Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘App Store’


[中国の App Store:image

アプリのダウンロードでも中国の躍進は目覚ましい。

GigaOM: “Apple’s App Store made big gains in China in 2011” by Darrell Etherington: 21 December 2011

     *     *     *

Distimo のアプリ市場調査

Distimo のアプリ市場調査によると、これまで App Store のダウンロード数は米国が圧倒的だったが、iOS デバイスの購入者が増えるにつれて中国が大きな勢力になってきているという。

According to a new report (PDF) from app market research firm Distimo, the App Store, which has traditionally been dominated by U.S. downloads, is seeing another major driving force on the rise as more and more Chinese shoppers pick up iOS devices.

     *     *     *

2番目に大きい市場

中国における iPhone App Store からのダウンロード数を米国と比較すると、2011 年初めには米国の 18% に過ぎなかったものが11月には米国の 30% を占めるまで上昇した。10か月の間に 1/4 未満から 1/3 近くへ増加したということだ。iPad の数字も一緒に考えると、ダウンロード数はアメリカの 50% 弱という興味深い数字になる。

When comparing the two countries, the Chinese App Store for iPhone devices was just 18 percent of download volume vs the U.S. at the beginning of 2011. By November, that share had climbed to 30 percent, meaning China jumped from less than a quarter to nearly a third over a 10-month period. The numbers are even more interesting when examining the iPad: China’s take is just south of 50 percent of combined downloads between the two countries.

     *     *     *

中国はすでにアップルのモバイルアプリにとって2番目に大きい市場になっているわけだ。しかしアプリからの収益という点からみると必ずしもバラ色ではないという。

二つの問題

App Store が成功するためには中国へのローカリゼイションが重要だが、米国アプリを中国語にローカライズするのは簡単な作業ではない。中国のユーザーにとってローカリゼイションは非常に重要だ。ダウンロード数を増やすには、中国語への翻訳や中国文化に配慮した設定、コンテクスト、テーマ等に関する投資が重要だ。さらに加えて開発者にはもうひとつ問題があると Distimo はいう。中国のアプリ購入者は欧米のユーザーに比べてソフトにカネを払いたがらないことだ。このため中国 App Store の収入のシェアはダウンロードのシェアの及ばない。

For one, translating App Store success from the U.S. to China isn’t a straightforward task. Localization is very important to Chinese customers, so investments like translation and culture-specific settings, contexts and themes are key to attracting downloads. But according to Distimo, there’s another problem facing developers: Chinese app buyers aren’t as willing to pay for software as their western counterparts. Revenue share from the Chinese App Store is still behind its share of downloads.

     *     *     *

中国躍進のニュースはほかにもある。

中国の特許出願数が米国と日本を追い抜いてトップに躍り出たと Reuters が報じている。

中国のネットを見ていたら、温家宝首相の発言が目についた。「中国にはジョブズやアップルが必要」と督励している。

苹果在线(chinamac.com): “中国要有’乔布斯’和’苹果‘”: 21 December 2011

中国にはジョブズやアップルが必要
(中国要有“乔布斯”和“苹果”)

温家宝说,研究成果必须实现产业化。如果成果获奖摆在那里,就只是一个花瓶。科技人员的创新和发明需要企业的支持。中国要有“乔布斯”,要有占领世界市场的像“苹果”一样的产品。

R&D の成果の産業化を達成しなければならないと温家宝は語った。成功に至る道は花瓶のようなものだ[?]。科学技術の創造的人材と企業のサポートが必要だ。中国には「ジョブズ」が必要であり、「アップル」のような製品を世界市場に出す必要がある。

     *     *     *

ジョブズのようになれ、アップルのような製品を作れというのは大変分かりやすい。

かつて追いつき追い越せと頑張った時代が日本にもあったが、すっかりお隣りにお株を奪われた感がある。

それなのに、隣国でありながら中国についてはほとんど無知な自分がいる。

来年こそは中国の事情を少しでもフォローできるようになりたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update 2:アマゾンがスマートフォンに手を出したら》
Update:鳥小屋に入ってきたキツネ》


[Amazon Appstore for Android:image

Marco Arment がこんどはアマゾン Appstore について注目すべき発言をしている。

Marco.org: “Amazon will take over Android app distribution” by Marco Arment: 22 November 2011

     *     *     *

Kindle Fire が売れたら・・・

Kindle Fire が非常によく売れると仮定してみよう。改善すべき部分が多々あるとしてもだ。

Assume the Kindle Fire will sell very well, even though it needs a lot of help.

     *     *     *

唯一の方法

ほとんどの Kindle Fire ユーザーにとってアプリをインストールする唯一の方法はアマゾンの Appstore for Android を利用することだ。Fire には Google Market が搭載されていないし、ほとんどのユーザーはハッキングやサイドローディング[side-load:コンテンツをローカルデバイス同士でやり取りする]ができるほど精通してもいなければその気もないだろうから。

The only way most Kindle Fire owners are going to be installing apps is from the Amazon Appstore for Android. The Fire doesn’t ship with Google Market and most buyers won’t be savvy or motivated enough to hack it or side-load anything.

     *     *     *

Android デベロッパにとっても問題

いわばアップルの App Store が iOS デバイスだけにロックされているのと同じ状態だ。たぶんとても人気がでると思われるこの Android デバイス[Kindle Fire]にとって、アマゾン Appstore は唯一の存在だ。したがって、ほとんどの Android デベロッパにとって、彼らのアプリがアマゾンの Appstore で利用できるようにしておくことが必須なのだ。

It’s similar to Apple’s App Store lockdown on iOS devices: the Amazon Appstore is the only game in town on this probably-soon-to-be-very-popular Android device. Most Android developers, therefore, need to ensure that their app is available in the Amazon Appstore.

     *     *     *

アマゾンはアップルよりしんどい

アマゾンはこれまでデベロッパに対し友好的ではなかった。(その意味では出版社に対しても同じだが。)いろんな点で、デベロッパがアマゾンを相手にするのはアップルを相手にするのよりしんどい。アマゾン Appstore にアプリを出すためには、アップルの場合以上に多くのコントロールを諦めなければならない。自ら価格を設定することもできなければ、自分のアプリについて説明することも諦めなければならない。これに比べれば、アップルの方が「オープン」といってもいいほどだ・・・

So far, Amazon has not been great to developers. (Or book publishers, for that matter.) By most accounts, dealing with Amazon is actually much worse for developers than dealing with Apple. By putting your app in the Amazon Appstore, you’re giving up a lot more control than Apple asks of us: you’re giving up the ability to set your own price and control your app’s description, among many other restrictions. By comparison, it makes Apple look almost… open.

     *     *     *

姿が見えなくなる

Android プラットフォームの最大のウリは「オープンな」Android Market だが、タブレットは外れており、ほとんど無関係といってもよかった。もしも Fire がその販売目標を達成できれば、Android アプリの小売りチャンネルはアマゾンによって長期にわたってハイジャックされることになる。Android タブレットのソフトの大部分はアマゾン Appstore を通じて売られることになり、アプリがそこに出ていなければ、Android タブレットのユーザーには文字通り姿が見えなくなる。

One of the biggest draws to the Android platform, the “open” Android Market, has just been sidestepped and made largely irrelevant for tablets. If the Fire sells anywhere near its target volumes, Amazon has hijacked the Android app retail channel for the long term: most sales of Android tablet software will be through the Amazon Appstore, and if your app isn’t there, it’s effectively invisible to the Android tablet userbase.

     *     *     *

Android フォンの場合は?

この影響がより規模の大きい Android フォンマーケットに及ぶのにどのくらいの時間がかかるだろうか? それには大規模端末メーカーのどこか一社がアマゾンとある契約を結ぶだけでいい。一定期間そのメーカーの電話機すべてに、アマゾン Appstore の方がグーグルの Android Market より目立つ形になるようにあらかじめしておけばいいのだ。アマゾンは小売りビジネスを熟知している。これぞ彼らのビジネスであり、得意中の得意なのだ。

How long will it be before this effect spreads to the much larger Android-phone market? All it would take is a deal between Amazon and one of the big handset manufacturers to preload the Amazon Appstore, placed more prominently than Google’s Android Market, on all of their phones for a little while. Amazon knows how to play the retail game — it’s their business, and they’re incredibly good at it.

     *     *     *

ゲイトキーパーになったアマゾン

オープンソースのコードベースからグーグルアプリを除いたもの — それが Android の真にオープンな部分なのだが — それは、市場に参入し、効果的に閉じ、遂には自らをゲイトキーパー(門番)とする強大な力を特定の会社に与えた。そしてゲイトキーパーとして見れば、アップルの方がよっぽど慈悲深く見えるほどだ。

A truly open facet of Android — the open-source codebase, minus Google’s apps — has enabled one company with a strong market position to step in, effectively close it, and make themselves the gatekeeper. And as gatekeepers go, Apple looks quite benevolent by comparison.

     *     *     *

デベロッパの目からみると、アマゾンはなかなか手強い相手らしい。

自前のデジタルエコシステムを持たないものにとって、これからの未来は厳しいものになりそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》鳥小屋に入ってきたキツネ(11月25日)

アマゾンが Android エコシステムだけでなく、グーグルそのものを窒息死させるかもしれないという刺激的な記事がある。

日本語訳がすばらしいので、ぜひお読みください。

・インターネットコム: “Amazon は Google をカモにしようとしている“: 24 November 2011
・Datamation: “How Amazon Is Making a Sucker Out of Google” by Mike Elgan: 23 November 2011

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アマゾンがスマートフォンに手を出したら(11月26日)


[Android-powered Amazon Blaze:image

Kindle Fire のウリはなんといっても 199 ドルという超低価格にある。

そのアマゾンがスマートフォンにも手を出すというウワサに、Jean-Louis Gassée がオモシロいことをいっている。

Monday Note: “The Apple Wireless Carrier (Part 2)” by Jean-Louis Gassée: 20 November 2011

     *     *     *

グーグルの支配が及ばない仕掛け

アマゾンがスマートフォンを来年末に出すかもしれないという刺激的なウワサが先週あった。最初は非現実的だと思ったが、手元の新しい Kindle Fire が Android のロックを実にうまく利用しているのを見て考えた。アマゾンは Android Open Source コードを利用して、それに自らのユーザーインターフェイスやアプリ、サービス、app store などを付け加えた。出来上がったのは「非公式な」Android デバイスだ。一切グーグルの支配が及ばず、トロイの木馬アプリも存在しない。さらには、アマゾンのブラウザとグーグルのサーチエンジンの間に間隙を設けることによって、Bezos &カンパニーは、味方でもあり敵でもあるマウンテンビューの会社に一切知られることなくユーザーデータを蓄積することができるのだ。それではこの新しく開発したやり方をアマゾンのスマートフォンに適用したらどうなる?

Last week, we heard a titillating rumor: an Amazon smartphone would come out late next year. At first, I dismissed it as unrealistic. Then, I looked at my brand new Kindle Fire and marveled again at the way Amazon “picked Android’s lock”. The company took the Android Open Source code, added its own UI, applications, services and app store. The result is an ‘‘unofficial” Android device without any Google control on it, without the Trojan Horse apps. Further, by slotting its own browser between the Amazon customer and the Google search engine, Bezos & Co. keep accumulating user data without sharing any of it with their Mountain View frenemies. Why not apply this newly developed arrangement to an Amazon smartphone?

     *     *     *

キャリアのインフラに乗っかる

また、Kindle にデータを集めるため、アマゾンが Whispernet を開発していたことにも改めて気付いた。これは他のキャリアのインフラを利用する 3G ネットワークだが、これって MVNO[Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者]の一種じゃないか?

I also realized that, in order to feed data to its Kindles, Amazon developed Whispernet, a 3G network riding other carriers‘ infrastructure — which sounds like an MVNO of sorts.

     *     *     *

超低価格

原価ないしちょっと損するぐらいの価格で Kindle Fire が売られていることを知っている。それによってアマゾン本来のビジネス(物品やコンテンツ販売)が爆発的に伸びるからだ。もしアマゾンがスマートフォン(ハードウェア + MVNO 契約)を出すとしたら、価格だって同じような考えで設定されることだろう

We know the Kindle Fire model of being sold at cost or at a small loss because it boosts the company’s real business: selling things and content. The hypothetical Amazon smartphone (hardware + MVNO contract) would be priced in the same spirit.

     *     *     *

どうやらアマゾンの影響は果てしなく及びそうだ・・・

Read Full Post »


[上級副社長になった Eddy Cue:photo

上級副社長に昇進した Eddy Cue のことを Atlantic Wire が「次の Steve Jobs か?」と報じている。

The Atlantic Wire: “Apple Promotes Eddy Cue: The Next Steve Jobs?” by Rebecca Greenfield: 01 September 2011

     *     *     *

Jobs 路線を死守

Tim Cook が i-ガジェットメーカーのトップとして最初の動きをするのにさして時間はかからなかった。9to5Mac が公表したアップルの内部メモによれば、今日付けでアップルはインターネットサービス担当副社長 Eddy Cue をインターネット・ソフトウェアサービス担当の上級副社長に昇進させた。この昇進は Cook がとった初めての動きだが、Jobs なき後のアップルが Jobs が生み出したマジックを失うまいと必死の様子を伝えている。

It didn’t take Tim Cook long to make his first move as chief of the iGadgeteers. Today, Apple announced the promotion of former Vice President of Internet Services, Eddy Cue up to Senior Vice President of Internet and Software Services, reports 9to5Mac, which republished an internal memo announcing the move. As Cook’s first move, the promotion gives us a first look into a Jobs-less Apple trying desperately not to lose its Jobs-induced magic.

     *     *     *

アップル王国の鍵を握る

Cook だけでなく、アップルが Steve Jobs の輝きを死守しようとしていることを示している。Fast Company が 2010 年に作成した最もクリエイティブな企業人 100 人のリストで Cue は第2位だった。「スポットライトを浴びているのは Steve Jobs だが、実は46才の Eddy Cue がアップル王国の鍵を握っている。iTunes や App Store という21世紀で最も波瀾に富んだウェブビジネスをおそらく Cue が担当することになる。App Store は 2012 年までには40億ドルの規模なるものと期待されている。」

The promotion shows that Apple is trying hard to hold onto that Steve Jobs sparkle–and not just through Cook. In 2010 Fast Company ranked Cue as number 2 in a list of the 100 most creative people in business. “Steve Jobs may own the limelight, but Eddy Cue, 46, holds the key to the Apple kingdom. Cue runs arguably the most disruptive 21st-century Web businesses: iTunes and the App Store, the latter of which is poised to create a $4 billion app economy by 2012.”

     *     *     *


[Jobs に付き従う Eddy Cue:photo

メディア対策の陰の主役

Cue のような人物は Jobs のいないアップルにとって増々必要となるだろうと Tim Carmody[Epicenter]はいう。「Steve Jobs が CEO を辞めたあと、全メディア業界を相手に回し、新しいエコシステムを作り上げ、彼らをアップルの意に従わせる力を持つのは誰だろうか?」Cook は iTunes のヘッドについて納得できる処遇をしたと Devindra Hardawar[VentureBeat]はいう。「Cue はそのキャリアのほとんどを、Steve Jobs のメディア対策の要(かなめ)としての役割を果たしてきた。この新しいポストによって、メディア業界から重要な契約を取り付けるのが容易になるだろうと思う。」

Without Jobs Apple will need more of that type of thinking, especially in the areas where Jobs kicked ass, explains Epicenter’s adamcfisher. “With Steve Jobs stepping down as CEO, who will be granted the power to bend media companies to Apple’s will, upending whole industries and creating new ecosystems along the way?” As head of iTunes, Cook makes sense argues VentureBeat’s Devindra Hardawar. “Cue has served as Steve Jobs’ go-to media guy throughout his career, and I would wager that his new role will make it easier for him to carve out important media deals in the future.”

     *     *     *

クラウド業務をすべて手中に

Cue を昇進させたことはアップルがクラウドビジネスにコミットしていることを示している。Cue はアップルのクラウドベースのビジネスをすべてを手中にすることになる。iTunes Store、App Store、iBookstore から iCloud まですべてだ。「iCloud の責任を持つことになるので、アップルの未来にとって間違いなく彼は重要な人物となるだろう。」もし iTunes Store や App Store で見せた手腕を発揮できれば、iCloud は安泰ということになる。しかし、Darrell Etherington[GigaOm]が指摘するように、接続性と信頼性の問題のため散々叩かれた MobileMe 時代の惨憺たる方向に向かえば、クラウドの前途は険しいものになるかもしれない。

Cue’s move also signals Apple’s commitment to the cloud. Cue will now control Apple’s entire cloud-based operations, including the iTunes Store, App Store, iBookstore and iCloud services. “He’s clearly going to be a key figure for Apple’s future going forward, because he has stewardship over iCloud.” If he can work any of the game he used in spearheading the iTunes and App stores, iCloud should be in pretty good hands. But, if he takes any direction from his MobileMe days, which had a disastrous launch and “was widely criticized for connectivity and dependability problems,” as GigaOm’s Darrell Etherington points out, the cloud might have a rockier path.

     *     *     *

始まりに過ぎない

これはマネジメントに関する動きの始まりに過ぎない。しかし Cook は過去の栄光を失うことなくアップルを前進させるのに時間を浪費することはないだろう。

This is likely just the first in many management moves, but Cook’s wasting no time as he tries to move Apple forward without losing too much of its past.

     *     *     *

MobileMe 不評を受けて Jobs がすげ替えたのが Eddy Cue だった。

アップル取締役会は Cook と同様 Cue に対しても多額のボーナスを出すことにしたようだ。

Cue もまた外からは見えにくいアップルの人材のひとりということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


パテント・トロール:Lodsys

アプリ内課金のライセンス料を iOS デベロッパに要求しようとする Lodsys のパテント・トロール[patent troll:特許恐喝、特許ゴロ、特許荒らし]が物議をかもしている。

デベロッパのひとりは Lodsys をプレデターと呼ぶほどだ。

ついにアップルが腰を上げた。

The Loop: “Apple says developers are licensed for Lodsys patents” by Jim Dalrymple: 23 May 2011

     *     *     *

議論の余地はない

アップルは5月23日(月曜日)付けの Lodsys に対する手紙[全文]で、Lodsys がアプリ開発者に同社の技術をライセンスするよう要求した手紙を撤回することを求めた。

In a letter sent to Lodsys on Monday, Apple asked that the company withdraw letters sent to app developers demanding they license the technology.

「アップルがこれら特許のライセンスを受けていること、およびアプリ開発者(App Makers)がそのライセンスにより保護されていることに議論の余地はない。」と Bruce Sewell[アップル上級副社長・法律顧問]は述べている。

“Apple is undisputedly licensed to these patents and the App Makers are protected by that license,” wrote Bruce Sewell, Apple Senior Vice President and General Counsel.

     *     *     *

アプリ内課金を可能にする技術

Lodsys は複数の iOS デベロッパに対し 2011 年5月13日付けで、彼らがアプリ内課金を可能にする Lodsys の技術をライセンスすべきとの手紙を送りつけた。しかしデベロッパたちは、アップルが同ライセンスを取得してそれをアプリ内課金を行なう方法として提供している以上デベロッパはそれを利用できるはずだと考えた。

Lodsys sent a letter to several Apple iOS developers on May 13, 2011 claiming that they had to license the company’s technology, which allowed for in-app purchases. However, developers felt that because Apple licensed the technology and offered it as a way to provide its users with in-app purchases, they should be able to use it.

アップルも同じ考えだ。

Apple feels the same way.

     *     *     *

アプリ開発者は保護される

Sewell の手紙によれば、「したがって貴社の手紙が問題としている技術は、アップルがアプリ開発者に対し提供するため Lodsys からライセンスしたものであることは明確である。これらのライセンスを受けた製品およびサービス、すなわちアップル自身がライセンスを受けたハードウェア、ソフトウェア、API、メモリー、サーバーおよび App Store を含むインターフェイスを利用することによって、アプリ開発者がエンドユーザーと連絡をとることことが可能になる。アップルがかかる技術をアプリ開発者に提供するというライセンスを Lodsys から取得しているのだから、アプリ開発者は Lodsys が主張するような特許権侵害なしに同技術を利用する権利がある。」

“Thus the technology that is targeted in your notice letters is technology that Apple is expressly licensed under the Lodsys patents to offer to Apple’s App Makers,” wrote Sewell. “These licensed products and services enable Apple’s App Makers to communicate with end users through the use of Apple’s own licensed hardware, software, APIs, memory, servers, and interfaces, including Apple’s App Store. Because Apple is licensed under Lodsys’ patents to offer such technology to its App Makers, the App Makers are entitled to use this technology free from any infringement claims by Lodsys.”

     *     *     *

アップル法務が乗り出したことで、Lodsys の「脅迫状」を受け取ったデベロッパの間では安堵の気持ちが漂っているようだ。

Lodsys に対して終始批判的で、Lodsys を「寄生虫」と呼ぶ John Gruber はつぎのように述べている。

Daring Fireball: “Measure Twice, Cut Once” by John Gruber: 23 May 2011

いつものパターン

iOS デベロッパを特許侵害で脅していた Lodsys に対し、アップルが今日発出した回答はいつものパターンにそったものだ。

Apple’s response today to the Lodsys patent threat against iOS developers is another example that indicates a consistent pattern:

1)アップルに関係する問題が起きる。
2)途端に大騒ぎとなり、様々な憶測がなされる。
3)一、二週間後アップルの答えがでる。一旦出た答えは断固として反論の余地がないものだ。

1. An Apple-related crisis or problem occurs.
2. There’s an immediate flurry of news coverage and speculation.
3. A week or more passes before Apple responds, but when they do, they do so decisively.

     *     *     *

今度はこれだ

iPhone 4 の「アンテナゲート」も、iOS の位置情報プライバシーも同じパターンだった。そして今度はこれだ。Lodsys が iOS デベロッパに対し脅迫状を送り始めてからたったの10日だ。その間に2度の週末も含まれる。それでも Lodsys の脅迫状を受け取った複数の友人たちの話から、この10日間が長い10日間だったことを知っている。訴訟はやっかいない問題だ。それに App Store はアップルの最も重要な資産だ。

Same pattern for the iPhone 4 “antennagate”, the iOS location-logging database, and now this. It has only been 10 days since Lodsys began sending its threats to iOS developers, and that includes two weekends. I know from talking to several friends who were on the receiving end of Lodsys’s threats that those were a long 10 days, but still. Litigation is serious business, and the App Store is one of Apple’s crown jewels.

     *     *     *

確信をもって

アップルのポリシーは危機に対しては確信をもって(少なくとも可能な限りの確信をもって)臨むことだ。確信を持つためには時間がかかる。アップル広報がくだらぬ文言を垂れ流すこともない。まずは沈黙、そして答えだ。このやり方はうまくいっているのではないだろうか・・・

Apple’s policy is to respond to a crisis with certainty, or at least as much certainty as can be mustered. Certainty takes time. No drip, drip, drip of vapid PR statements. Just silence, then an answer. Seems to be working out pretty well for them.

     *     *     *

ユーザーの不満・不安にどう応えるか・・・

★ →[原文を見る:Jim Dalrymple
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »

Pete_Cashmore.jpg

Pete Cashmore – Mashable

2010 年、技術世界の風景は iPad によってガラリと変わった、と Mashable の Pete Cashmore はいう。

CNN.com: “How the iPad changed 2010” by Pete Cashmore: 17 December 2010

     *     *     *

世界が変わる

iPad が変えたのはデバイスマーケットだけにとどまらない。出版からウェブデザインに至るまで世界が変わるのをわれわれは目撃している。それも予想もしなかったやり方で・・・

But the iPad has reshaped more than just the device market: From publishing to web design, we’re seeing the iPad change the world in unexpected ways.

     *     *     *

1)トップに躍り出たアップル

アップルをトップの座に押し進めたのが iPad であることはもはや誰の目にも明らかだ。iPad 発売から1か月後の5月に、アップルは世界最大のテクノロジー会社になった。

1. Pushing Apple over the top: It’s no secret that the iPad has accelerated Apple’s rise to the top. In May, the month after the iPad’s release, Apple became the world’s biggest tech company.

未来永劫マイクロソフトの陰にいるかと思われたアップルがレドモンドの巨人を追い抜いたのだ。

Apple, which had seemed perpetually in Microsoft’s shadow, had outrun the Redmond giant.

     *     *     *

2)新しいカテゴリーの誕生

それまで休眠中かと思われたタブレットコンピュータに対する興味にiPad は火をつけた。

2. A new device category: The iPad has also reignited interest in what seemed to be a dormant market for tablet computers.

競合他社も競ってマーケットに参入しようとしている。最も顕著な競争相手はサムスンの Galaxy Tab だ。それでも、アップルがタブレットマーケットの大半を獲得するだろうと eMarketer は予想する。

Apple’s competitors have raced to enter the market, with notable competition coming from the Samsung Galaxy Tab. Even so, Apple will retain the lion’s share of the tablet market, eMarketer predicts.

     *     *     *

3)出版ルネッサンス

iPad が出版界の真の救世主となるかどうかはまだ分からない。しかし、それまで低迷していた雑誌・新聞の再生に iPad が火をつけたことは確かだ。

3. Publishing renaissance: Whether the iPad can truly be print publishing’s savior remains to be seen, but the device has certainly sparked the rebirth of seemingly stagnant magazines and newspapers.

Wired の iPad アプリは、印刷物の持つ触覚的側面をデジタル領域に持ち込んで大きな話題となった。Flipboard のような画期的アプリケーションが登場することによって、ウェブの持つソーシャルな側面と、新聞を手にしたとき夢中に読みふける体験とがひとつになったのだ。

Wired’s iPad app generated a storm of publicity for bringing the tactile nature of print to the digital realm, while groundbreaking applications like Flipboard are combining the social aspects of the web with the truly engaging experience of holding a newspaper.

さらに iPad は、出版社が再びコンテンツから料金を徴収する可能性を与えてくれた。その試みが成功するかどうか、今後 iPad で利用できるコンテンツが増えてもなお続くかどうかは、今のところまだ不明だ。

What’s more, the iPad has enabled publishers to once again charge for content — although it remains to be seen whether this trend persists as more content options become available on the iPad.

     *     *     *

4)変わるウェブデザイン

これは予期せぬ出来事に属する分野だ。Christina Warren[Mashable]によれば、事実 iPad はウェブサイトのデザインを変えつつある。

4. Reshaping web design: Put this one down to the laws of unintended consequences: The iPad is actually changing the way websites are designed, writes Mashable’s Christina Warren

多くの会社が、自らのウェブサイトより iPad アプリの方が使い勝手がいいことに気づくようになった。かくてウェブサイト自体が iPad アプリにマッチするように姿を変えつつある。iPad アプリに最も影響を受けた例は Twitter だ。最近のデザイン変更は同社の iPad アプリから大きな影響を受けている。

A growing number of companies have found that their iPad apps offer better usability than their websites, and so the latter are being molded to match the former. Most notable among these iPad-inspired interfaces: Twitter’s recent redesign borrowed heavily from the company’s iPad app.

     *     *     *

5)App Store の勝利

善かれ悪しかれ、iPad によって App Store モデルが確立した。アプリケーションやコンテンツにモバイルデバイスからアクセスする卓越したモデルとして・・・

5. App store victorious: For better or worse, the iPad has cemented the app store model as the preeminent way to access applications and content on a mobile device.

iPad 自体は、ウェブ中心というよりアプリ中心のデバイスだ。iPhone の小さなスクリーンと遅い接続スピードにとっては、特化したアプリケーションの方が明らかに有益だ。この同じモデルが、主として Wi-Fi ネットワークで使われるスクリーンの大きなデバイスにも当然当てはまるかどうかはまだ分からない。

The iPad is not a web-centric device but rather an app-centric one. Although specialized applications are obviously beneficial on tiny iPhone screens with slow connections, it wasn’t a forgone conclusion that the same model would apply to a device with a larger screen that’s used mainly on Wi-Fi networks.

最終的に消費者は、同一のコンテンツに有料アプリでアクセスするより、無料のウェブサイトにアクセスする方を好むのではないだろうか。然るに目下のところ消費者は、アプリこそモバイル体験の中心だといっている。

After all, wouldn’t consumers rather access free websites than pay for the same content via an app? And yet consumers have spoken: For now, apps are at the center of the mobile experience.

     *     *     *

iPad がもたらした変化を大きな視点からよく捉えているように思われる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

within_90_days.jpg

[Open within 90 days…]

Update :Mac App Store は1月6日オープン〉

独自の情報ソースを持つ Jim Dalrymple が、Mac App Store の開始は来年1月になるといっている。

The Loop: “Mac App Store launching in January 2011” by Jim Dalrymple: 08 December 2010

     *     *     *

12月13日ではない

流布されているニュースと違って、Mac App Store の開始は来年1月になる。

Despite published reports to the contrary, Apple’s Mac App Store will launch in January 2011.

クリスマス商戦を控えた12月13日にアップルが Mac App Store を開始するというのが今週初めのニュースだった。しかし私の情報ソース(複数)によると、Mac App Store の開始は新年になるという。

Reports earlier this week claimed Apple would launch the Mac App Store on December 13, ahead of the holiday shopping season. However, according to my sources, Apple will launch the store in the new year.

     *     *     *

90日以内

私のソースは正式な期日については触れていないが、10月の「Back to the Mac」イベントで明らかにした90日以内という期限は守られるだろうという。

While a specific date was not given for the official opening of the store by my sources, Apple will meet the 90-day deadline given during its October “Back to the Mac” media event.

前回のイベントで90日以内と述べたこと、および Steve Jobs はその約束を守ることから、Mac App Store の開始は1月の第3週ないしはそれ以前になるものと思われる。

Given the date of the media event and Apple CEO Steve Jobs’ commitment to launch the store within 90-days, we should see the Mac App Store sometime on or before the third week of January.

     *     *     *

App Store にならう

Mac App Store は、iOS デバイスのユーザーが App Store の開始以来慣れ親しんできたいろんな特徴を備えることになるハズだ。例えば、ワンクリック・ダウンロード、無料および有料アプリの品揃え、収入の 70/30 分割(デベロッパが 70)、自動インストール、自動アップデート、個人用マックのすべてをカバーするライセンスなどだ。

The Mac App Store will have many of the same features that iOS device users have grown accustomed to since the App Store’s debut, such as one-click downloads, the ability to acquire free or paid software apps, a 70/30 percent revenue split (in the favor of developers), automatic install, automatic updates, and a license that will cover all of your personal Macs.

     *     *     *

今年は盛りだくさんだったからなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉Mac App Store は1月6日オープン(12月21日)

mac_app_store.jpg

Jim Dalrymple の予想どおりだ。

Apple’s Mac App Store to Open on January 6[Press Release] | Apple

AppleのMac App Store、1月6日にオープン予定[プレスリリース] | アップル

     *     *     *

アップルのプレスリリース

2010年12月16日、Apple®は本日、「Mac® App Store℠(マック・アップストア)」を米国時間の来年1月6日よりスタートする予定であることを発表しました。App Storeの革新的な使い勝手をMac OS® Xにもたらすことにより、Mac App StoreはMac用アプリケーションの発見・インストール・更新をかつてないほど簡単なものにします。Mac App Storeはオープン当初より90カ国で利用可能で、有償・無償のアプリケーションが教育・ゲーム・グラフィック&デザイン・ライフスタイル・仕事効率化・ユーティリティといったカテゴリから選べるようになる予定です。[アップル]

CUPERTINO, California—December 16, 2010—Apple® today announced that the Mac® App Store℠ will open for business on Thursday, January 6. By bringing the revolutionary App Store experience to Mac OS® X, the Mac App Store makes discovering, installing and updating Mac apps easier than ever. The Mac App Store will be available in 90 countries at launch and will feature paid and free apps in categories like Education, Games, Graphics & Design, Lifestyle, Productivity and Utilities.

「App Storeはモバイルアプリケーションに革新をもたらしました。それと同じことをMac App Storeによりパーソナルコンピュータの環境でも実現し、パソコン用アプリケーションの購入が簡単で楽しくなるのを望んでいます。1月6日のオープンが待ちきれない思いです」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。[アップル]

“The App Store revolutionized mobile apps,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “We hope to do the same for PC apps with the Mac App Store by making finding and buying PC apps easy and fun. We can’t wait to get started on January 6.”

     *     *     *

その他参考記事:

アップル、Mac用App Storeを来年1月6日にオープン | WSJ Japan

Apple will close Mac OS X downloads site on January 6 | 9 to 5 Mac

Read Full Post »

airpad.jpg

Angry Birds on MacBook Air

Mac App Store に関する議論がおもしろい展開を見せている。

iPad アプリはマックで動くか、すなわち iOS アプリは Mac OS X で動くだろうかという議論だ。

最初に問題提起をしたのは Dave Winer だ。

新しいジャンルの Mac アプリが登場するという Marco Arment の指摘を敷衍(ふえん)して、それを逆転して考える。すなわちiPad/iPhone アプリが Mac App Store にやってくるのではないかと・・・

Winer は Angry Birds(iPad アプリ)が MacBook Air で動くと予測するのだ。

Scripting News: “Angry Birds on MacBook Air” by Dave Winer: 01 November 2010

     *     *     *

iPad アプリが MacBook Air で動くようになる

iPad や iPhone で実際に動くソフトを Mac App Store から購入することになるだろう。

The software we will buy from the Mac version of the App Store will be the actual software that runs on the iPad and iPhone.

言い換えれば、ひそかにアップルはデベロッパに対し、どうすれば iPad ソフトがキーボードを備えた iPad、すなわち MacBook Air で動くように書けるのか教えようとしているのだ。

In other words, they’re teaching the developers, privately, how to write iPad software for an iPad with a keyboard. In other words, the MacBook Air.

     *     *     *

これに対する John Gruber のフォローアップがおもしろい。

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

     *     *     *

問題は何か

iOS がデベロッパにとってモジョ[mojo:魔術、(運を好転させる)お守り、ブードゥー教の呪術から]であることは間違いない。アップルのデベロッパだけでなく、業界全体にとってもそうなのだ。iOS が世界で最もホットなプラットフォームだということに尽きる。間もなく登場する Mac App Store が、これまでマックのアプリケーションなど書いたこともない iOS デベロッパにとって絶好の機会になるとアップルが考えていることも明らかだ。しかしだからといって iPad アプリが現状のままで、まったく異なる入力方式に手を加えたり適合させたりしなくても、マックで動いたりすることは決してないと考える。ARM 対 x86 のコード生成や開発フレームワークの違いが問題なのではない。タッチスクリーンで直接操作することは、タッチパッドでマウスカーソルを動かすこととは基本的に異なるという事実が問題なのだ。

There’s no doubt that iOS is where the developer mojo is. Not just Apple’s developer mojo, but the industry’s. It’s the hottest platform in the world, period. And I do think Apple sees the upcoming Mac App Store as an opportunity for iOS developers who’ve never written apps for the Mac to start. But I don’t think iPad apps are ever going to run on the Mac as-is, without any change or adaptation to account for the very different input methods. This isn’t about ARM vs. x86 code generation, or development frameworks. It’s about the fact that direct manipulation on a touchscreen is fundamentally different than moving a mouse cursor via a touchpad. […]

     *     *     *

そのままでは快適でない

実際マックのスタンダードな機能として iPad アプリが動くことはないと証明することも可能だ。iOS デベロッパキットに同梱された iPhone/iPad エミュレータを使えば、たしかに iOS アプリは現在でも Mac OS X で動く。しかしそれではマックで使うのが決して快適ではない。タッチスクリーンでは自然で楽しいジェスチャも、マウスやタッチパッドでは不自然でかったるいものとなる。自分で開発した iOS アプリを、テストやデバッギングしたそのままの形でマック用に出荷したいと願う iOS デベロッパなど誰ひとりとして知らない。パックマンみたいなゲームを iPhone で試してみたことがあるだろうか。ジョイスティックや D-pad のようなハードウェアを念頭においてゼロから設計されたゲームはジョイスティックのついてないデバイスではどうしてもうまくいかない。iOS アプリをマックで動かすとみな同じことになるのだ。(逆にまた Angry Birds のようなポピュラーな iOS ゲームは、タッチスクリーンで初めて意味を持つようなコントロールを使っている。)

I can prove it, practically, that iPad apps aren’t going to run on the Mac as a standard feature. iOS apps do run on Mac OS X, today, in the iPhone/iPad emulator that ships with the iOS developer kit. Ends up they’re just not that pleasant to use on a Mac. Gestures that are natural and fun with direct touch are awkward and clumsy using a mouse or touchpad. I never hear iPad developers — who run their own iOS apps on their Macs during development, for testing and debugging purposes — wish that they could ship them as-is to Mac users. Ever try a game like Pac-Man on the iPhone? A game that’s designed from the ground up around a hardware joystick or D-pad just isn’t very good on a device without a joystick. Everything about iOS apps is like that when you run them on a Mac. (And, conversely, popular iOS games like Angry Birds tend to feature controls that only really make sense with a touchscreen.)

     *     *     *

最適化されていないアプリ

iPad で試したことのあるひとなら誰でも知っているように、iPad に最適化されていないアプリはひどいものだ。そんなもの自分はどれも使わない。なぜアップルが iPhone アプリを iPad で動くようにしたかというと、初日から iPad には何千というアプリ(理想的なものであろうとなかろうと)があるということを示すためだった。マックではそうしなければならない理由はない。(iPad に最適化されていないアプリはいずれ iPad でサポートされなくなっても驚かない。)

[…] everyone with an iPad knows that non-iPad-optimized iPhone apps stink on the iPad. Personally, I don’t use any of them. I still think the reason Apple allowed iPhone apps to run on the iPad is simply to make sure there were thousands of apps available on day one, whether they were ideal or not. The Mac doesn’t suffer that problem. (I wouldn’t be surprised if the iPad eventually drops support for non-iPad optimized apps.)

     *     *     *

AppKit と UIKit というフレームワークの違い

こういうことになるのではないか。iPad のネイティブアプリは iPhone アプリとは異なるが、それなら両者はどんな関係にあるのかという問題に近い、と。Cocoa ではマックのアプリは AppKit というフレームワークをベースとしている。AppKit は1980 年代末期の NeXT フレームワークに遡る。iPhone の登場で AppKit を UIKit に置き換えた。私自身は Cocoa の専門家ではないが、それでも AppKit と UIKit には単にマウスカーソル対タッチスクリーンの以上の違いがあることは分かる。ある意味で UIKit は一度白紙の状態にしてやり直したものだ。「AppKit を初めからやり直すとしたら、いくつかの点では違ったやり方をする」的な変更を加えたものだ。現在我々がよく知っている iPad がそのままの状態で Mac OS X で動くということになるだろうか? — ノーだ。未来のマックのための UIKit 変種は、本質的により iOS に近いマックのネイティブアプリになるだろうか? — イエスだ。これから2か月後に登場しようとしている Mac App Store は、誰もが知っている古くからの AppKit マックアプリで溢れることになるだろう。

I think it would be something more like how native iPad apps are related to, but different than, iPhone apps. In Cocoa, Mac apps are based on the AppKit framework — and AppKit dates back to the original NeXT frameworks from the late 1980s. With the iPhone, Apple replaced AppKit with UIKit. I’m far (very far) from being a Cocoa expert, but I know enough to say that UIKit is different from AppKit in more ways than just issues related to mouse cursors vs. touchscreens. UIKit is in some ways a clean slate do-over — an “if we could do it all over again, we’d do a few things differently” successor to AppKit. Can I imagine iPad apps, exactly as we know them today, running on Mac OS X? No. Can I imagine a future variant of UIKit for the Mac, which results in native Mac apps that are inherently more iOS-like? Yes. That’s all conjecture about the future, though. The Mac App Store that’s scheduled to ship about two months from now is going to debut filled with nothing but good old-fashioned AppKit Mac apps.

     *     *     *

最適化が iOS 成功の原因

iOS でアップルが成功したのは、「一度書いたコードはどのデバイスでも動く」という考えとは逆だったという点にある。むしろ「この特定のデバイスにちゃんと最適化されたバージョンのコードを書け」というものだったのだ。

The whole point of Apple’s success with iOS has been the opposite of “write once, run anywhere”. It’s more like “write a version that is specifically optimized for this particular device”.

     *     *     *

マックへの回帰の意味は、ソフト的には Mac OS X Lion、ハード的には MacBook Air だった。

さすれば、iOS を踏まえて Mac OS X に回帰するという意味は何なのかが問われているのだろう。

Mac App Store に登場するマックの製品群によってその姿が明らかになる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:非公開の iOS デベロッパ Game Center サミット

Dave Winer の議論から Rene Ritchie はさらに想像を逞しくする。

TiPb: “Will the Mac App Store run iPad apps?” by Rene Ritchie: 01 November 2010

昨夜の iPad Live ポッドキャストで私と Georgia は秘密の iOS デベロッパセッションのウワサを話題にした。そのセッションでアップルはデベロッパたちに、 iPad アプリをマックで動かすカンタンな方法を教えているのではないかというのが彼女の想像だった。

Last night during the iPad Live podcast, while Georgia and I were discussing the rumor about Apple holding a secret iOS developer session, she conjectured that Apple might be showing developers a way to quickly make their iPad apps run on the Mac.

     *     *     *

それに対する John Gruber のコメント:

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

Rene Ritchie はさらに、それこそ今週クパティーノで行なわれている非公式の iOS デベロッパ会議で起きていることではないかと想像を逞しくする。(そうではない・・・開催されているのは Game Center サミットだ。)

Rene Ritchie even wonders if that’s what’s going on this week at the private iOS developer meeting in Cupertino. (It’s not — that event is a Game Center summit.)

     *     *     *

非公開の iOS デベロッパサミットについてはその後何も情報がない。

そこで Gruber が彼一流のさりげないやり方で情報を漏らしたというわけ。

出席者はみな NDA[守秘義務契約]で縛られているのだろうから、情報がないのは当然といえば当然。

結局 Gruber のこの一行が非公開サミットに関する初めて情報となった。

しかし、iOS 4.2 が Golden Master になったり、Mac OS X 10.6.5 Build 10H571 がデベロッパにシードされたりしているところをみると、開催されていることの状況証拠はいっぱいだ。

一方で Mac App Store でのアプリの受付も始まっており、最初に登場するマックアプリがどんなものになるかますます興味津々。(まずはゲームだったりして・・・)

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »