Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Rumor’ Category

これが iPad 2 の青写真?

iPad2_case_mold_drawings.jpg

[iPad 2 ケース金型の青写真]

Update:削除された青写真〉

MACお宝鑑定団発のニュースが世界を駆け巡って間もないが(こちらこちら)、どうやら 9 to 5 Mac が iPad 2 の青写真を入手したらしい。

9 to 5 Mac: “iPad 2 mold: back camera, tapered edges, new side port?” by Cleve Nettles: 29 December 2010

     *     *     *

iPad 2 ケース金型の青写真

この数週間、iPad 2 のケースだと称する話がネットに溢れた。中には iPod-touch に似たエッジが先細りになるデザインを採用するという未確認情報も含まれる。これらのケースには、大型スピーカーと思われる底部の開口部や背面部カメラと思われる開口部もある。これらのケースデザインがホンモノかどうか分からないが、9to5mac はアジアのケースメーカーから iPad 2 ケース金型の青写真をなんとか入手することができた。

Some purported iPad 2 cases hit the web over the last few weeks as well as some unconfirmed reports claiming the iPad 2 will gain an iPod-touch inspired design with tapered edges. These cases appear to show a new slot on the bottom for an enhanced speaker system as well as a hole for a back camera. These case designs are still of course unconfirmed to be legitimate but 9to5mac has managed to get a hold of some iPad 2 case mold drawings from an Asian case supplier.

     *     *     *

先細りのエッジ、背面カメラ

これら青写真から分かるように、エッジは明らかに先細りになっており、その背面は現在の iPad および過去の iPod touch のように緩くカーブしている。背面カメラのウワサもこれらの青写真で確認できる。我々のソースによれば、カメラ開口部の大きさは iPhone 4 のものに近いという。(同じような写真が撮れるかどうかは不明。)

As you can see in these drawings (above, below, and after the break) the edges are clearly tapered and the iPad 2′s back is slightly contoured like the current iPad and past iPod touch models. These drawings also add confirmation to the back camera reports and our sources say the camera hole size is close to the size of the iPhone 4′s (which may or may not indicate a similar shooter).

     *     *     *

新しいポート

青写真から分かる新しい情報としては、デバイスの左側にまったく新規のポートがあることだ。それが何を意味するものか分からないが、ともかく iPad 2 デザインの概念図には付いている。青写真では SD カードスロットのように見えるが、単に金型の一部かもしれない。iPad 2 にはミニ USB ポートないしはフル USB ポートが付くかもしれないという最近のウワサもあるので、これは3つのポートのいずれか、あるいはその組み合わせということかもしれない。

Some new information we have discovered through these drawings is a brand new port opening on the left side of the device. We’re not sure what this opening is for but it is there on these latest iPad 2 design schematics. On the drawings there appears to be an SD card going into the port but that could just be a piece of the case mold machine. The latest rumors point to either a mini USB or a full USB port being present on the iPad 2 so it very well could be one or a combination of the three ports.

     *     *     *

8.5 ミリの厚さ

さらには Foxconn からのウワサも少なからず聞こえてくる。次世代 iPad の厚さは 8.5 ミリになるというものだ。この数値が中心部で測ったものか、それとも先細りのエッジで測ったものかは明らかでない。ちなみに初代 iPad を中心部で測った厚さは 13.4 ミリだとアップルはいっている。

Additionally, we heard a few whispers out of Foxconn pointing to an 8.5mm dimension of thickness on the next generation iPad. It is unconfirmed as to where this measurement was taken as this could be on a tapered edge or in the center. For reference, Apple’s measurement for the center of the first generation iPad is 13.4mm.

     *     *     *

まず詳しいことは外部から明らかになっていく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉削除された青写真(1月1日)

その後 9 to 5 Mac のサイトからは iPad 2 ケースの青写真が削除され、つぎのようなコメントが載っている。

     *     *     *

アップデート:掲載した金型の青写真を削除するように(あまり気持ちがいいとはいえないやり方で)われわれは要請された。これは誰かさんの所有物だからというのだ。われわれは要請に従った。

Update, we’ve been told (not so nicely) to remove those mold drawings because they are the property of someone else. We’ve complied.

     *     *     *

一方ウォールストリートジャーナルは、9 to 5 Mac の記事の元になった Alibaba.com[中小企業のEコマースサイト]のリストが同じく削除要求を受けたことを報じている。

WSJ [China Real Time Report]: “The Mysterious Case of the ‘iPad 2′ Cases” by Owen Fletcher: 31 December 2010

     *     *     *

誰か分からないが、誰かが注目を浴びるのは望ましくないと考えたようだ。Alibaba.com はリストを削除せよとの要求を受けた。「これら製品が主張していることが正しいのかどうか分からないが、これらリストを削除するように正式の要請を受けた」と Alibaba Group のスポークスマン John Spelich が水曜日に語っている。

But someone—it’s unclear who—doesn’t seem to appreciate all the attention: Alibaba.com was asked to remove the listings. “We do not know whether these products are what they say they are, but we have received a legitimate takedown request and are removing the listings,” Alibaba Group spokesman John Spelich said Wednesday.

     *     *     *

Cease and Desit[排除勧告]なんて最近ではめずらしい・・・

広告

Read Full Post »

ipad-mini.jpg

7インチ iPad

Steve Jobs が全面的に否定したにもかかわらず、またぞろ7インチ iPad のウワサが浮上している。

Chris Maxcer の意見がオモシロい。ちょっと視点を変えれば、7インチ iPad が登場する可能性はあるじゃないかというのだ。

MacNewsWorld: “Why Apple Might Be Game for a 7-Inch iPad” by Chris Maxcer: 14 December 2010

     *     *     *

小型 iPad のウワサ

新しいウワサで私がビックリしたのは、小型の iPad をアップルが出すという点だ。iPad mini や iPad nano ではなく(それじゃ iPod touch だ)、7インチサイズという新しい話だ。現行の iPad[9.7 インチ]と iPod touch[3.5 インチ]の中間サイズを計算すれば 6.6 インチになるが、それはどうでもいい。実際のサイズは、ひとつひとつのピクセルの大きさとスクリーン自体の作り方、それにアップルがその形状に収めようとするピクセルの数によって決まる。

What has surprised me, though, is the new rumor that Apple is planning on launching a new, smaller iPad. Not exactly an iPad mini or iPad nano (that would be the iPod touch, no?), but something new in the seven-inch screen size range. The current iPad screen is 9.7 inches, while the iPod touch screen is 3.5 inches on the diagonal. Oh, and in case you like math, the middle screen size between the two would be 6.6 inches — not that it matters exactly, anyway, because the actual size will have more to do with the number of pixels that Apple will want to fit into the form factor, along with the individual pixel size and manufacture of the screen itself.

     *     *     *

7インチでは十分でない

jobsbq.jpg

指だってすり減る・・・

でも Steve Jobs は公の席で小型タブレットをこき下ろしたのではなかったか? そうだ、確かにそうだ。10月の四半期決算発表で Jobs は投資家を前に「来月は雪崩のようにタブレットが登場する」と語った。ちゃんとしたものは少ないが、ほとんどみな7インチスクリーンを採用する、と。「7インチサイズでは偉大なるタブレットアプリを作るには十分ではない」とまでいったのだ。

But didn’t Apple CEO Steve Jobs just publicly bash little tablets? Yes, yes he did. In October on Apple’s quarterly financial report conference call with investors, Jobs took a moment to address an “avalanche of tablets poised to enter the market in the coming months.” He said that while there would only be a few credible entrants, almost all of them use seven-inch screens, and more to the point, a seven-inch screen size “isn’t sufficient to create great tablet apps.”

     *     *     *

中途半端な存在

さらに続けて Jobs は、7インチタブレットは中途半端な存在(tweener)で、スマートフォンに対抗するには大きすぎ、iPad と対抗するには小さすぎると語った。

He went on to say that seven-inch tablets are “tweeners” — too big to compete with a smartphone and too small compete with an iPad.

確かに彼は正しい。

He’s right.

     *     *     *

もっと考えればよかった

初めてこの話を聞いたとき、自分はこう思ったものだ。すべての新聞も雑誌も、すばらしい特別版の書籍も、さらにはウェブブラウジングも、これらはすべて iPad のために作られている。なのに「何故ミニタブレットを欲しがるひとがいるのだろう? 持ち運びには大きすぎるし、かといってちゃんとした仕事には小さすぎる」と考えたものだ。

In fact, when I first heard this, I thought about all the newspapers and magazines and awesome specialized books that are being created for the iPad — not to mention Web browsing — and I thought, “Why would anyone really want a mini-tablet, anyway? They are too bulky to easily carry around and yet far too small for serious work.”

しかし、もっと考えてもよかったのだ。

There’s more to consider, though.

     *     *     *

7インチでも結構大きい

この週末、近くの AT&T ストアでサムスンの Galaxy Tab に触る機会があった。結構大きいことに正直いってビックリした。iPad スクリーンのすばらしさには敵わないが、それでも新しい体験だった。このサイズならEブックの読書にも、カーナビにも、メールをたくさんこなすのにも、そして持ち運びの便利なタスクマネージャとしても、なかなかすばらしいと思った。

Over the weekend, I had a chance to play with a Samsung Galaxy Tab at my local AT&T (NYSE: T) store. Frankly, I was surprised at how large it was. While nowhere near the excellence of the iPad’s screen, it really did represent a new sort of computing experience. The size would be great for reading e-books, using as a dashboard navigation system, and still you could slam your way through a heckuva lot of email, not to mention have a much more portable and useful task manager.

     *     *     *

ウワサが実現するには?

7インチ iPad のウワサはなかなか消えない。アップルがこのサイズの iPad を製造するだろうというものだ。ではそれが現実のものとなるにはいったい何がどうなればいいのだろうか?

OK, say that this rumor actually has legs and that Apple is going to produce a 7-inch form factor iPad. What stars would need to align to let this slip into daylight?

     *     *     *

iPad の名前をやめる

まず「iPad」という名前をやめればいいのだ。そうでなくてもアップルにはすぐ使える「iPod」という名前がある。Jobs はこういえばいいのだ。これはタブレットではない。たとえ iOS で動いてもタブレット体験を提供するものではない、と。「iPod G」と呼べばいいのだ。

First, Apple could forego calling it an “iPad.” Apple has a handy foundational name to use already: iPod. Jobs could say that it’s not a tablet, not meant to offer a tablet experience — even though it runs iOS. He could call it the “iPod G.”

     *     *     *

G はゲームの G

「G」とは何か? もちろん「ゲーム」のことだ。App Store はすばらしいゲームではち切れんばかりだ。毎日のように大人も子供も iOS ゲームのために現ナマをはたいている。巨大なマーケットだ。もし Jobs が小型 iPad を出したいと思えば、そしてなお7インチサイズの競争相手をこき下ろしたいと思えば、ゲームモデルを出せばいいのだ。iPad の名前を使ったってかまわない。iPad G と呼べばいいのだから。彼のマーケティングの才をもってすれば、7インチをめぐる議論なんてカンタンに片付けられるハズだ。

And what would the G stand for? Games, of course. The App Store is busting [sic] at the seams with fantastic games, and consumers (and kids) are shelling out real money everyday for iOS games. It’s a huge market. If Jobs wants to offer up a smaller iPad — and still publicly put down the 7-inch form factor competition — he can do it by offering a gaming model. Heck, he could even use the same iPad name, but call it the iPad G, and with his marketing skills, he can spin the public 7-inch poo-pooing easily enough.

     *     *     *

前言を翻す

もちろん Jobs は自分もアップルも間違っていた、ないしはいささか誤解していたといって小型 iPad を発表することもできる。・・・あるいはまた、アップルの顧客が中間サイズのデバイスを本気で欲しがっているのを知って驚いたといってもいい。滅多にないことだが、Jobs は前にも前言を翻したことがある。そうなっても驚かない。

Of course, Jobs could also announce a small iPad and simply say that he and Apple were wrong or somewhat mistaken … or maybe even surprised to learn that Apple customers really did want a midsize device. Jobs has backpedaled before, but it’s a rare activity. I’m not holding my breath.

     *     *     *

売れること間違いなし

それでも、7インチの iPad だろうと iPod だろうと、ビッグブラザーの iPad より少し値段を安くすれば、売れること間違いなしだ。

But still, a 7-inch iPad or iPod, especially one that’s priced slightly less than the big brother iPad, would certainly sell well.

     *     *     *

そうか、「iPad」とさえ考えなければ7インチもありということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ひと足お先に iPad mini

Jimmy_Lin_with_mini_iPad.jpg

日本発の iPad ニュースが世界を駆け巡った

MACお宝鑑定団のニュースと Taiyo Fujii 氏のレンダリング画像だ。

内容は中国情報筋の話を紹介したものだ。

ウワサという点では中国は常にひとの先を行く。

どうやら iPad 2 らしき実物まで登場しているらしい・・・

M.I.C. Gadget: “Taiwan Pop Star Leaks iPad Mini” by By Herman Lai: 21 December 2010

     *     *     *

Jimmy Lin のリーク

なんとなんと、台湾の人気歌手 Jimmy Lin[林志穎]が iPad mini をリークしている。2つのデバイスを抱えた自分の写真[冒頭]を昨日ブログに投稿した。ひとつは現行の iPad、もうひとつは小型の iPad だ。投稿のタイトルは「新しいオモチャ mini iPad」。

What a surprise! A famous Taiwan pop star Jimmy Lin posted a picture of himself holding two devices on his Sina Microblog yesterday – one is the current-generation iPad; the other, a smaller sized iPad! The topic of his message is, “New toy mini iPad”.

     *     *     *

RAmos W11?

ramosw11_vs_ipad.jpg

iPad vs RAmos W11

これって Shanzhai の7インチタブレット RAmos W11 ではないかと思うがどうだろうか?

And, we think the device looks like a shanzhai tablet “RAmos W11“. Let me show you the photo of it after the break.

This is RAmos W11, what do you think?

     *     *     *

プロトタイプ?

ブログによせられたコメントは 2726、リツイートは 3623 回にも及んでいる。これはまだプロトタイプだと Jimmy はいっている。1才の息子が遊ぶのにちょうどいい大きさだとも・・・

So far, his post has received over 2,726 comments and been retwitted 3,623 times. Jimmy responds in the message, saying it is a prototype and the size is good for his one year old son to play with.

     *     *     *

ホンモノ?

彼は人気歌手と同時に優れたレーシングドライバーでもあり、またテクノロジー会社を興して成功している。だから中国のネチズンの中にはこれはホンモノの mini iPad だというものもいる。誰か Steve Jobs に確かめてみたら・・・

Besides being a pop star, he is also a very great racing driver and ever founded a very successful technology company. Therefore, some Chinese netizens are saying that what he is holding is a real mini iPad. Maybe someone should ask Steve Jobs about it.

     *     *     *

いろんなウワサが出回ってきたところをみると、iPad 2 もいよいよ射程内に入ってきたということか。

小型 iPad というところが特に気にかかる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

crystal_case_for_ipad_2nd_generation.jpg

Crystal Case for iPad 2nd Generation

ぼつぼつサプライヤー筋から次世代 iPad のケースと称する写真がリークされはじめた。

iLounge: “First iPad 2G case shows rear camera, new curves?” by Charles Starrett: 09 December 2010

     *     *     *

第2世代 iPad のクリスタルケース

中国のメーカー Shenzhen MacTop Electronics が、第2世代 iPad のケースと称するもの[冒頭写真]を明らかにしている。「第2世代 iPad のクリスタルケース」と名付けられたこのケースは第1世代モデルより薄く、背面カーブも異なっている。スピーカー開口部が異常に大きいほか、iPhone や第4世代 iPod touch と同じ上部左側の位置に背面カメラの穴がある。アップルは第2世代 iPad の発表をまだ行なっておらず、その存在すら認めていないが、最近のウワサでは100日以内に発表されるのは間違いないとみられている。

Shenzhen MacTop Electronics, a Chinese manufacturer, is now offering what it claims is a case for the second-generation iPad. Dubbed the “Crystal Case for iPad 2nd Generation,” the case appears to have different, slimmer contours than the first-generation model, with the speaker opening unusually large on the back, and a hole for a rear-facing camera in the upper left-hand corner, similar to its position on the iPhone and fourth-generation iPod touch. Apple has yet to announce or even acknowledge the existence of a second-generation iPad, although recent rumors have pegged the device’s release as coming within the next 100 days.

     *     *     *

大きな切り欠きは何を意味するか

silicone_case_for_ipad2.jpg

Silicone Cases for Next-Generation iPad

アップデート:第2世代 iPad の二つ目のケースが見つかった。 最初のケースと同じ位置にカメラ孔とスピーカー部分の切り欠き(cutout)があるものだ。二つ目の写真に添えられたテキストによれば、新しい SD カードスロットのための切り欠きのようにも思える。切り欠きの異常な大きさと形は、SD カードを現在のスピーカーの上面に置くためのものか、あるいはスピーカーの位置にカードスロットを設け、スピーカーを新 iPad の背面に近い位置に移動させるためのものか、さらには第3の可能性として第1世代 MacBook Air に似たポップアップドアをおくためのものか、いろいろ考えられる。しかしアップルの最近の設計に関する決定を考えれば、このいずれも可能性は少ないように思われる。

Update: Following our initial report, a second case was spotted sporting the same camera hole and expanded speaker-area cutout as the first case; the text accompanying the second image suggests the cutout is for a new SD card slot. The unusual size and shape of the cutout would suggest either the placement of the SD card above the current speaker, realignment of the speaker closer to the new iPad’s back with the card slot in its former place, or potentially a new pop-out door akin to the ports on the first-generation MacBook Air. All three possibilities seem somewhat unlikely in light of recent Apple design decisions.

     *     *     *

アップデート2:iPad の背面カメラがほかの iOS デバイスや他社のタブレットと比較していかなる意味をもつか論じたエントリーはこちら

Update 2: We’ve added an article briefly discussing how a rear iPad camera could work relative to other iOS devices and tablet competitors.

     *     *     *

アップデート2で触れられた記事の結論の部分はつぎのとおり。

iLounge: “How iPad 2G’s Rear Camera Will Probably Work (And Be Magical)” by Jeremy Horwitz: 09 December 2010

背面カメラについての予想

我々の予想はこうだ。目下の一番の可能性としては、iPad の背面カメラはより大きく、広角レンズで、かつ解像度の高いものなるだろうと考えられる。少なくとも二つのうちいずれかは iPhone 4 を超えないまでも匹敵するものにはなるだろう。この結果次のような予想ができると思う。FaceTime やカメラの新しい iPad アプリが登場するだろう。今後いろいろな FaceTime デバイスが登場することを考えると、FaceTime アプリはビデオの読み込み・書き出しにうまく対応したものとなるだろう。カメラアプリについては、Android 対応タブレットがすでに実現しているのよりもっとタブレットにふさわしいプレビュー方法を備えたものとなるだろう。それからまたカメラと iPad の相乗効果(synergy)に焦点を合わせたコマーシャルも出るだろう。真にフォトフレームに適する写真が取れるという点に焦点を合わせたものだ。もしアップルがそんな芸当をやってのければ — それにはちゃんとしたレンズやセンサーやインターフェースが必要だが — 次世代 iPad は直ちに第1世代よりクールでよりソーシャルなデバイスとしての地位を固めるだろう。

Our Predictions. Our best guess at this moment is that the rear camera on the iPad will be bigger, wider-angled, and better in resolution than the one on the iPod touch, with at least one if not two of those factors at least rivaling if not surpassing the iPhone 4. We’d expect new FaceTime and Camera applications for the iPad, the former with a well-considered approach to handling both outgoing and incoming video from the increasing array of FaceTime devices, and the latter with a previewing methodology that makes more sense on tablets than what Android-based rivals have accomplished. And of course, we’re betting that there will be ads that focus on the camera and iPad synergy as creating the first picture frame that actually takes photos worth framing. If Apple pulls off such a feat, which depends on the right lens, sensor, and UI, the next iPad will instantly be even cooler and more social than the first one.

     *     *     *

サプライヤー筋のリークが始まったところをみると、いよいよ次世代 iPad の登場も間近か・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

within_90_days.jpg

[Open within 90 days…]

Update :Mac App Store は1月6日オープン〉

独自の情報ソースを持つ Jim Dalrymple が、Mac App Store の開始は来年1月になるといっている。

The Loop: “Mac App Store launching in January 2011” by Jim Dalrymple: 08 December 2010

     *     *     *

12月13日ではない

流布されているニュースと違って、Mac App Store の開始は来年1月になる。

Despite published reports to the contrary, Apple’s Mac App Store will launch in January 2011.

クリスマス商戦を控えた12月13日にアップルが Mac App Store を開始するというのが今週初めのニュースだった。しかし私の情報ソース(複数)によると、Mac App Store の開始は新年になるという。

Reports earlier this week claimed Apple would launch the Mac App Store on December 13, ahead of the holiday shopping season. However, according to my sources, Apple will launch the store in the new year.

     *     *     *

90日以内

私のソースは正式な期日については触れていないが、10月の「Back to the Mac」イベントで明らかにした90日以内という期限は守られるだろうという。

While a specific date was not given for the official opening of the store by my sources, Apple will meet the 90-day deadline given during its October “Back to the Mac” media event.

前回のイベントで90日以内と述べたこと、および Steve Jobs はその約束を守ることから、Mac App Store の開始は1月の第3週ないしはそれ以前になるものと思われる。

Given the date of the media event and Apple CEO Steve Jobs’ commitment to launch the store within 90-days, we should see the Mac App Store sometime on or before the third week of January.

     *     *     *

App Store にならう

Mac App Store は、iOS デバイスのユーザーが App Store の開始以来慣れ親しんできたいろんな特徴を備えることになるハズだ。例えば、ワンクリック・ダウンロード、無料および有料アプリの品揃え、収入の 70/30 分割(デベロッパが 70)、自動インストール、自動アップデート、個人用マックのすべてをカバーするライセンスなどだ。

The Mac App Store will have many of the same features that iOS device users have grown accustomed to since the App Store’s debut, such as one-click downloads, the ability to acquire free or paid software apps, a 70/30 percent revenue split (in the favor of developers), automatic install, automatic updates, and a license that will cover all of your personal Macs.

     *     *     *

今年は盛りだくさんだったからなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉Mac App Store は1月6日オープン(12月21日)

mac_app_store.jpg

Jim Dalrymple の予想どおりだ。

Apple’s Mac App Store to Open on January 6[Press Release] | Apple

AppleのMac App Store、1月6日にオープン予定[プレスリリース] | アップル

     *     *     *

アップルのプレスリリース

2010年12月16日、Apple®は本日、「Mac® App Store℠(マック・アップストア)」を米国時間の来年1月6日よりスタートする予定であることを発表しました。App Storeの革新的な使い勝手をMac OS® Xにもたらすことにより、Mac App StoreはMac用アプリケーションの発見・インストール・更新をかつてないほど簡単なものにします。Mac App Storeはオープン当初より90カ国で利用可能で、有償・無償のアプリケーションが教育・ゲーム・グラフィック&デザイン・ライフスタイル・仕事効率化・ユーティリティといったカテゴリから選べるようになる予定です。[アップル]

CUPERTINO, California—December 16, 2010—Apple® today announced that the Mac® App Store℠ will open for business on Thursday, January 6. By bringing the revolutionary App Store experience to Mac OS® X, the Mac App Store makes discovering, installing and updating Mac apps easier than ever. The Mac App Store will be available in 90 countries at launch and will feature paid and free apps in categories like Education, Games, Graphics & Design, Lifestyle, Productivity and Utilities.

「App Storeはモバイルアプリケーションに革新をもたらしました。それと同じことをMac App Storeによりパーソナルコンピュータの環境でも実現し、パソコン用アプリケーションの購入が簡単で楽しくなるのを望んでいます。1月6日のオープンが待ちきれない思いです」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。[アップル]

“The App Store revolutionized mobile apps,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “We hope to do the same for PC apps with the Mac App Store by making finding and buying PC apps easy and fun. We can’t wait to get started on January 6.”

     *     *     *

その他参考記事:

アップル、Mac用App Storeを来年1月6日にオープン | WSJ Japan

Apple will close Mac OS X downloads site on January 6 | 9 to 5 Mac

Read Full Post »

News-Corporation-Chairman.jpg

メディア王 Rupert Murdoch

Update:来年までずれ込む?〉

12月にアップルのプレスイベントがあるというウワサの元になった John Gruber の記事がある。

ガーディアン紙のスクープをフォローしたものだが、興味深い視点がいくつもある。

Daring Fireball: “News Corp’s Upcoming iPad App ‘The Daily’ to Pioneer New Recurring Subscription Billing” by John Gruber: 22 November 2010

     *     *     *

すべてはガーディアン紙の記事参考、日本語概要はこちら]から始まった。

ガーディアン紙のスクープ

とうとう秘密が漏れた[注]。アップルがコンテンツの定期講読について自動継続請求のサポートを考えているというのだ。ガーディアン紙の Edward Helmore が昨日報じている。

[注]The cat is out of the bag.:(うっかり)秘密が漏れる、猫を袋に入れて豚だと言って売ろうとしたが猫がとび出てきたとの故事から

So the cat — or at least part of the cat — is out of the bag on Apple’s upcoming support for recurring subscription billing for content. Edward Helmore, reporting for The Guardian yesterday:

iPad 専用デジタル新聞

「米国メディアの報道によると、メディアの巨人 News Corp の Rupert Murdoch とアップルの Steve Jobs は、今月末に新しいデジタル新聞『Daily』を発表すべく準備中だという。」

“Rupert Murdoch, head of the media giant News Corp, and Steve Jobs, the chief executive of Apple, are preparing to unveil a new digital ‘newspaper’ called the Daily at the end of this month, according to reports in the US media.”

「この共同プロジェクトは、数か月来ニューヨークにおいて来秘密裡に開発されており、iPad のようなタブレットコンピュータのためだけにデザインされた世界初の新聞で、来年始めに発表が予定されている。」

“The collaboration, which has been secretly under development in New York for several months, promises to be the world’s first ‘newspaper’ designed exclusively for new tablet-style computers such as Apple’s iPad, with a launch planned for early next year.”

印刷物を超えて

「『タブロイド紙の感性と高級紙の知性を備えたものにする』という計画は、新聞を印刷物の世界を超えたものにしたいという Murdoch の決意を示すものだ。」

“Intended to combine ‘a tabloid sensibility with a broadsheet intelligence’, the publication represents Murdoch’s determination to push the newspaper business beyond the realm of print.”

「報道では、対応する『印刷版』や『ウェブ版』はないという。アップルエンジニアの協力のもとに開発されたこの技術の革新的部分は、iPad ないしは増加しつつある同様なデバイスに対して、出版物を自動的に発送するという点にある。」

“According to reports, there will be no ‘print edition’ or ‘web edition’; the central innovation, developed with assistance from Apple engineers, will be to dispatch the publication automatically to an iPad or any of the growing number of similar devices.”

週 99 セント

「印刷費や配送コストがかからないことから、アメリカ版 Daily は週 99 セントになる予定。」

“With no printing or distribution costs, the US-focused Daily will cost 99 cents (62p) a week.”

     *     *     *

続いて Gruber の12月イベントの予想だ・・・

プレスイベントに Jobs と Murdoch が登場する

ガーディアンの話は、予想期日が少しずれこむことを除けば、私が耳にしていることとおおむね一致する。この話はプレスイベントで発表されるだろうというのが私の理解だ。Steve Jobs と一緒に Murdoch が(多分他の新聞社のお偉方も)ステージに上がるハズだ。この発表は結構大きなものになるだろう。ただ「今月」とはいっても、サンクスギビング(感謝祭)は木曜日だし、だいぶ過ぎてしまったので、来月まではないだろう。

This jibes, mostly, with what I’ve been hearing. The Guardian’s dates are slightly off, though. My understanding is that this initiative is going to launch with a press event, with Murdoch (and perhaps other newspaper and magazine executives) joining Steve Jobs on stage. This is not going to be a quiet launch, to say the least. But “this month” is effectively already over, considering that Thanksgiving is Thursday, so it won’t happen until next month at the earliest.

12月9日ないしは次の週

私が耳にしているのは12月9日だが、当日は木曜日に当たるので、アップルのプレスイベントの期日としてはいささか異例だ。12月9日とはいっているが、たぶん次の週の火曜日か水曜日までずれこむのではないか。もしかしたら Mac App Store のオープンと一致するのかも・・・。

(The date I’ve heard is December 9, but that’s a Thursday, which would be somewhat unusual for an Apple press event. My guess is that they’re telling people December 9 but it might slip back to Tuesday or Wednesday the week after. Perhaps it will coincide with the opening of the Mac App Store?)

     *     *     *

タブレット専用新聞

キーポイントとなるのは、News Corp がやろうとしているのが、現在の新聞を iPad に載せるものでもなければ「オンライン新聞」でもなく、「タブレット新聞」(tablet newspaper) — 少なくとも現時点では iPad に限定された「iPad 新聞」(iPad newspaper)だという点だ。

The key, though, is that what News Corp is working on is not an iPad counterpart to an existing newspaper, nor is it an “online newspaper” in general. It’s a “tablet newspaper” — and, at least for now, specifically an iPad newspaper

.     *     *     *

Murdoch の野望

ガーディアン紙の話の続き・・・

Helmore writes:

ある調査

「79 才になる Murdoch はある調査を読んだあとこの計画を考えついたといわれる。その調査では iPad にどっぷり漬かる時間の方がコンピュータで漠然とインターネットサーフィンする時間より(相対的な話ではあるが)長いというもの。」

“The 79-year-old Murdoch is said to have had the idea for the project after studying a survey that suggested readers spent more time immersed in their iPads than they did — comparatively speaking — on the internet, where unfocused surfing is typical.”

カネを払う読者

「情報によれば、Daily がちゃんとしたものになれば、クオリティの高い、オリジナルなオンラインコンテンツに対して消費者がカネを払うだろうということから、Murdoch がこのプロジェクトに入れ込んでいるのだという。」

“Sources say Murdoch is committed to the project in part because he believes that the Daily, properly executed, will demonstrate that consumers are willing to pay for high- quality, original content online.”

iPad が各家庭1台

「iPad はゲームチェンジャーになると Murdoch は信じている。2011 年末までには 4000 万台の iPad が行きわたると見ているのだ。ある情報では『各家庭に1台ずつ iPad が行きわたり、ニュースや情報を得るためのデバイスになると彼は予想している。4000 万台のうち 5% が Daily の定期購読者になるだけでも、200 万の読者が得られるというわけだ』という。」

“Murdoch believes the iPad is going to be a ‘game changer’ and he has seen projections that there will be 40 million iPads in circulation by the end of 2011. A source said: ‘He envisions a world in which every family has a iPad in the home and it becomes the device from which they get their news and information. If only 5% of those 40 million subscribe to the Daily, that’s already two million customers.'”

     *     *     *

まったく新しい新聞のモデル

確かに Murdoch は MySpace 取得に5億ドル以上を投じた人物だ。彼のデジタルに対するカンは、絶対正しいかどうかは別にしても、なかなか興味あるものだ。新聞の新しい、スリム化され、ぜい肉を削ぎ落としたビジネスモデルなのだ。以下は Murdoch が Max Suich[AFR.com]と行なったインタビューの一部だ。

Granted, Murdoch is the guy who bought MySpace for over $500 million, so his digital instincts are far from infallible, but at the very least it’s an interesting initiative. It’s a new, lean mean business model for daily news. Here’s Murdoch in an interview earlier this month with Max Suich at AFR.com:

「6週間以内に新しい新聞を始めるつもりだ。まったく新しい新聞。New York Post に少し似ているが全国紙だ。Post のユーモアとやり方に近いもの。ただしタブレットでしか読めない。その新聞ではジャーナリスト(と8人から10人程度テクニシャン)しか採用しない。」

“I’m starting a paper in six weeks. A brand new paper. It will be a bit like the New York Post . But it will be national. Have that sort of humour and attitude like the Post. It will only be seen on tablets. It will only employ journalists — and maybe eight to 10 technicians.”

     *     *     *

自動請求には iOS の新バージョンが必要

情報(アップル以外の)によると、アップルの役割は次のようなものらしい。中核となる “iNews” ないしは “Newsstand” のようなアプリを備えた iBooks 的なものとは異なる。むしろ iTunes のアカウントを利用して行なわれるアプリの定期購読支払いオプションみたいなもの、いいかえれば定期購読料を本当に自動継続請求してくれるものになるというのだ。News Corp の「Daily」とは、App Store のアプリのひとつに過ぎないが、iOS にビルトインされた自動請求ルーティン(subscription billing routines)を利用するというわけ。私の理解するところでは、アプリを開発した News Corp のデベロッパたちは、すでにアップルの自動請求 API に関する暫定版ドキュメンテーションを完成しているという。多分これには iOS の新しいバージョンが必要になると思われるので、出来次第 Daily が公開されても、アップルから自動請求のサポートが発表されるまでは無料ということになるのではないか・・・

[注]recurring billing:自動継続請求、クレジットカード会費や雑誌購読料などのように放っておくといつまでも支払いが自動的に続くもの

As regards Apple’s role, my understanding, based on information from sources not at Apple, is that this is not something like iBooks — there is no central “iNews” or “Newsstand” app from Apple. Rather, it’s a new subscription billing option for apps — true recurring subscriptions — paid through your iTunes account. News Corp’s “Daily”, then, would be just an app in the App Store, using subscription billing routines built-into iOS. My understanding is that the developers at News Corp building the app already have preliminary documentation on the new subscription billing APIs from Apple. I presume this would require a new version of iOS, but perhaps the Daily will launch as soon as it can, free of charge until the billing support ships from Apple.

     *     *     *

コンテンツの定期配信

もしコンテンツがバックグラウンドで定期的に配信され、翌朝開いたときにダウンロードしなくても当日版のニュースが読めることになればすばらしいじゃないか。「そうなったらいいのに」という私のアイデアに過ぎず、アップルから聞いた話ではないけれど。ガーディアンの次の話には本当にそうなのかなあという気もする・・・

It would be nice if there were also a way for content to be delivered periodically in the background, so that when you launch it in the morning, you don’t have to wait for it to download today’s news. That’s just a “wouldn’t it be nice?” idea from me, though, not something I’ve heard is coming from Apple. But this bit from the Guardian story makes me wonder if they’re working on it:

「アップルエンジニアの協力のもとに開発されたこの技術の革新的部分は、iPad ないしは増加しつつある同様なデバイスに対して、出版物を自動的に発送するという点にある。」

“[T]he central innovation, developed with assistance from Apple engineers, will be to dispatch the publication automatically to an iPad or any of the growing number of similar devices.”

「増加しつつある同様なデバイス」に対してアップルが協力することはあり得ないとは思うけれど・・・

Although I sincerely doubt Apple is offering much help with the “growing number of similar devices” aspect.

     *     *     *

瀕死の新聞産業の起死回生策と iOS の次のアップグレードの話がないまざって、期待と妄想の歯車が次のレベルへとギアシフトする。

それにしても日本の新聞も他人事じゃあるまい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉来年までずれ込む?(11月30日)

iPad 新聞「Daily」は来年までずれ込むというウワサがある。

Electronista: “News Corp iPad daily may be delayed into 2011“: 26 November 26, 2010

     *     *     *

アップルが合意しない?

金曜午後に複数の情報筋が明らかにしたところによると、News Corp が発表するタブレット新聞「Daily」は来年初めまでは出ないようだ。12月中旬発表とのウワサを情報筋はきっぱりと否定した。2011 年にずれこむだろうという。フィナンシャルタイムズに載っている情報だけではなぜ遅れるのかはっきりしないが、たぶんアップルが自動請求にゴーサインを出さないためだと思われる。

The News Corp tablet publication The Daily may not arrive until early next year, sources alleged Friday afternoon. They rebuffed the rumors of a mid-December launch and said it was “more likely” to reach into 2011. What triggered the delay wasn’t clear in the Financial Times slip, but Apple supposedly hadn’t yet agreed to allow recurring subscriptions.

     *     *     *

したがって iOS 4.3 も・・・

この情報が正しければ、iTunes の定期購読をサポートする iOS 4.3 アップデートが同じ頃に行なわれるというウワサとも矛盾することになる。

The claim if true would partly contradict talk of an iOS 4.3 update due around the same time that would add iTunes subscription support.


     *     *     *

ベッドをともにする

意見の不一致がどうであれ、Daily をめぐるアップルと News Corp の協力関係は非常に親密なものだと思われる。・・・


No matter the disagreements, plans for the Daily were described as a very close collaboration between Apple and News Corp. […]


「News Corp は完全にアップルとベッドを共にしている」と情報筋のひとりはいう。


”[News Corp] is getting into bed completely with Apple,” a tipster said.

     *     *     *

この記事の元になったフィナンシャルタイムズは次のように述べている。

FT.com: “Old media tackle the challenge of tablets” by Andrew Edgecliffe-Johnson, Joseph Menn, Tim Bradshaw and Esther Bintliff: 26 November 2010

来年の可能性大

プロジェクトに詳しい情報筋は、12月のステージで Murdoch と Steve Jobs が「Daily」を発表するというウワサを否定した。発表は来年になる可能性が大きいという。

People familiar with the project deny rumours that Mr Murdoch and Steve Jobs, Apple’s chief executive, could announce The Daily on stage in December, saying that a new year launch is looking more likely.

     *     *     *

自動継続課金システムが導入されればすごいことだが・・・

12月中旬にイベントが実現するためには、いくつもハードルがあるということだろう。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »