Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Twitter’ Category


The Dark Side of Real-Time News

昨日の Steve Jobs 死亡の誤報について JD Rucker が興味深い指摘をしている。

Soshable: “The Dark Side of Real-Time News” by JD Rucker: 10 September 2010

     *     *     *

光と陰

すべての善いことには悪い面がある。すべての陰には陽がある。ソーシャルメディアは情報が光のスピードで世界を巡るという素晴しい部分がある反面、ネガティブな面もあって、ときにその有効性そのものに疑いを抱かせることがある。

For every good, there is a bad. For every yin, there is a yang. For every wonderful aspect of the social media world that allows information to travel at the speed of light across the world, there is a negative aspect that creeps in and makes us question the validity of it all.

     *     *     *

二つの例

昨日その歴然たる例が二つ見られた。ひとつは、インターネットの最新情報を流す What’s Trending[CBS News の(元)パートナー]が、アップルの共同設立者 Steve Jobs が死んだというツィートを流したことだ。もうひとつは、ハッカーが NBC News の Twitter アカウントを乗っ取って、グラウンド・ゼロがハイジャック機で攻撃されたと書いたことだ。

Yesterday saw two glaring examples of this. First, What’s Trending, a (former) partner of CBS News that covered the latest and greatest on the internet, tweeted out that Apple Co-Founder Steve Jobs had died. Then, hackers took over the NBC News Twitter account and declared that Ground Zero had been attacked by a hijacked plane.

     *     *     *

真実と偽り

二つの出来事によって、インターネットはまるで津波のように揺れ動いたが、それも数分以上は続かなかった。我々が住むこの「現世界」(now world)にあって、真実と偽りとはどうやって見分けられるのだろうか?

Both events caused a tsunami of internet activity despite neither lasting more than a few minutes. In the “now world” in which we live, what can people do to know what’s real and what’s false?

     *     *     *

誰か(watchers)が必ず見ている

リアルタイムニュースの世界のスバラシイところは、誰かが(watchers:ウォッチャー)必ずいつも見ているということだ。これまでジャーナリストは Twitter で金鉱を発見し、さらなる手がかりとさらなる探求を行なってきた。Michael Jackson が亡くなったとき、スクープしたのは TMZ だった。より信頼すべきニュースソースが裏付けるまで、インターネットの大半はこの情報に動かされなかった。しかし誰もがこのニュースを見守っていたのだ。

The beautiful part of the real-time news world is that the “watchers” are always watching. Journalists have found a gold mine in Twitter that allows them to find leads and explore them further. When Michael Jackson died, TMZ broke the story. Most on the internet waited until a more credible news source corroborated the information before getting too moved by it, but everyone watched.

     *     *     *

さらなる情報を待つ

昨日の場合、両方とも信頼すべきソースに思われた。どちらも信頼すべきものであるハズだった。たったひとつの誤りやハッキングですべてを疑うのは正しくない。誤りは起きるものだ。ハッキングも起きる。Twitter やリアルタイムソーシャルメディアにニュースソースを頼っているひとたちが肝に銘ずべきは、さらなる情報を待つということだ。

In the cases yesterday, both sources were considered credible. Both should continue to be considered credible. One mistake/hack is not enough to truly shed full doubt. Mistakes happen. Hacks happen. The key for all of us out there who rely on Twitter and other real-time social media sources for our news is to wait for additional reports.

     *     *     *

リアルタイムニュースの安全装置

信憑性のあるソースであっても、真偽の判断はほかの「ウォッチャー」たちが触れるまでは保留すべきだということを昨日の例は示している。優れたジャーナリストは複数のソーソで確認する、あるいは自ら情報をチェックするものだ。NBC が確たるソースであるにも関わらず、それが本当かどうかを自らチェックするまではどこのニュースネットワークも報じなかった。これがあるべき姿であり、リアルタイムチャンネルで横行する間違った情報に対する安全装置なのだ。

Yesterday demonstrated that despite the credibility of a source, we should always reserve judgment for the other watchers to step in. A good journalist will find multiple sources and/or check the information out for themselves. Despite NBC being such a strong source, no other news outlets reported it until they checked to see if it was valid. This is the way it should be and it’s the safeguard we have against rampant misinformation spreading through the real-time channels.

     *     *     *

自分自身が問題の一部となる

最初の反応としてみんなはリツィートする。よくあることだ。とくに有名人が亡くなったという性急なニュースの場合、刺激を受けて再発するヘルペスのようなものだ。インターネットのすべてを信じる前に、それがホンモノかどうか確かめるべきだ。他人より早くビッグニュースを見つけたことを知らせたいがために直ぐさまリツィートして、自分自身が問題の一部となるようなことは避けるべきだ。

People will retweet on first indication. This happens all the time, particularly with the rashes of celebrity death news that pops up like dormant herpes every time it gets irritated. Before believing anything on the internet, look to see if it’s real. Don’t be part of the problem by retweeting big news just because you want to be the first of your friends to post it.

     *     *     *

長い目で見れば・・・

インターネット、ソーシャルメディア、リアルタイムニュースのアグリゲーションはどれもすばらしい。しかし本来とても傷つきやすいものだ。真実と偽りとは多くの場合見分け難い。長い目で見ればジャーナリストがキチンと報じてくれるものだと(ある程度)信じざるを得ないのだ。有難いことに、技術の発展のおかげで、「長い目」とは通常数分ないし数時間だ。昔なら(数十年前は)、事実かどうか確認するのに数日はかったかのもしれないが・・・

The internet, social media, and real-time news aggregation are wonderful things that are vulnerable based upon their very nature. What’s real and what’s false are often indistinguishable. We have to (somewhat) trust in journalists to get the story right in the long run. Thankfully, thanks to technology, the “long run” is normally minutes or hours compared to the “old days” a couple of decades ago when it could be days before the stories were confirmed.

     *     *     *

時が時だけに、Jobs 死亡のツィートは見過ごせなかった。

このツィートでいちばんイライラしたのは、いくらネットを探しても具体的に何が起きたのかさっぱり分からないことだった。

Twitter の世界では同じツィートが無限に繰り返され、同じ内容で、同じソースに行き着く。

削除された最初のツィートの「複数の情報(reports)」がどんなものだったのか、直接の当事者である(と思われる)アップル広報はどう返事したのか・・・そんな情報は一切分からない。

CBS News が What’s Trending をシッポ切りしたことは分かっても、ニュースメディアとしての CBS がその誤報をどうチェックしたのかという点はまったく触れられていない。

一、二時間ほど調べ回った挙げ句、とうとう諦めてまたベッドに戻ってしまった次第・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

apple_bat_signal.jpg

Apple Cloud – Sam Spratt

アップルを含むハイテク産業にとって来年はサービス競争の年になると、投資家向けサイト Barrons が予想している。

Barrons.com: “Beyond Gadgets: The Services Brawl of 2011” by Tiernan Ray: 18 December 2010

     *     *     *

「サービス」の意味

ハイテク産業にとって軍資金を必要とする理由がますます顕著にになってくる。アップルもまた大きなチャレンジに対処しなければならない。iPad や iPhone の 2011 年の販売量がどうなろうと、アップルは競争力を「エコシステム」にシフトする必要がある。コンピュータ機器やソフトウェアだけでなく、「サービス」が大きな意味を持ってくる。サービスとは、コンテンツや諸機能がアップルデータセンターのコンピュータ上に存在するという意味だ。

[…] reasons for companies to hold onto their war chest will increase markedly. Apple, for one, will need to invest to meet a major challenge. No matter how many iPads and iPhones it sells in 2011, the competitive focus is shifting to the “ecosystem.” This comprises not just computing devices and software, but also “services,” which basically means content and functionality that is hosted on Apple’s own computers in its data centers.

     *     *     *

グーグルと互角に勝負

今やアップルは、iTunes からコンテンツを配信する世界一のオンラインミューシックベンダーだ。しかしこれは始まりに過ぎない。これからはグーグルと互角に勝負できることを示さなければならない。グーグルはすでに何年にもわたって個人のデータを扱い、デスクトップアプリケーションではなくインターネットそのものに関わってきたのだ。

Apple is already the No. 1 online music vendor in the world, serving up content from iTunes. That’s a start. But it will have to show it can go head-to-head with Google, which has spent many more years hosting individuals’ data and thinking about the Internet, not desktop applications.

     *     *     *

空中のジュークボックス

これに対抗すべくアップルはノースカロライナのデータセンターに10億ドルを投じてきた。これによってアップルのオンライン MobileMe は格段に強化されることが期待されている。例えばユーザーは、映画や音楽を自らのマックではなく、空中のジュークボックスに永久に保存することも可能になるのだ。

In response, Apple is investing $1 billion in a data center in North Carolina and it is widely expected that the facility will enhance Apple’s current MobileMe online application. It could, for example, become a big jukebox in the sky, where a customer’s movies and music are stored permanently, rather than residing on their Mac computer.

     *     *     *

増加する設備投資

確かにアップルは大きな設備投資に備えている。Robert Cihra[Caris & Co.]によれば、今年の設備投資は 55% 増の40億ドルになるという。もっぱらオンラインインフラの強化のためだ。

APPLE IS CERTAINLY GEARING UP for big investments. Its capital expenditures are expected to jump more than 55% this year, to $4 billion, according to Caris & Co.’s Robert Cihra, mainly for online infrastructure.

     *     *     *

プラットフォームの構築

アップル、グーグル、マイクロソフト、その他多くのハイテク産業は、プラットフォームの構築を競っているのだと Gene Munster[Piper Jaffray のアナリスト]はいう。ここでプラットフォームとは、コンテンツやコンピュータ能力をあらゆるデバイスに押し進めることだ。なかんずくタブレットコンピュータやスマートフォンのようなモバイルデバイスが中心であり、一方データは「クラウド」に存在するというわけだ。

Apple, Google, Microsoft (MSFT) and most other computing companies are competing to build a platform, in the words of Piper Jaffray analyst Gene Munster. The platform means all manner of content and computing functionality can be pushed to various devices, increasingly mobile devices such as tablet computers and smartphones, while the data resides in the “cloud.”

     *     *     *

クラウド

クラウドというのはハイテク業界の隠語で、サービスプロバイダーが管理運営するサーバーコンピュータの集合体を意味する。個人が管理するものについては通常いわない。

The cloud is tech-industry argot for collections of server computers managed by service providers, rather than maintained by the individual.

     *     *     *

アップルはウェブ企業

「10年前にアップルのことを家電メーカーだというのはバカげていた」と Munster は先週の電話インタビューで語った。「しかし今やバカげた話ではない。ではアップルがウェブ企業だと考えるのはバカげているだろうか?」

The thought of Apple being a consumer-electronics company 10 years ago was absurd,” Munster observed in a phone interview last week. “It’s no longer absurd. Now, is it absurd to think of Apple as a Web company?”

     *     *     *

データを人質に取る

問題はその理由だ。なぜコンピュータやスマートフォンを売るだけではないのか。なぜ「サービス」企業になる必要があるのか。ひとつの答えは囲い込み(lock-in)だ。アップルやグーグルはよく知っているのだ。ユーザーのデータをクラウドに取り込む(人質に取る)ことによって、ソフトやデバイスに対するユーザーの忠実度を確保できることを。そうすることによってユーザーが他のベンダーに逃げ出したりしなくなると考えているのだ。

The big question is, Why? Why not just sell computers and smartphones? Why become a “services” company? One answer is lock-in. Apple and Google know that by holding your data in the cloud, so to speak, they’ll retain your loyalty for their software and devices. The defection of customers to other vendors will decrease, or so the thinking goes.

     *     *     *

新手の競争相手

もうひとつの答えは、2011 年になると新手の新進企業が続々と登場してハイテク産業に対するプレシャーが増すからだ。Facebook は最近の個人的投資で時価総額が 550 億ドルに達すると考えられており、創業者 Mark Zuckerberg は弱冠26才の若さでタイムズ誌の表紙を飾る。Twitter の時価総額は40億ドルになんなんとしている。

Another answer: 2011 will bring more and more pressure on tech companies to compete with the new kids on the block. Facebook, whose founder Mark Zuckerberg is Time’s Person of the Year at the tender age of 26, is apparently valued these days at approximately $55 billion, based on recent private investments in the company. Twitter is approaching $4 billion in market cap.

     *     *     *

革新的であり続ける

さらにまたアップルやグーグルなどのハイテク企業にとっては、革新的であり続けない限り脱落するというプレシャーがあるからだ。

And still another answer is that Apple and Google and others are under pressure to keep innovating or fall behind.

     *     *     *

アップルに限らずどのハイテク企業も現金を溜め込んでいるのは、かかる変化に備えるためというわけだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記(12月21日)

元記事の全訳はこちら・・・

WSJ Japan: “BARRON’S / 【バロンズ】米アップル、11年はエコシステム構築に向けた投資が鍵 “: 20 December 2010

Read Full Post »

Sunday Morning Giggle

削除された Daily Mail の記事

iPhone 4 と偽ジョブズとデイリー・メールの三題噺・・・

英国のタブロイド紙 Daily Mail の日曜版をつぎのような記事が飾った。

The Next Web: “DailyFail: Newspaper quotes (Fake) Steve Jobs tweet in story about iPhone 4 recall” by Zee: 27 June 2010

     *     *     *

鳴り物入りで登場した iPhone 4 だが、アップルのボス Steve jobs は昨夜 Twitter でリコールの可能性を明らかにした。この大物は Twitter でこうつぶやいたのだ。「新しい iPhone はリコールしなければならないかもしれない。こんなことになるとは予想もしなかった・・・」と。

The much-vaunted new iPhone 4 may be recalled, Apple boss Steve Jobs revealed last night. Posting a message on the social networking site Twitter, the tycoon said; ‘We may have to recall the new iPhone. This, I did not expect.’

     *     *     *

情報の元となったつぶやきが偽ジョブズ ceoSteveJobs のものだったからたまらない。あっという間に Twitter の嵐となってしまった。「mail fail」(デイリー・メールの失敗)というわけだ。

デイリー・メールの記事そのものは直ちに削除されたが、いちはやくそのスクリーンショットを撮った読者のおかげでバッチリと証拠が残ってしまった。

たまたま iPhone 4 アンテナの問題が表面化し、「There are no reception issues. Stay Tuned.」(受信障害なんかない。しばし待て。)という Jobs のメールが話題になっていたときだったから間が悪かった。

ジョブズになりすまして「The Secret Diary of Steve Jobs」を書き、ニューズウィークに転身した偽ジョブズは有名だが、Twitter の偽ジョブズは誰だろうか。10万を超えるフォロワーとはただ事じゃない。

「ジョブズがいった」という話は出所を確かめないとヤバイ、ヤバイ・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

Steve Jobs Angry Tweet

WSJ のおエラいさんがつぶやいた

シリコンバレーのゴシップサイト Valleywag がおもしろいニュースを伝えている。iPad から発信されたつぶやきの話だ。

Gawker [Valleywag]: “The iPad Tweet That Enraged Steve Jobs?” by Ryan Tate: 08 February 2010

     *     *     *

アップル CEO の秘密主義は有名だ。最近彼が新しい iPad をニューヨークのメディアに見せて回ったとき、職業的に不謹慎なメディアとの間でカルチャーギャップが生じたのは致し方のないことだった。冒頭の画像がその証拠だ。これはウォールストリート・ジャーナルの編集者が発した一通のつぶやきだが、これが Steve Jobs を激怒させたといわれる。

There was inevitably some cultural friction when Apple’s secretive CEO took his new iPad around to New York’s professionally indiscreet media. Exhibit A is a single tweet from a Wall Street Journal editor, which purportedly made Steve Jobs go ballistic:

[冒頭画像 これは iPad からのつぶやきだ。カッコいいだろう? — Alan Murray]

WSJ のオンライン編集主幹 Alan Murray は、2月4日のつぶやきをすぐさま削除した。今では明らかだが、このつぶやきは Jobs が WSJ の限られたスタッフに iPad をお披露目した際に発せられたものだ。ある情報屋の話では、カンカンになった Jobs が削除させたといわれる。Murray にコメントを求めたところ次のような返事がきた。「話したいのはやまやまだが話せないんだ。」その後次のようなメールもくれた。

The Journal’s online executive editor Alan Murray quickly deleted the Feb. 4 tweet, which, it is now obvious, was issued during Apple CEO Jobs’ show-and-tell with select Journal staff. A tipster told us the deletion ultimately traces back to a furious Jobs. We asked Murray for comment, and he wrote back “I would love to talk about this, but can’t.” In a later email, he added:

「アップルのニュース報道に対する被害妄想は異常なくらいだ・・・まあ、それは分っていたことだが。」

“I will say that Apple’s general paranoia about news coverage is truly extraordinary— but that’s not telling you anything you didn’t already know.”

     *     *     *

このあとは、例によってアップルの秘密主義をやり玉にあげるのだが、筆者に興味があったのは「編集主幹」が発信元だったという点だ。

「executive editor」というからには重役だろう。重役のひとりが初めて手にした iPad からいとも簡単につぶやいた・・・

iPhone を使ったことがあるひとなら iPad が如何にやさしいかということを示すこれ以上の証拠はないのではないか。

iPad のプレゼンテーションで Jobs が、「7500 万をこえるユーザーがすでに iPad の使い方を知っている」[ストリーミングビデオの 1 時間 29 分ごろ]といったのはホントに本当だったのだ。

iPad をどう評価するにせよ、誰でも簡単に使える、敷居のとても低いコンピュータであることは忘れてならないと思う。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

Dainichiro

短縮 URL

あるとき自分のエントリーへのリンクがとても醜い URL になっていることに気がついた。

たとえば、プロのための iPhone プログラミング速習マニュアルについて紹介したエントリーの URL はつぎのようなものだった。

https://maclalala2.wordpress.com/2009/08/04/プロのための-iphone-プログラミング速習マニュアル/

ところが、はてなブックマークでは次のように変わって、とても醜くて見られたものではない。

https://maclalala2.wordpress.com/2009/08/04/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE-iphone-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%80%9F

それが Twitter だとさらに見たこともない URL に変わってしまう。[冒頭画像]

どうしてこうなるのか長い間分らなかった。

Dave Winer の記事を読んで、やっとこれが URL に内在する問題だと分った。

Scripting News: “Solving the TinyUrl centralization problem” by Dave Winer: 07 August 2009

     *     *     *

URL に内在する問題

長い URL を生成するすべてのウェブアプリは URL を短縮できる手段を内蔵すべきだ。・・・

Every web app that produces long urls should provide a built-in url-shortening facility. […]

ブログソフトの生成するパーマリンクは短いものであるべきだ。ユーザーはそれを要求しても然るべきだ。誰も使わない短縮 URL でネットワークを渋滞させたいと思うひとはいないから。

When blogging software gives you a permalink, it should be short. It’s okay to make the user ask for one, why clog up the system with shortened urls no one uses.

     *     *     *

URL の寿命

もうひとつの重要な問題点。短縮 URL が与えられた場合、生成ソフトへのフィードバックが可能であるべきだ。そうすれば短縮リンクがもとの URL とが同じ寿命を持つことになるはずだから・・・

Another key point, when they give you a shortened url, it should point back to the software that gave it to you, so the shortened link will be exactly as long-lived as the thing it’s pointing to. […]

今になって考えると、Twitter が TinyUrl を使ったのは間違いだった。なぜならリンクが2社の2つのサーバーに依存することとなるからだ。1社で済めば壊れることもより少なくなるはずだ。

It’s a mistake, in hindsight, for Twitter to give us TinyUrl urls, because the link depends on two companies and two servers. It would be better if it just depended on one, less likely to break.

     *     *     *

長くて醜い URL

そもそもユーザーはどうして長くて醜い URL(the longer crappy url)を使わなければならないのか。

Why should a user ever see the longer crappy url?

言い換えれば、URL 短縮は Twitter ユーザーのためだけのものではない。みんなのためなのだ。 URL を見るひとなんてほどんどいないかもしれない。しかし必要とするひともいるのだ。ましなものになればもっと見るひとも増えるかもしれない。

In other words, url-shortening isn’t just for Twitter users, it’s for everyone. Maybe most people don’t look at the urls, but some do, and maybe more would if they made more sense?

     *     *     *

この問題に対するひとつの回答を WordPress.com が与えている。

WordPress.com: “WP.me — shorten your links” by Matt Mullenweg: 14 August 2009
WordPress.com 日本語ブログ: “WP.me — リンクを短縮しよう!“: 14 August 2009[Naoko McCracken 訳]

     *     *     *

URL 短縮サービス WP.me

• WP.me は、世界で唯一2文字の .me ドメインです。

• 現在、すべての WordPress.com サイトと投稿には WP.me の URL が割り当てられています。

• このショートリンクは、<head> 内に rel=shortlink を使って公開されています。

• 世界中のあらゆる URL に使えるわけではなく、WP.com のブログにのみ有効です。

リンクは永久的に変わりません。WordPress.com サービスが続く限りずっと使うことができます。

• WP.me はスパムフリーです。その理由は、私たちが常に WP.com を監視し、スパムを除去しているからです。[Naoko McCracken 訳]

• WP.me is the only two-letter .me domain in the world.

• Every blog and post on WordPress.com has a WP.me URL now.

• These are all exposed in the <head> using rel=shortlink.

• It doesn’t work for any URL in the world, just WP.com-hosted ones.

The links are permanent, they will work as long as WordPress.com is around.

• WP.me is spam-free, because we are constantly monitoring and removing spam from WP.com.

     *     *     *

短縮サービスの問題点

・・・Twitter の成長(と、その文字数制限)により、URL 短縮サービスは驚くほど多く利用されるようになりましたが、私は短縮サービスのビジネスとしての持続可能性には疑問を持っています。この考えは、人気のあった tr.im が今年末に終了すると告知したことにより、改めて浮き彫りになりました。

[…] While URL shorteners have had some incredible usage tied to the growth (and constraints) of Twitter, I question their sustainability as a business. This point was underscored a few days ago when a popular one, tr.im, announced they were going to shut down at the end of the year.

・・・また、短縮サービスは本質的には HTTP のオープンプロキシであり、将来的にはビジネスやアンチフィッシング、アンチウイルスサービスがその URL をブロックしなければならないほど、スパマーやマルウェア配布者によって悪用さてしまうのではないかと心配しています。[Naoko McCracken 訳]

[…] I also worry that because shorteners are essentially open proxies of HTTP they’ll be exploited by spammers and malware distributors to the point where businesses, anti-phishing, and anti-virus services will be forced to block them.

     *     *     *

WP.me の使い方

どうやれば使えるかというと…。

How can you use it?

投稿を作成または編集するとき、パーマリンクの横に「Get Shortlink」ボタンがあります。これをクリックすれば、コピー&ペースト用にハイライトされた美しいリンクを含んだポップアップが現れます。

There is now a “Get Shortlink” button next to your permalink when you edit or write a post, and when you click it you’ll get a popup with the beautiful link already highlighted for your copy and pasting pleasure.

ログインしている間は、管理バーの「ブログ情報」メニューから WordPress.com のすべてのページへのショートリンクを見つけられます。[Naoko McCracken 訳]

If you’re logged in you can also get the shortlink for any page on WordPress.com, there’s a link under the “Blog Info” menu in your admin bar.

     *     *     *

で、この投稿から使ってみることにした。

ところが、Get Shortlink をクリックするとエラーメッセージが・・・

Getshortlink Error

はてさて・・・

Technorati Tags: , , , , , , ,

Read Full Post »

Cloud Computing Safety

Is Cloud Computing safe?

先週インターネットで物議をかもす出来事があった。Twitter の極秘情報騒ぎだ。

BBC が問題点を要領よくまとめている。

BBC: “The Twitter hack and the cloud” by Rory Cellan-Jones: 15 July 2009

     *     *     *

Twitter の極秘情報

昨夜テクノロジーブログのトップ TechCrunch に Twitter とその従業員に関する何百という極秘書類が寄せられた。

A leading technology blog Techcrunch said last night that it had been forwarded hundreds of confidential corporate and personal documents belonging to Twitter and its employees.

この極秘情報は Hacker Croll という名前のハッカーが入手したもので、最初に取り上げたのはフランスのブログだった。

The information, obtained by a hacker calling himself Hacker Croll, was first mentioned on this French blog.

全従業員の氏名、食べ物の好み、部内会議の記録、就職希望者の氏名、ノキアやマイクロソフトなどとの秘密契約、スタッフの給与などが含まれていた。

It apparently includes the names and food preferences of all employees, records of internal meetings, names of job applicants, confidential contracts with companies like Nokia and Microsoft, and details of staff salaries.

     *     *     *

掲載に踏み切った TechCrunch

いいかえれば、Twitter としては秘密にしておきたいあらゆること、ライバルやジャーナリストにとってはなんとしても入手したい類いの情報だ。TechCrunch が掲載するや否や抗議の嵐が起きた。その多くは掲載すべきではなかったというものだった。これらの資料が違法な手段で入手されたようにみえたからだ。

In other words, just about everything that Twitter would like to keep secret – and that rivals, and journalists, would love to get their hands on. The post on Techcrunch immediately provoked a firestorm, with many expressing outrage that the blog should even consider publishing this material, which appears to have been obtained by illicit means.

     *     *     *

ハッカー Hacker Croll

Hacker Croll は在フランスのハッカーだと考えられるが、彼から最初にファイルを入手したのは Manuel Dorne というフランスのブロガーだった。Dorne と話をしたところ、その書類にはアップルの Mobile Me の個人アカウントやクレジットカード番号の詳細が含まれているという。

I spoke to the French blogger Manuel Dorne, who was the first to receive the file from “Hacker Croll” – who’s apparently based in France. He told me the documents included credit card numbers and personal account details from Apple’s Mobile Me service.

中にはフランスの大統領が @NicolasSarkozy という名前で Twitter アカウントを取得しようとしたことも含まれている。しかし Manuel Dorne は TechCrunch とは違った決断をした。資料のいくつかのスクリーンショットを撮って見せただけでそれ以上は公開しなかったのだ。「Twitter に被害をもたらすことも、競争相手を利することもしたくないと思ったからだ。」

There were also details of plans for the French president to acquire a Twitter account – under the name @NicolasSarkozy. But Manuel Dorne said he’d made a different decision from Techcrunch, opting just to show a few screenshots of the material rather than publish more. “I don’t want to cause damage to Twitter or to help their rivals,” he told me.

     *     *     *

クラウドコンピューティングの安全性

今回の出来事は、ジャーナリストの倫理という問題以上に、クラウドコンピューティングの安全性に関し興味深い問題を提起する。どうやら大部分の情報はハッカーが Gmail アカウントにアクセスすることによって入手されたらしいからだ。続々登場する若き起業と同様に Twitter も、企業情報の多くをグーグルの広大なデータセンターのサーバーに保管していたように見える。

Beyond the issue of journalistic ethics, the whole incident also raises interesting questions about the security of cloud computing. Much of the information appears to have been obtained by the hacker gaining access to Gmail accounts. So it appears that Twitter, like an increasing number of young businesses, was storing lots of corporate information on the servers in Google’s vast data centres.

     *     *     *

ハックされた兆候はない

グーグルとしてはシステムがハックされた兆候はないと強調している。誰かが何らかの方法によって Twitter 従業員の Gmail パスワードを推測しただけだと・・・

Now Google is stressing that there’s no suggestion that its systems have been hacked – merely that someone has somehow guessed the Gmail passwords of various Twitter employees.

スポークスマンは私にこういった。銀行のサーバーがハックされて誰かがあなたの口座にアクセスしたのであれば銀行に対して憤りを感じるだろう。しかしあなた自身が銀行情報を与えたのであれば・・・それは脆弱なパスワードを使ったという意味だが・・・あなた自身に対して激しく憤るべきだと。

As a spokesman explained it to me, you’d feel furious at your bank if their servers had been hacked allowing someone to get access to your account, but furious with yourself if you’d given away your online banking details – or chosen a very weak password.

     *     *     *

ハッキングの動機

たしかにその通りだ。しかし、Eメール情報のすべてをクラウドへ移行することを検討している会社は、Hacker Croll が Manuel Dorne について語ったハッキングの動機をよく考えてみるべきだ。

That’s obviously true. But companies thinking of migrating all of their e-mail into the cloud might consider what Hacker Croll told Manuel Dorne about the motivation behind his Twitter hack:

「自分が介入することで、インターネットでは何者も安全ではあり得ないと彼らに知らしめたかったのだ。」

“J’espere que mon intervention leur fera prendre conscience que nul n’est a l’abri sur le net.”

すなわち、インターネットでは何者たりと安全ではあり得ないということを Twitter に知らしめるために「介入」したのだと。グーグル、アマゾンからマイクロソフトに至るまでクラウドコンピューティングを推進している会社はすべて、自分たちのシステムがハックされることはないと自信を持っている。

In other words, he hopes his “intervention” will make Twitter wake up to the fact that nothing is secure on the net. Companies promoting cloud computing – from Google to Amazon to Microsoft – are all confident that their systems just cannot be hacked.

     *     *     *

パスワードについて再考せよ

しかし、もしあなたの従業員(上級幹部を含む)が、極秘情報をクラウドベースのEメールシステムに保存することが許されているならば、そのパスワードについては安全の上にも安全であるように措置を講ずべきなのだ。

But if you allow your employees – including very senior members of staff – to send confidential information on cloud-based e-mail then you’d better make sure their passwords are super secure.

     *     *     *

Gmail のパスワードが問題ということなら影響する範囲は膨大だ。

はしなくもクラウドコンピューティングの問題点が明らかになったということか・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *

[参考]

・BBC: “The Twitter hack and the cloud” by Rory Cellan-Jones: 15 July 2009
・TechCrunch: “In Our Inbox: Hundreds Of Confidential Twitter Documents” by Michael Arrington: 14 July 2009
・TechCrunch Japan: “Twitter社を荒らしたハッカーが秘密文書を大量にTechCrunchに送りつけてきた!“: 16 July 2009[滑川海彦 訳]
・TechCrunch: “Our Reaction To Your Reactions To the Twitter Confidential Documents Post” by Michael Arrington: 15 July 2009
・Twitter Blog: “Twitter, Even More Open Than We Wanted” by Biz: 15 July 2009
・Google Online Security Blog: “Password strength and account recovery options” by Macduff Hughes: 15 July 2009
・New York Times: “Hacker Exposes Private Twitter Documents” by Claire Cain Miller and Brad Stone: 15 July 2009
・Daring Fireball: “Do Unto Others” by John Gruber: 15 July 2009
・InfoWorld: “Twitter vs. TechCrunch: Heads in the clouds… and elsewhere” by Robert X. Cringely: 15 July 2009
・GigaOM: “Updated: Many Unknowns In Twitter Document Breach” by Jordan Golson : 15 July 2009
・Seeking Alpha: “Twitter Theft: It’s Really All About Google” by Michael Eisenberg: 15 July 2009
・Gawker: “Twitter Hacker’s Biggest Revelation (So Far): Employees Need Naps” by Ryan Tate: 15 July 2009

Technorati Tags: , , , ,

Read Full Post »

総統閣下も Twitter をご愛用

Twitter Parody

[TechCrunch Japanese | Twitterの繁栄と没落(動画)
[TechCrunch | The Rise and Fall of Twitter
[CrunchGear | Twitter is down again, Mein Führer

Twitter のパロディ。これがなかなか強烈・・・

ヒットラーの映画「Downfall」にまったく異なるセリフを当てはめた。字幕は CrunchGear の Nicholas Deleon とその兄弟 Gabriel の合作。

それを TechCrunch Japanese が日本語に翻訳。これがなかなかの出来だ。

satomi さん、Maeda, H さんお見事!

ニコニコ動画もこういう本格モノをやってくれないものか・・・

原文を見る

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »