Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘App’

lulu_screen

[Lulu の画面]

ちょっと考えさせられる話が Boing Boing に載っていた。

Boing Boing: “Lulu – an app for girls to anonymously rate boys” by Mark Frauenfelder: 11 October 2013

     *     *     *

Lulu アプリ

16歳の娘が昨日 Lulu というアプリを見せてくれた。友だちは誰でも使っているという。Facebook の男の子たちを匿名でランク付けするのに使うアプリだという。男の子たちの写真のわきに、その男の子の平均ランキングを示す1点から10点までの点数がついてる。女の子のユーザーが、肉体的魅力、キスのテクニック、交際の真剣さなどいくつかの属性について男の子を評価するのだ。

My 16-year-old daughter came home yesterday and showed me an app called Lulu that all of her friends are using. It’s purpose is to anonymously rate your male Facebook friends. Each boy is displayed alongside a number from 1 – 10, which represents an average rating for the guy. Users can rate the boys on a number of attributes, such as physical attractiveness, kissing skill, and commitment level.

このアプリが iPhone ストアでダウンロードできるのもそう長くはないだろうと思う。

I predict Apple will pull this from the iPhone store very soon.

サリーナに Lulu のことをもっと詳しく聞いてみた。

I asked Sarina to tell me more about Lulu:

     *     *     *

マーク:Lulu って何?

Mark: What is Lulu?

サリーナ:Lulu って、女の子が Facebook の男友だちのすべてを知るためのアプリよ。男の子は口を挟めない。そのプロファイルは自動的にアプリに送られるから・・・。アプリをダウンロードしてクリックすれば、どの男の子のプロファイルでも見ることができる。

Sarina: Lulu is an app where girls can see all their male Facebook friends. The boys don’t have a say in it — their profile automatically goes to the app. You just download the app and then you can click on any of the boy’s profiles.

Lulu の画面は男の子の写真ごとにいくつかに別れていて、それぞれ名前と平均点がついている。点数は女の子たちがつけた点数の平均よ。それで全体の感じが分かるけど、どんな男の子かもっと詳しく見たければそれもできる。とてもオモシロいアプリよ。でも学校中のみんながこのアプリのことを知ったら手が付けられなくなるでしょうね。男の子たちは大騒ぎになると思うわ。

The screen is divided into different squares with boys’ pictures, and it has their name and their average score. Their average score is all the scores that girls have given them, averaged together. If you just want to quickly review them you can look at that, but if you want the full report on what kind of guy they are you can look at it. I think it’s a pretty entertaining app, but I have a feeling it’s going to get out of hand soon once everybody in my school finds out about it and it’s going to cause a lot of drama with the boys.

マーク:男の子の写真をクリックするとどうなるの?

Mark: What happens when you click a boy’s picture?

サリーナ:他の女の子たちのした批評が読めるの。ボーイフレンドか、あるいは夢中な相手の場合、セックスしたかどうか。評価もつけられる。キスが上手か、性格はどうか、彼にのぼせている子が何人いるか、外見はハンサムか、真剣に交際するか、熱意があるか、マナーは、ユーモアは、最初のキスは・・・そんなことよ。

Sarina: You can see reviews that other girls gave them: hookups with them, if the girl is a friend of theirs, or if the girl has a crush on them. The girl can rate them on being a good kisser, on their personality, how many girls have a crush on them, their appearance, commitment, ambition, manners, humor, first kiss, and things like that.

マーク:女の子のコメントや点数は匿名なの?

Mark: Are the girls’ comments and ratings anonymous?

サリーナ:完全に匿名よ。女の子なら誰でも、どの男の子についてでも書き込める。女の子ならどの女の子が書いた批評でも全部見れる。男の子は自分について書かれていることを見れないの。女の子のためのアプリだから。もし誰かに夢中なら、その彼のプロファイルを見ればみんながどんなことをいっているのか分かる。[マーク:たしかに女の子しか見れないアプリだ。インストールしてみたが、男である自分には内容が見れなかった。]

Sarina: Completely anonymous. Any girl can review any of the guys on it. And girls can see all the reviews that other girls have done. It’s not really for the guys to look at to see what other people have said about them. It’s more for girls. If you have a crush on a guy, then you can go to their profile and see what other people have said about them and other people’s opinions. [It really is just for girls — I installed the app and it wouldn’t let me see the ratings since I am male. — Mark]

マーク:男の子のプロファイルには、ベストな性格やワーストな性格といった小さなハッシュタグがついている。サリーナのクラスメートの男の子の場合、ベストなハッシュタグは、「女性を尊重する」、「友だちが羨ましがる」、「素晴らしい笑顔」、「逞しい」、「ずっと一緒」、「洗濯物は自分でする」、「女友達はひとりだけ」、「引き締まったお腹」など。ワーストなハッシュタグは、「相性がわるい」、「完全過ぎ」、「愛してくれない」、「相手のことに気付かない」など。

Mark: So I see that the guys’ profiles have these little hashtags — attributes like best and worst qualities. The “Best” hashtags for this particular guy [one of Sarina’s classmates] says “Respects women.” “My friends are jealous.” “Epic smile.” “Strong hands.” “Always stays.” “Does his own laundry.” “One-woman man.” “Six pack.” And then “Worst:” “No chemistry.” “Almost too perfect.” “He loves me not.” “Doesn’t know I exist.”

マーク:男の子が女の子の点数をつけるアプリはないの?

Mark: Do they have a companion app for guys to rate girls?

サリーナ:ないわ。そんなアプリがまだなくてよかった。もしそんなアプリができたら大変でしょうね。

Sarina: No, they don’t, and I’m happy that that day hasn’t come yet. When it does, that will be a different story.

     *     *     *

Facebook を始めたのが女性だったらこうなっていただろうか?

いったんインターネットに載った情報は思わぬところで使われる・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

a_billion_thanks

[A billion thanks]

自らも優れたプログラマーである Marco Arment が iOS アプリの価格のあり方について心情を吐露している

Marco.org: “Underscore Price Dynamics” by Marco Arment: 28 September 2013

     *     *     *

たかがチッポケな電話アプリ

信じられないほど多くのひとが次のようにいうのをこれまで何度も聞いてきた。

[…] but you would not believe how many people I’ve met over the last few years who have said the exact same things to me. This is definitely the majority opinion:

・iOS アプリに数ドル以上の価値があると考えるひとは誰もいない。(たったそれだけの価値ですら。)たかがチッポケな電話アプリじゃないかというワケだ。

– Nobody thinks iOS software is worth more than a few dollars, if even that much. It’s “just” a little app on a phone.

・有料アプリを見つけたらまずタダのバージョンを探すひとがほとんどだ。(たいていの場合何かひとつは見つかる。)iPhone や iPad いっぱいのアプリを持っていても有料アプリはひとつも買ったことのないひとがたくさんいる。

– Almost everyone, when presented with a paid-up-front app, will first seek a free alternative. (Usually, they’ll find one.) Many people with iPhones and iPads full of apps have never bought a single paid-up-front one.

・ユーザーは(これまでのバージョンを引っ込めて、新しく別の有料バージョンを出すという)有料アップグレードが大嫌いだ。

– Customers hate the current method of paid “upgrades” (pulling the previous version from the store and putting up a new, separate paid-up-front app).

・しかしアプリ内課金についてはそれほど反発はない。

– These objections don’t apply nearly as much to in-app purchase.

     *     *     *

有料アプリの時代は終わった

ひとつだけハッキリしていることがある。一般ユーザーが前払いでアプリを買った時代は終わったということだ。もしアナタが有料アプリを買っていたら、それは不吉な前兆かもしれない。

I’m sure of one thing, though: the market for paid-up-front apps appealing to mass consumers is gone. If you have paid apps in the store, you’ve probably seen the writing on the wall for a while.

このモデルはアプリがあまり多くなかった時代は意味があった。しかし今ではどんなことにもごまんとタダでそれなりに使えるアプリがある。もう時代は変わっているのだ。ニッチなマーケットを対象とするアプリにはそれでもまだカネを払ってくれるユーザーがいるかもしれず、タダのものより良ければ生き延びれる。しかしそんなアプリの数はどんどん減っている。

That model made sense when there were fewer apps available, but now that there are plenty of free and good-enough versions of almost anything, it’s a different game. Apps targeting niche markets can still find enough paying customers to stay alive if they’re much better than any free alternatives, but the number of apps in that situation is always shrinking.

     *     *     *

アップルが有料アップグレードに関心を持たない理由

アップルがアプリの有料アップグレードに関心を持たない本当の理由はそこにある — 顧客からの要求がないということだ。無料アプリは有料アプリの何層倍もダウンロードされるのがマーケットの常だ。無料アプリでアプリ内課金をうまく使った方がよりカネが稼げる。時が経つにつれてこの傾向は一層強く、ハッキリしてくるだろう。

This is the real reason why Apple doesn’t care about upgrade pricing: there’s no demand from customers. The market has shown that free apps will be downloaded at least an order of magnitude more than paid-up-front apps, and smart use of in-app purchase in a free app is likely to make more money. Over time, this trend has only become stronger and more clear.

     *     *     *

十分善戦した

iOS の有料アプリは十分善戦した。しかしそれも終わりだ。新しいやり方を考えるときだ。

Paid-up-front iOS apps had a great run, but it’s over. Time to make other plans.

     *     *     *

良くも悪しくもユーザーがアプリのあり方を決める。

優れたアプリ開発者である Marco Arment のいうことだけに考えさせられる。

John Gruber とその仲間が出した「Vesper」でデバイス間の Sync が可能になったとき、彼らは有料アップグレード方式をとるのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[ひじ掛け椅子からデモ]

John Gruber を取り上げるブログが増えたことはうれしい。

誰もが見て、知っているものから新たな、もっと大きい視野を開いてくれるのが、アップルギーク John Gruber の持ち味だ。

その彼が3月2日の iPad 2 キーノートについてとてもいい文章を書いている。

初代 iPad と今回の iPad 2 のキーノートを比較したものだが、次のような書き出しで始まる。

Daring Fireball: “The Chair” by John Gruber: 03 March 2011

     *     *     *

椅子まで同じ

ステージ上のひじ掛け椅子まで前と同じだった。

Even the chair on the stage was the same.

     *     *     *

プレゼンテーションの進め方も、OS や製品の紹介も、アプリのデモも、すべて前回と同じやり方だ。うれしいことにプレゼンテーションのホストまで前回と同じだ。

では、前回と違うのは・・・

     *     *     *

予期せぬ Jobs の登場

Jobs が登場するとは誰も予期していなかった点が前回との違いのひとつだ。大きなスタンディングオベーションは騒々しいほどだった。彼の姿をみて、ただただうれしかった。

One difference between this year and last is that Jobs’s presence was not expected. The ovation that greeted him yesterday was loud, almost raucous. We were, simply, happy to see him.

     *     *     *

iPad の何たるか

最大の相違点はこういうことだ。去年アップルは iPad の何たるかを理解していなかった。優れたものでり、可能性を秘めていることは知っていた。しかしそれが何であるかはまだ理解していなかった。iPhone と MacBook の間に未知で豊穣な領域が広がっていることは観念上分かってはいた。そこでアップルは賢い考え方をした。Mac が出来ることをそれ以上ちゃんと出来れば iPad は成功するに違いない、いくつかの重要なタスクをちゃんとこなせなければ成功しないだろう、と。

The biggest difference, though, was this: last year Apple didn’t yet understand the iPad. They knew it was good. They knew it had potential. But they didn’t know what it was. They had a sense that in the conceptual space between an iPhone and a MacBook there was uncharted, fertile territory. And they set for themselves a wise metric: the iPad would only succeed if it could do some of the same things a Mac can do, but do them better. If it wasn’t better in several important ways for several common tasks, it would not succeed.

昨年よく分からなかったのは、現実の場面で iPad がどう使われるかという点だった。今ではよく理解している。

What they didn’t know last year was how people would use it, for real. They know now.

     *     *     *

デモに使われたアプリ

昨年デモで使われた主力アプリは Pages や Numbers、Keynote などの iWork 製品だった。iPad はいささか異なってはいても PC なのだというのがメッセージだった。「なぜこのコンピュータを買うのか?」という問いに対する答えはお決まりのワープロや表計算ソフトであり、それは 80 年代の Visicalc にまで遡るものだった。

Last year’s flagship app demos were the iWork suite: Pages, Numbers, and Keynote. The message was: the iPad is like a PC, just different — word processors and spreadsheets have been the standard answer to “Why would you buy this computer?” going all the way back to Visicalc in the early ’80s.

     *     *     *

ポスト PC デバイス

今年 Jobs は iPad は PC ではないと何度もはっきりと繰り返した。iPad は「ポスト PC デバイス」(post-PC device)というカテゴリーに属するものだと述べたのだ。しかも今年のデモは少し様子が異なっていた。iWork はもちろん動くし、仕事のためのものだ。映画や音楽ならどうか? それこそ楽しむためのソフトだ。

This year, Jobs stated explicitly and repeatedly that the iPad is not a PC. Jobs’s repeated categorization for the iPad: post-PC device. And the demos this year were of a slightly different tone. iWork is, well, work. Making movies and music, though? That’s play.

     *     *     *

iPad バージョンの iMovie や GarageBand が iPad に最適化されたすばらしいソフトであることを Gruber は熱を込めて語る。

とくに GarageBand については次のように述べる。

     *     *     *

iPad を楽器そのものに変える

GarageBand for iPad は iPad 上で動く音楽アプリではない。それは iPad を楽器そのものに変えてしまう。GarageBand の楽器のインターフェイスはこの上なく見事にそれぞれの楽器を模倣している。どのコントロールも、ボタンやスイッチ、スライダーまでも、iPad のために特別にデザインされている。キーボードに加速度計を採用したことによって、感圧ディスプレイでないにもかかわらず、キーを押さえる強さを驚くほど正確に感知する。・・・これは Mac ではなし得ないことだ。iPad が何か新しいことをやっているということなのだ。

[…] GarageBand isn’t a musical app running on an iPad. It turns an iPad into a musical instrument. The  interfaces for each GarageBand instrument are exquisitely skeuomorphic. Every control — every button, every switch, every slider — is custom designed. The keyboard’s use of the accelerometer to detect how hard you hit the keys seems impossibly accurate for a device that doesn’t have a pressure-sensitive display. […] This is the iPad doing something new, things that couldn’t be done on the Mac.

     *     *     *

「The Year of the iPad 2」

昨年のアップルは、iPad が何かすばらしいもの(something good)であることを確信したように思えた。しかし今年はそれが途方もないもの(something enormous)であることを理解したようだ。6月には多分 A5 ベースのデュアルコア iPhone 5 や iPod Touch が出るだろう。9月に何が登場するか誰にも分からない。それなのにアップルはたった2か月過ぎただけで 2011 年が「The Year of the iPad 2」になるといっているのだ。アップルは新製品の売り込みに総力を挙げるが、しかし誇大広告をする会社ではない。

Last year, Apple’s take on the iPad seemed to be that they believed they had something good. This year, they seem to know they have something enormous. Presumably, there’s an A5-based dual core iPhone 5 coming in June and a corresponding new iPod Touch and who knows what else coming in September, but Apple is already, a mere two months into it, calling 2011 “The Year of the iPad 2”. Apple sells every new product hard, but they’re not prone to that sort of hyperbole.

     *     *     *

技術だけでは十分でないというアップルの DNA に関連して、Gruber は競争相手がマネできない点について触れる。

     *     *     *

競争相手がマネできないこと

競争相手が簡単にマネできるにも関わらず、なぜそうすべきなのか分からないことが他にもある。それが技術的なものではないからだ。例えばあのひじ掛け椅子だ。iPad のデモにテーブルや演壇は使われなかった。ひじ掛け椅子に座って行なわれたのだ。iPad の電源を入れる前から、iPad の持つある感触が伝わってくる。くつろいだ感じ、情緒的、シンプル、エレガント・・・これこそ iPad の持つ魅力の総体だ。

But there are other things any competitor could copy, easily, but seemingly don’t even understand that they should, because such things aren’t technical. Take that chair. The on-stage demos of the iPad aren’t conducted at a table or a lectern. They’re conducted sitting in an armchair. That conveys something about the feel of the iPad before its screen is even turned on. Comfortable, emotional, simple, elegant. How it feels is the entirety of the iPad’s appeal.

     *     *     *

恥ずべきだ

30年前「パーソナル・コンピュータ」ということばを本来の意味に使わなかったことを我々は恥ずべきなのだ。

It’s a shame, almost, that we squandered the term “personal computer” 30 years ago.

     *     *     *

キーノートの終わりの方のビデオで Jonathan Ive はつぎのように語る。

「iPad 2 の最大の特長はディスプレイです。じゃまなものが一切ありません。」[1:05 頃]

ハード的に見れば、前面はすべてスクリーンで、まるで何もデザインされていないかのようだ。

iPad の真価を決めるのは iPad アプリなのだ。アプリがスタートすると iPad は姿を消して、アプリそのものに変化(へんげ)する。

今回のキーノートで紹介されたアプリは、これまでとはレベルの異なるものだった。その分 iPad 2 が格段の進化を遂げたといえる。

ハードだけ見て漸進的改良(incremental improvement)と捉えるのは大切なポイントを見逃したことになる。

筆者の第一印象も、ハードウェアに偏り、大切な意義を見逃したことを恥じる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Pete_Cashmore.jpg

Pete Cashmore – Mashable

2010 年、技術世界の風景は iPad によってガラリと変わった、と Mashable の Pete Cashmore はいう。

CNN.com: “How the iPad changed 2010” by Pete Cashmore: 17 December 2010

     *     *     *

世界が変わる

iPad が変えたのはデバイスマーケットだけにとどまらない。出版からウェブデザインに至るまで世界が変わるのをわれわれは目撃している。それも予想もしなかったやり方で・・・

But the iPad has reshaped more than just the device market: From publishing to web design, we’re seeing the iPad change the world in unexpected ways.

     *     *     *

1)トップに躍り出たアップル

アップルをトップの座に押し進めたのが iPad であることはもはや誰の目にも明らかだ。iPad 発売から1か月後の5月に、アップルは世界最大のテクノロジー会社になった。

1. Pushing Apple over the top: It’s no secret that the iPad has accelerated Apple’s rise to the top. In May, the month after the iPad’s release, Apple became the world’s biggest tech company.

未来永劫マイクロソフトの陰にいるかと思われたアップルがレドモンドの巨人を追い抜いたのだ。

Apple, which had seemed perpetually in Microsoft’s shadow, had outrun the Redmond giant.

     *     *     *

2)新しいカテゴリーの誕生

それまで休眠中かと思われたタブレットコンピュータに対する興味にiPad は火をつけた。

2. A new device category: The iPad has also reignited interest in what seemed to be a dormant market for tablet computers.

競合他社も競ってマーケットに参入しようとしている。最も顕著な競争相手はサムスンの Galaxy Tab だ。それでも、アップルがタブレットマーケットの大半を獲得するだろうと eMarketer は予想する。

Apple’s competitors have raced to enter the market, with notable competition coming from the Samsung Galaxy Tab. Even so, Apple will retain the lion’s share of the tablet market, eMarketer predicts.

     *     *     *

3)出版ルネッサンス

iPad が出版界の真の救世主となるかどうかはまだ分からない。しかし、それまで低迷していた雑誌・新聞の再生に iPad が火をつけたことは確かだ。

3. Publishing renaissance: Whether the iPad can truly be print publishing’s savior remains to be seen, but the device has certainly sparked the rebirth of seemingly stagnant magazines and newspapers.

Wired の iPad アプリは、印刷物の持つ触覚的側面をデジタル領域に持ち込んで大きな話題となった。Flipboard のような画期的アプリケーションが登場することによって、ウェブの持つソーシャルな側面と、新聞を手にしたとき夢中に読みふける体験とがひとつになったのだ。

Wired’s iPad app generated a storm of publicity for bringing the tactile nature of print to the digital realm, while groundbreaking applications like Flipboard are combining the social aspects of the web with the truly engaging experience of holding a newspaper.

さらに iPad は、出版社が再びコンテンツから料金を徴収する可能性を与えてくれた。その試みが成功するかどうか、今後 iPad で利用できるコンテンツが増えてもなお続くかどうかは、今のところまだ不明だ。

What’s more, the iPad has enabled publishers to once again charge for content — although it remains to be seen whether this trend persists as more content options become available on the iPad.

     *     *     *

4)変わるウェブデザイン

これは予期せぬ出来事に属する分野だ。Christina Warren[Mashable]によれば、事実 iPad はウェブサイトのデザインを変えつつある。

4. Reshaping web design: Put this one down to the laws of unintended consequences: The iPad is actually changing the way websites are designed, writes Mashable’s Christina Warren

多くの会社が、自らのウェブサイトより iPad アプリの方が使い勝手がいいことに気づくようになった。かくてウェブサイト自体が iPad アプリにマッチするように姿を変えつつある。iPad アプリに最も影響を受けた例は Twitter だ。最近のデザイン変更は同社の iPad アプリから大きな影響を受けている。

A growing number of companies have found that their iPad apps offer better usability than their websites, and so the latter are being molded to match the former. Most notable among these iPad-inspired interfaces: Twitter’s recent redesign borrowed heavily from the company’s iPad app.

     *     *     *

5)App Store の勝利

善かれ悪しかれ、iPad によって App Store モデルが確立した。アプリケーションやコンテンツにモバイルデバイスからアクセスする卓越したモデルとして・・・

5. App store victorious: For better or worse, the iPad has cemented the app store model as the preeminent way to access applications and content on a mobile device.

iPad 自体は、ウェブ中心というよりアプリ中心のデバイスだ。iPhone の小さなスクリーンと遅い接続スピードにとっては、特化したアプリケーションの方が明らかに有益だ。この同じモデルが、主として Wi-Fi ネットワークで使われるスクリーンの大きなデバイスにも当然当てはまるかどうかはまだ分からない。

The iPad is not a web-centric device but rather an app-centric one. Although specialized applications are obviously beneficial on tiny iPhone screens with slow connections, it wasn’t a forgone conclusion that the same model would apply to a device with a larger screen that’s used mainly on Wi-Fi networks.

最終的に消費者は、同一のコンテンツに有料アプリでアクセスするより、無料のウェブサイトにアクセスする方を好むのではないだろうか。然るに目下のところ消費者は、アプリこそモバイル体験の中心だといっている。

After all, wouldn’t consumers rather access free websites than pay for the same content via an app? And yet consumers have spoken: For now, apps are at the center of the mobile experience.

     *     *     *

iPad がもたらした変化を大きな視点からよく捉えているように思われる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »