Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘12′ Retina Macbook Air’

scaling_resolutions

[スケーリングモード:image

明日にも MacBook Air がマイナーアップデートされるらしい。[注]

[注]翌日アップルは Haswell Reflesh を搭載し値下げした MacBook Air を発表した

しかしウワサの12インチ Retina MacBook Air はまだ姿を現さない。

この関連でデスクトップの 4K ディスプレイについて書かれた先月の記事が思い出される。

AnandTech: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Anand Lal Shimpi: 07 March 2014

     *     *     *

改善された OS X の 4K ディスプレイサポート

Improving the State of 4K Display Support Under OS X

AnandTech の Anand Lal Shimpi いわく:

Anand Lal Shimpi, writing for AnandTech:

Mac Pro をレビューした際 OS X 10.9.0 の 4K ディスプレイサポートの現状について嘆いた。次のような結論だった。「OS X の 4K ディスプレイは現時点ではまだ開拓時代同然だ。」 30Hz 以上のリフレッシュ速度を望むなら互換性があるのは ASUS と Sharp の 4K ディスプレイだけだ。ちゃんとしたモニターにしても使える解像度は 3840 × 2160 だけだ。それだと一部のユーザーにとってテキストや UI 要素が少し小さすぎるけれど。Retina MacBook Pro のディスプレイで導入されたあの素晴らしいスケーリングモード(補間モード)は欠如している。もっともそれもさほど長くはないだろう。昨夜複数の報告(thanks Mike!)を受けた。OS X 10.9.3 の最新のデベロッパビルドには 4K ディスプレイの拡張サポートが含まれ、Retina MacBook Pro は 4K/60Hz サポート、4K 以下ではスケーリングモード解像度がサポートされているという。

In my Mac Pro review I lamented the state of 4K display support under OS X 10.9.0. In my conclusion I wrote: “4K display compatibility under OS X is still a bit like the wild west at this point”. Compatibility was pretty much only guaranteed with the ASUS/Sharp 4K displays if you cared about having a refresh rate higher than 30Hz. Even if you had the right monitor, the only really usable resolution was 3840 × 2160 – which ends up making text and UI elements a bit too small for some users. Absent were the wonderful scaling resolutions that Apple introduced with its MacBook Pro with Retina Display. Well it looks like that won’t be the case for long, last night I got reports (thanks Mike!) that the latest developer build of OS X 10.9.3 includes expanded support for 4K displays, 4K/60Hz support for rMBPs and scaled resolutions below 4K.

     *     *     *

この点に関して Marco Arment のコメント・・・

Marco.org: “Improving the State of 4K Display Support Under OS X” by Marco Arment: 12 March 2014

     *     *     *

Anand Lal Shimpi の分析

詳しくは Anand Lal Shimpi が 10.9.3 ベータでの 4K Retina サポートについて触れている[上記参照]。

More detail on the 10.9.3 beta’s 4K Retina support by Anand Lal Shimpi.

     *     *     *

デスクトップ Retina

これぞホンモノだ。これはデスクトップ Retina が手ごろな価格の実機上で公式にサポートされたということだ。もしベータ版 OS を動かしたければ、Mac Pro の「Late 2013」モデルないしは Late 2013 の Retina MacBook Pro があれば、あとはサポートが公表されている 4K モニターを買えば、それで今日にもデスクトップ Retina が可能になる。

This is the real deal: this is desktop Retina, officially supported, on practical, affordable hardware. If you’re willing to run a beta OS, have a “Late 2013” Mac Pro or Late 2013 Retina MacBook Pro, and buy one of the supported 4K monitors, you can have desktop Retina today.

     *     *     *

理想的なスクリーンサイズは24インチ

ただし、理想的なスクリーンサイズとなるとちょっとややこしい。いちばん見栄えがよく GPU への負担も最も少ない Retina iOS デバイスのように完璧な2倍スケーリングを使えば、4K パネルに「ピッタリの」サイズは(デルの UP2414Q のように)24 インチだ。なぜならそれが論理サイズ 1920×1080 をシミュレートしたものだからだ。もし使用モニターが 24 インチないしはそれ以下なら、それでいいことになる。

The ideal screen size is tricky, though. Using perfect 2X scaling like Retina iOS devices, which looks best and has the least GPU overhead, the “right” size for a 4K panel is 24 inches (like Dell’s UP2414Q), since it’s simulating a logical size of 1920×1080. If you currently use 24-inch or smaller monitors, that’s the way to go.

     *     *     *

27インチまでがせいぜい

しかし使っているのが 27 から 30 インチのモニターなら、普通は 2560×1440 ないしは 2560×1600 の解像度を使っているハズだ。4K 上ではそれがスケーリングモードによりシミュレーションされる。ちょうど Retina MacBook Pro がシミュレーションで高解像度生成されるように。しかし 24 インチ以上の大きさになればなるほど画像が劣化する。2560×1440 にシミュレーションしてもまあまあといえるのはたぶん 27 インチが最大のサイズだろう。それ以上大きい Retina 4K モニターには自分なら決して手をださない。

If you use a 27- or 30-inch monitor, though, you’re accustomed to a resolution of 2560×1440 or 2560×1600. These scaling modes will simulate that on 4K, just like Retina MacBook Pros simulate higher resolutions, but the larger you go above 24 inches in size, the worse it’ll look. The biggest size at which a simulated 2560×1440 could look reasonable is probably 27 inches — I certainly wouldn’t buy a 4K monitor for Retina use larger than that.

     *     *     *

自分なら・・・

新しいディスプレイは数か月のうちに出るだろうから、自分としては買う決心をする前にアップルの 27 インチの理論的 4K Thunderbolt 2 Display がどうなるか様子を見るつもりだ。もしそれが最近の iMac のようにグレアを抑えた仕様になっていたら抗し難いだろう。(もし現行の Thunderbolt Display のように反射率の大きいガラスなら、絶対そんなことはないが。)

Personally, since it’s probably coming within a few months, I’ll wait to see how Apple’s theoretical 4K 27-inch Thunderbolt 2 Display turns out before buying anything. If it has the reduced-glare construction of modern iMacs, it’ll be tempting. (If it has the same ultra-reflective-glass construction as the current Thunderbolt Display, it definitely won’t be.)

     *     *     *

OS X の準備はすでに整っていて、テクニカルには今でも Retina Thunderbolt Display は可能ということになる。

12インチ MacBook Air の Retina 化だって、これまたテクニカルには可能ということだろう。

あとは何時の時点でアップルが発表するかということだけか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »