Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘OS X’ Category

yosemite-feat

Mac OS X を最初から追いかけていたからこそ見えてくるもの・・・

OS X 10.10 Yosemite: The Ars Technica Review | Ars Technica

But for all its timidity and awkwardness, Mavericks marked a turning point for OS X—and in more than just naming scheme. It was the first OS X release from the newly unified, post-Forstall Apple. If iOS 7 was the explosive release of Jony Ive’s pent-up software design ethos, then Mavericks was the embodiment of Craig Federighi’s patient engineering discipline. Or maybe Mavericks was just a victim of time constraints and priorities. Either way, in last year’s OS X release, Apple tore down the old. This year, finally, Apple is ready with the new.

To signal the Mac’s newfound confidence, Apple has traded 10.9’s obscure surfing location for one of the best known and most beautiful national parks: Yosemite. The new OS’s headline feature is one that’s sure to make for a noteworthy chapter in the annals of OS X: an all-new user interface appearance. Of course, this change comes a year after iOS got its extreme makeover.

     *     *     *

The standard rules apply. Don’t upgrade until all the applications you care about are compatible. Make sure you have good backups. Point-zero releases are always a little more risky. Wait for version 10.10.1 if you’re nervous.

     *     *     *

Viewed in isolation, Yosemite provides a graphical refresh accompanied by a few interesting features and several new technologies whose benefits are mostly speculative, depending heavily on how eagerly they’re adopted by third-party developers. But Apple no longer views the Mac in isolation, and neither should you. OS X is finally a full-fledged peer to iOS; all aspects of sibling rivalry have been banished.

The Mac today is just one part of a conceptually, organizationally, and (increasingly) technologically unified platform that spans from wrist to workstation. The hardware-based platforms of the past remain relevant to developers, but Apple seems determined to make them much less important to its customers. With Yosemite, the Mac has taken its first step into a larger world.

John Siracusa’s OS X 10.10 Yosemite Review | Daring Fireball

What a gift it is that we, as a community, have a library of Siracusa’s reviews all the way back to the dawn of the platform. A remarkable body of work.

Read Full Post »

Macosvsiphoneos

共通のコア

MacBook をとことん持ち運びやすく(portable)した究極のコンピュータがアップルタブレットになるだろうという John Gruber の予測は、多くのひとの脳髄をいたく刺激した。

前回では触れられなかった、タブレット OS に関する後半の部分を続けて紹介する。

Daring Fireball: “The Tablet” by John Gruber: 31 December 2009

     *     *     *

一般ユーザーの目に見えるもの

1984 年に登場したオリジナルマッキントッシュ(1984 Mac)はコンピュータを抽象的なものとして隠し去るようなことはしなかった。コンピュータそのものはエレガントで、シンプルで、かつ誰でも理解できるものだった。普通のユーザーの目から隠されたものはほとんど何もなかった。Mac OS X は技術の面からもコンセプトの上でもはるかに複雑だ。ハードウェア能力がその後大幅に増大したからだ。しかしt Mac OS X は常に二つの面[シンプルさと複雑さ]を取り込もうとしてきた。外見上シンプルに見えるからといってシステム全体がシンプルだといわけではない。ユーザーの目に触れるファイルシステムがその典型だ。1984 Mac ではすべてのファイルシステムは外部の目に晒されていた。しかもそれは 400 KB のフロッピーディスク1枚に収められていたのだ。ところが Mac OS X の /System/Library/ フォルダはブラウズ可能なファイルシステムの一例で Finder の中にあるものだが、そこには9万を超える項目が収められており、いずれも普通のユーザーが目にしたりいじったりする必要のないものだ。

The original 1984 Mac didn’t abstract away the computer — it made the computer itself elegant, simple, and understandable. Very, very little was hidden from the typical user. Mac OS X is vastly more complex technically and conceptually, as it must be due to the vastly increased complexity and capability of today’s hardware. But Mac OS X has always tried to have it both ways: a veneer of simplicity that doesn’t cover the entire surface of the system. The user-exposed file system is a prime example. On the 1984 Mac, the entire file system was exposed, but the entire file system fit on a 400 KB floppy disk. On Mac OS X, the /System/Library/ folder, one of many exposed fiddly sections of the file system browsable in the Finder, contains over 90,000 items, not one of which a typical user should ever need to see or touch.

     *     *     *

複雑さをデベロッパレベルに隠した iPhone OS

iPhone OS ではコンピューティングが完全に抽象化されている。その内部は Mac OS X 同様複雑だ。しかし外見的にはオリジナルマックよりシンプルかつエレガントに見える。技術的複雑さは外から隠され、階層構造は最小限に抑えられている。ユーザーレベルではなくデベロッパーレベルの技術にファイルシステムを追いやっているのだ。(iPhone のファイルシステムが大文字小文字を区別することに気付いているだろうか?)

The iPhone OS offers a complete computing abstraction. Under the hood, it’s just as complex as Mac OS X. On the surface, though, it is even more simple and elegant than the original Mac. No technical complexity is exposed. Hierarchy is minimized. It relegates the file system to a developer-level technology rather than a user-level technology. (Did you know the file system on iPhones is case sensitive?)

     *     *     *

タブレット OS はどうか

タブレット OS は iPhone OS に似たものになるだろうが、iPhone OS そのものではないということはいえる。同じ OS X のコアから作られるところは同じだが、加えてタブレットの形状(それがどんなものであるにせよ)に合うように特別にあつらえられた新しい UI を備えているのだ。

But so while I think The Tablet’s OS will be like the iPhone OS, I don’t think it will be the iPhone OS. Carved from the same OS X core, yes, but with a new bespoke UI designed to be just right for The Tablet’s form factor, whatever that form factor will be.

     *     *     *

iPod touch  を大きくしただけと考えるべきではない

タブレットの予想の中には iPod Touch のディスプレイを大きくしただけというものがあるが、私は賛同できない。iPhone OS でマックのソフトが動くように設計するのがまったく無意味であるように、 3.5 インチのディスプレイ用にデザインされたソフトを7インチ(ないしはそれ以上)のデバイスで動くようにしようとするのも無意味だ。

One common prediction I disagree with is that The Tablet will simply be more or less an iPod Touch with a much bigger display. But in the same way that it made no sense for Apple to design the iPhone OS to run Mac software, it makes little sense for a device with a 7-inch (let alone larger) display to run software designed for a 3.5-inch display.

     *     *     *

片手操作を前提とする iPhone OS

iPhone OS のユーザーインターフェイスは理論上ではなく、現実世界で使えるように設計されたものだ。しかもデバイスそのものの物理的サイズを念頭において特別に設計されている。タップできるターゲット領域のサイズと広さはひとの親指などの指先を念頭においてデザインされている。さらに重要なことは、片手で操作できるように設計されていることだ。比較的手の小さい大人ですら iPhone を片手に持って、端から端まで親指を滑らす(スワイプする)ことが出来るようになっている。

The iPhone OS user interface was not designed in the abstract. It’s entirely about real-world usability, and very much designed specifically around the physical size of the device itself. The size and spacing of tappable targets are designed with the size of human thumb- and fingertips in mind. More importantly, the whole thing is designed so that it can be used one-handed. Even an adult with relatively small hands can go from one corner to the other with their thumb, holding the iPhone in one hand.

     *     *     *

同じ OS をムリヤリ使おうとしても

Mac OS X のアプリは iPhone ディスプレイ上では動かすことができない。それには合わないからだ。ポタンや小さすぎて使えない UI 部分などだ。逆に iPhone ソフトを大きなディスプレイ上で動かそうとすれば別の問題が起きる。大きなスクリーンに合うように UI を拡大できないのではない。そんなことはムダな試みだからだ。

Mac OS X apps couldn’t run on an iPhone display because they simply wouldn’t fit, and the parts that did fit would contain buttons and other UI elements that were far too small to be used. Running iPhone software on a much larger display presents the opposite problem: it’s not that the UI couldn’t be scaled to fill the screen, it’s that it would be a waste to do so.

     *     *     *

新しい操作モデル

7インチのディスプレイは iPhone ディスプレイの倍のサイズだが、面積でいうと iPhone の4倍に当たる。大きな手の Shaquille O’Neal[注:大きな身体に見合わぬ運動能力を誇るバスケットボール選手]ですら7インチの iPod Touch を片手に持って親指で隅から隅へスワイプできるとは考えられない。3.5 インチのディスプレイで片手操作をするためにデザインされた UI を、片手操作が不可能な7インチあるいはそれ以上のディスプレイに対してアップルが使おうとするとはとうてい考えられない。iPhone OS の片手操作が不可能なサイズのデバイスからスタートするのであれば、アップルが新しい操作モデルをデザインしているのだと断言していい。
 

A 7-inch display isn’t twice the size of an iPhone’s, it’s four times bigger in surface area. I’m not sure even Shaquille O’Neal could hold a 7-inch iPod Touch in one hand and swipe from corner to corner with his thumb. Why would Apple stretch a UI designed to afford for one-handed use on 3.5-inch displays to cover a 7-inch (or larger) display that couldn’t possibly be used one-handed? If Apple’s starting with a hardware size where the iPhone OS can’t be used one-handed, then trust me, they’re designing a new interaction model.

     *     *     *

異なるデバイスには異なる OS

アップルは、巨大な一枚岩的な OS を作って、それをあらゆるデバイスにムリヤリ詰め込もうとしたりはしない。アップルはそれぞれが完璧な製品となるビジネスを追求してきた。それぞれの製品に相応しい派生的 OS[derivative OS]を作る。コアになる共通の OS はある。しかしコアになる共通の UI はないのだ。[注記参照]

Apple is not in the business of making monolithic OSes that they cram down your throat on as many widely-varying devices as possible. Apple is in the business of making complete products, for which they craft derivative OSes to fit each product. There is a shared core OS. There is not a shared core UI.

     *     *     *

[注記]API について

[共通の UI はない]とはいうものの、タブレットが API をプログラムするにあたって UIKit(すなわち Cocoa Touch)を使用することになっても私としては驚かない。同じアプリが現状のままで二つの OS で動くとは思わないが、二つのプラットフォームで動くアプリを書くために同じ API のセットを使うことはできるだろうと考える。(たぶん iPhone アプリはタブレットの大きなディスプレイ上でフルスクリーンより小さいウィジェットの形で動くことになるかもしれない。)

That said, I would not be surprised to find out that The Tablet uses UIKit, a.k.a. Cocoa Touch, as its programming API. I don’t think the same apps will run as-is on both OSes, but I do think you might use the same set of APIs to write apps for both platforms. (Or, perhaps iPhone apps could run as less-than-full-screen widgets on the larger tablet display.)

     *     *     *

パーソナルコンピューティングはどうあるべきか

もしタプレットが単なる大きな iPhone、あるいは単なるアップル版のEリーダー、あるいは単なるメディアプレーヤ、その他何でもいいが単一の機能を持ったなにものかだと考えているのなら、あなたの考えは小さすぎる(thinking too small)。それでは iPhone が電話可能なクリックホィール付きの iPod に過ぎないと考えるのと同じだ。タブレットとはパーソナルコンピューティングがどうあるべきかというアップルの再構想(reconception)に他ならないのだ。

If you’re thinking The Tablet is just a big iPhone, or just Apple’s take on the e-reader, or just a media player, or just anything, I say you’re thinking too small — the equivalent of thinking that the iPhone was going to be just a click wheel iPod that made phone calls. I think The Tablet is nothing short of Apple’s reconception of personal computing.

     *     *     *

Gruber が最後に引用したシカゴの建築家 Daniel Burnham のことばが印象的だ。Think big.(大きく考ええよ)と・・・

Think big.

「小さなプランを立てるべきではない。小さなプランでは、人々の血をたぎらせる魔法の力を持たず、実現もされないだろう。大きなプランを立てよ。目標を高くおいて作業せよ。崇高で論理的な計画を一度立てれば、決して失われることはなく、我々の死後も更なる強さをもって生き残るのだ。記憶せよ、我が子々孫々が驚くべきことを為すやも知れぬと。合い言葉を掲げ、のろしを守れ。大きく考えよ(Think big.)。」

“Make no little plans. They have no magic to stir men’s blood and probably themselves will not be realized. Make big plans; aim high in hope and work, remembering that a noble, logical diagram once recorded will never die, but long after we are gone will be a living thing, asserting itself with ever-growing insistency. Remember that our sons and grandsons are going to do things that would stagger us. Let your watchword be order and your beacon beauty. Think big.”
—DANIEL BURNHAM, CHICAGO ARCHITECT. (1846-1912)

     *     *     *

タブレットを考える上で避けて通ることの出来ない OS について Gruber が明確なイメージを持っていることは明らかだ。

それだけではない。マックや iPhone と並ぶ第三の新しいプラットフォームの誕生に立ち会うことになるかもしれない感情の昂(たかぶ)りまで見て取れるようだ。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , , , ,

Read Full Post »

Snow Leopard-1

Snow Leopard

Snow Leopard について興味深い記事がある。

Forbes.com: “Why Snow Leopard Is Truly Disruptive” by Brian Caulfield: 27 August 2009

     *     *     *

見過ごされている点

アップル最新の OS X Snow Leopard についてたくさんのレビューが書かれているが、どれも肝心な点を見過ごしている。

BURLINGAME, Calif. — The reviews for Apple’s latest Operating System, OS X Snow Leopard, have been written. And, well, they’ve missed the point.

Snow Leopard には新しい機能がなく、パフォーマンスもわずかしか向上していない、そんなことに何百語も費やしたパッとしない記事がほとんどだ。ウォールストリートジャーナルの Walt Mossberg も「一般ユーザーにとって画期的なものとはいえない」と書いている。

Most have noted that Snow Leopard offers a few new features, performs a little quicker and then go on to spend a few hundred words delivering the written equivalent of a shrug. “It isn’t a big breakthrough for average users,” The Wall Street Journal’s Walt Mossberg writes.

     *     *     *

何が画期的か

だがしかし、アップルの OS X Snow Leopard の画期的な点はこういうことなのだ。金曜日に発売された Snow Leopard はこれまでの Leopard に比べて同じ仕事をこなすためのコードが小さくなっているということなのだ。この10年というもの、OS は水膨れになるのが一般的傾向だった。それに対して隅々まで神経を行き届かせる(act of discipline)という点が画期的なのだ。

Here’s the breakthrough: Apple’s OS X, Snow Leopard, which goes on sale Friday, uses less code than its predecessor to do the same job. It’s a remarkable act of discipline that has broken a decades-long trend toward ever more bloated operating system software.

     *     *     *

古いプロセッサよさらば

それは Snow Leopard が PowerPC から Intel プロセッサへの移行を完了するものだからだ。古いプロセッサをサポートするコードはすべて切り捨てることが可能なのだ。

To be sure, that’s possible because Snow Leopard marks the end of Apple’s migration from PowerPC processors to Intel chips. That means Apple could tear out all the code used to support those older processors.

     *     *     *

アップルがやらなかったこと

注目すべきは、アップルがやらなかったことにある。Snow Leopard には新しい機能を詰め込むということをしなかった。しかしプログラマーは、 グラフィックスチップに作業を委ねることでアプリケーションのパフォーマンスを向上させることが可能になり、作業を小分割することによって今日のマルチコアプロセッサを有効に活用することが可能になった。長い間ユーザーのつまずきの石であったあれこれの小さな問題が解決されてユーザー体験が洗練されたものとなった。

What’s telling, however, is what Apple didn’t do: It didn’t load up its new operating system with new features. To be sure, OS X allows programmers to speed up an application’s performance by delegating work to a computer’s graphics chips, or chopping work into small bits so it can be chewed up more efficiently by today’s multi-core processors. The user experience has also been refined in scores of small ways that users will be stumbling upon for months.

     *     *     *

しかし外見は・・・

しかしまず目につくことといえば、Snow Leopard がハードドライブを占有するスペースが減り、同じハードウェアでもパフォーマンスが向上したことだろう。「使いもしない OS の新機能を増やすより、膨大な数の既存の機能をより完璧なものにすること、それが多くのユーザーがベンダーに望むことだ」と Gartner のアナリスト Michael Silver はいう。その願いか叶ったというわけだ。

What they will notice first, however, is that Snow Leopard takes up less hard drive space and performs tasks more quickly on the same hardware. “There are a lot of users who wish vendors would perfect the gazillion features that are in an operating system rather than adding more features that they won’t use,” says Michael Silver, an analyst with market research firm Gartner. Wish granted.

     *     *     *

アップルの未来製品

ひとつ夢が叶うと、もっと夢がふくらむ。アップルの未来製品を占ってみても仕方ないが、つぎのことは云えるのではないか。アップルをアップルたらしめている OS X という製品のコードをいじってスリムなものにしたのだから[?]、アップルが今後数年間にわたってより広範な製品を取り上げる可能性が出てきたと・・・

And granting that one wish could open up the possibility of a few more dreams coming true. Guessing Apple’s long-term plans is a losing proposition. However, shinnying down the code for the one product–OS X–that makes Apple Apple means we could see the company choosing to make a much wider range of products its own over the coming years.

     *     *     *

未来のいろいろなアップル製品で使えるようによりスリムでクリーンな OS を着々と準備したということか・・・

それが 29 ドル(3300 円)で買えるのであれば確かにスゴいことだ。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

Mac Login

[スタートアップ時にパスワードを要求される]

真っ青になった・・・

MacBook が開けなくなってしまったのだ。

久しぶりに赤ん坊を連れて帰ってきた娘が使っている MacBook だ。

Mac でも Windows でもやすやすと使いこなすくせに、OS やソフトにはサッパリ関心がない。

OS も Tiger(10.4)のままなので、親切気を起こして(というか余計なお節介で)Leopard(10.5)へのアップグレードを申し出たのがそもそもの始まり。

なかなかインストールディスクを受け付けないのは光学式ドライブがおかしくなっているせいか。何度か試みてやっとアップグレードできた。ところが、その後が大変・・・

再起動するとパスワードを要求するようになったのだ。これまでそんなことはなかったのに。

肝心のパスワードだが、娘自身も忘れていて、いろいろ試してみるのだがどれも受け付けない。

     *     *     *

パスワードのリセット

しかし慌てなかった。パスワードを忘れたときリセットする方法を知っていたからだ。[注1]

ところがどういうわけか手順どおりやっても MacBook が認識されない。

さあ大変、パスワードのリセットができない!

それ以上先に進めないので MacBook も使えない。

アップルサポートの助けも求めたがよく分らない。どうやら OS の一部が壊れているのではないか、ハードディスクを初期化するよりほかないとの感触・・・

赤ん坊の写真がいっぱいはいった MacBook だからさあ大変だ。

そもそもアップグレードに乗り気でなかった娘の、口に出してこそ詰(なじ)らないが悲しそうな目を見ると、もういても立ってもおられない。

唯一の救いは、アップグレード作業に取りかかる前に丸ごと MacBook のバックアップを取っておいたこと。[注2]

なんとかして修復しないと・・・

     *     *     *

ハードディスクの交換

ハードディスクを新しく交換して、新たに MacBook の内容を復旧してみることにした。

秋葉原に出かけて 250 GB の 2.5 インチハードディスクを買ってくる。

二つのパーティションを切って、ひとつにはバックアップしておいた分を戻し、もうひとつには新しく Leopard を入れてみようというわけ・・・

ハードディスクの交換だが、作業自体は比較的簡単だ。ただ、念には念を入れてその手順を確認しておく。[注3]

静電気除去

[内部をいじる前に静電気を除去する]

交換作業自体は10分程度。

     *     *     *

「このボリュームにインストールできません」

で、換装したハードディスクに Mac OS X のインストールを試みる。ところが「Mac OS X はこのボリュームにインストールできません。」というメッセージ。そんな・・・

Leopard を試しても Tiger を試しても同じエラーメッセージで、純正のインストールディスクを受け付けない。

困り果ててあちこちググってみると、原因が分かった。[注4]MacBook はインテルマックなのに、パーティションを切るとき「GUID」のオプションを選択していなかったためだ。

改めて GUID パーティション方式に直して、おそるおそる Leopard をインストールする。

電源スイッチを入れて MacBook が立ち上がったときはホッとした。今回はパスワードを要求されることもない。

もうひとつのパーティションにバックアップを取っておいた MacBook の内容をそっくり元に戻す。

ここでバックアップソフト Carbon Copy Cloner[注2]とハードディスク用クレードル「裸族のお立ち台」[注5]が活躍する。

     *     *     *

すべてが済んでなんとか MacBook が修復できたのは、一昼夜過ぎた翌日のことだった。

無事 MacBook をお持ち帰りいただいて胸をなで下ろした。

今回の教訓:頼まれもしないのに余計なことはしないこと!

     *     *     *

[注記]

1)パスワードのリセット

Change Password

パスワードを忘れてもインストールディスクさえあれば大丈夫だ。アップルのサポートサイト「Mac OS X: アカウントパスワードを変更する、またはリセットする方法」を参考にしよう。

ただし、パスワードがリセットできても自動ログインが機能しなくなることもあるようなので要注意。

2)バックアップソフト Carbon Copy Cloner

Ccc-1

Carbon Copy Cloner は簡単で使いやすく筆者愛用のバックアップソフト。略称 CCC。今回のように必要なときに起動ディスクを丸ごと(不可視ファイルも含めて)コピーできるところが便利。

日頃は必要なときに差分コピー(項目を同期して追加または変更されたものだけをコピーする)をとるのに使っている。

3)ハードディスクの交換

MacBook のハードディスク交換作業を写真付きで詳しく説明したサイトは多数あるが、ここでは本家アップルの手順「MacBook13 インチ)ハードドライブ交換手順」(英文)に従った。作業に必要な写真が鮮明であるほか、作業前に静電気を除去することも忘れずに注意している。

4)インテルマックのパーティション方式

Mac OS X は、非ネイティブのパーティション方式を使うディスクにはインストールできない。Intel Mac と PowerPC Mac では異なるネイティブのパーティション方式を採用している。

インテルマックの場合 GUID パーティション方式のドライブでないとインストーラが選択できず、したがって Mac OS X をインストールできない。

手順については「インストーラで『Mac OS X はこのボリュームにインストールできません』というメッセージが表示される」を参照のこと。

5)ハードディスク用クレードル

お立ち台

ハードディスク用クレードル「裸族のお立ち台」はなかなかのスグレものだ。裸のハードディスクを差し込むだけで使える。ハードディスクの抜き差しを繰り返す今回のような作業では大活躍だ。2.5 インチと 3.5 インチの両方が使えるのもありがたい。

Technorati Tags: , , , , , , , , , , , ,

Read Full Post »

Jobs Returns

フォーチュン誌の Philip Elmer-DeWit が Jobs の復帰する日をピンポイントで予想している。

Fortune [Apple 2.0]: “June 8: The day Steve Jobs returns?” by Philip Elmer-DeWitt: 06 March 2009

その根拠はこうだ・・・

     *     *     *

David Zeiler の予想を踏まえて

Steve Jobs が1月に病気休暇を発表して、一時的にアップル CEO の座を離れるといったのは「6月末」までの期間だった。

The “end of June” is how long Steve Jobs said his medical leave would run when he announced in January that he was temporarily stepping down as Apple’s (AAPL) CEO.

Baltimore Sun の David Zeiler の予想を踏まえれば、予定より数週間早く、6月8日には Jobs が復帰するというシナリオが描けないわけではない。

But David Zeiler, writing on another subject for the Baltimore Sun website, offers a scenario in which Jobs could return to the helm a few weeks earlier — on June 8 to be precise.

     *     *     *

Snow Leopard 発表がポイント

Zeiler は Snow Leopard の最終版が発表される日をピンポイントで予想しようとしている。Leopard に代わる Mac OS X 10.6 Snow Leopard のことだ。

Zeiler was trying to pinpoint the day Apple is going to release the final version of Mac OS X 10.6 Snow Leopard, the Macintosh operating system being developed to replace Leopard.

Jobs が Snow Leopard の存在に言及したのは、2008 年6月9日のアップルデベロッパ会議(WWDC)のときだった。このとき Jobs は「おおよそ1年後には」出荷するとも述べた。そこで、再度デベロッパ会議の場でアップルが最終出荷日を発表するものと仮定して、それでは 2009 年の WWDC が何時になるのかという「探索の旅」を Zeiler はしてみたのだ。

Jobs announced the existence of Snow Leopard at Appleユs World Wide Developers Conference (WWDC) on June 9, 2008 and said it would ship メabout a yearモ later. Acting on the assumption that Apple will once again use the developers conference to announce the final ship date, Zeiler went on what he calls メa sleuthing missionモ to find out when WWDC 2009 will be.

     *     *     *

「法人向け会合」

そこで Zeiler は、毎年 WWDC の会場となるサンフランシスコのモスコーニセンターの行事予定表を調べてみた。で、見つかったのが・・・

He called up the schedule of events for San Francisco’s Moscone Center  — the traditional venue for WWDC — and found this:

これはどういうことだ? 2008 年 WWDC のちょうど1年後にあたる6月第2週は、モスコーニセンター西館は全部「法人向け会合」に予約済みだ。これほどの期間をまるまる予約して、しかも誰が予約したのか分からないようにするなんてアップル以外に考えられるだろうか。

Hmm. What do we have here? Moscone West is booked the entire second week of June — exactly one year after WWDC 2008 — for a “corporate meeting.” Who else but Apple would reserve that big a block of time and try to cover its tracks?

     *     *     *

Jobs の復帰を予想する

Zeiler はさらに2つの仮定をする。Snow Leopard が発表されるのは WWDC のキーノートで、WWDC キーノートは(例年どおり)月曜日になると・・・

Zeiler makes two more assumptions: that Snow Leopard will be unveiled at the keynote address and that the WWDC keynote will be scheduled for Monday, as it usually is.

私もその考えを取りたい。その上でもうひとつ私も仮定したい。病気休暇が終わるのに数週間を余すのみということなら、Mac OS X の6回目の重要なアップデート発表という栄誉を(そして他にもビッグな発表ありとすれば)、Steve Jobs がその栄誉を Tim Cook や Phil Schiller に譲ったりはしないだろうと・・・

I’ll buy that. And I make one further assumption: that Steve Jobs, only a few weeks away from the end of his medical time-out, is not likely to leave the honor of introducing the 6th major update of Mac OS X — and any other big announcements Apple might have in store — to Tim Cook or Phil Schiller.

私は予想する。もし Jobs が少しでも回復しているなら、休暇によって比較的元気に見える Jobs が、月曜朝9時(米国太平洋夏時間)にモスコーニセンター西館のメイン講堂の舞台に立つだろう、と・・・

So if he’s made any kind of recovery at all, I expect to see Jobs that Monday, looking rested and relatively healthy, on Moscone West’s main auditorium stage at 9 a.m. sharp Pacific Daylight Time.

     *     *     *

Jobs のその後の回復状況が分からないところが難だが、それでもこの予想が実現してくれるとうれしい。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , ,

Read Full Post »

Greener Macbook

発表されたばかりの MacBook について、アップルからデモ機の貸与を受けた APC が興味深い指摘をしている。

実際にいじってみるとあれこれ分ってくるというのだ。10項目挙げているが、そのうちの5番目と7番目について・・・

APC: “Top 10 things you didn’t know about the new MacBook” by Dan Warne: 16 October 2008

     *     *     *

OS X は未公開のビルド

5)MacBook は他のマック向けにはまだ公開されていない OS X のスペシャルビルドを搭載している

5. The MacBooks run a special build of OS X, not yet released to other Macs

我々がアップルから貸与を受けた MacBook は、OS X 10.5.5 build 9F2114 を搭載している。一方最新のリリースは 9F33 が一般的だ。

Whatsnew Aboutmac

細かい点だがいくつか変更点をみつけた。

Whatsnew Trackpad

The MacBook we have on loan from Apple is running OS X 10.5.5, build 9F2114 — whereas the latest release issued to Macs generally is 9F33. We’ve spotted some small changes so far…

     *     *     *

unibody デザインのおかげでしっかりしたキーボード

Chicklet Keyboard

7)MacBook のチクレットキーボードはとてもしっかりとしている

7. The chicklet keyboard on the MacBook is very firmly supported

MacBook のチクレットキーボードにはどうしても馴染めないひともいるが、最新バージョンのキーボードは驚くほどいい。筐体の内部にしっかりと取り付けられている。(アップルの説明によれば、unibody デザインのおかげでシャーシが非常に強固になったためだという。)実際に押してみてもキーボードを撓(たわ)ませることはできなかった。

Coming from the point of view of someone who has never liked the chicklet keyboard on the MacBook, the latest gen version of it is surprisingly good. It is very firmly mounted inside the case (Apple says this is due to the carved ‘unibody’ design which provides a very stiff chassis) and try as we might, we couldn’t get the keyboard to bend to pressure.

バックライトのキーボードを標準モデルの  MacBook に導入したことにより、入手困難な MacBook Pro 13 インチモデルが欲しいひとにとってはより入手しやすいものとなった。

The introduction of the backlit keyboard into the standard MacBook also makes it a more viable option for MacBook Pro owners looking for that elusive 13″ MacBook Pro.

     *     *     *

なお、キーボードに関しては次の点がすでに明らかになっていると注意喚起している。

壊すと高くつく

Keyboard Screws

56 Phillips #000 screws | iFixit

キーボードは簡単にはいじれないように設計されている。キーをひとつでも破損するとケース全体を取り替えるハメになる。なにせこの「unibody」パーツはアルミの固まりから削り出された一体型構造だからだ。この点を十分明確にするためアップルは、上部ケースにキーボードを取り付けるのにネジを 56  本も使っている。iFixit が分解した内部写真を見ればハッキリ分る。

The keyboard is not designed to be serviceable. If you break a key, you will have to pay to have the entire top case replaced — very expensive considering this is the ‘unibody’ part of the machine which is machined from a block of solid aluminium. Apple has made this abundantly clear by using 56 screws to affix the keyboard to the top case. iFixit has the lowdown here.

     *     *     *

それにしてもキーボードの固定に 56 本のネジとは、「unibody」構造による部品数減少の哲学とは相容れないような気もするが・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

[噂]雪豹現わる!

Snow Leopard

Snow Leopard

来週に迫った WWDC で Mac OS X の次期バージョンが発表されるというスクープをものにしたのは TUAW だったが、そのコードネームが「Snow Leopard」[雪豹、ユキヒョウ]だとすっぱ抜いたのは Ars Technica だった。

Ars Technica: “Mac OS X 10.6 code named Snow Leopard, may be pure Cocoa” by Jacqui Cheng: 04 June 2008

     *     *     *

来年1月の Macworld で出荷

事情に詳しい情報筋によると、TUAW の話は細部まで正しいそうだ。Snow Leopard は来年1月の Macworld に向けて鋭意準備中であり、OS について特段大きな変化はないという。専らパフォーマンスに注目、スピードアップと安定性強化に注力するという。アップルはこのところ(そして将来においても)より小型で、より薄く、より持ち運び可能なデバイスに焦点を絞っていることを考えると、これは実にピッタリの動きだ。MacBook Air や iPhone、iPod touch にしても、また未発表の秘密のデバイスにしても、バッテリー持続時間をもっとのばすことが必須だ。まさにこの点こそ、この数年間で他社に差をつけたいとアップルが考えているところなのだ。なお、Snow Leopard が今年の WWDC で発表されるかどうかについては、我々の情報筋は確証を持っていない。

People familiar with the situation have confirmed to us that TUAW’s details are true—Snow Leopard is currently on track to come out during next January’s Macworld, and it will not contain major OS changes. Instead, the release is heavily focused on performance and nailing down speed and stability. With Apple’s current (and future) focus on smaller, thinner, and more mobile devices, this move makes perfect sense. Things like the MacBook Air, iPhone, iPod touch, and other mysterious devices that have yet to be announced need better performance for better battery life, and that’s definitely something Apple wants to excel at in the years to come. Our sources did not note whether Apple planned to discuss Snow Leopard at this year’s WWDC.

     *     *     *

John Gruber も新しい OS について次のように述べている。

Daring Fireball: “‘Snow Leopard’ at WWDC” by John Gruber: 04 June 2008

     *     *     *

枝分かれした OS X

私が耳にしたところでは、Mac OS X、iPhone OS、Apple TV などいくつにも分岐してしまった OS X をひとつに統合することに努力の大半が向けられるという。

A big part of the effort, from what I’m hearing, is unifying the various branches of OS X at Apple: Mac OS X, iPhone OS, Apple TV, etc.

     *     *     *

ピッタリの名前

この新しい OS の名前「Snow Leopard」は実に打ってつけだ。Leopard に似てはいるがもっとクールで、特定の環境に適応している。Steve Jobs がこの OS について話すとき、バーション番号をいわずに[Snow Leopard という]名前だけで呼んでも驚きはしないだろう。

But the name of this new release, which I’ve heard from several sources, fits perfectly: Snow Leopard. Like Leopard, but cooler, and adapted for a specific environment. I wouldn’t be surprised if Steve Jobs doesn’t even mention the number 10.6, and refers to the OS only by name.

     *     *     *

WWDC のバナー

Wwdc Banners

WWDC banners | Gernot Poetsch

モスコーニセンターの内部写真もぼつぼつウェブに出始めた。

CrunchGear が載せた会場のバナー写真によれば、どうやら今後は「OS X Leopard」、「OS X iPhone」と呼ぶことになるらしい。

だとすると、新しい OS の登場はますます本当らしく思えてくる。

WWDC のサプライズは iPhone だけではないということか・・・

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »