Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Anand Lal Shimpi’

Anand-Lal-Shimpi

アップルの人材ハントはついに技術系ジャーナリストにまで・・・

AnandTech Publisher Anand Shimpi Headed to Apple | Re/code

AnandTech | The Road Ahead

Founder Anand Shimpi latest Apple hire from hardware review site AnandTech | 9to5Mac

Earlier this year AnandTech’s Brian Klug also left the site for a role at Apple with a focus on building processors for the company’s iOS lineup. It’s possible that Shimpi will be taking up a similar role in quality assurance or marketing.

広告

Read Full Post »

scaling_resolutions

[スケーリングモード:image

明日にも MacBook Air がマイナーアップデートされるらしい。[注]

[注]翌日アップルは Haswell Reflesh を搭載し値下げした MacBook Air を発表した

しかしウワサの12インチ Retina MacBook Air はまだ姿を現さない。

この関連でデスクトップの 4K ディスプレイについて書かれた先月の記事が思い出される。

AnandTech: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Anand Lal Shimpi: 07 March 2014

     *     *     *

改善された OS X の 4K ディスプレイサポート

Improving the State of 4K Display Support Under OS X

AnandTech の Anand Lal Shimpi いわく:

Anand Lal Shimpi, writing for AnandTech:

Mac Pro をレビューした際 OS X 10.9.0 の 4K ディスプレイサポートの現状について嘆いた。次のような結論だった。「OS X の 4K ディスプレイは現時点ではまだ開拓時代同然だ。」 30Hz 以上のリフレッシュ速度を望むなら互換性があるのは ASUS と Sharp の 4K ディスプレイだけだ。ちゃんとしたモニターにしても使える解像度は 3840 × 2160 だけだ。それだと一部のユーザーにとってテキストや UI 要素が少し小さすぎるけれど。Retina MacBook Pro のディスプレイで導入されたあの素晴らしいスケーリングモード(補間モード)は欠如している。もっともそれもさほど長くはないだろう。昨夜複数の報告(thanks Mike!)を受けた。OS X 10.9.3 の最新のデベロッパビルドには 4K ディスプレイの拡張サポートが含まれ、Retina MacBook Pro は 4K/60Hz サポート、4K 以下ではスケーリングモード解像度がサポートされているという。

In my Mac Pro review I lamented the state of 4K display support under OS X 10.9.0. In my conclusion I wrote: “4K display compatibility under OS X is still a bit like the wild west at this point”. Compatibility was pretty much only guaranteed with the ASUS/Sharp 4K displays if you cared about having a refresh rate higher than 30Hz. Even if you had the right monitor, the only really usable resolution was 3840 × 2160 – which ends up making text and UI elements a bit too small for some users. Absent were the wonderful scaling resolutions that Apple introduced with its MacBook Pro with Retina Display. Well it looks like that won’t be the case for long, last night I got reports (thanks Mike!) that the latest developer build of OS X 10.9.3 includes expanded support for 4K displays, 4K/60Hz support for rMBPs and scaled resolutions below 4K.

     *     *     *

この点に関して Marco Arment のコメント・・・

Marco.org: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Marco Arment: 12 March 2014

     *     *     *

Anand Lal Shimpi の分析

詳しくは Anand Lal Shimpi が 10.9.3 ベータでの 4K Retina サポートについて触れている[上記参照]。

More detail on the 10.9.3 beta’s 4K Retina support by Anand Lal Shimpi.

     *     *     *

デスクトップ Retina

これぞホンモノだ。これはデスクトップ Retina が手ごろな価格の実機上で公式にサポートされたということだ。もしベータ版 OS を動かしたければ、Mac Pro の「Late 2013」モデルないしは Late 2013 の Retina MacBook Pro があれば、あとはサポートが公表されている 4K モニターを買えば、それで今日にもデスクトップ Retina が可能になる。

This is the real deal: this is desktop Retina, officially supported, on practical, affordable hardware. If you’re willing to run a beta OS, have a “Late 2013” Mac Pro or Late 2013 Retina MacBook Pro, and buy one of the supported 4K monitors, you can have desktop Retina today.

     *     *     *

理想的なスクリーンサイズは24インチ

ただし、理想的なスクリーンサイズとなるとちょっとややこしい。いちばん見栄えがよく GPU への負担も最も少ない Retina iOS デバイスのように完璧な2倍スケーリングを使えば、4K パネルに「ピッタリの」サイズは(デルの UP2414Q のように)24 インチだ。なぜならそれが論理サイズ 1920×1080 をシミュレートしたものだからだ。もし使用モニターが 24 インチないしはそれ以下なら、それでいいことになる。

The ideal screen size is tricky, though. Using perfect 2X scaling like Retina iOS devices, which looks best and has the least GPU overhead, the “right” size for a 4K panel is 24 inches (like Dell’s UP2414Q), since it’s simulating a logical size of 1920×1080. If you currently use 24-inch or smaller monitors, that’s the way to go.

     *     *     *

27インチまでがせいぜい

しかし使っているのが 27 から 30 インチのモニターなら、普通は 2560×1440 ないしは 2560×1600 の解像度を使っているハズだ。4K 上ではそれがスケーリングモードによりシミュレーションされる。ちょうど Retina MacBook Pro がシミュレーションで高解像度生成されるように。しかし 24 インチ以上の大きさになればなるほど画像が劣化する。2560×1440 にシミュレーションしてもまあまあといえるのはたぶん 27 インチが最大のサイズだろう。それ以上大きい Retina 4K モニターには自分なら決して手をださない。

If you use a 27- or 30-inch monitor, though, you’re accustomed to a resolution of 2560×1440 or 2560×1600. These scaling modes will simulate that on 4K, just like Retina MacBook Pros simulate higher resolutions, but the larger you go above 24 inches in size, the worse it’ll look. The biggest size at which a simulated 2560×1440 could look reasonable is probably 27 inches — I certainly wouldn’t buy a 4K monitor for Retina use larger than that.

     *     *     *

自分なら・・・

新しいディスプレイは数か月のうちに出るだろうから、自分としては買う決心をする前にアップルの 27 インチの理論的 4K Thunderbolt 2 Display がどうなるか様子を見るつもりだ。もしそれが最近の iMac のようにグレアを抑えた仕様になっていたら抗し難いだろう。(もし現行の Thunderbolt Display のように反射率の大きいガラスなら、絶対そんなことはないが。)

Personally, since it’s probably coming within a few months, I’ll wait to see how Apple’s theoretical 4K 27-inch Thunderbolt 2 Display turns out before buying anything. If it has the reduced-glare construction of modern iMacs, it’ll be tempting. (If it has the same ultra-reflective-glass construction as the current Thunderbolt Display, it definitely won’t be.)

     *     *     *

OS X の準備はすでに整っていて、テクニカルには今でも Retina Thunderbolt Display は可能ということになる。

12インチ MacBook Air の Retina 化だって、これまたテクニカルには可能ということだろう。

あとは何時の時点でアップルが発表するかということだけか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Marco_Arment

[Marco Arment:photo

優れた開発者である Marco Arment はストレートで歯に衣着せぬ物言いでも知られている。

Marco.org: “John Gruber’s Retina iPad Mini review” by Marco Arment: 16 November 2013

     *     *     *

John Gruber のレビュー

John Gruber の Retina iPad mini レビュー

John Gruber’s Retina iPad Mini review

今年の Mini は望み得るとしてもせいぜい iPad 4 と同じ程度だろうと自分は考えていた。

I assumed the most we could hope for this year in the Mini was the equivalent of the iPad 4.

しかしそれはまったくの間違いだった。

That was totally wrong.

     *     *     *

Anand Lal Shimpi のレビューも見逃せない

このほか技術的にもっと詳しい AnandTech のレビューも見逃せない。多くのタブレットとの比較や iPad Air と意外な違いなどについても・・・

Also, don’t miss the AnandTech review for more technical detail, including comparisons with more tablets and some unexpected differences with the iPad Air.

     *     *     *

読むに値するのは・・・

Mac OS X の新しいバージョンが出た際に唯一読むに値するのは John Siracusa のレビューだけだ。新しい iPhone や iPad が出たときに唯一読むに値するのは John Gruber と Anand Lal Shimpi のレビューだけだ。

When a new version of Mac OS X comes out, the only review I need to read is John Siracusa’s. And when new iPhones or iPads arrive, the only reviews I need to read are John Gruber’s and Anand Lal Shimpi’s.

     *     *     *

なかなか言えないこと — それをズバリ発言する Marco は貴重な存在だ。

そんな彼に加えて John Siracusa、Casey Liss の3人がホンネでバトルトークを繰り広げる「Accidental Tech Podcast (ATP)」は今いちばんオモシロいポッドキャストだろう。

Marco が自分たち3人の人物評をしているのがとてもオモシロかった。

     *     *     *

自分たち3人は・・・

「自分は生意気なくそったれ、Casy っていったい誰? John Siracusa はスゴいヤツ!」

“I’m an arrogant asshole, who’s the hell Casy, John Siracusa is amazing!”

One For The Pedants – The Talk Show | Mule Radio Syndicate[1時間 58 分ごろ]

     *     *     *

自分でもちゃんと心得てる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

for_the_colorful

[For the colorful.]

5C こそジョニー・アイブの iPhone」と書いた MG Siegler がまた興味深いことをいっている。

使っているうちにカラー(5C)が気に入ってきたというのだ。

TechCrunch: “Two iPhones Diverged…” by MG Siegler: 27 September 2013

     *     *     *

これまでのアップグレードとの違い

5S との違いは紙の上ではかなり大きい(CPU で2倍の差)。A7 チップないしは 64-bit アーキテクチャのメリットを享受するアプリがまだないせいかもしれないが、5S と 5C を並べて使ってみても大きなスピードの差があるようには感じなかった。アプリを開くのも、コンテンツを読み込むのも、5S の方が少しだけ速いように感じるが、これまでのアップグレードで感じたほどの差ではない。

I know that on paper, the gains are supposed to be fairly substantial (2x CPU). And perhaps it’s just a matter of apps not yet being tailored to take advantage of the new A7 chip and/or the 64-bit architecture. But using the 5s and the 5c side-by-side, there simply doesn’t seem to be a huge speed difference. Apps open slightly faster on the 5s and content loads a bit faster. But it’s not as noticeable of an upgrade as it once was.

それが iPhone 5C でハッピーな理由のひとつだ。これまでのアップグレードでは、いったんスピードの速い iPhone を使うと前のバージョンに戻った際にイライラした。この1週間 5C と 5S を定期的にスイッチしながら使ってみたが、普通の使い方をする限り大きな違いを感じなかった。

That’s one reason why I find myself happy with the iPhone 5c. With previous upgrades, once I started using the faster iPhone, it was beyond annoying to switch back to the slower, elder version. This past week I’ve been switching between the 5s and the 5c regularly without noticing much difference in normal usage.

     *     *     *

すばらしい iPhone 5C

いつの間にか自分が iPhone 5C を気に入ってしまったのには驚いた。決して「チープな」 iPhone ではなく、iOS 7 のお供としてまさにピッタリだ。「最高に素晴しい」カメラの代わりに「素晴しい」カメラでもよければ、自分のおススメは躊躇することなく 5C だ。そして、5C のスピードはすべてにとって十分だと思う。少なくとも当分の間 — これから1年の間は・・・

I was surprised by my affection for the iPhone 5c. Far from a “cheap” iPhone, it feels like the perfect compliment to iOS 7. And if you don’t mind having just a mere excellent camera as opposed to an extremely excellent camera, I wouldn’t hesitate recommending the 5c. Again, I view the speed of the 5c as more than adequate for basically anything you’re going to want to do with it — at least for now, and I imagine at least for the next year.

     *     *     *

ほんとに自分が欲しいのは

かくて自分は奇妙なジレンマに陥っている — 結局のところ自分が欲しいのは iPhone 5C の筐体に 5S の中味を入れたものだからだ。幸い、来年にはアップルがそんな製品を必ずや出すだろうという気が強くする。その一方で、残念ながらまたその時点では最先端の iPhone も出ることになるだろうと思う。ハイエンドの新しモノとなると自分は目がない。ゴールドとなると特にそうだ。

Now I’m left with a strange dilemma: the phone I want is basically the iPhone 5c body with the iPhone 5s internals. Luckily, something tells me that Apple will be selling such a device next year. Unfortunately, there will undoubtedly be a new state of the art iPhone by then as well. And I’m a sucker for the high end. Especially when it comes in gold.

     *     *     *

しこたま売れるだろう

ユーザーがこんな苦境に追い込まれることこそ、アップルがしこたま売れるだろうとみている所以なのだ。

And this predicament is the essence of why Apple sees lots and lots of green.

     *     *     *

今年は(実質 5 と同じ)iPhone 5C で十分だといっている点がオモシロい。

来年 iPhone 6 が出たときが正念場というワケだ。

実は同じようなことを Anand Lal Shimpi もいっている。

Shimpi といえば微に入り細を穿った徹底的ハードウェアレビューで右に出る者がなく、John Gruber はじめアップルギークたちですら一目置く存在だ。

そんな Shimpi が今年からレビュー機材を事前に貸与されるようになった。

今年のレビューでは、5S と 5C についてそれぞれ長文のレビューを認(したた)めている。[5S:約 16000 語、5C:約 2900 語]

AnandTech: “The iPhone 5c Review” by Anand Lal Shimpi: 17 September 2013

     *     *     *

新モデル・前世代モデル・二世代前のモデル

これまでアップルは自社製品の価格をうまく滝壺へ落とす(順次引き下げる)やり方をとってきた。iPhone の新モデルが出るたびに、前世代モデルの契約付き価格は 100 ドル引かれ、二世代前のモデルは無料になった。初期のころはこのやり方が、低マージンのフィーチャー・フォンと競争せずに iOS ユーザー層を広げるのに大いに役に立った。この戦略は実にうまくいったのだ。

For years now Apple has followed a rather intelligent waterfall of its products down the pricing stack. With the arrival of every new iPhone, the previous generation gets a $100 discount from its on-contract price, and the generation before that one is offered for free on-contract. In the early days of this strategy, it was a great way to continue to build up the iOS user base without having to compete in the lower margin feature phone space. The strategy worked quite well.

     *     *     *

iPhone 5S で様子が変わった

しかし iPhone 5S では、アップルは興味深い状況に立ち至った。前世代モデルは同じインダストリアルデザインを利用しているので決してチープなモデルではない。ディスプレイのサイズが増えることによって静電容量結合方式タッチパネルディスプレイのコストが増えるから、iPhone 5 のディスプレイはそれまでのモデルより高価になる。加えてインセル型タッチパネルや高価な製造工程を勘案すると、アップルが iPhone 5 を安売りしたくはないと考えるのは当然だ。

With the iPhone 5s however, Apple was caught in an interesting situation. The previous model leveraged the same industrial design, and it’s definitely not a cheap one at that. Capacitive touchscreen display costs increase with display size, making the iPhone 5’s display a more expensive option than its predecessor. Add in other flagship features like in-cell touch and premium construction and the iPhone 5 quickly became a device that Apple would rather not discount.

     *     *     *

ハイ・マージン製品に特化

アップルの電話ビジネスは Mac ビジネスと基本的に変わっていないことに注目すべきだ。それはマージンの高い製品に特化することだ。信じられないほどの生産量はあくまで業界最高の水準に伴う副産物であって、決して意識的にビジネスモデルを変えたからではない。アップルとしてはハイ・マージンという核となるモチベーションを変えないまま、3つのモデルを出すという戦略を継続する方策を考える必要があった。それが iPhone 5C なのだ。

Keep in mind that Apple built its phone business much like it built its Mac business, by focusing exclusively on higher margin products. The incredible volumes that followed were a side effect of the state of the industry, not a deliberate change in business model. With its core motivations unchanged, Apple needed a solution to continue to make the 3 phone strategy work. The solution is the iPhone 5c:

     *     *     *

どうやって iPhone 5 のコストを引き下げるか

iPhone 5C はハードウェアとしての iPhone 5 プラットフォーム全体をより高めるものだ。しかしながらガラス+アルミという工程からもっと安価なガラス+ポリカーボネートのデザインへと移行した。iPhone 5C は、インセル型タッチパネル、Lightning コネクタ、同じ iSight 背面カメラ、A6 SoC といった機能を iPhone 5 から引き継いでいる。前面 FaceTime HD カメラのような iPhone 5S の新しい機能の一部や、必ずしも新しいとはいえないいくつかの機能も iPhone 5S と共有している。例えば WiFi、電話、BT のハードウェアは iPhone 5 とは異なっているが、5C と 5S は共有している。アップルの2つの iPhone が部品の多くを共有しているため大量生産によるコスト削減のメリットを享受できるのも大きな利点だ。

The iPhone 5c leverages the entirety of the iPhone 5 hardware platform, but moves from a glass + aluminum construction down to a more cost effective glass + polycarbonate design. The iPhone 5c retains all other features of the iPhone 5 including in-cell touch, Lightning connector, the same rear facing iSight camera stack and A6 SoC. It even brings some new features to the table like sharing the same front facing FaceTime HD camera as the iPhone 5s. Other elements aren’t necessarily newer but are at least shared with the 5s platform. For example, the WiFi, cellular and BT hardware is different than the iPhone 5, but shared across the 5c and 5s. Having as many common components between Apple’s two iPhones at this point is another great way to capitalize on economies of scale.

     *     *     *

決して中国向け安価モデルではなかった

材質を節約することによって製造を中止した iPhone 5 の代わりに新しい 5C を売ることができる。2年契約付きだと 16GB 5C は 99 ドル、32GB は 199 ドルだ。これは 5S の導入に伴い iPhone 5 が下がったであろう価格とまったく同じだ。もし 5C が中国向けの大量安価商品で一種のフィーチャー・フォンだと考えたひとがいたら、きっと失望するだろう。また、アップルビジネスに精通したひとなら、低価格競争が決してアップルの戦略にはないことが分かるだろう。

The savings on materials however is enough to allow Apple to sell the iPhone 5c in place of the outgoing 5. With a 2-year contract Apple expects a 16GB 5c to sell for $99, and a 32GB for $199. These are exactly the same price points you’d expect the iPhone 5 to drop to after the introduction of the 5s. Anyone expecting the 5c to be Apple’s solution for volume in China or somehow compete in the feature phone space will be disappointed. At the same time, anyone who is familiar with Apple’s business will know that a low cost volume play was never in the cards.

     *     *     *

長期的に使い続けるなら

自分の個人的好みは、より新しいプラットフォームであるという単純な意味で iPhone 5S がおススメだ。パフォーマンスにあまりこだわらないひとにススメるとしてもそうだ。最新の(当分存続するであろう)ISA[Instruction Set Architecture:命令セットアーキテクチャ]および OpenGL ES 3.0 の双方をサポートすることは、今後長期にわたって使い続け、あるいはアップルの基本アプリ以外でも使うつもりならとても重要だ。

Personally I’d prefer the iPhone 5s simply because of its more modern platform, even if I were recommending a device for someone else not as concerned with performance. Supporting the latest ISA (which will probably stick around for a while) and OpenGL ES 3.0 are both important if you’re going to be keeping your phone for a very long time and plan on using it for more than just the basic first party apps.

     *     *     *

iPhone 5 の代わりを選ぶだけなら

しかしながら前述したように iPhone 5 の代わりを選ぶだけなら、5C は完全にその代わりになり得る。これ以上安いバージョンが登場することはないだろうと思う。しかし来年になって 5S が今の 5C に代わる地位にグレードダウンする事態がきたらどうなるか — そう考えると興奮を禁じ得ない。

As I said before though, if your plan all along was to buy an iPhone 5 – the iPhone 5c is a clear substitute good. I don’t expect that we’ll see an even cheaper version, but I am excited for what happens when the 5s hardware waterfalls into the 5c replacement next year.

     *     *     *

いずれ iPhone も

アップルが複数モデルの競争に身を投じたことはアップルにとって大きな変化だ。これまで自分はいずれスマートフォンの世界も PC と同じようになるだろうと信じてきた。アップルについていえば Mac のビジネスのように。現在アップルは複数の Mac ノートブックを出している。iPhone でも2つのモデルだけで終わるワケがない。

Apple throwing its hat into the multi-device race marks a very important change for the company. I’ve always believed that the smartphone space would end up looking a lot like the PC industry, or in Apple’s case, the Mac business. Apple presently offers a handful of Mac notebooks, and I see no reason why Apple will stop at two with the iPhone.

     *     *     *

アップルの「3モデル戦略」は変わらないという Anand Lal Shimpi の指摘は重要だろう。(筆者も 5C は中国向けの安価製品だと考えてしまったひとりだ。)

そして Shimpi もまた1年後が正念場だと考えている点はとても興味深い。

それまでは各人各様さまざまなチョイスがあってよさそうだ・・・

★ →[原文を見る:MG Siegler
★ →[原文を見る:Anand Lal Shimpi

Read Full Post »

intel-sandy_bridge.jpg

Intel Sandy Bridge CPU

詳細なマックレビューでなる AnandTech の Anand Lal Shimpi が、未来のマックが採用する CPU について興味深い発言をしている。

Macworld: “Mac of the future: the CPU” by Anand Lal Shimpi: 01 December 2010

     *     *     *

時計仕掛け

この数年来、アップルがマックで使う CPU を予想するのは比較的カンタンだった。アップルがインテルの x86 プロセッサに移行して以来、インテルのロードマップを反映したものがマックのロードマップだった。インテルが新しい CPU を出す。すると数か月後にアップルが新しいマックを出す。まるで時計仕掛けのように正確だった。おかげでさもなくば予想のむずかしいアップルのプロダクトサイクルから驚きの要素がいくぶん失われてしまった。

For the past few years, predicting the CPUs that Apple would put inside its Macs has been relatively easy. Ever since Apple made the move to Intel’s x86 processors, the Mac road map mirrored Intel’s road map: Intel would release a new CPU, and a few months later Apple would release a new Mac. It was like clockwork, and it removed some of the surprise from Apple’s otherwise difficult-to-predict product-release cadence.

     *     *     *

壊れた時計仕掛け

ところが1年にわたってアップルはその時計仕掛けを壊してしまった。それはアップルが 2010 年4月に MacBook Pros を出したことから始まった。

But over the past year, Apple effectively smashed that clock. It all started with the MacBook Pros released in April 2010.

     *     *     *

13インチモデルは古いまま

そのアップデートの際、当時のインテル最新の Arrandale マイクロプロセッサ(Core i5 および Core i7 チップという名前の方がよく知られている)を採用したのは MacBook Pro ファミリーのうち15インチと17インチの2モデルだけだった。この CPU はインテルの最新技術(32-nm 製造プロセス、Hyper-Threading、Turbo Boost)を利用したものだ。しかし13インチモデルは古い CPU のままだった。

In that round of updates, only two members of the MacBook Pro family—the 15-inch () and 17-inch () models—got Intel’s then-new Arrandale microprocessors (more popularly known as the Core i5 and Core i7 chips). Those CPUs took advantage of some of Intel’s most up-to-date technologies—including a 32-nanometer manufacturing process, Hyper-Threading, and Turbo Boost. The 13-inch MacBook Pro (), however, stuck with the older Core 2 Duo CPU.

     *     *     *

今後を占うポイント

アップルが古い Core 2 Duo にこだわったことは2つのことを意味する。ひとつはアップルとインテルの関係がかつてほど居心地のいいものではなくなったのかもしれないということであり、二つ目はアップルが本当に GPU[graphics processing unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]を気に入っているということだ。この2点が、アップルのハードウェアに関する今後2年間の意思決定に影響を及ぼすことになる。

The simple decision to stick with the Core 2 Duo indicated two things: first, that the Apple-Intel relationship might not be as cozy as it once was; and, second, that Apple really likes graphics processing units (GPUs). Those two points will drive much of Apple’s hardware decision-making over the next two years.

     *     *     *

インテルの最新チップはいらない

私の見るところ、アップルユーザーは13インチ MacBook Pro で(さらには MacBook Air の11インチおよび13インチモデルで)古い Core 2 Duo が使われていても気にしていないように見える。アップルとしては、これら製品が売れさえすれば最新で最高のインテル製品を使う必要を感じなくなっているように思えるのだ。

As far as I can tell, Apple’s customers didn’t mind when it used the Core 2 Duo in the 13-inch MacBook Pro (and, more recently, in the 11- and 13-inch MacBook Airs). If those products sell just fine, Apple will probably no longer see the need to use Intel’s latest and greatest products.

     *     *     *

OpenCL のおかげで

一方アップルは、より強力な GPU を使う必要を感じているようだ。現在マックを買うと、なんらかの形で強力な GPU がついてくる。15インチおよび17インチ MacBook Pro では統合グラフィックスプロセッサ Nvidia GPU が必要な場合に備えてセットになっている。かかる GPU は、OpenCL スペックのおかげで、リアルタイムのグラフィックスレンダリングだけでなく、一般的なコンピュータ処理作業にも使えるのだ。

At the same time, Apple has seen the need to use powerful GPUs in its computers. You can’t buy a Mac today that doesn’t have a robust GPU of some sort. Even the 15- and 17-inch MacBook Pros pair their integrated graphics with an Nvidia GPU, just in case you need it. Thanks to the OpenCL spec, such GPUs can be used for more than just real-time graphics rendering, taking on general computing tasks as well.

     *     *     *

AMD の可能性

したがってかつてはインテルの CPU を必要とした会社も、むしろ GPU の方が大事になってくるというわけだ。もちろんアップルが完全にインテルを止めてしまうことなど考えられないが、以上の点から考えると、今後2年間にアップルが AMD の CPU を使うことを検討してもおかしくはないのだ。

So you have a company that seems no longer to care as much as it once did about Intel’s CPUs, but that increasingly cares a lot about GPUs. While I can’t imagine Apple dropping Intel altogether, these two factors make me wonder whether Apple will at least consider using CPUs from AMD in the next two years.

     *     *     *

かくて Anand Lal Shimpi は AMD の CPU-GPU 戦略を振り返って、アップルが AMD チップを採用する可能性を検討する。

Fusion クラスのプロセッサから始まって、E-350 から Llano まで検討した結果、2012 年に AMD が強力な CPU-GPU チップセットを出すまでは、その可能性はないだろうと判断する。

続いてインテルの Sandy Bridge を取り上げる。

     *     *     *

Core i-シリーズの次世代 CPU:Sandy Bridge

この間インテルも甘んじていたわけではない。Core i-シリーズの第2世代 CPU(コードネーム Sandy Bridge)は 2011 年1月に登場する。アップルとしてはこのチップによってパフォーマンスの全体的向上と動画デジタル加工(video transcoding)のハードウェア的加速が可能になるハズだ。マックがこれを採用することはほぼ間違いない。

Intel won’t be standing still all of that time. The second-generation of its Core i-series CPUs (code-named Sandy Bridge) will come out in January 2011. Apple would get much better overall performance and hardware-accelerated video transcoding from these chips; their adoption in Macs is pretty much guaranteed.

     *     *     *

Sandy Bridge は OpenCL をサポートしない

Sandy Bridge は On-Die グラフィックスを採用するが、OpenCL はサポートしない。Sandy Bridge のグラフィックスは大部分の OS X ユーザーにとって十分な速度だと思われるが、アップルが OpenCL 対応の GPU をマックで採用するのを止めるとまでは考えられない。そういうわけで 2011 年においても大部分のマックは別個 GPU の搭載を継続するだろう。

Sandy Bridge will have on-die graphics, but that hardware won’t support OpenCL. While I believe Sandy Bridge’s graphics will be fast enough for the majority of OS X users, I don’t think Apple will want to stop shipping OpenCL-capable GPUs in its systems. For that reason, we may continue to see discrete GPUs shipped with most Macs sold even in 2011.

     *     *     *

マックへの採用は 2011 年から

Sandy Bridge チップは 2011 年の第1ないしは第2四半期に MacBook、MacBook Pro、iMac に搭載されると考えられる。Mac Pro については、Sandy Bridge の採用は 2011 年第3ないし第4四半期になると思われる。最近のモデル発表からみて、MacBook Air の本格的アップデートは早くても 2011 年末までは行なわれないだろう。

I’d expect to see Sandy Bridge chips appear in MacBooks, MacBook Pros, and iMacs sometime in the first or second quarter of 2011; I’d expect the Mac Pro to get Sandy Bridge sometime in 2011’s third or fourth quarter. Given the recent release of the new models, I wouldn’t expect to see the MacBook Air get a serious update until late 2011 at the earliest.

     *     *     *

Ivy Bridge

インテルは 2011 年末ないしは 2012 年初頭に Sandy Bridge の後継チップ Ivy Bridge を発表する予定だ。Ivy Bridge はより強力な GPU コアを有するハズだ。ただ、その性能がアップルが必要とする GPU の基準を充たすかどうかはまだ不明だ。

In late 2011 or early 2012, Intel is expected to release Sandy Bridge’s successor: Ivy Bridge. That should provide a more capable GPU core than Sandy Bridge; whether or not it will meet Apple’s requirements for a compute-ready GPU is still unknown.

     *     *     *

Sandy Bridge に関する記事もちらほら現れ始めた。(こちらこちら

Anand Lal Shimpi の記事は未来のマック CPU を読み解く上で格好の道標になるように思える。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »