Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘OS’ Category

tn_Mavericks-logo

[OS X Mavericks:image

WWDC を前に 4K Retina サポートをサポートする OS X Mavericks 10.9.3 がリリースされた。

TidBITS: “10.9.3 Restores Local Contact and Calendar Sync, Improves 4K Support” by Josh Centers: 15 May 2014

     *     *     *

OS X Mavericks のアップデート

OS X Mavericks 10.9.3 のアップデートがリリースされた。外部 4K ディスプレイの Retina モード(ピクセル倍サイズ)をサポートするほか、iTunes で Mac と iOS デバイス間の住所録やカレンダーの同期をサポートする。Retina モードは巨大なデスクトップよりむしろコンテンツをシャープにするのに使われる。

Apple has released OS X Mavericks 10.9.3 Update, which brings a pixel-doubled Retina mode to external 4K displays and restores contact and calendar syncing between a Mac and iOS devices in iTunes. The Retina mode makes content much sharper, rather than just using all the pixels to create a truly huge desktop.

     *     *     *

John Gruber のコメント:

Daring Fireball: “Mac OS X 10.9.3” by John Gruber: 15 May 2014

お願いっ!

あとは Retina ディスプレイの iMac をお願いっ!

iMac with Retina Display, please.

     *     *     *

これで Retina iMac だろうと12インチ Retina MacBook Air だろうと、いつでも発表できる準備が整ったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

やっぱり決算発表が Tim Cook の晴れ舞台のようだ。

The Loop: “Tim Cook: Mountain Lion is coming tomorrow, Wednesday, July 25” by Peter Cohen: 24 July 2012

     *     *     *

Mountain Lion のリリースは7月25日

アップルの第3四半期決算発表から:

From Apple’s third-quarter results statement:

「iPad が6月の四半期に 1700 万台という記録的売り上げだったことに興奮しています。MacBook の全ラインアップをアップデートしたばかりですし、Mountain Lion は明日、iOS 6 は今秋リリースします。また準備中の驚くべき新製品(複数)にもご期待ください」と Tim Cook は語った。

“We’re thrilled with record sales of 17 million iPads in the June quarter,” said Tim Cook, Apple’s CEO. “We’ve also just updated the entire MacBook line, will release Mountain Lion tomorrow and will be launching iOS 6 this Fall. We are also really looking forward to the amazing new products we’ve got in the pipeline.”

     *     *     *

前回と同じスケジュール

さあ、これで分かっただろう。Mountain Lion の発売は明7月25日だ。去年の Lion のときも同じようなスケジュール(決算発表の翌日)だった。

So there you have it, folks. Mountain Lion is due tomorrow, July 25th. Apple staged a similar release schedule last year with Lion (the day after Apple’s third-quarter earnings announcement).

     *     *     *

「驚くべき新製品(複数)」に期待したい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[サンフランシスコの3次元ビュー:image

アップル唯一の定例行事 WWDC が1か月後に迫った。iOS をめぐるウワサの出番だ。

iOS 6 ではアップル自前の地図システムが目玉になるらしい。

iOS 全体の発展を視野におくと、自前の地図システムはどういう意味を持つのだろうか。

John Gruber が興味深いことをいっている。

Daring Fireball: “iOS Low-Hanging Fruit” by John Gruber: 11 May 2012

     *     *     *

iOS のこれまで

この数年の間、iOS の発展は比較的分かりやすいものだった。アップルはやるべき仕事のうち楽に達成できる目標(lowest-hanging fruit)を着々とこなしてきた。最初の数年で大物をかなりたくさん片付けた。サードパーティ製アプリ、カット・コピー&ペースト、法人サポート、プッシュ通知、マルチタスキングの改善など。それに加えて昨年は、OTA[Over The Air]ソフトウェアアップデート、クラウドベースのバックアップ、ワイヤレス同期、通知インターフェイスの改良などが加わった。

iOS has evolved in a fairly predictable manner over the years. Apple has done a good job tackling the lowest-hanging fruit on the to-do list, year after year. They crossed off a lot of big obvious features over the first few years: third-party apps, cut-copy-paste, enterprise support, push notifications, better multitasking. Last year brought a few more: over-the-air software updates, cloud-based backups and wireless syncing, and a much improved notification interface.

     *     *     *

ライバルを見ればいい

iOS に加わりそうな機能を知るよい手掛かりは、ライバルを調べて iOS に欠けているものを見つけることだ。昨年の例で言えば、Android の方が先行している分野ということになる。

Another good source for iOS feature predictions has been to survey the competition and identify the areas where iOS was lacking. Those items from last year, for example, were areas where Android was ahead.

     *     *     *

地図 = 残された最大の分野

iOS が全ての機能を含んでいるわけではない。しかし楽に達成できそうな目標 — あればいいという類いではなく、アップルなら当然検討して然るべきもの — を見つけるのは次第に難しくなっている。残された最大の分野が地図だ。本日 9to5Mac はアップルが iOS 地図アプリのバックエンドデータをグーグルから自前のサービスに切り替えるというニュースを流した。John Paczkowski は、新しい地図を見れば「ぶっ飛ぶだろう」という情報筋のことばを引いて、これを追認している。

iOS is by no means feature-complete. But it’s getting harder to identify the low-hanging fruit — the things you just know Apple has to be working on, not just the stuff you hope they are. The biggest one left is mapping. Today brings a report from 9to5Mac that Apple is set to switch the back-end data in iOS’s Maps app from Google to its own mapping services; John Paczkowski confirms it, quoting a source who claims the new Maps will “blow your head off”.

     *     *     *

なぜ自前のサービスが重要か

アップルの自前の地図データが偉大であるに違いないというのはこういうことだ。

Here’s the thing. Apple’s homegrown mapping data has to be great.

地図は電話に欠かせない機能だ。iPhone ユーザーなら誰でも使う数少ない機能のひとつだ。だからアップルは自前でやる必要がある、基本的テクノロジーは自分で支配する必要があるからだ。グーグルとの関係が 2007 年の頃のように今でも問題なかったとしても、アップルは自前の地図を展開しただろう。(iPhone 発表のとき Eric Schmidt がステージに上がったのを覚えているだろうか?)しかしアップルとグーグルの今日の状況を考えれば、地図サービスをグーグルに依存することはまったく受け入れ難いのだ。

Mapping is an essential phone feature. It’s one of those handful of features that almost everyone with an iPhone uses, and often relies upon. That’s why Apple has to do their own — they need to control essential technology. I suspect Apple would be pushing to do their own maps even if their relationship with Google were still hunky-dory, as it was circa 2007. (Remember Eric Schmidt coming on stage during the iPhone introduction?) But as things actually stand today between Apple and Google, relying on Google for mapping services is simply untenable.

     *     *     *

後戻りは許されない

これはアップルにとって高圧スイッチ[high-pressure switch:一旦作動すると復帰するのが困難な安全装置]のようなものだ。後戻りは許されない。評判の3次元ビュー(3D view)はすごいかもしれないが、現実問題として運転や歩行の方向指示がグーグルの場合ほど正確でないとなれば、ユーザーにとっては熊手と松明を手にしている[?]ようなものだ。また Android フォンはすでに経路誘導ナビゲーション(turn-by-turn navigation)を搭載していることにも心すべきだ。

This is a high-pressure switch for Apple. Regressions will not be acceptable. The purported whiz-bang 3D view stuff might be great, but users are going to have pitchforks and torches in hand if practical stuff like driving and walking directions are less accurate than they were with Google’s data. Keep in mind too, that Android phones ship with turn-by-turn navigation.

     *     *     *

残された仕事

iOS について実現可能な機能は他にどんなものがあるだろうか? 考えつくものはいくつかある。

What else remains hanging low on the iOS new-features tree, though? I can think of a few:

・賢いアプリケーション間処理

iOS が NeXT の直系の子孫であることを考えると、NeXT で最も持てはやされ(かつそれももっともな) Services のような機能が欠けているのは理解できない。Android には Services によく似た「Intents」と呼ばれるシステムがあり、Windows 8 にはさらに優れた「Contracts」というコンセプトがあることは注目に値する。

Clever inter-application communication. Seems crazy that iOS, the direct descendant of NeXT, doesn’t have anything like Services, which were one of NeXT’s most touted features (and rightfully so). It’s also worth noting that Android has a pretty good Services-esque system in place, called “Intents”, and Windows 8 has an even richer concept called “Contracts”.

・サードパーティの通知センターウィジェット

アップルの株式や天気のように、立ち上げなくても情報を一覧できるもの。

Third-party Notification Center widgets. Like the Stocks and Weather ones from Apple — information at a glance, without launching an app.

・サードパーティの Siri API

Siri を通じてやりとりできる機能を他のアプリにも開放しよう。

Third-party Siri APIs. Let other apps provide features you can interact with through Siri.

     *     *     *

どんどん減っている

まあそんなところだ。Siri API というアイデアだって「あればいい」という程度で、「いずれアップルなら必ずやらざるを得ない」という達成目標ではない。重ねて言うが、残された仕事がアップルにはなくなったといっているのではない。克服せねばならぬことが明らかなものがどんどん減っているといっているだけだ。

But that’s about it. And even the Siri API idea seems more like a “nice to have” feature idea than a low-hanging “Apple really has to do this sooner or later” idea. Again, I’m not saying Apple’s iOS to-do list is empty; I’m just saying the list of obvious they-gotta-do-it stuff is getting short.

     *     *     *

デスクトップ OS とは別のモバイル向け OS としてスタートした iOS もいよいよホームストレッチに入ったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »

Update:Safari のノロノロ回避策》


[WebProcess?:image

Mac OS X 10.6.8 追加アップデートをして以来、いろいろと不具合が生じているが、どうやら原因の一部は Safari にもあるらしい。

Tim Bray が Safari をやめるといっている。

ongoing: “Browser Breakup” by Tim Bray: 18 September 2011

     *     *     *

「WebProcess」による Safari の不具合

Sa­fari はもう何年も私のデフォルトブラウザだった。他と比べてそのフレーミングやエルゴノミクス、ショートカットなどが気に入っていたからだ。しかし使うのを辞めざるを得なくなった。

For some years, Safari has been my default browser. I generally prefer its choices in framing and ergonomics and shortcuts over all others. But I’ve had to stop using it.

Safari の最近のバージョンは作り直されて、いくつかの作業を「WebProcess」と呼ばれるものに下請けさせている。これがうまくいっていないようなのだ。気付いた問題点は次のようなものだ。

In recent releases, Safari has been re-architected, with some of the work farmed out to a thing called “WebProcess”. This doesn’t seem to be working out that well. Specif­i­cally, I note that:

・タブからタブへの移動がのろく、システムの負担が増すといたずらに描き換えが起きる。

・Switch­ing from tab to tab is slug­gish, and when the sys­tem gets over­loaded, you get a lot of gra­tu­itous re­paints.

・システム CPU やメモリーを食っているものを読み出そうとすると WebProcess と Sa­fari の著しいプロセス処理[?]が起きる。

・The WebProcess and Sa­fari processes fea­ture promi­nently in read­outs of what’s con­sum­ing the sys­tem’s CPU and mem­ory.

・タブを数ダース開いたままに(あるものは数日の間、あるものは動的コードでいっぱいに)しておくと、システム全体がどんどん遅くなり、不安定になる。

・When you have a few dozen tabs open, some of them for days, and some of them being full of dy­namic code, the whole sys­tem gets in­creas­ingly slow and un­sta­ble.

     *     *     *

John Gruber も同じような問題があることを認めている。

Daring Firebal: “Safari Regressions” by John Gruber: 19 September 2011

     *     *     *

たくさんのウインドウやタブを開いているとき

私も Safari for Mac について Bray と同じことを経験している。特にたくさんのウインドウやタブを開いているときのパフォーマンスが問題だ。まだ Safari から乗り換えるには至っていないが、あちこち代わりを探している。どちらかといえば Safari 5.1 は、Snow Leopard より Lion の方が悪くなるようだ。

I’m seeing the same things Bray is with Safari for Mac, particularly the performance problems when you have a lot of windows and tabs open. I’m not ready to switch yet, but I’m starting to shop around. And if anything, Safari 5.1 seems worse on Lion than it does on Snow Leopard.

     *     *     *

Safari 5.1 のウインドウやタブを複数開いて、ブログを投稿している最中にビーチボールが回り始めると泣きたくなる。

これまではなかったのに、Mac OS X 10.6.8 追加アップデートをして以来の現象だ。

確かにググってみると、10.6.8 追加アップデートには WebProcess だけでなく(こちらこちら)、いろいろと問題があるようだ(こちらこちら)。

そもそも WebProcess って何なんだ?

WebProcess が原因だといわれてもどうしていいのか分からない。従前の Safari 5.0 に戻したものかどうか。

折角 Lion へアップグレードしようとしているのに悩ましい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》Safari のノロノロ回避策(9月21日)


[Safari の Debug メニューを表示する]

Safari 5.1 のノロノロについて Jason Sims が迂回策を示している。

Stormcloud: “How to stop Safari 5 from unexpectedly reloading pages” by Jason Sims: 20 September 2011

     *     *     *

ノロノロの回避策はある

頼みもしないのに Safari 5 が勝手にページを再読み込みしてしまうことにイライラしていないだろうか? それを回避する方法はあるのだ。それはそれでいくつか問題が生じるけれども。Safari のエクステンションがいくつか効かなくなるほか、新しいジェスチャーもいくつか機能しなくなる点だ。

Annoyed by Safari 5’s tendency to spontaneously reload pages when you didn’t ask it to? There’s a workaround for it, but it introduces a few problems of its own. Some Safari extensions will not work, and some of the new gestures won’t work either.

     *     *     *

Jason Sims の方法を試してみた John Gruber の感想・・・

Daring Fireball: “How to Revert Safari 5.1 to Its Old Single-Process Mode” by John Gruber: 20 September 2011

     *     *     *

ノロノロは改善するがエクステンションが使えなくなるのが難

Safari 5.1 を古いシングル・プロセス・モードに戻す方法

How to Revert Safari 5.1 to Its Old Single-Process Mode

Safari の隠された「Debug」メニューを有効にして、デフォルトの「Use Multi-process Windows」オプションをオフにするだけでいい。こうして昨日 Safari を数時間使ってみた。Safari 5.1 の一般的なノロノロ状況(たくさんのウインドウやタブを開いているときの)は改善するようだ。 しかしこのモードでは、Safari エクステンションの大部分(少なくとも私が愛用しているもの)が使えなくなるので、私にとっては難がある。

What you do is enable Safari’s hidden Debug menu, and turn off the on-by-default “Use Multi-process Windows” option. I ran Safari like this for a few hours yesterday, and it seems to help with Safari 5.1’s general sluggishness (when you have a lot of windows and tabs open) too. But that fact that most Safari extensions (or at least the ones I care about) no longer work in this mode is a deal-breaker for me.

今日は「WebKit nightly builds」[日本語]へスイッチして試してみようと思っている。

What I’m trying today is switching to the WebKit nightly builds.

     *     *     *

そもそも「Multi-process Windows」とは何なのか。Sims の説明によれば・・・

「multi-process window」とは

ところで、「multi-process window」とはいったい何なのか?

So what is a “multi-process window” anyway?

Safari 5.1 の新しい機能のひとつは、基礎となっているエンジン「WebKit2」が新しいバージョンになったことだ。WebKit2 の新しいプロセスアーキテクチャでは、Safari はそれぞれ別の2つのプロセスから構成される。「UI process」(アプリケーションとしての Safari そのもので、アドレスバー、ツールバー、ブックマークバー、メニューなどを含む)と「web process」(実際のウェブページを読み込み、表示する独立のプロセス)の2つだ。

One of the new features in Safari 5.1 is a major new version of the underlying engine — WebKit2. Under WebKit2’s new process architecture, Safari consists of two separate processes — the “UI process” (the Safari application itself, including the address bar, toolbar, bookmarks bar, menus, etc.), and the “web process” (an independent process that loads and displays actual web pages).

     *     *     *

multi-process window はアプリケーションのクラッシュ防止という観点から新たに採用されたらしいが、それがページの再読み込みに関係しているようだ。

それはさておき、早速 Sims の回避策にしたがってSafari の「Debug」メニューを表示させ[冒頭 Update 画像]、「Use Multi-process Windows」のオプションをオフにしてみた。

まだ数時間しか使っていないが、ページやタブを都合100ほど開いてタブからタブへ移動してみても、再読み込みなしに移動できるようだ。

いつも使っていたエクステンションは使えなくなったが、ストレスが少なくなった分メリットが大きい。

★ →[原文を見る:Jason Sims
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »


[OS X Lion:image

最新の OS X Lion にアップグレードした Mac は6台に1台程度らしい。

Macworld: “One in six Macs run Lion” by Gregg Keizer: 04 September 2011

     *     *     *

6台に1台

Mac の6台に1台が最新の OS を使用していると、今週ウェブ計測会社が明らかにした。

One in six Macs now runs Apple’s latest operating system, a Web metrics company said this week.

カリフォルニアベースの Net Applications によると、Mac OS X 10.7(別名 Lion)は、先月の数字でインターネット接続にされたデスクトップ OS の 1% を占めるという。

According to California-based Net Applications, Mac OS X 10.7, aka Lion, accounted for one percent of all desktop operating systems that were used to connect to the internet last month.

Mac OS X 10.6(Snow Leopard)は、アップルのデスクトップ OS では最も比率が高く、全体のシェアで 3.5%、Macだけでは 57% だという。

Mac OS X 10.6, aka Snow Leopard, remained the most widely-used version of Apple’s desktop operating system, with an overall share of 3.5 percent, or 57 percent of all Macs.

     *     *     *

自らもギターミュージシャンである Jim Dalrymple[The Loop]はつぎのようにコメントしている。

The Loop: “One in six Macs run Lion” by Jim Dalrymple: 02 August 2011

     *     *     *

まだ控えている

Lion がリリースされてひと月余りになる。音響エンジニアやミュージシャン、その他のクリエイティブプロの多くは、彼らの使うアプリケーションの完全なテストが終わるまでは新しい OS にアップグレードするのを控えている。私もまだ自分のスタジオにある Mac Pro をアップグレードしていない。多分数か月はアップグレードしないと思う。

We’re just over a month since the release of Lion. Lots of people like audio engineers, musicians and other creative pros hold off on upgrading to a new OS until all of their apps are throughly tested. I still haven’t upgraded the Mac Pro in my studio and probably won’t for some months to come.

     *     *     *

プロレベルのソフトでどんなテスト結果なのか知りたいところ・・・

★ →[原文を見る:Macworld
★ →[原文を見る:The Loop

Read Full Post »

Update:初日に 3000 部売れた Siracusa のレビュー》


[John Siracusa の Mac OS X レビュー]

John Siracusa がメジャーアップデートのたびに行なう Mac OS X レビューは Ars Technica の呼び物だ。

ところが量が半端ではない。今回も本一冊分にも相当する大変な長さ・・・

せめて結論の部分だけでも紹介してみたい。

Ars Technica: “Mac OS X 10.7 Lion: the Ars Technica review” by John Siracusa: 21 July 2010

     *     *     *

Lion は入手に値するか

Ars Technica 編集部においてさえ、一部の読者は新 OS の何が新しいのか結論だけを知りたがる。Lion はすぐれたリリースなのか? 購入してインストールするだけの価値があるのか? 答えは常に圧倒的なイエスだ。初めの頃の遅くて、機能も少なかった Mac OS X のリリースを除けば・・・。Lion もこの伝統に従っている。29 ドルというお得な値段だけでなく、たくさんのテクノロジー、大幅に変更されたインターフェイス、一連の付属アプリケーションなどがそれだ。

Even at Ars Technica, a certain percentage of readers just want to know the bottom line about a new operating system. Is this a good release? Is it worth the price and the hassle of installing it? Excluding the first few dog-slow, feature-poor releases of Mac OS X, the answer to all those questions has always been a resounding “yes.” Lion continues this tradition, more than earning its $29 price with a raft of new technologies and a substantially revised interface and suite of bundled applications.

     *     *     *

アップグレードを急ぐな

ソフトウェアやハードウェアの互換性に関する古くからの鉄則はここでも当てはまる。このレビューを読み終えて、すぐアップグレードしようなどとは考えないで欲しい。Lion がデジタル配布されていることを考えれば、尚更早急なアップグレードをすべきではない。辛抱だ! 数日、場合によっては数週間、愛用のアプリケーションをすべてチェックしなさい。すべてが Lion で動くことを確認しなさい。まだ PowerPC アプリケーションを使っているのなら、インテルネイティブな代わりを見つけるまではアップグレードしないこと。そしてアップグレードに先立つ大事なことは、バックアップ、バックアップ、バックアップだ。

The standard caveats apply about software and hardware compatibility. Don’t just run out and upgrade your system as soon as you finish this review. Lion’s digital distribution makes hasty upgrades even more likely. Patience! Take a few days—weeks, even—to research all of your favorite applications and make sure they all run fine on Lion. If you’re still using some PowerPC applications, don’t upgrade until you have replaced them with Intel-native alternatives. And before you upgrade, back up, back up, back up.

     *     *     *

新しい旅の始まり

Lion という名前は何かが終わったことを窺わせるが、OS の内容自体からは新しい旅が始まったことがはっきりと分かる。アップルは iOS 成功の余勢を駆って、長年にわたるデスクトップ OS の一般通念に大鉈を振るったように思える。

Though the Lion name suggests the end of something, the content of the operating system itself clearly marks the start of a new journey. Seemingly emboldened by the success of iOS, Apple has taken a hatchet to decades of conventional wisdom about desktop operating systems.

     *     *     *

10年前にも

10年前にも同じことが起きた。Mac OS X がクラシック Mac OS に取って代わったときはもっと華々しかった。新しい OS はデスクトップのルールを変えた。複合グラフィックス、スムーズなアニメーション、写真のようにリアルなアートワークが Unix の確固たる基礎の上に加えられたのだ。古い OS の名残はすべて置き去りにされた。プラチナ風のアピアランス、アップルメニュー、さらにはデスクトップそのものでさえ・・・。しかし結局アップルは古くからの Mac ユーザーの要求のいくつかに対しては膝を屈することとなる。Lion に導入された変化もまたベテラン Mac ユーザーから同じ抵抗を受けるだろう。しかし今回はアップルはそれに動じないだろうと思われる。

The same thing happened ten years ago in an even more dramatic fashion when Apple replaced classic Mac OS with Mac OS X. The new operating system changed the rules on the desktop, wedding composited graphics, smooth animation, and photorealistic artwork to a solid Unix foundation. Apple tried to leave all vestiges of its old operating system behind—the platinum appearance, the Apple menu, even the desktop itself—but eventually bowed to some demands of long-time Mac users. Lion’s changes will no doubt meet with similar resistance from experienced Mac users, but I suspect Apple will remain unmoved this time around.

     *     *     *

しがみつくユーザー

かつて Mac OS X は10年後のユーザーインターフェイスは斯くあるべしと世界に示した。同じことをアップル iOS が10年を経た古いデスクトップ OS に対して示している。ユーザーにとって iOS はそれほどショックではなかった。ゼロから出発したように見えたし、それまでのモバイル OS のやり方は誰も好きではなかったからだ。しかしデスクトップとなるとそうはいかない。ストックホルム症候群の被害者のようにユーザーは自らを幾度となく傷つけるメカニズムにしがみつくのだ。

In the same way that Mac OS X so clearly showed the rest of the industry what user interfaces would look like in the years to come, Apple’s own iOS has now done the same for its decade-old desktop operating system. iOS was less shocking to users because it appeared to come from nothing, and the mobile operating system conventions it defied were ones that nobody liked anyway. The same is not true on the desktop, where users cling like victims of Stockholm syndrome to mechanics that have hurt them time and again.

     *     *     *

不細工?

主な Mac アプリケーションがその半分でも Lion のデザイン原則になじむのには何年もかかるだろう。画一性が楽に確保できる iOS と比べると、Lion への移行は不細工(ugly)に見えるかもしれない。その間は、アップルの若きプラットフォーム(iOS)に嵐の中の灯台の役割を果たさせよう。Mac はモバイルの兄弟たちより常に能力が大きい。だからといって簡単なタスクが Mac では難しくてもいいというわけではない。コンピュータの初心者を iMac の前に座らせたとき、iPad を使うときと同じ程度の自信を持たせられるかどうか想像して欲しい。

It may be many years before even half of the applications on a typical Mac behave according to the design principles introduced in Lion. The transition period could be ugly, especially compared to the effortless uniformity of iOS. In the meantime, let Apple’s younger platform serve as a lighthouse in the storm. The Mac will always be more capable than its mobile brethren, but that doesn’t mean that simple tasks must also be harder on the Mac. Imagine being able to stick a computer neophyte in front of an iMac with the same confidence that you might hand that neophyte an iPad today.

     *     *     *

技術的スペック

アップル OS の技術的スペックはかつては大変重要で、存在そのもの(メモリー保護、プリエンプティブマルチタスクなど)を決めるものだった。しかしいまやそれは当たり前のこととなった。ソフトウェアやハードウェアの代表的なレビューを見ても、技術的スペックやその詳細を説明する部分は数年前に比べるとはるかに少なくなっている。

The technical details of Apple’s operating system that were once so important that they practically defined its existence (e.g., memory protection, preemptive multitasking) are now taken for granted. Mainstream reviews of software and hardware alike spend far less time pondering technical specifications and implementation details than they did only a few years ago.

     *     *     *

ギークだって同じ

ギークの場合 — 結論だけを飛ばし読みせずレビュー全体を読もうとするギーク中のギークの場合でも — 事情は同じだ。わが同志ギークたちよ、自らに問いたまえ。このレビューを読むのに使っているデバイスの CPU クロックスピードをご存知か? どれだけ RAM があるかご存知か? メモリーバスのスピードとバス幅はどれだけか? そして10年前だったらその答えがどうだったか考えてみて欲しい。

This phenomenon extends even to the geekiest among us, those who didn’t just skip to the conclusion of this review but actually read the entire thing. Fellow geeks, ask yourselves, do you know the clock speed of the CPU in the device you’re reading this on? Do you know how much RAM it has? What about the memory bus speed and width? Now consider what your answers might have been ten years ago.

     *     *     *

何が省略されたか

この10年間、優れた技術は気を配るべき事柄の数をどんどん減らしてきた。Lion は優れた技術だ。新しくリリースされた Mac OS X の優越性が新たに追加された機能で計られる時代は終わった。これからは、何が削除されたかで Mac OS X が計られるようになるのだ。

Over the past decade, better technology has simply reduced the number of things that we need to care about. Lion is better technology. It marks the point where Mac OS X releases stop being defined by what’s been added. From now on, Mac OS X should be judged by what’s been removed.

     *     *     *

Mac OS X を10年間も追い続けただけあって、いまや哲学的レビューの域に達した感すらある。

大きな流れを掴むのにはいいのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》初日に 3000 部売れた Siracusa のレビュー(7月27日)

Siracusa の Lion レビューは大変な人気らしい。

TNW Media: “Ars Technica’s OS X Lion review made $15,000 in 24 hours on the Kindle” by Courtney Boyd Myers: 26 July 2011

     *     *     *

Ars Technica が掲載した John Siracusa のレビューは2万7300 語の長文だ。19ページのレビューが先週金曜日に公刊されて以来オンラインのページビューは 300 万に達した。

[…] Ars Technica’s John Siracusa delivered a whopping 27,300 word review of it. His 19-page story, published last Wednesday is available for free online and has already received over 3 million page views.

手応えのある結果をみて、Ars Technica は彼のレビューを Kindle のEブック(5ドル)でも発売することにした。そして初日に 3000 部が売れたという。たったの1日で、ワンクリック5ドルで1万 5000 ドルが売れたわけだ。Ars の創設者兼編集者の Ken Fisher は、ハーバード Niemen Lab のインタビューに、「うれしいオドロキだ」と述べた。タダみたいなものだと思っていたのに、「衝動買いが簡単にできるアマゾンのワンクリック購入の力を過小評価していた」と Fisher は述べた。

In a telling turn of events, Ars Technica also decided to sell his review as a $5 Kindle ebook. In its first 24-hours on sale, the ebook sold 3,000 copies. And at $5 a pop, that’s a cool $15,000 in revenue in just one day. Harvard’s Niemen Lab interviewed Ken Fisher, the founder and editor of Ars, who is “pleasantly surprised by the outcome”. In fact, Fisher thinks of it as “free money” and that “he underestimated the power of Amazon’s one-click experience, which makes impulsive purchases painless.”

「長文で徹底的な技術解説が我々の原点だ。今度のことは、コンテンツが良ければ財布のひもが緩むすばらしい例だ。今後とも徹底的解説を掲載するつもりだ。読むのに有料講読制にする必要はない。様々な方法での提供を図っていく」と Fisher はインタビューで語った。

“Our roots are in long, in-depth, technical explainers, and this is just another great explanation that people appreciate that content and open their wallets for it. We’re definitely going to plan more in-depth stuff,” Fisher said in the interview. “We don’t have to put up a paywall for people to consume it. We just offer it in different ways.”

Read Full Post »


Mac OS X から Mac が消えた・・・

アップル公式サイトの「Mac OS X」から初めて「Mac」が消えた。

Daring Fireball: “Apple Dropping the ‘Mac’ From ‘Mac OS X’?” by John Gruber: 15 June 2011

     *     *     *

誰かさんが・・・

Mac OS X が発表されて以来、口頭では「OS X」といわれることもあったが、公式のアップルのマーケティング資料で「Mac OS X」から「Mac」が落とされたのはこれが初めてだ。どうしてだか私は知らないし、深入りはしない。ただ、誰かさんが、(「誰かさん」というのはご存知の誰かさんのことだが)、この方が響きがいいと考えたのだろう。それに Mac はハードウェアであり、OS X はソフトウェアであるということがハッキリする。iPhone、iPod Touch、iPad が同じハードウェアであり、iOS がソフトウェアであるのと同じだ。

It’s often been referred to colloquially as just plain “OS X” ever since it was announced, but this is the first time Apple has dropped the “Mac” from the name in marketing materials. I have no idea why, but I wouldn’t read too much into this. I think they — where by “they”, feel free to substitute you-know-who — just think it sounds better. And it clarifies that Mac is the hardware, OS X is the software — just like how iPhone, iPod Touch, and iPad are hardware, and iOS is the software.

     *     *     *

あの不幸なクローン時代

追記:こうではないだろうか。OS の名前に「Mac」が付けられた唯一の理由は、あの不幸なクローンが作られた時代だったということではないか。クローン時代以前には、単に「System 7」、「System 6」などと呼ばれただけだった。Mac の中には本来 Mac と呼ぶのがふさわしくないマシンも混じっていることから、「Mac OS」という名前に改名したのではないか・・・

UPDATE: Come to think of it, I’m pretty sure the only reason “Mac” was ever put into the name of the OS was for the ill-considered cloning era. Prior to the clones, it was just called “System 7”, “System 6”, etc. They renamed it “Mac OS” so there’d be some sort of Mac involved on machines that themselves could not be called Macs.

     *     *     *

Mac を落としてみると、なるほど自然な感じもする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Ios4-Wwdc10

iOS 4 発表・・・

フランスのマックサイトのウワサ・・・

Hardmac.com: “Toward the End of Mac OS!?” by Lionel: 25 June 2010

     *     *     *

次期 Mac OS X の名称に関心があるなら、大きく変わる可能性があることにビックリするかもしれない。われわれのソースのひとりによれば、アップルは iPhone でやったように、OS の名称をまったく新しいものに変えるかもしれないという。目下ところ「iOS」をアップル OS のデフォルトの名称・ブランド名とする考えだといわれる。そうなれば、それぞれ iOS デスクトップ、iOS モバイル、iOS サーバーということになるだろう。まだ最終決定はみていないが、上層部はこの提案を支持しているらしい。そうなれば、どの OS を指すのか分りやすくなるだけでなく、アップル OS プラットフォームの存在感と一体感をより印象付けることになるだろう。

If you were wondering what will be the name of the future version of Mac OS X, you might be surprise by the potential future changes. One of our sources told us that Apple might be deciding about a totally new branding for its OS, similarly to what has been done with the iPhone. They are currently thinking of using iOS as the default naming/branding of Apple OS. We would then have iOS desktop, iOS server and iOS mobile. The final decision is not taken yet, however, the proposal seems to be well supported by the high management, it would give a better exposure and unity to Apple OS platforms while making communication easier.

     *     *     *

あくまでウワサなのだが、フランスのアップル系サイトは要注意なので・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , ,

Read Full Post »

iOS 4 はどうよ

June 21 Update

WWDC で Jobs が約束したとおり、iPhone 4 の発売に先駆けて iOS 4 がアップグレードされた。約束どおり無料だ。

満を持していた達人たちが堰を切ったように、それぞれの視点からレビューしている。

いずれも詳細かつ多岐にわたっているが、とりあえずざっと見渡してみると・・・

     *     *     *

Jacqui ChengArs Technica

iOS 4 の新 API はクリエイティブなアプリの登場を可能にするだろう・・・

Ars Technica: “Ars reviews iOS 4: what’s new, notable, and what needs work” by Jacqui Cheng and Clint Ecker: 21 June 2010

iOS 4 の最もエキサイティングなところは、1500 の新しい API をデベロッパがどう使いこなすかという点だ。iPhone 体験とはつまるところアプリによって決まるということだ。最新の API によってアップルは新しい可能性を開いたのだ。2010 年後半になれば、クリエイティブなことができるアプリ(ゲームセンター、マルチタスキング、カメラなど)がたくさん登場するのは間違いない。

The most exciting part about iOS 4 is really what third-party developers will do with the 1,500 new APIs. After all, the iPhone experience has become one that is almost defined by its apps, and Apple has opened up a new world of possibilities with its latest API offerings. As we go into the second half of 2010, we’re sure to see plenty of new apps that do creative things with Game Center, multitasking capabilities, the camera, and more.

     *     *     *

Dan MorenMacworld

全般的にキビキビしている。特にカメラアプリがそうだ・・・

Macworld: “Apple iOS 4 Smartphone Review” by Dan Moren: 21 June 2010

iPhone のベンチマークは一筋縄ではいかないが、iPhone 3GS で iOS 4 をいじってみた印象では 3.1.3 バージョンよりキビキビしている感じだ。OS の反応は全体的にみてもいいが、いくつかの分野で著しい。iPhone 3GS でもカメラアプリはずっとキビキビ動く。あっという間に写真が撮れるし、撮影出来るし、iPhone 3.0 で気になったノロさもない。

While formal benchmarking is tricky on the iPhone, my initial impression of iOS 4 on my iPhone 3GS is that it’s quite snappy — more so than version 3.1.3. The OS as a whole seems more responsive, but there are a couple of places where speed improvements are pronounced: in general, the Camera app running on an iPhone 3GS seems far zippier now than previously. Pictures get taken almost instantaneously, and I didn’t notice any of the sluggishness that has occasionally plagued iPhone 3.0.

     *     *     *

Dan FrakesMacworld

フォルダのおかげでお気に入りアプリをまとめておけるようになった・・・

Macworld: “Hands on with iOS 4 folders” by Dan Frakes: 22 June 2010

フォルダにはほかにも利点がある。よく使うアプリを1つないし2つのホームスクリーンにまとめておけることだ。5つ以上のホームスクリーンをスワイプしなくても、1つか2つのスクリーンを見るだけで、お気に入りのアプリを見つけて起動できる。これまで11のホームスクリーンを頻繁に使っていたが、今ではもう最初のいくつかしか使わない。

This example also illustrates another folder advantage: condensing your most frequently used apps into just one or two screens. Instead of having to swipe across five or six (or more) Home screens, accessing your favorite apps is now a matter of locating the appropriate folder on just one or two screens and then launching the desired app. Since I started using folders extensively, I’ve found that, whereas I used to regularly access nearly every one of my iPhone’s 11 visible screens, I’m now using mainly the first few.

     *     *     *

Craig Hockenberryfurbo.org

iOS 4 は巧妙なやり方でマルチタスキングらしく見せている・・・

furbo.org: “iPhone multitasking” by Craig Hockenberry: 21 June 2010

実際より多くのアプリを動かしているような気がするのは巧妙な手品だ。異なるアプリをたくさん使っているのにバッテリーが長持ちする理由もこれで説明できる。ほとんどのアプリは凍結されて、パワーを使わないのだ。アクティブなのはスクリーンにあるアプリだけだ。バックグラウンドで動いているオーディオ・電話・GPS アプリは、一時にひとつしか動いていない。(iPod アプリを使いながら Pandora を聞いてみると分る。)

This sleight of hand makes it feel like you’re running many more applications than you actually are. It also explains how your iPhone can continue to have great battery life while you interact with many different apps. Most of your apps will be frozen and not using power: only the app on your screen is active. And even with audio, phone or GPS apps that are running in the background, you won’t be using more than one of those at a time (go ahead and try to listen to Pandora and the iPod apps at the same time!)

     *     *     *

Nik Fletchernikf.org

小さな変化を少しずつ重ねて改良していくのがアップルのやり方・・・

nikf.org: “8 Subtle Changes You May (Or May Not) Notice in iOS 4” by Nik Fletcher: 21 June 2010

Mac だろうと iPhone だろうとアップルが OS をアップグレードするときは、あまり目立たないがバケツ一杯分ほどの変化をシステムにも加える。iOS 4 でもまさにこのやり方をとっている。大きな変化を追っかけるので忙しいかもしれないが、気付くが気付かないか分らないほどの小さな変化を次に8つ挙げる。

Every time Apple releases a new OS update, be it on the Mac or iPhone, there’s a bucketload of smaller – lesser-spotted – changes that appear in the system. iOS 4 very much continues this trend, so whilst you’re busy perusing the new update today here’s 8 little changes you may (or may not) spot.

     *     *     *

Paul ThurrottSuperSite for Windows

iOS 4 はほかのモバイル OS と差をつけた・・・

SuperSite for Windows: “Apple iOS 4” by Paul Thurrott: 21 June 2010

直前に iPhone OS 4 から iOS 4 へと名前の変わったアップルの第4世代モバイル OS は、ほかのすべてのモバイル OS を判断する基準となった。しかもその壁は高い。iOS は、すばらしいが大きな欠陥も抱えた初期のプラットフォームから、やさしく、使いやすく、しかも非常にパワフルなプラットフォームへと変化した。すばらしすぎて、他のモバイルデバイスが追いつくには数年を要するほどだ。(なんらかの形で優れているといえるのはグーグルの Android ぐらいだ。)

Apple’s fourth generation mobile operating system, renamed just before launch from iPhone OS 4 to iOS 4, is the standard by which all other mobile systems must be judged. And it’s a high bar: The iOS has matured from an amazing but deeply flawed platform to one that is both easy to use and achingly powerful. It’s so good, in fact, that’s it’s taken the rest of the mobile device industry years to catch up. (Only Google’s Android seems to have surpassed iOS in any meaningful way so far.)

     *     *     *

マイクロソフトは目を覚ますべきだ・・・

Windows Phone Secrets: “Windows Phone vs. the world, part 1: Developers” by Paul Thurrott: 20 June 2010

まだ始まったばかりでマイクロソフトは追いつけるというひとにいいたい、目を覚ませ!と・・・。3年前に iPhone が登場したとき、まだ未熟だったスマートフォンの世界に稲妻が走ったような気がした。3年経った今、すべてが変わった。Windows Phone が闘うべきマーケットは大きく変化した。アップルが 2007 年に出したものを 2010 年に与えるだけでは不十分なのだ。他のこともそうだが、同じことがデベロッパのツールやドキュメンテーションについてもいえる。マイクロソフトが闘っているのは3年前のアップルではないのだ。

To those who would argue that this is early days and that Microsoft’s documentation can only catch up, I’d say, wake up. When the iPhone debuted three years ago, it was a bolt of lightning in what was then a very immature smart phone world. Three years later, everything has changed, and the market in which Windows Phone will compete is vastly different. In 2010, it is not enough for Microsoft to provide what Apple had in 2007, and this is as true with developer tools and documentation as it is with anything else. Microsoft isn’t competing with the Apple of three years ago.

滴り落ちる水滴ではなく、消防ホースからほとばしる水が必要だ。アップルがデベロッパに与えているものが必要なのだ。それこそが越えるべき壁だ。

What we need, then, is not a trickle, but a fire hose. We need what Apple offers iOS developers. That’s the bar.

     *     *     *

この他にも John Gruber のものも興味深いが、いずれ稿を改めて・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記:うまくいかなかった(?)インストール

筆者の iPhone 3G iOS 4 のインストールを試みたのだが、これがなんかスッキリしない。

まず1回目は「アップデート」してもインストールできず、なんの変化もなし。

何度か繰り返すうちに、やたらと長いバックアップ時間にしびれを切らし、何度か途中でキャンセルしたりして・・・

最後は「復元」→「アップデート」を試した。

「ソフトウェアバージョン 4.0」は確認できたのだが、ホームスクリーンの変化もなければ、特段変わった感じもない。

いつもなら古い機種でも感じられるスピードアップ感が今回のアップグレードにはない。

全体的に重いとまではいわないが、それまでのスイスイ感がなくなり、なんとも釈然としないアップグレードだ。

三浦一紀氏[ギズモード]や yoidoreoyaji 氏[酔いどれオヤジのブログwp]のように簡単にはいかなかった・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記2:iPhone 3G のパフォーマンスを比較(6月23日)

iOS 4 Performance on iPhone 3G (Camera and Settings) – Flickr]
iOS 4 Performance on iPhone 3G (Camera and Settings) – YouTube]

古いマシンでも OS をアップデートすればパフォーマンスが向上するのはマックファンなら周知の事実。

OS のアップデートは迷わずインストールするクセがついている。

しかし今回の iOS 4 だけは少し勝手が違った。

3GS なら問題ないのだろうが、3G では必ずしもそうはいかないようだ。

冒頭のビデオを見て納得した気分・・・

ithinkdifferent: “iPhone 3G Performance – OS 3.1.3 vs iOS 4” by Imran: 23 June 2010

     *     *     *

おんやまあ、こいつはラグってるぞ。ジェイルブレイクしてない iPhone 3G で試したところ、ほとんどの場合 OS 3.1.3 より iOS 4 の方が遅かった。ビデオで見る限り、大きなパフォーマンスの違いがあるわけではないが、iOS 4 にアップグレードする価値があるかどうか疑問だ。ビデオを見て判断してほしい・・・

Oh boy. This is one laggy beast. iOS 4 is slow in most things when compared to OS 3.1.3 on an iPhone 3G (non-jailbroken). Although I haven’t noticed that much of a difference in performance as evident from the video, it makes one wonder whether the upgrade to iOS 4 is really worth it or not. You be the judge:

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

Macosvsiphoneos

共通のコア

MacBook をとことん持ち運びやすく(portable)した究極のコンピュータがアップルタブレットになるだろうという John Gruber の予測は、多くのひとの脳髄をいたく刺激した。

前回では触れられなかった、タブレット OS に関する後半の部分を続けて紹介する。

Daring Fireball: “The Tablet” by John Gruber: 31 December 2009

     *     *     *

一般ユーザーの目に見えるもの

1984 年に登場したオリジナルマッキントッシュ(1984 Mac)はコンピュータを抽象的なものとして隠し去るようなことはしなかった。コンピュータそのものはエレガントで、シンプルで、かつ誰でも理解できるものだった。普通のユーザーの目から隠されたものはほとんど何もなかった。Mac OS X は技術の面からもコンセプトの上でもはるかに複雑だ。ハードウェア能力がその後大幅に増大したからだ。しかしt Mac OS X は常に二つの面[シンプルさと複雑さ]を取り込もうとしてきた。外見上シンプルに見えるからといってシステム全体がシンプルだといわけではない。ユーザーの目に触れるファイルシステムがその典型だ。1984 Mac ではすべてのファイルシステムは外部の目に晒されていた。しかもそれは 400 KB のフロッピーディスク1枚に収められていたのだ。ところが Mac OS X の /System/Library/ フォルダはブラウズ可能なファイルシステムの一例で Finder の中にあるものだが、そこには9万を超える項目が収められており、いずれも普通のユーザーが目にしたりいじったりする必要のないものだ。

The original 1984 Mac didn’t abstract away the computer — it made the computer itself elegant, simple, and understandable. Very, very little was hidden from the typical user. Mac OS X is vastly more complex technically and conceptually, as it must be due to the vastly increased complexity and capability of today’s hardware. But Mac OS X has always tried to have it both ways: a veneer of simplicity that doesn’t cover the entire surface of the system. The user-exposed file system is a prime example. On the 1984 Mac, the entire file system was exposed, but the entire file system fit on a 400 KB floppy disk. On Mac OS X, the /System/Library/ folder, one of many exposed fiddly sections of the file system browsable in the Finder, contains over 90,000 items, not one of which a typical user should ever need to see or touch.

     *     *     *

複雑さをデベロッパレベルに隠した iPhone OS

iPhone OS ではコンピューティングが完全に抽象化されている。その内部は Mac OS X 同様複雑だ。しかし外見的にはオリジナルマックよりシンプルかつエレガントに見える。技術的複雑さは外から隠され、階層構造は最小限に抑えられている。ユーザーレベルではなくデベロッパーレベルの技術にファイルシステムを追いやっているのだ。(iPhone のファイルシステムが大文字小文字を区別することに気付いているだろうか?)

The iPhone OS offers a complete computing abstraction. Under the hood, it’s just as complex as Mac OS X. On the surface, though, it is even more simple and elegant than the original Mac. No technical complexity is exposed. Hierarchy is minimized. It relegates the file system to a developer-level technology rather than a user-level technology. (Did you know the file system on iPhones is case sensitive?)

     *     *     *

タブレット OS はどうか

タブレット OS は iPhone OS に似たものになるだろうが、iPhone OS そのものではないということはいえる。同じ OS X のコアから作られるところは同じだが、加えてタブレットの形状(それがどんなものであるにせよ)に合うように特別にあつらえられた新しい UI を備えているのだ。

But so while I think The Tablet’s OS will be like the iPhone OS, I don’t think it will be the iPhone OS. Carved from the same OS X core, yes, but with a new bespoke UI designed to be just right for The Tablet’s form factor, whatever that form factor will be.

     *     *     *

iPod touch  を大きくしただけと考えるべきではない

タブレットの予想の中には iPod Touch のディスプレイを大きくしただけというものがあるが、私は賛同できない。iPhone OS でマックのソフトが動くように設計するのがまったく無意味であるように、 3.5 インチのディスプレイ用にデザインされたソフトを7インチ(ないしはそれ以上)のデバイスで動くようにしようとするのも無意味だ。

One common prediction I disagree with is that The Tablet will simply be more or less an iPod Touch with a much bigger display. But in the same way that it made no sense for Apple to design the iPhone OS to run Mac software, it makes little sense for a device with a 7-inch (let alone larger) display to run software designed for a 3.5-inch display.

     *     *     *

片手操作を前提とする iPhone OS

iPhone OS のユーザーインターフェイスは理論上ではなく、現実世界で使えるように設計されたものだ。しかもデバイスそのものの物理的サイズを念頭において特別に設計されている。タップできるターゲット領域のサイズと広さはひとの親指などの指先を念頭においてデザインされている。さらに重要なことは、片手で操作できるように設計されていることだ。比較的手の小さい大人ですら iPhone を片手に持って、端から端まで親指を滑らす(スワイプする)ことが出来るようになっている。

The iPhone OS user interface was not designed in the abstract. It’s entirely about real-world usability, and very much designed specifically around the physical size of the device itself. The size and spacing of tappable targets are designed with the size of human thumb- and fingertips in mind. More importantly, the whole thing is designed so that it can be used one-handed. Even an adult with relatively small hands can go from one corner to the other with their thumb, holding the iPhone in one hand.

     *     *     *

同じ OS をムリヤリ使おうとしても

Mac OS X のアプリは iPhone ディスプレイ上では動かすことができない。それには合わないからだ。ポタンや小さすぎて使えない UI 部分などだ。逆に iPhone ソフトを大きなディスプレイ上で動かそうとすれば別の問題が起きる。大きなスクリーンに合うように UI を拡大できないのではない。そんなことはムダな試みだからだ。

Mac OS X apps couldn’t run on an iPhone display because they simply wouldn’t fit, and the parts that did fit would contain buttons and other UI elements that were far too small to be used. Running iPhone software on a much larger display presents the opposite problem: it’s not that the UI couldn’t be scaled to fill the screen, it’s that it would be a waste to do so.

     *     *     *

新しい操作モデル

7インチのディスプレイは iPhone ディスプレイの倍のサイズだが、面積でいうと iPhone の4倍に当たる。大きな手の Shaquille O’Neal[注:大きな身体に見合わぬ運動能力を誇るバスケットボール選手]ですら7インチの iPod Touch を片手に持って親指で隅から隅へスワイプできるとは考えられない。3.5 インチのディスプレイで片手操作をするためにデザインされた UI を、片手操作が不可能な7インチあるいはそれ以上のディスプレイに対してアップルが使おうとするとはとうてい考えられない。iPhone OS の片手操作が不可能なサイズのデバイスからスタートするのであれば、アップルが新しい操作モデルをデザインしているのだと断言していい。
 

A 7-inch display isn’t twice the size of an iPhone’s, it’s four times bigger in surface area. I’m not sure even Shaquille O’Neal could hold a 7-inch iPod Touch in one hand and swipe from corner to corner with his thumb. Why would Apple stretch a UI designed to afford for one-handed use on 3.5-inch displays to cover a 7-inch (or larger) display that couldn’t possibly be used one-handed? If Apple’s starting with a hardware size where the iPhone OS can’t be used one-handed, then trust me, they’re designing a new interaction model.

     *     *     *

異なるデバイスには異なる OS

アップルは、巨大な一枚岩的な OS を作って、それをあらゆるデバイスにムリヤリ詰め込もうとしたりはしない。アップルはそれぞれが完璧な製品となるビジネスを追求してきた。それぞれの製品に相応しい派生的 OS[derivative OS]を作る。コアになる共通の OS はある。しかしコアになる共通の UI はないのだ。[注記参照]

Apple is not in the business of making monolithic OSes that they cram down your throat on as many widely-varying devices as possible. Apple is in the business of making complete products, for which they craft derivative OSes to fit each product. There is a shared core OS. There is not a shared core UI.

     *     *     *

[注記]API について

[共通の UI はない]とはいうものの、タブレットが API をプログラムするにあたって UIKit(すなわち Cocoa Touch)を使用することになっても私としては驚かない。同じアプリが現状のままで二つの OS で動くとは思わないが、二つのプラットフォームで動くアプリを書くために同じ API のセットを使うことはできるだろうと考える。(たぶん iPhone アプリはタブレットの大きなディスプレイ上でフルスクリーンより小さいウィジェットの形で動くことになるかもしれない。)

That said, I would not be surprised to find out that The Tablet uses UIKit, a.k.a. Cocoa Touch, as its programming API. I don’t think the same apps will run as-is on both OSes, but I do think you might use the same set of APIs to write apps for both platforms. (Or, perhaps iPhone apps could run as less-than-full-screen widgets on the larger tablet display.)

     *     *     *

パーソナルコンピューティングはどうあるべきか

もしタプレットが単なる大きな iPhone、あるいは単なるアップル版のEリーダー、あるいは単なるメディアプレーヤ、その他何でもいいが単一の機能を持ったなにものかだと考えているのなら、あなたの考えは小さすぎる(thinking too small)。それでは iPhone が電話可能なクリックホィール付きの iPod に過ぎないと考えるのと同じだ。タブレットとはパーソナルコンピューティングがどうあるべきかというアップルの再構想(reconception)に他ならないのだ。

If you’re thinking The Tablet is just a big iPhone, or just Apple’s take on the e-reader, or just a media player, or just anything, I say you’re thinking too small — the equivalent of thinking that the iPhone was going to be just a click wheel iPod that made phone calls. I think The Tablet is nothing short of Apple’s reconception of personal computing.

     *     *     *

Gruber が最後に引用したシカゴの建築家 Daniel Burnham のことばが印象的だ。Think big.(大きく考ええよ)と・・・

Think big.

「小さなプランを立てるべきではない。小さなプランでは、人々の血をたぎらせる魔法の力を持たず、実現もされないだろう。大きなプランを立てよ。目標を高くおいて作業せよ。崇高で論理的な計画を一度立てれば、決して失われることはなく、我々の死後も更なる強さをもって生き残るのだ。記憶せよ、我が子々孫々が驚くべきことを為すやも知れぬと。合い言葉を掲げ、のろしを守れ。大きく考えよ(Think big.)。」

“Make no little plans. They have no magic to stir men’s blood and probably themselves will not be realized. Make big plans; aim high in hope and work, remembering that a noble, logical diagram once recorded will never die, but long after we are gone will be a living thing, asserting itself with ever-growing insistency. Remember that our sons and grandsons are going to do things that would stagger us. Let your watchword be order and your beacon beauty. Think big.”
—DANIEL BURNHAM, CHICAGO ARCHITECT. (1846-1912)

     *     *     *

タブレットを考える上で避けて通ることの出来ない OS について Gruber が明確なイメージを持っていることは明らかだ。

それだけではない。マックや iPhone と並ぶ第三の新しいプラットフォームの誕生に立ち会うことになるかもしれない感情の昂(たかぶ)りまで見て取れるようだ。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , , , ,

Read Full Post »

Older Posts »