Feeds:
投稿
コメント

「Adam Lashinsky」タグのついた投稿


[アップルの組織図:Emmanuel Cornet

Emmanuel Cornet の描いたアップルの組織図がオモシロかった。世界の中心に Steve Jobs がいてすべてのことを決めているという、多くのひとがアップルに抱くイメージを絵にしているからだ。


[Steve Jobs を中心に回る世界:image

Cornet の組織図が Adam Lashinsky の『アップルの内幕』からヒントを得たものであろうことは想像に難くない。幹部チームを率いる Jobs がアップルを隅々までコントロールし、すべてを決める世界だ。

もし Jobs が中心の座を去ったときはアップルはどうなるのだろうか。

そんな疑問に答えて Tom Reestman が大変興味深い指摘をしている。

The Small Wave: “Ideas, Not Hierarchy: On Steve Jobs Supposedly Making All Apple Decisions” by Tom Reestman:
28 August 2011

     *     *     *

D8 会議の会話

CEO 辞任以来、Steve Jobs がいなくなったらアップルはどうやって采配を振るうのかという記事を少なからず読んだ。私には D8 会議で Jobs が Walt Mossberg と行なった会話[ほぼ1時間たったころ]が思い出される。典型的な一日の仕事はどんなものかと Jobs は質問されるのだ。

I’ve read more than a few articles since Steve Jobs’ resignation as CEO that question how Apple will perform without him there to call all the shots. It reminded me of a conversation he had with Walt Mossberg at the D8 conference (starting at around the 1-hour mark). He was asked what a typical work day for him would be like:

     *     *     *


Apple CEO Steve Jobs at D8: The Full, Uncut Interview | AllThingsD]

私が毎日やること

Jobs:私が一日中やることといえば、チームのみんなと会って、新製品の製造、新しい宣伝プログラム、その他何であれ、アイデアを検討し、問題を解決することだ。

Jobs: What I do all day is meet with teams of people and work on ideas and solve problems to make new products, to make new marketing programs, whatever it is.

Mossberg:あなたは間違っているとみんなが敢えていうこともあるのですか?

Mossberg: And are people willing to tell you you’re wrong?

Jobs:(笑いながら)モチロンだよ。

Jobs: (laughs) Yeah.

Mossberg:その、不機嫌なジャーナリストではなく、一緒に仕事をしているみんなのことですが・・・

Mossberg: I mean, other than snarky journalists, I mean people that work for…

Jobs:モチロン。我々は愉快に議論するよ。

Jobs: Oh, yeah, no we have wonderful arguments.

     *     *     *

組織ではなくアイデアが大事

Mossberg:そして常にみんなを言い負かす?

Mossberg: And do you win them all?

Jobs:そんなことはない。そう出来たらとは思うけど。そんなことなんて出来ないよ。もし偉大なひとたち(great people)を雇って、働いてもらおうとすれば、彼らに多くの決定権を与えなければならない。そして組織(hierarchy)ではなく、アイデアをベースに仕事をしなければならない。一番優れたアイデアが勝つのだ。さもなくば優れたひとびとは留まってくれない。

Jobs: Oh no I wish I did. No, you see you can’t. If you want to hire great people and have them stay working for you, you have to let them make a lot of decisions and you have to, you have to be run by ideas, not hierarchy. The best ideas have to win, otherwise good people don’t stay.

Mossberg:でも、あなたは会議の世話役以上の存在でしょう? あなた自身もアイデアを出すのでしょう?

Mossberg: But you must be more than a facilitator who runs meetings. You obviously contribute your own ideas.

Jobs:モチロン私もアイデアを出す。そうじゃなければ私がいる意味はないじゃないか。

Jobs: I contribute ideas, sure. Why would I be there if I didn’t?

     *     *     *

最後のひとこと

私は最後のひとことが好きだ。Jobs はさも分かりきったことだというように淡々と語る。彼にとっては、まさにそういうことなのだ。しかし多くのひとにとってはそうではない。彼らは Jobs がいるのは他ならぬ Jobs だからだと考える。それだけだ。しかし Jobs の答えから分かることは、彼の頭の中では Jobs はアップルで働く「偉大なひとびと」の一人であり、一番優れたアイデアを決めるのを手伝うためにいるということだ。

I love the last line. Jobs says it so matter of factly, as if it’s obvious. And it is, to him. But for many people it’s not, they think Jobs is there because he’s Jobs. Period. Yet from his answer you can see that in his mind he’s there because he’s another of the “great people” working at Apple and helping make the decisions about which ideas are best.

     *     *     *

二律背反の考え

アップルの幹部チーム(executive team)が優れていることを否定するひとはいない。一方、彼らは単なる操り人形に過ぎないと信じたがっているひともたくさんいるようだ。しかしこの二つの考えは相容れないものだ。Jobs は正しい。優れたひとびとは優れたアイデアがいつも負けることには耐えられないのだ。彼らは去って行くだろう。幹部チームが比較的長続きしているのには理由があると思う。彼らは、年功序列や社内政治により沈黙させられたり、失敗を生み出したりせず、一貫して勝者であることが好きなのだ。

No one denies that the Apple executive team is brilliant, yet it seems many are willing to believe they’re just puppets. I’d argue the two are mutually exclusive. Jobs is right, brilliant people won’t stand for the best idea consistently losing. They’ll leave. I think there’s a reason for this management team’s relative longevity. They like making consistent winners, not being shouted down by seniority or politics and producing failures.

     *     *     *

上に引用された会話はぜひとも Jobs 自身の生の声で聞いていただきたい。[1h02 分ごろから]

Jobs が類い稀なる存在であることは間違いない。しかしその光の影に多くの優れた存在がいることに我々は気づいていないのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Steve Jobs を中心に回る世界

Fortune マガジンの『アップルの内幕』がおもしろいらしい。

MacStories: “‘Inside Apple’ Reveals Steve Jobs Anecdotes, Apple’s Little Known Facts” by Federico Viticci: 07 May 2011

     *     *     *

知られざる逸話満載

Fortune マガジン最新号のカバーストーリー『アップルの内幕』(iPad の Fortune アプリは 4.99 ドルで購入可、Fortune 定期購読者は無料)で、著者の Adam Lashinsky はアップルや内部の仕事ぶり、Steve Jobs などについて知られざる逸話を明らかにしている。アップルファンやジャーナリストにとっても興味深い話満載だ。Steve Jobs のパーソナリティに関するあまり知られていない話もおもしろい。

In Adam Lashinsky’s latest feature story on Fortune magazine’s new issue — available now on the iPad at $4.99 as single in-app purchase, and free for Fortune subscribers — the author reveals several unknown anecdotes about the company, internal management, and Steve Jobs. The story is full of interesting details for Apple fans and journalists, as well as little known facts about the personality of the CEO, Steve Jobs.

     *     *     *

Jobs が新任の副社長に対していつもしていたという話がおもしろい。

言いわけ無用、それが副社長

Jobs の部屋のゴミ箱がいつも片付けられていないとする。ジャニターに理由を聞くと、いいわけをする。ドアロックが変えられたのにカギがないと。ゴミ箱の片付けを仕事にしている者のいいわけとしてはもっともだ。なぜちゃんとできなかったのかジャニターは説明すべきなのだ。幹部になるとそうはいかない。新しい副社長にいつも Jobs はいっていた。「キミがジャニターならどんないいわけをするかが問題だ。しかし、ジャニターと CEO の間のどこかでいいわけは効かなくなる。それがルビコン河だ。キミが副社長になったことで一線を越えたのだ。」

Jobs imagines his garbage regularly not being emptied in his office, and when he asks the janitor why, he gets an excuse: The locks have been changed, and the janitor doesn’t have a key. This is an acceptable excuse coming from someone who empties trash bins for a living. The janitor gets to explain why something went wrong. Senior people do not. “When you’re the janitor,” Jobs has repeatedly told incoming VPs, “reasons matter.” He continues: “Somewhere between the janitor and the CEO, reasons stop mattering.” That “Rubicon,” he has said, “is crossed when you become a VP.

     *     *     *

間もなく iCloud に衣替えするというウワサの MobileMe だが、2008 年に iPhone 3G と一緒に発表されたときは、有料に値しないと批判が芳しくなかった。

MobileMe はなんで期待どうりでないんだ?

Fortune の記事によると、Steve Jobs は MobileMe チームの全員を本社の Town Hall に集め、「アップルの評判を落とした」と片っ端からやっつけた。チームの各人は「期待に背いたメンバーをそれぞれ憎むべきだ」といい、MobileMe チームを率いる幹部をその場ですげ替えた。以下記事を引用。

[...] In Fortune’s story, Lashinsky says Steve Jobs summoned the entire MobileMe team for a meeting at the company’s on-campus Town Hall, accusing everyone of “tarnishing Apple’s reputation.” He told the members of the team they “should hate each other for having let each other down”, and went on to name new executives on the spot to run the MobileMe team. A few excerpts from the article:

「MobileMe は一体全体何をするためのものか誰か話してくれないか?」ひとりから満足のいく答えが返ってきたとき彼はこういった。「じゃあ、なんでそうなってないんだ?」

Can anyone tell me what MobileMe is supposed to do?” Having received a satisfactory answer, he continues, “So why the f*** doesn’t it do that?

MobileMe について批判的だった WSJ の Walt Mossberg についてはとくに腹を立てていた。

Jobs was also particularly angry about the Wall Street Journal’s Walt Mossberg not liking MobileMe:

「われわれの友人だった Mossberg は、もう自分たちにとっていいことをかいてくれなくなった。」

“Mossberg, our friend, is no longer writing good things about us.”

     *     *     *

アップル社内のクリエイティブなプロセスについても触れている。

すべて Jobs が決める

アップルにおけるクリエイティブなプロセスとは、Jobs に対する説明を常に誰かが備えておかねばならないということだ。自分のボスであれ、そのまたボスであれ、自分自身であれ・・・。Jobs こそアップルの重大事項をすべて決する独裁者なのだ。それには一見重要でないように見えるもろもろのことも含まれている。サンフランシスコから従業員を運ぶシャトルバスの運行や、カフェテリアで出す食事に至るまで・・・

The creative process at Apple is one of constantly preparing someone — be it one’s boss, one’s boss’s boss, or oneself — for a presentation to Jobs. He’s a corporate dictator who makes every critical decision — and oodles of seemingly noncritical calls too, from the design of the shuttle buses that ferry employees to and from San Francisco to what food will be served in the cafeteria.

     *     *     *

このほかにもアップルファンにとって美味しい話満載らしい。

もっと読みたい方はこちらからどうぞ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »