Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Mac’ Category

Update:アップルが Flashback マルウェア削除ツールを公開》


[Mac を狙うマルウェア Flashback:image

Mac を狙うトロイの木馬「Flashback」が大きな騒ぎになっている。どうやらその脅威は過去最大のものらしい

Macworld: “What you need to know about the Flashback trojan” by Rich Mogull: 07 April 2012

     *     *     *

過去最大かつ重大

Flashback の危険性について Mikko Hypponen[F-Secure の主任研究員]はツィッターでつぎのように述べている。「もし Mac が 4500 万台近くあるとすれば、Flashback はその 1% 以上を汚染するだろう。」ということは Flashback は Mac にとって Windows の Conficker と同じようなマルウェアになるということだ。どうやら Flashback は、汚染されたフロッピーディスクを介して広がったとき以来最も広範な Mac のマルウェアになるように思われる。Mac コミュニティにとって、単一かつ最も重要なマルウェア汚染になる可能性がある。

As Mikko Hypponen, Chief Researcher at F-Secure pointed out via Twitter, if there are roughly 45 million Macs out there, Flashback would now have infected more than 1 percent of them, making Flashback roughly as common for Mac as Conficker was for Windows. Flashback appears to be the most widespread Mac malware we’ve seen since the days when viruses were spread on infected floppy disks; it could be the single most significant malware infection to ever hit the Mac community.

     *     *     *

今まで聞いたこともない数(50 万台近く)の Mac が汚染されているというのだから大変だ。

ことの重大性にかんがみ、アップルがマルウェアの検出・削除ツールを開発中だそうだ。

The Loop: “Apple developing Flashback malware removal tool” by Jim Dalrymple: 10 April 2012

     *     *     *

アップルがツールを開発中

最近巷を騒がせている Flashback マルウェアを検出、削除するツールを開発中であることをアップルは火曜日に明らかにした。

In response to Flashback malware that’s been in the news lately, Apple on Tuesday revealed that it is developing a tool to detect and remove it.

いつリリースするか明らかでないが、アップルのことだから、アップルのサポートウェブサイトないしは Mac OS X にビルトインされているソフトウェアアップデートで利用できるようになるだろう。アップルがやろうとしているのはそれだけではない。

There is no date that the tool will be released, but considering it is Apple, it should be available on its support Web site or even the built-in software update in Mac OS X. The software is not the only thing that Apple is doing, however.

     *     *     *

世界的にサーバーチェックも行なう

「Flashback マルウェアは、Java の脆弱性を利用するだけでなく、その悪質な機能を実行するためマルウェア制作者のホストサーバーに依存している」とアップルのウェブサイトは書いている。「このコマンドを無効化し、ネットワークを制御できるよう、アップルは世界中の ISP と協力している。」

“In addition to the Java vulnerability, the Flashback malware relies on computer servers hosted by the malware authors to perform many of its critical functions,” Apple wrote on its Web site. “Apple is working with ISPs worldwide to disable this command and control network.”

Java セキュリティの脆弱性を修正するため、アップルは4月3日に OS X v10.7 および Mac OS X v10.6 のアップデートを行なっている。

Apple updated Java on April 3 to fix the Java security flaw for systems running OS X v10.7 and Mac OS X v10.6.

     *     *     *

Rich Mogull[Macworld]の記事は Flashback とは何か、防ぐにはどうしたらいいか、Mac セキュリティにとってどんな意味を持つか詳しく解説している。Mac セキュリティに関心を持つ人にとって必読の文献だろう。

とりあえず Macworld のアドバイスにしたがって、次の措置をとっておいた。

1)Safari の Java を無効化する


[Safari の Java を無効にする]

2)Flash をアンインストールする


[Flash uninstaller でアンインストール]

ウイルスやマルウェアと無縁だった Mac の世界も、ユーザーベースの拡大に伴って Windows 世界に近づきつつあるということらしい・・・

★ →[原文を見る:Macworld
★ →[原文を見る:The Loop

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1QY

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》アップルが Flashback マルウェア削除ツールを公開(4月14日)


[Flashback マルウェア削除ツール]

アップルは4月12日に、セキュリティアップデートの形で Flashback マルウェアの削除ツールを公開した。

About Java for OS X Lion 2012-003 | Apple

     *     *     *

Flashback マルウェアの削除ツール

今回の Java セキュリティアップデートにより Flashback マルウェアの最も一般的な亜種が削除される。

This Java security update removes the most common variants of the Flashback malware.

このアップデートには Java アプレットの自動実行を無効にするプラグインが含まれる。ユーザーは Java の環境設定を使えば Java アプレットの自動実行を再度有効にすることもできる。Java アプレットが一定期間使われていないことをプラグインが検知した場合には Java アプレットは再度無効化される。

This update also configures the Java web plug-in to disable the automatic execution of Java applets. Users may re-enable automatic execution of Java applets using the Java Preferences application. If the Java web plug-in detects that no applets have been run for an extended period of time it will again disable Java applets.

Java for OS X Lion 2012-003 は Java SE 6 version 1.6.0_31 にアップデートし、従前の全ての Java for OS X Lion のバージョンに優先する。

Java for OS X Lion 2012-003 delivers Java SE 6 version 1.6.0_31 and supersedes all previous versions of Java for OS X Lion.

このアップデートは Java をインストールしているすべての Mac ユーザーに推奨する。

This update is recommended for all Mac users with Java installed.

     *     *     *

さっそく Java セキュリティアップデートを実行した。

Read Full Post »

intel-sandy_bridge.jpg

Intel Sandy Bridge CPU

詳細なマックレビューでなる AnandTech の Anand Lal Shimpi が、未来のマックが採用する CPU について興味深い発言をしている。

Macworld: “Mac of the future: the CPU” by Anand Lal Shimpi: 01 December 2010

     *     *     *

時計仕掛け

この数年来、アップルがマックで使う CPU を予想するのは比較的カンタンだった。アップルがインテルの x86 プロセッサに移行して以来、インテルのロードマップを反映したものがマックのロードマップだった。インテルが新しい CPU を出す。すると数か月後にアップルが新しいマックを出す。まるで時計仕掛けのように正確だった。おかげでさもなくば予想のむずかしいアップルのプロダクトサイクルから驚きの要素がいくぶん失われてしまった。

For the past few years, predicting the CPUs that Apple would put inside its Macs has been relatively easy. Ever since Apple made the move to Intel’s x86 processors, the Mac road map mirrored Intel’s road map: Intel would release a new CPU, and a few months later Apple would release a new Mac. It was like clockwork, and it removed some of the surprise from Apple’s otherwise difficult-to-predict product-release cadence.

     *     *     *

壊れた時計仕掛け

ところが1年にわたってアップルはその時計仕掛けを壊してしまった。それはアップルが 2010 年4月に MacBook Pros を出したことから始まった。

But over the past year, Apple effectively smashed that clock. It all started with the MacBook Pros released in April 2010.

     *     *     *

13インチモデルは古いまま

そのアップデートの際、当時のインテル最新の Arrandale マイクロプロセッサ(Core i5 および Core i7 チップという名前の方がよく知られている)を採用したのは MacBook Pro ファミリーのうち15インチと17インチの2モデルだけだった。この CPU はインテルの最新技術(32-nm 製造プロセス、Hyper-Threading、Turbo Boost)を利用したものだ。しかし13インチモデルは古い CPU のままだった。

In that round of updates, only two members of the MacBook Pro family—the 15-inch () and 17-inch () models—got Intel’s then-new Arrandale microprocessors (more popularly known as the Core i5 and Core i7 chips). Those CPUs took advantage of some of Intel’s most up-to-date technologies—including a 32-nanometer manufacturing process, Hyper-Threading, and Turbo Boost. The 13-inch MacBook Pro (), however, stuck with the older Core 2 Duo CPU.

     *     *     *

今後を占うポイント

アップルが古い Core 2 Duo にこだわったことは2つのことを意味する。ひとつはアップルとインテルの関係がかつてほど居心地のいいものではなくなったのかもしれないということであり、二つ目はアップルが本当に GPU[graphics processing unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]を気に入っているということだ。この2点が、アップルのハードウェアに関する今後2年間の意思決定に影響を及ぼすことになる。

The simple decision to stick with the Core 2 Duo indicated two things: first, that the Apple-Intel relationship might not be as cozy as it once was; and, second, that Apple really likes graphics processing units (GPUs). Those two points will drive much of Apple’s hardware decision-making over the next two years.

     *     *     *

インテルの最新チップはいらない

私の見るところ、アップルユーザーは13インチ MacBook Pro で(さらには MacBook Air の11インチおよび13インチモデルで)古い Core 2 Duo が使われていても気にしていないように見える。アップルとしては、これら製品が売れさえすれば最新で最高のインテル製品を使う必要を感じなくなっているように思えるのだ。

As far as I can tell, Apple’s customers didn’t mind when it used the Core 2 Duo in the 13-inch MacBook Pro (and, more recently, in the 11- and 13-inch MacBook Airs). If those products sell just fine, Apple will probably no longer see the need to use Intel’s latest and greatest products.

     *     *     *

OpenCL のおかげで

一方アップルは、より強力な GPU を使う必要を感じているようだ。現在マックを買うと、なんらかの形で強力な GPU がついてくる。15インチおよび17インチ MacBook Pro では統合グラフィックスプロセッサ Nvidia GPU が必要な場合に備えてセットになっている。かかる GPU は、OpenCL スペックのおかげで、リアルタイムのグラフィックスレンダリングだけでなく、一般的なコンピュータ処理作業にも使えるのだ。

At the same time, Apple has seen the need to use powerful GPUs in its computers. You can’t buy a Mac today that doesn’t have a robust GPU of some sort. Even the 15- and 17-inch MacBook Pros pair their integrated graphics with an Nvidia GPU, just in case you need it. Thanks to the OpenCL spec, such GPUs can be used for more than just real-time graphics rendering, taking on general computing tasks as well.

     *     *     *

AMD の可能性

したがってかつてはインテルの CPU を必要とした会社も、むしろ GPU の方が大事になってくるというわけだ。もちろんアップルが完全にインテルを止めてしまうことなど考えられないが、以上の点から考えると、今後2年間にアップルが AMD の CPU を使うことを検討してもおかしくはないのだ。

So you have a company that seems no longer to care as much as it once did about Intel’s CPUs, but that increasingly cares a lot about GPUs. While I can’t imagine Apple dropping Intel altogether, these two factors make me wonder whether Apple will at least consider using CPUs from AMD in the next two years.

     *     *     *

かくて Anand Lal Shimpi は AMD の CPU-GPU 戦略を振り返って、アップルが AMD チップを採用する可能性を検討する。

Fusion クラスのプロセッサから始まって、E-350 から Llano まで検討した結果、2012 年に AMD が強力な CPU-GPU チップセットを出すまでは、その可能性はないだろうと判断する。

続いてインテルの Sandy Bridge を取り上げる。

     *     *     *

Core i-シリーズの次世代 CPU:Sandy Bridge

この間インテルも甘んじていたわけではない。Core i-シリーズの第2世代 CPU(コードネーム Sandy Bridge)は 2011 年1月に登場する。アップルとしてはこのチップによってパフォーマンスの全体的向上と動画デジタル加工(video transcoding)のハードウェア的加速が可能になるハズだ。マックがこれを採用することはほぼ間違いない。

Intel won’t be standing still all of that time. The second-generation of its Core i-series CPUs (code-named Sandy Bridge) will come out in January 2011. Apple would get much better overall performance and hardware-accelerated video transcoding from these chips; their adoption in Macs is pretty much guaranteed.

     *     *     *

Sandy Bridge は OpenCL をサポートしない

Sandy Bridge は On-Die グラフィックスを採用するが、OpenCL はサポートしない。Sandy Bridge のグラフィックスは大部分の OS X ユーザーにとって十分な速度だと思われるが、アップルが OpenCL 対応の GPU をマックで採用するのを止めるとまでは考えられない。そういうわけで 2011 年においても大部分のマックは別個 GPU の搭載を継続するだろう。

Sandy Bridge will have on-die graphics, but that hardware won’t support OpenCL. While I believe Sandy Bridge’s graphics will be fast enough for the majority of OS X users, I don’t think Apple will want to stop shipping OpenCL-capable GPUs in its systems. For that reason, we may continue to see discrete GPUs shipped with most Macs sold even in 2011.

     *     *     *

マックへの採用は 2011 年から

Sandy Bridge チップは 2011 年の第1ないしは第2四半期に MacBook、MacBook Pro、iMac に搭載されると考えられる。Mac Pro については、Sandy Bridge の採用は 2011 年第3ないし第4四半期になると思われる。最近のモデル発表からみて、MacBook Air の本格的アップデートは早くても 2011 年末までは行なわれないだろう。

I’d expect to see Sandy Bridge chips appear in MacBooks, MacBook Pros, and iMacs sometime in the first or second quarter of 2011; I’d expect the Mac Pro to get Sandy Bridge sometime in 2011’s third or fourth quarter. Given the recent release of the new models, I wouldn’t expect to see the MacBook Air get a serious update until late 2011 at the earliest.

     *     *     *

Ivy Bridge

インテルは 2011 年末ないしは 2012 年初頭に Sandy Bridge の後継チップ Ivy Bridge を発表する予定だ。Ivy Bridge はより強力な GPU コアを有するハズだ。ただ、その性能がアップルが必要とする GPU の基準を充たすかどうかはまだ不明だ。

In late 2011 or early 2012, Intel is expected to release Sandy Bridge’s successor: Ivy Bridge. That should provide a more capable GPU core than Sandy Bridge; whether or not it will meet Apple’s requirements for a compute-ready GPU is still unknown.

     *     *     *

Sandy Bridge に関する記事もちらほら現れ始めた。(こちらこちら

Anand Lal Shimpi の記事は未来のマック CPU を読み解く上で格好の道標になるように思える。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

transparent_macintosh_se_mac_se_2.jpg

Transparent Macintosh SE

Macintosh SE にはとても思い入れがある。オリジナル Macintosh と違ってずいぶん長い間使ったものだ。

そんな Macintosh SE に内部が透けて見える透明筐体のモデルがあったのだそうな・・・

Gizmodo: “Rare Transparent Mac SE Can’t Sell for $25,000” by Jack Loftus: 05 December 2010

     *     *     *

スケスケ筐体の Mac SE

transparent_macintosh_se_mac_se_1.jpg

Transparent Macintosh SE

スーパーレアなスケスケ筐体の Mac SE。もともとはアップルの社内限定モデルで、デザイナーたちが内部部品の納まり具合を確認できるように作られたものだ。それが2万 5000 ドル以上出せばアナタのものになる。

Originally meant for internal company use only and made with a transparent shell so Apple designers could see component placement inside a finished product, this super rare Mac SE could have been yours for a startling $25,000.

     *     *     *

ノー・ビッド

eBay オークションに出した売り手の説明によれば、800K のフロッピーディスクから起動すればちゃんとまだ動くのだそうだ。さすがに2万 5000 ドルスタートではではビッドがひとつも入らないままオークションは終了した

The bidding’s all done over at eBay, where the seller stated that the unit s fine working order, so long as you boot it up from the 800k floppy drive. No one bit though, and the $25,000 starting price couldn’t elicit one bid.

     *     *     *

現存するのはたったの10台

値段はともかく、これぞまさにコレクターの逸品だ。たった10台しか存在しないらしい。今でも動く歴史的コンピュータにカネを投じる気があればの話だが・・・

Still, price issue aside, this is a remarkable collector’s piece (only 10 such computers are known to exist), provided the collector has some serious coin to spend on sorta functioning PC history. [eBay via technabob]

     *     *     *

ぜひ一度実物を見てみたいものだ。

それにしても Apple I は破格だった・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

john_gruber_original.jpg

[John Gruber]

iPhone や iPad のニュースを目にしない日はない。その一方で Mac のニュースがぐんと減ったのは寂しい限りだ。

そのうち Mac は消え去るのだろうか? そんな疑問に対して John Gruber がノーといっている。

Macworld.com: “What’s with the Mac doomsayers?” by John Gruber: 03 December 2010

     *     *     *

Mac 終焉説

「Mac はもう終わりだ」という説がある。iOS こそ未来だ、Mac OS X は過去のものだ、未来のためならアップルはよろこんで過去を捨てるだろうというものだ。

Here’s the short version of the “Mac is doomed” scenario: iOS is the future, Mac OS X is the past, and Apple is strongly inclined to abandon the past in the name of the future.

     *     *     *

恐れ

レガシー技術を嫌うアップルの文化は、真剣さが欠如しているためでもなければ、全社にわたる注意力が欠如しているために生じるのでもない。新しい、ピカピカのものに惹かれるためでもない。それは、恐れ — 過去のお荷物に押しつぶされるかもしれないという恐れなのだ。新しい、まっさらなものを造ろうとする試みが古いものによって足を引っ張られるという恐れだ。

Apple’s cultural aversion to legacy technology isn’t about a lack of seriousness, or a short companywide attention span. It’s not about being attracted only to the new and shiny. It’s about fear—the fear of being weighed down by excess baggage. Fear that old stuff will slow them down in their pursuit of creating brand-new stuff.

     *     *     *

古いもののサポート

これまでそうだった。Mac OS X に移行するため Classic は急速に見捨てられた。PowerPC に対するサポートは最後の PowerPC Mac が製造中止になった3年後に Mac OS X 10.6 から除かれた。64-bit Carbon アプリケーションのプログラミングインターフェイスもなくなった。これらの技術が役に立たなくなったせいではない。そうではなく、サポートを続けることが会社の発展を遅らせるだろうという理由からなのだ。古いもののサポートに時間を使えば、新しいものを作るための時間はなくなるのだ。

So it goes: Classic was abandoned as quickly as possible in the transition to Mac OS X. PowerPC support was dropped in Mac OS X 10.6 three years after the last PowerPC Macs were discontinued. The 64-bit Carbon application programming interface died. It’s not that these technologies were no longer useful. It’s that continuing to support them would have slowed the company down. Time spent supporting the old is time not spent building the new.

     *     *     *

レガシーとは

普通の会社にとって「レガシー」技術とはなんとかして維持したいと考えるものだ。アップルでは、レガシー技術とはなんとかしてやめたいと思うものだ。Mac より iOS の方に明るい未来があるかどうかということが問題なのではない。それは明らかだ。問題は、Mac が「レガシー」になったかどうかということなのだ。Mac は iOS の歩みを遅らせようとしているのか、iOS を押し止めようとしているのだろうか?

At typical companies, “legacy” technology is something you figure out how to carry forward. At Apple, legacy technology is something you figure out how to get rid of. The question isn’t whether iOS has a brighter future than the Mac. There is no doubt: it does. The question is whether the Mac has become “legacy.” Is the Mac slowing iOS down or in any way holding it back?

     *     *     *

足を引っ張ってはいない

そうではないと思う。実際はその反対だ。その一例として、アップルが iOS に移行したとき、Mac OS X 開発に当たる人材を iOS の方に充当して Mac OS X の開発が遅れたことが挙げられる。その逆ではなかった。2007 年にアップルは Mac OS X 10.5 の遅れをはっきりと認めた。オリジナル iPhone の出荷に間に合わせるため、主要なエンジニアリングリソースを投入しなければならなかったというのがアップルの理由だった。

I say no. In fact, quite the opposite. For one thing, Mac OS X development has been slowed by the engineering resources Apple has shifted to iOS, not the other way around. Apple came right out and admitted as much, when Mac OS X 10.5 was delayed back in 2007. The company’s explanation: It had to shift key engineering resources to help the original iPhone ship on time.

     *     *     *

ヘビー対軽快

しかしもっと大きな理由がある。それは Mac の存在そのもの、Mac の引き続く成長こそが、より少ない機能に iOS が特化することを許すということだ。iPad が誇れる最大の点は、より少ない機能に特化したポータブルコンピュータだということだ。より少ないことに特化するが故に、何をやるにしても、よりベターに、よりシンプルに、よりエレガントに出来なければならない。Mac が出来ることすべてを iOS が出来るようになって初めて Mac は舞台から姿を消すことになる。Mac にヘビーな部分(heaviness)があるからこそ、iOS は軽快である(light)ことが出来るのだ。

The bigger reason, though, is that the existence and continuing growth of the Mac allows iOS to get away with doing less. The central conceit of the iPad is that it’s a portable computer that does less—and because it does less, what it does do, it does better, more simply, and more elegantly. Apple can only begin phasing out the Mac if and when iOS expands to allow us to do everything we can do on the Mac. It’s the heaviness of the Mac that allows iOS to remain light.

     *     *     *

Mac OS X が果たすべき役割

iOS にはお荷物がないというのは、まったくお荷物がないのではなく、それを Mac が負担しているということなのだ。長期的に見て、たとえば10年ぐらいで考えると、良いものはすべて最後を迎えることになる。しかし、短期的にみれば、Mac OS X にとっては iOS の世界で果たすべき役割があるのだ。複雑で、リソースを食う仕事を支えるプラットフォームとしての役割だ。

When I say that iOS has no baggage, that’s not because there is no baggage. It’s because the Mac is there to carry it. Long term—say, ten years out—well, all good things must come to an end. But in the short term, Mac OS X has an essential role in an iOS world: serving as the platform for complex, resource-intensive tasks.

     *     *     *

The computer for the rest of us

おかしなことだが、25年前にマックの役割を形容するのに用いられたスローガンが今でも通用する。「その他の我々のためのコンピュータ」(The computer for the rest of us)だ。

The funny thing is, the best slogan to describe the Mac’s role is the same one it started with 25 years ago:

The computer for the rest of us.

     *     *     *

25年前のスローガンが新しい意味で蘇る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Macosvsiphoneos

共通のコア

MacBook をとことん持ち運びやすく(portable)した究極のコンピュータがアップルタブレットになるだろうという John Gruber の予測は、多くのひとの脳髄をいたく刺激した。

前回では触れられなかった、タブレット OS に関する後半の部分を続けて紹介する。

Daring Fireball: “The Tablet” by John Gruber: 31 December 2009

     *     *     *

一般ユーザーの目に見えるもの

1984 年に登場したオリジナルマッキントッシュ(1984 Mac)はコンピュータを抽象的なものとして隠し去るようなことはしなかった。コンピュータそのものはエレガントで、シンプルで、かつ誰でも理解できるものだった。普通のユーザーの目から隠されたものはほとんど何もなかった。Mac OS X は技術の面からもコンセプトの上でもはるかに複雑だ。ハードウェア能力がその後大幅に増大したからだ。しかしt Mac OS X は常に二つの面[シンプルさと複雑さ]を取り込もうとしてきた。外見上シンプルに見えるからといってシステム全体がシンプルだといわけではない。ユーザーの目に触れるファイルシステムがその典型だ。1984 Mac ではすべてのファイルシステムは外部の目に晒されていた。しかもそれは 400 KB のフロッピーディスク1枚に収められていたのだ。ところが Mac OS X の /System/Library/ フォルダはブラウズ可能なファイルシステムの一例で Finder の中にあるものだが、そこには9万を超える項目が収められており、いずれも普通のユーザーが目にしたりいじったりする必要のないものだ。

The original 1984 Mac didn’t abstract away the computer — it made the computer itself elegant, simple, and understandable. Very, very little was hidden from the typical user. Mac OS X is vastly more complex technically and conceptually, as it must be due to the vastly increased complexity and capability of today’s hardware. But Mac OS X has always tried to have it both ways: a veneer of simplicity that doesn’t cover the entire surface of the system. The user-exposed file system is a prime example. On the 1984 Mac, the entire file system was exposed, but the entire file system fit on a 400 KB floppy disk. On Mac OS X, the /System/Library/ folder, one of many exposed fiddly sections of the file system browsable in the Finder, contains over 90,000 items, not one of which a typical user should ever need to see or touch.

     *     *     *

複雑さをデベロッパレベルに隠した iPhone OS

iPhone OS ではコンピューティングが完全に抽象化されている。その内部は Mac OS X 同様複雑だ。しかし外見的にはオリジナルマックよりシンプルかつエレガントに見える。技術的複雑さは外から隠され、階層構造は最小限に抑えられている。ユーザーレベルではなくデベロッパーレベルの技術にファイルシステムを追いやっているのだ。(iPhone のファイルシステムが大文字小文字を区別することに気付いているだろうか?)

The iPhone OS offers a complete computing abstraction. Under the hood, it’s just as complex as Mac OS X. On the surface, though, it is even more simple and elegant than the original Mac. No technical complexity is exposed. Hierarchy is minimized. It relegates the file system to a developer-level technology rather than a user-level technology. (Did you know the file system on iPhones is case sensitive?)

     *     *     *

タブレット OS はどうか

タブレット OS は iPhone OS に似たものになるだろうが、iPhone OS そのものではないということはいえる。同じ OS X のコアから作られるところは同じだが、加えてタブレットの形状(それがどんなものであるにせよ)に合うように特別にあつらえられた新しい UI を備えているのだ。

But so while I think The Tablet’s OS will be like the iPhone OS, I don’t think it will be the iPhone OS. Carved from the same OS X core, yes, but with a new bespoke UI designed to be just right for The Tablet’s form factor, whatever that form factor will be.

     *     *     *

iPod touch  を大きくしただけと考えるべきではない

タブレットの予想の中には iPod Touch のディスプレイを大きくしただけというものがあるが、私は賛同できない。iPhone OS でマックのソフトが動くように設計するのがまったく無意味であるように、 3.5 インチのディスプレイ用にデザインされたソフトを7インチ(ないしはそれ以上)のデバイスで動くようにしようとするのも無意味だ。

One common prediction I disagree with is that The Tablet will simply be more or less an iPod Touch with a much bigger display. But in the same way that it made no sense for Apple to design the iPhone OS to run Mac software, it makes little sense for a device with a 7-inch (let alone larger) display to run software designed for a 3.5-inch display.

     *     *     *

片手操作を前提とする iPhone OS

iPhone OS のユーザーインターフェイスは理論上ではなく、現実世界で使えるように設計されたものだ。しかもデバイスそのものの物理的サイズを念頭において特別に設計されている。タップできるターゲット領域のサイズと広さはひとの親指などの指先を念頭においてデザインされている。さらに重要なことは、片手で操作できるように設計されていることだ。比較的手の小さい大人ですら iPhone を片手に持って、端から端まで親指を滑らす(スワイプする)ことが出来るようになっている。

The iPhone OS user interface was not designed in the abstract. It’s entirely about real-world usability, and very much designed specifically around the physical size of the device itself. The size and spacing of tappable targets are designed with the size of human thumb- and fingertips in mind. More importantly, the whole thing is designed so that it can be used one-handed. Even an adult with relatively small hands can go from one corner to the other with their thumb, holding the iPhone in one hand.

     *     *     *

同じ OS をムリヤリ使おうとしても

Mac OS X のアプリは iPhone ディスプレイ上では動かすことができない。それには合わないからだ。ポタンや小さすぎて使えない UI 部分などだ。逆に iPhone ソフトを大きなディスプレイ上で動かそうとすれば別の問題が起きる。大きなスクリーンに合うように UI を拡大できないのではない。そんなことはムダな試みだからだ。

Mac OS X apps couldn’t run on an iPhone display because they simply wouldn’t fit, and the parts that did fit would contain buttons and other UI elements that were far too small to be used. Running iPhone software on a much larger display presents the opposite problem: it’s not that the UI couldn’t be scaled to fill the screen, it’s that it would be a waste to do so.

     *     *     *

新しい操作モデル

7インチのディスプレイは iPhone ディスプレイの倍のサイズだが、面積でいうと iPhone の4倍に当たる。大きな手の Shaquille O’Neal[注:大きな身体に見合わぬ運動能力を誇るバスケットボール選手]ですら7インチの iPod Touch を片手に持って親指で隅から隅へスワイプできるとは考えられない。3.5 インチのディスプレイで片手操作をするためにデザインされた UI を、片手操作が不可能な7インチあるいはそれ以上のディスプレイに対してアップルが使おうとするとはとうてい考えられない。iPhone OS の片手操作が不可能なサイズのデバイスからスタートするのであれば、アップルが新しい操作モデルをデザインしているのだと断言していい。
 

A 7-inch display isn’t twice the size of an iPhone’s, it’s four times bigger in surface area. I’m not sure even Shaquille O’Neal could hold a 7-inch iPod Touch in one hand and swipe from corner to corner with his thumb. Why would Apple stretch a UI designed to afford for one-handed use on 3.5-inch displays to cover a 7-inch (or larger) display that couldn’t possibly be used one-handed? If Apple’s starting with a hardware size where the iPhone OS can’t be used one-handed, then trust me, they’re designing a new interaction model.

     *     *     *

異なるデバイスには異なる OS

アップルは、巨大な一枚岩的な OS を作って、それをあらゆるデバイスにムリヤリ詰め込もうとしたりはしない。アップルはそれぞれが完璧な製品となるビジネスを追求してきた。それぞれの製品に相応しい派生的 OS[derivative OS]を作る。コアになる共通の OS はある。しかしコアになる共通の UI はないのだ。[注記参照]

Apple is not in the business of making monolithic OSes that they cram down your throat on as many widely-varying devices as possible. Apple is in the business of making complete products, for which they craft derivative OSes to fit each product. There is a shared core OS. There is not a shared core UI.

     *     *     *

[注記]API について

[共通の UI はない]とはいうものの、タブレットが API をプログラムするにあたって UIKit(すなわち Cocoa Touch)を使用することになっても私としては驚かない。同じアプリが現状のままで二つの OS で動くとは思わないが、二つのプラットフォームで動くアプリを書くために同じ API のセットを使うことはできるだろうと考える。(たぶん iPhone アプリはタブレットの大きなディスプレイ上でフルスクリーンより小さいウィジェットの形で動くことになるかもしれない。)

That said, I would not be surprised to find out that The Tablet uses UIKit, a.k.a. Cocoa Touch, as its programming API. I don’t think the same apps will run as-is on both OSes, but I do think you might use the same set of APIs to write apps for both platforms. (Or, perhaps iPhone apps could run as less-than-full-screen widgets on the larger tablet display.)

     *     *     *

パーソナルコンピューティングはどうあるべきか

もしタプレットが単なる大きな iPhone、あるいは単なるアップル版のEリーダー、あるいは単なるメディアプレーヤ、その他何でもいいが単一の機能を持ったなにものかだと考えているのなら、あなたの考えは小さすぎる(thinking too small)。それでは iPhone が電話可能なクリックホィール付きの iPod に過ぎないと考えるのと同じだ。タブレットとはパーソナルコンピューティングがどうあるべきかというアップルの再構想(reconception)に他ならないのだ。

If you’re thinking The Tablet is just a big iPhone, or just Apple’s take on the e-reader, or just a media player, or just anything, I say you’re thinking too small — the equivalent of thinking that the iPhone was going to be just a click wheel iPod that made phone calls. I think The Tablet is nothing short of Apple’s reconception of personal computing.

     *     *     *

Gruber が最後に引用したシカゴの建築家 Daniel Burnham のことばが印象的だ。Think big.(大きく考ええよ)と・・・

Think big.

「小さなプランを立てるべきではない。小さなプランでは、人々の血をたぎらせる魔法の力を持たず、実現もされないだろう。大きなプランを立てよ。目標を高くおいて作業せよ。崇高で論理的な計画を一度立てれば、決して失われることはなく、我々の死後も更なる強さをもって生き残るのだ。記憶せよ、我が子々孫々が驚くべきことを為すやも知れぬと。合い言葉を掲げ、のろしを守れ。大きく考えよ(Think big.)。」

“Make no little plans. They have no magic to stir men’s blood and probably themselves will not be realized. Make big plans; aim high in hope and work, remembering that a noble, logical diagram once recorded will never die, but long after we are gone will be a living thing, asserting itself with ever-growing insistency. Remember that our sons and grandsons are going to do things that would stagger us. Let your watchword be order and your beacon beauty. Think big.”
—DANIEL BURNHAM, CHICAGO ARCHITECT. (1846-1912)

     *     *     *

タブレットを考える上で避けて通ることの出来ない OS について Gruber が明確なイメージを持っていることは明らかだ。

それだけではない。マックや iPhone と並ぶ第三の新しいプラットフォームの誕生に立ち会うことになるかもしれない感情の昂(たかぶ)りまで見て取れるようだ。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , , , ,

Read Full Post »

Jony Ive-1

米国時間10月20日のマックのモデルチェンジはスペシャルイベントがあってもおかしくない内容だった。

John Gruber の予想も Multi-Touch Trackpad Gadget を除いてすべて当たった。

印象的だったことが二つある。iMac のデザインと新しいマルチタッチマウスだ。

     *     *     *

究極のデザイン

Jonathan (Jony) Ive 自身が語っているビデオがすばらしい。

Gizmodo につづいて Engadget も取り上げたこのビデオは必見だ。

Video: The New iMac Looks Even More Gorgeous Narrated by Jony Ive | Gizmodo
Apple’s Jony Ive waxes eloquently about new iMacs on video | Engadget

モニターと一体化したデザインがオリジナルの iMac から変わらないこと、さらにそれを一歩押し進めて iMac そのものの存在を気にせずコンテンツに直接向き合える・・・そんなことを念頭においてデザインしたと Jonathan Ive が熱く語る。

“It’s just display… and no display.” ということばが印象的だ。

iMac が Cinema Display と一体化してしまった感がある。16対9 のワイドスクリーンは HDTV としても使え、この新しいデザインは究極のデザインとなった。

     *     *     *

未来を塗り替えるマルチタッチマウス

Magic Mouse

個人的にはワンボタンマウスが大好きだった。ワンボタンはシングルタッチの必然的帰結だからだ。

しかし、iPhone の登場によってマルチタッチとジェスチャーの意味が大きく変わった。それがコンピュータの入力装置にどう反映されるのかたいへん興味があった。

ちょっとイカの寿司を思わせる新しい形の Magic Mouse は、マッキントッシュと共に登場したマウスを次の地平へと高める突破口となるだろう。

デスクトップ用の「Multi-Touch Trackpad Gadget」なるものへの興味もますます湧いてくる。

そして来年登場するアップルタブレットへの期待もますます膨らむ・・・

Technorati Tags: , , , , , , , , ,

Read Full Post »

Cinemaimac

ひょんなことからアップルの発表があるかもしれないという話が出てきた。

マック世界の有名人が角突き合わせてしまったのだ。

仕掛けたのは偽ジョブズ(FSJ)ことニューズウィークの Dan Lyons。明日アップルの発表があるのだが John Gruber は知らないだろうと挑発したのだ。

The Secret Diary of Steve Jobs: “We’re going to have news tomorrow” by Dan Lyons: 19 October 2009

     *     *     *

明日はニュースがある。

We’re going to have news tomorrow

もちろん何かはいえない。でも何かが起きようとしている。グルーバーだって何だか知らない。しかし我が愛するひとびとは事前にブリーフィングを受けている。マックあるいは iPhone の傍にいて、ちゃんとクレジットカードを準備しておきなさい。

Can’t tell you what, obviously. But there’s something brewing. Gruber doesn’t know about it, but the people we care about are being briefed in advance. Stay close to your Mac or iPhone, and have your credit card ready.

     *     *     *

これを読んで頭にきた(?)Gruber が、ただちに反撃に出た。

Daring Fireball: “Dan Lyons Apparently Thinks Yours Truly Hasn’t Heard About …” by John Gruber: 19 October 2009

     *     *     *

偽ジョブズらしくもないが、私は知っているのに大きな間違いをしている。もっとハッキリいえば気にかけてもいないのだ。

Unseemly for the Fake Steve character to be so wrong (or, frankly, even to care) about what I know.

     *     *     *

そういって彼は、洗いざらいぶちこんで次のようなタイトルをつけた・・・

     *     *     *

Dan Lyons は明らかに小生がつぎのことを聞いていないと思っている。すなわち、新デザインのプラスティック MacBook、新デザインの「すごい」iMac、アップデートされた Mini(Mac OS X サーバと一緒に出荷されるものを含む)、「マルチタッチマジックマウス」(Multi-Touch Magic Mouse)、それにシリコンバレー以外では・誰も報じていない・信じていいかどうか分らない・隠し球のウワサとして、デスクトップ向けの「マルチタッチ・トラックパッド・ガジェット」(Multi-Touch Trackpad Gadget)などをアップルが明朝発表するかもしれないということだ。

Dan Lyons Apparently Thinks Yours Truly Hasn’t Heard About the Redesigned Plastic MacBooks, Redesigned (‘Impressive’) iMacs, Updated Minis (Including One That Ships With Mac OS X Server), the Multi-Touch Magic Mouse, and, as the Wildcard I’m-Not-Sure-I-Really-Believe-It-Myself Out-There Rumor, Maybe Even Some Sort of Mentioned-Nowhere-Else-But-in-This-Very-Headline Multi-Touch Trackpad Gadget for Desktop Macs That Apple Might Release Tomorrow Morning

     *     *     *

異例の直前予想になってしまったわけだが、さてあとはフタを開けてのお楽しみ・・・

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Older Posts »