Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Apps’

GettyImages.Stream.app

[Stream アプリ:AppleInsider

最も充実したデジタルコンテンツのライブラリとして知られる Getty Images が、自社コンテンツの検察ツール Stream を公開している。

これはすべて Swift だけで書かれたアプリだという。

Daniel Eran Dilger が開発者とのインタビューをまとめているが、Swift のケーススタディとしてたいへん興味深い。 

Apple’s new Swift programming language takes flight with Getty Images, American Airlines, LinkedIn, and Duolingo | AppleInsider

     *     *     *

すべては WWDC から始まった

Getty Images が「Stream」を開発したそもそもの始まりは、同社のアプリ開発部門のマネージャー Raphael Miller が昨年の WWDC で2日間のハッカソン(hackathon)に参加したことだった。その結果 Getty Images のデジタルライブラリを検索する iOS・OS X アプリ Stream が生まれた。

     *     *     *

さまざまな開発者

経験を積んだ Objective-C の上級開発者はもちろんすぐ Swift を使えるようになったが、そうでない若い開発者 — 1〜2年程度の C# 経験者や Java を習っただけの大学出たて — にとってはとくに取っつきやすいのが注目されたと Miller はいう。Ruby に習熟したウェブ開発者もまた、これまでとはシンタックスが異なる Objective-C より Swift の方が使いやすそうだったとも。

新規開発者にとっても Swift をアップルプラットフォームのデフォルト言語にすれば、Mac の Cocoa や iOS の Cocoa Touch API を理解し、習熟しやすくなるという。

     *     *     *

少ないコードで多くのことを

Miller は Swift のことを「より高性能な(pretty performant)」言語だという。開発者の生産性を高められることが主たるメリットだ。冗長な Objective-C にくらべ、Swift の簡潔さは「少ないコードでより多くのことをやる」ことが可能で、「日常的なことをすばやく片づけられる」という。この点は Ruby の開発者にとってとくに魅力的だ。その結果「少ないコードでより多くのプログラミングができる」からだ。新しいコンセプトのプロトタイプを素早く作るのに Ruby が使われることが多い。

     *     *     *

コンシューマアプリの分野

開発者の生産性を高めるという Swift のメリットはコンシューマ分野でとくに重要だ。新しい機能でアプリを新鮮に保ち、目に見える機能強化を行なう必要があるからだ。Swift なら「素早く片づけて」、新しい機能を求めるユーザーの要求に素早く答えられる。

     *     *     *

エラーを省き効率的

また Swift は一般的なエラーを含むコードのコンパイルを許さない。「早い段階でどこが間違っているのか教えてくれる」と Miller はいう。開発者には「コードを入力している段階でなぜうまく動かないのか教えてくれる。」このため欠陥を含んだコードをコンパイルすることで無駄な時間を使わずに済むのだ。

     *     *     *

すべてのアプリを Swift 化

Miller によれば、初期の Swift は「かなり未完成」だったが、「リリースの度に良くなった。」 コンパイラの問題や Objective-C と Swift をミックスする問題により「まだ Xcode がクラッシュすることも時々ある。」 しかし Swift だけで書かれた Stream の成功を見て、彼のチームは「Getty Images のアプリをすべて Swift コードに変換しようとしている。」すべてのアプリの 50 〜 60% を Swift 化することを目標に掲げていると。

     *     *     *

社内の関心を呼んだ

Getty Images としては Android アプリの開発も、クロスプラットフォームの計画もないという。だから移植の問題もない。しかし Swift の社内ワークショップを開いたことで社内の他の開発者たちも注目している。マイクロソフトの C# を使うバックエンド API プログラマーや Ruby に馴染んだウェブ開発者などがそうだ。

Swift のおかげで「みんながやってくる」ようになったと Miller はいう。とくにモバイル開発への興味がそうさせるのだと。Objective-C のシンタックスが近づきにくいのと違って、Swift はモバイルアプリのスキルを身につけようとする既存のデベロッパにとって「シンタックス的にこわくない」ので親近感が増すのだという。

     *     *     *

アップルに望むこと

Swift について将来アップルに何を望むかと尋ねられた Miller は、「サンプルコードがもっとあると有難い」という。「これはよくある問題だが Objective-C ではこうやるのを Swift ではこうやる」と教えてくれるようなサンプルコードだ。また異なるタスクについて Swift を使うメリットを教えてくれる費用対効果分析も。

Asked what he’d like to see from Apple related to Swift in the future, Miller said, “it would be nice to see more sample code” demonstrating, “here’s a common problem, here’s how you’d do it in Swift vs Objective-C,” and outlining a cost benefit analysis of using Swift for different tasks

「Objective-C はこれまで長い間使われてきたので最適事例も多々ある。」 Swift については最適事例はまだ集積されていない。理想的には、「Swift を設計した連中」が Swift の効果的利用法をいちばんよく知っているのだから・・・

“Objective-C has been around so long, the best practices are out there,” Miller stated. For Swift, there’s less best practice architecture available, and ideally the best insight on how to use Swift most effectively would come from “from guys who designed it.”

     *     *     *

実際に自社アプリを開発した者のことばなので具体的で説得力がある。

この記事をまとめた Daniel Eran Dilger は、この他にも American Airlines や LinkedIn、Duolingo のケースも触れているので、類似の分野の開発者にとってはこれまた参考になりそうだ・・・

広告

Read Full Post »

3040936-inline-i-9-how-your-favorite-apps-will-look-applewatchconcepts-uber

Apple Watch の UI を生かすとはどういうことか

ここがすべての出発点・・・

How Your Favorite Apps Will Look On The Apple Watch | Fast Company

What might that look like? We spent some time exploring how companies could extend their existing apps for the Apple Watch, and what new types of applications could be available in the future. The Apple Watch is not like existing interfaces. Its potential lies in its limitations: It is accessible because it’s tiny and convenient because it’s only meant for seconds-long interactions. Features such as native voice control, haptic feedback, and a digital crown that can be used to magnify, scroll or zoom within apps crack open a whole new world of design requirements and opportunities (see more in sidebar). The smartest companies will do more than offer facsimiles of their existing apps; they’ll create custom experiences that exploit the watch’s unique interface.

Read Full Post »

Dan Rubin take photo on smartphone

[Dan Rubin のアドバイス:video

iPhone の写真撮影もここまできた・・・

theguardian.com: “How to get the best out of photo apps on your smartphone – video” by Dan Rubin, Ian Anderson and Paul Boyd: 08 May 2014

     *     *     *

iPhone ですばらしい写真を撮るためのアドバイス

How to get the best out of photo apps on your smartphone – video

Photographic Journal の総合監修者で Instagram のアーリーアダプターでもある Dan Rubin が、スマートフォンの優れた写真アプリをロンドン市内で試す。人物や場所などさまざまな写真の撮影作業が特別に準備されたアプリによって劇的に良くなること、また撮影後に使えるクールなノウハウやコツについても教える。

Dan Rubin, editor-at-large of the Photographic Journal and an early Instagram adopter, takes a tour of London to test some of the best smartphone photography apps. By shooting a variety of people and places, Dan shows how using some specially selected apps throughout your photography workflow can dramatically improve the shots you capture – and offers some cool tips and tricks of what you can do with those shots afterwards

     *     *     *

iPhone で撮影したプロ級の映像を見る機会が増えてきた。

iPhone のカメラは大きく進歩しているのに、筆者の撮る写真はつまらないといつも家族に批判される。

Dan Rubin のビデオを見ると、思わずウームと唸ってしまう。

彼が取り上げるアプリのことをもっとよく知りたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[2人でドゥーワップ | YouTube

とても楽しかったので、Tim Cook が思わずツイートしてしまった。

MacRumors: “Tim Cook Highlights ‘Magical’ iPad Doo-Wop Duet Between Billy Joel and Jimmy Fallon” by Kelly Hodgkins: 21 March 2014

     *     *     *

2人でドゥーワップ

昨夜の The Tonight Show に Jimmy Fallon と Billy Joel が出演。2人でドゥーワップ(doo-wop)をやった。とても楽しかったので思わず Tim Cook がツイート・・・

Last night on The Tonight Show starring Jimmy Fallon, Billy Joel joined the talk show host in a doo-wop video so entertaining that it was singled out by Tim Cook on Twitter.

     *     *     *

なんとマジカルな

Tim Cook @tim_cook

ぜひチェックしてみて。Jimmy Fallon と Billy Joel が iPad とクールなアプリ Loopy HD を使っていた。なんとマジカルな・・・

Check this out. @jimmyfallon and @billyjoel with iPad and a cool app called Loopy HD. Magical. http://www.loopinsight.com/2014/03/21/jimmy-fallon-and-billy-joel-take-an-ipad-app-for-an-incredible-ride/

     *     *     *

Loopy HD で「The Lion Sleeps Tonight」

使われた iPad アプリは Loopy HD だ。これでループを重ねれば、作曲・録音ができる。Fallon と Joel は「The Lion Sleeps Tonight」を歌った。1960 年代にドゥーワップグループの The Tokens が歌って有名になった。2人はそれぞれ異なるパートを交互に歌って、最後は Fallon のソロと、そしていつ聞いてもすばらしい Joel のボーカルになった。

The featured iPad app is Loopy HD [Direct Link], which allows you to create music by layering loops that you record yourself. Fallon and Joel sang The Lion Sleeps Tonight, a song made popular in the 1960s by doo-wop group The Tokens. The pair sang different parts of the song in an amusing exchange that features a solo by Fallon and the always powerful vocals of Joel.

     *     *     *

これ以上の説明はヤボだろう。

アプリの使い方も、すばらしい曲も、そして何はさておきその楽しさも — ともかく冒頭のビデオをご覧あれ・・・

★ →[原文を見る:Original Text
★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

parislemon_mg_siegler

[MG Siegler:photo

朝起きていちばんに見るアプリって何だろうか?

アップルギークの MG Siegler が自分の場合を語っているのがオモシロい。

ParisLemon: “The First App You Open In The Morning” by MG Siegler: 05 January 2014

     *     *     *

朝いちアプリは Twitter

自分の場合、朝いちばんに開くアプリは Twitter だ。でもずっとそうだったワケではない。1年前は Path だった。さらにその1年前は Instagram、もっと前はたぶん Twitter だったと思う。それとも Foursquare だったか、あるいは Techmeme(技術的にはウェブブラウザ)だったか。過去のある時点では Facebook だった。そしてずっと昔は(ゾッとするが)Eメールだった。

Personally, right now, the first app I open in the morning is Twitter. But it hasn’t always been. A year ago, that app was Path. A year before that, that app was Instagram. Before that, it was probably Twitter again. Or Foursquare. Or Techmeme (technically, the web browser). At some point it was Facebook. And way back when it was probably — shudder — email.

     *     *     *

時とともに変化

朝いちに自分が開こうとするアプリは時とともに変わってきたが、なぜそうなのかは自分でもハッキリしない。せいぜい、友人たちがいちばん使っているとか、あるいはもっと重要な意味で、より興味深いやり方で使っているからだとしか考えつかない。より高度の意味では、自分がいちばん依存しているサービスでなければならないと思う。

I’m not really sure why my instincts about which app to open first change over time. The best I can come up with is that it’s based on what my friends are using most frequently — or probably more importantly, in an interesting way. At a high level, I suppose it has to be the service I’m most addicted to.

     *     *     *

ブラウザのホームページ

ある意味昔のウェブブラウザのホームページに似ているともいえる。たしかにブラウザには今でもホームページがあり、何にするかは自分で設定できる。しかしそんなことを気にするひとなんてまだいるだろうか。誰でもみんな自動的にグーグル検索のページが開くようにしているのではないだろうか。とくに Chrome ではまずグーグル検索バーが出てくるからそうだろう。あるいはもっとありそうなのは、もはや誰もブラウザを閉じなくなったのかもしれないし、それともコンピュータの再起動すらしないのかもしれない。だからホームページなんてどうでいいのだ。

In a way, it seems analogous to the web browser homepage of yesteryear. Yes, web browsers still have homepages which you can set, but does anyone really care about that anymore? I feel like everyone I know now just automatically opens Google when they open their web browser — especially if they use Chrome which loads the Google Search bar for you. Or, perhaps more telling, no one seems to close their web browsers anymore, or restart their computers. So homepages matter less and less.

     *     *     *

直ぐさま読みたいサービス

ともかく、朝いちで見るアプリは新しいホームページみたいなものだと思う。ホームスクリーンそのものが全面アプリだという議論もあるかもしれないが、自分はそうは考えない。理由はどうあれ、それがアナタのいちばん好きなサービスなのだ。ウェブにアクセスするとき直ぐさま読み込んで欲しいサービスだ。配信するデバイスは変わったけれど、コンセプト自体は変わらないのだ。

Anyway, I see the first app you turn to in the morning as the new homepage. Some might argue it’s your entire homescreen of apps, but I don’t think that’s right. It’s the one service you care most about, no matter the reason, and want to load immediately upon hitting the web. The delivery device has changed, but the concept has not.

     *     *     *

プッシュ通知過多の時代

ときにはプッシュ通知を見てどのアプリを最初に開くかを決めることもある。しかし今どきの通知過多の時代にあっては、通常自分はまっすぐ Twitter に向かう。目が覚めたばかりのときイライラするのはいやだから・・・

Some days I rely on push notifications to tell me what app I should open first. But in an age of too many notifications, I usually just go right to Twitter, lest I be stressed out right when I awaken.

     *     *     *

瞬時だけでも奇跡を起こす

朝いちばんで自分の注意を引く次のアプリは何だろうかと考える。それはそのアプリが自分にとっていちばん興味深いだけでなく、不可欠であるという強いシグナルでもある。もちろんそれらのアプリがいつもうまくいくワケではない。しかしほんの瞬時だけでも奇跡を起こせるのはこれまで多くのアプリが成し遂げた以上のことだ。

I wonder what the next app will be which draws my immediate attention in the morning. Personally, that’s one of the strongest signals that an app is not only interesting, but vital. Those apps don’t always pan out, of course. But even catching that lightning in a bottle for a brief period of time is something more than most apps ever achieve.

     *     *     *

アプリを見る新しい視点

そんな使われ方を目標としたアプリがこれまであっただろうか。朝いちばんで、それも毎朝使われることを目標としたアプリが・・・

I wonder if there’s an app that can target just this use case? An app that aims to be your first stop in the morning, every morning.

     *     *     *

「朝いちばんで」という視点はなかなか斬新だ。

読者の限られた時間やエネルギー(=「アテンション」)をいちばん充たしてくれるアプリは何かという視点でもある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

app-store-apps

[記録的な App Store:photo

アップルが記録的な App Store の売上げを発表した。

App Store Sales Top $10 Billion in 2013 | Apple – Press Info

100 億ドル超の記録的売上げ

App Store の売上げは 100 億ドル超
12月は 10 億ドル超で記録的な売上げ

App Store Sales Top $10 Billion in 2013
Record-Breaking December with Over $1 Billion in Sales

     *     *     *

アップルのプレスリリースを Philip Elmer-DeWitt が簡単にまとめている。

Fortune Tech: “Apple’s app sales topped $1B in December, $10B in 2013 – updated” by Philip Elmer-DeWitt: 07 January 2014

年間売上げ 100 億ドル

いまや App Store はアップルにとって 60 億ドルを、デベロッパにとっては 150 億ドルを稼ぎだすようになった。

The App Store has now generated $6 billion for Apple and $15 billion for developers.

・2013年の年間売上げ — 100 億ドル
・12月のひと月の売上げ — 10 億ドル
・12月の個別アプリ売上げ — 30 億ドル
・デベロッパへの支払い累計 — 150 億ドル

– $10 billion: Sales in 2013
– $1 billion: Sales in December alone
– Almost 3 billion: Individual apps sold in December
– $15 billion: Payments to developers to date

410816815905

[音楽とアプリのダウンロードを対比する:chart

音楽とアプリのダウンロード数を対比したグラフも分かりやすい。

     *     *     *

アップルのプレスリリースにさまざまなライターたちがツィートしている。

それぞれのライターの視点が窺えてオモシロい。

     *     *     *

Om Malik[GigaOM]@om

「App Store の売上げは 2013 年で 100 億ドル。12月だけでも 10 億ドルを超える。一方サムスンの第4四半期の売上げは減少。」

App Store Sales=$10 Billion in 2013, with Dec’13 alone bringing in over $1 Billion in Sales–Apple. In related news: Samsung Q4 profits down

     *     *     *

Peter Kafka[recode.net]@pkafka

「アップル App Store の支払いが急上昇している。累計で6月は 100 億ドル、10月には 130 億ドル、12月には 150 億ドルだ。」

Apple app store payouts rocketing: $10 b (cumulative ) in June, $13b Oct, $15b Dec.

     *     *     *

Matthew Panzarino[TechCrunch]@panzer

「アップルが 100 億ドルネタを CES にぶっつけたってことだ。」

Well, Apple plopped its $10B poop on CES

     *     *     *

Horace Dediu[asymco]@asymco

「メディアの取り上げ方はみな間違っている。具体的な金額のデジタル表現の話ではない。ビットは最小単位ではない。ビットは大金なのだ。」

Media guys have it all wrong. It’s not digital pennies for analog dollars. Bits are big bucks, just not their bits.

BdZhsYcIcAAmNf0

[メディア毎の内訳で見た iTunes の売上げ:chart

添えられたグラフは、アプリがカネのなる木になったことをハッキリと示していて非常に興味深い。

iTunes は今や収支償うビジネスではなく、利益を生むビジネスに十分成長してきたのだ。

John Gruber もこれは「デジタル流通はカネにならないという考えに対する好ツイート」だとしている。

     *     *     *

このほかにも Horace Dediu は、つぎのようなツィートもしている。

Horace Dediu[asymco]@asymco

「同じことについてのちょうど1年前のプレスリリースとの違いに注目せよ。」
今年のプレスリリース
去年のプレスリリース

Spot the differences: Two press releases on the same subject exactly one year apart:

     *     *     *

Horace Dediu[asymco]@asymco

「アップルいわく:『今年大ヒットした App Store アプリの多くはアメリカ以外のデベロッパによるもの』」

Apple: “Many of the year’s biggest [App Store] successes […] were created by [non-US] developers”

     *     *     *

こうしてみると、それぞれのライターの持ち味が出ていてとてもオモシロい。

筆者としては Horace Dediu の詳細分析を期待したい。

またアップルからは、App Store だけでなく、ハードウェアの売上げ — とくに iPhone 5S / 5C の内訳 — についても発表されることを期待したい。

Read Full Post »

Horace Dediu が興味深い問題提起をしている。

つぎの世界地図から何が読み取れるだろうかと・・・

asymcos: “The TV store” by Horace Dediu: 23 December 2011

     *     *     *

123 か国で iPhone が売られ、iTunes アプリが買える

つぎの地図は iTunes アプリが入手可能な国を示している。

The following map shows the countries where iTunes Apps are available.

全部で 123 か国。これはまた iPhone が入手可能な国の数でもある。

It represents 123 countries. It also shows where the iPhone is currently available.

     *     *     *

51 か国で iTunes の音楽が買える

次の地図は iTunes の音楽を購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes music can be purchased.

白地図の国では音楽は買えないが、アプリなら買える。音楽を購入できる国の数は 51 か国。アプリは買えるが音楽が買えない国の数は 72 か国。

The countries in white are countries where apps are available but music isn’t. There are 51 countries where you can buy music and 72 where you can buy apps but not music.

     *     *     *

6カ国で iTunes のテレビ番組が買える

つぎの地図は iTunes のテレビ番組が購入できる国を示している。

The following map shows the countries where iTunes TV shows can be purchased.

前の例と同じく、白地図の国ではテレビ番組は買えないがアプリなら買える。テレビ番組が購入できる国の数は6カ国。117 か国では音楽[テレビ番組?]は買えないがアプリは買える。

As in the previous chart, the countries in white are those where apps are available but TV shows aren’t. There are six countries where you can buy TV shows and 117 countries where you can buy apps but not music.

     *     *     *

ウイルスのように広がるアプリ

(iTunes の定義する)デジタル音楽が米国以外に広まったのは 2004 年からだ。その後7年かけてなんとか 50 か国まで広がった。テレビ番組についてはもっと時間がかかっている。6年かけても限られた数の国にしか広まらず、米国においてすら購入できるテレビ番組は制作される数のほんの一部に限られている。

Digital music (as iTunes defines it) started expanding outside the United States in 2004 and managed to reach these 50 other countries in seven years. TV shows took a much slower route. Not only has there been a limited selection of countries in six years of expansion but even the US, the programs available are a tiny subset of what is being produced.

テレビビジネスは音楽に比べて氷河のようにゆっくり動くのか、それともまったく動かないのか? いずれにせよ、「デジタルメディアとしてのアプリ」はウイルスのように確実に広がっている。

Is the TV business going to expand digital distribution at the glacial rate of music or not at all? In either case, the distribution of Apps as a digital medium is positively viral.

     *     *     *

音楽やテレビ番組そのものではなく、「デジタルメディアとしてのアプリ」に着目したらどうなるか。

Horace Dediu に触発された Erick Schonfeld の「Apps Are Media」[アプリはメディアである]がオモシロい。

アプリをデジタルメディアとして捉えれば、ウイルスのようにデジタル化が広がっていることがわかると。

     *     *     *

でも、どうせ日本では・・・と悲観的な反応も出てきそうな気がする。

映画とテレビは旧来メディア業界の最後の牙城だ。そう簡単には崩せまい。

メディア業界の競争はそう簡単にデジタル流通を許さないだろうというわけだ。

     *     *     *

もうひとつ気になる点がある。

日本特有の著作権制度だ。

林 伸夫氏の「iCloud、iTunes Matchは日本では実現不可能?」が示唆に富んでいる。

とくに事実上公開を不可能にする「著作隣接権」の話が気に懸かる。

著作隣接権の概念のない米国では著作権を所有する会社ないしは著作権保有者本人と交渉し、権利をクリアすればよい。ところが日本では、送信可能化権や複製権を主張できるのは楽曲の原著作権所有者だけではなく、演奏に関わった演者、歌手、制作会社、放送事業者など著作隣接権保有者も含まれる。・・・

     *     *     *

かつて外国人研修生用に現代日本の教材を作ったことがある。

敗戦直後の焦土や原子爆弾に関する映像資料は NHK はじめ公的資料をいくら探しても見つからなかった。ところが BBC の映像ライブラリーに日本の戦争や過去に関する映像が山ほどあるのを見つけて複雑な思いをした。

今考えれば、この背後にも日本特有の著作権制度があったのではないか思う。

歴史的事実に関する映像ですらそうなら、商業作品としてのテレビ番組や映画についてはほぼ絶望的ということになるのだろうか。

経済競争に負けるだけならともかく、法制度の面でもガラパゴス化するのではたまらない気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »