Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘MobileMe’ Category

Mobileme Leak

MobileMe のアカウント区分が変わる?

MobileMe の無料版が登場するかもという話がある。

Electronista: “Signs hint MobileMe may change to free and paid tiers“: 04 June 2010

     *     *     *

アカウント区分の変更

グーグルに対する防御策として MobileMe を無料にする計画がある・・・最近アップルがアカウント区分を変えたのはそのためではないかと契約者がいっている。既存メンバーのアカウントが何もしないのに「個人」から「正会員」に一時的に変更された。アップルが予定していたメインテナンスとこの変更が偶然にも重なった。

Plans by Apple to make MobileMe free as a hedge against Google may have been given some clues by Apple itself through quite changes noted by some subscribers. Existing members have noted their accounts at least temporarily changing over from “individual” to “full member” without any changes of their own. The switches coincide with maintenance Apple had scheduled for the same day.

     *     *     *

フリーメンバーとフルメンバー

区分名称を変えたのは、アップルがサービスを完全に無料にするというより、むしろベーシックとフルの2種類のサービスに分け、フリーメンバーは基本サービスの、フルメンバーはそれ以外のプラスアルファの利用を考えているのかもしれない。もしそうなら、iDisk、写真・ビデオのギャラリーのように大量のストレージを必要とするものはフリーバージョンから除かれるものと思われる。

The labeling implies that, rather than offer a completely free service, Apple may stratify its service into basic and full tiers where free customers still get core services while full members get extras. Features that need large amounts of storage, like iDisk and the photo and video galleries, arethe most likely to be cut from free versions if such a strategy exists.

     *     *     *

有料 MobileMe への批判

アップルが MobileMe に料金を課していることに対して批判が高まっている。Android フォンについてはメールやカレンダー、住所録が無料でオンライン同期できるとグーグルが約束しているからだ。一方 iPhone の場合、年間 99 ドル払わないと、物理的同期に頼らざるを得ない。アップルはノースカロライナのデータセンターを建設中だが、将来はそのようなことも可能になると思われる。

Apple has lately faced growing criticism for continuing to charge for MobileMe at a time when Google can promise free e-mail, calendars and contacts synchronized online for Android phones where the iPhone is still at least partly reliant on a physical sync without paying $99 per year. The company has recently been working on a North Carolina data center that could help scale such plans in the future.

     *     *     *

繰り返されるウワサが期待を増していく・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , ,

広告

Read Full Post »

Mobileme

iPad が発売28日で100万台を突破、いよいよ5月28日には日本始め世界で発売開始、出たばかりの iPad 3G がはや品薄、WWDC のチケットが8日で完売など、このところアップルの話題で持ち切りだ。

そんなところへ気になるウワサが飛び込んできた。

MacDailyNews: “RUMOR: Apple to make MobileMe free“: 07 May 2010

     *     *     *

確認できないので「ウワサ」のカテゴリーとしておくが、「アップルは MobileMe を無料にする計画だ」というウワサを耳にした。なんとなくホンモノっぽい。

We have received a tip that we cannot confirm, hence our “RUMOR” designation, that nonetheless has at least an air of credibility about it that says, “Apple is planning to make MobileMe free.”

もともと MobileMe は、2000 年1月5日に Mac OS 9 ユーザーのための無料のインターネットサービス「iTools」として開始された。2002 年7月17日には「.Mac」と改称、年間 99 ドルの有料サービスとなり、さらに 2008 年の7月9日の WWDC で今日の「MobileMe」となった。

MobileMe was originally launched on January 5, 2000, as “iTools,” a free collection of Internet-based services for users of Mac OS 9. iTools was relaunched as “.Mac” on July 17, 2002, when it became a $99 per year subscription service. .Mac was relaunched as “” at WWDC 2008 on July 9, 2008.

無料になる時期は不明で、「比較的早く、ある施設が稼働する時期次第・・・」ということ以外ははっきりしない。

No timeframe was given for MobileMe to go free, other than: “sooner than later… depends on certain facilities going operational.”

目下分っているのはこれだけだ。

That’s all we have at this time.

あくまでも未確認のウワサということで・・・

Again, this is an unconfirmed RUMOR. 

     *     *     *

「ある施設」というので、例のアップルが建設中の巨大データセンターのことがすぐ思い浮かんだ。

目下のところ報じているのは MacDailyNews だけなので信憑性は不明だが、なにやら気になる・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , ,

Read Full Post »

Apple Event Banners

New Apple iPod coming soon | Andrew Mager

アップルイベントまで余すところ数十時間となった。リーク写真をはじめウワサマシンも全開だ。

しかし今年のアップルイベントを迎えるアップルファンにはこれまでになかった気になる雰囲気があると Macworld 誌が書いている。

Macworld: “What’s at stake for Apple at Tuesday’s iPod event” by Philip Michaels: 05 September 2008

     *     *     *

いつもと違うなにか・・・

iPod をテーマとする来週火曜日のアップルのスペシャルイベントについての読者のチャットを見ていると興味深い変化が感じられる。いつもなら、予想される製品についてクパチーノから発せられる片言隻語をもとに様々な憶測、願望、熱望で溢れかえるのが常だ。確かに Macworld.com にはそんなスレッドも沢山ある。しかしその一方、いつもとは異なるスレッドも繰り返し投稿されている。通常ならこんなイベントの前には見られないアップルユーザーの態度を示すもだ。

There was an interesting undercurrent to the reader chatter surrounding Apple’s announcement of a special, presumably iPod-themed event for this coming Tuesday. Normally, the news that Apple’s planning to unveil something inspires speculation, wishcasting, and open covetousness from the folks who hang on ever word to come out of Cupertino—and to be certain, there was plenty of that in the Macworld.com forum thread on Apple’s September 9 event. But there was another recurring theme to some of the comments posted in that thread—an attitude one doesn’t normally see from Apple’s customers in advance of one of the company’s media events.

それは「アップルに対する慎重さ」(Wariness)[用心深さ、慎重さ、警戒心から生じる油断のなさ]だ。

Wariness.

9月9日イベントについて最初に投稿したフォーラムメンバーは「これまではすごく興奮したものだが、もうそうじゃない」と書いている。さらにいくつか後のスレッドで別のメンバーも「私からアップルの輝きが失われてしまったと認めざるを得ない」と書いている。

“I used to be excited about these, but not anymore,” one forum member wrote in the very first post in the September 9 event thread. “I must admit the shine is off for me as well,” another forum member agreed just a few posts later

     *     *     *

「不満多き夏」

こういうことなのだ。この夏にアップルは数多くの重要な製品を発表した。それぞれの発表日程が詰まり過ぎたため(Steve Jobs も誤りだったと従業員に対して認めたほどだ)、いくつもの不手際がおき、本来持っている筈の魅力も影が薄くなってしまった。さら重要なことには、度重なるミスによってアップルユーザーの一部が相当に気分を害してしまったことだ。

The upshot: Apple delivered a number of significant products this summer. But the launch schedule was so compressed—a mistake Steve Jobs acknowledged to his employees—that the pros of these new offerings were overshadowed by the assorted missteps. More important, the assorted glitches have left a segment of Apple’s customer base feeling a little put out heading into the fall.

     *     *     *

果たして額面どおり信じていいのか

この期待とは、新 iPod に画期的な大変化があるか、それともちょっとした化粧直し程度かといったこととは関係ない。Don Reisinger は今週の CNET の記事「Why Apple’s event next week won’t ‘rock’ at all」で、「iPod イベントでは、みんなを魂消させるようなビッグアナウンスメントはほとんどなく、概していえばありふれたものだろう」と書いている。これだけでは重要な点でピント外れだと思う。アップルに必要なのは、息をのむような新しい音楽プレーヤを取り出してみせることなどではない。アップルに必要なのは、特にこの「不満多き夏」(Summer of Discontent)のことを考えれば、発表されるものが何であれ、ちゃんと予定どおりに出荷され、ちゃんと宣伝されたとおりに動く、そういう発表をすることが大切なのだ。

Those expectations, by the way, have nothing to do with coming out with a ground-breaking or evolutionary new take on the iPod. Cnet’s Don Reisinger wrote a piece this week dismissing the chances of anything exciting coming out of Tuesday’s event—”An iPod event may have a few big announcements that will make some swoon,” he wrote, “but by and large, it’s nothing more than another run-of-the-mill day at the Apple office”—which, really, seems to miss the point by several dozen zip codes. Apple doesn’t need to take the wraps off some breath-taking new music player on Tuesday. What it does need to do, especially after the Summer of Discontent, is announce something that—whatever it turns out be—ships when it’s expected to and works like advertised.

     *     *     *

大切なことは何か

新しい iPod の発表だって? それなら iPod をファンが期待する品質と性能のレベルまで高めることだ。iTunes の手直しだって? それならアップデートにはバグがないようにすることだ。iTunes Store の楽曲についてサブスクリプションを導入するって? それならそのサービス開始をこの夏の MobileMe とはまったく異なったものにすることだ。

Unveiling new iPods? Make sure they measure up to the quality and performance that iPod enthusiast have come to expect. Rejiggering iTunes? That update had best be free of any major bugs or blemishes. Launching a subscription-based version of the iTunes Store’s music offerings? Then that launch needs to be the polar opposite of MobileMe’s summer debut.

     *     *     *

「弾をまっすぐには撃てないギャング」

いまやアップルは「間違いを犯すことなど考えられない会社」(The Company That Can Do No Wrong)から「弾をまっすぐには撃てないギャング」(The Gang That Couldn’t Shoot Straight)[Jimmy Breslin の同名の映画から]にまで成り下がってしまった。これを変えるには、たとい目を見張らせる製品ではなくても、ちゃんとした製品をスムーズに発表することだ。そうすれば、これまでにない慎重さで来週のイベントを眺めているファンにもなにがしかの興奮をもたらすことが出来るかもしれない。

Right now, fairly or unfairly, Apple’s narrative has shifted from The Company That Can Do No Wrong to The Gang That Couldn’t Shoot Straight. A smooth launch of a solid if not overly spectacular product stops that. And maybe it restores some of the excitement about the company among customers eyeing this Tuesday’s event with unaccustomed wariness.

     *     *     *

どうやら Steve Jobs の「現実歪曲空間」に頼るだけでは事が済まなくなったようだ。

本来なら一番アップル寄りのはずの Macworld 誌からこんな記事が出ること自体大きな変化といえるのではないか。

原文を見る

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »