Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Apple Campus 2’

B9w3RjuCQAAcmay

自動車の話題で持ち切りのアップルだが、Benedict Evans がさっそくコメント

「そうか、新キャンパスが円形なのはそういうワケだったか・・・」

Read Full Post »

Apple Donut #3 | YouTube

Latest Apple Campus 2 1080P drone video shows structural building started as of November 8th, 2014 | 9to5Mac

着々と進行する Apple Campus 2・・・

Read Full Post »

Update:Apple Campus 2 のビデオをアップルが公開》

Bme3BSFIcAA2jJQ

姿を見せはじめたスペースシップ。

アップルの宇宙船型新本社ビルの工事は先日と比べても順調に進んでいるようだ。

★ →[写真を見る:Ron Cervi

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Apple Campus 2 のビデオをアップルが公開(5月5日)

[Apple Campus 2 – Official Video from Arquitectura Viva on Vimeo.]

先日一時公開された Apple Campus 2 の紹介ビデオがアップルサイトに登場している。

先日の記事から:

Cult of Mac: “Apple Goes Behind The Scenes Of Its New Spaceship Campus [Video]” by Buster Hein: 21 April 2014

     *     *     *

宇宙船型キャンパスのビデオをアップルが公開

Apple Goes Behind The Scenes Of Its New Spaceship Campus [Video]

Apple Campus 2 のデザインプロセスを詳細に解説したビデオが今朝[4月21日]公開された。世界でも最先端のオフイスビルを支える宇宙船型建築構造、自然換気、再生可能エネルギー、植生再生、その他革命的技術を解説する。

A video detailing the creation of Apple Campus 2 was released this morning featuring glimpses of the Spaceship’s architectural achievements in natural ventilation, renewable energy, trees regrowth, and other revolutionary tech that’s will make it one of the best office buildings in the world.

またこのビデオはこのキャンパスを可能にしたひとびととのインタビューも取り上げている。そのひとり建築家 Norman Foster は、スティーブ・ジョブズがいかにして彼をこのプロジェクトにリクルートしたか、当初円形ビルではなかったものが進行過程でどうしてそうなったか語っている。

The video also features interviews of the people behind the campus, like architect Norman Foster, who tells the story of how Steve Jobs recruited him for the job of building Apple Campus 2 and how the project didn’t start as a circular building but grew into that as the intensive project progressed.

     *     *     *

さすがアップルのビデオには夢がある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Campus2_Ron_Cervi

[空から見た新本社ビル工事現場:photo

いよいよか・・・

9to5Mac: “The spaceship is on the way: aerial photo shows demolition work on Apple’s Campus 2 site” by Ben Lovejoy: 20 February 2014

     *     *     *

いよいよ取り壊し作業がはじまった

アップルの宇宙船型本社ビルの話が出てからだいぶ経つ。スティーブ・ジョブズがクパティーノ市議会で生前最後のプレゼンテーションを行なったのが 2011 年だった。しかしついに工事が始まった。KCBS の「空からレポーター」Ron Cervi が冒頭の Instagram 写真を撮影した。現場では取り壊し作業が進行していることが分かる。

Apple’s new ‘spaceship’ headquarters has been a long time in the coming, with Steve Jobs presenting the plans to the Cupertino city council back in 2011, but work has finally begun. KCBS eye-in-the-sky reporter Ron Cervi took the above Instagram photo, showing that demolition work on the site is now underway.

     *     *     *

完成すれば周囲の景観がすっかり変わってしまいそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Dai Sugano

[An overview of a model of Apple’s proposed new campus | Dai Sugano, Bay Area News Group]

スティーブ・ジョブズが生前最後のプレゼンテーションを行なったアップルの宇宙船型本社ビルも、いよいよクパティーノ市議会の最終決定を受ける段取りになったようだ。

San Jose Mercury News が新社屋のスクープを載せている。

San Jose Mercury News: “Apple’s new headquarters: Exclusive images of Cupertino plan” by : 11 October 2013

     *     *     *

10月15日の市議会で最終決定

サンノゼ・マーキュリー・ニュースは新しいアップル本社の円形ビルのモデルを独占的に見ることを許された。この本社ビルは North Wolfe Road と East Homestead Road で区切られた 175 エーカーの区画に建設される。2015 年完成予定のこのビルは、ソーラーパネルが天井を覆い、パーキング場は地下に設けられ、何千本もの植栽で地表が覆われることになっている。クパティーノ市議会による建設計画の最終決定は10月15日に行なわれる予定。

The Mercury News was given an exclusive look at a model of Apple Computer’s circular new corporate headquarters, proposed to be built on a 175-acre plot of land bounded by North Wolfe Road and East Homestead Road.

The structure, proposed to be completed sometime in 2015, would feature solar panels covering the roof, an underground parking structure and be camouflaged by thousands of new trees planted on the grounds. The final vote on the development proposal goes before the Cupertino City Council on Oct. 15.

     *     *     *

記事に添えられた新社屋のビデオを見ると、計画がだいぶ煮つまってきたように思える。(画像はこちらにも。)

このドーナツ型新社屋を見ていつも不思議に思うのは、Tim Cook たちの幹部コーナー(役員室)はいったいどこにあるのだろうということ。

宇宙船ならいちばん重要なデッキは円の中心にくるハズだが、ドーナツ型では真ん中がスッポリ抜けている。

もうひとつの疑問は、各部局間の行き来だ。

市内各地に散在するアップルの社屋をひとつにまとめるのも新社屋の目的のひとつだったハズ。

しかしペンタゴンをほぼ呑み込む大きさのドーナツで、会議が招集されたり、各部間の打ち合わせが行なわれるとき、どうやって移動するのだろうか。

2点をむすぶ最短距離は直線だが、ドーナツではどうなる?

10月15日の最終決定で新社屋内部の様子が明らかになると興味深いのだが・・・

[via ParisLemon

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Apple_Campus_Spaceship

[計画中のアップルキャンパス:image

Horace Dediu がまた興味深いことをいっている。

asymco: “Spaceship” by Horace Dediu: 15 April 2013

     *     *     *

大きくなり過ぎたアップル

アップル「キャンパス」を訪ねたものなら誰でもこのところアップルが大きくなり過ぎてしまったことに気づく。そのことは次の図[省略]の従業員数や営業費の増加からも明らかだ。

To anyone who has visited the current “campus”, it’s obvious that Apple has outgrown it some time ago. It’s also obvious given the increase in headcount and operational expenses over time as can be seen below:

     *     *     *

実際面からも

実際的見地からいっても、同じ場所に倍近くの人数を統合したくなる気持ちは分かる。

One can understand why, from a practical point of view, they want to consolidate what amounts to at least twice as many people back into one place.

     *     *     *

製品別の機能的組織

また、ちょっと分かりづらい理由もあるが、それは根本的な違いとも関係している。アップルが機能的な組織(functional organization)であるということだ。他の大企業がほとんどすべて損益と結びついた「事業」を行なう「事業部門」(divisions)別に組織されているのと異なる。アップルではほとんどの人員ないしはチームは「デザイン」、「エンジニアリング」、「セールス」などといった機能別に割り当てられている。ある製品を作る際にはその仕事に配置される。製品が完成すると、また別の製品へと移行する。

But there is also a more subtle reason and it has to do to a fundamental distinction: Apple is a functional organization. Unlike almost every other large company it’s not organized in “divisions” which have responsibility for “a business” in the sense of profit or loss. At Apple most people or teams are assigned a function like “design”, “engineering”, “sales” etc. When a product is being built, they are assigned to that effort. When the product is complete, they go to another product.

     *     *     *

ウワサや研究もある

これは架空の話ではない。ひとつの製品(iOS)が完成できないため、別の製品(OS X)に遅れをきたすというウワサを私たちは耳にする。それだけではなく、Adam Lashinsky の研究は2年以上も前にそんな組織の存在(アップル自身が認めている)を明らかにしている。

This is not a matter of hypothesis. Not only have we heard rumors of how one product was delayed (e.g. OS X) because the teams were busy finishing another (iOS), but Adam Lashinsky’s work (sanctioned by Apple as it was) revealed the structure almost two years ago.

     *     *     *

軍隊組織に似ている

このような組織は小さな会社では当然かもしれないが、大企業ではほとんど耳にすることがない。最もよく似た組織といえば軍隊のそれだろう。軍隊では歩兵部隊、装甲部隊、飛行部隊などがある。これらの部隊は(いくつかが一緒になって)特定の行動や戦闘を命じられ、終わると兵舎に引き揚げる。

This structure may seem obvious to those working in small companies, but it’s completely unheard of in large companies. The nearest comparison to this structure is a military organization. There you have Infantry, Armor, Aviation etc. These groups are assigned (in a combined fashion) to a particular effort or battle and then go back to the barracks when done.

     *     *     *

映画会社も

他の例としては映画の製作が挙げられる。ディズニーはこれに似た原則で会社の組織を作っている。

Another example is the way movies are made. Disney famously built his company around the same principle.

     *     *     *

スペースシップは理に適っている

そういう考え方からすると、アップルキャンパスの計画中の建造物は実に理に適っている。もし部門別の組織なら、それぞれ別の建造物やキャンパスで構わないだろう。実際それぞれの部門が互いに話を交わすことはあまりないだろう。しかし機能的な組織なら、アップルとしては迅速に人員をプロジェクトからプロジェクトへ移動させる必要がある。何度も組織を組み替える必要も出てくる。みんなが同じ建造物内にいれば、より効率的にそれを行うことができるのだ。

Seen from this perspective, the architecture of their proposed campus makes perfect sense. If it was a divisional structure then each division could live in its own building or campus. In fact, each division would not have much to talk about to any other division. But as a functional organization Apple needs to move people quickly between projects. It needs to re-configure itself frequently. Being in the same building means they can do this much more efficiently.

     *     *     *

美しいのは偶然に過ぎない

これがなぜひとつの建造物にするかという理由だ。そして選ばれたデザインもたぶん最適なのだ。それぞれ2点間の距離が最短になるからだ。見て美しいのは単なる偶然だ。

This is why there needs to be one building and this is why the shape chosen is probably optimal: each point within can be reached with minimal routing. The fact that it’s aesthetically pleasing is a coincidence.

     *     *     *

論理的な存在

いや、そうではないかもしれない。美こそ真なりというひともいるから。しかし少なくとも自分の目には、このデザインは実に論理的な存在に見える。

Or perhaps not. Some say that in beauty there is truth. At least to me, the design looks to be pure logic.

     *     *     *

いかにも Dediu らしい。

そういわれると、生前最後のジョブズのプレゼンテーションとなった宇宙船型本社ビルもそう思えてくるのだから不思議だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »