは窺えない様子が見てとれる。

同じ番組ではインドネシア Bangka 島の錫採掘鉱山で12歳の少年が違法な労働をしている様子も撮影されているらしい。

時あたかも作っても作っても需要に応じきれない iPhone 6/Plus が話題になっている最中なので、気になる話ではある。

思い出されるのは NY タイムズが、「誰にも愛される iPad は過酷な低賃金搾取労働の象徴だ」とアップルを攻撃する記事を載せたときのことだ。

ちょうどアップルが歴史的ともいえる桁外れの純利益を叩き出した直後のことだった。

名実共にアメリカのトップ企業となったアップルが、NY タイムズ記事をきっかけに一気に中国の低賃金搾取労働の象徴として矢面に立たされたことも記憶も新しい。

今回もある意味似たような状況にある。

瞬間風速とはいえ前人未到の時価総額7千億ドル超えを記録した直後、順風満帆と思えるアップルを襲ったのは、前回の NY タイムズに代わって今回は BBC というわけだ。

頂上に吹く風は激しいとはいえ、今後の展開が注目される・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》アップルは深い怒りを覚える(12月20日)

BBC の報道に対しアップルがただちに反撃している。オペレーション担当上級副社長 Jeff Williams から英国のスタッフへのメールという形で。

Apple goes to war with the BBC | Telegraph

     *     *     *

深い怒りを覚える

昨夜 BBC の番組 Panorama はこれらの価値観[注:アップルは世界の人権と平等の向上に専心するという価値観]に問題を投げかけた。多くの皆さん同様に、ティム・クックと私[Jeff Williams]はアップルがサプライチェーンの労働者に対し約束を破った、あるいは形はどうあれ顧客を欺いたという指摘には深い怒りを覚える。

Last night, the BBC’s Panorama program called those values into question. Like many of you, Tim and I were deeply offended by the suggestion that Apple would break a promise to the workers in our supply chain or mislead our customers in any way.

事実と考え方について皆さんにお話したい。これらはすべて BBC に対しても事前に説明したが、明らかに番組では取り上げなかったものだ。

I’d like to give you facts and perspective, all of which we shared with the BBC in advance, but were clearly missing from their program.

Panorama の報道はアップルが労働環境の改善を行っていないと示唆している。はっきりさせておきたいが、これほど事実とかけ離れたことはない。

Panorama’s report implied that Apple isn’t improving working conditions. Let me tell you, nothing could be further from the truth. […]

     *     *     *

英国の5000人のスタッフに宛てたメールの全文はこちら

こと人権に関してはティム・クックのアップルは一歩も退かない・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》BBC の番組を見る(12月21日)

BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube
[BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube

物議をかもしている BBC の番組だが、番組そのものは英国内でしか見れない

いろいろ探してみたら、一部は YouTube でも見れるようになっていた。

3人の覆面記者を潜入させた Pegatron の初めての内部映像は多くのことを語っているが、インドネシアの錫採鉱現場のシーンは衝撃的だ。

愛用しているガジェット機器の背後にこんな製造国・原産国の事情があることを知ると心が重くなる。

しかし BBC の製作意図が窺える一方で、ここまでアップルの責任を追及できるのかという疑問も生じる。

Pegatron や Foxconn で ODM 製造しているのはアップルに限ったことではない。世界の多くの家電メーカーが依存しているのは周知の事実だ。また、錫を輸入してアルミ製品に利用しているメーカーもこれまた沢山ある。

中国やインドネシアの劣悪な労働環境や環境汚染をすべてアップルの責に帰するのは酷ではないのか・・・

とまれ何が問題になっているのか、自分の目で確かめておきたい。

広告

Read Full Post »


[Children of the Tsunami | BBC Two
[Fukushima child’s playtime starts with a fallout check | YouTube

BBC が今年3月1日に放映した『Japan – Children of the Tsunami』(つなみのこどもたち)の中から:

9歳の少女が放射能で激変した生活について語る。

最後に少女が語ることばが胸を打つ。

     *     *     *

話すっていう気持ちが湧いてこなかった・・・

なんか、悩み自分で持ってるより、伝えたり書いたりする方がスッキリするから・・・

I felt better writing about it than keeping my fears to myself

話すっていう気持ちが — なんか、勇気が湧いてこなかった — 家族なんだけど・・・

I wasn’t brave enough to speak to Dad, or Gran, even though they’re family

こわかったから・・・

I was scared…

     *     *     *

家族にすら語れない心の傷を抱えた子供たち・・・

事故の傷跡の深さを思うとことばを失う。

[via 5n6

★→[ビデオを見る:BBC

Read Full Post »


[【Part1】「メルトダウンの内側」日本語字幕付き/”Inside the Meltdown”1/4 | YouTube]

あの未曾有の惨事を、外国のメディアが、当時現場にいたひとたちの証言をもとに再構成している。

福島原発事故そのものに迫った BBC の『This World 2012: Inside the Meltdown』(2012 年の世界:メルトダウンの内幕)。

今年2月に放映された内容を YouTube で見ることができる。

BBC This World 2012: Inside the Meltdown 576p HDTV x264 AAC MVGroup org | YouTube

日本語字幕付きはこちら。

【Part1】「メルトダウンの内側」日本語字幕付き/”Inside the Meltdown”1/4 | YouTube
0311。リメンバー、震災 | ギズモード・ジャパン

     *     *     *

あのとき、そういうことが起きていたのかと思う。

現場の証言を得たのが外国のメディアであることに複雑な思いがする。

そのカメラに答える某国のトップリーダー。自国民に直接語りかけることはないのに。

そして、このような「事実」を未だ伝えることのない某国のメディア。

見終わってやりきれない思いがつのる・・・

★ →[ビデオを見る:YouTube Video

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Ld
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »

Horace Dediu が興味深い問題提起をしている。

つぎの世界地図から何が読み取れるだろうかと・・・

asymcos: “The TV store” by Horace Dediu: 23 December 2011

     *     *     *

123 か国で iPhone が売られ、iTunes アプリが買える

つぎの地図は iTunes アプリが入手可能な国を示している。

The following map shows the countries where iTunes Apps are available.

全部で 123 か国。これはまた iPhone が入手可能な国の数でもある。

It represents 123 countries. It also shows where the iPhone is currently available.

     *     *     *

51 か国で iTunes の音楽が買える

次の地図は iTunes の音楽を購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes music can be purchased.

白地図の国では音楽は買えないが、アプリなら買える。音楽を購入できる国の数は 51 か国。アプリは買えるが音楽が買えない国の数は 72 か国。

The countries in white are countries where apps are available but music isn’t. There are 51 countries where you can buy music and 72 where you can buy apps but not music.

     *     *     *

6カ国で iTunes のテレビ番組が買える

つぎの地図は iTunes のテレビ番組が購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes TV shows can be purchased.

前の例と同じく、白地図の国ではテレビ番組は買えないがアプリなら買える。テレビ番組が購入できる国の数は6カ国。117 か国では音楽[テレビ番組?]は買えないがアプリは買える。

As in the previous chart, the countries in white are those where apps are available but TV shows aren’t. There are six countries where you can buy TV shows and 117 countries where you can buy apps but not music.

     *     *     *

ウイルスのように広がるアプリ

(iTunes の定義する)デジタル音楽が米国以外に広まったのは 2004 年からだ。その後7年かけてなんとか 50 か国まで広がった。テレビ番組についてはもっと時間がかかっている。6年かけても限られた数の国にしか広まらず、米国においてすら購入できるテレビ番組は制作される数のほんの一部に限られている。

Digital music (as iTunes defines it) started expanding outside the United States in 2004 and managed to reach these 50 other countries in seven years. TV shows took a much slower route. Not only has there been a limited selection of countries in six years of expansion but even the US, the programs available are a tiny subset of what is being produced.

テレビビジネスは音楽に比べて氷河のようにゆっくり動くのか、それともまったく動かないのか? いずれにせよ、「デジタルメディアとしてのアプリ」はウイルスのように確実に広がっている。

Is the TV business going to expand digital distribution at the glacial rate of music or not at all? In either case, the distribution of Apps as a digital medium is positively viral.

     *     *     *

音楽やテレビ番組そのものではなく、「デジタルメディアとしてのアプリ」に着目したらどうなるか。

Horace Dediu に触発された Erick Schonfeld の「Apps Are Media」[アプリはメディアである]がオモシロい。

アプリをデジタルメディアとして捉えれば、ウイルスのようにデジタル化が広がっていることがわかると。

     *     *     *

でも、どうせ日本では・・・と悲観的な反応も出てきそうな気がする。

映画とテレビは旧来メディア業界の最後の牙城だ。そう簡単には崩せまい。

メディア業界の競争はそう簡単にデジタル流通を許さないだろうというわけだ。

     *     *     *

もうひとつ気になる点がある。

日本特有の著作権制度だ。

林 伸夫氏の「iCloud、iTunes Matchは日本では実現不可能?」が示唆に富んでいる。

とくに事実上公開を不可能にする「著作隣接権」の話が気に懸かる。

著作隣接権の概念のない米国では著作権を所有する会社ないしは著作権保有者本人と交渉し、権利をクリアすればよい。ところが日本では、送信可能化権や複製権を主張できるのは楽曲の原著作権所有者だけではなく、演奏に関わった演者、歌手、制作会社、放送事業者など著作隣接権保有者も含まれる。・・・

     *     *     *

かつて外国人研修生用に現代日本の教材を作ったことがある。

敗戦直後の焦土や原子爆弾に関する映像資料は NHK はじめ公的資料をいくら探しても見つからなかった。ところが BBC の映像ライブラリーに日本の戦争や過去に関する映像が山ほどあるのを見つけて複雑な思いをした。

今考えれば、この背後にも日本特有の著作権制度があったのではないか思う。

歴史的事実に関する映像ですらそうなら、商業作品としてのテレビ番組や映画についてはほぼ絶望的ということになるのだろうか。

経済競争に負けるだけならともかく、法制度の面でもガラパゴス化するのではたまらない気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

bbc-iplayer-service-going-global.jpg

BBC iPlayer

はしなくも興味深い Android 対 iOS の比較が明らかになった。BBC iPlayer だ。

Daring Fireball: “BBC iPlayer Usage, iOS vs. Android 2.2 Devices” by John Gruber: 27 August 2010

     *     *     *

6,400 本対 5,272,464 本

情報公開要求に基づいて BBC が明らかにしたところによると:

From a Freedom of Information request in the UK:

「2010 年7月に、BBC iPlayer を使って Android デバイスにストリーミングされた BBC の番組は 6,400 本だった。」

“In July 2010 6,400 programmes were streamed from the BBC iPlayer to Android devices. […]”

「同じ時期に、BBC iPlayer でアップルの iPhone・iPod Touch・iPad にストリーミングされた番組数は 5,272,464 本だった。」

“In July 2010 there were 5,272,464 programmes requested via the BBC iPlayer from Apple iPhone, iPod Touch and iPad devices.”

     *     *     *

フラグメンテーション

数にかくも開きがあるのはなぜか? それは Android ユーザーが Flash に対応した iPlayer でしかアクセスできないためだ。Flash に対応するのは Android 2.2 だけ。Android 端末の大多数は、最新のものですらひと昔前のバージョンの OS を利用している有様だ。

Why so striking a difference? Because Android users can only access iPlayer using Flash, Flash is only available on Android 2.2, and the overwhelming majority of Android handsets — even brand-new ones — are still running older versions of the OS.

     *     *     *

楽できるプロバイダ

当然のことながら、Flash をインストールした iOS ユーザーはいない。これが Android が公式に Flash をサポートしたことの当然の結果なのだ。これによって BBC のようなプロバイダは楽な方法がとれることになる。もし iOS がちゃんと Flash をサポートしたとしたら、BBC は iPhone 専用の iPlayer アプリを開発しただろうか? 逆に Android が Flash をサポートしたことが Android 専用の iPlayer ネイティブアプリを開発するより妨げになっただろうか?

But, of course, there are no iOS users with Flash installed. That’s what I see as the main problem with Android’s official support for Flash: it gives providers like the BBC an easy way out. Would there exist a dedicated iPlayer app for the iPhone if iOS had supported Flash all along? Does Android’s support for Flash make it less likely that the BBC will develop a native iPlayer app for Android?

     *     *     *

バッテリーはどうか

(そしてまた、Flash の動く Android フォンと、iPhone 4 の iPlayer で、バッテリーの持続時間がどの程度変わるか比べてみたいとは思わないか?)

(And wouldn’t you like to see a battery life comparison between iPlayer on an iPhone 4 and a few Android phones running the Flash version?)

     *     *     *

ネイティブではなく Web アプリ

アップデート:私の間違い。iOS 用の BBC iPlayer はネイティブアプリではなかった。H.264 ビデオストリームに対応した Web アプリだった。でも、それならなぜ Android フォンはそれが使えないのか?

UPDATE: My bad: ends up the BBC iPlayer for iOS devices is not a native app — it’s a web app that serves H.264 video streams. But then why can’t Android phones use that, too?

     *     *     *

広範な利用が期待されるオープンプラットフォームでも現実はそうなっていない。概念としての「オープンさ」も、現実世界においては一筋縄ではいかない?

Android OS のフラグメンテーションはそれほど問題が大きいということか・・・

NHK が BBC iPlayer に類するものを作ったとしたらどんな結果になるだろうか。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »