Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘WWDC’ Category

Xcode

Xcode…

iOS と Mac OS X のハイブリッド OS といわれても、具体的にどんなものかイメージするのは容易ではない。

John Gruber が iOS と Mac OS X の接点を窺わせる興味深い指摘をしている。

「解けた Marble のミステリー」・・・

Daring Fireball: “Marble Mystery Solved” by John Gruber: 22 June 2010

     *     *     *

Marble の正体

「Marble」については 2009 年以来何度か触れてきた。Marble とは Mac OS X のシステム全体に共通する秘密の UI デザインプロジェクトだと思っていた。(2009 MWSF 予想2009 WWDC 予想を参照。)しかし Marble の正体については結局間違っていた。実は今年の WWDC で発表されていたのだ。Xcode 4 がそれだ。

A few times since January 2009, I’ve mentioned “Marble”, a secret UI design project at Apple which I believed was a new system-wide theme for Mac OS X. E.g.: my MWSF 2009 predictions, and my WWDC 2009 predictions. Ends up I was wrong about what “Marble” is — and in fact, it was announced at WWDC 2010 this month. It’s Xcode 4.

     *     *     *

Xcode 4

Xcode 4 はまだベータの段階で、まだスクリーンショットもない。WWDC 2010 で見せられたものも守秘義務(NDA)の対象となっている。しかしデベロッパのアカウントをもっているひとなら、「デベロッパツール一般教書」セッションを見れば、新しいインターフェイスの概要が分る。ごく控え目にいっても、これは大掛かりなオーバーホールといえる。ひとつのウインドウでたくさんのことをやろうとしており、Interface Builder を Xcode に取り込もうとさえしている。WWDC の事情通たちによれば、これが Marble プロジェクトだという。

Xcode 4 is still in beta, Apple doesn’t have screenshots available, and what was shown at WWDC 2010 is covered by NDA. But if you have a developer account, you can get a tour of the new interface by watching the Developer Tools State of the Union session. It is, to say the least, a major overhaul — primarily focused on doing more within a single window, even going so far as to bake Interface Builder into Xcode itself. According to several informed sources at WWDC, that’s the “Marble” project.

     *     *     *

iPad OS 3.2 iPhone OS 4.0

WWDC で今回分ったことのひとつは、 iPad の OS 3.2 が[かつて私が触れたような]iPhone OS 4 のメインチームとは別個のチームによって秘密裡に開発されたものではないということだ。iPad OS 3.2 は完全に別の流れで、iPhone や iPod Touch で使われることを想定していない。しかしそれぞれのチームは完全に分断されてはおらず、4.0 を開発している連中は iPad で何が行なわれているかよく知っており、逆にまた iPad の開発をしている連中は 4.0 で何が行なわれているかよく知っていた。

Another correction I gleaned at WWDC is that the iPad’s OS 3.2 was not, as I suggested in a footnote here, developed by a team working in secret, apart from the main iPhone OS 4 team. The iPad’s OS 3.2 is indeed a separate fork — 3.2 was never meant for use on iPhones or iPod Touches, and 4.0 will not be available on the iPad. But the team wasn’t separate — those working on 4.0 knew what was going on with the iPad and those working on the iPad knew what was going on with 4.0.

     *     *     *

すべてをサポートする iOS 4.1

今週発表された新 iOS 4.0 が iPad をサポートしていないのは、単純にタイミングの理由によるものだ。アップルは iPhone 4 をこの6月に発売したいと考え、その iPhone 4 には iOS 4 が必要だった。iPhone と iPod Touch をサポートするだけなら、iPad までサポートするほどの時間はかからない。私はいまでもそう信じているが、今秋発表予定の iOS version 4.1 はすべての iOS デバイスを統一的にサポートするものと思われる。

As for why this week’s new iOS 4.0 doesn’t support the iPad, it’s simply a matter of timing. Apple wanted to start selling the iPhone 4 this month, June. The iPhone 4 required iOS 4. And it took less time for iOS to support only iPhones and iPod Touches than it would have to add support for iPads, too. I still believe that iOS version 4.1, planned for this fall, will be the release that unifies support across all shipping iOS devices.

     *     *     *

iOS と Mac OS X をつなぐ接点が次第に見えてくるようだ。

ジグソーパズルの一片がまたひとつ埋まった・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

Wwdc 2010-1

The center of the app universe

John Gruber が実際に出席した WWDC の感想をまとめている。

守秘義務もあって、キーノート以外の話は外に漏れてこない WWDC だが、その様子が垣間見えて興味深い。

Daring Fireball: “WWDC 2010 Wrap-Up” by John Gruber: 18 June 2010

     *     *     *

絞られた焦点

今回の WWDC はキーノートにも各セッションにも Mac がまったく姿を現さない初めての WWDC だと多くのひとがいう。変わったのはそれだけではない。各セッションの時間表から IT トラック[?]も削除された。その結果、これまでないほど iOS に限定されたものとなった。WWDC が Mac プログラミングに限られていた昔でも、これほど対象が限定されているという感じはなかった。「Mac プログラミング」には「iOS プログラミング」よりはるかに多くの事柄が含まれたせいかもしれない。

Much has been made over the fact this was the first-ever WWDC where the Mac played no role, either in the keynote or in the sessions. But that wasn’t the only change — the IT track was dropped from the session schedule as well. The result was a conference that very tightly focused, like no WWDC before. Even when the conference was all about Mac programming, it never felt so tightly focused, perhaps because “programming for the Mac” encompasses so many different things than “programming for iOS”.

満席のセッション

このため、一本立てないしは二本立てのカンファレンスのような感じがした。火曜から金曜までは、同じ時間帯に1ダースないしは2ダースのセッションが同時並行的に行なわれる。しかし大きなセッション(一般的な内容でどの iOS セッションにも関係するようなもの)になると、ぎゅうぎゅう詰めだった。入室のために行列して10分待つのもザラだ。月曜午後の「一般教書演説」セッションは満員だった。入りきれなかったひとのための地下の部屋に私もいたが、そこさえ混雑していた。今年の参加者が去年より多かったわけではないのに、どういうわけかもっと混雑している感じがした。

One result of this focus was that it felt more like a single- or dual-track conference. From Tuesday through Friday, WWDC generally has a dozen or even two dozen simultaneous sessions in each slot. But the big ones — the more general-purpose, applies-to-any-iOS-developer sessions — were really crowded. It wasn’t unusual to have to wait in a 10 minute line just to get into the room. And on Monday, the afternoon “State of the Union” sessions were all filled to capacity. I was in an overflow room downstairs, and even the overflow rooms were crowded. There weren’t more attendees this year than last, but it somehow felt a lot more crowded.

アップルが重要視しているもの

今年の WWDC の内容が非常に限定されていたのは、アップル自身の今の考え方を反映しているのだと思う。これほどひとつのことに絞った WWDC は二度とないだろう。

The tight focus of the conference was, I think, a reflection of the current focus of Apple itself. We may never see such a single-minded WWDC again.

     *     *     *

Grand Central Dispatch とブロック

AV Foundation[オーディオ機能のためのフレームワーク]についていえば、GCD[Grand Central Dispatch]にはいたるところでお目にかかった。アップルの新 API は、コールバック[callback]には必ずブロック変数[blocks]を使用する。これは2つの OS[Mac OS と iOS]で動く未来のココアアプリで用いられるデザインパターン[design pattern]なのだ。

Speaking of AV Foundation, Grand Central Dispatch is becoming pervasive. New APIs from Apple use blocks wherever there’s a callback. This is the design pattern of the future for Cocoa apps on both OSes.

マルチコア CPU のためのプログラミング

興味深い(少なくとも私にとって)のは、もともと GCD およびブロックは、マルチコア CPU の問題を解決する方法としてアップルが喧伝したものだったことだ。iPhone 4 を含むすべての iOS デバイスはシングルコア CPU を利用している。しかし GCD およびブロックの素晴らしいところは、CPU コアがいくつになろうと・・・たとえ1つであっても、それを効率的に利用できる点だ。このためプログラミングのデザインパターンは、コンテキストパラメータ[context parameter]を含むコールバックルーチンの場合よりもクリーンなコードになる。コールバックとコンテキストがブロックの中にカプセル化されるためだ。

What’s interesting (to me at least) is that GCD and blocks were originally pitched by Apple as their solution to the problem of how to take advantage of multicore CPUs. But all iOS devices, including the iPhone 4, use single-core CPUs. But thatユs the beauty of GCD and blocks: it makes efficient use of any number of CPU cores, including just one. And the programming design pattern results in cleaner code — rather than having a callback routine with a context parameter (containing information pertaining to the current state), the callback and the context are encapsulated together inside the block.

マルチコア CPU になったとき

私が話をしたデベロッパたちはとても気に入っていた。いってみれば、GCD でマルチコア CPU を効率的に利用できるプログラムが作れるのはおまけだ。いずれ iOS デバイスがマルチコア CPU を持つときもくるだろうが、そのあかつきには iOS 4 のために書かれたアプリはすでにそれが利用できるようになっているというわけだ。

The developers I spoke to who are using it already really like it. If anything, it’s a bonus that GCD works so well to create programs that make efficient use of multicore CPUs. And eventually we will get multicore CPUs in iOS devices, and when that happens, apps written for iOS 4 will already take advantage of them.

     *     *     *

絞られた焦点と GCD という2つの項目を紹介した。

iOS に絞られたのはアップルがいま何を最重要課題と考えているかを示すものだという点と、このところ耳にすることの少なかった GCD が実用の域に達しているという点が特に興味深かかった。

ほかにも出席者、ビデオ、Mac OS X 10.7、iPhone 4、App Store の審査、FarmVille for iPad デモ、iMovie for iPhone などが取り上げられている。

原文を見る:Original Text

     *     *     *
     *     *     *

追記;WWDC のセッションビデオ(6月20日)

セッションビデオについては、冒頭の画像からリンクを張っただけだったが、興味をお持ちの方が多いようなのでビデオの部分の訳も追加した。[Thanks:AppBank]

     *     *     *

セッションビデオ

これまでは WWDC セッションビデオが公開されるまで2か月ないしそれ以上かかった。去年は WWDC 終了後3週間で公開された。そしてなんとなんと、今年は昨日公開された。WWDC 終了後たった6日しか経っていない。この短い感想をまとめる前に、アップルはビデオを公開してしまった。

Used to be it took two months or even longer for Apple to release videos of the sessions from WWDC. Last year, they released them just three weeks after the conference ended, and lo, there was much rejoicing. This year, the videos were released yesterday, just six days after the end of the conference. Apple released the videos before I got around to finishing this little wrap-up.

     *     *     *

選択の自由度

これが WWDC のダイナミズムに与える影響は甚大だ。ひとつには、セッションを飛ばしても、あるいは出席するつもりでも売り切れで事前登録ができなかった場合でも、それによるペナルティーをほとんど受けないということだ。それからまた、実際にセッションに出席したひとにとっても、セッションを飛ばしたり、より興味のあるセッションを二つ中から選ぶときでも大きなプレシャーを感じずに済むということだ。

This turnaround changes the dynamics of WWDC significantly. For one thing, there’s not nearly so much of a penalty for those who skip or who wished to attend but didn’t register before the sellout was announced. For another, even for attendees, it no longer seems like a big deal to skip sessions, and I feel less pressure when deciding between two (or more) concurrent sessions of interest.

     *     *     *

無料提供

さらに重要なことは、今年のビデオはすべての登録デベロッパに対し無料で提供されていることだ。以前なら 500 ドル払う必要があった。単純計算でいえば、モスコーニ・ウェストには 5200 人しか収容できないが、アップルが参加して欲しいと考えたデベロッパは 5200 人以上いたということになる。

And, more significantly perhaps, this year the videos are available free of charge to all registered Apple developers. Previously, you had to pay at least $500 for access. The simple math is that there’s only room at Moscone West for 5,200 attendees, but there are way more than 5,200 developers whom Apple wants to have access to these sessions.

     *     *     *

そして WWDC のセッションビデオは、こちらから無料でダウンロードできる。ただし、アップルの登録デベロッパに限るが・・・

Apple Developer: “WWDC 2010 Session Videos”

Technorati Tags: , , , ,

Read Full Post »

Apple releases warm developer video with a few digs at Android – YouTube]

WWDC のデベロッパ向けに作られたとおぼしきビデオがおもしろい。

アップルから iPad デベロッパへのラブソングになっているのだ。

Fortune Tech: “Apple: Write apps for us, not for them!” by Philip Elmer-DeWitt: 14 June 2010

     *     *     *

あなたはどちら?

これを見て心温まる思いがするか、それともギャグとしか思えないか、それはあなたがアップル流の自己満足センチメンタリズムをどう考えるかによる。

Here’s something that will either warm your heart or make you gag, depending how you feel about Apple’s (AAPL) penchant for self-congratulatory schmaltz.

     *     *     *

著名デベロッパのオンパレード

たぶん先週の WWDC 出席者を教化するために作られたと思われるこの5分間のビデオには、成功を収めた著名なデベロッパがぞくぞく登場する。ざっと名前を挙げれば、Nicholas Callaway[Callaway]、Calvin (“NPR”) Carter[Bottle Rocket]、Tom Conrad[Pandora]、Skarpi Hedinsson[ABC TV]、Carl (“Labyrinth”) Loodberg[Illusion Lab]、Theodore (“The Elements”) Gray[Wolfram Research]といった面々だ。彼らはつぎつぎとアップル SDK のすばらしさをほめそやし、アップル以外のために開発することの危険性を説く。

It’s a five-minute video shot, we presume, for the edification of the attendees at last week’s Worldwide Developers Conference. It features a parade of high-profile, highly successful developers — Callaway’s Nicholas Callaway, Bottle Rocket’s Calvin (“NPR”) Carter, Pandora’s Tom Conrad, ABC TV’s Skarpi Hedinsson, Illusion Lab’s Carl (“Labyrinth”) Loodberg, and Wolfram Research’s Theodore (“The Elements”) Gray — extolling the wonders of Apple’s SDK and the perils of developing for anybody else.

     *     *     *

夜と昼みたいに

「ほかのプラットフォームも実際にしばらく使ってみたけれど・・・」とビデオの中で Carter はいう。「夜と昼みたいに大違いだ。ユーザーにとってより難しく、パワー不足で、適当なツールもない。配信するネットワークもない。ハードとソフトの規格もない。」

“We’ve actually spent some time working with other platforms,” says Carter at one point. “It’s a night and day difference. They’re more difficult for the user. They don’t have the power or the tools available. They don’t have the distribution network. They don’t have the standards, both in hardware or in software.”

     *     *     *

細分化された Android

Hendinsson は匿名の競合機種について「端末がバラバラに細分化されているといってもいい」と助言する。グーグル Android のことを指しているのは誰の目にも明らかだ。「そのため多くの問題がデベロッパにとって生じる。いまや開発のターゲットは個々のデバイスなのだから・・・」

“It is that handset fragmentation, if you will,” adds Hendinsson helpfully, speaking of an unnamed competitor that everybody understands is Google’s (GOOG) Android, “that causes developers a lot of problems. Because you are now targeting individual devices.”

     *     *     *

十分成熟したアップル API

アップル陣営という地の利を生かして、Conrad はつぎのように売り込む。

Then, just to nail down Apple’s home-court advantage, Conrad pitches in:

「デベロッパツールのアップル API は、2年前に出来たなんてものではなく、もっとずっと成熟したものであることはハッキリしている。」

“It’s really evident in Apple’s APIs, in the developer tools, that you’re working with something really mature, not something that was invented two years ago.”

     *     *     *

どうやらアップルのデベロッパへの攻勢が本格的に始まったようだ・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , , ,

Read Full Post »

Wwdc 2010

モスコーニ・ウェスト – gdgt]

WWDC が2つに分かれるかもしれないというフランスのウワサを MacRumors が取り上げている。

MacRumors: “Apple Considering Separate WWDC Conferences for Mac and iOS?” by Eric Slivka: 11 June 2010

     *     *     *

2つの異なる WWDC

フランスの Hardmac が、アップルにいる信頼すべき情報筋のひとりから、WWDC が Mac OS X と iOS を内容にするものに分かれて毎年行なわれるようになるかもしれないという情報を得たといっている。

Hardmac reports that it has received information from one of it most reliable sources at Apple indicating that the company could offer two Worldwide Developers Conferences per year, separating Mac OS X and iOS content into individual events.

「アップルにいる我々の最も信頼すべき情報筋のひとりが、アップルは毎年2つの異なる WWDC を組織することも出来るといっている。ひとつは iOS、iPhone、iPad、iPod に特化したもの、もうひとつは Mac OS X および Mac に特化したものだ。」

“One of our most reliable sources at Apple told us that the company could decide to organize two different WWDC every year, one dedicated to the iOS, iPhone, iPad, iPod, etc… and the other one to Mac OS X and the Mac.”

2つの異なる WWDC を「組織することも出来る」といういい方なので、アップルが実際にそうするつもりなのか、それとも単に考え方を述べただけなのかはっきりしない。

The report’s choice of words to say that Apple “could” offer two WWDCs makes it unclear whether there are actual thoughts of Apple making this happen or if it is simply an idea that has been tossed out.

     *     *     *

単なるタイミングの問題

今年の WWDC は iOS に焦点を絞ったことが特徴的だった。キーノートも、デベロッパセッションも、また Apple Design Awards から Mac OS X アプリケーションを割愛したことにもそれは明らかだ。焦点が変わったのは単にタイミングの問題だとアップルはいう。新しい iPhone や iPad がまだ記憶に新しいうちに新しい機能をくり出したのだと。一方 Mac プラットフォームは、Mac OS X Snow Leopard が十分定評を得ているものの、Mac OS X 10.7 は発表の準備ができておらず、まだ開発中というわけだ。

This year’s WWDC has been notable for its focus on iOS, as evidenced by the keynote’s focus, mix of developers sessions, and the axing of Apple Design Awards for Mac OS X applications. Apple has indicated that the shift focus is simply a timing issue, with the new iPhone and iPad fresh in people’s minds and rolling out new features while the Mac platform remains in the middle of a cycle with Mac OS X Snow Leopard well established and Mac OS X 10.7 not yet ready to show.

     *     *     *

それでも売り切れ

Mac OS X の部分を割愛したにも関わらず、今年の WWDC は8日間で売り切れ、 5000 人を超える参加者が今週サンフランシスコのモスコーニ・ウェストを埋め尽くした。

Even with the scaling back of Mac OS X this year, the conference sold out in only eight days with over 5,000 registrants packing the Moscone West convention center in San Francisco for the event this week.

     *     *     *

iOS デバイス[iPhone、iPad、iPod]と Mac の開発サイクルは同じではないので、同時に両方をやるのは確かにムリがある。

ありそうなウワサではある・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *
     *     *     *

追記:Jobs のメール

Completely Wrong

Steve Jobs to Dennis Sellers

前掲のウワサと、Double KO 氏が紹介している Jobs のメールを併せ読むと興味深い。

詳しくは Macin’ Blog をご覧ください。

Macin’ Blog: “Jobs曰く,全く以てMacは死んでない” by Double KO: 12 June 2010

     *     *     *

Jobs とのメールのやりとりは次のとおり。

MacStories: “Steve Jobs On The Death of the Mac: ‘Completely Wrong’” by Federico Viticci: 10 June 2010

     *     *     *

Dennis SellersMacsimum News]から Jobs あて:

拝啓、ジョブズ様

ニューズウィークが、マックは「過去のクソの塊に成り下がった」とマックの死亡記事を書いています。[参考 URL]

この記事は間違いであって欲しい。マックはアップルの未来および多くの製品群のひとつとして活力に満ちた、重要な存在であり続けることを信じ、かつ希望します。

マックにはこれからも長く重要な歴史があるとあなたはお考えでしょうか?

Dennis

Mr. Jobs,

Newsweek just ran an “obituary” for the Mac [/URL/] saying the Mac has been “relegated to the steam dung of the past.”

I hope he’s wrong. I believe amd hope that the Mac will remain a vibrant, vital part of Apple’s future and one of its (admittedly many) product lines.

So, as you view it, does the Mac have a long and important history ahead of it?

Dennis

     *     *     *

Steve Jobs の返事:

完全な間違いだ。しばらく待っていて欲しい。

私の iPhone から送信

Completely wrong. Just wait.

Sent from my iPhone

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »

FaceTime video – Apple]
Apple iPhone 4 FaceTime commercial – YouTube]

アップルの FaceTime コマーシャルは何度見てもすばらしい。さすが Sam Mendes 監督の腕は冴えている。

多くのひとが心動かされたようだ。読者の hiloshi 氏もすてきなコメントを寄せてくださった。

心を動かされたひとりに Gina Trapani がいる。

Smarterware: “Lessons from Apple on Advertising and Aesthetics” by Gina Trapani: 08 June 2010

     *     *     *

ビデオチャットなんて

まず背景について少し触れておくと、先日の Google I/O で私がもらった Sprint EVO には前面カメラがついているので、たぶんビデオ・チャットもできるのだと思う。これまで試したことはないけれど・・・・。ビデオチャットなんて「なんで?」というのが私の気持ち。私は電話で話すのがキライだ。ましてや話し中の私を相手に見せるなんてウンザリだ。ビデオチャットのために顔の前に電話を掲げて外を歩くなんて想像もできない。

First, some background. I got a Sprint EVO at Google I/O which has a front-facing video camera, and presumably the ability to do video calls. So far, I haven’t tried it. My general feeling about video calling is “Why?” I hate talking on the phone, so giving someone else the ability to see me while I talk on the phone seems like a yawner. I can’t imagine walking around holding my phone out in front of my face to do a video call.

     *     *     *

極めつけのシーン

そして・・・アップルの FaceTime ビデオを見たのだ。赤ちゃんや恋人たち、卒業式の衣装をつけた孫を見る祖父母、新しいブーツを見せる友だち、お互いに手話を交わす聴覚障害者、そして私がぐっと来た極めつけのシーンだ。イラクかアフガニスタンにいると思われる兵士が、ベッドに座って手に持った iPhone でビデオチャットを交わす。相手は母国の病院にいる妊娠中の妻(恋人)で[注:指輪から夫婦であることが分るとのコメントあり。Thanks:k_miya]、エコー診断を受けている。初めての我が子を見つめる兵士の目は大きく開いたまま・・・

Then I watched the FaceTime video from Apple, which features babies, people in love, grandparents seeing their grandkid in a cap and gown on graduation day, girlfriends showing off new boots, deaf people signing to one another, and the one killer scene that sold me. A soldier, presumably in Iraq or Afghanistan, sits on the edge of his bunk, holding out his iPhone, video-chatting with his pregnant wife/girlfriend at the hospital back home, who is getting an ultrasound. His eyes well up when he sees his kid for the first time.

     *     *     *

これぞアップル

たぶん自分が妊娠適齢期の女性のせいかもしれない。このシーンは(たとえそれが作り物だとしても)私にはぐっと来たのだ。これぞアップルのやり方だ。メモリーが何ギガバイト、CPU のスピードがいくら、アプリの数がどれだけ・・・そんなことをアップルはいわない。アップルはあなたのハートに訴える。人生の最も大切な瞬間にテクノロジーがいかにあなたの人生を豊かにしてくれるかということを訴えるのだ。

Maybe it’s because I’m a woman in my child-bearing years, but that scene–even as contrived as it was–laid me out. That’s the thing about Apple marketing. They don’t talk about how many gigabytes of memory or how many CPU cycles or how many apps (much). They aim for your heart, and show you how technology can make your life better during its most important moments.

     *     *     *

Droid の場合

Droid Does What

Droid のテレビコマーシャル

これと対照的なのが Droid のテレビコマーシャルだ。放映されるたびに2歳になる私の娘が怖がる。暗い雨の中でぐるぐる回るアプリの球体をロボットの手が突き刺す。人の姿はどこにもない。

Contrast this with the Droid ads, which actually scare my friend’s two-year-old daughter away from the TV when they come on. The dark, rainy background, the spinning globe of glowing apps, the robot hands poking at them, nary a human in sight.

Droid が何をいおうとしているのかサッパリ分らない。

Droid does. Does what? Show, don’t tell.

     *     *     *

高いレベルへ

新しい iPhone が正式に発表され、すばらしいソフトと明確なコミュニケーションによってテクノロジーと人生が関わるレベルを高く引き上げてくれたことはとてもうれしい。

I’m really glad the new iPhone has been officially announced, and that Apple continues to set the bar for beautiful software and clear communication about the intersection of technology and life.

     *     *     *

アップルはあなたのハートに訴える・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Gallery Iphone 4

とうとう iPhone 4 が発表された。

アップルの2つのビデオがその魅力を余すことなく語っている。

サッチモの曲にのった FaceTime のビデオが特に好きだ。

     *     *     *

FaceTime

Facetime Video-1

FaceTime video – Apple]
Apple – iPhone 4 – FaceTime – YouTube]

     *     *     *

iPhone 4

iPhone 4 video – Apple]
Apple – iPhone 4 – This changes everything. Again. – YouTube]

     *     *     *

WWDC キーノートを数時間後に控えた John Gruber が、感慨を込めてこの1年を振り返っている。

Daring Fireball: “One Year” by John Gruber: 07 June 2010

     *     *     *

素晴らしい1年

キーノートもあとほんの数時間後に迫った。今年の WWDC について私が心うたれるのは、特定のウワサでも、差し迫った発表でもない。iPhone HD でもなければ、見たこともない OS 4 の機能でもない。新しい Apple TV でもなければ、Safari が拡張 API と「Reader」モードを備えたものにアップデートされるということでもない。

It’s a few short hours before the keynote, and what strikes me about this year’s WWDC isn’t any specific rumor or impending announcement. Not the iPhone HD. Not the never-before-seen features in OS 4. Not the new Apple TV. Not the update to Safari with an extension API and メReaderモ mode.

私が心うたれるのはこういうことだ。1年前、同じホテルに泊まって、同じ WWDC の、同じキーノートを待っていた。iPad はまだウワサだけの存在だった。Steve Jobs は病気休暇中で、彼の命を救った肝臓移植手術から2か月しか経っていなかった。そうして今がある。iPad はコンピュータ業界を揺るがす大ヒットだ。(これも iPad を使って書いている。)アップルの時価総額はマイクロソフトを超えた。間もなく Steve Jobs はステージに登場する。人生の真っ盛り、しかも絶好調だ。

What strikes me is this. One year ago I was in the same hotel waiting for the same keynote to the same conference. The iPad was a distant rumor, and Steve Jobs was on medical leave, two months out from a life-saving liver transplant. Now here we are, and the iPad is an amazing industry-changing smash hit (I’m writing these words using one), Apple’s market cap has surpassed Microsoft’s, and Steve Jobs is getting ready to take the stage, in his prime and at the top of his game.

なんと素晴らしい1年だったことだろう!

It’s been one hell of a year.

     *     *     *
     *     *     *

追記:iPhone 4 に触ってみた印象

iPhone 4 ハンズオンの第一印象を John Gruber がまとめている。

Daring Fireball: “iPhone 4 Impressions and Observations” by John Gruber: 07 June 2010

     *     *     *

Retina ディスプレイ

キーノートのあと、メディアのために準備されたデモエリアで、実際に iPhone 4 に触ってみた。「Retina ディスプレイ」の解像度はアップルが自慢するだけあってすばらしい。テキストのレンダリングも高品質の印刷物みたいだ。アップルがキーノートで触れなかったことのひとつが、LCD ピクセルがタッチスクリーンの表面により近いということだ。現在の iPhone では(iPod や iPad も同じだが)、ガラスの表面と LCD の間にはさほどではないもののある程度の距離がある。そしてタッチスクリーンのガラスと LCD の間には薄い空気の層がある。もしディスプレイの下にホコリがはいれば、そのホコリはガラスと LCD の間の空気の層に存在することになる。

Apple had a demo area for the media after the keynote, so I got to spend some time hands-on with the iPhone 4. The resolution of the “retina display” is as impressive as Apple boasts. Text renders like high quality print. One thing that Apple didn’t mention in the keynote, though, is that the LCD pixels are much closer to the surface of the touchscreen. On existing iPhones (and iPods, and iPads), there is not a lot of distance between the glass surface and the LCD, but there is some. There’s also a very narrow amount of air between the touchscreen glass and the underlying LCD. If you’ve ever got a bit dust under your display, that dust is in the air between the glass and LCD.

     *     *     *

LCD とタッチスクリーンの融合

アップルの iPhone 4 デザインのプロモーションビデオでも少しだけ触れられているが、新しい製造工程によって LCD とタッチスクリーンを融合させることができた。したがって2つの間にはもはや空気は存在しない。この結果、iPhone 4 はガラスの下にホコリがはいるという問題に悩まされなくても済むハズだ。さらに重要なことは、よく見えるようになったことだ。iPhone の表面に画素が描かれているような効果のため、画素がガラスの下ではなく、ガラスの表面にあるように見えるのだ。信じられないほどの高画素密度と相まって、全体的印象は「印刷物そのもの」を見ているようだ。

It’s mentioned briefly in Apple’s promotional video about the design of the iPhone 4, but they’re using a new production process that effectively fuses the LCD and touchscreen — there is no longer any air between the two. One result of this is that the iPhone 4 should be impervious to this dust-under-the-glass issue. More importantly, though, is that it looks better. The effect is that the pixels appear to be painted on the surface of the phone; instead of looking at pixels under glass, it like looking at pixels on glass. Combined with the incredibly high pixel density, the overall effect is like メlive printモ.

     *     *     *

ディスプレイ視野

またディスプレイの視野もよくなっている。斜めからもディスプレイが見え、すばらしい。これまた印刷物みたいだ。まるで高級雑誌を手にしているかのようだ・・・

It also improved the field of view for the display — you can view the display from an oblique angle and it looks great. Again, like print. It’s like a glossy magazine come to life.

     *     *     *

そのほか iPhone 4 を実際にいじってみて感じたことをいくつか・・・

A few other tidbits I noticed during my hands-on time with the phone today:

薄くて幅が狭い

・3GS に比べて薄いだけでなく、iPhone 4 は幅が狭い。ディスプレイはデバイスのほとんど全面を占める。なのに手に持つと小さく感じる。

– In addition to being thinner than the 3GS, the iPhone 4 is narrower. The display spans almost the entire width of the device, and it feels smaller in your hand.

     *     *     *

すばらしい仕上げ

・仕上げは信じられないほどだ。高密度かつとても固く感じられる。

– The build quality is incredible. It feels dense and extremely rigid.

     *     *     *

iMovie

・iMovie for iPhone はメチャすごい。

– iMovie for iPhone is impressive as hell.

     *     *     *

カメラ

・平たいメタルエッジのせいで、カメラとして使うとよりカメラらしく感じる。

– The flat metal edge makes it feel much more like a camera when you’re using it as a camera.

・カメラについていえば、iPhone 4 のカメラは 3GS より広角のレンスを使っている。私の考えではいいことだと思う。大幅に広角というわけでなく、気付く程度だが・・・

– Speaking of the camera, the 4 has a wider angle lens than the 3GS camera. This is a good thing, in my book. It’s not a lot wider, but it’s noticeable.

     *     *     *

ステンレス

・ハードウェアデザインには最近アルミを多用してきたのに、iPhone 4 ではステンレススティールを使っているのは興味深い。追記:ステンレススィールはアンテナとして使えるが、アルミではそうはいかないという説明だった。

– After using so much aluminum in recent hardware designs, itユs interesting that theyユre using stainless steel for the iPhone 4. UPDATE: Stainless steel can be used as an antenna; aluminum canユt. Thatユs the explanation.

     *     *     *

フォント

・iBooks for iPhone のフォントには Georgia が加わった。iPad でもそうなるのではないか・・・

– iBooks for iPhone adds Georgia as a font choice. I presume that will come to the iPad version, too.

     *     *     *

iOS

・iPhone OS の名前を iOS と変えたのはいいことだ。

– Renaming the OS from iPhone OS to iOS is welcome.

     *     *     *

検索エンジン

・iOS 4 でもデフォルトの検索エンジンは Google だ。しかしメデイアのために準備されたハンズオンエリアのデモ機はすべて、検索エンジンが Bing に設定されていた。

– Google remains the default search engine in iOS 4, but on all the demo phones in the hands-on area for the media, the search engine was set to Bing.

     *     *     *
     *     *     *

追記2:みんなが一度に Wi-Fi を使うと・・・

Steve Jobs WWDC Keynote 2010 – WIFI issue – YouTube]

Google I/O と同じことが WWDC でも起きた・・・

・Long Tail World: “ジョブズ基調講演のWiFi禍:Steve Jobs keynote Wi-Fi meltdown” by Satomi Ichimura: 07 June 2010
・GigaOM: “Steve Jobs Survives Gizmodo, But Not MiFi” by Liz Gannes:  07 June 2010

     *     *     *
     *     *     *

追記3:ライブ中継・ポッドキャスト

Wwdc Slide

・Engadget: “Steve Jobs live from WWDC 2010” by Joshua Topolsky: 07 June 2010
・Engadget Japan: “速報:WWDC 2010 スティーブ・ジョブズ 基調講演“: 08 June 2010[Ittousai 訳]
・Macworld: “Live Update: WWDC Keynote” by Jason Snell and Dan Moren: 07 June 2010
・Macworld: “Slideshow: iPhone 4 debuts at WWDC 2010 Keynote“: 07 June 2010
・Macworld Podcast: “WWDC keynote highlights” [Macworld Podcast #198]: 07 June 2010
・gdgt live: “Live WWDC 2010 keynote coverage” by Ryan Block: 07 June 2010

     *     *     *
     *     *     *

追記4:Steve Jobs WWDC 2010 キーノート

One More Thing

Apple: “WWDC 2010 Keynote Address” [QuickTime]: 08 June 2010

1時間50分に及ぶキーノートを最後まで引っぱる Jobs のエネルギーが印象的。確かに Jobs は絶好調だ。

Iad

特に熱が入っていたのが iAd の部分。[1h18:00 ごろから]ニッサンの広告も上出来だ。

「みんなに稼がせるため」(help you earn money)と繰り返すところがおもしろかった。

Jony Smile

もうひとつ熱の入っていたのが「One more thing… = FaceTime」の部分。[1h29:00 ごろから]Jony Ive の笑い顔なんて初めて見た。

また、Wi-Fi の使用を続けるかそれともデモを見るかと迫るところもオモシロかった。[1h00:00 ごろから]

やっぱり Jobs のキーノートは直接見るに限る・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記5:アップルの横綱相撲(6月10日)

おもしろい!

【本田雅一の週刊モバイル通信】: “iPhone 4に見るアップルの横綱相撲” by 本田雅一: 09 June 2010

     *     *     *

やることさえやれば負けない

 ただ今回のiPhone 4のハードウェアアップデートは、他にもノイズキャンセリング用にマルチマイクにしてみたり、派手な機能の追加を狙うのではなく、何も言わずにアプリケーションが動くプラットフォームとしての優秀性を高める方向での開発が行なわれているように感じられた。

 きちんとやることさえやれば負けない。横綱相撲的なリリースではないだろうか。いたずらに機能に走るのではなく、使用時のフィーリングを大切にしている感もある

     *     *     *

6カ月短縮はあるか?

 日本でも、このところのソフトバンクモバイル孫社長の言動を見る限り、ソフトバンクモバイル独占販売の可能性が高いと見る(今回の製品仕様を知っていたとするなら、相当な数をコミットしても売り切る自信を見せたのでは)。が、もし米国と同様に機種変更の縛り期間を6カ月短縮するようなオファーが出るようだと、あるいは別の携帯電話会社との競合があるとも考えられる。

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Skitched

リリースノート?

WWDC では Safari 5 Mac OS 10.6.4 が発表されるとフランス語サイト MacGeneration がいっている。

興味深いのは、情報の元となった「リリースノート」の画像[冒頭参照]が添えられていることだ。

内部文書と思われるその内容が詳細で興味深いので、真偽は別として Safari 5 に関する部分を以下紹介する。

MacGeneration: “Exclu : Mac OS 10.6.4 et Safari 5 pour la WWDC” by Anthony Nelzin: 05 June 2010

     *     *     *

Safari 5 のアップデートには次のような機能が含まれる:

This update contains new features including:


Safari Reader

Safari Reader:新しいリーダーのアイコンをクリックすると、シングルページに整頓された形でウェブ記事を見ることができる

– Safari Reader: Click on the new Reader icon to view articles on the web in a single, clutter-free page.

     *     *     *

パフォーマンス

・パフォーマンスアップ:Safari 5 Safari 4 より 25% 速いスピードで JavaScript を実行する。ページキャッシングの向上と DNS プリフェッチ[リンクなどの IP アドレスの解決を先にしておくこと]によってブラウジングが高速化する。

– Improved Performance: Safari 5 executes JavaScript up to 25% faster than Safari 4.  Better page caching and DNS prefetching speed up browsing.

     *     *     *

Bing を追加

Bing を検索オプションに追加:Google および Yahoo! に加えて、新しく Bing のオプションが検索フィールドに追加される。

– Bing Search Option: New Bing search option for Safari’s Search Field, in addition to Google and Yahoo!.

     *     *     *

HTML5 サポートを強化

HTML5 サポートを強化:Safari は1ダースを超える新しい HTML5 機能をサポートする。GeolocationHTML5 ビデオのフルスクリーン、HTML5 ビデオの字幕、HTML5 AJAX 履歴、EventSourceWebSocketHTML5 draggable 属性、HTML5 form 検証、HTML5 Ruby など。

– Improved HTML5 support: Safari supports over a dozen new HTML5 features, including Geolocation, full screen for HTML5 video, closed captions for HTML5 video, HTML5 AJAX History, EventSource, WebSocket, HTML5 draggable attribute, HTML5 forms validation, and HTML5 Ruby.

     *     *     *

デベロッパツール

Safari デベロッパツール:ウェブインスペクタに追加された新 Timeline パネルによって、パネル間のスイッチを高速化するショートカットが分る。

– Safari Developer Tools: A new Timeline Panel in the Web Inspector shows how shortcuts make it faster to switch between panels.

     *     *     *

情報の出所は「我々が得たリリースノート」(ces notes de version que nous avons obtenu)としか述べられていないが、フランス語の中でリリースノートの部分だけが英文表示となっていて、何かをコピーしたことを窺わせる。

リリースノート(?)が内部文書の一部ではないかと疑われる所以だ。

フランスのサイトにはときどき内部文書らしきものがリークされるので要注意・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »

Gizmodo Shunned

Gizmodo Shunned By Apple

次世代 iPhone の故買事件警察の捜査が始まったギズモードが、WWDC への通行証をもらえず助けを求めている。

Gizmodo: “At This Monday’s Apple Keynote? Help Us Liveblog” by Brian Lam: 04 June 2010

     *     *     *

ま、当然だが、月曜午前10時の WWDC キーノートに出席したいという我々の求めにアップルが回答をよこさない。でもニュースはちゃんとカバーしてやる。誰かわれわれを助けたいものはいないか?

It’s no surprise: Apple has not responded to our requests to attend the WWDC keynote on Monday at 10am PST. But we’ll still cover the news. Want to help?

     *     *     *

終始ギズモードの取材方法に批判的だった John Gruber が、皮肉タップリなコメントをしている。

Daring Fireball: “Gizmodo Denied Press Passes for WWDC Keynote” by John Gruber: 04 June 2010

     *     *     *

WWDC の出席者よ、くれぐれも注意して! 日曜夜にバーにいったら、カンファレンスの通行証はなくさないように!

WWDC attendees, be warned: guard your conference badges Sunday night if you’re at a bar.

(ギズモードの編集者がスマートなら、ほんとにキーノートに出席したいのであれば WWDC 通行証をカネで買っているはずだ。もちろん仮定の話だが・・・)

(If Gizmodo’s editors were smart, they’d have purchased WWDC conference badges if they wanted to attend the keynote. But of course, that’s a big “if”.)

     *     *     *

みんなの期待をのせて、いよいよ月曜日[米国時間]には WWDC が始まる・・・

Technorati Tags: ,

Read Full Post »

Iphone Hd 4G Wwdc 2010

iPhone 4G?

Jobs の WWDC キーノートも確定して、いよいよウワサエンジン全開だ。

Safari の機能拡張があるという MacNN の予想も飛び出してきた。

MacNN: “Safari extensions to be announced at WWDC?“: 25 May 2010

     *     *     *

機能拡張 API

アップルは Safari に拡張機能(extension)のサポート追加を準備中だと  John Gruber[Daring Fireball]がほのめかしている。「Chrome や Firefox と比べてもうひとつ Safari に大きく欠けているのが、ちゃんとした機能拡張 API[extension API]だ。もしすぐにでも開発者会議がありさえすれば、そんなものを発表できるのだろうけれど・・・」。普通ならこんな言い方をすれば憶測にすぎないと思われてしまうところだが、インサイド情報をほのめかすのが Gruber のやり方だ。

Apple may be preparing to update Safari with extension support, Daring Fireball’s John Gruber hints. “The other big thing that’s missing (compared to both Chrome and Firefox) is a proper extension API,” says the writer. “If only Apple had an imminent developer conference where they could unveil such a thing.” While such a statement would normally be considered speculation, Gruber often phrases inside information in an insinuating manner. Apple’s WWDC 2010 event is scheduled to start June 7th.

     *     *     *

WWDC で発表か

Safari 4 に欠けているものでもっとも顕著なのが拡張機能だ。拡張機能はいろいろなテーマの外観に変えるのにも使えるが、ウェブサイトやブラウザに新しい機能を追加するのにも使える。アップルは過去にも何度か WWDC の場で Safari のアップグレードを行なった。2007 年の Safari 3 ベータや 2009 年の Safari 4 最終版がそうだ。

Extensions are now one of the more noticeable gaps in Safari 4’s features. Although they can be used simply to apply cosmetic changes in the form of themes, they can also be exploited to add new functions to existing websites, or a browser in general. Apple has used WWDC to announce Safari updates several times in the past, including the first Safari 3 beta in 2007, and the final version of Safari 4 in 2009.

     *     *     *

MacNN のネタとなった John Gruber のコメントは、もともとは Google Chrome に対する感想をのべたものだが、それ自体がおもしろい。

Gruber がちょっとほのめかしたことに MacNN がのったわけだ。

Daring Fireball: “Google Chrome for Mac and Linux Is Out of Beta” by John Gruber: 25 May 2010

例年 WWDC で発表される iPhone の新モデルについては、Engadget のスクープがある。次期モデルではビデオチャットが可能になるというものだ。そのためのコマーシャルを 「アメリカン・ビューティー」の Sam Mendes 監督が撮影中だという。

Engadget: “Confirmed: Apple’s next iPhone will have video chat, feature to be shown in ads directed by Sam Mendes” by Joshua Topolsky: 24 May 2010
Engadget Japan: “新 iPhoneはビデオ通話対応、CMはサム・メンデス監督“: 24 May 2010[Ittousai 訳]

他にも Wal-Mart が 16GB iPhone 3GS の価格を火曜日にもほぼ半額の 97 ドルに引き下げるという話を CNNMoney.com が伝えている。

CNNMoney.com: “Wal-Mart slashes iPhone price to $97” by Chavon Sutton: 25 May 2010

また、8 GB iPhone 3G が払底して出荷できなくなっているとも MacRumors が伝えている。

MacRumors: “iPhone 3G Supplies Begin to Run Dry Ahead of WWDC” by Eric Slivka: 24 May 2010

いちばんお粗末なのが NY タイムズだろう。

Gizmodo暴露ネタベトナムからのリークビデオ、4G 白モデルのリーク写真など、もっぱらウワサ系のリークネタを紹介したあと、WWDC で Jobs が「話すことが何か残っているのだろうか」という。

取材能力を持った一流大手紙とはとても思えない記事だ。

NYTimes.com [Bits Blog]: “Can Apple’s Jobs Still Wow After Leaks?” by Nick Bilton: 24 May 2010

どうやらアップルネタに関する限り一流紙といえどもアップル系サイトには敵わないということか・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:Verizon iPhone(5月29日)

WWDC では Verizon iPhone の発表はない。

The Loop: “Analyst: Apple will not release a Verizon iPhone at WWDC” by Jim Dalrymple: 26 May 2010

I don’t expect to see a Verizon-compatible iPhone until early 2011 and that’s assuming everything remains equal. Changes to development could push that timeframe back even further.

     *     *     *

追記2:MobileMe は無料にすべき(5月29日)

アップルがグーグルとの競争に負けないためには、MobileMe をタダにしてクラウド戦略の中心におくべきだ。

Sachin’s Posterous: “To compete with Google, Apple has to make Mobile Me free” by Sachin Agarwal: 24 May 2010

Apple needs to follow Google’s lead. Why do I need to USB sync my new iPhone or iPad with iTunes before I can use it? I blogged about this before. Mobile Me should be the true hub for all your data, while your laptop should be just another client device with equal rights as your iPhone or iPad. All your devices should sync with the cloud.

But for Mobile Me to be this hub, and for Apple to maintain their dominance on the mobile front against Google, they must make Mobile Me free. Until they do this, Google will have better cloud integration with their mobile devices.

     *     *     *

追記3:クラウドベースの iTunes(5月29日)
Patent 100527
Cloud-based?

アップルの特許申請からみると、クラウドベースの iTunes を検討していることが分る。

AppleInsider: “Apple investigating cloud-based media syncing, tagging on the go” by Neil Hughes: 27 May 2010

Apple’s expected future plans for a cloud-based iTunes could grant users the ability to sync media playback, allowing them to pick up where they left off, and tag media from other sources like HD and satellite radio, according to new patent applications.

     *     *     *

追記4:Ballmer WWDC キーノートに出るというウワサの顛末(5月29日)

マイクロソフトの Steve Ballmer が WWDC キーノートに出席してVisual Studio 2010 について話すというアナリスト Trip Chowdhry の話。

Barrons.com: “Apple: Will Steve Ballmer Show Up At The WWDC Keynote? Update: No, He Won’t” by Eric Savitz: 26 May 2010

Trip Chowdhry, an analyst with tiny Global Equities Research, contends that 7 minutes of the June 7 keynote by Apple CEO Steve Jobs has been blocked off for a presentation by Microsoft (MSFT) to talk about Visual Studio 2010, the company’s suite of development tools. Chowdhry says the new version of VS will allow developers to write native applications for the iPhone, iPad and Mac OS. And here’s the kicker: he thinks Microsoft’s presentation could be given by none other than Microsoft CEO Steve Ballmer. (Or if not, at least Bob Muglia, who runs Microsoft’s server and tools business.)

こんなクレージーな話は聞いたことがない。

Daring Fireball: “This Is the Craziest Thing I’ve Read in a While” by John Gruber: 26 May 2010

Steve Ballmer が話すからには、Silverlight for the iPhone のことに違いない。

ZDNet: “Is Silverlight for iPhone finally on its way?” by Mary Jo Foley: 27 May 2010

そんなことは絶対ない。Silverlight を Flash と置き換えて考えれば分る。

Daring Fireball: “Mary Jo Foley Thinks Silverlight Is Coming to the iPhone” by John Gruber: 27 May 2010

You could pretty much substitute “Silverlight” for “Flash” in Steve Jobs’s “Thoughts on Flash” — especially the sixth and, in Jobs’s words, “the most important reason”:

So I’d say no way in hell. What sense would it make for Steve Jobs to publish that in April and then announce Silverlight for iPhone in June? Think.

マイクロソフトのオフィシャルツィート

Steve Ballmer は WWDC でスピーチはしない。「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」番組にも登場しない。ベルモントで乗馬もやらない。ご参考まで。 ーー マイクロソフト

Steve Ballmer not speaking at Apple Dev Conf. Nor appearing on Dancing with the Stars. Nor riding in the Belmont. Just FYI.
Microsoft

こんなクレージーで嘘っパチな予想でも、「アナリスト」という肩書きがついていれば、額面どおり信じるひとがいるのを見ると驚きに耐えない。このテの話を長年みてきて、「アナリスト」情報の信用度は一般的にいって普通のものより低いことが分る。

Daring Fireball: “Told You It Was Crazy Talk” by John Gruber: 27 May 2010

It never ceases to amaze me the sort of crazy speculative bullshit people will take at face value if it’s attributed to someone whose job title is “analyst”. After following this stuff for so many years, I find that information from “analysts” is generally less credible than average.

     *     *     *

追記5:Apple TV(5月29日)

Apple TV はまだ開発中で WWDC で発表予定はないが、クラウドストレージ、iPhone OSベースで予価99ドル。

Engadget: “The next Apple TV revealed: cloud storage and iPhone OS on tap… and a $99 price tag” by Joshua Topolsky: 28 May 2010
Engadget Japan: “次世代 Apple TV iPhone OSベース、予価99ドル“: 28 May 2010[Ittousai 訳]
TechCrunch: “Report: Apple Prepping Cheap, Cloud-Based Apple TV For War With Google” by MG Siegler: 28 May 2010

大きな疑問・・・

Daring Fireball: “Engadget Gets Wind of K66, the iPhone OS-Based Next-Generation Apple TV” by John Gruber: 28 May 2010

大きな疑問・・・自分でも答は分らないが、インターフェイスがどうなるかということだ。直接のタッチインターフェイスにならないことは明らかだ。今でも Apple TV は iPhone/iPod Touch をリモートとして使うことができる。たぶんこれはオプションとして残るだろう。しかしアップルが 199 ドルのリモートが必要な 99 ドルのセットトップボックスを売るなんて想像できない。それに TV app ストアも出来るのだろうか? だとしたらそれは何時?(すぐじゃないだろうけれど。)ウェブブラウザはどうなる?

The big question — which I do not know the answer to — is what the interface is going to look like. It certainly can’t be a direct touch interface. You can already use an iPhone/iPod Touch as a remote for the existing Apple TV; presumably that’ll still be an option, but I don’t think Apple can sell a $99 set-top box that requires a $199 remote. And will there be a TV app store? If so, when? (Maybe not right away.) A web browser?

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

Moscone West At Night

Moscone West at Night – WWDC 2009

John Gruber が WWDC 2009 をふりかえって興味深い指摘をしている。iPhone OS が Mac OS X と肩を並べたというのだ。

Daring Fireball: “WWDC 2009 Wrap-Up” by John Gruber: 17 June 2009

     *     *     *

iPhone デベロッパの時代へ

今年の WWDC で象徴的だったのは「iPhone デベロッパのための Mac プログラミング」というセッションだった。なんといっていいのか分らないが、新たに iPhone の陣営に加わった新人デベロッパたちは Mac の開発についても熱心である証拠なのだろう。(時代は変わったものよ。)

This year, the emblematic session was titled “Mac Programming for iPhone Developers”. I’m not even sure what to say about that, other than to confirm that anecdotal evidence suggests that new-to-Apple iPhone developers are indeed very much interested in developing for the Mac now, too.

     *     *     *

Mac を凌駕する iPhone のスピード

誰の目にも、アップルが iPhone と Mac を同等に考えていることは明らかだった。それぞれのセッション数が同じだったからでもなければ、プラットフォームとしての Mac の成長速度が落ちたからでもない。それどころかマックの売り上げはこれまでないほど順調だ。そうなることを願っているが、デベロッパの間には Snow Leopard が過去最強の Mac OS X リリースになるだろうという強いコンセンサスがあった。Mac の伸びがいかに大きくても、iPhone の伸びはさらに大きいのだ。

On the whole, there was a palpable sense that the iPhone is a peer to the Mac in Apple’s eyes. This isn’t about counting how many sessions were devoted to each. Nor is it an indication that the Mac as a platform is slowing. Quite the opposite in fact — Apple is selling more Macs than ever, and, knock on wood, there’s a strong consensus amongst developers that Snow Leopard is going to be the best release of Mac OS X yet. It’s simply that for however fast the Mac is growing, the iPhone is growing far faster.

     *     *     *

Mac OS X から Core OS

この二つのプラットフォームは互いに密接に結びついて共生している。月曜のプログラムは静的なものだった。午前中のキーノートではプレスが出席、すべての公式発表が行なわれた。しかし午後からは、第2のキーノートともいうべき、デベロッパを正面から対象にしたものとなった。午前がマーケティングキーノートなら、午後はテクニカルキーノートといっていい。これまで記憶する限りテクニカルキーノートは「Mac OS X 一般教書」といっていいものだったが、今年はそれが「Core OS 一般教書」に変わったのだ。

But the two platforms are symbiotically intertwined. The Monday schedule at WWDC is static. In the morning comes the keynote, which the press attends and where all public announcements are made. After lunch, though, there comes what is effectively a second keynote, this time with material aimed squarely at developers. A technical keynote, as compared to the morning’s marketing keynote, if you will. This technical keynote has for as long as I can remember been titled “Mac OS X State of the Union”. This year the title changed to “Core OS State of the Union”.

     *     *     *

二つのデベロッパフォーラム

だから共生しているというわけだ。いまやアップルには二つの本格的デベロッパフォーラムがある。Mac OS X と iPhone OS のデベロッパフォーラムだ。しかもそれは核となるひとつのシステムから生まれたものだ。今年の WWDC ではどちらも同じように重要だった。2年前にはそのひとつがまだ出荷さえされていなかったことを考えれば、これは驚くべきことだ。

Hence the symbiosis: Apple now has two full-fledged developer platforms, Mac OS X and iPhone OS, derived from one core system. Neither felt more important than the other this year at WWDC, which is remarkable considering that one of them hadn’t even shipped two years ago.

     *     *     *

3年で Mac に取って代わる

成長のベクトル、すなわちそれぞれの成長率を考えてみよう。Mac デベロッパも参加しているが主体は iPhone デベロッパというように WWDC がなるのにどのくらい時間がかかるだろうか。来年はそうなると私は考える。いいかえれば、たった3年で Mac が占めるアップルのメインプラットフォームとしての地位を iPhone が取って代わるということだ。2011 年にはそれが明らかになる。

But look at their vectors — their relative rates of growth — and ponder how much longer until WWDC begins to feel like an iPhone developer conference with a Mac developer track. My answer: next year. In other words, I think it will have taken just three years for the iPhone to supplant the Mac as Apple’s primary platform. By 2011 it will be obvious.

     *     *     *

iPhone プログラミングの知識をなんとしても得たいと考える背景にはこれがある。

「One year later, Light-years ahead.」そうなりたい・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , ,

Read Full Post »

Older Posts »