Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘PA Semi’ Category

Young Steve Jobs

若き日の Steve Jobs

Flash をめぐる紛争についてたいへん刺激的な論考がある。

steve’s blog: “The Genius in Apple’s Vertical Platform” by Steve Cheney: 14 April 2010

     *     *     *

戦略的理由

今週アップルはデベロッパを特定の開発ツール XCode に閉じ込めた。これはアドビの Flash を潰すためだと多くのひとは考えた。たしかに戦術的にはそうだ。しかしもっと大きな戦略的理由があるのだ。アップルは XCode ツールに移行するようデベロッパを促すことにより、アーキテクチャを変更する準備を整えているのだ。

This week Apple confined developers to a specific set of tools (XCode). A lot of people think this is to kill Adobe Flash. Sure, that is a tactical reason, but there are much broader strategic reasons. By telling developers to move to XCode tools, Apple is setting the stage to potentially switch architectures.

     *     *     *

歴史は繰り返す

歴史は繰り返す。2003 年にアップルはデベロッパに対し XCode ツールに移行するよう勧めた。決して偶然の一致ではない。その2年後にアップルは、マックの全機種にわたるインテル移行を完成させたのだ。アップルの勧めに従ったデベロッパは、ボタンを押すだけで自らのアプリケーションを新しい Intel Mac ネイティブに(フルパフォーマンスで)走らせることができた。

History often repeats itself: In 2003, Apple advised developers to switch to XCode tools. This was not a coincidental move—2 years later Apple moved to Intel across its entire Mac line. Developers who complied could simply press a button and applications would run natively (full performance) on new Intel Macs.

     *     *     *

内部は誰にも分らない

もしかしたら、みんなが気付かぬうちにアップルは既にアーキテクチャを変更してしまったのかもしれない。例えば、iPad を動かす A4 プロセッサの内部がどうなっているのか、専門家がいやというほど調べても、誰にも分らないのだ。今週出た分析によると、A4 は 64 ビットメモリーバスと GPU を備えたシングルコアの ARM Cortex A8 のはずだったのに、それにしてはダイサイズ[Thanks:chip 屋さん]が非常に大きいという驚くべき結果が出たのだ。

Now consider this – Apple may have already switched without people knowing. Here’s an anecdote –  the innards of Apple’s A4 (powers the iPad) have been speculated ad nauseum by experts, but the reality is no one knows what’s actually inside. This week, there was very surprising analysis that the A4’s die size far exceeds what it ‘should’ be (single core ARM Cortex A8 with a 64 bit memory bus and GPU).

     *     *     *

デュアルコアの Power Architecture

この分析はまだ主流ではないが、A4 は ARM アーキテクチャに基づくものではないのではないかという議論を大いに煽ることは間違いない。実のところ、A4 はデュアルコアの Power Architecture である可能性が大変高いのだ。それは 2007 年にアップルが PA Semi チームを買収する以前に彼らが開発中だったものだ。

This analysis is not yet mainstream, but will add tremendous fuel to the fire that perhaps the A4 is NOT an ARM architecture. In fact, it’s highly possible that the A4 is a dual core Power Architecture, which is what the PA Semi team worked with, prior to Apple buying them in 2007.

     *     *     *

Objective-C ネイティブ

もしそういうことなら、iPhone OS 4.0 iPad に信じられないほどのスピードアップをもたらすことになる。なぜなら、アプリケーションが動くのはもはや ARM プロセッサのエミュレータではないからだ。OS 4.0 によって iPad が初日から 50% 増のスピードを叩き出せるなんて誰が想像できるだろうか。アップルはソフトウェアの神ともてはやされるだろう。しかしかかるスピードアップが可能になるためには、アプリは Objective-C で書かれていなければならない。だからこそデベロッパに対してそうするようアップルは勧めているのだ。

If this is indeed the case, then iPhone OS 4.0 would bring incredible speed improvements to the iPad, since it would no longer run applications on an ARM processor emulator. Can you imagine if OS 4.0 improved the iPad’s speed by 50% on day 1? Apple would be heralded as a software God. But in order for these speed improvements to be realized, apps would need to be written in objective C—which is exactly what Apple is now telling developers to do.

     *     *     *

垂直統合

アップルが戦略的観点に立って垂直統合(vertical integration)に深く思いを致していることは明らかだ。CPU ビジネスに参入するという決定は軽々に行なわれたものではない。それはプラットフォームの伝統に基づき、デベロッパを(大きなネットワークの力を使って)望む方向に誘導できるという自信に基づくものだ。何が A4 の内部にあるのか間もなく明らかになるだろう。ひとつだけはっきりしていることがある。それはアップルがアーキテクチャの変更をシームレスにするための基礎作業を行なっている最中だということだ。デベロッパは移行スイッチを押すだけで、自らのアプリに超高速とネイティブパフォーマンスを与えることができるのだ。

It’s clear from a strategic perspective that Apple has thought about vertical integration incredibly deeply. Their choice to enter the CPU business was not made lightly, and reflects a platform heritage and an ability to steer developers (afforded by huge network effects). We will likely find out what’s really inside the A4 soon. But one thing is already clear:  Apple is sowing the groundwork to make architecture changes seamless—developers will only need to flip a switch to give their apps blazing, native performance.

     *     *     *

先見の明

この驚くべき先見の明によって、アップルはインテルや Qualcomm、nVidia との激しい競争において敏捷に動き、行動に出ることができるのだ。基本的にアップルは、CPU をコモディティーとして扱い、そのことによって「自社製造か購入か」という戦略を自由に選べ、サプライヤーに対しては強力な支配力を行使し、長期的には自らのプラットフォームに後光を与えることが可能になるのだ。

This incredible foresight will allow Apple to stay agile and maneuver in the face of what will be unrelenting competition from Intel, Qualcomm, and nVidia. Apple can essentially treat the CPU as a commodityムand this will enable them to continually adjust ‘make vs buy’ strategies, wield incredible power over suppliers, and build a long-term halo around their platform.

     *     *     *

Flash 論争で目をそらす

アップルが Flash 論争へ人々の注意をひいて、その背後にある Steve Jobs の天才的ビジョンや行動に気付かせないようにしているのを見ると実に興味をそそられる。アップルの準備は整いつつあるのだ。歴史に残る垂直統合を成し遂げた最大の勝利者となるべき準備が・・・

I find it fascinating that Apple has been so good at diverting attention to the Flash argument, that people don’t see the true genius behind Steve Job’s vision and moves. Apple is setting the stage to become one of the biggest winners in the storied history of vertically integrated companies.

     *     *     *

なにやらゾクゾクしてくるではないか。

つくづく物事はいろんな見方ができるんだなあと思う・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:Steve Cheney に対する批判(4月18日)

Steve Cheney の昨日の記事は刺激的なだけに批判も多い。元記事に寄せられたコメントから・・・

1)A4 チップについて

chrisjwowen のコメント:
ウム・・・この記事は A4 チップがデューアルコアチップだという前提で書かれている。全くの妄想だ。これで多くの PV は稼げたかもしれないが・・・

chrisjwowen said…
Erm…this whole thing rests on your assumption the chip is some sort of dual core chip. Pure fantasy. What isn’t fantasy is that you’ve probably got a lot of traffic from this.

Geert van Dijk のコメント:
A4 チップのミステリーについて:これは ARM チップだ。すでにX線解析済みで、ごく普通のシングルコア Cortex プラス GPU で、普通の SoC であることが分っている。大きいわけは、待ち時間を抑え、スピードを上げるために、メモリーチップを直接 CPU に組み込んだためだ。

Geert van Dijk said…
And as to the mystery you think surrounds the Apple A4: It is ARM, it’s already been x-rayed and it reveals a quite common Cortex-singlecore and a GPU, the usual SoC. The reason that it’s bigger is that they put the memory chips directly on the CPU, for lower latencies and higher speeds.

Dave Haynie のコメント:
ダイサイズは 256MB DRAM をチップに載せたことで簡単に説明がつくと思われる。DRAM の埋め込みはとくに新しい話ではない。ラップトップの GPU ではかなりの前からやっている。結構大きさもある。

Dave Haynie said…
The huge die size is probably most easily explained by the claim that there’s 256MB of DRAM on-chip. Embedded DRAM is nothing all that new.. it’s been in some of the laptop GPUs for awhile now. But it’s also not tiny.

     *     *     *

2)コンパイラについて

throw_away_user のコメント:
キミはコンパイラーのことが分っていない。flash のような中間的なプラットフォームで開発されたアプリは、如何なるプラットフォームであろうと移植された先で作動する。デベロッパは何もしなくていい。「スイッチを押す」必要さえない。同じコンテンツを配布するだけでいいのだ。
いったんコンパイルされたものは、xcode のマジックとは無関係に異なるコンパイラーで動くだけのことだ。アップルに必要なのは、すべてのアーキテクチャで使える(POSIX やココアのような)API を提供することだけだ。
任天堂も GBA -> DS -> DSi の移行で同じことをやった。誰にもツールを強制しなくてもちゃんと動いたのだ。

throw_away_user said…
you don’t seem to understand how a compiler works. the apps that use an intermediate platform (like flash) will work in any platform where flash is ported to without any effort by the developers (they don’t even have to “flip a switch”, just distribute the same content everywhere).
For the stuff that is compiled, there is no magic in xcode, it just runs a different compiler. Apple only needs to provide an API that is available across all architectures (like POSIX and cocoa).
Nintendo has done this with the GBA -> DS -> DSi path, and it worked fine for them without the need to force any tools on anyone.

     *     *     *

3)X-Code について

Kevin Goldsmith のコメント:
X-Code ツールを強制するということ自体は悪い考えではないかもしれない。X-Code がすぐれたツールであればの話。残念ながらそうではない。そうなりそうもない。他のプロ級の IDE に比べても数年遅れだ。デベロッパがバグが多くて機能が限られていると考えるそんなプラットフォームを強制することは、そのために開発しようという意欲を大いに損なうことになる。

Kevin Goldsmith said…
Forcing everybody onto X-Code wouldn’t be so bad if it was a good tool. It isn’t. It is getting there, but it is years behind other professional-grade IDEs. Forcing developers on to an IDE rampant with bugs and missing features that developers take for granted on other platforms really reduces the attractiveness of developing for that platform.

     *     *     *

最後に本記事に対する John Gruber のコメント。

Daring Fireball: “Keeping the Platform Nimble” by John Gruber: 14 April 2010

アドビを待ってはおられない

App Store デベロッパに対しアップルの iPhone SDK を使うようプッシュしたという点に関しては、Steve Cheney は適切な指摘をしている。

Steve Cheney raises a good point regarding Apple’s renewed push for App Store developers to use Apple’s own iPhone SDK:

アドビがインテルネイティブな(ベータ版でない)Creative Suite アプリケーションを出荷したのはインテルマックが発売された16か月後だった。アップルがインテル移行を宣言してから2年もたっていた。Mac OS X 版の Photoshop が出荷されたのも遅かった。

Adobe did not ship (non-beta) Intel-native versions of the Creative Suite apps until April 2007, 16 months after Apple began shipping Intel-based Macs (and about two years after Apple announced the Intel transition). Adobe was also late shipping Mac OS X versions of Photoshop.

iPad の A4 チップは ARM ではないかもしれないという点については、Cheney の予測は根拠のないものだが、いつの日かアップルが iPhone OS デバイスに新しいアーキテクチャを加えるかもしれない[とか、 iPhone OS アプリが64ビットになるかもしれない]という意味ではさほどバカげてはいない。アドビが Flash の iPhone コンパイラをアップデートするまで、2年もムダにしたくないとアップルが考えてもまったくおかしくない。これまでアップルのプラットフォーム移行に対するアドビのフォローアップには定評がある。決して芳しくない定評だ。

Cheney’s idle speculation that the A4 CPU in the iPad is something other than ARM is not the case, but, still, it’s not silly in the least bit to think that Apple will someday add a new architecture for iPhone OS devices (or, will someday push for iPhone OS apps to go 64-bit). Not wanting to wait two years for Adobe to update Flash’s iPhone compiler is perfectly reasonable on Apple’s part. Adobe has a track record regarding their preparedness for Apple platform shifts, and it’s not good.

Technorati Tags: , , , , , , , , , , , , ,

Read Full Post »

Ibubble 2010

WSJ のスクープのおかげで、タブレットのウワサは何でもありになった。

その後の話題を2つほど・・・

ひとつはタブレットの部品コスト推計、もうひとつは搭載チップの話だ。

     *     *     *

iPhone をベースにタブレットのコストを推計する

Jeffrey Fidacaro(Susquehanna Financial のアナリスト)が明らかにしたものだが、iSuppli 16GB iPhone 3GS の製造コスト推計をベースにしたところがミソだ。

Fortune Brainstorm Tech: “Apple tablet: $340 in parts?” by Philip Elmer-DeWitt: 06 January 2010

     *     *     *

部品コストはたったの 347 ドル

[iSuppli が推計した 16GB iPhone 3GS のコスト]180 ドルをベースに、タブレットの大型スクリーン化や大型バッテリー化などのコスト増を織り込んで 347 ドルという数字を得たものだ。その詳細は別添のとおり。

Apple Tablet Bom

Using that a starting point, Fidacaro threw in the extra cost of a larger screen, bigger battery etc. and came out with a total of $347, as detailed in the schedule below the fold.

     *     *     *

つかみの数字

Atom プロセッサ、1.8 インチ HDD を前提にしているので、部品構成如何によっては大きく変化する。

しかし WSJ が引用した 1000 ドルだって、「四半期の出荷台数 100 万ないし 150 万台、国内販売価格(ASP)を 1000 ドル、純利益のマージンを 22% と控え目に見積もると」という大まかな話だから、つかみの数字としてはそれほど荒唐無稽ではないかもしれない。

[つかみで約 400 ドルだとして、有名なアップルの 25% マージンを乗せたとしても 500 ドルだから、販売コストを加えても十分 600~800 ドルの範囲にはいると考えるのは甘過ぎか・・・]

     *     *     *

さてもうひとつはタブレットに搭載するチップの話だ。

TheStreet.com: “Exclusive: Apple Tablet Has No Intel Inside” by Scott Moritz: 06 January 2010

     *     *     *

インテルはアウト

3月発売予定のタブレットの製造にとりかかる時期が近づいてきたため、アップルは搭載すべきパーツの最終決定を迫られている。アップルの設計・製造パートナーの話をもとにすると、残念ながらインテルは食い込めなかったと、Northeast Securities のアナリスト Ashok Kumar はいう。

With production time of its Tablet approaching, Apple has been making its final decisions on which components will go into the device, which is due out in March. Unfortunately for Intel, it didn’t make the cut, says Northeast Securities analyst Ashok Kumar, based on conversations with Apple’s design manufacturing partners.

     *     *     *

PA Semi のチップを採用

アップルの製造計画に詳しいという他のアナリストによれば、インテルの新しい Atom プロセッサも検討はされていたが、最終的には PA Semi が開発したチップが採用されたという。アップルがチップ工場の PA Semi を買収したのは2年前のことだった。

There has been speculation that Intel’s new generation of Atom chips was in the running for the slot, but Apple ultimately chose a processor developed by P A Semi, a chip shop Apple acquired two years ago, according to another analyst familiar with the so-called build plan.

     *     *     *

いずれもアナリストの話だから、そのつもりで聞き置くとしても、ウワサの具体性はそれなりに進化しているように思える。

それにしても PA Semi の話がやっと出てきたところは、AppleInsider のスクープが現実性を帯びてきたということか・・・

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Cihra Analysis-1

Apple – Annual Trends

日本の有価証券報告書にあたる「Form 10-K」は毎年 SEC に提出される。Form 10-K は企業動向のチェックに欠かせない基本的資料だ。一般株主向けに作成されるアニュアル・レポートはこれを簡略化したもの。

あまり注目されなかったが、アップルの Form 10-K に触れた興味深い記事がある。

AllThingsD: “$1.9 Billion in Capex? What’s Apple Planning?” by John Paczkowski: 02 November 2009

     *     *     *

70%増の設備投資

最近アップルが SEC に提出した Form 10-K には興味深いデータが載っている。2010 会計年度に19億ドルの設備投資[Capex:capital expenditures]が計上されているのだ。これは前年の11億ドルに比べ70%増となる。いったいアップルは何を計画しているのだろうか。

Here’s an interesting data point from Apple’s recent 10-K filing with the U.S. Securities and Exchange Commission: The company has budgeted $1.9 billion in capital expenditures for fiscal 2010. That’s 70 percent more than the $1.1 billion it spent in 2009. What does Apple (AAPL) plan to do with those additional funds?

アップルは 10-K の中で「2010 年度において約19億ドルの公共投資を予定しており、その内訳は小売店鋪が4億ドル、会社設備、インフラ、工作機械および製造設備が15億ドルである」と述べている。

According to its 10-K, the company “anticipates utilizing approximately $1.9 billion for capital asset purchases during 2010, including approximately $400 million for Retail facilities and approximately $1.5 billion for corporate facilities, infrastructure, and product tooling and manufacturing process equipment.”

     *     *     *

「工作機械および製造設備」の意味は?

これは前年に比べ大幅増の広範囲な投資となると Caris & Company のアナリスト Robert Cihra はいう。「興味深いことに、今年の Form 10-K には『工作機械および製造設備』という文言が含まれているが、これはアップルがこれまでのやり方を変えて特定の製品ないしは部品をインハウスで製造する可能性があることを示している」と Cihra は本日付けの顧客へのレポートで述べている。「さらには、アップルが(ノースカロライナ州の)新しいデータセンターに巨額の投資を行なうことを示している。同センターは iTunes/iPhone アプリのサポートから新しいクラウドコンピューティングに至るまであらゆることに対応できるものだ。」

That’s a wide range of potential applications–wider, in fact, than it has been in years past, as Caris & Company analyst Robert Cihra notes. “Interestingly…this year’s 10K added wording for purchases of ‘product tooling and manufacturing process equipment’ which could imply Apple reversing course to actually build certain products/components in-house,” Cihra said in a note to clients today. “Beyond that are signals of Apple investing in massive new data center capacity (e.g., North Carolina) that could support anything from iTunes/iPhone Apps through new ‘cloud computing.’”

     *     *     *

さまざまの可能性

この話は信憑性が高いように思える。アップルのような会社なら、19億ドルの設備投資資金の使い道はいろいろ考えられる。確かに iTunes TV のサブスクリプション・サービスにはかなりの投資が必要だろう。タブレットの製造だってそうだ。そういうことに投資されるのかどうか、そもそも何かに使われる可能性があるのかどうかは今後を見守る必要がある。ひょっとして Steve Jobs の夢である「究極のコンピュータ工場」にアップルは全額投資するかもしれないのだ。

Sounds plausible. After all, there’s a lot a company like Apple could do with an additional $1.9 billion in capital expenditures. Certainly, an iTunes TV subscription service would require some investment. A tablet/slate device might as well. Whether that’s where this money is headed–if it’s headed anywhere at all–remains to be seen. Who knows, perhaps Apple intends to blow it all on CEO Steve Jobs’ dream of the “ultimate computer factory.”

     *     *     *

結局70%増の設備投資という以外は確たるものがあるわけではない。

しかし、来年登場するというアップルタブレット自社でチップを設計する PA Semi米東岸(ノースカロライナ)で進行するデータセンター意欲的なアップルストアの展開複数デバイス間の同期システムRFID 関連の特許出願、さらにはどんどん積み上がるキャッシュなどを考え合わせると、2010 年がアップルにとって何か大きな年になることだけは間違いなさそうだ。

ジグソーパズルを埋めるピースがこれからも次々と出てくるに違いない。

2010 年は楽しみな年になりそうだ。

     *     *     *

参考:

・SEC: “APPLE INC. Form 10-K“: 26 September 2009
・AllThingsD: “$1.9 Billion in Capex? What’s Apple Planning?” by John Paczkowski: 02 November 2009
・AppleInsider: “Apple’s 2010 capital expenditures could signal major investments” by Neil Hughes: 02 November 2009
・The Mac Observer: “Apple 10K Shows 70% Capital Expenditures Increase for 2010” by Bryan Chaffin: 02 November 2009
・Cult of Mac: “Apple Spending To Jump 70% In 2010 – Signs of a New Strategy?” by Ed Sutherland: 02 November 2009
・Fortune: “THE ULTIMATE COMPUTER FACTORY Steve Jobs has built a Next workstation plant with just about everything: lasers, robots, speed, and remarkably few defects.” by Sally Solo: 26 February 1990
・Data Center Knowledge: “The Apple-Google Corridor Looks to Expand” by Rich Miller: 29 October 2009

Technorati Tags: , , , , , , , , , , , , ,

Read Full Post »

Apple Tablet Ai

AppleInsider が予想するアップルタブレットの最新画像

AppleInsider のスクープだ。

AppleInsider: “Apple’s much-anticipated tablet device coming early next year” by Kasper Jade: 24 July 2009

     *     *     *

Steve Jobs の最新創作品

ジャンボ iPod touch を思わせる 10 インチサイズで 3G が可能なアップルタブレットは Steve Jobs の最新の創作品だ。インサイダーがいうように、随所にその特徴がみられる。Jobs の厳しい目は、輪郭が正確かどうか、インターフェイスの細部まで特定の視点にマッチしているかどうかを見逃さず、どんな些細な欠点も許さない。そうでなければまた設計段階へ差し戻しだ。

The 10-inch, 3G-enabled tablet, akin to a jumbo iPod touch, is the latest brainchild of chief executive Steve Jobs. That distinction, as insiders will tell you, carries its share of baggage. Under the critical eye of Jobs, contours must be precise, each pixel of the interface has to match a particular vision, and there can be no fault — no matter how slight — or it’s back to the drawing board.

     *     *     *

果たして日の目をみるのか

そのようにしてこのプロジェクトは、過去 24 か月の間、AppleInsider が密かに見守っただけでも少なくとも半ダース以上の差し戻しを経験している。その都度開発は凍結され、新しいデバイスのキーとなる特色について、再検討、ツール変更、再設定を重ねてきた。Jobs の近くにいる者たちは、このプロジェクトが日の目を見ることはないのではないかと疑ったほどだ。数年前 Jobs がアップルに復帰したとき PDA をお蔵入りにしたことを思い出すからだ。

As such, AppleInsider has observed silently as the project was reset at least a half-dozen times over the past 24 months. Each time, development was frozen and key  of the device rethought, retooled and repositioned. At times, those close to the Apple co-founder had their doubts that it would ever see the light of day, just like a smaller PDA device he canned a few years after returning to the company.

     *     *     *

2010 年第1四半期に発表

しかしこの6か月の間、クリティカルな問題がひとつずつ解決されてきたという。Jobs はこのプロジェクトを、自宅から、オフィスから、あるときは病床から統率してきたが、ついに念願の満足というオーラを獲得するに至った。アップルの内部事情についてこれまで驚くほど正確な情報を提供してくれたことで AppleInsider が高く評価しているソースによれば、ついに Jobs はこのプロジェクトをアップルの 2010 年のロードマップに確定した。そこでは 2010 年第1四半期の発表とされているという。

However, the past six months have reportedly seen the critical pieces fall into place. Jobs, who’s been overseeing the project from his home, office and hospital beds, has finally achieved that much-sought aura of satisfaction. He’s since cemented the device in the company’s 2010 roadmap, where it’s being positioned for a first quarter launch, according to people well-respected by AppleInsider for their striking accuracy in Apple’s internal affairs.

     *     *     *

Verizon の可能性

米国のワイヤレスプロバイダである AT&T との独占関係については、アップルは公式にはすばらしいことだとしているが、水面下ではいくつかトゲが刺さった関係にある。iPhone の全国展開にとって必須の側面が AT&T のせいで遅れているのは周知の事実だ。事情に詳しいほかのソースも、アップルが競争相手のVerizon Wireless と精力的に話し合いを持っていると指摘している。Verizon がインターネットアクセスを可能にできるかどうかはタブレットにとって致命的問題なのだ。

Although Apple maintains publicly that it’s thrilled with the relationship it has with exclusive U.S. wireless provider AT&T, the company has a bone or two to pick with the carrier behind closed doors. It’s no secret AT&T’s lagging has delayed some vital aspects of the iPhone experience stateside, and as such, other people familiar with the matter say Apple is now in active talks with rival Verizon Wireless over the possibility of the carrier playing a key role in providing Internet access for its tablet device.

     *     *     *

新しいコンセプト画像

AppleInsider は、タブレットの最初のコンセプト画像が縦横比の点で当たっていなかったことに鑑み、iPhone を念頭においたもっとそれらしい画像[冒頭画像参照]を最近また取り上げた。

AppleInsider has also picked up in recent months that its initial artist’s rendition of the tablet device was off the mark proportionately and has since taken another stab at what the product may look like in respect to the iPhone, as can be seen below.

     *     *     *

インテルへの不満

マルチタッチタブレットの市場化が遅れている最大の原因は、ある特別の問題のせいだと考えられており、最終的に脳外科手術を始める[搭載チップを確定する]前に解決しようとアップルは必死になっている。構想としては、インテル最初の Atom プロセッサ「Silverthorn」をベースとすると信じられていた。

Much of the holdup in brining the multi-touch tablet to market is thought to have revolved around a particular issue for which Apple struggled to find a solution, before ultimately settling on a brain transplant. Upon conception, it’s believed the device was destined to be based around Intel’s first Atom processor, then dubbed.

     *     *     *

インテルサイドも大乗り気だったアップル「新製品」だが、Atom チップの契約まで交わしたにもかかわらずそれが実現することはなかった。

     *     *     *

PA Semi と独自設計チップ

チップを設計するだけで工場を持たない PA Semi をアップルが2億 7800 万ドルで買収しようと動き出したのはこの頃だった。要求する結果を出せないシステム・オン・チップ[SoC: System on a Chip]の手法に満足できないアップルは、低消費電力が特色の ARM をベースに独自設計のチップを作ろうと考えた。この決定によってインテルの経営陣は多大な不満を抱いたと考えられる。Atom プラットフォームの活性化を狙っていたインテルは、アップルとのビジネスを失うことに戦(おのの)いたからだ。

It was around this time that the company moved forward with its $278 million buyout of fabless chip designer P.A. Semi. Dissatisfied with existing system-on-a-chip solutions incapable of producing the results it sought, Apple’s objective was to create its own around ARM-based designs renowned for their superior power management characteristics. This decision is believed to have led to considerable discontent on the part of Intel executives who — looking to jump-start their Atom platform — were less than thrilled over the loss of Apple’s business.

     *     *     *

IDF での悪口

その反感は数か月後に、台北でのインテルデベロッパフォーラム[IDF]で、2人のインテル幹部が iPhone およびそれに搭載した ARM プロセッサについて悪口をいったことで表面化する。かつてこのフォーラムでは、未来の Atom チップを含む次期 Moorestown プラットフォームこそが次世代携帯インターネットデバイス[MID]のためのものであると誇らしげに紹介したものだ。

Sentiment over the matter appeared to come to a head a few months later when a pair of Intel executives had a field day badmouthing the iPhone and its embedded ARM processor at the company’s developer forum in Taipei. That was the same forum where the chip maker was touting its upcoming Moorestown platform for next-generation mobile Internet devices (MIDs) that encompasses a future-generation Atom chip.

     *     *     *

タブレットの発売時期から Verizon との関係、搭載チップ、インテルとの軋轢まで AppleInsider のスクープは詳細にわたっている。

ウワサ系やガジェット系だけでなく、技術紙や一般紙まで広く反応しているのも当然だろう。

Think Secret なきあと、AppleInsider の面目躍如たるものがある。

★ →[原文を見る:Original Text]

Technorati Tags: , , , , , , , , , , , ,

Read Full Post »

Pa Semi Chip

[PA Semi chip]

Dean Takahashi(VentureBeat)の興味深い情報を各紙が取り上げている。

800 ドルのアップルタブレットが 10 月に登場するという中国発のウワサに関連して、搭載するプロセッサはアップルが自社開発したものではないかと指摘したのだ。

VentureBeat: “Look for PA Semi’s chip designs in upcoming Apple tablet” by Dean Takahashi: 13 July 2009

     *     *     *

自社設計のプロセッサ

10 月にアップルが 800 ドルのタブレットコンピュータを発表するというウワサが浮上している。一方我々も興味深いネタを入手した。タブレットに使われるプロセッサはアップルチームが設計する自社製品だというのだ。

Reports surfaced today that Apple will launch an $800 tablet computer in October. But we’ve dug out something interesting ourselves: the processor chip for the tablet is being designed by Apple’s own internal chip team.

     *     *     *

二つの設計チーム

アップルは 2008 年4月に PA Semi を2億 7800 万ドルで買収した。しかしそこで何をするつもりか明らかにしたことは一度もない。そこには Dan Dobberpuhl や Jim Keller といったチップ設計のスーパースターを集めているのだ。我々が聞いたところでは、PA Semi の設計チームは二つのグループに分かれているという。ひとつは iPhone や iPod のためにポータブルの ARM ベースプロセッサを設計するグループ、もうひとつはタブレット用のプロセッサを設計するグループだ。

Apple acquired PA Semi in April, 2008 for $278 million. It never said what it planned to do with the chip design firm, which featured star chip designers including Dan Dobberpuhl and Jim Keller. But we’ve learned that PA Semi’s team was split into two parts, one designing portable ARM-based processors for iPhones and iPods, and another designing a processor for the tablet device.

我々のソースによると、アップルは PA Semi のため信じられないほどすばらしいチップ設計者を集めたらしい。元 DEC 社にいた連中だ。低電力ハイスピードのプロセッサファミリーである Alpha プロセッサや StrongArm プロセッサはインテルが買収したあと Marvell に売却された。最近も WSJ が、アップルがチップ設計チームに注力していると報じている。

Our source noted that Apple acquired some incredible design talent with the PA Semi team, which was behind the original Digital Equipment Corp. Alpha processor and the StrongArm processor, which was a speedy low-power processor family that was acquired by Intel and then sold to Marvell. The Wall Street Journal confirmed recently that Apple has a substantial chip design effort under way.

     *     *     *

誰も知らない・・・

しかし本当のところこのチームが何をしているか知っているひとは誰もいない。この才能溢れるチームをアップルが二つの分野で使おうと考えてもおかしくない。モービルデバイスを中心とする分野と、相当な設計能力を必要とするタブレットコンピュータないしはネットブックという二つの分野だ。このプロジェクトについては未知のことが多い。あちこちで耳にするウワサから考えると、何かが進行中であることは間違いない。しかし PA Semi チームが秋に発表する新製品に使うチップの完成にこぎ着けたと考えるのは時期尚早ではないか・・・

But no one really knew what the chip team was doing. It makes sense that Apple would divide the multi-talented team into an effort focused on the mobile space and something else focused on more substantial designs for tablet computers or netbooks. There’s a lot we don’t know about this project. But given the rumors floating into us and to others, it definitely seems like there is something going on. It seems fairly early for PA Semiユs team to be finishing a chip for launch in a product debuting in the fall.

     *     *     *

2010 年前半発売というウワサと PA Semi のチップがどうつながるのか、まだまだ先は長そうだ・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *

[参考]

・VentureBeat: “Look for PA Semi’s chip designs in upcoming Apple tablet” by Dean Takahashi: 13 July 2009
・TechCrunch Japan: “CG]またもアップルタブレットのウワサ・・・こんどは値段も発売時期も明らかに“: 14 July 2009
・CrunchGear: “Apple tablet rumor gets screen size, price, and release date” by Matt Burns: 13 July 2009
・Gizmodo: “Apple Tablet Might Use Apple’s Own Processors, Equal Netbook Power” by Matt Buchanan: 13 July 2009
・CNET Japan: “P.A. Semi、うわさのアップル製タブレットでチップを設計か–Venture Beat報道“: 14 July 2009
・CNET: “Report: Apple tablet will have PA Semi chips” by Erica Ogg: 13 July 2009

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

Applechip

なにやらアップルで新しい動きがあるようだ。

Forbes: “Apple’s New Era” by Brian Caulfield: 28 April 2009

     *     *     *

アップルの新時代?

アップルの新時代が始まるのか。Steve Jobs の時代を特徴づけるのはソフトウェアだ。果たしてそれが変わりつつあるのか?

The Jobs era has been defined by software. Is that changing?

アップルはなにやら大きなものに取り組んでいる。Steve Jobs & カンパニーが取り組んでいるものが何なのか、それを正確に知るには早すぎる。しかし取り組んでいるのは誰なのか、それを知るのはむずかしくない。結局のところそれがより重要かもしれないのだ。

Apple is working on something big. But it’s too soon to know what, exactly, Steve Jobs & Co. are doing. But it is not too early to know who is doing it. And that, ultimately, may be more important.

     *     *     *

ソフトウェア・グル

Steve Jobs が NeXT からアップルへ連れてきたのはソフトウェアピープルだった。アップルを次なる再生へ大きく方向転換させたのは彼らだった。

That’s because it was the software people Jobs brought with him to Apple from his start-up, Next, who have helped make Apple’s turnaround into a lasting renaissance.

1997 年に Jobs がアップルに復帰したとき、アップルの OS はどうしようもない状態だった。Jobs は時間を稼ぎをするため時代遅れとなったアップルのハードウェアをすぐさま一新した。その間 NeXT から連れてきたソフトウェア・グルたちにアップルの次なる目玉(next big thing)に取りかからせたのだ。それが 2001 年に発表された OS X だ。

When Jobs rejoined Apple in 1997, the computer company’s operating system was a mess. To buy time, Jobs moved fast to update the company’s dowdy hardware. Meanwhile, Jobs put the software gurus from Next to work on Apple’s next big thing: OS X, introduced in 2001.

     *     *     *

インテルへの移行

アップルのハードウェアデザインは長い間際立った存在だった。しかし 2005 年にインテルプロセッサを採用したことにより、アップルのコンピュータは PC とほとんど同じものになった。デルやヒューレットパッカードの名で売られているものと同じく、マイクロソフトの Windows ソフトを動かせるマシンとなったのだ。

Of course, Apple’s hardware designs have long been distinctive. But with the adoption of Intel processors, announced in 2005, Apple’s computers have become so much like PCs that they can run Microsoft’s Windows software as well as anything sold by Dell or Hewlett-Packard.

アップルを特別の存在とし、ハイエンド PC の中でも中心的位置に置いたのはハードウェアではなく OS X だった。そして次なる目玉のスマートフォンで圧倒的成功を収めさせたのも OS X だった。

Instead it has been OS X that has set Apple apart, putting it at the center of the high-end personal computer business and giving it a shot at dominating the next big thing: smart phones.

     *     *     *

NeXT から来たトリオ

この動きを率いたのは Avads “Avie” Tevanian、Bertrand Serlet、Scott Forstall といった NeXT から来たベテラン3人組だった。このトリオが、Unix をベースとする NeXT OS のすばらしい安定性とネットワーキングの優秀性を大衆市場にもたらしたのだ。

That effort was defined by Next veterans such as Avads “Avie” Tevanian, Bertrand Serlet and Scott Forstall. The trio brought the stability and networking smarts of Next’s Unix-based operating system to the mass market.

Tevanian は 2006 年に引退したが、Serlet はソフトウェアエンジニアリングの上級副社長として今も残っており、一方 Forstall は iPhone ソフトウェアの開発を率いている。

While Tevanian retired from Apple in 2006, Serlet remains as senior vice president of software engineering. Forstall, meanwhile, leads the development of the firm’s iPhone software.

     *     *     *

独自のチップ開発

さらにアップルは、アップル製品の重要な一部であるチップについても他と異なった特色あるものにしようとている。アップルの iPhone は大変よく売れたが、しかしそれは英国の ARM が Samsung にライセンスしたプロセッサデザインをベースとしている。このため大手エレクトロニクス企業が iPhone の性能をマネるのは比較的容易だ。

Now Apple is looking for ways to make another fundamental piece of its products more distinctive: its chips. While Apple’s iPhone, for example, has sold well, it relies on processors based on designs licensed from the UK’s ARM to Samsung, making it relatively easy for the electronics giant to ape the iPhone’s capabilities.

     *     *     *

PA Semi の買収

しかしこのような状況は長くは続かない。まず昨年の動きが最初だった。アップルは 2 億 7800 万ドルのキャッシュでチップ設計会社 PA Semi を買収した。これによってアップルは、マイクロプロセッサ設計のベテラン Dan Dobberpuhl と、プロセッサの能力を絞り出すことに長けたチップ設計チームを獲得したのだ。

That situation won’t last long, however. The first move came last year, when Apple purchased chip designer PA Semi for $278 million in cash, obtaining the services veteran microprocessor designer Dan Dobberpuhl and a team of chip designers who specialize in wringing power out of processors.

     *     *     *

IBM Papermaster

次の動きは Papermaster を IBM から力づくでもぎ取ったことだ。チップデザイナーからサーバーブレードのボスとなった Papermaster は今週からアップルの仕事を始める。iPod および iPhone のハードウェアグループを率いるのだ。

The next move came when Apple wrestled Mark Papermaster away from IBM. The chip designer turned blade server honcho will go to work at Apple this week, where he will lead the group in charge of the company’s iPod and iPhone hardware.

     *     *     *

グラフィックチップの第一人者も

最後にアップルは Advanced Micro Device の CTO でグラフィックスチップの第一人者 Bob Drebin も雇った。彼は任天堂 GameCube のグラフィックスプロセッサのデザイナーでもある。Drebin は Silicon Graphics のチーフエンジニアをしたことがあり、Pixar で働いたこともある。

Finally, Apple has hired graphics chip guru Bob Drebin, former chief technology officer of Advanced Micro Device’s graphics products group and designer of the Nintendo GameCube’s graphics processor. Drebin has also worked as chief engineer at Silicon Graphics and was an employee at Pixar.

     *     *     *

アップルの新しい時代

いったいこれはどういうことなのか、さまざまな推測で溢れている。しかしプロセッサ設計の新しい3人組がアップルでの輝きを増すことは、アップルがゲームコンソールや電話など安価で強力なデバイス用チップの設計経験を重視していることを示している。さらに Steve Jobs は昨年ニューヨークタイムズにこう語っている。「PA Semi では iPhone や iPod のためシステム・オン・チップ(system-on-chip)を作るのだ」と。

So what does it mean? Speculation abounds. It is not speculation, however, to note that the resumes of the trio of processor designers Apple has beamed aboard is heavy on experience building chips for powerful, low-cost devices such as game consoles and phones. And then there are Steve Jobs’ words: “PA Semi is going to do system-on-chips for iPhones and iPods,” Jobs told The New York Times last year.

推測なぞする必要はないのだ。いずれアップルが iPhone や iPod の内部に及ぶデザインにまで着手し、ハードウェアやソフトウェアをまったく新しい地平に導くことになるのは明らかだ。

So why speculate. Sooner or later, Apple is going to start designing more of the iPhone and iPod’s innards itself, taking its hardware, and software, in a radical new direction.

     *     *     *

アップルはまたソフトからハードへ回帰するのか・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *
[参考]

アップルの半導体設計チーム:

・Forbes: “Apple’s New Era” by Brian Caulfield: 28 April 2009
・WSJ [Digits]: “What Does Apple’s Steve Jobs Want With All Those Chip Guys?” by Yukari Iwatani Kane: 29 April 2009
・WSJ: “In Major Shift, Apple Builds Its Own Team to Design Chips” by Yukari Iwatani Kane and Don Clark: 30 April 2009
・NIKKEI NET(日経ネット): “アップル、独自の半導体設計のため自社チームを構築“: 30 April 2009
・Reuters: “米アップル、半導体開発に向け人材を確保─関係筋=WSJ“: 30 April 2009
・AppleInsider: “Apple’s proprietary iPhone chips may not surface till next year” by Katie Marsal: 30 April 2009
・Register: “Apple setting up chip division for next-gen iPhones?” by Bill Ray: 30 April 2009
・Gizmodo: “Apple Assembles Chip Design Team, Plans Custom iPhone Guts” by John Herrman: 30 April 2009
・CrunchGear: “Apple looking into building its own chips” by John Biggs: 30 April 2009
・Mac Rumors: “Reasons Behind Apple’s Strategic Shift Into Chip Design” by Arnold Kim: 30 April 2009

AMD ボブ・ドレビン:

・Silicon Alley Insider: “Apple Hires Chip Guru (AAPL, AMD)” by Dan Frommer: 27 April 2009
・AllThingsD: “What’s Apple Building in There?” by John Paczkowski: 27 April 2009
・Macsimum News: “Former AMD/ATI chief technology officer joins Apple” by Dennis Sellers: 27 April 2009

AMD ラジャ・コドゥリ:

・Inquirer: “Raja Koduri at Apple” by Charlie Demerjian: 29 April 2009
・maclalala:annex: “アップルがハードウェアのドリームチームを編成中?“: 30 April 2009
・AppleInsider: “Apple reportedly adding more graphics chip experts to team” by Katie Marsal: 29 April 2009

IBM ペーパーマスター:

・CNET: “Apple’s Mark Papermaster finally ready for work” by Tom Krazit: 27 April 2009
・CNET Japan: “IBM幹部のペーパーマスター氏、ようやくアップル入社未来のiPhoneiPodを開発へ“: 28 April 2009
・CNET: “Apple plots course for middle of mobile” by Tom Krazit: 29 April 2009

Technorati Tags: , , , , , , , , ,

Read Full Post »

ARM とインテルの性能比較

アップルのポータブルマック(netbook/tablet)について Seth Weintraub が興味深い発言をしている。

Computerworld: “Intel-ARM hybrid Mac coming?” by Seth Weintraub: 10 February 2009

     *     *     *

ハイブリッドアーキテクチャ

前にも何度か触れたが、アップルは PA Semi の買収によって懸案の ARM プロセッサ強化を図ろうとしている。その動きのひとつは、中間ステップとしてポータブルマックに ARM とインテルのハイブリッドアーキテクチャを使用することだ。何故アップルはそんなことをするのだろうか。

I’ve talked a lot here before on how I think that, with the purchase of PA Semi,  Apple has long term plans to ratchet up its ARM usage.  One such usage, or transition, would be employing a hybrid ARM/Intel architecture for the Macintosh portable line.  Why would Apple do this?

     *     *     *

「携帯電話」モードと「Big Windows」モード

突如そんな考えが私に浮かんだわけではない。ARM の CEO Warren East が、デルおよび複数の匿名他社が2つのモードで作動する PC を製造中であることを明らかにしている。「携帯電話」モードでは、低消費電力でメールやウェブブラウジングが可能だ。メイン CPU を起動すると、普通の PC のような「Big Windows」モードになる。

First of all, the idea didn’t hit me out of the blue.  Warren East, ARM’s CEO, revealed that Dell and unnamed others are building hybrid PCs that have two modes: A mobile phone-like mode where you can do email and web browsing on very little power.  Then you can turn on the main CPU and have “Big Windows” mode that acts like a regular PC.

     *     *     *

ARM OS は金のなる木

いささか手間がかかるにしても悪いアイデアではない。しかし重要なことは、もしデルがやっているのなら、アップルだってやらないわけがないという点だ。アップルは ARM のライセンスを持つ PA Semi を買収した。いまや ARM OS(すなわち iPhone OSX)は金のなる木で App Store で出番を待っているというわけだ。想像してほしい、もし Mac OSX Leopard というフル OS の代わりに iPod touch OS を使えば、MacBook が1回のチャージで3日間でも動くのを!

Not a bad idea, if a bit complicated.  But more importantly, if Dell is doing this, why wouldn’t Apple, who bought an alleged ARM license with PA Semi and has an ARM OS (iPhone OSX) with a lucrative App Store waiting in the wings?  Imagine being able to run an iPod touch OS for three days on your MacBook on one charge instead of running full Mac OSX Leopard.

     *     *     *

Hackintosh も排除できる

またハイブリッドシステムならアップルにとってセキュリティ上のメリットもいくつかある。PA Semi の ARM チップでなければちゃんと作動しない設定にすれば、Hackintosh が Mac OSX を動かすのを防ぐこともできる。もちろんすぐにも可能というわけではない。アップルにはサポートすべきレガシーハードウェアもいろいろあるからだ。しかし数年もすれば、マックのハードウェアを OS に対応させるのはいずれ可能になるだろう。

This hybrid system could also allow Apple to enforce some additional security on their OS.  It could eliminate the ability of Hackintoshes to run Mac OSX by requiring a special PASemi ARM chip to work properly. This wouldn’t be an immediate fix, Apple has a lot of legacy hardware that will need to be supported.  But over the course of a few years, it could better tie the OS to the Mac hardware.

     *     *     *

インテルから ARM

現実問題としては、アップルの低消費電力マシンはインテルから ARM プロセッサへ移行するものと思われる。Pegatron(EEE で有名な ASUS の子会社)にはすでに ARM Cortex プロセッサ搭載の TI OMAP 3 シリーズというネットブックがあり、Ubuntu Linux で動く。販売価格は 200 ドルになるらしい。また私の理解では、ARM Cortex A8 プロセッサを搭載し、Android OS で動く同様な製品が、来月には数社から出荷されるはずだ。

Realistically though, it would be preparing Apple’s low power machines to go to ARM processors from Intel.  Pegatron (a spinoff of ASUS – of EEE fame) already has a Netbook based on an ARM Cortex processor – the TI OMAP 3 series and using Ubuntu Linux.  This product is supposed to sell for $200  My understanding is that a few more vendors will be shipping similar products based on ARM Cortex A8 processors and running Android OS in the coming months.

     *     *     *

あくまで推測だが・・・

もしアップルが低消費電力分野に進出したいと思うなら、ハイブリッド製品を出すのがベストではないか。

If Apple wants to enter this low power game, perhaps the best way to do so is with a hybrid setup.ハ

もっともこれは、単なる推測というか希望的観測にすぎないけれど・・・

But then again, this is all just wild-guessing and wishful thinking.

     *     *     *

さて、PA Semi の買収Papermaster の獲得に続くこのあとの展開はどうなるだろうか。ハイブリッドポータブル Mac の可能性は本当にあるのだろうか。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

Apple Ibm

Apple and IBM Set to Clash Over Executive Poaching

アップルの未来を占う重要なトップ人事が発表された日本語]。IBM の上級幹部を引き抜いてアップルの上級幹部に加えるというものだ。

iPod 部門を率いる上級副社長の Tony Fadell が退き、IBM のマイクロプロセッサ技術開発担当上級副社長の Mark Papermaster がその後任となる。

Tony Fadell といえば iPod を成功に導いた立役者だが、彼を切ってまでアップルに迎えたかったのが Mark Papermaster だったということか・・・

IBM は、退職後も競合企業には就職しないという契約違反だとして Papermaster をニューヨーク州連邦地裁に提訴済みだ。

New York Times: “Apple Hires I.B.M. Veteran as Device Engineer” by John Markoff: 04 November 2008

     *     *     *

IBM の訴訟

Papermaster 氏の役割をデバイスハードウェアエンジニアリング部門の上級副社長という限定的な仕事にすることで、アップルとしては IBM の訴訟を簡単に退けられるものと考えているのかもしれない。・・・

Because Mr. Papermaster will have a more limited role as senior vice president for devices hardware engineering, Apple may believe that it will be able to reject the I.B.M. lawsuit easily. […]

     *     *     *

プロセッサ設計の第一人者

しかしアップルとしては Papermaster 氏のプロセッサ設計能力に関心があるのかもしれない。アップルは今年初め PA Semi を買収した。同社はマイクロプロセッサの設計をする小さな会社で、IBM Power デザインに基づくマイクロプロセッサを開発する。当時 Jobs 氏は、PA Semi のハードウェア設計能力を iPhone や iPod のために利用したいと語っていた。

But Apple may also be interested in Mr. Papermaster’s processor design expertise. Earlier this year Apple purchased PA Semi Inc., a small microprocessor design firm that was developing microprocessors based on the I.B.M. Power design. At the time Mr. Jobs said Apple would use that expertise to design hardware for its iPhones and iPods.

     *     *     *

興味をそそるギャンブル

最近まで IBM でプロセッサ設計の専門家だった Papermaster 氏を Jobs 氏が選んだということは実に興味をそそるギャンブルのように思える。Papermaster 氏は高能力コンピュータ設計の第一人者だが、コンシューマ製品の経験は欠いている。

Mr. Jobs’s choice of Mr. Papermaster, who until recently was a processor design expert at I.B.M., appears to be an intriguing gamble. He is an expert in high-performance computing systems, but lacks a background in consumer manufacturing.

     *     *     *

アップルが IBM の PPC の第一人者を引き抜いた背景については様々の推測があるが、CrunchGear の John Biggs がズバリ書いているほか、Paul Murphy[仮名]の推論が大変おもしろい。

ZDNet: “Speculation on Papermaster’s “huh?”: IBM, Apple, and Freescale” by Paul Murphy: 04 November 2008

     *     *     *

契約違反してまで・・・

真面目で慎重な IBM の上級幹部が[競合企業には就職しないという]契約に違反してまで目に余るような行動をとるに至ったのは、一体全体どんなアドバイスをこれまた真面目で慎重なアップルの弁護士からもらったためなのだろうか。

Why then would a sane and serious senior executive, presumably advised by equally sane and serious Apple lawyers, do something so flagrantly in violation of his contract?

     *     *     *

Freescale がらみ

私の答えはこうだ。アップルの Freescale 支配ないしは乗っ取りの準備が整いつつあったからだ。だから、Papermaster をクパチーノに呼び寄せる計画ではなくオースチンの道一つ隔てた反対側へ移らせる計画だったのだ。[注:Freescale Semiconductor, Inc. はモトローラの半導体部分がスピンオフして設立された会社でテキサス州オースチンに本社がある]

My answer is that Apple is getting ready to either take over, or displace, Freescale; and therefore that the plan isn’t to have Papermaster move to Cupertino, but rather just across the street in Austin.

     *     *     *

一刻も早く

Papermaster はまさにこの仕事に打ってつけの人間だ。もしシングルチップノートフォン(?)や高度センサーを作るということなら、アップルの将来の PPC 計画には Freescale 規模の会社と深い技術の理解が必要だ。しかしIBMとの契約のためアップルの仕事に就くことは不可能だった。一方仕事に就かないまま1年も過ごしたのではコネも技術も時代遅れになってしまう。

He’s the right man for the job – and Apple’s future PPC plans clearly need a company of Freescale’s size and technical depth if they’re to make single chip notephones and advanced sensors – but his contract with IBM makes it impossible for him to take it now while simply sitting out a year puts him too far behind on contacts and technology to do the job.

     *     *     *

落しどころは・・・

ということで結論的には、アップルに行かせない代わりに Freescale ないしは獲得済みの PA Semi の製造・流通を担う新会社のトップに就かせるということで解決を見るはずだ。

So what I think we’ll see as the bottom line on this is a settlement with Apple that doesn’t let him go to Apple – but does let him take the top job at Freescale or a company Apple creates as the manufacturing and distribution arm to its PA Semi acquisition.

     *     *     *

この重要な人事が余り目立たないように大統領選のドサクサにまぎれて発表したと Mercury News はいっている。

iPod 部門のトップを辞した Tony Fadell は、上級副社長からコンサルタントになったわけで、細君ともども副社長を辞するところをみると複雑な心境だと思われる。

アップルの PA Semi 買収については、Grand Central という並列プログラミングや開発対象プロセッサなど憶測が絶えないが、どうやらアップルは本気で自前のチップを開発するつもりのようだ。

だとすると、どんなチップを考えているのか。それはどんな製品に使われるのか。「single chip notephones」とは一体何なのか。ますます興味が湧いてくる。

原文を見る:Original TextJohn Markoff
原文を見る:Original TextPaul Murphy

Technorati Tags: , , , , , , ,

Read Full Post »

Pasemi

PA Semi

アップルが買収した PA Semi については何が目的なのか憶測が絶えない。

Steve Jobs が PA Semi の技術に目をつけたことや、Snow Leopard の核心をなす Grand Central という並列プログラミングの話題が云々されたことも記憶に新しい。

ひょんなことから、また PA Semi の話が浮上している。

New York Times: “New iPhone Chip Will Cost an ARM and a Missile” by Ashlee Vance: 15 September 2008

     *     *     *

次世代 iPhone のプロセッサ

アップル「チップ」チームの上級マネージャ Wei-han Lien は LinkedIn[ビジネス利用に特化した SNS]にちょっとした情報を漏らしている。次世代 iPhone のための ARM プロセッサ設計で忙しいといっているのだ。

Wei-han Lien, the senior manager of Apple’s chip team, dished out the morsel on LinkedIn, saying he’s busy at work crafting an ARM processor for the next-generation iPhone.

問題はどんなプロセッサかということだ。

[…] The only question was which kind of processors.

     *     *     *

以前からあったアップルとの関係

PA Semi のエンジニアは、強力なパフォーマンスの、電力消費量の小さいプロセッサを設計するのを専門にしている。アップルはインテルチップに移行する前、PA Semi のプロセッサを使うことも検討していた。I.B.M. や Motorola のチップとアーキテクチャが似ているため、ラップトップやデスクトップに使うことを考えたのだ。だから、PA Semi の役員はアップルがインテルを使うとプレス発表したことに大きなショックを受けた。アップルがインテルを選択したことで、PA Semi の事業は一夜にしてダメージを受けた。このため PA Semi としてはネットワークやストレージなどの新しいマーケットを開拓せざるを得なかった。

The engineers at PA Semi specialized in crafting processors with strong performance and very low power consumption. Before shifting to Intel chips, Apple flirted with the idea of placing the PA Semi processors, which were similar in architecture to the I.B.M. and Motorola chips, into its laptops and desktops. PA Semi officials were, in fact, shocked when they learned in the press of Apple’s decision to go with Intel. Apple’s choice crippled PA Semi’s business overnight and forced it to go after new markets such as networking and storage gear.

     *     *     *

軍事技術への傾斜

新しい顧客として PA Semi はなんとか軍需製品のサプライヤーの注目を引くことができた。彼らは PA Semi チップの消費電力が低いことに注目したのだ。(一個当たりの電力消費は 20 ワット未満。)

While hunting for new customers, PA Semi also managed to attract the attention of military equipment suppliers who were intrigued by the low-power qualities of PA Semi’s chips. (They consume less than 20 watts apiece.)

国防省に詳しい筋によると、PA Semi のチップはミサイルや戦闘機のコンピュータ、偵察機器などに使われることになるという。

People familiar with the Defense Department’s intentions say that PA Semi chips are set to go into missiles, computers in fighter jets and surveillance equipment.

     *     *     *

事前に知っていたら・・・

PA Semi のプロセッサが実際に軍事システムで使用されるかどうかは不明だ。私がインタビューしたひとの中には、PA Semi 取得に要したコストを十分に回収できるチップ販売収入を今後5年間であげることができるだろうというひともいる。しかし一方では、プロセッサに関する軍との密接な利害関係が、取得の発表後に浮上したことは、アップルにとって大変ショックだったというひともいる。というのも、資金の逼迫している PA Semi の資金源として、軍需関係が重要な役割を果たしていることを事前には知らなかったからだ。

It’s unclear how many of the PA Semi processors will make their way into military systems. Some people I interviewed suggested that Apple could well sell enough of the chips over the next five years to cover the cost of the PA Semi acquisition. Others, however, said that the intense military interest in the processor that arose following the announcement of the acquisition came as a shock, since they were previously unaware of any military deals significant enough to keep PA Semi, which was running out of money, afloat.

「それほどの関係があることをアップルが買収しようとした時点で知っていたら、アップルはそのオファーを受けなかっただろう」と Gwennap 氏[Linley Group グループのチップアナリスト Linley Gwennap]はいう。

“If there was that much business sitting there when Apple tried to buy them, they would have turned down the offer,” said Mr. Gwenapp [sic].

     *     *     *

なかなかことは単純ではないようだ・・・

原文を見る

Technorati Tags: , , , ,

Read Full Post »