Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Mobile OS’ Category

airplay_in_action.jpg

AirPlay in Action

なんの前触れもなく iOS 4.2 がリリースされた。プレスリリースを見ると、クリスマスシーズンに間に合わせるのがどうやら最優先課題だったようだ。

Apple [Press Release]: “Apple’s iOS 4.2 Available Today for iPad, iPhone & iPod touch”: 22 November 2010

     *     *     *

アップルのプレスリリース

「iOS 4.2 によって iPad はまったく新しい製品に変身する。クリスマスシーズンにもやっと間に合った」と Steve Jobs は語る。「iOS 4.2 によってまたもや iPad は多くのタブレットが到達しようとするゴールを再定義する。そこに到達できるものは、あるとしてもごく僅かだ。」

“iOS 4.2 makes the iPad a completely new product, just in time for the holiday season,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “Once again, the iPad with iOS 4.2 will define the target that other tablets will aspire to, but very few, if any, will ever be able to hit.”

     *     *     *

Macworld 誌は iOS 4.2 のすばらしい機能を10リストアップしているが、AirPlay については次のように述べている。

Macworld: “iOS 4.2: Ten great features”: 23 November 2010

AirTunes 機能を iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したもの

ドックとケーブルはもやは過去のものとなった。AirPlay があれば、Apple TV その他多数のホームシアターコンポーネントを備えた互換機能を持つデバイスに、iPhone や iPod touch、iPad から、簡単に音楽やビデオ、写真などをワイヤレスにストリーミングすることが可能になる。AirPlay は、オーディオを AirPort Express にストリーミングするこれまでの AirTunes 機能を、iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したものが中核になっている。AirPlay によってアップルはメディアを自宅や友人宅で楽しむレベルを引き上げたのだ。それだけではない。その戦略的な重要性に注目すべきだ。iOS デバイスと連携できる製品を作ろうとしているサードパーティにとってさらに連携すべき技術的理由が増えたことになる。iOS 4.2 出荷の数か月も前から家電業界は AirPlay をサポートすると発表している。

Cables and docks are so passé. With AirPlay, the iPhone, iPod touch, and iPad can wirelessly stream music, video, and photos directly to compatible devices, including the new Apple TV and an increasing array of home theater entertainment components. At its core, AirPlay is Apple’s old AirTunes feature for streaming audio to the AirPort Express expanded to iOS and third-party hardware. With AirPlay, Apple raises the bar for enjoying your media around the house or at a friend’s, but it’s also worth noting the strategic importance of the technology: it provides yet another technological hook for third parties looking to build products to work with iOS devices. Consumer electronics companies announced support for AirPlay months before iOS 4.2 was ready to ship.—DC

     *     *     *

John Gruber は AirPlay と VoiceOver の2つが最重要とみる。

Daring Fireball: “Apple TV 4.1 Software Update: AirPlay and VoiceOver” by John Gruber: 22 November 2010

AirPlay

2つの新しい機能。ひとつは AirPlay。AirPlay は Apple TV 2 にとってい真に重要なキーフィーチャーだ。初代 Apple TV はスタンドアローンの 200〜300 ドルもするデバイスで、テレビにとっては iPod 程度の役割だった。ところが新しい Apple TV は iPhone や iPad のための 99 ドルの周辺機器になるというわけ。iOS デバイスからテレビにビデオを流すにはどうすればいいのかって? すでに Apple TV をお持ちなら、プレイボタンを押すだけでいいのさ。

Two big new features. AirPlay is really the key feature in Apple TV 2. The original Apple TV was a standalone $200-300 device; more or less an iPod for your TV. The new Apple TV is a $99 peripheral for your iPhone and iPad. How do you get video from your iOS device to your TV? If you have an Apple TV, just hit play.

VoiceOver

もうひとつの VoiceOver についていうと、こんなレベルのアクセシビリティーを備えたホームシアターシステムが他にあるだろうか?

As for VoiceOver, does any other home theater system offer this level of accessibility?

     *     *     *

バックグラウンドで動く AirPlay

AirPlay in Action – Apple]

iOS 4.2 – AirPlay Demo – YouTube]

アップルの AirPlay デモビデオから、John Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “Apple’s Video Demo of AirPlay in Action” by John Gruber: 22 November 2010

究極のウリ

AirPlay のキラーフィーチャー[Killer feature:究極のウリ]、それはバックグラウンドで動くということだ。だから iPhone や iPad から Apple TV にビデオをストリーミングしながら、iPhone/iPad でウェブブラウジングすることもできる。もちろん iPhone/iPad のディスプレイをその間消しておくこともできる。

Killer feature: it works in the background, so you can use your iPhone or iPad to browse the web or check email or whatever while the video continues to stream from it to your Apple TV. Or you can just turn the iPhone/iPad display off.

     *     *     *

さあ、楽しみだ。

実際にアップグレードしたひとの話をはやく聞きたい・・・

★ →[ビデオを見る:Apple]

★ →[ビデオを見る:YouTube

広告

Read Full Post »

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

multitasking.jpg

[iOS 4.2 for iPad]

iOS 4.2 の発表についてどうやら確定版らしき情報がはいってきた。

MacStories: “iTunes 10.1 and OS X 10.6.5 Coming Tomorrow, iOS 4.2 On Friday at 10 AM PST” by Federico Viticci: 09 November 2010

     *     *     *

iOS 4.2 は11月12日、 iTunes/Mac OS X は明日発表

AT&T の内部情報筋(単数)が MacStories に語ったところによると、アップルは iPhone、iPod、iPad のメジャーアップデート iOS 4.2 を11月12日金曜日[米太平洋時間午前10時]に発表するという。そのほか iTunes および Mac OS X も明日には発表されるという。これでiTunes はバージョン 10.10.0(今後は iTunes 10.1 と呼ばれる)に、Mac OS X はお待ちかねのバージョン 10.6.5 になる。

An inside source at AT&T told MacStories that Apple is planning to release iOS 4.2, a major OS update for iPhones, iPods and iPads, on Friday November 12th at 10 AM PST. We also learned that updates to iTunes and Mac OS X will be released sometime tomorrow — iTunes will be reaching version 10.10.0 (simply called iTunes 10.1) and Mac OS X will jump to the long-awaited 10.6.5 version.

     *     *     *

数時間前に認証段階を終えたばかり

iOS 4.2 は今日出るという大方の予想だったが、iOS 4.2 の AirPlay 機能は iTunes 10.1 に、AirPrint 機能は Mac OS X 10.6.5 にそれぞれ依存している。われわれの情報筋によれば、10.6.5 は数時間前に認証段階を終えたばかりということだ。iTunes は3週間前、多分ベータ2がデベロッパにシードされた時点で完成していたと思われる。

Many users expected iOS 4.2 to be available today: iOS 4.2, however, depends on iTunes 10.1 and Mac OS X 10.6.5 for its AirPlay and AirPrint functionalities, respectively. According to our source, 10.6.5 completed the certification stage a few hours ago and iTunes was ready 3 weeks ago — likely after the release of beta 2 to developers.

     *     *     *

ドイツの iFun がスクープ

詳しくはまた追記するが、9to5mac が報じたように、先週ドイツのブログ iFun が11月12日金曜日にはアップルが iPhone キャリアにアップデートさせるだろうという話をスクープしたばかりだ。

We will keep you posted as we find out more. As noted by 9to5mac, German blog iFun discovered last week that Apple will push iPhone carrier updates on Friday, November 12th.

     *     *     *

徹底的なテスト

追記:また新しい情報がはいった。我々の情報筋によれば、AT&T スタッフは徹底的なテストを行なうことを求められている。AT&T のネットワークを利用するすべてのアップルのモバイルデバイスが予定どおりちゃんと稼働すること、新しい製品が利用することになる環境でマックがきちんと稼働することのテストだ。

Update: We’ve got some more details to share. According to our source, AT&T staff is required to thoroughly test all Apple mobile devices that are intended to use their networks and test them in their intended environments that include using Macs with versions Apple deems necessary to properly fulfill new test products.

     *     *     *

日本語に関するバグフィックス

また同じ情報筋によれば、iOS 4.2 は先週火曜日に発表されるはずだったが、日本語を正しく表記できないバグが発見されたのでバグフィックスを余儀なくされたという。iOS 4.2 GM は当初10月26日に発表される予定だった。

As for iOS 4.2, our source reports that it was actually due last Tuesday but a bug was found that did not display Japanese characters properly and forced Apple to fix it. The iOS 4.2 GM was supposed to be released on October 26th.

     *     *     *

iOS 4.2 の発表もいよいよ秒読み段階・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

SDK.png

Dan Frommer[Silicon Alley Insider]が、iOS デベロッパの非公開サミットのウワサを伝えている。

Silicon Alley Insider: “Apple Hosting Secret iOS Developer Summit Next Week” by Dan Frommer: 27 October 2010

     *     *     *

iOS デベロッパサミット

業界情報筋によれば、来週カリフォルニアでアップルが iOS デベロッパのためのイベントを開催する予定だという。このイベントは来週の火曜日から3日間行なわれるらしい。

Apple is hosting an event for iOS developers in California next week, we’ve heard from an industry source. The event begins next Tuesday, and runs for three days, we’ve heard.

     *     *     *

iPhone Tech Talks みたいな?

公式の情報はなく詳細は不明だが、アップルが昨年行なった iPhone Tech Talks の内輪バージョンのようだ。

We are short on details, and we have not seen any public information about it, but it sounds like this will be a more intimate version of the iPhone Tech Talks that Apple hosted around the world last year.

今年は、デベロッパたちはアップルエンジニアから直接指導を受け、場合によっては開発の手助けも受けられるかもしれない。

This year, app publishers may get some extra face time with Apple engineers, and perhaps some hands-on development help.

     *     *     *

Android に対抗

App Store の iOS アプリの品質を高めることが主たる目的のようだ。ライバルであるグーグル Android プラットフォームがデベロッパにとって魅力的に見え、彼らの関心を惹き、投資が行なわれているまさにその時に行なわれるものだ。

The big idea, it seems, is an effort to improve the quality of iOS apps available in Apple’s App Store. This comes as Google’s rival Android platform continues to look better to developers, and receives more of their attention and investment.

     *     *     *

iOS のメジャーアップデートを控えて

タイミング的にもうなずける。アップルは来月メジャーアップデート iOS 4.2 を発表しようとしている。iOS 4.2 は iPad ソフトウェアが発表されて以来初めてのメジャーアップデートで、iPhone と iPad のソフトを初めて統一しようとするものだ。

The timing makes sense, as Apple is gearing up to release a major update to iOS next month, version 4.2, which will be the first big update to the iPad software since launch, and will bring both the iPhone and iPad under the same software version for the first time.

     *     *     *

まだ詳細は不明

なお、出席者は誰か、どの程度の規模か、どんなセッションがあるのか、またアップルがメディアに向けて iOS 4.2 の特別イベントを計画しているのかといったことはまだ分かっていない。メディアイベントが開催されれば、サミットで検討されたアプリのデモも当然含まれることになるものと思われる。

What we don’t know: Who’s attending, how big this event is, what sort of sessions will be held, and whether Apple will host any sort of media event for the iOS 4.2 launch, which could potentially include demos of some of the apps that were worked on at the summit.

     *     *     *

いよいよ iOS 4.2 発表への秒読みが始まった・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Developerseconomics

モバイルプラットフォームというと、iPhone 対 Android の対決だけに目がいってしまい勝ちだ。

8つのメジャーなモバイルプラットフォームの 400 人を超えるデベロッパに対して行なわれた調査が、モバイル全体の視点からデベロッパの現況に迫っていて大変興味深い。

デベロッパがプラットフォームを選択する動機には大きな変化がみられるというのだ。

VisionMobile: “Mobile Developer Economics 2010: The migration of developer mindshare” by Andreas Constantinou: 05 July 2010

     *     *     *

その概要はつぎのとおり:

・「モバイルデベロッパの経済学:2010 年および未来」(Mobile Developer Economics 2010 and Beyond)
・ 400 人を超えるデベロッパを対象
・8つのメジャーなプラットフォームをカバー:iOS (iPhone)、Android、Symbian、BlackBerry、Java ME、Windows Phone、Flash Lite、mobile web
・2008 年までは Smbian と Java ME が圧倒的、それ以降は iPhone と Android が追い抜く
・今では Android がトップ、デベロッパの6割が Android 開発の経験を持つ
・インストールベースとアプリ数には大きな乖離がみられる

デベロッパの開発動機に関する部分がとくに興味深い。

     *     *     *

複数のプラットフォームにまたがる

ほとんどのデベロッパは複数のプラットフォームで仕事をしている。400 人の回答者の平均は1人当り 2.8 プラットフォームだ。(回答者の 60% は3年以上の経験を有する。)しかも、 iPhone および Android デベロッパの5人に1人が App Store と Android Market の双方にアプリをリリースしている。

Most developers work on multiple platforms, on average 2.8 platforms per developer, based on our sample of 400 respondents (although note that 60% of respondents had more than 3 years of experience). Moreover, one in five iPhone and Android respondents release apps in both the Apple App Store and Android Market.

     *     *     *

市場の浸透度と稼げる可能性

Marketing-Reasons-1

多くのプラットフォームがひしめくマーケットで、デベロッパは iOS、Android、Symbian、Java ME、BlackBerry、Flash、Windows Phone、mobile web、WebOS、Samsung Bada の中から如何なる基準でプラットフォームを選ぶかのということが問題なのだ。今日のデベロッパにとってプラットフォームを選ぶ際にもっとも重要な理由とは、市場の浸透度(market penetration)と稼げる可能性(revenue potential)の2つだ。

The question is: in a market crowded with software platforms, how do developers choose between iOS, Android, Symbian, Java ME, BlackBerry, Flash, Windows Phone, mobile web, WebOS or Samsung Bada? For today’s mobile developer, market penetration and revenue potential are hands down the two most important reasons for selecting a platform.

     *     *     *

経済的側面に敏感

市場への浸透度が大きいことを選択する回答者は、8つのメジャーなプラットフォームからの回答者の 75% にあたる。2番目は稼げる可能性があるということで、50% 以上の回答者が選択している。つまり、プラットフォームを選択するにあたって、市場浸透度と収益可能性の2つがいかなる技術的理由よりも重要だというわけだが、これは今日のデベロッパがモバイル開発の経済的側面にいかに敏感であるかということを物語っている。

Large market penetration was chosen by 75 percent of respondents across each of the eight major platforms we surveyed. Revenue potential was the second most important reason, chosen by over half of respondents. In fact, market penetration and revenue potential were more important than any single technical reason for selecting a platform, revealing how mobile developers today are savvy about the economic implications of mobile development.

     *     *     *

経済的プラグマティズム

マーケティング上の配慮が技術的理由に勝っているということは、デベロッパのものの考え方が大きく変化したことを示している。デベロッパは、もはやプログラミングそのものが楽しいだけでは満足せず、カネになるかどうかに最大の優先度をおいているわけだ。モバイルデベロッパはいまや経済的プラグマティズムを身につけたといえる。回答したデベロッパのひとりはいう。「技術的理由は関係ない。どのプラットフォームを選ぶかは常にマーケットによって決まるのだ。」

The preference of marketing over technical reasons signifies a turn in the developer mindset. Developers no longer see programming fun as a sufficient reward in itself, but consider monetisation opportunities as a primary priority. It seems that, mobile developers now have a sense of commercial pragmatism. As commented by one of our developer respondents, “Technical considerations are irrelevant. The choice of platform is always marketing-driven”.

     *     *     *

デベロッパは最高のギーク。デベロッパがどれだけ背後にいるかでプラットフォームの優劣が決まる・・・デベロッパはあたかもプラットフォームの守護神のようだ・・・

そんな神話を打ち壊す結果だ。

iPhone 派、Android 派という対立するデベロッパコミュニティがあると考えるのは幻想らしい。

いちばん多くのユーザーを抱えるいちばん稼げそうなプラットフォームにヒトもカネも流れるという経済原則は、デベロッパの世界にも貫徹しているということか・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

iOS 4 はどうよ

June 21 Update

WWDC で Jobs が約束したとおり、iPhone 4 の発売に先駆けて iOS 4 がアップグレードされた。約束どおり無料だ。

満を持していた達人たちが堰を切ったように、それぞれの視点からレビューしている。

いずれも詳細かつ多岐にわたっているが、とりあえずざっと見渡してみると・・・

     *     *     *

Jacqui ChengArs Technica

iOS 4 の新 API はクリエイティブなアプリの登場を可能にするだろう・・・

Ars Technica: “Ars reviews iOS 4: what’s new, notable, and what needs work” by Jacqui Cheng and Clint Ecker: 21 June 2010

iOS 4 の最もエキサイティングなところは、1500 の新しい API をデベロッパがどう使いこなすかという点だ。iPhone 体験とはつまるところアプリによって決まるということだ。最新の API によってアップルは新しい可能性を開いたのだ。2010 年後半になれば、クリエイティブなことができるアプリ(ゲームセンター、マルチタスキング、カメラなど)がたくさん登場するのは間違いない。

The most exciting part about iOS 4 is really what third-party developers will do with the 1,500 new APIs. After all, the iPhone experience has become one that is almost defined by its apps, and Apple has opened up a new world of possibilities with its latest API offerings. As we go into the second half of 2010, we’re sure to see plenty of new apps that do creative things with Game Center, multitasking capabilities, the camera, and more.

     *     *     *

Dan MorenMacworld

全般的にキビキビしている。特にカメラアプリがそうだ・・・

Macworld: “Apple iOS 4 Smartphone Review” by Dan Moren: 21 June 2010

iPhone のベンチマークは一筋縄ではいかないが、iPhone 3GS で iOS 4 をいじってみた印象では 3.1.3 バージョンよりキビキビしている感じだ。OS の反応は全体的にみてもいいが、いくつかの分野で著しい。iPhone 3GS でもカメラアプリはずっとキビキビ動く。あっという間に写真が撮れるし、撮影出来るし、iPhone 3.0 で気になったノロさもない。

While formal benchmarking is tricky on the iPhone, my initial impression of iOS 4 on my iPhone 3GS is that it’s quite snappy — more so than version 3.1.3. The OS as a whole seems more responsive, but there are a couple of places where speed improvements are pronounced: in general, the Camera app running on an iPhone 3GS seems far zippier now than previously. Pictures get taken almost instantaneously, and I didn’t notice any of the sluggishness that has occasionally plagued iPhone 3.0.

     *     *     *

Dan FrakesMacworld

フォルダのおかげでお気に入りアプリをまとめておけるようになった・・・

Macworld: “Hands on with iOS 4 folders” by Dan Frakes: 22 June 2010

フォルダにはほかにも利点がある。よく使うアプリを1つないし2つのホームスクリーンにまとめておけることだ。5つ以上のホームスクリーンをスワイプしなくても、1つか2つのスクリーンを見るだけで、お気に入りのアプリを見つけて起動できる。これまで11のホームスクリーンを頻繁に使っていたが、今ではもう最初のいくつかしか使わない。

This example also illustrates another folder advantage: condensing your most frequently used apps into just one or two screens. Instead of having to swipe across five or six (or more) Home screens, accessing your favorite apps is now a matter of locating the appropriate folder on just one or two screens and then launching the desired app. Since I started using folders extensively, I’ve found that, whereas I used to regularly access nearly every one of my iPhone’s 11 visible screens, I’m now using mainly the first few.

     *     *     *

Craig Hockenberryfurbo.org

iOS 4 は巧妙なやり方でマルチタスキングらしく見せている・・・

furbo.org: “iPhone multitasking” by Craig Hockenberry: 21 June 2010

実際より多くのアプリを動かしているような気がするのは巧妙な手品だ。異なるアプリをたくさん使っているのにバッテリーが長持ちする理由もこれで説明できる。ほとんどのアプリは凍結されて、パワーを使わないのだ。アクティブなのはスクリーンにあるアプリだけだ。バックグラウンドで動いているオーディオ・電話・GPS アプリは、一時にひとつしか動いていない。(iPod アプリを使いながら Pandora を聞いてみると分る。)

This sleight of hand makes it feel like you’re running many more applications than you actually are. It also explains how your iPhone can continue to have great battery life while you interact with many different apps. Most of your apps will be frozen and not using power: only the app on your screen is active. And even with audio, phone or GPS apps that are running in the background, you won’t be using more than one of those at a time (go ahead and try to listen to Pandora and the iPod apps at the same time!)

     *     *     *

Nik Fletchernikf.org

小さな変化を少しずつ重ねて改良していくのがアップルのやり方・・・

nikf.org: “8 Subtle Changes You May (Or May Not) Notice in iOS 4” by Nik Fletcher: 21 June 2010

Mac だろうと iPhone だろうとアップルが OS をアップグレードするときは、あまり目立たないがバケツ一杯分ほどの変化をシステムにも加える。iOS 4 でもまさにこのやり方をとっている。大きな変化を追っかけるので忙しいかもしれないが、気付くが気付かないか分らないほどの小さな変化を次に8つ挙げる。

Every time Apple releases a new OS update, be it on the Mac or iPhone, there’s a bucketload of smaller – lesser-spotted – changes that appear in the system. iOS 4 very much continues this trend, so whilst you’re busy perusing the new update today here’s 8 little changes you may (or may not) spot.

     *     *     *

Paul ThurrottSuperSite for Windows

iOS 4 はほかのモバイル OS と差をつけた・・・

SuperSite for Windows: “Apple iOS 4” by Paul Thurrott: 21 June 2010

直前に iPhone OS 4 から iOS 4 へと名前の変わったアップルの第4世代モバイル OS は、ほかのすべてのモバイル OS を判断する基準となった。しかもその壁は高い。iOS は、すばらしいが大きな欠陥も抱えた初期のプラットフォームから、やさしく、使いやすく、しかも非常にパワフルなプラットフォームへと変化した。すばらしすぎて、他のモバイルデバイスが追いつくには数年を要するほどだ。(なんらかの形で優れているといえるのはグーグルの Android ぐらいだ。)

Apple’s fourth generation mobile operating system, renamed just before launch from iPhone OS 4 to iOS 4, is the standard by which all other mobile systems must be judged. And it’s a high bar: The iOS has matured from an amazing but deeply flawed platform to one that is both easy to use and achingly powerful. It’s so good, in fact, that’s it’s taken the rest of the mobile device industry years to catch up. (Only Google’s Android seems to have surpassed iOS in any meaningful way so far.)

     *     *     *

マイクロソフトは目を覚ますべきだ・・・

Windows Phone Secrets: “Windows Phone vs. the world, part 1: Developers” by Paul Thurrott: 20 June 2010

まだ始まったばかりでマイクロソフトは追いつけるというひとにいいたい、目を覚ませ!と・・・。3年前に iPhone が登場したとき、まだ未熟だったスマートフォンの世界に稲妻が走ったような気がした。3年経った今、すべてが変わった。Windows Phone が闘うべきマーケットは大きく変化した。アップルが 2007 年に出したものを 2010 年に与えるだけでは不十分なのだ。他のこともそうだが、同じことがデベロッパのツールやドキュメンテーションについてもいえる。マイクロソフトが闘っているのは3年前のアップルではないのだ。

To those who would argue that this is early days and that Microsoft’s documentation can only catch up, I’d say, wake up. When the iPhone debuted three years ago, it was a bolt of lightning in what was then a very immature smart phone world. Three years later, everything has changed, and the market in which Windows Phone will compete is vastly different. In 2010, it is not enough for Microsoft to provide what Apple had in 2007, and this is as true with developer tools and documentation as it is with anything else. Microsoft isn’t competing with the Apple of three years ago.

滴り落ちる水滴ではなく、消防ホースからほとばしる水が必要だ。アップルがデベロッパに与えているものが必要なのだ。それこそが越えるべき壁だ。

What we need, then, is not a trickle, but a fire hose. We need what Apple offers iOS developers. That’s the bar.

     *     *     *

この他にも John Gruber のものも興味深いが、いずれ稿を改めて・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記:うまくいかなかった(?)インストール

筆者の iPhone 3G iOS 4 のインストールを試みたのだが、これがなんかスッキリしない。

まず1回目は「アップデート」してもインストールできず、なんの変化もなし。

何度か繰り返すうちに、やたらと長いバックアップ時間にしびれを切らし、何度か途中でキャンセルしたりして・・・

最後は「復元」→「アップデート」を試した。

「ソフトウェアバージョン 4.0」は確認できたのだが、ホームスクリーンの変化もなければ、特段変わった感じもない。

いつもなら古い機種でも感じられるスピードアップ感が今回のアップグレードにはない。

全体的に重いとまではいわないが、それまでのスイスイ感がなくなり、なんとも釈然としないアップグレードだ。

三浦一紀氏[ギズモード]や yoidoreoyaji 氏[酔いどれオヤジのブログwp]のように簡単にはいかなかった・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記2:iPhone 3G のパフォーマンスを比較(6月23日)

iOS 4 Performance on iPhone 3G (Camera and Settings) – Flickr]
iOS 4 Performance on iPhone 3G (Camera and Settings) – YouTube]

古いマシンでも OS をアップデートすればパフォーマンスが向上するのはマックファンなら周知の事実。

OS のアップデートは迷わずインストールするクセがついている。

しかし今回の iOS 4 だけは少し勝手が違った。

3GS なら問題ないのだろうが、3G では必ずしもそうはいかないようだ。

冒頭のビデオを見て納得した気分・・・

ithinkdifferent: “iPhone 3G Performance – OS 3.1.3 vs iOS 4” by Imran: 23 June 2010

     *     *     *

おんやまあ、こいつはラグってるぞ。ジェイルブレイクしてない iPhone 3G で試したところ、ほとんどの場合 OS 3.1.3 より iOS 4 の方が遅かった。ビデオで見る限り、大きなパフォーマンスの違いがあるわけではないが、iOS 4 にアップグレードする価値があるかどうか疑問だ。ビデオを見て判断してほしい・・・

Oh boy. This is one laggy beast. iOS 4 is slow in most things when compared to OS 3.1.3 on an iPhone 3G (non-jailbroken). Although I haven’t noticed that much of a difference in performance as evident from the video, it makes one wonder whether the upgrade to iOS 4 is really worth it or not. You be the judge:

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

モバイル世界の基本的動向について Jason Grigsby が興味深い報告をしている。

モバイル OS は細分化へ、モバイルブラウザは統一化へと、それぞれ逆の方向に向かっているというのだ。

O’Reilly Radar: “Mobile operating systems and browsers are headed in opposite directions” by Jason Grigsby: 17 May 2010

     *     *     *

それぞれ逆の方向へ

モバイル OS とモバイルウェブを比較すると、それぞれが異なる方向に向かっていることがはっきりする。

It is striking to see the different trajectories mobile operating systems are on when compared to the mobile web.

     *     *     *

細分化するモバイル OS
Mobile Os Marketshare

Smartphone Operating System Market Share

2006 年には2つのモバイル OS[Symbian と Windows Mobile]で市場の 81% を支配した。今では10の異なるスマートフォン OS がある。

In 2006, two mobile operating systems controlled 81 percent of the market. This year there are 10 different smartphone operating systems.

最近でも OS 細分化の動きは続いている。

・Nokia と Intel が新しいオープンソースの MeeGo を開発
・HP が Palm を買収[WebOS]
・Windows Mobile に代わる Windows Phone 7
・Samsung が新 OS Bada を今夏発表予定
・HTC が新 OS を検討中とのウワサ
・Motorola がモバイル OS を買収とのウワサ

モバイル OS の分化はまだ続いており、当分の間終わる気配はない。

There are more mobile operating systems coming and no signs of the mobile OS market narrowing any time soon.

     *     *     *

HTML5 WebKit のサポート

その一方、モバイルウェブの方は HTML5 と WebKit を軸に統一化の方向をたどっている。

By contrast, the mobile web is converging on HTML5 and WebKit.

Modern Mobile Browsers

Modern Mobile Browsers

今ではすべてのモバイルブラウザが HTML5 をサポートする方向に向かっている。

Today, every mobile browser is moving toward HTML5 support, if it isn’t there already:

     *     *     *

Webkit Marketshare

Webkit Marketshare

また同じ時期に、モバイルブラウザはそれぞれ異なる固有のレンダリングエンジンをベースとする時代から、市販されたスマートフォンの 85% を WebKit が動かす時代となっている。

Over that same period of time, mobile browsers have gone from many different proprietary rendering engines to the point where WebKit alone will power browsers in more than 85 percent of the smartphones sold.

     *     *     *

細分化と統一

OS は2つから多数へ、ブラウザは多数からひとつへ。2つの核となるモバイルテクノロジーが、まったく逆の方向へ向かっている。

From two operating systems to many. From many browsers to one. We have two core mobile technologies headed in opposite directions.

     *     *     *

原文には統計や図表など具体的データが豊富なので、モバイル OS に興味のある方はそちらもご覧ください。

OS の違いがどうあれ、HTML5 と WebKit に対応したブラウザでないとこれからは生き残れないということか・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Older Posts »