Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘VoiceOver’ Category

airplay_in_action.jpg

AirPlay in Action

なんの前触れもなく iOS 4.2 がリリースされた。プレスリリースを見ると、クリスマスシーズンに間に合わせるのがどうやら最優先課題だったようだ。

Apple [Press Release]: “Apple’s iOS 4.2 Available Today for iPad, iPhone & iPod touch”: 22 November 2010

     *     *     *

アップルのプレスリリース

「iOS 4.2 によって iPad はまったく新しい製品に変身する。クリスマスシーズンにもやっと間に合った」と Steve Jobs は語る。「iOS 4.2 によってまたもや iPad は多くのタブレットが到達しようとするゴールを再定義する。そこに到達できるものは、あるとしてもごく僅かだ。」

“iOS 4.2 makes the iPad a completely new product, just in time for the holiday season,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “Once again, the iPad with iOS 4.2 will define the target that other tablets will aspire to, but very few, if any, will ever be able to hit.”

     *     *     *

Macworld 誌は iOS 4.2 のすばらしい機能を10リストアップしているが、AirPlay については次のように述べている。

Macworld: “iOS 4.2: Ten great features”: 23 November 2010

AirTunes 機能を iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したもの

ドックとケーブルはもやは過去のものとなった。AirPlay があれば、Apple TV その他多数のホームシアターコンポーネントを備えた互換機能を持つデバイスに、iPhone や iPod touch、iPad から、簡単に音楽やビデオ、写真などをワイヤレスにストリーミングすることが可能になる。AirPlay は、オーディオを AirPort Express にストリーミングするこれまでの AirTunes 機能を、iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したものが中核になっている。AirPlay によってアップルはメディアを自宅や友人宅で楽しむレベルを引き上げたのだ。それだけではない。その戦略的な重要性に注目すべきだ。iOS デバイスと連携できる製品を作ろうとしているサードパーティにとってさらに連携すべき技術的理由が増えたことになる。iOS 4.2 出荷の数か月も前から家電業界は AirPlay をサポートすると発表している。

Cables and docks are so passé. With AirPlay, the iPhone, iPod touch, and iPad can wirelessly stream music, video, and photos directly to compatible devices, including the new Apple TV and an increasing array of home theater entertainment components. At its core, AirPlay is Apple’s old AirTunes feature for streaming audio to the AirPort Express expanded to iOS and third-party hardware. With AirPlay, Apple raises the bar for enjoying your media around the house or at a friend’s, but it’s also worth noting the strategic importance of the technology: it provides yet another technological hook for third parties looking to build products to work with iOS devices. Consumer electronics companies announced support for AirPlay months before iOS 4.2 was ready to ship.—DC

     *     *     *

John Gruber は AirPlay と VoiceOver の2つが最重要とみる。

Daring Fireball: “Apple TV 4.1 Software Update: AirPlay and VoiceOver” by John Gruber: 22 November 2010

AirPlay

2つの新しい機能。ひとつは AirPlay。AirPlay は Apple TV 2 にとってい真に重要なキーフィーチャーだ。初代 Apple TV はスタンドアローンの 200〜300 ドルもするデバイスで、テレビにとっては iPod 程度の役割だった。ところが新しい Apple TV は iPhone や iPad のための 99 ドルの周辺機器になるというわけ。iOS デバイスからテレビにビデオを流すにはどうすればいいのかって? すでに Apple TV をお持ちなら、プレイボタンを押すだけでいいのさ。

Two big new features. AirPlay is really the key feature in Apple TV 2. The original Apple TV was a standalone $200-300 device; more or less an iPod for your TV. The new Apple TV is a $99 peripheral for your iPhone and iPad. How do you get video from your iOS device to your TV? If you have an Apple TV, just hit play.

VoiceOver

もうひとつの VoiceOver についていうと、こんなレベルのアクセシビリティーを備えたホームシアターシステムが他にあるだろうか?

As for VoiceOver, does any other home theater system offer this level of accessibility?

     *     *     *

バックグラウンドで動く AirPlay

AirPlay in Action – Apple]

iOS 4.2 – AirPlay Demo – YouTube]

アップルの AirPlay デモビデオから、John Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “Apple’s Video Demo of AirPlay in Action” by John Gruber: 22 November 2010

究極のウリ

AirPlay のキラーフィーチャー[Killer feature:究極のウリ]、それはバックグラウンドで動くということだ。だから iPhone や iPad から Apple TV にビデオをストリーミングしながら、iPhone/iPad でウェブブラウジングすることもできる。もちろん iPhone/iPad のディスプレイをその間消しておくこともできる。

Killer feature: it works in the background, so you can use your iPhone or iPad to browse the web or check email or whatever while the video continues to stream from it to your Apple TV. Or you can just turn the iPhone/iPad display off.

     *     *     *

さあ、楽しみだ。

実際にアップグレードしたひとの話をはやく聞きたい・・・

★ →[ビデオを見る:Apple]

★ →[ビデオを見る:YouTube

広告

Read Full Post »

Ipad Voiceover

VoiceOver – 音声インターフェイス

視覚障害者によって書かれた iPad レビューが興味深い。

Associated Content: “iPad Review: From a Blindness Perspective” by Waldorf PC: 04 April 2010

     *     *     *

視覚障害者の iPad レビュー

iPad がいかにすばらしいかみんなが話題にしている。視覚障害者のわれわれもその例外ではない。なぜならアップルがすべての製品でアクセシビリティを可能にするよう取り組んでくれたおかげだ。そのおかげでわれわれ視覚障害者もホットでクールな話題を健常者と同じように楽しむことができる。・・・アップルに心から感謝したい。我々は暗闇に置き去りにされ、長い時間待たないとクールなガジェットを利用できず、手にしたときはもはやクールではなくなっていた。アップルがわれわれを仲間に加えてくれたおかげで、私もこの iPad レビューを書く最初の視覚障害者になれたのだから・・・

[…]  Just about everyone is talking about how hot the iPad looks and how they must have one. Us blind folks are no exception. Because Apple has done a spectacular job at integrating accessibility in all of their products in an effort to include the blind and other disabled individuals, us blind people can enjoy being a part of these hot trends and feel cool like our sighted peers.  […]  Thanks so much to Apple; we are not left out in the cold, being forced to wait a long period of time to have some cool gadgets in our hands long after the coolness has died out. And thanks so much to Apple caring enough about our inclusion; I’m able to provide a first person iPad review from a blindness perspective.

     *     *     *

VoiceOver

iPad は箱から取り出した時点ですでに 100% 利用可能だ。他の製品の場合は、サードパーティ製のソフトをインストールしないとちゃんと使えるようにならないので、その分追加コストがかかる。しかし iPad には「VoiceOver」テクノロジーが最初から組み込まれているので、iPad のすべての操作が可能なのだ。視覚障害者も健常者と同じコストで iPad が使えるようになる。VoiceOver とはスクリーン上のテキスト、メニュー、アイコンを音声で読み上げる音声インターフェイスのことだ。

The Apple iPad is one hundred percent accessible straight out of the box. Like many other products that require the blind to install third-party software in order to use them successfully, which requires more money to be spent, the iPad has Voiceover technology integrated into the device that enables all aspects of the iPad to be utilized. Blind individuals will spend the same amount of money as their sighted counterparts, and they can use the iPad like everyone else. For those who do not know, Voiceover is a screen reader that speaks all of the text aloud on the screen, as well as the menus and icons.

     *     *     *

タッチスクリーンはむずかしくない

タッチスクリーンはむずかしいのではないかと心配している仲間の視覚障害者にいいたい。まったくその心配は不要だ。スクリーン上を指でなぞれば、それぞれのオプションが読み上げられる。選択したいと思うオプションが読み上げられたら、ダブルタップすればそのオプションが選択される。視覚障害者にとっても iPad のタッチスクリーンは一切問題なく使うことができる。

For those blind individuals who are worried about the touch screen being difficult to use, there is nothing to worry about. Blind individuals can glide a finger over the screen, and as they glide their fingers, the options will be spoken aloud. When the users hear an option that they want to select, they can tap their fingers on that option twice, and the option will then be selected. There is no barrier to us blind folks using the Apple iPads touch screen.

     *     *     *

すべての機能を備えている

iPad はコンピュータのすべての機能(ごく例外的なものを除く)を備えている。ワードプロセッサ(Microsoft Word のファイルも互換)やEブックリーダー(無料の iBook アプリをダウンロードすれば各種Eブックを読むことができる。他所の無料のEブックを ITunes と同期することも可能で、VoiceOver を使えば音声で読み上げてくれる。)、インターネットサーフィンなどがそうで、一般のコンピュータと変わらない。

The Apple iPad has all of the functionality of a computer with very few exceptions. For example, the iPad possesses the capability of word processing (Even Microsoft Word files are compatible), the ability to read E-Books (The iBook application can be downloaded for free from the Apple Store, and this application enables you to read E-Books of many types. Free E-Books can be obtained from elsewhere and be synchronized with ITunes, and Voiceover can even be used to read these books aloud.), and the ability to utilize all aspects of the Internet, just the same as one would on a computer. […]

     *     *     *

同じコストで同じメリット

アップルが障害者のためにすべての面でアクセシビリティを可能にするよう取り組んだおかげで、視覚障害者の生活は大きく変わった。他のメーカーもこの例にならって、視覚障害者が健常者と同じコストで、同じユーザビリティを享受できるよう配慮してくれることを強く望みたい。アップルがわれわれを仲間に加えるという大きな一歩を踏み出したことで、私も健常者の仲間と同じように iPad を使うことができ、iPad の情報を障害者の仲間たちに伝えることができるのだ。なにより有難いことは、同じデバイスを使うためにさらに数百ドル、いや場合によっては数千ドルを費やす必要がなくなったことだ。

Apple has really changed the lives of many blind individuals by integrating accessibility in all things. I strongly feel that the rest of the electronic industry needs to follow in their footsteps, so us blind individuals can continue to enjoy equal usability at an equal price. Because Apple has taken this major step in including us, I’m able to sit and chill out with all of my sighted peers, use my iPad right along with them, and join other blind techs in providing information to our fellow blind peers about the device. Best of all, I did not have to spend hundreds, or even thousands of dollars, to make the device accessible in order for me to use it.

     *     *     *

いままで気付かなかった視覚障害者の視点には目を開かれる思いがする。

ここでも iPad の可能性は広がる!

ところで日本語についてはどうなのだろうか・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

New Ipod Shuffle

第3世代 iPod shuffle

話しかける iPod shuffle とは秀逸な発想だと思った。

飽和状態に達しているミュージックプレイヤーの売り上げにもうひとつ弾みをつける方法としてなかなか傑作だ。

それをローエンドから始めたところがアップルらしい。

     *     *     *

新機能が導入されると、ハイエンド、ローエンドを問わずすべての機種で使えるようにするのがアップルだ。では iPhone や iPod touch ではどうなるのだろうか。

小さな画面の iPhone/iPod touch にボタンひとつでテキストを読み上げる機能が加わわればこれは強力だ。英語でも、日本語でも、14か国語で読み上げてくれるというのだから実現したらうれしい。

目が弱くて昔から読み上げ機能が欠かせない筆者としてはこちらの期待が大きくなってしまう。

マルチタッチに加えて読み上げ機能が iPhone OS に加わったら、これは大きな武器だろう。そういえば3月17日には iPhone OS 3.0 が発表されるという。

     *     *     *

ひょっとしてウワサのアップルネットブックにもこの読み上げ機能が追加されるかもしれない。そうなったらこれは他のネットブックと大きく差別化できるポイントではないか。

新 iPod shuffle で導入された VoiceOver 機能が iPhone などの上位機種でどんな発展を遂げていくのか実に興味深い展開になった。

     *     *     *

Guided Tour

iPod shuffle ビデオガイド

それにしてもコントローラが本体からなくなったのにどうするのだろうと不思議に思っていたら、ビデオガイドを見てやっと使い方が分った。

コントローラをヘッドフォンケーブルに移行させてしまうアイデアにはいろいろ意見がありそうだ。ユーザーの反応はどうだろうか。

いまだに第1世代 iPod shuffle を愛用している筆者としてはあの物理的コントローラの感触が大好きなのだが・・・

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »