Feeds:
投稿
コメント

The logo of Japan Display Inc is seen at the company's new production line for LCD panels in its factory in Mobara, Chiba prefecture, June 3, 2013.

サプライヤーになれるかどうかで明暗が分かれる・・・

UPDATE 1-Japan Display confirms new plant, source says for Apple | Reuters

Japan Display Inc said on Friday that it would build a new $1.4 billion liquid crystal display (LCD) manufacturing plant, which a source said would supply smartphone screens for Apple Inc.

But it recently reported a rebound to profit, boosted by demand from Apple and Chinese smartphone makers, in stark contrast with Japanese competitor Sharp Corp’s shrinking panel business.

JDIが液晶工場を建設へ、投資1700億円はアップルが大半負担 | ロイター

ジャパンディスプレイ(6740.T: 株価, ニュース, レポート)は6日、石川県白山市に第6世代(G6)液晶新工場を建設すると発表した。投資額は1700億円。関係者によると、投資資金の大半は米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)が負担。量産する液晶は、iPhoneの2016年のモデルに供給する。

iPhoneの液晶を製造するジャパンディスプレイ白山工場建設予定地に行ってみた! | IT Strike

     *     *     *

img_b7a35e3859aa2caa7327316f32503d14972977

非常事態第2幕!液晶シャープ 四面楚歌の再生計画|ダイヤモンド・オンライン

ドイツ証券中根康夫アナリスト:

スマホ向けの中小型液晶パネルは、かつて日本勢が大敗を喫したテレビ向けの大型液晶パネルに比べて、作るのが難しく技術的な参入障壁が高い。日本勢はそうした製品の特性に守られてきたが、本質的には設備産業である以上、将来は投資競争と市場シェアの大きさで決着がつくことは明白だ。

さらに“台風の目”となりそうなのが、サムスンが新たに量産工場を立ち上げた有機ELディスプレイだ。自社製スマホ「ギャラクシー」に搭載していた虎の子のデバイスを、日本勢が頼みの綱にしている中国メーカーに向けて猛烈な販売攻勢を掛けている。

こうした規模の勝負に対し、規模と体力に劣る日本メーカー2社を統合するようなことがあれば、それは半導体産業で過去に繰り返し行われてきた“延命作業”に終始する可能性が高い。

さらに、今後を読み解く上で欠かせないのが中国勢の動向だ。技術的な未熟さなど課題はあるものの、中国全土で建設が予定されている新工場群が技術的ハードルを越えれば、一大勢力になる可能性もある。

広告

時間を取り戻す

watch-orange1a

Matthew Panzarino の非常に示唆に富んだ考察。

The Apple Watch Is Time, Saved | TechCrunch

Apple Watch を実際に使ったひとたちから取材した Panzarino は iPhone を使う機会が減ったという話を何度も耳にしたという。

     *     *     *

電話を使わなくなった

Apple Watch を試したひとの話ではこれまでと比べて電話を使う回数がはるかに、極端なまでに減ったという。返事したり、手首を見たり(glance)、口述するのにタップするだけで済むのは、これまでの iPhone を取り出して、ロックを外し、容赦なく注意を向けることを迫ってきたやり方とは甚だしく異なる。

People that have worn the Watch say that they take their phones out of their pockets far, far less than they used to. A simple tap to reply or glance on the wrist or dictation is a massively different interaction model than pulling out an iPhone, unlocking it and being pulled into its merciless vortex of attention suck.

ほとんど日中は電話を使うのを辞めたとあるユーザーは語った。これまで取り出しては使っていたのに、もうそうしなくなったというのだ。スマートフォンスクリーンのブルーの輝きがこの10年というものソーシャルなやりとりを支配してきたことを考えるとこれは正気とは思えない事態だ。

One user told me that they nearly “stopped” using their phone during the day; they used to have it out and now they don’t, period. That’s insane when you think about how much the blue glow of smartphone screens has dominated our social interactions over the past decade.

     *     *     *

時間を取り戻す

スマートフォンを辞めてしまうというのではない。ファウストとの悪魔の契約はすでに結んでしまった。情報と通信の全宇宙にアクセスするため、つるつるのガラスの祭壇に我々の注意力(attention)という血を捧げるのだ。

You’re not going to give up your smartphone. That Faustian bargain has already been struck. We get access to an entire universe of information and communication and we sacrifice our bloody attention on its smooth glass altar.

しかし Apple Watch はその注意力の一部 — もっと重要には時間(time)そのもの — を取り戻してくれる。

But the Apple Watch can return some of that attention and, more importantly, time back to you.

Apple Watch を語るとき最も重要な尺度は取り戻される時間(time saved)なのだ。

This will be the Apple Watch metric to track: time saved.

     *     *     *

Apple Watch のマーケット

それが Apple Watch が狙うマーケットだ。リッチな連中でもなければ、テクノギークでも、熱烈なアップル信者でもない。時間を取り戻したいひとが対象なのだ。そしてそれは非常に大きいターゲットだ。

And that is the target market of the Apple Watch. Not “rich people” (though there’s a model specially for them), not “tech geeks” and not “Apple fanatics.” It’s people who want more time, and that is a very large target.

ある意味これがアップルがハッキリさせるのに困難を感じてきたことなのだ。これこそが Apple Watch を使う主たる目的だ。単なる「通知センター」ではない。これ以上余計なものに注意力を割かずに済むということなのだ。

This, for some reason, is the thing that Apple has had a hard time articulating. This is the primary use case of the Watch. It’s not just that it’s a “notification center”; it’s that it allows you to act without any additional distraction.

     *     *     *

いつの日か・・・

いつの日か Apple Watch は不可能を可能にするかもしれない。電話を使わなくても済むようになるかもしれないのだ・・・

Perhaps someday, the Apple Watch could do the impossible: it could make you stop using your phone.

     *     *     *

電話に奪われた個人の時間を取り戻すことこそ Apple Watch の狙いだという Panzarino の指摘はとても新鮮だ。

Apple Watch を「attention」(ユーザーにとって無限にあるわけではない注意力、意欲、エネルギー、なかんずく「時間」)という視点で捉えたのは彼が初めてではないかと思う。

この文章は、要約や一部ではなく、全体をとおして読むことをぜひお勧めする。

apple-watch-strap-011

[Apple Watch のバンドコネクター:9to5Mac

Matthew Panzarino[TechCrunch]のスクープ。

Would You Buy A ‘Smart Band’ For An Apple Watch? | TechCrunch

     *     *     *

Apple Watch には未発表のポートがある

Apple Watch に「スマート」アクセサリーがあったら余計にカネを出すだろうか。バッテリーを長持ちさせるといった新しい機能が加わるとしたら・・・

Would you shell out money for a ‘smart’ accessory band for an Apple Watch that added additional capabilities? More battery life, perhaps?

というのも Apple Watch には未発表のポートがあるからだ。Watch の OS に直接アクセスし、診断するのに使われる。いずれはアクセサリーの接続にも使われるかもしれない。

The reason I ask is that the Apple Watch has a port that the company has yet to show off. It’s being used for diagnostics and direct access to the Watch operating system, but it’s feasible that could be used to connect accessories in the future.

真ちゅうの6接点アレイポートで、時計下部のバンドコネクタースロット溝の内部にある。複数のソースがその存在と配置を私に確認してくれた。

The port has a 6-dot brass contact array inside the groove for the ‘bottom’ strap connector slot. Several sources have confirmed its existence and placement to me.

     *     *     *

一方 Jordan Kahn[9to5Mac]も・・・

Apple Watch has a Lightning port for development, but won’t when it ships | 9to5Mac

Lightning ポート

9to5Mac は、このポートがテスト用の Lightning ポートであり、顧客へ出荷される製品には含まれないことを複数のソースから確認した。

9to5Mac has learned from sources that the port, which is actually a Lightning port being used for testing, will not be included on the product shipping to customers.

     *     *     *

やっぱり Apple Watch はただの時計ではなさそうだ・・・

Apple Watch の偽価格リスト

fake_watch_price_list

[偽リスト:MacRumors Forums

Spring Forward イベント直前なのに Apple Watch のリーク情報がほとんど聞こえてこない。

ゴールドモデルが1万ドル以上するだろうという John Gruber の予想が独り歩きしているぐらいか。

独り歩きといえば、アップルからリークされたと称する Watch の価格リスト[冒頭画像]がおもしろい。Gruber の予想に非常に近い数字になっている。

ポッドキャストで Gruber がその話に触れている。

出所は MacRumors のフォーラム。メンバーの pgiguere1 が投稿したのが始まりだという。

     *     *     *

予想リスト

予想リストを作ってみた。大部分 Gruber の予想をベースにしている。

pgiguere1
macrumors 68020
Location: Montreal, Canada

I made this speculative price list based in large part on Gruber’s speculation:

     *     *     *

それがアップルからリークされた価格リストという話になった。

あっという間に世界を駆けめぐって手がつけられなくなったらしい。

巡りめぐってまた自分に戻ってきたと Gruber が語っている。

さすがの彼も今回は Watch の具体的情報を未だ掴んでいないようだ。

これまでのところ Tim Cook が Telegraph のインタビューで語ったことぐらいしか分かっていない。

派手な宣伝や、強力なセールスピッチの話ぐらいしか伝わってこないところはいつものアップルらしくない・・・

7227401456_8670350daf

真田勇さんの「Apple-Style」が10周年を迎えられたという。おめでとうございます!

真田勇さんとは一度もお会いしたことがないけれどとても身近に感じる存在だ。

アップル系ブログの日本最高のアグリゲータ「Apple-Style」で毎日のようにお会いしているからだ。

だからすぐ黒いタートルネックの「Apple-Style@所長さん」の姿が目に浮かんでしまう。

     *     *     *

優れたアグリゲータ

アップル系サイトは星の数ほどあれど、すぐれたアグリゲータとなると非常に限られている。

機械的アルゴリズムに頼らず、Apple-Style@所長さんのお眼鏡にかなった「気になる美味しい林檎のブログ記事」だけが取り上げられる。

アマチュア主体の個人ブログを対象とするアグリゲータは Apple-Style が唯一だろう。

アマチュアだからといって侮ってはいけない。ことアップルに関するかぎり個人ブログの情報収集力は決して大手メディアや商業サイトにひけを取らない。

海の向こうのニュースは瞬時にして必ず誰かのブログに反映される。しかもソースまで明らかにして・・・

だから Apple-Style をチェックしていればホットなアップルの最新情報も、そのオリジナル記事も簡単に分かるのだ。

     *     *     *

「福を授ける神 Apple-Style」

当ブログに光を当ててくださったのも「Apple-Style」だ。

ブログを始めたころはずいぶん長い間自分以外は誰ひとりとして訪れる者がいなかった。まさに砂漠で干涸びかけていたサボテン同然だった。

そんなサボテンにバケツでザアザアと水をかけてもらう感じがしたのが Apple-Style で取り上げてもらったときだった。そのうれしさを「福を授ける神 Apple-Style」として投稿したのも懐かしい。

その後も幾度も中断するなど筆者のブログは紆余曲折を重ねたが、そのたびに励ましてくださったのも Apple-Style@所長さんだっだ。

     *     *     *

apple_style_counter

アップルコミュニティーの育ての親

Apple-Style に取り上げてもらうことで多くのブロガーが育っていった。なかには個人ブログの域を脱して商業レベルにまで達したものもある。

Apple-Style の管理人の目は大小を問わず広くアップル系ブログに注がれている。くまなく巡って集めてきたリンクが Apple-Style になる。しかも1年 365 日休むことなく・・・

読者は Apple-Style を通じて多くのアップル系ブログに導かれる。Apple-Style は日本のユーザーコミュニティーに開かれた窓なのだ。

その意味で Apple-Style は日本のアップルユーザーコミュニティーの育ての親だといっても過言ではあるまい。

祝10周年の声が澎湃として起きるのもその現れだろう。

いずれ日本のアップルユーザー史が書かれるときがきたら、Apple-Style が貴重な基礎資料になることは間違いない。

筆者が取り上げてもらったころ 120 万を誇っていたアクセス数累計はいまや 3200 万を超えるスーパーサイトぶりだ。いかにアップルファンにとってなくてはならぬ存在であり、いかに愛され支持されているかを物語っている。

     *     *     *

apple-style-mac-tablet1

[Mac Tablet designed by Isamu Sanada:Tuvie

夢を形にするドリームデザイナー「Isamu Sanada」

実はブログを始めるずっと前、スーパーサイト Apple-Style の存在を知るずっと前から、真田勇氏の名前を筆者は知っていた。

インターネットで海外のサイトを巡るようになったころ、スーパーリアルでカッコいいマックのデザインをあちこちで見かけるようになった。どの画像にも必ずモデル番号と作成年、そして「Isamu Sanada」のサインがはいっている。こんなマックがあったらいいなあと願う世界のマックファンの夢を形にしたドリームデザインだ。

そんなデザインでいっぱいの「Applele 新種林檎研究所」(Applele.com)というサイトを見つけて熱烈なファンになったのもそれから間もないときだった。真田勇氏のもうひとつの顔が Apple-Style@所長さんだと知るずっと前のことだった。

「Isamu Sanada」のデザインに触発されて、こんなタブレットが欲しい(iTablet – handheld monitor for video iPod)、こんなミニが欲しい(New Mac mini revealed!)と夢を記事にしたこともあった。

     *     *     *

「Isamu Sanada の妄想美術館」

「Isamu Sanada」のドリームデザインは世界を魅了した。

アップルファンにお馴染みの Cult Of Mac も何度も取り上げた。ノートブックiMacミニもいちはやく登場した。電話タブレットだけでなく、Apple Watch ですらすでに登場していた・・・

例えばコンセプトデザインを数々紹介したこちらの海外のサイトでも、「Isamu Sanada」のデザインが多数登場している。読者 Ayla の「ワオ、アップルは Isamu Sanada を採用すべきだ」(Wow Isamu Sanada needs to be hired by apple.)というコメントはファンの偽らざる声だろう。

それだけではない。「Applele 新種林檎研究所」(Applele.com)はかの Steve Wozniak のサイト(Woz.Org)からもリンクされていたのだ・・・

さしずめいまならコンセプトデザインと呼ぶのだろうが、当時は「妄想」という字を冠していた。「Isamu Sanada の妄想美術館」だ。

Applele.com は今はもう存在しない。[同名のサイトには今は別の住人がいる。] しかし真田勇氏のすばらしいドリームデザインは今でもインターネットのそこここに数多く散見される。

かつて世界を風靡した氏のドリームデザインを集めたオンライン「妄想美術館」をどなたか作っていただけないものかと思う。

     *     *     *

とまれ日本にアップルファンがいるかぎり、これからも Apple-Style はファンの拠り所であり続けるだろう。

「Apple-Style 10周年」を心からお祝い申し上げたい・・・

fFPLjVS

[/本文とは関係ありません/:image

MG Siegler いわく・・・

Why do you think we haven’t we seen any leaked parts or images? | ParisLemon

     *     *     *

匿名読者の質問:

Anonymous asked:

4月に Apple Watch が出荷されるのなら中国での製造が始まってもいいハズ。なのに部品も画像もリークされないのはなぜ?

With the Apple Watch shipping in April, presumably the watches should be entering production in China soon. Why do you think we haven’t we seen any leaked parts or images?

MG Siegler の回答:

いい質問だ。いつ始まってもおかしくないと思う・・・

It’s a good question. My bet is that we will any day now…

     *     *     *

アップル製品の中国での組み立てが本格的に始まるのは発売のほぼひと月前。

世界中のサプライヤーから集まった部品のリーク画像が出回りはじめるのもそれからだ。

いよいよリークもフル回転にはいるか・・・

STZ01IWATCH3_1131486k

[Guinevere Van Seenus と Apple Watch:The Sunday Times

3月9日のイベントを前にいろんなメディアが Apple Watch を取り上げている。

英国のサンデー・タイムズ(The Sunday Times)もファンションモデルと Watch をフィーチャーしている。

Watch this space | The Sunday Times

     *     *     *

冒頭の写真はファッションモデル Guinevere Van Seenus がフィーチャーされた Apple Watch の広告。38 ミリスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンドで価格は 349 ドルとなっている。

Guinevere Van Seenus wears Apple Watch Sport with 38mm Space Grey aluminium case and black band, $349.

     *     *     *

例えば中の記事はこんな感じ:

こちらに注目

Watch this space

2015 年の目玉商品ですが果たしてアナタに必要でしょうか? Apple Watch マニアのために Claudia Croft が解説します。

It’s the object of 2015, but do you really need one? Claudia Croft prepares for Apple Watch mania

ひとつ欲しい。バカげてることは分かってる。必要ないの。すでに iPhone 6 とビンテージもののロレックスを持ってる。でも4歳の子が誕生日にケーキを欲しがるように Apple Watch が欲しいの。スペックも正方形の美しいプロポーションもステキ。18Kゴールドの黒いバンドを夢見る。(だってシャネルのデザイナーカール・ラガーフェルドも黒がお望みですもの・・・)

I want one. It’s not rational. I don’t need it. I already have an iPhone 6 and a vintage Rolex, but I want an Apple Watch like a four-year-old wants to eat cake at a birthday party. I’ve read the spec and admired the classical beauty of its rectangular proportions. I’ve fantasised about having the 18ct gold one with the black strap. (Karl Lagerfeld also wants a black one.)

     *     *     *

まあそんな調子だ。

お目当てはもっぱらファッション好きや一般大衆といったところか・・・