Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘ATP’

atp

[ATP の3人:image

プロトタイプに基づいたウワサ

Mark Gurman のスクープは各方面の注目を浴びている。しかしこれはあくまでプロトタイプに基づくウワサに過ぎない。Serenity Caldwell のコメントがそんな気持ちを代弁しているようだ。

まずハッキリさせておきたいのは Gurman の記事とモックアップは内部のプロトタイプに基づいた情報だ。だから次期 MacBook Air はこれとはまったく違ったものになる可能性だってある。しかしもし正しければ、・・・これは間違いなく興味深い情報だ。

Now, before I go any further, I’m going to note that Gurman wrote and mocked up the machine based on an internal prototype, so it’s entirely possible that Apple’s next MacBook Air will look nothing like this. But if it did, well… it’d sure be an interesting […].

     *     *     *

そんな中で Gurman のスクープを取り上げた ATP(Accidental Tech Podcast)のギークたちの視点がとても興味深い。[1時間 20 分頃から]

99: Pop-Up Headlights | Accidental Tech Podcast

そんなことをアップルがやるだろうか

Marco Arment が「もし本当なら12インチ MacBook Air の話はおもしろい。但し書き付きのビッグ if だが・・・」と話しだすと、John Siracusa が「本当かどうかなんてどうでもいいことだ。問題はそんなことをアップルがやるだろうかという点だ。そしてそんなものをキミは欲しいと思うだろうかという点なのだ」と切り返す。

Siracusa のことばを聞いたとき、ああこれだなと妙に納得するものがあった。

     *     *     *

ウワサの真偽より、果たしてアップルがそんなことをするだろうかという Siracusa の視点には改めてはっとさせられる。「アップルの哲学的メッセージ」(Philosophical message of Apple)は果たしてそうかという言い方を彼はする。

このあと Siracusa がリードする形で3人のギークの議論が進行する。まずそんなことが技術的に可能なのか、可能だとして果たしてアップルがそんなことをするだろうか、そして最後にキミはそんなものを欲しいと思うのかと・・・

シングルポートの問題が議論の中心となるが、それ以外にも様々な問題がカバーされる。

Siracusa は MagSafe がなくなる点を疑問視する。「コードを引っ掛けてラップトップを壊す可能性のあった MagSafe のない時代になんか戻りたくない。」 また USB Type-C ポートがひとつだけという点も哲学的メッセージとしておかしいと。もしこんな製品が出たら自分は様子見だと彼はいう。

外出時の使用という観点から Marco Arment はバッテリーの持続時間を問題にする。薄さにこだわるあまりバッテリーにしわ寄せがいっているのではないかと。

これはひょっとして ARM 搭載マックではないかという Casey Liss の指摘も興味深い。これは残りの2人から否定されるけれども・・・

     *     *     *

果たしてアップルがそんなことをするだろうかという視点は他のギークにも共通している

John Gruber がスクープの問題点をひとつずつ潰しているのもそういう点から考えれば十分納得できる。

Jason Snell にいたってはもっとハッキリしている。「アップルがそんなラップトップを出したりするだろうか?・・・ アップルならきっとそうするに違いない」と。

     *     *     *

ギークがウワサ話をどう捉えるかという意味で ATP のポッドキャストはとても興味深い。

ウワサが本当かどうかはたいして重要ではない。大切なのはアップルが果たしてそんなことをするだろうかという視点だ。そんな視点の欠けたウワサ話は飛びつくに値しない。そんな話を取り上げる先陣争いにも意味はない。

Mark Gurman のスクープという意味だけでなく、ギークの考え方を知るという点でも ATP のポッドキャストは一見(一聴)の価値がある。

これだけ反響を呼んだスクープなので、Gurman が続報を書くのは間違いなさそうだ・・・

広告

Read Full Post »

iOS_7_icons

[iOS 7 のアイコン:image

Marco Arment はストレートで、核心を衝いて好きだ。

書いたものもそうだが、耳で聞くと一層それが際立つ。だから彼の出るポッドキャストはどれも楽しみだ。

なかでも「Accidental Tech Podcast (ATP)」は楽しい。

自称ナード連中が歯に衣着せず語るところも、登場する面々の組み合わせもなかなかオモシロい。

思ったことをズバリいう Marco Arment と、一家言あって何かにつけて必ず反論せずにはおれない John Siracusa、2人の間でバランスをとる Casey Liss がなんとも絶妙だ。

WWDC について触れた最近の ATP から、とくに印象に残ったことをひとつだけ・・・

18: Aluminum-Colored Aluminum | Accidental Tech Podcast

     *     *     *

WWDC から帰った Marco Arment が、iOS 7 ベータを iPhone 4S で奥さんに見せた。

すると奥さんが[51 分ごろ]、

「なにこれ、とても安っぽいわね!」

“Eew, this looks really cheap!”

ホームスクリーンのアイコンがひどいので反発したせいだという。

「こんなの欲しくない。こんなの使いたくない。なんかヤダ。どうなっちゃうのかコワイ。」

“I don’t really wanna keep using this. I don’t really wanna playing with this. This is kind a gross, and I’m a little scared of where the going here.”

ところが、夕方になって自分の iPhone 4S と比べて、

「ねえ、これって古い感じがする。」

“You know what, this looks old.”

「新しいのが欲しくなってきたわ。白い iPhone が・・・」

“Actually I want the new one, and I want a white iPhone now.”

     *     *     *

奥さんを一般ユーザーの代表にしたワケだが、一般ユーザーの目から見ても iOS 7 は判然と異なって見えるということだろう。

それも iOS 7 がモダーンに、これまでのものが古くさく見えてしまう、と・・・

     *     *     *

そういえば John Gruber も iPad mini の第一印象を奥さんに語らせたことがあった。

ちなみに Gruber の奥さんが初めて WWDC に登場しているが、ダンナに劣らず彼女もなかなかの女傑だ・・・

★ →[ポッドキャストを聞く:ATP

Read Full Post »