Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Backlit Keyboard’


さっそく分解された13 インチ MacBook Air

最新アップル製品の分解はいまや iFixit の独壇場だ。バラシの早さ、見やすい写真、分解の手順、必要工具など、iFixit の右に出るものはいない。

発売されたばかりの 13 インチ MacBook Air を iFixit がさっそく分解している。

iFixit: “MacBook Air 13″ Mid 2011 Teardown“: 21 July 2011

iFixit の分解に基づいて Ars Technica が解説を加えた。

Ars Technica: “Sandy Bridge’s GPU makes room for Thunderbolt in new MacBook Air” by Chris Foresman: 22 July 2010

     *     *     *

変更された点は

アップル最新の MacBook Air がはやくも iFixit のラボで12のパーツに分解された。内部も外部も、昨年10月に出た一世代前のモデルとほぼ変わらない。変更されたのはバックライトキーボード、Bluetooth 4.0、Thunderbolt をサポートするため変更だけだ。

Apple’s latest MacBook Air has already made its way to iFixit’s labs, and it’s currently in 12 pieces. Though its insides and outsides are barely different from the last-generation Air released last October, a couple internal changes were necessary to add support for the backlit keyboard, Bluetooth 4.0, and Thunderbolt.

     *     *     *


ユニボディ Air

ペンタローブの特殊ネジ

iFixit の説明では、MacBook Air の外部から分かる唯一の変化は高速インターフェイスの Thunderbolt ポートだけだ。カーブしたアルミユニボディ底部に同じ10本のペンタローブ[pentalobe:五角形の花形]特殊ネジで固定されている。だからペンタローブドライバーを使えば前モデル同様簡単に内部にアクセスできる。

iFixit noted that the only identifiable change in the exterior is the “lightning bolt” that denotes the new MacBook Air’s Thunderbolt port. The same ten pentalobe screws hold the bottom plate on the carved aluminum unibody, so with the right screwdriver it’s as easy to access the internals as the previous models.

     *     *     *

直付けの RAM、直付けでない SSD

内部もほぼ同じで変わらない。新しい Air は昨年のモデルと同じく小型のブレードタイプ SSD を使用している。だからその気になればユーザーがアップグレードすることも可能だ。RAM はマザーボードに直付けのままだ。スピーカエンクロージャ、バッテリー、クーリング、ロジックボードの大部分も前のモデルと同じだ。

Inside, things are largely the same as well. The new Airs use the same small, blade-type SSDs as last year’s model, so it’s possible to upgrade on your own if you like. And RAM remains soldered directly to the motherboard. Speaker enclosures, battery, cooling, and the overall logic board are also the same.

     *     *     *

ワイヤレスチップは Broadcom

しかし変更された部分もいくつかある。新しいワイヤレスモジュールには Bluetooth Low Energy (BLE) をサポートするシングルチップ Bluetooth 4.0 プロセッサ「Broadcom BCM20702」が採用されている。iFixit によれば、Bluetooth の新標準によってセキュリティが増し、待ち時間もほとんどなく、電力消費も少ないという。

However, there are a few changes. An updated wireless module includes a Broadcom BCM20702 Single-Chip Bluetooth 4.0 Processor with Bluetooth Low Energy (BLE) support. According to iFixit, the newer Bluetooth standard offers improved security, very low latency, and less power consumption.

     *     *     *


13 インチ MacBook Air のロジックボード。赤が Intel Core i5 プロセッサ、オレンジが Intel PCH]

NVIDIA の統合コントローラは不要に

グラフィックスはインテルのオンダイ HD 3000 IGP で処理されるようになったので、統合グラフィックス対応の NVIDIA 320M コントローラは不要になった。それに代えてインテルのプラットフォームコントローラ「E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K」が使われている。同部品に関する情報はインテルのサイトで見られる。統合 Thunderbolt コントローラがこれに含まれているようだと Kyle Wiens[iFixit CEO]はいう。

With graphics now handled by an on-die Intel HD 3000 IGP, there is no longer a need for the NVIDIA 320M controller with integrated graphics. That chip has been replaced with an Intel platform controller hub labelled “E78296 01PB10 / E116A746 SLJ4K.” Information about the particular part isn’t on Intel’s website, but iFixit CEO Kyle Wiens told Ars that it likely includes an integrated Thunderbolt controller.

     *     *     *

バックライトキーボード

最後に、MacBook Air にバックライトを採用するため LED および光学回路が追加された。バックライト電源のため LED アレイをロジックボードにつなぐリボンケーブルが追加された。

Finally, the keyboard now contains a series of LEDs and optical channels necessary for the return of a backlit keyboard to the MacBook Air line. A new ribbon cable connects the the LED array to the logic board to provide power for the backlighting.

     *     *     *

製造中止になった MacBook

Sandy Bridge チップ搭載 MacBook Air の修理難易度は前と変わらず 4/10[10/10 が一番易しい]だという。Air 特有の部品とペンタローブネジがその理由で、一般ユーザーに内部を触らせないようになっているのだ。「アップルにとっては今日は素晴しい日かもしれないが、修理業者にとっては悲しむべき日だ」と iFixit の Miro Djuric はEメールでいう。「アップルはシンプルでサービス可能な白い MacBook をこのほっそりしたセクシーな MacBook Air で置き換えてしまった。」アップルはひっそりと MacBook を製造中止にしてしまったのだ。

iFixit awarded the new Sandy Bridge-powered MacBook Air a 4/10 for repairability—the same as the preceding model—due to its use of largely proprietary parts and pentalobe screws meant to keep the average user from getting inside the machine. “Although today is an exciting day for Apple, it’s a sad day for consumer repair,” iFixit’s Miro Djuric said via e-mail. “Apple decided that this ‘svelte and sexy’ MacBook Air will replace the ‘simple and serviceable’ white plastic MacBook,” which Apple unceremoniously discontinued on Wednesday.

     *     *     *

Ars Technica があまり触れていないスピードについては、 Bare Feats が一世代前の Air の倍になったと報告している。

MacBook Air と引き換えにラップトップのスタンダードモデル MacBook を生産中止にしてしまったのはさすがにショックだ。

この点については The Loop が行なったアップル担当役員とのインタビューが興味深い。

The Loop: “Apple execs discuss Lion, MacBook Air, Mac mini, Thunderbolt display” by Jim Dalrymple: 20 July 2011

     *     *     *

MacBook Air の方が人気が高い

新型 MacBook Air の発表と同時に白の MacBook が姿を消した。消費者の動向を考えれば当然だとアップルはいう。

With the release of the new MacBook Air came the demise of the white MacBook. Apple said it made sense after seeing the trends of its customers.

「ひとつは MacBook Air の方が MacBook より人気があるということ」と David Moody[アップルのハードウェア製品マーケティング担当副社長]はいう。「重さもボリュームも半分なのにもっといろんなことができるから。」

“One of the things we saw is that the MacBook Air was simply more popular than the MacBook,” said Moody. “It does more in half the weight and in half the volume.”

     *     *     *

MacBook Air はラップトップのスタンダードモデルでありながら、シロウトが内部をいじることなぞかなわない存在となった。


大部分を占めるバッテリー

iFixit のバラシをみて改めて感じるのは、Air の中身の大部分がバッテリーで占められていることだ。

バッテリーの進化次第ではまだまだ変化が期待できるということか・・・

★→[原文を見る:iFixit
★→[原文を見る:Ars Technica
★→[原文を見る:The Loop

Read Full Post »