Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘AnandTech’

[iPad mini(左)と iPad 4(右)の画面:image

iPad mini レビューとしては gdgt のものが最短(210 語)だとすれば、微に入り細を穿った最長記録は AnandTech のものだろう。(約 8900 語、120 ページ)

その結論が両者ともほぼ同じというのも興味深いが、AnandTech レビューにはいろいろ興味深い点がある。Retina iPad mini が来年出る可能性は低いというのもそのひとつだ。

AnandTech: “iPad mini Review – A Retina mini?” by Anand Lal Shimpi & Vivek Gowri: 20 November 2012

     *     *     *

Retina iPad mini

モノを読んだり、ウェブサーフィンをするには、自分の場合大きな iPad の方がいいが、実際に手に持つとなると iPad mini の方が優れている。一方の iPad は読むのに適しており、もう一方は携帯性に優れているというわけだ。これはなかなか難しい問題だ。明らかな解決策は iPad mini を Retina ディスプレイにすることだ。この点については我々のポッドキャストで Brian がすばらしい指摘をしている。Retina ディスプレイの iPad mini はそう簡単には登場しそうにないというのだ。

I prefer reading text and browsing the web on the bigger iPad, but in terms of actually holding the device the mini wins hands down. One iPad is better to look at and one is better to hold. It’s a real problem. The obvious solution would be to give the iPad mini a Retina Display. Once again, in our Podcast on this topic, Brian offered poignant insight: a Retina Display likely won’t come to the iPad mini.

     *     *     *

Retina 化への3つの道

iPad mini を Retina ディスプレイにする方法として3つのオプションが考えられる。

There are three routes Apple has to enable a Retina Display on the iPad mini:

1)解像度を縦横方向に倍増する — iPad 3/4 でやったようにピクセル数を4倍にする

1. Double horizontal and vertical resolution (4x the number of pixels, similar to what was done for the iPad 3/4)

2)縦横倍増する代わりに、アスペクト比を 4:3 にして中間的な解像度を採用する

2. Pick a new, in-between resolution that isn’t an outright doubling in each dimension but maintain the 4:3 aspect ratio

3)解像度を縦横倍増せず、アスペクト比も新しいものを採用する

3. Pick a new resolution that isn’t an outright doubling, also pick a new aspect ratio in the process

     *     *     *

第1のオプション:サイズとコスト増につながる

アップルとしては Retina ディスプレイにする方法として、これまで(縦横方向に解像度を倍増して)ピクセル数を4倍にする第1のオプションを好んできた。(ただし iPhone 5 は例外。)解像度 1024 x 768 の iPad mini ディスプレイにこのオプションを適用すると、解像度 2048 x 1536 の 7.85 インチパネルになる。これは iPad 3/4 と同じ解像度だが、ピクセル密度[Pixel Density]はずっと小さい 326 PPI になる。(iPad 3/4 の場合は 263 PPI。)アップルがそうすることは可能だが、そのためには iPad を Retina ディスプレイ化したときと同じことをやらなければならない。主な点はより大きなバッテリーと SoC[System-on-a-Chip]を導入することだ。大きなバッテリーはより強力なバックライトの駆動に必要であり、X シリーズ SoC は高解像度の UI やゲームのレンダリングに必要だ。どちらもサイズとコストの増加につながり、その結果 iPad mini は全然 mini らしくなくなってしまう。

With the exception of the iPhone 5, Apple has preferred outright quadrupling of pixel count (2x in each dimension, option #1) to create a Retina Display. With the mini’s display using a 1024 x 768 resolution, this option would give it a 7.85-inch 2048 x 1536 panel. That would be the same resolution as the iPad 3/4, but in a much smaller display giving it a pixel density of 326 PPI (vs ~263 for the iPad 3/4). Apple could do this, but it would then need to make all of the same changes it made in going to the iPad with Retina Display, primarily the introduction of a larger battery and much larger SoC. The bigger battery is needed to drive the more powerful backlight, and the X-series of SoCs is needed to actually render the UI and games at such a high resolution. Both of these things would increase the size and cost of the mini, which would make it distinctly un-mini.

     *     *     *

第2のオプション:画質の問題が生じる

第2のオプションは、たとえば 1600 x 1200 といった(現在の解像度の整数倍ではない)新しい解像度を採用するものだ。アスペクト比は今と同じまま保つが、ピクセル密度は大きくなる。このオプションをとると、iPad 用 iOS としては 1024 x 768 か 2048 x 1536 か、どちらかの解像度を取らざるを得なくなる。整数倍ではないこれらの解像度を採用すると、アップルとしては新しい解像度にするためにスケーリングやフィルタリングといった作業をせざるを得なくなり、その分画質が悪くなる可能性がある。これはアップルが Retina MacBook Pro を高解像度モードにするために取った方法だ。しかしイメージの画質を最高に保つため、アップルとしてはデスクトップのオフスクリーンを4倍の解像度でレンダリングし[?]、それからパネルに合致するようにスケールダウンする必要があった。この場合もパフォーマンスに懸念があることは明らかだ。

The second option would be to pick a new resolution that wasn’t an integer multiple of the current one, say 1600 x 1200. You could maintain the same aspect ratio, but you’d just get greater pixel density. The problem with this approach is iOS for the iPad projects points in screen space to one of two resolutions: 1024 x 768 or 2048 x 1536. Picking a non-integer multiple of those resolutions would force Apple to do some scaling and filtering to hit the new resolution, which could reduce quality. Apple does this on the MacBook Pro with Retina Display to enable higher resolution modes. To maximize image quality however, Apple renders the desktop offscreen at 4x the resolution and then scales down to fit the panel. There are obvious performance concerns here as well.

     *     *     *

第3のオプション:デベロッパへの負担

最後のオプションは iPhone 5 でやったやり方を踏襲するものだ。すなわち新しい解像度を採用してそれをサポートする。このオプションの唯一のデメリットはデベロッパに新しいタイプのディスプレイに対応する負担をかける点だ。iPhone 5 で見たように可能ではあるけれど、多くのアプリで必要なアップデートが行なわれるまでかなりの時間がかかることになる。

The final option would be for Apple to take the iPhone 5 route and just pick a new resolution and enable support for it. The only downside to this option is that developers would have to target yet another type of display. As we’ve seen with the iPhone 5, that can be done but it also means a number of applications may take a while to get updated, if they are at all.

     *     *     *

来年登場する可能性は低い

iPad mini のエントリー価格が低いこともあり、これらのオプションはいずれもアップルにとって魅力的ではない。来年になれば Retina iPad mini が出ると期待しているひとがいるなら、期待しない方がいいと私はいいたい。

None of these options is particularly enticing for Apple, especially given the low (for Apple), starting price for the iPad mini. If you’re expecting next year’s mini to have a Retina Display, I wouldn’t hold your breath.

     *     *     *

どうやら iPad mini の Retina 化はそうカンタンではないようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

intel-sandy_bridge.jpg

Intel Sandy Bridge CPU

詳細なマックレビューでなる AnandTech の Anand Lal Shimpi が、未来のマックが採用する CPU について興味深い発言をしている。

Macworld: “Mac of the future: the CPU” by Anand Lal Shimpi: 01 December 2010

     *     *     *

時計仕掛け

この数年来、アップルがマックで使う CPU を予想するのは比較的カンタンだった。アップルがインテルの x86 プロセッサに移行して以来、インテルのロードマップを反映したものがマックのロードマップだった。インテルが新しい CPU を出す。すると数か月後にアップルが新しいマックを出す。まるで時計仕掛けのように正確だった。おかげでさもなくば予想のむずかしいアップルのプロダクトサイクルから驚きの要素がいくぶん失われてしまった。

For the past few years, predicting the CPUs that Apple would put inside its Macs has been relatively easy. Ever since Apple made the move to Intel’s x86 processors, the Mac road map mirrored Intel’s road map: Intel would release a new CPU, and a few months later Apple would release a new Mac. It was like clockwork, and it removed some of the surprise from Apple’s otherwise difficult-to-predict product-release cadence.

     *     *     *

壊れた時計仕掛け

ところが1年にわたってアップルはその時計仕掛けを壊してしまった。それはアップルが 2010 年4月に MacBook Pros を出したことから始まった。

But over the past year, Apple effectively smashed that clock. It all started with the MacBook Pros released in April 2010.

     *     *     *

13インチモデルは古いまま

そのアップデートの際、当時のインテル最新の Arrandale マイクロプロセッサ(Core i5 および Core i7 チップという名前の方がよく知られている)を採用したのは MacBook Pro ファミリーのうち15インチと17インチの2モデルだけだった。この CPU はインテルの最新技術(32-nm 製造プロセス、Hyper-Threading、Turbo Boost)を利用したものだ。しかし13インチモデルは古い CPU のままだった。

In that round of updates, only two members of the MacBook Pro family—the 15-inch () and 17-inch () models—got Intel’s then-new Arrandale microprocessors (more popularly known as the Core i5 and Core i7 chips). Those CPUs took advantage of some of Intel’s most up-to-date technologies—including a 32-nanometer manufacturing process, Hyper-Threading, and Turbo Boost. The 13-inch MacBook Pro (), however, stuck with the older Core 2 Duo CPU.

     *     *     *

今後を占うポイント

アップルが古い Core 2 Duo にこだわったことは2つのことを意味する。ひとつはアップルとインテルの関係がかつてほど居心地のいいものではなくなったのかもしれないということであり、二つ目はアップルが本当に GPU[graphics processing unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]を気に入っているということだ。この2点が、アップルのハードウェアに関する今後2年間の意思決定に影響を及ぼすことになる。

The simple decision to stick with the Core 2 Duo indicated two things: first, that the Apple-Intel relationship might not be as cozy as it once was; and, second, that Apple really likes graphics processing units (GPUs). Those two points will drive much of Apple’s hardware decision-making over the next two years.

     *     *     *

インテルの最新チップはいらない

私の見るところ、アップルユーザーは13インチ MacBook Pro で(さらには MacBook Air の11インチおよび13インチモデルで)古い Core 2 Duo が使われていても気にしていないように見える。アップルとしては、これら製品が売れさえすれば最新で最高のインテル製品を使う必要を感じなくなっているように思えるのだ。

As far as I can tell, Apple’s customers didn’t mind when it used the Core 2 Duo in the 13-inch MacBook Pro (and, more recently, in the 11- and 13-inch MacBook Airs). If those products sell just fine, Apple will probably no longer see the need to use Intel’s latest and greatest products.

     *     *     *

OpenCL のおかげで

一方アップルは、より強力な GPU を使う必要を感じているようだ。現在マックを買うと、なんらかの形で強力な GPU がついてくる。15インチおよび17インチ MacBook Pro では統合グラフィックスプロセッサ Nvidia GPU が必要な場合に備えてセットになっている。かかる GPU は、OpenCL スペックのおかげで、リアルタイムのグラフィックスレンダリングだけでなく、一般的なコンピュータ処理作業にも使えるのだ。

At the same time, Apple has seen the need to use powerful GPUs in its computers. You can’t buy a Mac today that doesn’t have a robust GPU of some sort. Even the 15- and 17-inch MacBook Pros pair their integrated graphics with an Nvidia GPU, just in case you need it. Thanks to the OpenCL spec, such GPUs can be used for more than just real-time graphics rendering, taking on general computing tasks as well.

     *     *     *

AMD の可能性

したがってかつてはインテルの CPU を必要とした会社も、むしろ GPU の方が大事になってくるというわけだ。もちろんアップルが完全にインテルを止めてしまうことなど考えられないが、以上の点から考えると、今後2年間にアップルが AMD の CPU を使うことを検討してもおかしくはないのだ。

So you have a company that seems no longer to care as much as it once did about Intel’s CPUs, but that increasingly cares a lot about GPUs. While I can’t imagine Apple dropping Intel altogether, these two factors make me wonder whether Apple will at least consider using CPUs from AMD in the next two years.

     *     *     *

かくて Anand Lal Shimpi は AMD の CPU-GPU 戦略を振り返って、アップルが AMD チップを採用する可能性を検討する。

Fusion クラスのプロセッサから始まって、E-350 から Llano まで検討した結果、2012 年に AMD が強力な CPU-GPU チップセットを出すまでは、その可能性はないだろうと判断する。

続いてインテルの Sandy Bridge を取り上げる。

     *     *     *

Core i-シリーズの次世代 CPU:Sandy Bridge

この間インテルも甘んじていたわけではない。Core i-シリーズの第2世代 CPU(コードネーム Sandy Bridge)は 2011 年1月に登場する。アップルとしてはこのチップによってパフォーマンスの全体的向上と動画デジタル加工(video transcoding)のハードウェア的加速が可能になるハズだ。マックがこれを採用することはほぼ間違いない。

Intel won’t be standing still all of that time. The second-generation of its Core i-series CPUs (code-named Sandy Bridge) will come out in January 2011. Apple would get much better overall performance and hardware-accelerated video transcoding from these chips; their adoption in Macs is pretty much guaranteed.

     *     *     *

Sandy Bridge は OpenCL をサポートしない

Sandy Bridge は On-Die グラフィックスを採用するが、OpenCL はサポートしない。Sandy Bridge のグラフィックスは大部分の OS X ユーザーにとって十分な速度だと思われるが、アップルが OpenCL 対応の GPU をマックで採用するのを止めるとまでは考えられない。そういうわけで 2011 年においても大部分のマックは別個 GPU の搭載を継続するだろう。

Sandy Bridge will have on-die graphics, but that hardware won’t support OpenCL. While I believe Sandy Bridge’s graphics will be fast enough for the majority of OS X users, I don’t think Apple will want to stop shipping OpenCL-capable GPUs in its systems. For that reason, we may continue to see discrete GPUs shipped with most Macs sold even in 2011.

     *     *     *

マックへの採用は 2011 年から

Sandy Bridge チップは 2011 年の第1ないしは第2四半期に MacBook、MacBook Pro、iMac に搭載されると考えられる。Mac Pro については、Sandy Bridge の採用は 2011 年第3ないし第4四半期になると思われる。最近のモデル発表からみて、MacBook Air の本格的アップデートは早くても 2011 年末までは行なわれないだろう。

I’d expect to see Sandy Bridge chips appear in MacBooks, MacBook Pros, and iMacs sometime in the first or second quarter of 2011; I’d expect the Mac Pro to get Sandy Bridge sometime in 2011’s third or fourth quarter. Given the recent release of the new models, I wouldn’t expect to see the MacBook Air get a serious update until late 2011 at the earliest.

     *     *     *

Ivy Bridge

インテルは 2011 年末ないしは 2012 年初頭に Sandy Bridge の後継チップ Ivy Bridge を発表する予定だ。Ivy Bridge はより強力な GPU コアを有するハズだ。ただ、その性能がアップルが必要とする GPU の基準を充たすかどうかはまだ不明だ。

In late 2011 or early 2012, Intel is expected to release Sandy Bridge’s successor: Ivy Bridge. That should provide a more capable GPU core than Sandy Bridge; whether or not it will meet Apple’s requirements for a compute-ready GPU is still unknown.

     *     *     *

Sandy Bridge に関する記事もちらほら現れ始めた。(こちらこちら

Anand Lal Shimpi の記事は未来のマック CPU を読み解く上で格好の道標になるように思える。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

11_MBA_reviewed.jpg

AnandTech が 11 インチ MacBook Air について興味深いテストをしている。

AnandTech といえば詳細きわまりないレビューで知られる。MacBook Air の当初レビューも 11 章にも及ぶ膨大なものだった。

当初レビューの結論はつぎのような書き出しで始まる。

AnandTech: “Apple’s 2010 MacBook Air (11 & 13 inch) Thoroughly Reviewed” by Anand Lal Shimpi & Vivek Gowri: 26 October 2010

     *     *     *

スピードが・・・

11 インチ MacBook Air のフォームファクタはとても気に入った。持ち運びには最高だ。きちんとした仕事をしなければならないひとのための iPad というところ。もっと速いスピードならいいのにと思う。

I really like the form factor of the 11-inch MacBook Air. It’s great to carry around. It’s like an iPad for people who have to get real work done. I just wish it was faster.

     *     *     *

AnandTech の新しい記事では、11 インチモデルを CPU やメモリーについて可能な限りアップグレードしたらどうなるかというテストをしている。

11 インチ Air には2つのアップグレードパスがある。CPU[1.4GHz → 1.6GHz]とメモリー[2GB → 4GB]だ。ただし値段は張って、999 ドルが 1399 ドルになる。これは 13 インチモデル(1299 ドル)より高い。

どの程度パフォーマンスが向上するか、それだけ投資をする価値があるか・・・テストの結論はつぎのとおりだ。

AnandTech: “Apple’s 11-inch Upgraded MacBook Air: Do 1.6GHz and 4GB Make a Difference?” by Anand Lal Shimpi: 06 November 2010

     *     *     *

ベースモデル

11 インチ MacBook Air はポータブルとしてはほぼ完成に近い。しかしベースモデル(by default)のままでは完璧なノートブックとはいえない。遅いし、実際の使用ではバッテリーはそれほど持たない。スクリーンの解像度がいいことは見て分かるほどだが、物を読むのはいささか困難だ。

The 11-inch MacBook Air may be portable perfection, but by default it’s not the perfect notebook. It’s slow, the battery doesn’t last all that long under actual use and the screen resolution, although appreciably high, makes things a little difficult to read.

     *     *     *

10〜20% のパフォーマンス向上

1.6GHz/4GB へのアップグレードは大変値が張るが、これらの不満のひとつ[パフォーマンス]に対応するものだ。ベースモデルとアップグレードモデルでは、普通に使っていてもはっきり分かる違いがある。高速とまではいえないが、CPU とメモリーのアップグレードから得られる 10〜20% のパフォーマンス向上は大きな違いだ。物書きやウェブブラウジング程度なら必要ないかもしれないが、それ以上の仕事にはアップグレードのスペックが効いてくる。

The 1.6GHz/4GB upgrade comes at a steep cost but it directly attacks one of those complaints. There’s a tangible difference in regular use between the base and upgraded models. While I wouldn’t consider either fast, I’d say that extra 10 – 20% performance increase you get from the upgraded CPU and memory makes a very big difference. If all you’re doing is writing and web browsing I’m not sure it’s necessary, but anything beyond that could probably make use of the upgraded specs.

     *     *     *

1399 ドルは高い

それにしても 1399 ドルの価格を正当化するのはなかなか難しい。1年ないし1年半後には、もっと速いモデルが、たぶんもっと安い価格で出るのは間違いない。価格という面ではアップグレードを合理化するのはむずかしい。結構いいディスプレイ、すばらしいデザイン、それに OS X が動くのは大変優れた点だ。しかし 1399 ドルという価格は軽量ノートブックとしては高すぎる。もっとも10年前に Transmeta の最初のノートブックに支払った額はもっと高かったけれど・・・

At $1399 there’s almost no way to rationally justify the price and rest assured that within 12 – 18 months Apple will have a much faster version available, likely at an even cheaper price point. The upgrade obviously does nothing to address that part of the equation. You do get a pretty good display, great form factor and of course the ability to run OS X, but any way you look at it $1399 is a lot for a lightweight notebook. Then again, I did pay a lot more than that for my first Transmeta notebook about a decade ago.

     *     *     *

バッテリー充電器は必要

バッテリーへの影響も、数字には現れるもののあまり大きくない。最近の出張で 11 インチ MacBook Air だけを使ってみていえることは、バッテリー持続時間はベンチマークに示す程度だということだ。簡単な仕事の場合でも、15 インチ MacBook Pro ほどは持たない。終日激しく使い続ける場合は、バッテリー充電器が必要になる。

The impact to battery life is minimal, although it is measurable. Having used the 11-inch MacBook Air exclusively on my last business trip I can say that the battery life experience lines up with what our benchmarks show. Even for simple tasks the 11-inch MacBook Air doesn’t last anywhere near as long as the 15-inch MacBook Pro. Heavy use throughout the day will require the aid of a charger.

     *     *     *

持ち運びには最高

しかし旅行に持ち運ぶには最高だ。空港のセキュリティチェックでもバッグから出す必要はないし、バッグに入れているのを忘れるほど軽い。飛行機の暗い客室でこの最終パラグラフを書いているが、バックライトキーボードがあったらいいなと思う。これは是非とも付けてほしい。

Traveling with the system is great however. You don’t need to take it out of your bag when going through airport security and it’s light enough that I hardly noticed I was carrying it. As I write this final paragraph in the dark cabin of a plane, I do still miss the backlit keyboard. Apple really should bring that back.

     *     *     *

次回アップグレードされる MBA の姿が見えるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »