Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Wi-Fi’ Category

01_500x335

米版iPhoneの日本での体験と、旅行客視点で見た東京のWi-Fiについて (1/2)|ASCII.jp

東京は無料のWi-Fiもすでに充実している
国内キャリアは海外に行く日本人をサポートしてほしい

広告

Read Full Post »

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Gallery Iphone 4

とうとう iPhone 4 が発表された。

アップルの2つのビデオがその魅力を余すことなく語っている。

サッチモの曲にのった FaceTime のビデオが特に好きだ。

     *     *     *

FaceTime

Facetime Video-1

FaceTime video – Apple]
Apple – iPhone 4 – FaceTime – YouTube]

     *     *     *

iPhone 4

iPhone 4 video – Apple]
Apple – iPhone 4 – This changes everything. Again. – YouTube]

     *     *     *

WWDC キーノートを数時間後に控えた John Gruber が、感慨を込めてこの1年を振り返っている。

Daring Fireball: “One Year” by John Gruber: 07 June 2010

     *     *     *

素晴らしい1年

キーノートもあとほんの数時間後に迫った。今年の WWDC について私が心うたれるのは、特定のウワサでも、差し迫った発表でもない。iPhone HD でもなければ、見たこともない OS 4 の機能でもない。新しい Apple TV でもなければ、Safari が拡張 API と「Reader」モードを備えたものにアップデートされるということでもない。

It’s a few short hours before the keynote, and what strikes me about this year’s WWDC isn’t any specific rumor or impending announcement. Not the iPhone HD. Not the never-before-seen features in OS 4. Not the new Apple TV. Not the update to Safari with an extension API and メReaderモ mode.

私が心うたれるのはこういうことだ。1年前、同じホテルに泊まって、同じ WWDC の、同じキーノートを待っていた。iPad はまだウワサだけの存在だった。Steve Jobs は病気休暇中で、彼の命を救った肝臓移植手術から2か月しか経っていなかった。そうして今がある。iPad はコンピュータ業界を揺るがす大ヒットだ。(これも iPad を使って書いている。)アップルの時価総額はマイクロソフトを超えた。間もなく Steve Jobs はステージに登場する。人生の真っ盛り、しかも絶好調だ。

What strikes me is this. One year ago I was in the same hotel waiting for the same keynote to the same conference. The iPad was a distant rumor, and Steve Jobs was on medical leave, two months out from a life-saving liver transplant. Now here we are, and the iPad is an amazing industry-changing smash hit (I’m writing these words using one), Apple’s market cap has surpassed Microsoft’s, and Steve Jobs is getting ready to take the stage, in his prime and at the top of his game.

なんと素晴らしい1年だったことだろう!

It’s been one hell of a year.

     *     *     *
     *     *     *

追記:iPhone 4 に触ってみた印象

iPhone 4 ハンズオンの第一印象を John Gruber がまとめている。

Daring Fireball: “iPhone 4 Impressions and Observations” by John Gruber: 07 June 2010

     *     *     *

Retina ディスプレイ

キーノートのあと、メディアのために準備されたデモエリアで、実際に iPhone 4 に触ってみた。「Retina ディスプレイ」の解像度はアップルが自慢するだけあってすばらしい。テキストのレンダリングも高品質の印刷物みたいだ。アップルがキーノートで触れなかったことのひとつが、LCD ピクセルがタッチスクリーンの表面により近いということだ。現在の iPhone では(iPod や iPad も同じだが)、ガラスの表面と LCD の間にはさほどではないもののある程度の距離がある。そしてタッチスクリーンのガラスと LCD の間には薄い空気の層がある。もしディスプレイの下にホコリがはいれば、そのホコリはガラスと LCD の間の空気の層に存在することになる。

Apple had a demo area for the media after the keynote, so I got to spend some time hands-on with the iPhone 4. The resolution of the “retina display” is as impressive as Apple boasts. Text renders like high quality print. One thing that Apple didn’t mention in the keynote, though, is that the LCD pixels are much closer to the surface of the touchscreen. On existing iPhones (and iPods, and iPads), there is not a lot of distance between the glass surface and the LCD, but there is some. There’s also a very narrow amount of air between the touchscreen glass and the underlying LCD. If you’ve ever got a bit dust under your display, that dust is in the air between the glass and LCD.

     *     *     *

LCD とタッチスクリーンの融合

アップルの iPhone 4 デザインのプロモーションビデオでも少しだけ触れられているが、新しい製造工程によって LCD とタッチスクリーンを融合させることができた。したがって2つの間にはもはや空気は存在しない。この結果、iPhone 4 はガラスの下にホコリがはいるという問題に悩まされなくても済むハズだ。さらに重要なことは、よく見えるようになったことだ。iPhone の表面に画素が描かれているような効果のため、画素がガラスの下ではなく、ガラスの表面にあるように見えるのだ。信じられないほどの高画素密度と相まって、全体的印象は「印刷物そのもの」を見ているようだ。

It’s mentioned briefly in Apple’s promotional video about the design of the iPhone 4, but they’re using a new production process that effectively fuses the LCD and touchscreen — there is no longer any air between the two. One result of this is that the iPhone 4 should be impervious to this dust-under-the-glass issue. More importantly, though, is that it looks better. The effect is that the pixels appear to be painted on the surface of the phone; instead of looking at pixels under glass, it like looking at pixels on glass. Combined with the incredibly high pixel density, the overall effect is like メlive printモ.

     *     *     *

ディスプレイ視野

またディスプレイの視野もよくなっている。斜めからもディスプレイが見え、すばらしい。これまた印刷物みたいだ。まるで高級雑誌を手にしているかのようだ・・・

It also improved the field of view for the display — you can view the display from an oblique angle and it looks great. Again, like print. It’s like a glossy magazine come to life.

     *     *     *

そのほか iPhone 4 を実際にいじってみて感じたことをいくつか・・・

A few other tidbits I noticed during my hands-on time with the phone today:

薄くて幅が狭い

・3GS に比べて薄いだけでなく、iPhone 4 は幅が狭い。ディスプレイはデバイスのほとんど全面を占める。なのに手に持つと小さく感じる。

– In addition to being thinner than the 3GS, the iPhone 4 is narrower. The display spans almost the entire width of the device, and it feels smaller in your hand.

     *     *     *

すばらしい仕上げ

・仕上げは信じられないほどだ。高密度かつとても固く感じられる。

– The build quality is incredible. It feels dense and extremely rigid.

     *     *     *

iMovie

・iMovie for iPhone はメチャすごい。

– iMovie for iPhone is impressive as hell.

     *     *     *

カメラ

・平たいメタルエッジのせいで、カメラとして使うとよりカメラらしく感じる。

– The flat metal edge makes it feel much more like a camera when you’re using it as a camera.

・カメラについていえば、iPhone 4 のカメラは 3GS より広角のレンスを使っている。私の考えではいいことだと思う。大幅に広角というわけでなく、気付く程度だが・・・

– Speaking of the camera, the 4 has a wider angle lens than the 3GS camera. This is a good thing, in my book. It’s not a lot wider, but it’s noticeable.

     *     *     *

ステンレス

・ハードウェアデザインには最近アルミを多用してきたのに、iPhone 4 ではステンレススティールを使っているのは興味深い。追記:ステンレススィールはアンテナとして使えるが、アルミではそうはいかないという説明だった。

– After using so much aluminum in recent hardware designs, itユs interesting that theyユre using stainless steel for the iPhone 4. UPDATE: Stainless steel can be used as an antenna; aluminum canユt. Thatユs the explanation.

     *     *     *

フォント

・iBooks for iPhone のフォントには Georgia が加わった。iPad でもそうなるのではないか・・・

– iBooks for iPhone adds Georgia as a font choice. I presume that will come to the iPad version, too.

     *     *     *

iOS

・iPhone OS の名前を iOS と変えたのはいいことだ。

– Renaming the OS from iPhone OS to iOS is welcome.

     *     *     *

検索エンジン

・iOS 4 でもデフォルトの検索エンジンは Google だ。しかしメデイアのために準備されたハンズオンエリアのデモ機はすべて、検索エンジンが Bing に設定されていた。

– Google remains the default search engine in iOS 4, but on all the demo phones in the hands-on area for the media, the search engine was set to Bing.

     *     *     *
     *     *     *

追記2:みんなが一度に Wi-Fi を使うと・・・

Steve Jobs WWDC Keynote 2010 – WIFI issue – YouTube]

Google I/O と同じことが WWDC でも起きた・・・

・Long Tail World: “ジョブズ基調講演のWiFi禍:Steve Jobs keynote Wi-Fi meltdown” by Satomi Ichimura: 07 June 2010
・GigaOM: “Steve Jobs Survives Gizmodo, But Not MiFi” by Liz Gannes:  07 June 2010

     *     *     *
     *     *     *

追記3:ライブ中継・ポッドキャスト

Wwdc Slide

・Engadget: “Steve Jobs live from WWDC 2010” by Joshua Topolsky: 07 June 2010
・Engadget Japan: “速報:WWDC 2010 スティーブ・ジョブズ 基調講演“: 08 June 2010[Ittousai 訳]
・Macworld: “Live Update: WWDC Keynote” by Jason Snell and Dan Moren: 07 June 2010
・Macworld: “Slideshow: iPhone 4 debuts at WWDC 2010 Keynote“: 07 June 2010
・Macworld Podcast: “WWDC keynote highlights” [Macworld Podcast #198]: 07 June 2010
・gdgt live: “Live WWDC 2010 keynote coverage” by Ryan Block: 07 June 2010

     *     *     *
     *     *     *

追記4:Steve Jobs WWDC 2010 キーノート

One More Thing

Apple: “WWDC 2010 Keynote Address” [QuickTime]: 08 June 2010

1時間50分に及ぶキーノートを最後まで引っぱる Jobs のエネルギーが印象的。確かに Jobs は絶好調だ。

Iad

特に熱が入っていたのが iAd の部分。[1h18:00 ごろから]ニッサンの広告も上出来だ。

「みんなに稼がせるため」(help you earn money)と繰り返すところがおもしろかった。

Jony Smile

もうひとつ熱の入っていたのが「One more thing… = FaceTime」の部分。[1h29:00 ごろから]Jony Ive の笑い顔なんて初めて見た。

また、Wi-Fi の使用を続けるかそれともデモを見るかと迫るところもオモシロかった。[1h00:00 ごろから]

やっぱり Jobs のキーノートは直接見るに限る・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記5:アップルの横綱相撲(6月10日)

おもしろい!

【本田雅一の週刊モバイル通信】: “iPhone 4に見るアップルの横綱相撲” by 本田雅一: 09 June 2010

     *     *     *

やることさえやれば負けない

 ただ今回のiPhone 4のハードウェアアップデートは、他にもノイズキャンセリング用にマルチマイクにしてみたり、派手な機能の追加を狙うのではなく、何も言わずにアプリケーションが動くプラットフォームとしての優秀性を高める方向での開発が行なわれているように感じられた。

 きちんとやることさえやれば負けない。横綱相撲的なリリースではないだろうか。いたずらに機能に走るのではなく、使用時のフィーリングを大切にしている感もある

     *     *     *

6カ月短縮はあるか?

 日本でも、このところのソフトバンクモバイル孫社長の言動を見る限り、ソフトバンクモバイル独占販売の可能性が高いと見る(今回の製品仕様を知っていたとするなら、相当な数をコミットしても売り切る自信を見せたのでは)。が、もし米国と同様に機種変更の縛り期間を6カ月短縮するようなオファーが出るようだと、あるいは別の携帯電話会社との競合があるとも考えられる。

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Wireless Circuitry

2G iPod Touch – wireless circuitry | iFixit

さっそく iFixit が新しい iPod Touch を分解した。

iFixit: “iPod Touch 2nd Gen First Look” by Kyle Wiens: 10 September 2008

それを見て Cult of Mac が iPhone と iPod Touch は紙一重だといっている。

Cult of Mac: “Confirmed: iPod Touch Can Support VoIP Calls” by Lonnie Lazar: 11 September 2008

     *     *     *

外部マイクをサポート

iFixit の Kyle Wiens は発表翌日の水曜日には iPod Touch を分解してしまった。彼の話では、Touch のヘッドフォンジャックに接続しているワイヤは5本(旧モデルでは4本)なので、一部のヘッドフォンに搭載された外部マイクをサポートするだろうという。

With 5 wires connected to the Touch headphone jack (instead of 4 on the previous model), the device now supports the external microphone included with some headsets, according to Kyle Wiens of iFixit, who fully dismantled an iPod Touch on Wednesday.

     *     *     *

VoIP の可能性

外部マイクを備えたアップルの新しいヘッドフォンのスペックが、新 iPod Nano や 120GB iPod Classic だけでなく iPod Touch もサポートするように見えたことから、iPod Touch で VoIP が可能になるのではないかという推測がなされるようになった。[VoIP:voice over internet protocol、携帯電話回線ではなくインターネットを使って音声データを送受信する技術]

Speculation about the possibility of VoIP (voice over internet protocol – a method for making and receiving voice communication over a connection to the internet, as opposed to the cellular telephone network) on the iPod Touch arose yesterday when the specifications of new Apple headsets with external mics appeared to include support for the iPod Touch in addition to the new iPod Nano and the 120GB iPod Classic.

     *     *     *

あとはソフトだけ

「VoIP が(Touch で)使えるのではないかというのでとてもワクワクしている。あとはソフトだけだ」と Wiens は語る。

“I’m very excited about the possibility of VOIP on [the Touch],”said Wiens. “Now we just need the software.”

     *     *     *

TruPhone のソフト

実はソフトはすでにあるといえるのかもしれない。VoIP 分野の老舗 TruPhone はすでに iPhone 用アプリを AppStore に出している。かつてアップルは携帯電話回線を使う VoIP アプリは認めないといったことがあるが、純然たる wi-fi ベースの通話システムならその検閲に引っかからずに済むかもしれない。そうなれば、iPhone と iPod Touch はほとんど区別できなくなるだろう。

The software may already be here, in fact. TruPhone, a venerable innovator in the VoIP field, already has an iPhone application in the AppStore. Apple has said it would not permit applications that run VoIP using cellular networks, but a purely wi-fi-based calling method could pass muster, making the iPod Touch a little less distinguishable from its iPhone sibling.

     *     *     *

iPod Touch は「電話機能の付いていない iPhone」の筈だが、VoIP を使ったインターネット電話ができることになれば、iPhone と iPod Touch はまさに紙一重ということか。

にわかに iPod Touch が違った姿で立ち現れるような気がする・・・

原文を見る

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

FON の背後にいる男

Martin Varsavsky

Martin Varsavsky | Matias Costa/The New York Times

FON を考え出した Martin Varsavsky によれば、FON とは「人民による電話会社」だそうだ。

“FON,” he said, “is like a telephone company built by the people,” he said.

未来のワイヤレスネットワークに賭ける Varsavsky の夢が興味深い。

もう一点興味深いのは、彼が Steve Jobs に会ったときの顛末だ。どうやら会談というより口論という雰囲気だったらしい。

New York Times: “Global Dreams for a Wireless Web” by John Markoff: 25 May 2008

     *     *     *

During that 90-minute meeting, Mr. Varsavsky says, the two men discussed why a partnership might make sense.

[…]  But, Mr. Varsavsky says, from the moment that he and Mr. Jobs met, their discussion devolved into an argument. (Mr. Jobs did not respond to requests to comment on the meeting.)

At the outset, Mr. Varsavsky recalled, Mr. Jobs asked sharply, “Who needs your community?” and “Why should British Telecom bother to do a deal with you, and why shouldn’t people just leave their routers open for sharing?”

Mr. Varsavsky says he responded, “Why should you bother to do a deal with AT&T? Shouldn’t iPhones just be connected freely with any cellphone network?”

Mr. Varsavsky says he left the meeting with the uncomfortable feeling that Apple might end up as a competitor rather than as a partner. But it wasn’t only because of Mr. Jobs’s legendary stubbornness that the Apple meeting apparently went awry. Mr. Varsavsky’s own substantial ego also came into play — something he freely acknowledges when he talks about how he first got into business.

     *     *     *

ワイヤレスの世界はまだまだ多くの冒険児を必要とするようだ。

原文を見る

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »