Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Accessibility’

Button_Shapes

[新しく加わった Button Shapes:image

かつて弱視者の立場から iOS 7 インターフェイスの使いにくさについて触れたことがある。

本来障害者のためのアクセシビリティだったハズなのに、それを一般のひとが使わざるを得ない状況は皮肉なことだと思う」とも書いた。

開発者に配布されたばかりの iOS 7 Beta 2 では、視覚障害者への配慮が図られているようだ。

Cult of Mac: “The Five Biggest Changes Apple Made To iOS 7.1 Today” by Buster Heine: 13 December 2013

     *     *     *

AirPlay_Button

[シェードボタンとアンダーラインボタン:image

ボタンかテキストか

iOS 7 では表示されるテキストが単なるラベルかそれともボタンなのかという混乱が生じている。これに対しアップルは応急処置を施したようだ。iOS 7 beta 2 ではアクセシビリティにボタンの形状をハッキリさせる新しい機能が加わった。ほとんどの場合は、ボタンにグレーのシェードをつけるだけだが、テキストにアンダーラインするだけの簡単なものもある。メッセージの Send ボタンや AirPlay メニューのデバイスなどがその例だ。

Confused whether some of the text floating around in iOS 7 is just a label or a button? Yeah, you’re not alone and it looks like Apple has a quick fix. iOS 7 beta 2 introduces a new Accessibility feature that turns on button shapes. While most buttons get a grey shading, other button shapes consist of a simple underlining of text – like the Send button in Messages and devices in the AirPlay menu.

     *     *     *

この新しい機能に対する開発者の反応は必ずしも好意的ではないようだ。

しかし、自らも視覚に障害を持つ Steven Aquino はこの新しい機能を高く評価している。

Steven’s Blog: “Thoughts on ‘Button Shapes’ in iOS 7.1 Beta 2” by Steven Aquino: 13 December 2013

     *     *     *

ユーザビリティ(使いやすさ)の勝利

この変更にたいするコメントのほとんどは(自分が読んだかぎり)、ボーダーラインの醜さに驚いたデザイナーたちからのもので、アップルはなぜこんなものを追加したのかと問題にしていた。純粋にデザインという観点 — 美的観点からいえば、新しい形状を批判するのはまったく妥当なことだ。じっさいに醜い。しかしこの新しい機能が加えられたということ自体が切り札なのだ。たとえボタンがどう見えようと、コントラストをハッキリさせてほしいという切実な願いに対応したという意味において、ユーザビリティ(使いやすさ)の決定的勝利なのだ。それは多分 — そして当然のこととして — アクセシビリティを必要とする視覚障害者コミュニティから賞賛されるだろう。

Most of the commentary I’ve read on this change has been from designers who are upset that the borders are ugly, and they question why Apple chose to add them. From a pure design perspective, aesthetically speaking, it’s perfectly reasonable to criticize the new shapes. They are indeed ugly, but the overall importance of this new addition trumps the way in which they’re presented. That is to say, regardless of how the buttons look, the sheer fact that they add a level of desprately-needed contrast makes the buttons a huge usability win, and likely — rightfully — will garner much praise from the visually impaired segment of the accessibility community.

     *     *     *

アップルは賞賛さるべき

アクセシビリティという観点からすると、新しい Button Shapes は iOS 7 のインターフェイスに明快さを取り戻そうとするものだ。この種のビジュアルな手掛かりは、視覚障害を持つ多くのユーザー(自分も含む)にとって非常に重要だ。この変更が加えられる前は、テキストがコントロールできるものか、それとも単なるラベルに過ぎないのか必死で判別しなければならなかった。iOS 7 の Button Shapes は「これはボタンだ。だから押して!」というレベルのユーザビリティ、すなわち iOS 6 のスタイルに耳を傾けようとしている。・・・これらのボタンは iOS 7 を現在のものよりはるかに使いやすいものにするだろう。深刻な問題を解決しようとするアップルの努力は真に賞賛されるべきだ。障害のある自分だけでなく、健常者にとっても・・・

From a AX [accessibility] perspective, what the new Button Shapes do is restore a sense of explicitness to iOS 7′s interface. These types of visual cues are so important to many visually impaired users, myself included. Whereas previously I struggled in identifying whether a label was an actionable control or simply a label, iOS 7.1′s Button Shapes hearken back to the iOS 6-style, This is a button. Tap me!, level of usability. […] These buttons will make iOS 7 infinitely more usable than it is today, and Apple absolutely should be applauded for addressing a serious issue — not only for me, but even for the normal-sighted as well.

     *     *     *

この問題に対する Marco Arment のまとめが単刀直入で核心を衝いている・・・

Marco.org: “Thoughts on Button Shapes in iOS 7.1 Beta 2” by Marco Arment: 15 December 2013

     *     *     *

まだある iOS 7 デザインの欠陥

もうひとつトグルボタンを加えることによってアップルが iOS 7 の視覚的ユーザビリティを改善しようとしているのは喜ばしいことだ。しかしながら、「Button Shapes」、「文字を太くする」、「コントラストを上げる」、「オン/オフラベル」、「視差効果を減らす」といったオプションが必要とされること自体、iOS 7 のデザインに重要な欠陥があることを示している。(少なくとも beta 1 の極薄フォントは今回は出荷されなかった。)

I’m glad Apple’s improving iOS 7’s visual usability by adding yet another toggle, but the need for Button Shapes, Bold Text, Increase Contrast, On/Off Labels, and Reduce Motion shows significant flaws in iOS 7’s design. (At least the ultra-thin fonts in beta 1 didn’t ship.)

     *     *     *

魅力的なものと使いやすさのバランス

使いにくいけれど魅力的なものをデザインするのは簡単だし、魅力的ではないけれど使いやすいものをデザインをするのも簡単だ。難しいのは二つのバランスを取ることだ。iOS 7 では魅力を追求するあまり多くのユーザビリティを犠牲にしてきた。

It’s easy to design something attractive that’s not very usable, and it’s easy to design something usable that’s unattractive. The challenge is striking a balance, and iOS 7 made too many usability sacrifices to achieve attractiveness.

     *     *     *

もし iOS 8 で・・・

このことはアップルにも分かっている。だから来年どうなるのかが興味深い。もし iOS 8 からこれらのオプションを取り除くことができなければ、それはデザインの失敗だ。

Apple knows this, so it’ll be interesting to see how it’s revised next year. If iOS 8 can’t remove any of these options, it’s a design failure.

     *     *     *

遅ればせながらビジュアルな意味でユーザビリティを高めようという動きが出てきたことは大歓迎だ。

コントロールバーの白黒反転など視覚的な意味での使いやさを高めることは、iOS 8 を待たずともやっていただきたい・・・

★ →[原文を見る:Buster Heine
★ →[原文を見る:Steven Aquino
★ →[原文を見る:Marco Arment

Read Full Post »

Intersection: Updating to iOS 7 | YouTube]

とても興味深いビデオが YouTube に登場した。

何が興味深いのか?

出たばかりの iOS 7 が持つ強力な機能を紹介しているからだ。

Christopher Hills が障害者の立場から「スイッチコントロール」という機能について紹介している。

まずは上記ビデオをご覧ください。

     *     *     *

クリストファー・ヒルズ:

Christopher Hills:

iOS 7 は大いなる躍進です。

iOS7 is a big leap forward

でも一部のひとたちは新しいルック&フィールが好きではありません。

and some people don’t like the new look and feel

しかしアクセシビリティの世界では、

however, in the accessibility world

これは大いなる躍進です。

it is a big leap forward.

アップルは追加しました

Apple has added

いくつもの機能を

a lot of features

さまざまな障害を持ったひとたちを助けるために・・・

to help people with all kinds of disabilities.

そのひとつが「スイッチコントロール」です。

One feature is Switch Control

それではアレックスに、その話してもらいましょう。

and I’m going to get Alex to tell you about it.

アレックス、お願いします。

Alex?

[このあと音声機能 Alex による Switch Control の説明が続く]

1〜2週間のうちにレビューを書くつもりです、

I have a review coming in the next few weeks

私の体験について・・・

in which I will look at my experience

Tecla Shield と iOS 7 を使ってみた体験です。

with the Tecla Shield and iOS7.

それまでみなさんさようなら。

こちらはアレックスとクリストファー、

Until then, this is Alex and Christopher

オーストラリアからお送りしました。

from Down Under!

     *     *     *

身体の不自由な Christopher Hills がこのビデオを作ったということだけでも驚きだ。

しかし彼の自己紹介によれば、「Apple 認定プロ — Final Cut Pro X レベル1 — そして脳性麻痺のギーク」というのだからきっとビデオ編集はお手のものなのだろう。[こちらで彼が実際にビデオを編集している様子が見れる。]

筆者はこのビデオで初めて Switch Control の存在を知った。

サードパーティの Tecla Shield も初耳だった。

このビデオに John Gruber がリンクを貼ったことから Christopher Hills は一躍脚光を浴びた。

そのよろこびを彼は次のように述べている。

     *     *     *

10月2日
ジョン・グルーバーが自分のいちばん新しいビデオを Daring Fireball に載せてくれて以来、自分のメールボックスはツィッターとユーチューブの新しいフォロワーでいっぱいだ。皆さん、ようこそ!

Christopher Hills ‏@iAmMaccing 10月2日
Since @gruber posted my latest vid on @daringfireball, my inbox has been FILLED with new followers on Twitter & YouTube. Welcome everybody!

10月2日
今朝 255 人だったフォロワーが、今夜は 307 人になった。ワオ! 何かスゴいことをしたみたい 🙂  グルーバー、ありがとう!

Christopher Hills ‏@iAmMaccing 10月2日
This morning I had 255 followers on Twitter, tonight I have 307. Wow! I must be doing something right. 🙂 Thanks @gruber!

10月3日
自慢してるようにとられるかもしれないけれど、昨日はこのビデオのビューが 500 だった。それが今じゃこうだ。ワオ!

Christopher Hills ‏@iAmMaccing 10月3日
I feel like I’m boasting, but yesterday I only had about 500 views on this video. Now look at the view count! http://youtu.be/EZ_nyIwep0k . Wow!

10月3日
自慢ついでにもうひとつ。たった今このビデオのヒット数が10万を超えた。このときからずい分長いことかかった。

Christopher Hills ‏@iAmMaccing 10月3日
One more boast: I have just gone over 100,000 hits on this video! http://youtu.be/cSSgndQ5mVs @ChrisPirillo I’ve come a long way since then.

     *     *     *

Christopher Hills に寄せられる励ましも好意に満ちていてうれしい。

Joe Kohlmann ‏@jkohlmann 10月2日
キミの Switch Control ビデオはメチャためになる。ほんとうだよ、クリストファー。Tecla と iOS 7 のレビューをまってるよ!

Joe Kohlmann ‏@jkohlmann 10月2日
@iAmMaccing Your Switch Control video was SUPER informative, Christopher, I mean it. Looking foward to your review of the new Tecla & iOS 7!

Ben Stovold ‏@followben 10月2日
スバラしいレビューだ。自分たち健常者のデベロッパにアプリをアクセシブルにすることが如何に重要かつ簡単かを教えてくれる。

Ben Stovold ‏@followben 10月2日
@iAmMaccing Great review, and a nice reminder to us non-disabled iOS devs how important/ easy it is to make our apps Accessible. /cc @gruber

Agos ‏@aragost 10月2日
スイッチコントロールのビデオありがとう!自分はこのテクノロジーのことを知らなかった。これから作るアプリは必ず[スイッチコントロールと]コンパチにするよ!

Agos ‏@aragost 10月2日
@iAmMaccing thanks for your video about switch control! I didn’t know about this technology. I’ll make sure my future apps are compatible!

     *     *     *

また Tecla Shield のメーカー Komodo OpenLab ‏からも:

Komodo OpenLab ‏@komodoopenlab 9月25日

キミの方がわれわれよりはるかに話し上手だ。敬意を表します。

Komodo OpenLab ‏@komodoopenlab 9月25日
@iAmMaccing you are such a better storyteller than we are. Respect.
https://www.youtube.com/watch?v=EZ_nyIwep0k

     *     *     *

身体に障害を持つ者にとって iOS 7 はすぱらしいパワーを秘めている。

Christopher Hills が語った iOS 7 レビューが待ち遠しい・・・

[via Daring Fireball

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

耳で聞くようになると、テキスト読み上げに使われる声が気になる。

iPhone の声は「サマンサ」(Samantha)だそうだ。

デスクトップではいちばん自然に聞こえる「アレックス」(Alex)の声が気に入っていた。

アレックスの声の自然さについては、アップル自身が解説を加えている。

Accessibility – OS X – Vision | Apple
アクセシビリティ – OS X – 視覚に障がいのある方に | アップル

     *     *     *

アレックスの声(The Alex Voice)

Macの声、Alexをご紹介しましょう。Alexは、先進的なAppleのテクノロジーを使って、たとえ非常に速い話し方でも英語の自然なイントネーションを再現します。ほとんどのTTS(テキスト読み上げ)システムがテキストを一文ずつ分析して合成するのに対し、OS Xは段落ごとにテキストを分析。その内容をより正確に解読します。さらにAlexは人間の話し言葉のニュアンスをより詳細に反映させるので、本、記事、ニュースなどの長い文章の意味が、より理解しやすくなります。長い文章を読み上げる時は途中でひと呼吸おくので、Alexはとても自然です。

Introducing Alex, the voice of the Mac. Alex uses advanced Apple technologies to deliver natural intonation in English even at extraordinarily fast speaking rates. While most text-to-speech (TTS) systems analyze and synthesize text one sentence at a time, OS X analyzes text a paragraph at a time and deciphers the context more accurately. In addition, Alex more closely matches the nuances of human speech, so you can more easily understand the meaning of longer text passages in books, articles, and news stories. Alex is so natural he even breathes between long passages.

VoiceOverは、キーボードでの操作に加え、Appleのマルチタッチトラックパッドのジェスチャーを使って操作できます。これは画面読み上げ機能では初めてのことです。指先の動きを感知するトラックパッドの表面が、コンピュータスクリーン上のアクティブウインドウの代わりになり、触れた場所の内容を聴くことができます。指を動かしてドラッグしていけば、項目を連続して読み上げます。1本の指でフリックすると、前後の項目に移動できます。ジェスチャーは覚えるのが簡単で、楽しく使えるうえ、練習のためのモードも用意されています。VoiceOverを使えば、ウェブページ、スプレッドシート、プレゼンテーションをはじめ、あらゆる書類上の項目の配置や、複数の項目の位置関係をまったく新しい感覚で把握できるでしょう。

In addition to keyboard control, VoiceOver is the first screen reader you can control using gestures on an Apple Multi-Touch trackpad. The trackpad is a touch-sensitive surface that can represent the active window on your computer screen. So you can touch it to hear the item under your finger, drag to hear items continuously as you move your finger, and flick with one finger to move to the next or previous item. The gestures are easy to learn and fun to use, and there’s even a practice mode. With VoiceOver you’ll have a brand-new sense of how items are arranged and interrelated on a web page, in a spreadsheet, in a presentation, or in any document. Learn more about VoiceOver gestures

     *     *     *

アップルの「テキスト読み上げ」(text-to-speech)の歴史は古いが、音声合成の技術は Nuance 社のものを使っているようだ。

OS X Daily: “Mac OS X Lion Adds Amazing New Text-to-Speech Voices – Listen to Samples“: 15 May 2011

     *     *     *

Nuance の音声技術

Mac OS X Lion には高品質の「テキスト読み上げ音声」(text-to-speech voices)が多数含まれている。多数の言語に対応できたのは、これまでもウワサのあった音声技術の会社「Nuance」とアップルとの協力の賜物だ。新しい音声は驚くほど高品質で、主要な言語(英語、中国語、ドイツ語、日本語、フランス語、スペイン語、タイ語、インドネシア語、ポルトガル語、ヒンズー語、ロシア語、その他の言語)をほぼカバーしている。

Mac OS X Lion is set to include a wide variety of new high quality text-to-speech voices in a multitude of languages, thanks to a long suspected partnership between Apple and Nuance, a speech technology company. The new voices are of surprisingly good quality and speak in major world languages including English, Mandarin, German, Japanese, French, Spanish, Thai, Bahasa, Portuguese, Hindi, Russian, and many more.

     *     *     *

いろいろな音声サンプルを Nuance のサイトで聞くことができる。

「家政婦のミタ」さんみたいな日本語の声は「キョーコ」さんだそうだ。

サマンサ以外にも各国語の声が聞ける。

アメリカ英語:Samantha
英国英語:Serena
フランス語:Virginie
スペイン語:Monica
日本語:Kyoko
中国語:Mei Ling

     *     *     *

技術が自然のことばに近いところまできていることに驚かされる。

語学教材への活用もあっという間だろう・・・

アレックスとサマンサの声については、Erica Sadun が1年ほど前に Ars Technica で詳細に解説している。

Ars Technica: “iPhone VoiceServices: Looking under the hood” by Erica Sadun: n.d.

     *     *     *

アレックスとサマンサ

もしアナタがマックのアメリカ英語「アレックス」(Alex)の声に慣れているなら、「サマンサ」(Samantha)の声は少し機械的に聞こえるかもしれない。それは Alex は音声だけで数百メガバイトを占めるが、アメリカ英語にローカライズされた Samantha は3メガバイト以下しかないからだ。Samantha はシンプルな音声合成技術で、声の質の違いは耳で聞けば明らかだ。

If you’re used to the American English “Alex” voice on the Macintosh, you’ll notice that the “Samantha” voice sounds far more mechanical. That’s because the Alex voice alone occupies several hundred megabytes. In comparison, the US-localized Samantha data on the iPhone clocks in at under 3 megabytes. It’s a simpler synthesis system, and the difference in quality is easily apparent to the ears.

     *     *     *

音声データの量が大きすぎることから、モバイルではアレックスでなくサマンサになったものらしい。

Erica Sadun の記事には彼女が実際にアドレスブックをコントロールする様子のビデオも掲載されている。

これが Siri とどう関係してくるのか大変興味深いところだ。

iPhone の声も慣れてくればまんざらでもない。読み上げスピードの調節でだいぶ聞きやすくなった。

サマンサも、キョーコの声もなかなかのものだ。

・・・おっと、失礼。

ほら、またサマンサが呼んでいる・・・

Read Full Post »


[iPhone は何でも読み上げる]

あまりにうれしかったので、ご報告・・・

目を痛めてから、音で聞けるものは極力音へ移行している。

ほとんどのテキストは「Safari リーダー」を使って耳から聞くようにしている。

ウチの奥さんがストップウォッチ片手に睨んでいるので、モニターを見るのは極力制限しなければならない。

     *     *     *

iPhone でも同じことをしたいと書いたところ、読者の takeo 氏がアドバイスをくださった。

なんとなんと、 iPhone でもデスクトップと同じことが出来る!

1)「選択項目の読み上げ」をオンにする
[設定]→[一般]→[アクセシビリティ]→[選択項目の読み上げ]

2)Safari リーダーでテキスト表示にする

3)テキストを選択する(コピーと同じ要領)

4)表示されたポップアップメニュー「コピー/読み上げ」から読み上げさせる

[注]ステップ2は必須ではないが、日本語サイトには欠かせない

デスクトップと同じこと・・・いや、それ以上のことが iPhone で出来るなんて知らなかった!

日本語でもスイスイ読み上げるのを聞いたときにはホントに感激した!

     *     *     *

手術以来、早起きして iMac に向かうのがおっくうになった。

ベッドの中で iPhone を見るのは入院してからのクセだ。

片手ほどのサイトを毎朝欠かさずチェックする。最新のニュースがベッドの中でほぼ見落としなくチェックできる。

興味深い記事があれば詳しい内容は起きてから iMac で読む。

その読み過ぎで目を痛めた。

     *     *     *

暖かいベッドの中でニュースが「聞ける」マル秘テクニックを教えてくださった takeo 氏には大感謝だ。

そして、改めて Steve Jobs に感謝!

iPhone は入院したときから欠かせない存在。

ネットサーフィンだけでなく、音楽も、写真も、YouTube も、電話も、iPhone のすべて、ハードにもソフトにも、病気を経験した Jobs の手触りを感じる。

ホントにすごいなあ!と思う。

もう少し長生きして、もっと素晴しいものを産み出してほしかった・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

追記:「家政婦のミタ」さん

スゴいことに気がついた。

日本語の読み上げが「家政婦のミタ」さん的なところはご愛嬌として、英語の読み上げ(例えば当ブログの)がジャパニーズ・イングリッシュになるのだ!

ところが英語のサイトに行くと、英語らしく読み上げる。

サイトによって英語の発音が微妙に変わるなんてスゴいことじゃないか?

     *     *     *

それにしても、だんだん欲がでる!

ながい間デスクトップの読み上げは Alex がお気に入りだった。

それに比べて iPhone の読み上げはブッキラボウで聞きにくい。

しかし iPhone[iOS]の読み上げがここまで出来るのなら、読み上げる声を変えたり、スピードをコントロールするのは可能じゃないかと思うのだが・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

追記2:英語と日本語がゴチャゴチャに(12月7日)

あちこち iPhone に読み上げさせているうちに、英語の発音がどんどん日本語化してきた。日本人の発音の英語、ジャパニーズ・イングリッシュだ。

英語サイトを開いても、片っ端からジャパニーズ・イングリッシュで読み上げるのには参った。

「言語環境」を英語に設定してみたら、英語サイトは英語読みになった。・・・当然か。その代わりメニューから何からみな英語になって使いづらい。

それでも日本語サイト(当ブログ)はミタさんの日本語、ジャパニーズ・イングリッシュの英語のままだ。

日本語は日本語環境で、英語は英語環境で読み上げる設定にするにはどうしたらいいのだろうか?

どなたかご教示お願いします・・・

Read Full Post »