Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘John Gruber’ Category

john_gruber_original.jpg

[John Gruber]

iPhone や iPad のニュースを目にしない日はない。その一方で Mac のニュースがぐんと減ったのは寂しい限りだ。

そのうち Mac は消え去るのだろうか? そんな疑問に対して John Gruber がノーといっている。

Macworld.com: “What’s with the Mac doomsayers?” by John Gruber: 03 December 2010

     *     *     *

Mac 終焉説

「Mac はもう終わりだ」という説がある。iOS こそ未来だ、Mac OS X は過去のものだ、未来のためならアップルはよろこんで過去を捨てるだろうというものだ。

Here’s the short version of the “Mac is doomed” scenario: iOS is the future, Mac OS X is the past, and Apple is strongly inclined to abandon the past in the name of the future.

     *     *     *

恐れ

レガシー技術を嫌うアップルの文化は、真剣さが欠如しているためでもなければ、全社にわたる注意力が欠如しているために生じるのでもない。新しい、ピカピカのものに惹かれるためでもない。それは、恐れ — 過去のお荷物に押しつぶされるかもしれないという恐れなのだ。新しい、まっさらなものを造ろうとする試みが古いものによって足を引っ張られるという恐れだ。

Apple’s cultural aversion to legacy technology isn’t about a lack of seriousness, or a short companywide attention span. It’s not about being attracted only to the new and shiny. It’s about fear—the fear of being weighed down by excess baggage. Fear that old stuff will slow them down in their pursuit of creating brand-new stuff.

     *     *     *

古いもののサポート

これまでそうだった。Mac OS X に移行するため Classic は急速に見捨てられた。PowerPC に対するサポートは最後の PowerPC Mac が製造中止になった3年後に Mac OS X 10.6 から除かれた。64-bit Carbon アプリケーションのプログラミングインターフェイスもなくなった。これらの技術が役に立たなくなったせいではない。そうではなく、サポートを続けることが会社の発展を遅らせるだろうという理由からなのだ。古いもののサポートに時間を使えば、新しいものを作るための時間はなくなるのだ。

So it goes: Classic was abandoned as quickly as possible in the transition to Mac OS X. PowerPC support was dropped in Mac OS X 10.6 three years after the last PowerPC Macs were discontinued. The 64-bit Carbon application programming interface died. It’s not that these technologies were no longer useful. It’s that continuing to support them would have slowed the company down. Time spent supporting the old is time not spent building the new.

     *     *     *

レガシーとは

普通の会社にとって「レガシー」技術とはなんとかして維持したいと考えるものだ。アップルでは、レガシー技術とはなんとかしてやめたいと思うものだ。Mac より iOS の方に明るい未来があるかどうかということが問題なのではない。それは明らかだ。問題は、Mac が「レガシー」になったかどうかということなのだ。Mac は iOS の歩みを遅らせようとしているのか、iOS を押し止めようとしているのだろうか?

At typical companies, “legacy” technology is something you figure out how to carry forward. At Apple, legacy technology is something you figure out how to get rid of. The question isn’t whether iOS has a brighter future than the Mac. There is no doubt: it does. The question is whether the Mac has become “legacy.” Is the Mac slowing iOS down or in any way holding it back?

     *     *     *

足を引っ張ってはいない

そうではないと思う。実際はその反対だ。その一例として、アップルが iOS に移行したとき、Mac OS X 開発に当たる人材を iOS の方に充当して Mac OS X の開発が遅れたことが挙げられる。その逆ではなかった。2007 年にアップルは Mac OS X 10.5 の遅れをはっきりと認めた。オリジナル iPhone の出荷に間に合わせるため、主要なエンジニアリングリソースを投入しなければならなかったというのがアップルの理由だった。

I say no. In fact, quite the opposite. For one thing, Mac OS X development has been slowed by the engineering resources Apple has shifted to iOS, not the other way around. Apple came right out and admitted as much, when Mac OS X 10.5 was delayed back in 2007. The company’s explanation: It had to shift key engineering resources to help the original iPhone ship on time.

     *     *     *

ヘビー対軽快

しかしもっと大きな理由がある。それは Mac の存在そのもの、Mac の引き続く成長こそが、より少ない機能に iOS が特化することを許すということだ。iPad が誇れる最大の点は、より少ない機能に特化したポータブルコンピュータだということだ。より少ないことに特化するが故に、何をやるにしても、よりベターに、よりシンプルに、よりエレガントに出来なければならない。Mac が出来ることすべてを iOS が出来るようになって初めて Mac は舞台から姿を消すことになる。Mac にヘビーな部分(heaviness)があるからこそ、iOS は軽快である(light)ことが出来るのだ。

The bigger reason, though, is that the existence and continuing growth of the Mac allows iOS to get away with doing less. The central conceit of the iPad is that it’s a portable computer that does less—and because it does less, what it does do, it does better, more simply, and more elegantly. Apple can only begin phasing out the Mac if and when iOS expands to allow us to do everything we can do on the Mac. It’s the heaviness of the Mac that allows iOS to remain light.

     *     *     *

Mac OS X が果たすべき役割

iOS にはお荷物がないというのは、まったくお荷物がないのではなく、それを Mac が負担しているということなのだ。長期的に見て、たとえば10年ぐらいで考えると、良いものはすべて最後を迎えることになる。しかし、短期的にみれば、Mac OS X にとっては iOS の世界で果たすべき役割があるのだ。複雑で、リソースを食う仕事を支えるプラットフォームとしての役割だ。

When I say that iOS has no baggage, that’s not because there is no baggage. It’s because the Mac is there to carry it. Long term—say, ten years out—well, all good things must come to an end. But in the short term, Mac OS X has an essential role in an iOS world: serving as the platform for complex, resource-intensive tasks.

     *     *     *

The computer for the rest of us

おかしなことだが、25年前にマックの役割を形容するのに用いられたスローガンが今でも通用する。「その他の我々のためのコンピュータ」(The computer for the rest of us)だ。

The funny thing is, the best slogan to describe the Mac’s role is the same one it started with 25 years ago:

The computer for the rest of us.

     *     *     *

25年前のスローガンが新しい意味で蘇る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

News-Corporation-Chairman.jpg

メディア王 Rupert Murdoch

Update:来年までずれ込む?〉

12月にアップルのプレスイベントがあるというウワサの元になった John Gruber の記事がある。

ガーディアン紙のスクープをフォローしたものだが、興味深い視点がいくつもある。

Daring Fireball: “News Corp’s Upcoming iPad App ‘The Daily’ to Pioneer New Recurring Subscription Billing” by John Gruber: 22 November 2010

     *     *     *

すべてはガーディアン紙の記事参考、日本語概要はこちら]から始まった。

ガーディアン紙のスクープ

とうとう秘密が漏れた[注]。アップルがコンテンツの定期講読について自動継続請求のサポートを考えているというのだ。ガーディアン紙の Edward Helmore が昨日報じている。

[注]The cat is out of the bag.:(うっかり)秘密が漏れる、猫を袋に入れて豚だと言って売ろうとしたが猫がとび出てきたとの故事から

So the cat — or at least part of the cat — is out of the bag on Apple’s upcoming support for recurring subscription billing for content. Edward Helmore, reporting for The Guardian yesterday:

iPad 専用デジタル新聞

「米国メディアの報道によると、メディアの巨人 News Corp の Rupert Murdoch とアップルの Steve Jobs は、今月末に新しいデジタル新聞『Daily』を発表すべく準備中だという。」

“Rupert Murdoch, head of the media giant News Corp, and Steve Jobs, the chief executive of Apple, are preparing to unveil a new digital ‘newspaper’ called the Daily at the end of this month, according to reports in the US media.”

「この共同プロジェクトは、数か月来ニューヨークにおいて来秘密裡に開発されており、iPad のようなタブレットコンピュータのためだけにデザインされた世界初の新聞で、来年始めに発表が予定されている。」

“The collaboration, which has been secretly under development in New York for several months, promises to be the world’s first ‘newspaper’ designed exclusively for new tablet-style computers such as Apple’s iPad, with a launch planned for early next year.”

印刷物を超えて

「『タブロイド紙の感性と高級紙の知性を備えたものにする』という計画は、新聞を印刷物の世界を超えたものにしたいという Murdoch の決意を示すものだ。」

“Intended to combine ‘a tabloid sensibility with a broadsheet intelligence’, the publication represents Murdoch’s determination to push the newspaper business beyond the realm of print.”

「報道では、対応する『印刷版』や『ウェブ版』はないという。アップルエンジニアの協力のもとに開発されたこの技術の革新的部分は、iPad ないしは増加しつつある同様なデバイスに対して、出版物を自動的に発送するという点にある。」

“According to reports, there will be no ‘print edition’ or ‘web edition’; the central innovation, developed with assistance from Apple engineers, will be to dispatch the publication automatically to an iPad or any of the growing number of similar devices.”

週 99 セント

「印刷費や配送コストがかからないことから、アメリカ版 Daily は週 99 セントになる予定。」

“With no printing or distribution costs, the US-focused Daily will cost 99 cents (62p) a week.”

     *     *     *

続いて Gruber の12月イベントの予想だ・・・

プレスイベントに Jobs と Murdoch が登場する

ガーディアンの話は、予想期日が少しずれこむことを除けば、私が耳にしていることとおおむね一致する。この話はプレスイベントで発表されるだろうというのが私の理解だ。Steve Jobs と一緒に Murdoch が(多分他の新聞社のお偉方も)ステージに上がるハズだ。この発表は結構大きなものになるだろう。ただ「今月」とはいっても、サンクスギビング(感謝祭)は木曜日だし、だいぶ過ぎてしまったので、来月まではないだろう。

This jibes, mostly, with what I’ve been hearing. The Guardian’s dates are slightly off, though. My understanding is that this initiative is going to launch with a press event, with Murdoch (and perhaps other newspaper and magazine executives) joining Steve Jobs on stage. This is not going to be a quiet launch, to say the least. But “this month” is effectively already over, considering that Thanksgiving is Thursday, so it won’t happen until next month at the earliest.

12月9日ないしは次の週

私が耳にしているのは12月9日だが、当日は木曜日に当たるので、アップルのプレスイベントの期日としてはいささか異例だ。12月9日とはいっているが、たぶん次の週の火曜日か水曜日までずれこむのではないか。もしかしたら Mac App Store のオープンと一致するのかも・・・。

(The date I’ve heard is December 9, but that’s a Thursday, which would be somewhat unusual for an Apple press event. My guess is that they’re telling people December 9 but it might slip back to Tuesday or Wednesday the week after. Perhaps it will coincide with the opening of the Mac App Store?)

     *     *     *

タブレット専用新聞

キーポイントとなるのは、News Corp がやろうとしているのが、現在の新聞を iPad に載せるものでもなければ「オンライン新聞」でもなく、「タブレット新聞」(tablet newspaper) — 少なくとも現時点では iPad に限定された「iPad 新聞」(iPad newspaper)だという点だ。

The key, though, is that what News Corp is working on is not an iPad counterpart to an existing newspaper, nor is it an “online newspaper” in general. It’s a “tablet newspaper” — and, at least for now, specifically an iPad newspaper

.     *     *     *

Murdoch の野望

ガーディアン紙の話の続き・・・

Helmore writes:

ある調査

「79 才になる Murdoch はある調査を読んだあとこの計画を考えついたといわれる。その調査では iPad にどっぷり漬かる時間の方がコンピュータで漠然とインターネットサーフィンする時間より(相対的な話ではあるが)長いというもの。」

“The 79-year-old Murdoch is said to have had the idea for the project after studying a survey that suggested readers spent more time immersed in their iPads than they did — comparatively speaking — on the internet, where unfocused surfing is typical.”

カネを払う読者

「情報によれば、Daily がちゃんとしたものになれば、クオリティの高い、オリジナルなオンラインコンテンツに対して消費者がカネを払うだろうということから、Murdoch がこのプロジェクトに入れ込んでいるのだという。」

“Sources say Murdoch is committed to the project in part because he believes that the Daily, properly executed, will demonstrate that consumers are willing to pay for high- quality, original content online.”

iPad が各家庭1台

「iPad はゲームチェンジャーになると Murdoch は信じている。2011 年末までには 4000 万台の iPad が行きわたると見ているのだ。ある情報では『各家庭に1台ずつ iPad が行きわたり、ニュースや情報を得るためのデバイスになると彼は予想している。4000 万台のうち 5% が Daily の定期購読者になるだけでも、200 万の読者が得られるというわけだ』という。」

“Murdoch believes the iPad is going to be a ‘game changer’ and he has seen projections that there will be 40 million iPads in circulation by the end of 2011. A source said: ‘He envisions a world in which every family has a iPad in the home and it becomes the device from which they get their news and information. If only 5% of those 40 million subscribe to the Daily, that’s already two million customers.'”

     *     *     *

まったく新しい新聞のモデル

確かに Murdoch は MySpace 取得に5億ドル以上を投じた人物だ。彼のデジタルに対するカンは、絶対正しいかどうかは別にしても、なかなか興味あるものだ。新聞の新しい、スリム化され、ぜい肉を削ぎ落としたビジネスモデルなのだ。以下は Murdoch が Max Suich[AFR.com]と行なったインタビューの一部だ。

Granted, Murdoch is the guy who bought MySpace for over $500 million, so his digital instincts are far from infallible, but at the very least it’s an interesting initiative. It’s a new, lean mean business model for daily news. Here’s Murdoch in an interview earlier this month with Max Suich at AFR.com:

「6週間以内に新しい新聞を始めるつもりだ。まったく新しい新聞。New York Post に少し似ているが全国紙だ。Post のユーモアとやり方に近いもの。ただしタブレットでしか読めない。その新聞ではジャーナリスト(と8人から10人程度テクニシャン)しか採用しない。」

“I’m starting a paper in six weeks. A brand new paper. It will be a bit like the New York Post . But it will be national. Have that sort of humour and attitude like the Post. It will only be seen on tablets. It will only employ journalists — and maybe eight to 10 technicians.”

     *     *     *

自動請求には iOS の新バージョンが必要

情報(アップル以外の)によると、アップルの役割は次のようなものらしい。中核となる “iNews” ないしは “Newsstand” のようなアプリを備えた iBooks 的なものとは異なる。むしろ iTunes のアカウントを利用して行なわれるアプリの定期購読支払いオプションみたいなもの、いいかえれば定期購読料を本当に自動継続請求してくれるものになるというのだ。News Corp の「Daily」とは、App Store のアプリのひとつに過ぎないが、iOS にビルトインされた自動請求ルーティン(subscription billing routines)を利用するというわけ。私の理解するところでは、アプリを開発した News Corp のデベロッパたちは、すでにアップルの自動請求 API に関する暫定版ドキュメンテーションを完成しているという。多分これには iOS の新しいバージョンが必要になると思われるので、出来次第 Daily が公開されても、アップルから自動請求のサポートが発表されるまでは無料ということになるのではないか・・・

[注]recurring billing:自動継続請求、クレジットカード会費や雑誌購読料などのように放っておくといつまでも支払いが自動的に続くもの

As regards Apple’s role, my understanding, based on information from sources not at Apple, is that this is not something like iBooks — there is no central “iNews” or “Newsstand” app from Apple. Rather, it’s a new subscription billing option for apps — true recurring subscriptions — paid through your iTunes account. News Corp’s “Daily”, then, would be just an app in the App Store, using subscription billing routines built-into iOS. My understanding is that the developers at News Corp building the app already have preliminary documentation on the new subscription billing APIs from Apple. I presume this would require a new version of iOS, but perhaps the Daily will launch as soon as it can, free of charge until the billing support ships from Apple.

     *     *     *

コンテンツの定期配信

もしコンテンツがバックグラウンドで定期的に配信され、翌朝開いたときにダウンロードしなくても当日版のニュースが読めることになればすばらしいじゃないか。「そうなったらいいのに」という私のアイデアに過ぎず、アップルから聞いた話ではないけれど。ガーディアンの次の話には本当にそうなのかなあという気もする・・・

It would be nice if there were also a way for content to be delivered periodically in the background, so that when you launch it in the morning, you don’t have to wait for it to download today’s news. That’s just a “wouldn’t it be nice?” idea from me, though, not something I’ve heard is coming from Apple. But this bit from the Guardian story makes me wonder if they’re working on it:

「アップルエンジニアの協力のもとに開発されたこの技術の革新的部分は、iPad ないしは増加しつつある同様なデバイスに対して、出版物を自動的に発送するという点にある。」

“[T]he central innovation, developed with assistance from Apple engineers, will be to dispatch the publication automatically to an iPad or any of the growing number of similar devices.”

「増加しつつある同様なデバイス」に対してアップルが協力することはあり得ないとは思うけれど・・・

Although I sincerely doubt Apple is offering much help with the “growing number of similar devices” aspect.

     *     *     *

瀕死の新聞産業の起死回生策と iOS の次のアップグレードの話がないまざって、期待と妄想の歯車が次のレベルへとギアシフトする。

それにしても日本の新聞も他人事じゃあるまい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉来年までずれ込む?(11月30日)

iPad 新聞「Daily」は来年までずれ込むというウワサがある。

Electronista: “News Corp iPad daily may be delayed into 2011“: 26 November 26, 2010

     *     *     *

アップルが合意しない?

金曜午後に複数の情報筋が明らかにしたところによると、News Corp が発表するタブレット新聞「Daily」は来年初めまでは出ないようだ。12月中旬発表とのウワサを情報筋はきっぱりと否定した。2011 年にずれこむだろうという。フィナンシャルタイムズに載っている情報だけではなぜ遅れるのかはっきりしないが、たぶんアップルが自動請求にゴーサインを出さないためだと思われる。

The News Corp tablet publication The Daily may not arrive until early next year, sources alleged Friday afternoon. They rebuffed the rumors of a mid-December launch and said it was “more likely” to reach into 2011. What triggered the delay wasn’t clear in the Financial Times slip, but Apple supposedly hadn’t yet agreed to allow recurring subscriptions.

     *     *     *

したがって iOS 4.3 も・・・

この情報が正しければ、iTunes の定期購読をサポートする iOS 4.3 アップデートが同じ頃に行なわれるというウワサとも矛盾することになる。

The claim if true would partly contradict talk of an iOS 4.3 update due around the same time that would add iTunes subscription support.


     *     *     *

ベッドをともにする

意見の不一致がどうであれ、Daily をめぐるアップルと News Corp の協力関係は非常に親密なものだと思われる。・・・


No matter the disagreements, plans for the Daily were described as a very close collaboration between Apple and News Corp. […]


「News Corp は完全にアップルとベッドを共にしている」と情報筋のひとりはいう。


”[News Corp] is getting into bed completely with Apple,” a tipster said.

     *     *     *

この記事の元になったフィナンシャルタイムズは次のように述べている。

FT.com: “Old media tackle the challenge of tablets” by Andrew Edgecliffe-Johnson, Joseph Menn, Tim Bradshaw and Esther Bintliff: 26 November 2010

来年の可能性大

プロジェクトに詳しい情報筋は、12月のステージで Murdoch と Steve Jobs が「Daily」を発表するというウワサを否定した。発表は来年になる可能性が大きいという。

People familiar with the project deny rumours that Mr Murdoch and Steve Jobs, Apple’s chief executive, could announce The Daily on stage in December, saying that a new year launch is looking more likely.

     *     *     *

自動継続課金システムが導入されればすごいことだが・・・

12月中旬にイベントが実現するためには、いくつもハードルがあるということだろう。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

airplay_menu_original.jpg

[AirPlay menu…]

さっそく AirPlay のビデオサポートを試してみた John Gruber が、AirPlay はまだ不完全だといっている。

Daring Fireball: “Video Support for AirPlay Is Limited in iOS 4.2” by John Gruber: 22 November 2010

     *     *     *

見れるアプリは限られている

AirPlay は Apple TV のキラーフィーチャーだ。しかし今のところ「キラーフィーチャーになるだろう」とまだ未来形でいう方がよさそうだ。今日の様々な iOS デバイス用のソフトウェアアップデートをインストールしてみたが、唯一ビデオが見れたのは iPod の内蔵アプリ、すなわち iPad/iPod Touch に内蔵されている「Video」と YouTube だけだった。他のアプリでは AirPlay はオーディオオンリーだ。

AirPlay is the killer feature for Apple TV. But perhaps we’d better keep that in the future tense for now: it’s going to be the killer feature for Apple TV. After installing today’s various software updates for iOS devices, the only apps I’ve seen where AirPlay works for video are the built-in iPod app (a.k.a. “Video” on the iPad and iPod Touch) and YouTube. In other apps, AirPlay is audio-only.

     *     *     *

iPhone で撮ったビデオはダメ

一番明白な欠点は、AirPlay が iPhone で撮影したビデオには使えないことだ。それって iPhone のウリだろう? iPhone でビデオを撮って、AirPlay 経由でテレビの大画面に映して家族や友人と一緒に見る。同期も不要、ドックも不要、ファイルの移動も不要、プレイボタンを押すだけでいいハズだった。しかし iOS 4.2.1 ではうまくいかないのだ。静止写真なら Photos アプリで見れる。しかし iPhone の iMovie アプリからビデオを AirPlay しようとしてもそれもできないのだ。(オーディオだけなら AirPlay でちゃんとできる。)

The most obvious shortcoming: You can’t use AirPlay to play videos shot on your iPhone. That’s an obvious feature, right? Shoot a video on your iPhone, then play it back for family and friends on your big TV via AirPlay. No syncing, no docking, no moving files around. Just hit play. But it doesn’t work in iOS 4.2.1 — even though you can use AirPlay to show still photos from the Photos app. I can’t get AirPlay video to work from Apple’s iMovie app for the iPhone, either. (Audio over AirPlay works just fine.)

     *     *     *

圧縮の問題?

そこで今夜この問題を Twitter で尋ねてみた。どうやらもっともらしい説は、帯域のエンコードから生じる問題ではないかというものだ。iTunes からレンタルした HD 映画は 5 Mbit/s のビットレートでエンコードされるようだ。一方 iPhone 4 で撮影したビデオは 10-11 Mbit/s でエンコードされる。iPhone にはそれ以上圧縮する能力がないようだ。だから iPhone で撮影したビデオは iTunes からダウンロードしたものとか、あるいはコンピュータ上で iPhone や Apple TV に最適化したフォーマットに変換したものよりサイズが「大きくなる」というわけ。だから、その説に従えば、 iPhone ではストリーミングできる適当なサイズのビットレートに圧縮できないので、 iPhone で撮ったビデオを AirPlay がサポートできないのかもしれないということになる。

I asked about this on Twitter tonight, and one reasonable theory was that it was a problem with encoding bandwidth. HD movies rented or bought from iTunes tend to be encoded with bitrates of about 5 Mbit/s. Video clips shot on the iPhone 4 have bitrates of about 10-11 Mbit/s — the iPhone doesn’t have the processing power to compress movies tighter than that. But that means video shot on your iPhone is “bigger” than video downloaded from iTunes, or video converted on your computer to a format optimized for devices like the iPhone and Apple TV. So, the theory goes, maybe AirPlay doesn’t support video clips shot on your iPhone because they’re not compressed well enough to stream at a reasonable rate.

     *     *     *

それも違う

しかしどうやらそれも当たっていないようだ。iPhone で撮ったビデオをマックにインポートして、iTunes に入れてから iPhone へ同期し直してやると、その同じビデオが iPhone の「iPod」アプリないしは iPad/iPod Touch の「Video」アプリで AirPlay を使って見ることができるのだ。iTunes がそれぞれのデバイスに同期し直したとき再度圧縮したとは考えにくい。同じビデオがあるアプリ(iPad/Video)では AirPlay でストリーミングできるのに、他のアプリ(Photos)ではストリーミングできないのだ。

But that doesn’t seem to be the case. If you take a video shot on your iPhone, import it to your Mac, then put that clip in iTunes and sync it back to iPhone, you can then play that same video file over AirPlay using the “iPod” (on iPhone) or “Video” (on iPad/iPod Touch) app. I do not believe that iTunes re-compresses video when syncing it to your device. The same video streams over AirPlay from one app (iPad/Video), but not another (Photos).

モバイル Safari でも AirPlay ビデオストリーミングは出来ない。Safari でビデオを再生している最中に AirPlay ボタンをタップしても、オーディオのオプションしか出てこない。

AirPlay video streaming also doesn’t work from Mobile Safari. Tap the AirPlay button while playing a video in Safari and the options are all audio-only.

     *     *     *

考えられること

これから考えられることは、アップルとしては11月までに iOS 4.2 を出荷したかったのだけれど( とくに iPad について)、いくつかの機能はゴールまで達することができなかったのではないかということだ。広く流布した AirPlay のビデオサポートもそのひとつだったのかもしれない。したがって将来 iOS がアップデートされるときには AirPlay ビデオももっと多くの場で可能になるのだと思う。

So my best guess is that Apple really wanted to ship iOS 4.2 in November — especially for the sake of the iPad — and some features didn’t make the cut. Widespread AirPlay video support, I suspect is one of those things — and that we’ll see a lot more places where AirPlay works for video in future iOS updates.

     *     *     *

AirPlay はまだいくつかハードルを越えなければならないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

green_apple_logo_price.jpg

Apple Pricing

John Gruber はときどき長文の記事を書く。アップル製品の価格設定についても大変刺激的な記事を書いている。

価格競争では誰もアップルに勝てないというのだ。

Daring Fireball: “Apple’s Pricing Advantage” by John Gruber: 09 November 2010

     *     *     *

電話ビジネスの奇妙な世界

電話は奇妙なビジネスだ。奨励金をベースに価格設定がされる(subsidized pricing)せいだ。AT&T から買う 199 ドルの iPhone 4 は、実は 199 ドルではない。2年間の高額なサービス契約が背後に隠れているからだ。奨励金の付かない iPhone 価格を見ればそれは明らかだ。(アップルサイトの iPhone 比較のページに小さく書かれた文字[注1 ]を見れば明らかだ。それぞれ 16/32 GB モデルの真の価格は 599/699 ドルなのだ。

Phones are a funny business because of subsidized pricing. When you buy an iPhone 4 for $199 from AT&T, you’re not really buying it for $199, because you’re agreeing to an expensive two-year service contract. But when you look at unsubsidized phone pricing — see the small print at the bottom of Apple’s iPhone comparison page — you can see the real prices: $599/$699 for the 16/32 GB models, respectively.

     *     *     *

iPhone の競合機種は?

iPhone のこの価格は他社とも十分競争できる。サムスンの Galaxy S(来週はともかくとして今のところ「市場に出ている Android フォンとしてはベスト」だろう)は、アマゾンでアンロックモデルを買うと約 600 ドルだ。ただし内蔵ストレージは 8 GB ポッキリだ。HTC の Desire は 600 ドルちょっと欠ける。グーグルの Nexus One はよく売れたが 529 ドルもした。

These prices compare quite well to the competition. The Samsung Galaxy S — a decent choice for the current “Best Android Phone on the Market” title (check back next week, though) — costs about $600 unlocked from Amazon, and only has only 8 GB of built-in storage. The HTC Desire costs just under $600. Google’s Nexus One, while they were selling it, cost $529.

     *     *     *

キャリアとの力関係

Android フォンの多くは奨励金を割り引いた後の販売価格が iPhone より低いが、これはキャリアと端末メーカーの力関係にあるというのが真実だと思う。iPhone を扱いたいキャリアはアップルとネゴするしかないが、優れた Android 端末が欲しいなら、HTC やサムスン、LG、モトローラなどをお互いに競わせればいいからだ。

(I’d argue that the lower subsidized prices of many Android phones compared to the iPhone is really about the handset makers’ relative bargaining position against the carriers. A carrier that wants the iPhone has one option: negotiate with Apple. A carrier that wants some good Android handsets can play HTC, Samsung, LG, Motorola, and whoever else against each other.)

     *     *     *

続けて John Gruber は、iPod/iPod Touch/iPad などの iOS デバイスでもアップルが価格優位に立っているという。

iPad の場合

最後に iPad だが、競合他社の最初のモデルは7インチディスプレイのものだった。それが最適のサイズだからというのが理由だった。しかし直近の四半期決算報告に出席した Steve Jobs はこういったものだ。7インチディスプレイを採用したのは安いからだ、同じスクリーンサイズでは誰も iPad に勝てない、と。Verizon は Galaxy Tab を 599 ドル(iPad より 30 ドル安)で販売しているが、私は Jobs の説明を買うね。

Lastly, consider the iPad. The first batch of competing tablets are coming with 7-inch displays. They say it’s because they think that’s a better size. Steve Jobs, making an appearance on Apple’s most-recent quarterly financial analyst call, said it’s because 7-inch displays are cheaper, and no one else can afford to match the iPad’s price with a comparably sized touchscreen display. Given that Verizon is selling the Galaxy Tab for $599 — just $30 less than the equivalent iPad — my money goes to Jobs’s explanation.

というわけで、iPod も iPhone も iPad も、すべてアップルの価格は十分他社と競争できるか、あるいは他社より低い設定になっている。

iPods, iPhones, iPads. Across all of them, Apple’s prices are either comparable, or lower, than their competition.

     *     *     *

PC はどうか

ではこれらのデバイスと PC ではどう違うか。いくつか違いがあるが、いずれもアップルの有利に働いている。

So what’s the difference between these devices and the PC industry? A few things, and they all work in Apple’s favor.

1〕パーツの大量買い付け

まず、アップルはフラッシュストレージのような貴重で高価なパーツの大量バイヤーだ。サプライヤーから安い価格、優先的納入といった有利な条件が得られる。タッチスクリーン、LCD、ワイヤレスチップセットなどの他のパーツについても大量買い付けによる有利な条件を得る。なかでもフラッシュストレージが最も不安定な価格であり、世界最大のバイヤーとしてアップルは有利な条件を得ているのだ。それに加えて経営効率という点でもアップルは刮目すべきものがある。COO の Tim Cook ほどの賞賛を得られる人材がいたらいってみて欲しい・・・

First, Apple is the world’s leading volume buyer of a precious, expensive component: flash storage. They get better prices and priority availability from suppliers. They also enjoy volume purchasing advantages with other components — touchscreen LCDs, wireless networking chipsets, etc. — but flash storage is the most volatile, and the one where Apple has declared itself the number-one buyer in the world. Plus, Apple is a marvel of operational efficiency. Try to find someone, anywhere, to offer anything other than effusive praise regarding Tim Cook’s job as COO at Apple.

     *     *     *

2)デザインと品質

それにボリューム価格設定よりもっと大切な点がある。デザインと製品のクォリティだ。アップルの競合他社は目下のところすべてハイレベルのデザインを競っている。HTC、モトローラ、サムスンの Android 製品はいずれもデザインもよく、製造品質もいい。アップル製品ほどいいかどうかは別として、同じ土俵で競争していることは間違いない。

But there’s another major factor at play, which I believe is more important than volume pricing. It’s about design and build quality. Apple’s competitors in the consumer electronics space are, at least for now, all trying to compete at a high level with regard to design. HTC, Motorola, Samsung — their Android products are nicely designed and well-built. One can argue that they’re not as good as Apple’s products, but they’re in the same ballpark.

     *     *     *

コンピュータと家電製品の違い

これまでマスマーケットの PC メーカーはアップルのデザインおよび品質水準よりかなり低い製品を作ることに甘んじてきたし、消費者もそれを買うことに満足してきた。(大部分は今日でも同じだ。)

Whereas with PCs, the mass market PC makers have always been content to build products way below Apple’s standards for design and quality, and consumers were (and largely remain, today) content to buy them.

歴史的に見ても PC は技術的スペックで比較される。外観など関係なくスペックだけで PC を買うひとがいかに多いか驚くほどだ。しかし家電製品となるとそうはいかない。電話にどんな CPU が搭載されているか誰も知らない。(「普通のひとは誰も」知らないという意味だ。)アップルは iOS デバイスについては CPU のスペックも RAM がどれくらいあるかすら公表していない。

PCs, especially historically, were compared based on technical specs. An awful lot of PCs have been sold to people who never even looked at the enclosure — only the specs. That’s not how the game is played in consumer electronics. Nobody knows what kind of CPU they have in their phones. (Where by “nobody”, I mean “no regular people”.) Apple doesn’t even publish CPU specs for iOS devices, nor publish how much RAM they contain.

     *     *     *

モバイルの世界では圧倒的に優位

コンピュータについていえば、代表的なマックは同等の Windows PC に比べて一般的に高いといっていいだろう。しかしモバイルデバイスについてはそうではない。アップルは主としてデザイン、ユーザー体験、ブランドといった点で他の企業と競争しているのだ。生まれたばかりのモバイルコンピュータ市場は、これまでの PC 産業よりむしろ家電製品市場と共通する点が多い。そしてそのことがアップルにとって有利に働いているのだ。

With computers, again, it’s fair to say that the typical Mac costs more than the typical Windows PC. That’s not true for mobile devices, which means Apple gets to compete mostly on factors like design, user experience, and branding. In short, the nascent mobile computing market has much more in common with the traditional consumer electronics market than it does with the PC industry, and that works very much in Apple’s favor.

     *     *     *

アップル製品はデザインや品質はいいがそれにしても高いといわれたのはいつのことだったろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

verizon_iphone.jpg

Verizon CDMA iPhone

AT&T 以外のキャリアから iPhone が出るというウワサは iPhone 登場のとき以来ずっとある。

2大紙の WSJ と NY タイムズがそのウワサを取り上げている。

最初にスクープしたのはお馴染みの Yukari Iwatani Kane 記者。

ウワサが事実に昇格した瞬間だ・・・

WSJ.com: “Apple Making Verizon-Ready iPhone by Year End ” by Yukari Iwatani Kane and Ting-I Tsai: 07 October 2010

WSJ 日本版: “UPDATE: 米アップル、ベライゾン向けアイフォーンを年末までに量産へ=関係筋“: 07 October 2010

     *     *     *

Verizon iPhone の大量生産開始

[WSJ 日本版訳]米コンピューター・電子機器大手のアップルは、年末までにスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」新機種の大量生産を開始する計画で、そうなれば米携帯電話会社ベライゾン・ワイヤレスが同機種を来年年初に販売することが可能となる。アップルから概要説明を受けた複数の関係筋が明らかにした。

AT&T Inc. is about to lose its lock on the iPhone.

Apple Inc. is making a version of its iPhone that Verizon Wireless will sell early next year, according to people familiar with the matter, ending an exclusive deal with AT&T and sharpening the competition with Google Inc.-based phones.

     *     *     *

CDMA フォン

[WSJ 日本版訳]このアイフォーン新機種は米通信大手AT&Tが現在販売している多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)4」と同様なデザインとなる見通しだが、ベライゾンが使用するCDMAと呼ばれるワイヤレス技術を採用するものとなる。同関係者らによると、新機種の主要チップは米無線通信技術大手のクアルコム製となる見込みで、同機種は来年第1四半期(1-3月)に発売見通し。

Apple plans to begin mass producing the new iPhone by the end of the year, and it would be released in the first quarter of 2011, these people said. The phone would resemble the iPhone 4 currently sold by AT&T, but would be based on an alternative wireless technology used by Verizon, these people said.

     *     *     *

AT&T の独占終了

[WSJ 日本版訳]アップルのCDMAベースのアイフォーンの発売により、アイフォーンが登場した2007年以来AT&Tがアップルと結んでいる米国での独占販売契約が終了することになる。

The new iPhone spells the end of the exclusive arrangement that AT&T has had since 2007, when Apple Chief Executive Steve Jobs introduced the original iPhone. Since then, the iPhone fueled much of the AT&T’s growth.

     *     *     *

第5世代 iPhone は新しい形状

[WSJ 日本版訳]同関係者らによると、これとは別にアップルはまた、アイフォーンの5世代目の新機種を開発している。アイフォーンの新機種計画に詳しい一人の関係筋は、5世代目のアイフォーンは現在販売されているものとは異なる形状となる見通しだと述べた。この第5世代機種がいつ、ベライゾンとの契約に加えられるかは明らかになっていない。

Separately, Apple is also developing a new iPhone model, said people briefed on the phone. One person familiar said the fifth-generation iPhone would be a different form factor than those that are currently available, said one person familiar with the new iPhone plan. It was unclear how soon that version would be available to Verizon or other carriers.

     *     *     *

WSJ に続いて NY タイムズも同じウワサを取り上げた。

NYTimes.com: “Apple to Offer iPhone on Verizon, Ending Exclusivity with AT&T” by Miguel Helft: 08 October 2010

     *     *     *

Steve Jobs の決定

グーグル Android ソフトを採用した電話メーカーの激しい追い上げに直面して、Steven P. Jobs はついに、アメリカ最大のワイヤレスキャリア Verizon Wireless に提供する iPhone の生産を開始することを決定した。

SAN FRANCISCO — Facing intense competition from phone makers wedded to Google’s Android software, Steven P. Jobs, Apple’s chief executive, finally plans to make the iPhone available on Verizon Wireless, the largest wireless carrier in the United States.

     *     *     *

来年早々にも発売

アップルは AT&T の携帯電話ネットワークを3年間独占的に使用したが、このたび Verizon ネットワークに対応する iPhone 4 の特定バージョンを製造することにした、とアップルに直接のソースを持つ人物はいう。この人物(秘密の計画でありアップルのソースを失いたくないため匿名希望)によると、アップルと Verizon は来年早々にも電話の販売を開始するという。

After more than three years of using only AT&T cellphone networks, Apple is now making a version of the iPhone 4 for Verizon’s network, according to a person who is in direct contact with Apple. Apple and Verizon will begin selling the phone early next year, said the person, who agreed to speak on condition of anonymity because the plans were supposed to be confidential and he did not want to alienate his contacts at Apple.

     *     *     *

スクープしたのは WSJ

昨年は Verizon iPhone がすぐにも出るとうウワサが相次いだ。WSJ は水曜日に Verizon iPhone が来年早々に出ると報じている。

Indeed, over the last year, a flurry of reports have predicted a Verizon iPhone was imminent. On Wednesday, The Wall Street Journal reported that the iPhone would be available on Verizon early next year.

     *     *     *

アップルのことについては一家言ある John Gruber が、両紙の報道ぶりにひとこと物申している。

WSJ の早版に対して[第1弾]:

Daring Fireball: “WSJ: ‘Apple Making Verizon-Ready iPhone by Year End’” by John Gruber: 06 October 2010

アップルが CDMA iPhone を作るという話と Verizon が実際に発売するという話では差がある。CDMA iPhone 4 が出ることになるというだけなら、 自分が2か月前にいったこと[再読の価値あり!]を WSJ はなぞっているだけだ。WSJ は Verizon が発売するとはひとこともいっていない。

Note that there’s a difference between Apple making a CDMA iPhone and Verizon carrying it. The WSJ is only reporting what I did two months ago: that a CDMA iPhone 4 is heading toward production. They’re not saying Verizon has agreed to carry it.

     *     *     *

WSJ 確定版に対して[第2弾]

Daring Fireball: “WSJ Now Says Verizon Will Carry CDMA iPhone” by John Gruber: 07 October 2010

同じ記事に対して続けて2度もコメントしたことはないが、WSJ が記事の導入部分を完全に書き替えてしまったので・・・

I don’t think I’ve ever before linked to the same article twice in succession, but the WSJ has completely rewritten the lead to this story:

今度は決定した話(done deal)だといっている。それなら確かにニュースだ。ところで気になるのは、その話をリークしたのは誰かという点。Verizon のものか、それともアップルのものか? そんな権限を持っているものか?

They’re saying it’s a done deal. That’s news. What I’m curious about is who leaked the confirmation: someone at Verizon, or someone at Apple? And was it authorized?

     *     *     *

NY タイムズに対して[第3弾]:

Daring Fireball: “NYT Reports iPhone Coming to Verizon” by John Gruber: 09 October 2010

とくに目新しい事実はない。ただ、独立のソース(単数)から確認を取ったというだけだ。最後のパラグラフが気に入った。WSJ に抜かれたことを自ら認めている。

No new details, but they claim an independent source who confirmed the deal. Love the last paragraph, where they acknowledge the WSJ scooped them.

     *     *     *

アップルのこととなると、自らの情報ソースを持つものも結構いる。情報ソースを明記しない記事はたちまち突き上げを食らう。長年のウワサとなると尚更だ。大手メディアといえどもうかうかしておれない。

とまれ一般的にいえば、2大紙が取り上げたのだから Verizon iPhone が出るのは間違いないだろう。

そうだとして、「来年早々」(early next year)というのがいつになるかだ。Gruber のいう1月なのか、そうではないのか、まだまだウワサは終わりそうにない・・・

★ →[原文を見る:WSJ

★ →[原文を見る:NYTimes


Read Full Post »

Web 2.0 Expo NY 2010: John Gruber, “Apple and the Open Web” – YouTube]

Update:YouTube の英語を日本語字幕にする方法〉

10分でアップルについて話せといわれたら、それもオープンウェブとの関係についてといわれたら、どんな話をするだろうか。

John Gruber がそれをやっている。オライリーの「Web 2.0 Expo NY 2010」のプレゼンテーションだ。

「アップルが偉大なるウェブカンパニーであり、オープンウェブの提唱者であることを10分で証明したい」ということばで始まったプレセンテーションが、成功しているかどうかはご自分の目でとくと確かめていただきたい。

     *     *     *

・ウェブにとって一番すばらしいことはモバイルが登場したことだ。(いつでもどこでもアクセスが可能になったから?)

I think mobile is the best thing that’s ever happened to the web.

・モバイルにとっていちばん素晴らしいのは iPhone が登場したことだ。

I say the iPhone is the best thing that’s ever happened to mobile.

・だからアップルは偉大なるウェブカンパニーなのだ。

So that’s my argument that Apple is a great web company.

     *     *     *

best_web_tool.jpg

[本来これで十分なハズだ・・・]

WebKit、App Store、ウェブと iOS との関係などについて Gruber がどう見ているかという点もなかなか興味深い。

10分を割くに値するプレゼンテーションだと思う・・・

★→[ビデオを見る:YouTube

     *     *     *

〈Update〉YouTube の英語を日本語字幕にする方法

3K1 氏のつぶやき参考・・・

YouTubeへ行って[cc]をクリック「音声を文字に変換」で英語字幕、更に「キャプションを翻訳:日本語-日本語」出来る…知らなかった。

3K1[3LOBB3K1]

     *     *     *

こんなことが出来るなんて知らなかった!

3K1 さん、ありがとう・・・

Read Full Post »

iPhone_Verizon.jpg

Verizon iPhone

Update:なぜ1月か、なぜ CDMA か》

Verizon から CDMA iPhone(コードネーム N92)が出そうだという John Gruber の分析がおもしろい。

Daring Fireball: “N92” by John Gruber: 11 August 2010

     *     *     *

製造分野から漏れる

アップルは未来の製品について秘密を守るのが上手だ。しかもますます上手になっている。しかしそのウィークポイントは製造分野にある。百万台の製品を作るなら、部品も百万台分要るのだ。時間もかかるし、サプライヤーも関係してくる。来年1月に間に合うように百万台の CDMA iPhone を作るのなら、製造にかかったという兆候があってもいいはずだ。

Apple is good at keeping future products secret, and, if anything, they’re getting better at it. But the weak spot in the secrecy chain is production. If you need millions of units, you need millions of components. That takes time, and it necessarily involves suppliers. If there are going to be millions of CDMA iPhones in January, we’re going to start hearing about signs of production.

どうやらそうらしい・・・

And, it seems, we are.

     *     *     *

製造にかかる一歩手前の状態

Verizon とアップルとの交渉内容について私は何も知らない。両社のトップ以外は誰も知らないだろう。しかしエンジニアレベルに関する限り、「N92」は動き出している。N92 というのは iPhone 4 の CDMA バージョンだ。もちろん製造は未だだし、DVT ステータス[device verification test、例の Gray Powell がバーで盗まれた iPhone 4 プロトタイプの状態]にも達していない。しかし複数の小鳥ちゃんたち(little birdies)の話では、EVT[engineering verification test]の段階、すなわち DVT の一歩手前であり、製造にかかる一歩手前の状態にあったという。もし1月発売というスケジュールなら、ほぼその線に沿っているといえるだろう。CDMA iPhone は冷凍保存状態ではなく、必要ならすぐ対応できる状態のプロジェクトだというわけだ。

I don’t know anything about negotiations with Verizon, and I doubt anyone does other than the highest-level executives at both companies. But I do know that engineering-wise, the wheels are turning on N92, the CDMA variant of the iPhone 4. It’s certainly not in production yet, and hasn’t reached DVT status (device verification test — like Gray Powell’s infamous stolen unit), but it is, a few little birdies claim, at EVT (engineering verification test). That’s one step below DVT, which is one step below production. So it’s right about where you’d think it would be if it were scheduled to go on sale in January. The CDMA iPhone is no longer a cold storage, keep-it-alive-just-in-case-we-need-it project.

     *     *     *

さまざまな可能性

もちろんそれで確定というわけではない。再度はっきりさせておきたいが、私が知っているのはいずれ市場に出るだろうということだけで、Verizon とは無関係だ。世界的にみると GSM の方がよりポピュラーだし、Verizon が唯一のメジャーな CDMA キャリアだというわけでもない。ひょっとしたら Sprint 向けかもしれないし、南米やアジア向けかもしれない。すべては China Telecom 向けという可能性もあるのだ。

That doesn’t make it a sure thing. It is essential to reiterate that for all I know, it is coming to market but has nothing to do with Verizon. GSM is more popular worldwide, but Verizon is not the only major CDMA carrier in the world. Maybe it’s going to Sprint. Maybe it’s going to South America, or Asia. Maybe it’s all about China Telecom.

     *     *     *

つじつまが合う

あるいは、以上のいくつかが複合しているのかもしれない。独占契約により単位当たりの利益を最大化することを犠牲にしても、マーケットシェアを最大化しようというアップルの次のステップかもしれない。しかし、CDMA iPhone 4 が生産に向けて動き出したという兆候と、ビジネスウィークが伝えるアップルと Verizon の間で合意が成立したという話を結びつけると、そうなんだ、すべてつじつまが合うのだ。

Or maybe it’s many of the above, and this is Apple’s next step toward maximizing market share at the expense of higher per-unit profits from exclusivity deals. But combine the signs that the CDMA iPhone 4 is moving toward production with BusinessWeek’s report that a deal is set between Verizon and Apple, and, well, it all just seems to make sense.

     *     *     *

どうやら Verizon が CDMA iPhone を出すという話はホンモノらしい。

マーケットシェア拡大路線というのが気にかかる。

アメリカ以外、特にアジアではどういう影響が出るのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

     *     *     *

Update:なぜ1月か、なぜ CDMA か

John Gruber の推論の続編がおもしろい。

Verizon のネットワークが次世代の 4G LTE に代わろうしているとき、なぜ1月に CDMA を出す必要があるのかという批判に答えたものだ。

Daring Fireball: “January Jones” by John Gruber: 12 August 2010

     *     *     *

マーケットシェアを増やす

Verizon から iPhone を出す最大の意味は、米国のマーケットシェアを増やすことにある。太平洋岸から大西洋岸まで全国あまねく大量の iPhone を売るためだ。Verizon の iPhone が求められる理由は、AT&T のカバー範囲と品質に満足できないユーザーがたくさんいるからだ。たとえ LTE が計画通りに進んでも(これ自体大きな仮定だが)、1月の時点では LTE は数十の都市でしか利用できないニッチなテクノロジーだ。これらの都市にも何千万という Verizon 顧客がいるかもしれないが、アップルが望むのはすべての Verizon 顧客なのだ。「みなさんお待ちかねの Verizon iPhone はこれです!」というメッセージを送りたいのだ。

The whole point of expanding to Verizon is to gain market share in the U.S. It’s about high-volume iPhone sales, coast to coast. A big part of the reason there’s so much demand for a Verizon iPhone is that so many people aren’t satisfied with AT&T’s coverage and quality. Even if their LTE rollout goes exactly as planned — a big “if” — LTE is going to be a niche technology in January, available in a few dozen cities. There may well be tens of million of Verizon customers in those cities, but Apple would want a Verizon iPhone to be aimed squarely at all Verizon customers. The message: “Everyone waiting for a Verizon iPhone: here it is.”

     *     *     *

袋小路のテクノロジー

CDMA は完璧ではない。確かに袋小路のテクノロジーだ。音声やデータも同時にはサポートしない。かつてアップルと AT&T は iPhone が 3G で音声とデータが可能と宣伝したことがある。しかしどれもたいしたことではないと思う。Verizon の Android ユーザーをみても、音声とデータが同時に使えないことに対する不満は聞かない。・・・

CDMA is imperfect. Yes, it’s a dead-end technology. Yes, it doesn’t support simultaneous voice and data. Yes, Apple and AT&T have, in the past, made advertisements promoting the iPhone’s ability to use simultaneous voice and data over 3G. I just don’t see this as a big deal. I don’t see any complaints from Verizon Android users about their inability to use voice and data simultaneously. […]

     *     *     *

私の考えるシナリオ

私の考えるシナリオはこうだ。1月に Verizon から CDMA iPhone 4 を発売する。6か月間は AT&T の 199/299 ドル iPhone 4 と並ぶモデルとして売る。(Verizon は 64 GB モデルも加えて少し差を付けるかもしれない。)

I’m imagining a scenario like this. Release a CDMA iPhone 4 on Verizon in January. Sell it for six months, as a Verizon peer to the $199/299 iPhone 4 models at AT&T. (Maybe, though, Verizon gets one with 64 GB? Just to add a little spice to the debut?)

6月になった時点で、WWDC キーノートで第5世代 iPhone を発表する。すべてのキャリアで利用可能なものになるかもしれない。Qualcomm はすでに CDMA と GSM の双方をサポートするチップセットがある。それとも iPhone 5 は GSM と CDMA の2種類のモデルになるかもしれない。いずれにしても iPhone 5 は初日から Verizon と AT&T のどちらでも利用できるだろう。そもそも1月に Verizon iPhone を出したあと、6月の WWDC のステージで Steve Jobs が AT&T でしか使えない iPhone を発表するなんて想像できない。(むしろ、米国の4キャリアすべてで利用可能なものになるのではないか。)

Then, come June, unveil the fifth-generation iPhone during the WWDC keynote. Maybe this phone works on all carriers. Qualcomm has already produced chipsets that support both CDMA and GSM. Or, maybe, the iPhone 5 will simply be offered in two flavors: GSM and CDMA. Either way, though, it’d be available on both Verizon and AT&T on day one. It’s hard to imagine a January Verizon iPhone followed by Steve Jobs on stage at WWDC in June showing a new phone that only works on AT&T. (Even better: availability on all four major U.S. carriers.)

     *     *     *

3GS から CDMA モデルに

その時点で iPhone 3GS はその寿命を終える。代わって iPhone 4 が AT&T・Verizon 両社で使えるローエンドの 99 ドル iPhone となる。CDMA iPhone 4 が Verizon ラインアップのトップの座にあるのは6か月だけかもしれないが、その後長くベースモデルの役を果たすこととなる。(トップの座の6か月という長さは、Verizon の電話としてはどの Android フォンより長いものとなるなだろう。)

Then, at that point, the iPhone 3GS hits end-of-life, and the iPhone 4 slides over and becomes the low-end $99 iPhone on both AT&T and Verizon. I.e., a CDMA iPhone 4 may only sit at the top of the Verizon line-up for six months, but it could have a long life after that as the base model. (And, a six month reign as the top-of-the-line Verizon iPhone would be a lot longer than that of any Verizon Android phone to date.)

     *     *     *

Android との競争がカギ

結論は、もしアップルの目標が iPhone のマーケットシェアを拡大する(とくに Android と競争するため)ことにあるなら、Verizon との交渉は早期に決着するだろうということだ。早期の決着なら、LTE ではなく CDMA ということなる。

Bottom line: If Apple’s goal is to accelerate iPhone market share, particularly in competition with Android, then they should finalize a deal with Verizon soon. And if they’re going to do it soon, that means CDMA, not LTE.

     *     *     *

Android への危機感がマーケットシェアの拡大路線につながるという発想がおもしろい・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »

Xcode

Xcode…

iOS と Mac OS X のハイブリッド OS といわれても、具体的にどんなものかイメージするのは容易ではない。

John Gruber が iOS と Mac OS X の接点を窺わせる興味深い指摘をしている。

「解けた Marble のミステリー」・・・

Daring Fireball: “Marble Mystery Solved” by John Gruber: 22 June 2010

     *     *     *

Marble の正体

「Marble」については 2009 年以来何度か触れてきた。Marble とは Mac OS X のシステム全体に共通する秘密の UI デザインプロジェクトだと思っていた。(2009 MWSF 予想2009 WWDC 予想を参照。)しかし Marble の正体については結局間違っていた。実は今年の WWDC で発表されていたのだ。Xcode 4 がそれだ。

A few times since January 2009, I’ve mentioned “Marble”, a secret UI design project at Apple which I believed was a new system-wide theme for Mac OS X. E.g.: my MWSF 2009 predictions, and my WWDC 2009 predictions. Ends up I was wrong about what “Marble” is — and in fact, it was announced at WWDC 2010 this month. It’s Xcode 4.

     *     *     *

Xcode 4

Xcode 4 はまだベータの段階で、まだスクリーンショットもない。WWDC 2010 で見せられたものも守秘義務(NDA)の対象となっている。しかしデベロッパのアカウントをもっているひとなら、「デベロッパツール一般教書」セッションを見れば、新しいインターフェイスの概要が分る。ごく控え目にいっても、これは大掛かりなオーバーホールといえる。ひとつのウインドウでたくさんのことをやろうとしており、Interface Builder を Xcode に取り込もうとさえしている。WWDC の事情通たちによれば、これが Marble プロジェクトだという。

Xcode 4 is still in beta, Apple doesn’t have screenshots available, and what was shown at WWDC 2010 is covered by NDA. But if you have a developer account, you can get a tour of the new interface by watching the Developer Tools State of the Union session. It is, to say the least, a major overhaul — primarily focused on doing more within a single window, even going so far as to bake Interface Builder into Xcode itself. According to several informed sources at WWDC, that’s the “Marble” project.

     *     *     *

iPad OS 3.2 iPhone OS 4.0

WWDC で今回分ったことのひとつは、 iPad の OS 3.2 が[かつて私が触れたような]iPhone OS 4 のメインチームとは別個のチームによって秘密裡に開発されたものではないということだ。iPad OS 3.2 は完全に別の流れで、iPhone や iPod Touch で使われることを想定していない。しかしそれぞれのチームは完全に分断されてはおらず、4.0 を開発している連中は iPad で何が行なわれているかよく知っており、逆にまた iPad の開発をしている連中は 4.0 で何が行なわれているかよく知っていた。

Another correction I gleaned at WWDC is that the iPad’s OS 3.2 was not, as I suggested in a footnote here, developed by a team working in secret, apart from the main iPhone OS 4 team. The iPad’s OS 3.2 is indeed a separate fork — 3.2 was never meant for use on iPhones or iPod Touches, and 4.0 will not be available on the iPad. But the team wasn’t separate — those working on 4.0 knew what was going on with the iPad and those working on the iPad knew what was going on with 4.0.

     *     *     *

すべてをサポートする iOS 4.1

今週発表された新 iOS 4.0 が iPad をサポートしていないのは、単純にタイミングの理由によるものだ。アップルは iPhone 4 をこの6月に発売したいと考え、その iPhone 4 には iOS 4 が必要だった。iPhone と iPod Touch をサポートするだけなら、iPad までサポートするほどの時間はかからない。私はいまでもそう信じているが、今秋発表予定の iOS version 4.1 はすべての iOS デバイスを統一的にサポートするものと思われる。

As for why this week’s new iOS 4.0 doesn’t support the iPad, it’s simply a matter of timing. Apple wanted to start selling the iPhone 4 this month, June. The iPhone 4 required iOS 4. And it took less time for iOS to support only iPhones and iPod Touches than it would have to add support for iPads, too. I still believe that iOS version 4.1, planned for this fall, will be the release that unifies support across all shipping iOS devices.

     *     *     *

iOS と Mac OS X をつなぐ接点が次第に見えてくるようだ。

ジグソーパズルの一片がまたひとつ埋まった・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

Iphone Hd 4G Wwdc 2010

iPhone 4G?

Jobs の WWDC キーノートも確定して、いよいよウワサエンジン全開だ。

Safari の機能拡張があるという MacNN の予想も飛び出してきた。

MacNN: “Safari extensions to be announced at WWDC?“: 25 May 2010

     *     *     *

機能拡張 API

アップルは Safari に拡張機能(extension)のサポート追加を準備中だと  John Gruber[Daring Fireball]がほのめかしている。「Chrome や Firefox と比べてもうひとつ Safari に大きく欠けているのが、ちゃんとした機能拡張 API[extension API]だ。もしすぐにでも開発者会議がありさえすれば、そんなものを発表できるのだろうけれど・・・」。普通ならこんな言い方をすれば憶測にすぎないと思われてしまうところだが、インサイド情報をほのめかすのが Gruber のやり方だ。

Apple may be preparing to update Safari with extension support, Daring Fireball’s John Gruber hints. “The other big thing that’s missing (compared to both Chrome and Firefox) is a proper extension API,” says the writer. “If only Apple had an imminent developer conference where they could unveil such a thing.” While such a statement would normally be considered speculation, Gruber often phrases inside information in an insinuating manner. Apple’s WWDC 2010 event is scheduled to start June 7th.

     *     *     *

WWDC で発表か

Safari 4 に欠けているものでもっとも顕著なのが拡張機能だ。拡張機能はいろいろなテーマの外観に変えるのにも使えるが、ウェブサイトやブラウザに新しい機能を追加するのにも使える。アップルは過去にも何度か WWDC の場で Safari のアップグレードを行なった。2007 年の Safari 3 ベータや 2009 年の Safari 4 最終版がそうだ。

Extensions are now one of the more noticeable gaps in Safari 4’s features. Although they can be used simply to apply cosmetic changes in the form of themes, they can also be exploited to add new functions to existing websites, or a browser in general. Apple has used WWDC to announce Safari updates several times in the past, including the first Safari 3 beta in 2007, and the final version of Safari 4 in 2009.

     *     *     *

MacNN のネタとなった John Gruber のコメントは、もともとは Google Chrome に対する感想をのべたものだが、それ自体がおもしろい。

Gruber がちょっとほのめかしたことに MacNN がのったわけだ。

Daring Fireball: “Google Chrome for Mac and Linux Is Out of Beta” by John Gruber: 25 May 2010

例年 WWDC で発表される iPhone の新モデルについては、Engadget のスクープがある。次期モデルではビデオチャットが可能になるというものだ。そのためのコマーシャルを 「アメリカン・ビューティー」の Sam Mendes 監督が撮影中だという。

Engadget: “Confirmed: Apple’s next iPhone will have video chat, feature to be shown in ads directed by Sam Mendes” by Joshua Topolsky: 24 May 2010
Engadget Japan: “新 iPhoneはビデオ通話対応、CMはサム・メンデス監督“: 24 May 2010[Ittousai 訳]

他にも Wal-Mart が 16GB iPhone 3GS の価格を火曜日にもほぼ半額の 97 ドルに引き下げるという話を CNNMoney.com が伝えている。

CNNMoney.com: “Wal-Mart slashes iPhone price to $97” by Chavon Sutton: 25 May 2010

また、8 GB iPhone 3G が払底して出荷できなくなっているとも MacRumors が伝えている。

MacRumors: “iPhone 3G Supplies Begin to Run Dry Ahead of WWDC” by Eric Slivka: 24 May 2010

いちばんお粗末なのが NY タイムズだろう。

Gizmodo暴露ネタベトナムからのリークビデオ、4G 白モデルのリーク写真など、もっぱらウワサ系のリークネタを紹介したあと、WWDC で Jobs が「話すことが何か残っているのだろうか」という。

取材能力を持った一流大手紙とはとても思えない記事だ。

NYTimes.com [Bits Blog]: “Can Apple’s Jobs Still Wow After Leaks?” by Nick Bilton: 24 May 2010

どうやらアップルネタに関する限り一流紙といえどもアップル系サイトには敵わないということか・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:Verizon iPhone(5月29日)

WWDC では Verizon iPhone の発表はない。

The Loop: “Analyst: Apple will not release a Verizon iPhone at WWDC” by Jim Dalrymple: 26 May 2010

I don’t expect to see a Verizon-compatible iPhone until early 2011 and that’s assuming everything remains equal. Changes to development could push that timeframe back even further.

     *     *     *

追記2:MobileMe は無料にすべき(5月29日)

アップルがグーグルとの競争に負けないためには、MobileMe をタダにしてクラウド戦略の中心におくべきだ。

Sachin’s Posterous: “To compete with Google, Apple has to make Mobile Me free” by Sachin Agarwal: 24 May 2010

Apple needs to follow Google’s lead. Why do I need to USB sync my new iPhone or iPad with iTunes before I can use it? I blogged about this before. Mobile Me should be the true hub for all your data, while your laptop should be just another client device with equal rights as your iPhone or iPad. All your devices should sync with the cloud.

But for Mobile Me to be this hub, and for Apple to maintain their dominance on the mobile front against Google, they must make Mobile Me free. Until they do this, Google will have better cloud integration with their mobile devices.

     *     *     *

追記3:クラウドベースの iTunes(5月29日)
Patent 100527
Cloud-based?

アップルの特許申請からみると、クラウドベースの iTunes を検討していることが分る。

AppleInsider: “Apple investigating cloud-based media syncing, tagging on the go” by Neil Hughes: 27 May 2010

Apple’s expected future plans for a cloud-based iTunes could grant users the ability to sync media playback, allowing them to pick up where they left off, and tag media from other sources like HD and satellite radio, according to new patent applications.

     *     *     *

追記4:Ballmer WWDC キーノートに出るというウワサの顛末(5月29日)

マイクロソフトの Steve Ballmer が WWDC キーノートに出席してVisual Studio 2010 について話すというアナリスト Trip Chowdhry の話。

Barrons.com: “Apple: Will Steve Ballmer Show Up At The WWDC Keynote? Update: No, He Won’t” by Eric Savitz: 26 May 2010

Trip Chowdhry, an analyst with tiny Global Equities Research, contends that 7 minutes of the June 7 keynote by Apple CEO Steve Jobs has been blocked off for a presentation by Microsoft (MSFT) to talk about Visual Studio 2010, the company’s suite of development tools. Chowdhry says the new version of VS will allow developers to write native applications for the iPhone, iPad and Mac OS. And here’s the kicker: he thinks Microsoft’s presentation could be given by none other than Microsoft CEO Steve Ballmer. (Or if not, at least Bob Muglia, who runs Microsoft’s server and tools business.)

こんなクレージーな話は聞いたことがない。

Daring Fireball: “This Is the Craziest Thing I’ve Read in a While” by John Gruber: 26 May 2010

Steve Ballmer が話すからには、Silverlight for the iPhone のことに違いない。

ZDNet: “Is Silverlight for iPhone finally on its way?” by Mary Jo Foley: 27 May 2010

そんなことは絶対ない。Silverlight を Flash と置き換えて考えれば分る。

Daring Fireball: “Mary Jo Foley Thinks Silverlight Is Coming to the iPhone” by John Gruber: 27 May 2010

You could pretty much substitute “Silverlight” for “Flash” in Steve Jobs’s “Thoughts on Flash” — especially the sixth and, in Jobs’s words, “the most important reason”:

So I’d say no way in hell. What sense would it make for Steve Jobs to publish that in April and then announce Silverlight for iPhone in June? Think.

マイクロソフトのオフィシャルツィート

Steve Ballmer は WWDC でスピーチはしない。「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」番組にも登場しない。ベルモントで乗馬もやらない。ご参考まで。 ーー マイクロソフト

Steve Ballmer not speaking at Apple Dev Conf. Nor appearing on Dancing with the Stars. Nor riding in the Belmont. Just FYI.
Microsoft

こんなクレージーで嘘っパチな予想でも、「アナリスト」という肩書きがついていれば、額面どおり信じるひとがいるのを見ると驚きに耐えない。このテの話を長年みてきて、「アナリスト」情報の信用度は一般的にいって普通のものより低いことが分る。

Daring Fireball: “Told You It Was Crazy Talk” by John Gruber: 27 May 2010

It never ceases to amaze me the sort of crazy speculative bullshit people will take at face value if it’s attributed to someone whose job title is “analyst”. After following this stuff for so many years, I find that information from “analysts” is generally less credible than average.

     *     *     *

追記5:Apple TV(5月29日)

Apple TV はまだ開発中で WWDC で発表予定はないが、クラウドストレージ、iPhone OSベースで予価99ドル。

Engadget: “The next Apple TV revealed: cloud storage and iPhone OS on tap… and a $99 price tag” by Joshua Topolsky: 28 May 2010
Engadget Japan: “次世代 Apple TV iPhone OSベース、予価99ドル“: 28 May 2010[Ittousai 訳]
TechCrunch: “Report: Apple Prepping Cheap, Cloud-Based Apple TV For War With Google” by MG Siegler: 28 May 2010

大きな疑問・・・

Daring Fireball: “Engadget Gets Wind of K66, the iPhone OS-Based Next-Generation Apple TV” by John Gruber: 28 May 2010

大きな疑問・・・自分でも答は分らないが、インターフェイスがどうなるかということだ。直接のタッチインターフェイスにならないことは明らかだ。今でも Apple TV は iPhone/iPod Touch をリモートとして使うことができる。たぶんこれはオプションとして残るだろう。しかしアップルが 199 ドルのリモートが必要な 99 ドルのセットトップボックスを売るなんて想像できない。それに TV app ストアも出来るのだろうか? だとしたらそれは何時?(すぐじゃないだろうけれど。)ウェブブラウザはどうなる?

The big question — which I do not know the answer to — is what the interface is going to look like. It certainly can’t be a direct touch interface. You can already use an iPhone/iPod Touch as a remote for the existing Apple TV; presumably that’ll still be an option, but I don’t think Apple can sell a $99 set-top box that requires a $199 remote. And will there be a TV app store? If so, when? (Maybe not right away.) A web browser?

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

Google I/O 2010 – Keynote Day 2 Android Demo, pt. 2 – YouTube

多岐にわたる詳細な発表があったとき、多岐にわたる詳細なレポートを書くかどうか・・・レポーターの手腕が問われるところだ。

John Gruber の「I/O 所感」がおもしろい。

Daring Fireball: “Post-I/O Thoughts” by John Gruber: 22 May 2010

     *     *     *

iPhone Android の全面戦争

Google I/O の後では、iPhone 対 Android の対立は全面戦争以外の何ものでもなくなった。これぞ昔ながらの二大陣営の激突だ。
  

Post-Google I/O, there’s not much room left to see iPhone-vs.-Android as anything other than an all-out war. What we’ve got here is a good old-fashioned epic rivalry.

エキサイティングで敵意に満ち、見ておもしろく、しかも消費者にとっては素晴らしいニュースとなる。競争はイノベーションを生み、イノベーションは越えるべきハードルを高くする。スマートフォンのハードルは瞬く間に高くなる。

It’s exciting, vicious, fun to watch, and ultimately should prove to be excellent news for consumers. Competition drives innovation and innovation raises the bar for everyone. And the bar, for smartphones, is rising quickly.

     *     *     *

相異なる2つのプラットフォーム

偉大なる競争相手がそうであったように、2つのライバルには著しい相違点がある。アップルとグーグルは、2つのプラットフォームを著しく異なった地点に押し上げている。アップルの強みは、ユーザー体験、デザイン、一貫性だ。グーグルの強みは、クラウド、多様性、許容性だ。

Like any great rivalry, there are striking differences between the two competitors. Apple and Google are jostling to shift the comparison between the two platforms to their very different strengths. Apple’s strengths: user experience, design, consistency. Google’s strengths: the cloud, variety, permissiveness.

     *     *     *

クラウドからデバイスへ

Cloud To Device  Messaging Api-1

[冒頭ビデオの 1:50 ごろ]

Google I/O で行なわれた Android のデモで一番興味深いのは、「クラウドからデバイス」へメッセージを送る API(“cloud-to-device” messaging API)だ。次のような利用が考えられる。

The most interesting upcoming Android feature that Google demoed at I/O is a “cloud-to-device” messaging API. Examples of how they’re going to use it:

・PC ウェブブラウザを使って Android Marketplace からアプリ(あるいは曲でも何でもいい)を購入する。Android デバイスのどれかを選択する。すると、購入したものは直接ワイヤレスで(over the air)デバイスへとプッシュされる。

– Buy an app (or song, or anything) from the Android Marketplace using a PC web browser, select one of your Android devices, and the item you just purchased will be pushed directly to that device over the air.

・PC ウェブブラウザから URL を選んで、それをワイヤレスで(over the air)当該デバイスへプッシュする。ウェプページなら、Android のウェブブラウザで開く。Google Maps URL なら、Android の Maps アプリで開く。

– Take the current URL from your PC web browser and push it to your device, over the air. If it’s a web page, it’ll open in the Android web browser; if it’s a Google Maps URL, it’ll open in the Android Maps app.

     *     *     *

iPhone の優れている点

iPhone の方が Android よりはるかに優れている点は、データのバックアップと復元だ。新しい iPhone を購入する、あるいは OS アップデートをインストールする。するとデスクトップの iTunes に同期することですべてのアプリとデータが再インストールされる。(最近自分の iPhone 3GS を iPhone OS 4 デベロッパベータ版へアップグレードしたが、MobileSafari で開いていたページまで復元されていた。)

One area where the iPhone has been far ahead of Android is in terms of backing up and restoring data. Buy a new iPhone, or install a major OS update, and when you re-sync with iTunes on your desktop, all your apps and data are re-installed. (After upgrading my 3GS to the iPhone OS 4 developer betas recently, I noticed that even the web pages I’d left open in MobileSafari were restored.)

     *     *     *

グーグルの挑戦

Android ではそうはいかない。Android デバイスをアップグレードしても、古いデバイスから新しいデバイスにデータを移す方法がない。しかしここでグーグルは iPhone に対する賭けに出た。Android アプリのデータのバックアップをクラウドに移すことによって・・・。このやり方でうまくいくハズだ。新しく Android デバイスを買い、グーグルアカウントでログインする。これでアプリとデータがワイヤレスで(over the air)デバイスに復元されることになる。

Android doesn’t have that. Upgrade to a new Android device, and there is no way to transfer your data from the old device to the new one. Google is upping the ante on the iPhone here, though, by adding cloud-based data backup for Android applications. The way it should work: get a new Android device, log in with your Google account, and your apps and data are restored to the device, over the air.

     *     *     *

iPad の対抗馬は?

Android は今のところ iPad に対抗するものを持っていない。しかし Android をベースとする iPad に似たタブレットが必ず登場するであろうことはみんなが知っている。前に書いたことがあるが、iPad 体験の一番奇妙な部分は、最初に iPad を箱から取り出したときに起きる。

Android has nothing today that competes with the iPad. But we all know Android-based iPad-like tablets are surely coming. As I noted in my iPad review, the oddest part of the iPad experience is what happens when you first take it out of the box:

     *     *     *

まるでティーンエイジャー

「iPad が iPhone に非常によく似ているところは、最初に箱から取り出したときに USB で Mac や PC につないで、iTunes と同期してくれという点だ。ある意味でそれは理解できることだ。USB 同期が iPad に音楽やビデオを取り込み、メールアカウントや(MobileMe を利用していない場合は)住所録、カレンダーなどを移動させる方法だからだ。しかし全体として見ると、これには逆行しているような感じを受ける。iPad はまだ独立しては使えないという印象を与えるからだ。まるでまだ親を必要とする子供みたいに見える。それも小さな子供ではなく、ティーンエイジャーみたいに。ティーンエイジャーそっくりなので、ちゃんと自立できるようになるべきだという感じを受けるのだ。」

“One thing that is very iPhone-like about iPad is that when you first take it out of the box, it wants to be plugged into your Mac or PC via USB and sync with iTunes. In some ways, that’s understandable. USB syncing is how you load your iPad with music and videos and transfer over stuff like your email accounts, and, if you’re not using MobileMe, your contacts and calendars. But, on the whole, it feels retrograde. It creates an impression that the iPad does not stand on its own. It’s a child that still needs a parent. But it’s not a young child. It’s more like a teenager. It’s close. So close that it feels like it ought to be able to stand on its own.”

     *     *     *

ポスト PC 時代とのギャップ

iPhone OS も Android も両方とも、ポスト PC 時代に着々と向かっていることは明らかだ。もちろんここでいう「PC」とは Mac および Windows PC のことだ。モバイルデバイスの中核となる強みはシンプルさにある。しかしそれはまた PC で出来ることすべてが出来るわけではないということでもある。このギャップを埋めるため、iPhone OS デバイスは PC や iTunes や USB に頼る。Android デバイスはクラウドにあるサーバーに頼るのだ。

It’s obvious that iPhone OS and Android devices are paving the way to a post-PC future, where by “PC” I mean both Mac and Windows machines. The simplicity of these mobile devices is their core strength, but it also means that they can’t do everything a PC can. iPhone OS devices rely upon a PC, iTunes, and USB syncing to manage this gap. Android devices rely upon servers in the cloud.

     *     *     *

クラウドの知識がないアップル

PC に頼るということは、まさにその事によって「ポスト PC」とは言えない。アップルにとってのチャレンジは、これまで一度もクラウドでやれるという専門的知識を示したことがないことだ。同期やバックアップ、システムアップデートをワイヤレスで(over-the-air)やるためには、「たまたまそうなった」[?]という以上のことが必要なのだ。

Relying upon a PC is ipso facto not “post-PC”, and the challenge for Apple is that they’ve never demonstrated the sort of expertise needed to do this via the cloud. Over-the-air syncing, backup, and system updates need to be something that “just happens”.

     *     *     *

Gruber 所感のポイントは、Google I/O をアップル、グーグル2大陣営が激突する全面戦争の始まりと捉え、両者の進む方向の違いをあぶり出したところだろう。

この後に続くマイクロソフトがなぜ敗者になったかという部分も大変おもしろいので、ぜひとも併せてお読みください。

同じような視点に立った MG Siegler[TechCrunch]の I/O 所感もたいへんおもしろい。

TechCrunch: “Google, Apple, Jacob, And The Man In Black” by MG Siegler: 21 May 2010

専門家/レポーターに求められる資質とは、複雑な事象の本質を見抜き、個々人の個性に合った手法で解き明かすということか・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

Older Posts »