Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘iPod touch’ Category

airplay_menu_original.jpg

[AirPlay menu…]

さっそく AirPlay のビデオサポートを試してみた John Gruber が、AirPlay はまだ不完全だといっている。

Daring Fireball: “Video Support for AirPlay Is Limited in iOS 4.2” by John Gruber: 22 November 2010

     *     *     *

見れるアプリは限られている

AirPlay は Apple TV のキラーフィーチャーだ。しかし今のところ「キラーフィーチャーになるだろう」とまだ未来形でいう方がよさそうだ。今日の様々な iOS デバイス用のソフトウェアアップデートをインストールしてみたが、唯一ビデオが見れたのは iPod の内蔵アプリ、すなわち iPad/iPod Touch に内蔵されている「Video」と YouTube だけだった。他のアプリでは AirPlay はオーディオオンリーだ。

AirPlay is the killer feature for Apple TV. But perhaps we’d better keep that in the future tense for now: it’s going to be the killer feature for Apple TV. After installing today’s various software updates for iOS devices, the only apps I’ve seen where AirPlay works for video are the built-in iPod app (a.k.a. “Video” on the iPad and iPod Touch) and YouTube. In other apps, AirPlay is audio-only.

     *     *     *

iPhone で撮ったビデオはダメ

一番明白な欠点は、AirPlay が iPhone で撮影したビデオには使えないことだ。それって iPhone のウリだろう? iPhone でビデオを撮って、AirPlay 経由でテレビの大画面に映して家族や友人と一緒に見る。同期も不要、ドックも不要、ファイルの移動も不要、プレイボタンを押すだけでいいハズだった。しかし iOS 4.2.1 ではうまくいかないのだ。静止写真なら Photos アプリで見れる。しかし iPhone の iMovie アプリからビデオを AirPlay しようとしてもそれもできないのだ。(オーディオだけなら AirPlay でちゃんとできる。)

The most obvious shortcoming: You can’t use AirPlay to play videos shot on your iPhone. That’s an obvious feature, right? Shoot a video on your iPhone, then play it back for family and friends on your big TV via AirPlay. No syncing, no docking, no moving files around. Just hit play. But it doesn’t work in iOS 4.2.1 — even though you can use AirPlay to show still photos from the Photos app. I can’t get AirPlay video to work from Apple’s iMovie app for the iPhone, either. (Audio over AirPlay works just fine.)

     *     *     *

圧縮の問題?

そこで今夜この問題を Twitter で尋ねてみた。どうやらもっともらしい説は、帯域のエンコードから生じる問題ではないかというものだ。iTunes からレンタルした HD 映画は 5 Mbit/s のビットレートでエンコードされるようだ。一方 iPhone 4 で撮影したビデオは 10-11 Mbit/s でエンコードされる。iPhone にはそれ以上圧縮する能力がないようだ。だから iPhone で撮影したビデオは iTunes からダウンロードしたものとか、あるいはコンピュータ上で iPhone や Apple TV に最適化したフォーマットに変換したものよりサイズが「大きくなる」というわけ。だから、その説に従えば、 iPhone ではストリーミングできる適当なサイズのビットレートに圧縮できないので、 iPhone で撮ったビデオを AirPlay がサポートできないのかもしれないということになる。

I asked about this on Twitter tonight, and one reasonable theory was that it was a problem with encoding bandwidth. HD movies rented or bought from iTunes tend to be encoded with bitrates of about 5 Mbit/s. Video clips shot on the iPhone 4 have bitrates of about 10-11 Mbit/s — the iPhone doesn’t have the processing power to compress movies tighter than that. But that means video shot on your iPhone is “bigger” than video downloaded from iTunes, or video converted on your computer to a format optimized for devices like the iPhone and Apple TV. So, the theory goes, maybe AirPlay doesn’t support video clips shot on your iPhone because they’re not compressed well enough to stream at a reasonable rate.

     *     *     *

それも違う

しかしどうやらそれも当たっていないようだ。iPhone で撮ったビデオをマックにインポートして、iTunes に入れてから iPhone へ同期し直してやると、その同じビデオが iPhone の「iPod」アプリないしは iPad/iPod Touch の「Video」アプリで AirPlay を使って見ることができるのだ。iTunes がそれぞれのデバイスに同期し直したとき再度圧縮したとは考えにくい。同じビデオがあるアプリ(iPad/Video)では AirPlay でストリーミングできるのに、他のアプリ(Photos)ではストリーミングできないのだ。

But that doesn’t seem to be the case. If you take a video shot on your iPhone, import it to your Mac, then put that clip in iTunes and sync it back to iPhone, you can then play that same video file over AirPlay using the “iPod” (on iPhone) or “Video” (on iPad/iPod Touch) app. I do not believe that iTunes re-compresses video when syncing it to your device. The same video streams over AirPlay from one app (iPad/Video), but not another (Photos).

モバイル Safari でも AirPlay ビデオストリーミングは出来ない。Safari でビデオを再生している最中に AirPlay ボタンをタップしても、オーディオのオプションしか出てこない。

AirPlay video streaming also doesn’t work from Mobile Safari. Tap the AirPlay button while playing a video in Safari and the options are all audio-only.

     *     *     *

考えられること

これから考えられることは、アップルとしては11月までに iOS 4.2 を出荷したかったのだけれど( とくに iPad について)、いくつかの機能はゴールまで達することができなかったのではないかということだ。広く流布した AirPlay のビデオサポートもそのひとつだったのかもしれない。したがって将来 iOS がアップデートされるときには AirPlay ビデオももっと多くの場で可能になるのだと思う。

So my best guess is that Apple really wanted to ship iOS 4.2 in November — especially for the sake of the iPad — and some features didn’t make the cut. Widespread AirPlay video support, I suspect is one of those things — and that we’ll see a lot more places where AirPlay works for video in future iOS updates.

     *     *     *

AirPlay はまだいくつかハードルを越えなければならないということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

airplay_in_action.jpg

AirPlay in Action

なんの前触れもなく iOS 4.2 がリリースされた。プレスリリースを見ると、クリスマスシーズンに間に合わせるのがどうやら最優先課題だったようだ。

Apple [Press Release]: “Apple’s iOS 4.2 Available Today for iPad, iPhone & iPod touch”: 22 November 2010

     *     *     *

アップルのプレスリリース

「iOS 4.2 によって iPad はまったく新しい製品に変身する。クリスマスシーズンにもやっと間に合った」と Steve Jobs は語る。「iOS 4.2 によってまたもや iPad は多くのタブレットが到達しようとするゴールを再定義する。そこに到達できるものは、あるとしてもごく僅かだ。」

“iOS 4.2 makes the iPad a completely new product, just in time for the holiday season,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “Once again, the iPad with iOS 4.2 will define the target that other tablets will aspire to, but very few, if any, will ever be able to hit.”

     *     *     *

Macworld 誌は iOS 4.2 のすばらしい機能を10リストアップしているが、AirPlay については次のように述べている。

Macworld: “iOS 4.2: Ten great features”: 23 November 2010

AirTunes 機能を iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したもの

ドックとケーブルはもやは過去のものとなった。AirPlay があれば、Apple TV その他多数のホームシアターコンポーネントを備えた互換機能を持つデバイスに、iPhone や iPod touch、iPad から、簡単に音楽やビデオ、写真などをワイヤレスにストリーミングすることが可能になる。AirPlay は、オーディオを AirPort Express にストリーミングするこれまでの AirTunes 機能を、iOS およびサードパーティのハードウェアに拡大したものが中核になっている。AirPlay によってアップルはメディアを自宅や友人宅で楽しむレベルを引き上げたのだ。それだけではない。その戦略的な重要性に注目すべきだ。iOS デバイスと連携できる製品を作ろうとしているサードパーティにとってさらに連携すべき技術的理由が増えたことになる。iOS 4.2 出荷の数か月も前から家電業界は AirPlay をサポートすると発表している。

Cables and docks are so passé. With AirPlay, the iPhone, iPod touch, and iPad can wirelessly stream music, video, and photos directly to compatible devices, including the new Apple TV and an increasing array of home theater entertainment components. At its core, AirPlay is Apple’s old AirTunes feature for streaming audio to the AirPort Express expanded to iOS and third-party hardware. With AirPlay, Apple raises the bar for enjoying your media around the house or at a friend’s, but it’s also worth noting the strategic importance of the technology: it provides yet another technological hook for third parties looking to build products to work with iOS devices. Consumer electronics companies announced support for AirPlay months before iOS 4.2 was ready to ship.—DC

     *     *     *

John Gruber は AirPlay と VoiceOver の2つが最重要とみる。

Daring Fireball: “Apple TV 4.1 Software Update: AirPlay and VoiceOver” by John Gruber: 22 November 2010

AirPlay

2つの新しい機能。ひとつは AirPlay。AirPlay は Apple TV 2 にとってい真に重要なキーフィーチャーだ。初代 Apple TV はスタンドアローンの 200〜300 ドルもするデバイスで、テレビにとっては iPod 程度の役割だった。ところが新しい Apple TV は iPhone や iPad のための 99 ドルの周辺機器になるというわけ。iOS デバイスからテレビにビデオを流すにはどうすればいいのかって? すでに Apple TV をお持ちなら、プレイボタンを押すだけでいいのさ。

Two big new features. AirPlay is really the key feature in Apple TV 2. The original Apple TV was a standalone $200-300 device; more or less an iPod for your TV. The new Apple TV is a $99 peripheral for your iPhone and iPad. How do you get video from your iOS device to your TV? If you have an Apple TV, just hit play.

VoiceOver

もうひとつの VoiceOver についていうと、こんなレベルのアクセシビリティーを備えたホームシアターシステムが他にあるだろうか?

As for VoiceOver, does any other home theater system offer this level of accessibility?

     *     *     *

バックグラウンドで動く AirPlay

AirPlay in Action – Apple]

iOS 4.2 – AirPlay Demo – YouTube]

アップルの AirPlay デモビデオから、John Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “Apple’s Video Demo of AirPlay in Action” by John Gruber: 22 November 2010

究極のウリ

AirPlay のキラーフィーチャー[Killer feature:究極のウリ]、それはバックグラウンドで動くということだ。だから iPhone や iPad から Apple TV にビデオをストリーミングしながら、iPhone/iPad でウェブブラウジングすることもできる。もちろん iPhone/iPad のディスプレイをその間消しておくこともできる。

Killer feature: it works in the background, so you can use your iPhone or iPad to browse the web or check email or whatever while the video continues to stream from it to your Apple TV. Or you can just turn the iPhone/iPad display off.

     *     *     *

さあ、楽しみだ。

実際にアップグレードしたひとの話をはやく聞きたい・・・

★ →[ビデオを見る:Apple]

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

multitasking.jpg

[iOS 4.2 for iPad]

iOS 4.2 の発表についてどうやら確定版らしき情報がはいってきた。

MacStories: “iTunes 10.1 and OS X 10.6.5 Coming Tomorrow, iOS 4.2 On Friday at 10 AM PST” by Federico Viticci: 09 November 2010

     *     *     *

iOS 4.2 は11月12日、 iTunes/Mac OS X は明日発表

AT&T の内部情報筋(単数)が MacStories に語ったところによると、アップルは iPhone、iPod、iPad のメジャーアップデート iOS 4.2 を11月12日金曜日[米太平洋時間午前10時]に発表するという。そのほか iTunes および Mac OS X も明日には発表されるという。これでiTunes はバージョン 10.10.0(今後は iTunes 10.1 と呼ばれる)に、Mac OS X はお待ちかねのバージョン 10.6.5 になる。

An inside source at AT&T told MacStories that Apple is planning to release iOS 4.2, a major OS update for iPhones, iPods and iPads, on Friday November 12th at 10 AM PST. We also learned that updates to iTunes and Mac OS X will be released sometime tomorrow — iTunes will be reaching version 10.10.0 (simply called iTunes 10.1) and Mac OS X will jump to the long-awaited 10.6.5 version.

     *     *     *

数時間前に認証段階を終えたばかり

iOS 4.2 は今日出るという大方の予想だったが、iOS 4.2 の AirPlay 機能は iTunes 10.1 に、AirPrint 機能は Mac OS X 10.6.5 にそれぞれ依存している。われわれの情報筋によれば、10.6.5 は数時間前に認証段階を終えたばかりということだ。iTunes は3週間前、多分ベータ2がデベロッパにシードされた時点で完成していたと思われる。

Many users expected iOS 4.2 to be available today: iOS 4.2, however, depends on iTunes 10.1 and Mac OS X 10.6.5 for its AirPlay and AirPrint functionalities, respectively. According to our source, 10.6.5 completed the certification stage a few hours ago and iTunes was ready 3 weeks ago — likely after the release of beta 2 to developers.

     *     *     *

ドイツの iFun がスクープ

詳しくはまた追記するが、9to5mac が報じたように、先週ドイツのブログ iFun が11月12日金曜日にはアップルが iPhone キャリアにアップデートさせるだろうという話をスクープしたばかりだ。

We will keep you posted as we find out more. As noted by 9to5mac, German blog iFun discovered last week that Apple will push iPhone carrier updates on Friday, November 12th.

     *     *     *

徹底的なテスト

追記:また新しい情報がはいった。我々の情報筋によれば、AT&T スタッフは徹底的なテストを行なうことを求められている。AT&T のネットワークを利用するすべてのアップルのモバイルデバイスが予定どおりちゃんと稼働すること、新しい製品が利用することになる環境でマックがきちんと稼働することのテストだ。

Update: We’ve got some more details to share. According to our source, AT&T staff is required to thoroughly test all Apple mobile devices that are intended to use their networks and test them in their intended environments that include using Macs with versions Apple deems necessary to properly fulfill new test products.

     *     *     *

日本語に関するバグフィックス

また同じ情報筋によれば、iOS 4.2 は先週火曜日に発表されるはずだったが、日本語を正しく表記できないバグが発見されたのでバグフィックスを余儀なくされたという。iOS 4.2 GM は当初10月26日に発表される予定だった。

As for iOS 4.2, our source reports that it was actually due last Tuesday but a bug was found that did not display Japanese characters properly and forced Apple to fix it. The iOS 4.2 GM was supposed to be released on October 26th.

     *     *     *

iOS 4.2 の発表もいよいよ秒読み段階・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Room At The Top-1

iPod touch 3G 内部の空白部分

NY タイムズのインタビューは大きな注目を浴たが、さっそく Fortune が真っ向から反論している。

Fortune [Apple 2.0]: “Did Steve Jobs spin the NY Times?” by Philip Elmer-DeWitt: 11 September 2009

     *     *     *

信じ難い

これ[Jobs の説明]はまったく真実ではないと、アップルの意思決定に詳しい匿名の情報筋を引用して AppleInsider の Kasper Jade はいう。「アップルの創設者がダメージコントロールをしていることは理解するが、なかなか信じ難いことだ」と。

But according to AppleInsider’s Kasper Jade, citing unnamed sources familiar with Apple’s decision making process, that’s simple not true.  “While AppleInsider appreciates the company co-founder’s play at damage control,” writes Jade, “it’s a tough sell.”

     *     *     *

当初計画では・・・

「新 iPod touch は当初計画ではナノと同じく iPhone と同種類のカメラを搭載する計画だった、と事情に詳しいソースはいっている。だいぶ前に工作機械が据え付けられ、スペックも発表されていた。」

“Like the nano,” writes Jade, “people familiar with the matter maintain that initial plans for the new iPod touch called for a camera akin to the iPhone’s. Manufacturing tooling was prepped and specifications issued some time ago.”

     *     *     *

幹部も承認

タッチにカメラを追加することによるコスト増については、事前に・・・数年前とはいわないものの数か月前には・・・徹底的なコスト分析がなされ、少なくとも2ダースほどのアップル幹部の承認を得ていたていたはずだと Jade はいう。

Jade notes that an extensive analysis of the cost of adding a camera to the touch would have been done months — if not years — in advance and submitted for approval to roughly two dozen members of Apple’s top brass.

     *     *     *

カメラセンサーの問題浮上

「事情に詳しいソースの話では、最新のタッチにビデオカメラを搭載する件については昨年幹部がゴーサインを出した」という。しかし今週初めに AppleInsider が報じたように、年度当初アップルに納入されたサードパーティ製のカメラセンサーに問題があることが分った。

“According to those familiar with situation,” Jade reports, “management gave the green light to equip the latest-gen touches with cams last year. But problems, as AppleInsider reported earlier in the week, began to crop up with the third party camera sensors Apple took receipt of earlier this year.

     *     *     *

最高幹部の決定

「水曜日に至る複数の過程で品質保証のそれなりの結果は出せたものの、カメラそのものをタッチから外すという最高幹部の意思決定はひと月前になされていたと、別の事情に詳しいソースもは話している。」

“After several passes through quality assurance were met with less than stellar results in the time leading up to Wednesday’s event, an executive decision was made a month ago to pull the cameras from the touches altogether, others familiar with the situation say.” (link)

     *     *     *

以上のように AppleInsider の記事を全面的に引用して NY タイムズの記事を否定したあと、つぎのように結論する。

     *     *     *

部品が悪かったためだ

いいかえれば、今週発表された iPod touch がカメラを搭載しなかったのは、コストやマーケティング上の配慮ではなく、部品が悪かったためだ。

In other words, it was a bad part, not cost or marketing considerations, that kept the camera off the iPod touches introduced this week.

     *     *     *

いつカメラを搭載してもおかしくない

アップルとしては the funnest iPod[iPod touch]にカメラを搭載させる方針は変えておらず、新しい機能を備えた iPod touch がいつ登場してもおかしくない、と Jade はいう。

According to Jade, Apple is still committed to equipping the funnest iPod with a camera, and new devices with the added capability could arrive unexpectedly at any time.

     *     *     *

NY タイムズの話を否定するのに、ウワサ系とみなされている AppleInsider を全面的に引用しているところがおもしろい。

いかにも具体的な内容といい、複数の情報ソースといい、信憑性が高いと踏んだのだろう。

いまや AppleInsider もウワサ系から一歩抜け出して、マックジャーナリズムの主流になった感がある。

     *     *     *

バラシを見ても・・・

さらには iFixit がナノに引き続きタッチについてもバラシを敢行している。

iFixit: “iPod touch 3rd Generation Teardown“: 11 September 2009

新 iPod touch の内部に存在するカラッポのスペース[冒頭画像参照]も、上記 Fortune(したがって AppleInsider)の主張を裏付けているように思われる。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

Applemediaevent Sept9 Stevejobs
今回のイベントでは何が出るか・・・

いつも驚異的な的中率を示す John Gruber だが、今回はいささか様子が異なるようだ。

Daring Fireball: “It’s Only Rock and Roll Event Prelude” by John Gruber: 08 September 2009

     *     *     *

秘密主義マシン

誰かさんが例の件から戻って以来アップルの秘密主義マシンは全開になったというのがもっぱらのウワサだ。事実もそれを証明している。明日の「It’s Only Rock and Roll」イベントについて漏れてくる話がほとんどないのだ。

The word is that Apple’s “secrecy machine” has been kicked back into high gear ever since you-know-who returned from you-know-what. Anecdotal evidence backs that up: I’ve heard very little about tomorrow’s “It’s Only Rock and Roll” event.

     *     *     *

みんな知っている

自分の知っていることはみんなが知っていることと同じだ。新しい iPod が出るだろうということだけだ。2001 年以来毎年9月になると新しい iPod が音楽がらみのスペシャルイベントで発表されているから誰でも知っている。

What I do know is what everyone knows: there are going to be new iPods. Everyone knows this because there’ve been new iPods announced at special music events just like this one every September since 2001.

     *     *     *

今度の iPod は・・・

iPod でいちばん重要な Touch はカメラを搭載することとなる。プロセッサスピードや RAM も iPhone 3GS に匹敵するものになるだろう。3つのモデルがあって、それぞれ 16/32/64 GB モデルが 199/299/399 ドルだ。iPhone OS は iPod ブランドの未来となる。Nano もカメラを搭載する。Classic はまだなくならない。容量を 120 から 160GB に増やして値段は 249 ドルに据え置かれるだろう。

The most important iPod, the Touch, is getting a camera, and I believe will match the iPhone 3GS on processor speed and RAM. Three sizes: 16/32/64 GB for $199/299/399. iPhone OS is the future of the “iPod” brand. The Nano is getting a camera. The Classic isn’t going away just yet — I think they’ll bump the capacity from 120 to 160 GB and keep the price at $249.

     *     *     *

確かなことは以上だ。しかし他にも興味深い点が多々ある。

That’s about it for the sure thing bets. There’s a lot more I’m interested in, though.

Steve Jobs について

彼にステージに出てほしいと思う。しかし私のカンではそれはないと思う。Jobs はアップルのスポークスマンなのだ。もし出なければ、なぜ出ないかとプレスが書き立てるだろう。もし出たとしても、一年前と同じように痩せてみえるかもしれない。どちらにしても大変だ。

STEVE JOBS — I hope he’s up on stage doing his thing, but my gut still says no, that he’s done as the company’s spokesman. If he’s not there, how much of the press coverage will revolve around speculation as to why he isn’t? Or, what if he is there, but looks just as gaunt as he did a year ago? It’s going to be one or the other, folks.

     *     *     *

以下省略するが、Nano、Shuffle、iTunes 9、Cocktail に関する彼の考察はたいへん興味深い。予想は別としても一読に値する。

どうやら今回はアップル内の信頼すべき情報筋は沈黙を守っているようだ・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *

追加(9月9日)

上で省略した部分も明日の発表を理解するうえで参考になると思われるので追加した。

     *     *     *

iTunes 9 について

iTunes 9 についてのリークやウワサはいわゆるソーシャルネットワーキング機能が中心になっている。しかし自分にとっては、マックバージョンが 32 ビット Carbon アプリのままだろうかという、より深遠な点に興味がある。常識的にはイエスだろう。まだローレベルのフレームワークを書き換える時期ではないと考えるからだ。しかし未来が 64 ビットにあり、64 ビットへの唯一の道は Cocoa であり、いずれそうなるということは誰にも分っている。

ITUNES 9 — The rumors and leaks regarding iTunes 9 have revolved around purported social networking features. What I’m interested in is more esoteric: is the Mac version still a 32-bit Carbon app? Common sense says yes, but that’s because common sense says it’s never a good time for a low-level framework rewrite. But the writing is on the wall: the future is 64-bit, and the only path to 64-bit is Cocoa, so eventually, it has to happen.

アップルにとって iTunes が風変わりなアヒルであるのは iTunes がマックだけのソフトではないからだ。ウインドウズの iTunes ユーザーの数ははるかに多い。にもかかわらずウインドウズのための 64 ビット Cocoa ランタイムは存在しない。私の持論はこうだ。いずれ iTunes は WebKit を使って UI を書き替えるだろう、と。iTunes がウェブブラウザになるといっているのではない。UI そのものが WebKit ビューになるだろうといっているのだ。WebKit はクロスプラットフォーム的な存在であり、未来のためのものだからだ。

What makes iTunes such an odd duck for Apple is that it’s not just a Mac app — there are far more iTunes users on Windows, and but there is no 64-bit Cocoa runtime for Windows. So here’s my pet theory: at some point iTunes will be rewritten using WebKit to render the UI. I’m not saying iTunes will become a web browser — just that the UI itself will be a WebKit view. WebKit is cross-platform and built for the future.

     *     *     *

Cocktail について

Cocktail といえば WebKit の話もある。Cocktail はウワサになっているマルチメディアのための「アルバム」フォーマットで、アップルが明日発表しようとしているものだ。単に曲を集めたコレクションのためだけではない新しい「コレクション」フォーマットを作るものだ。かかるプラットフォームは何をベースにすべきか。Mac OS X、Windows、iPhone OS、Apple TV(ソフトウェアアップデートが必要だが)などで再生するためのフォーマットであり、2010 年に予定されている新しいタブレットで使うフォーマットでもあるのだ。デベロッパが知悉している HTML、CSS、JavaScript などをベースとするものであれば尚更いいだろう。

COCKTAIL — And speaking of WebKit, there’s Cocktail, the much-rumored new multimedia “album” format that Apple is expected to debut tomorrow. The idea is to create a new “collection” format that is more than just a collection of songs. What platform could this be based on that would support playback on Mac OS X, Windows, iPhone OS, Apple TV (with a software update), and even, say, a new tablet platform scheduled for early 2010? Oh, and it would help if it were based on technologies like HTML, CSS, and JavaScript that developers are already familiar with.

それは明らかに WebKit だ。

Obviously: WebKit.

したがって私の考えでは、Cocktail は次世代のダッシュボードみたいなものになると思う。

So my guess is that Cocktail is going to be like a sort of next-generation Dashboard.

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Applechip

なにやらアップルで新しい動きがあるようだ。

Forbes: “Apple’s New Era” by Brian Caulfield: 28 April 2009

     *     *     *

アップルの新時代?

アップルの新時代が始まるのか。Steve Jobs の時代を特徴づけるのはソフトウェアだ。果たしてそれが変わりつつあるのか?

The Jobs era has been defined by software. Is that changing?

アップルはなにやら大きなものに取り組んでいる。Steve Jobs & カンパニーが取り組んでいるものが何なのか、それを正確に知るには早すぎる。しかし取り組んでいるのは誰なのか、それを知るのはむずかしくない。結局のところそれがより重要かもしれないのだ。

Apple is working on something big. But it’s too soon to know what, exactly, Steve Jobs & Co. are doing. But it is not too early to know who is doing it. And that, ultimately, may be more important.

     *     *     *

ソフトウェア・グル

Steve Jobs が NeXT からアップルへ連れてきたのはソフトウェアピープルだった。アップルを次なる再生へ大きく方向転換させたのは彼らだった。

That’s because it was the software people Jobs brought with him to Apple from his start-up, Next, who have helped make Apple’s turnaround into a lasting renaissance.

1997 年に Jobs がアップルに復帰したとき、アップルの OS はどうしようもない状態だった。Jobs は時間を稼ぎをするため時代遅れとなったアップルのハードウェアをすぐさま一新した。その間 NeXT から連れてきたソフトウェア・グルたちにアップルの次なる目玉(next big thing)に取りかからせたのだ。それが 2001 年に発表された OS X だ。

When Jobs rejoined Apple in 1997, the computer company’s operating system was a mess. To buy time, Jobs moved fast to update the company’s dowdy hardware. Meanwhile, Jobs put the software gurus from Next to work on Apple’s next big thing: OS X, introduced in 2001.

     *     *     *

インテルへの移行

アップルのハードウェアデザインは長い間際立った存在だった。しかし 2005 年にインテルプロセッサを採用したことにより、アップルのコンピュータは PC とほとんど同じものになった。デルやヒューレットパッカードの名で売られているものと同じく、マイクロソフトの Windows ソフトを動かせるマシンとなったのだ。

Of course, Apple’s hardware designs have long been distinctive. But with the adoption of Intel processors, announced in 2005, Apple’s computers have become so much like PCs that they can run Microsoft’s Windows software as well as anything sold by Dell or Hewlett-Packard.

アップルを特別の存在とし、ハイエンド PC の中でも中心的位置に置いたのはハードウェアではなく OS X だった。そして次なる目玉のスマートフォンで圧倒的成功を収めさせたのも OS X だった。

Instead it has been OS X that has set Apple apart, putting it at the center of the high-end personal computer business and giving it a shot at dominating the next big thing: smart phones.

     *     *     *

NeXT から来たトリオ

この動きを率いたのは Avads “Avie” Tevanian、Bertrand Serlet、Scott Forstall といった NeXT から来たベテラン3人組だった。このトリオが、Unix をベースとする NeXT OS のすばらしい安定性とネットワーキングの優秀性を大衆市場にもたらしたのだ。

That effort was defined by Next veterans such as Avads “Avie” Tevanian, Bertrand Serlet and Scott Forstall. The trio brought the stability and networking smarts of Next’s Unix-based operating system to the mass market.

Tevanian は 2006 年に引退したが、Serlet はソフトウェアエンジニアリングの上級副社長として今も残っており、一方 Forstall は iPhone ソフトウェアの開発を率いている。

While Tevanian retired from Apple in 2006, Serlet remains as senior vice president of software engineering. Forstall, meanwhile, leads the development of the firm’s iPhone software.

     *     *     *

独自のチップ開発

さらにアップルは、アップル製品の重要な一部であるチップについても他と異なった特色あるものにしようとている。アップルの iPhone は大変よく売れたが、しかしそれは英国の ARM が Samsung にライセンスしたプロセッサデザインをベースとしている。このため大手エレクトロニクス企業が iPhone の性能をマネるのは比較的容易だ。

Now Apple is looking for ways to make another fundamental piece of its products more distinctive: its chips. While Apple’s iPhone, for example, has sold well, it relies on processors based on designs licensed from the UK’s ARM to Samsung, making it relatively easy for the electronics giant to ape the iPhone’s capabilities.

     *     *     *

PA Semi の買収

しかしこのような状況は長くは続かない。まず昨年の動きが最初だった。アップルは 2 億 7800 万ドルのキャッシュでチップ設計会社 PA Semi を買収した。これによってアップルは、マイクロプロセッサ設計のベテラン Dan Dobberpuhl と、プロセッサの能力を絞り出すことに長けたチップ設計チームを獲得したのだ。

That situation won’t last long, however. The first move came last year, when Apple purchased chip designer PA Semi for $278 million in cash, obtaining the services veteran microprocessor designer Dan Dobberpuhl and a team of chip designers who specialize in wringing power out of processors.

     *     *     *

IBM Papermaster

次の動きは Papermaster を IBM から力づくでもぎ取ったことだ。チップデザイナーからサーバーブレードのボスとなった Papermaster は今週からアップルの仕事を始める。iPod および iPhone のハードウェアグループを率いるのだ。

The next move came when Apple wrestled Mark Papermaster away from IBM. The chip designer turned blade server honcho will go to work at Apple this week, where he will lead the group in charge of the company’s iPod and iPhone hardware.

     *     *     *

グラフィックチップの第一人者も

最後にアップルは Advanced Micro Device の CTO でグラフィックスチップの第一人者 Bob Drebin も雇った。彼は任天堂 GameCube のグラフィックスプロセッサのデザイナーでもある。Drebin は Silicon Graphics のチーフエンジニアをしたことがあり、Pixar で働いたこともある。

Finally, Apple has hired graphics chip guru Bob Drebin, former chief technology officer of Advanced Micro Device’s graphics products group and designer of the Nintendo GameCube’s graphics processor. Drebin has also worked as chief engineer at Silicon Graphics and was an employee at Pixar.

     *     *     *

アップルの新しい時代

いったいこれはどういうことなのか、さまざまな推測で溢れている。しかしプロセッサ設計の新しい3人組がアップルでの輝きを増すことは、アップルがゲームコンソールや電話など安価で強力なデバイス用チップの設計経験を重視していることを示している。さらに Steve Jobs は昨年ニューヨークタイムズにこう語っている。「PA Semi では iPhone や iPod のためシステム・オン・チップ(system-on-chip)を作るのだ」と。

So what does it mean? Speculation abounds. It is not speculation, however, to note that the resumes of the trio of processor designers Apple has beamed aboard is heavy on experience building chips for powerful, low-cost devices such as game consoles and phones. And then there are Steve Jobs’ words: “PA Semi is going to do system-on-chips for iPhones and iPods,” Jobs told The New York Times last year.

推測なぞする必要はないのだ。いずれアップルが iPhone や iPod の内部に及ぶデザインにまで着手し、ハードウェアやソフトウェアをまったく新しい地平に導くことになるのは明らかだ。

So why speculate. Sooner or later, Apple is going to start designing more of the iPhone and iPod’s innards itself, taking its hardware, and software, in a radical new direction.

     *     *     *

アップルはまたソフトからハードへ回帰するのか・・・

原文を見る:Original Text

     *     *     *
[参考]

アップルの半導体設計チーム:

・Forbes: “Apple’s New Era” by Brian Caulfield: 28 April 2009
・WSJ [Digits]: “What Does Apple’s Steve Jobs Want With All Those Chip Guys?” by Yukari Iwatani Kane: 29 April 2009
・WSJ: “In Major Shift, Apple Builds Its Own Team to Design Chips” by Yukari Iwatani Kane and Don Clark: 30 April 2009
・NIKKEI NET(日経ネット): “アップル、独自の半導体設計のため自社チームを構築“: 30 April 2009
・Reuters: “米アップル、半導体開発に向け人材を確保─関係筋=WSJ“: 30 April 2009
・AppleInsider: “Apple’s proprietary iPhone chips may not surface till next year” by Katie Marsal: 30 April 2009
・Register: “Apple setting up chip division for next-gen iPhones?” by Bill Ray: 30 April 2009
・Gizmodo: “Apple Assembles Chip Design Team, Plans Custom iPhone Guts” by John Herrman: 30 April 2009
・CrunchGear: “Apple looking into building its own chips” by John Biggs: 30 April 2009
・Mac Rumors: “Reasons Behind Apple’s Strategic Shift Into Chip Design” by Arnold Kim: 30 April 2009

AMD ボブ・ドレビン:

・Silicon Alley Insider: “Apple Hires Chip Guru (AAPL, AMD)” by Dan Frommer: 27 April 2009
・AllThingsD: “What’s Apple Building in There?” by John Paczkowski: 27 April 2009
・Macsimum News: “Former AMD/ATI chief technology officer joins Apple” by Dennis Sellers: 27 April 2009

AMD ラジャ・コドゥリ:

・Inquirer: “Raja Koduri at Apple” by Charlie Demerjian: 29 April 2009
・maclalala:annex: “アップルがハードウェアのドリームチームを編成中?“: 30 April 2009
・AppleInsider: “Apple reportedly adding more graphics chip experts to team” by Katie Marsal: 29 April 2009

IBM ペーパーマスター:

・CNET: “Apple’s Mark Papermaster finally ready for work” by Tom Krazit: 27 April 2009
・CNET Japan: “IBM幹部のペーパーマスター氏、ようやくアップル入社未来のiPhoneiPodを開発へ“: 28 April 2009
・CNET: “Apple plots course for middle of mobile” by Tom Krazit: 29 April 2009

Technorati Tags: , , , , , , , , ,

Read Full Post »

Older Posts »