Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘松田純一’

jonyive_book_01

どこに視点をおくか・・・

日経BP社刊「ジョナサン・アイブ」読了と危惧すること | Apple/Macテクノロジー研究所

なにしろCEOのティム・クックでさえジョニーに口だしできないというしオペレーション担当のある重役は「アップルを支配しているのはIDgだ」といっているそうだ…。

これではジョニーという存在はアップルを次のレベルに引き上げる起爆剤と同時に一歩間違えば誤爆する可能性も否めない。どのような組織でも社長やらCEOはともかく、1人に権限が集中することはトラブルの元とは幾多の歴史が証明していることではないか。これはジョニーがいかに謙虚で賢い人物だったとしてもだ…。

アップルのファンとしてはジョニーがアップルの地雷源にならないよう願うばかりだ。

Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products, by Leander Kahney | FT.com

Kahney is a journalist but also an Apple geek (he has written three other books on Apple as well as a blog) and the combination of that enthusiasm and a clammed-up corporation is not particularly successful. Ive remains, at the end of this book, as unknown a quantity as he is at the beginning: a popular, un­assuming person who likes to listen to techno music while he works.

Review: Jony Ive by Leander Kahney | Asymco

The book mostly follows Ive’s career with chapters covering most significant episodes chronologically, however there are deep dives into the “how” rather than just the “what” happened. There is a hint of causality rather than correlation between events and outcomes.

For example, there is a mesmerizing description of the actual Apple design studio even though it has never been depicted in any public photo or video or diagram. There is a great attention paid to manufacturing and materials, as indeed there should be if talking about Apple design (but not necessarily if talking solely about design in general.)

There is an amazing revelation of the existence of the “ANPP” or the Apple New Product Process. This process directs the “extreme detail [for] every stage of product development”. The presence of such a “giant checklist” implies a degree of process and rigor which is in contrast to the “heroic” effort that prevails in popular folklore about how Apple develops its products.

アップルは「怠けたデザイン」を許さない | 日経ビジネスオンライン

旧記事から:

Leander Kahney の書いたジョニー・アイブ本 | maclalala2

広告

Read Full Post »

BFernandez_03

スティーブ・ジョブズが日本文化に興味を持ったきっかけは!? | Apple/Macテクノロジー研究所

フェルナンデス家の日本風デコレーション例。

Read Full Post »

SF_Examiner_John_Markoff

[ジョブズの追放を報じる John Markoff の記事:image

松田純一氏[Macテクノロジー研究所]のアップルヒストリーがおもしろい。

Macテクノロジー研究所: “1985年 クリスマス商戦におけるAppleの動向” by 松田純一: 15 April 2013

スティーブ・ジョブズが逐われた後、主(ぬし)なき後のアップル丸の舵取りをまかされたジョン・スカリーが初めて迎えたクリスマス商戦の話。

確かに松田氏ご指摘のとおり「ジョブズのいなくなったAppleについてはこれまであまり関心がわかなかった。」

常日頃「Apple の過去は未来よりも面白い」を標榜されるベテランだけあって、スカリーの視点から振り返ったところは大変興味深いと思う。

     *     *     *

同記事の末尾に:

【補 足】
当アーティクルの2つの古い新聞記事はご承知の方も多いと思うが、ブログ maclalala2の藤シローさんから譲られた資料に基づいている。資料の中には1984年のMac発表当時からリアルタイムで収集された貴重な新聞のスクラップをはじめ、カタログや雑誌などが含まれている。Macテクノロジー研究所では可能な限りこれらを活用させていただき、よりリアリティのある正確な情報ご紹介したいと考えている。ご期待のほどを!

     *     *     *

マック草創期の「私のインキュナブラ=古文書」については何度か当ブログで紹介した。

初めて Macintosh の実物を目の前にしたとき、これはスゴいことになると直感したのを覚えている。Macintosh に関するものは何でも集めてやろうと思った。

しかし技術のシロウトに過ぎない筆者にとっては、誰でも入手できる(しかし時が経てば失われてしまう)新聞雑誌ぐらいしか思いつかなかった。

ともかく、なにもかも時系列でファイルしておこうと考えたものだ。

そんな段ボール2箱分の「古文書」を松田氏に寄贈させていただいた。

死蔵され、滅すべき運命だったものを活用していただければ、これらの資料も本望だと思う。

氏の今後の連載に期待したい。

     *     *     *

《参考》
私のインキュナブラ
MUG — マック草創期の拠り所
あの頃は夢中だった・・・

Read Full Post »