Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘iPhone’ Category

20150218k0000m020028000p_size6

ドコモ:加藤社長が攻勢宣言「16年3月期は増収増益」 | 毎日新聞

スマホを他社で使えないよう設定する「SIMロック」の無料解除が5月から原則義務化される。ドコモはこれまで有料で米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」端末の解除に応じており、「年10万件の利用のうち大半が海外で現地のSIMを差し込んで使いたいという要望だった」とし、大きな混乱はないとみる。また、これまで対象外としてきた米アップルのiPhone(アイフォーン)の解除に関しても「前向きに考える」と述べた。

NTTドコモ社長がiPhoneのSIMロック解除を「前向きに考える」と言及も義務なのでは?? | IT Strike

広告

Read Full Post »

[Romance in NYC | YouTube

15分の短編映画が iPhone 6 だけで撮影された

Tristan Pope の『Romance in NYC』だ。(撮影の舞台裏はこちら。個人的には使われているギアに興味がある。)

しかも資金集めは Kickstarter のクラウドファンディング(crowd funding)に頼っている。

サンダンス映画祭で iPhone 5S で撮影された映画『Tangerine』が話題になったのもつい先日のことだった。

劇場スクリーンで上映できる映画を iPhone で撮影できるのだから驚きだ。

まだインディーズだけだとしても、膨大な費用を投じる大作主義のハリウッドにも新しい波が押しよせるか・・・

Read Full Post »

apple-china-tim-cook

[驚異的な中国マーケットの伸び:Quartz

中国のスマートフォン市場における iPhone の驚異的な伸びについて、Adam Pasick の分析がよくまとまっているように思える。

How Apple sold more phones than anyone in China—even at twice the price | Quartz

     *     *     *

6位からトップへ

Canalys によれば、大型化した iPhone 6 と iPhone 6 Plus のおかげで、中国本土のスマートフォン市場におけるアップルのランキングは昨年の6位から今年はトップに躍り出た。[昨年の上位5社は Huawei、Lenovo、Samsung、Xiaomi、Yulong]

     *     *     *

さらに差が開いた実売価格

それでも中国における昨年の iPhone 実売価格(ASP)はライバルのほぼ2倍だったが、第4四半期にはさらに 50 ドル高い 681 ドルになった。6月時点での Huawei および Xiaomi の実売価格はそれぞれ 155.30 ドル と 159.60 ドルだった。

     *     *     *

それでも倍増した iPhone の売上げ

出荷台数の増加と割り増し価格(premium pricing)によって中国におけるアップルの売上げは倍増した。これは iPhone に対する中国消費者の需要がまだまだ大きいことを示すものだ。ではいったい何故そうなったのだろうか?

     *     *     *

消費者が望むものを与えた

Giving consumers what they want

iPhone の大型化を長い間拒んできたアップルもついに折れて、大きな賭けに出た。そしてその賭けは大きく報われたのだ。大型の電話を好む中国の消費者は、ライバルの Samsung や Xiaomi より新しい iPhone に殺到した。

Apple long resisted larger iPhones that couldn’t easily be gripped in the hand or spanned by an outstretched thumb. But Apple finally gave in—and the bet paid off, big time. Chinese consumers, who have long preferred bigger phones, flocked to the new iPhones, with many choosing them over rival offerings from Samsung and Xiaomi.

     *     *     *

販売チャンネルを増やした

Super-premium retail

アップルのブランドイメージを高めるためにはシックなアップルストアの存在が必須だ。中国の旧正月を盛り上げるためアップルは新たに5店舗のアップルストアをオープンした。今後2年で40店舗に倍増する計画だ。そのための秘密兵器がアップルリテール部門のトップ Angela Ahrendts だ。前職のバーバリーで中国リテールの体験をたっぷり積んできた。

Apple’s chic retail stores have been crucial in creating the brand’s high-end aura. The company is opening five new stores on the mainland in the run-up to the Chinese New Year’s prime shopping season next month; it plans to double its retail footprint, to 40 stores, within the next two years. The not-so-secret weapon here is Apple retail chief Angela Ahrendts, who has a wealth of China retail experience from her former job running Burberry.

先週 Ahrendts は国営「新华日报」のインタビューで、「中国の需要に世界レベルのサービスで応えること」が彼女にとって最大のチャレンジだと述べた。そのため、米国で選抜したアップルストアのスタッフを中国へ送り込むと語ったという。

Ahrendts gave a rare interview last week to China’s state-run Xinhua Daily, saying that her biggest challenge is “keeping up with demand while providing the same global customer service standards.” To that end, she is reportedly offering to move select US Apple store staff to China.

     *     *     *

チャイナ・モバイルとの契約締結

A China Mobile deal

China Mobile[中国移动通信、チャイナ・モバイル]とアップルの契約交渉がなぜ長期にわたったのかはナゾだが、両社の契約が締結されたことのメリットは明白だ。アップル躍進の最大の要因として同社の高速 LTE データ通信の展開があることは Canalys も認めている。

It’s a mystery why it took so long for Apple to sign up the biggest mobile carrier in China, and thus the world, but now that it’s finally inked a deal with China Mobile, the benefits are obvious. Canalys credited the deal, along with the carrier’s rollout of high-speed LTE mobile data connections, as a primary driver behind Apple’s sales growth.

     *     *     *

中国政府との良好な関係

Keeping Beijing happy

中国で営業するすべての外国企業と同じく、アップルにとっても中国共産党政府の黙認は中国展開の前提になる。しかし必ずしも政府と良好な関係を保ってきたわけではない。反消費者的とされるビジネス慣行を国営メディアは激しく非難した。またアップルが中国ユーザーの機密情報を収集しているのではないか、さらには米国情報機関に情報を提供しているのではないかという懸念を政府当局は示している。

Like all foreign businesses in China, Apple can only operate with the acquiescence of the ruling Chinese Communist Party. And the relationship has not always been a happy one: state-owned media have railed against allegedly anti-consumer business practices, and government regulators have raised concerns that Apple may be gathering sensitive information about its Chinese users—or, even worse, sharing information with US intelligence agencies.

このような疑念を抱く当局をなだめるため、アップルは中国官憲に対しネットワークやハードウェアに対するアクセスを許す「セキュリティーチェック」を認めようとしていると、中国のメディアは報じている。(本件に対するコメントをアップルは拒否している。) このような動きは中国に対し国内・国外での盗聴や監視を可能にする内部情報を与える可能性がある。しかしアップルに何十億ドルも転がり込むことを考えると、これは中国で商売するための必要コストということかもしれない。

Apple seems to be taking steps to placate Susanpicious regulators, according to Chinese media reports, by agreeing to allow “security checks” that will give Chinese officials access to its networks and hardware. (Apple has declined to comment on the matter.) Such a move could potentially give China inside knowledge that would enable its own snooping and surveillance at home and abroad—but with Apple’s many billions rolling in, that may just be the cost of doing business in China.

     *     *     *

中国マーケットを正確に理解するには、iPhone の躍進を可能にした要因をひとつひとつ分析していく必要がある・・・

Read Full Post »

q1-2015-revenue-pie-6c

[アイフォン株式会社:Six Colors

アップルは「アイフォン株式会社(iPhone Inc.)」だと Jason Snell はいう。

Product distortion field | Six Colors


     *     *     *

アップルの平均的顧客は iPhone ユーザー

アップルの史上最高の業績をみると、Mac と iPad を合わせても iPhone に及ばないことが分かる。

すべての iPhone ユーザーが必ずしも Mac を所有しているわけではないことを考えると、アップルの平均的顧客はいまや iPhone ユーザーだといえるだろう。

     *     *     *

アイフォン株式会社(iPhone Inc.)

過去2年間を振り返るとアップルの企業収益の半分以上は iPhone が叩き出していることが分かる。直近の四半期ではそれが3分の2にも達する。アップルは急速に「アイフォン株式会社(iPhone Inc.)」になっているのだ。本体はスマートフォンメーカーで、ついでにその他諸々のデバイスも作っている会社に・・・

For the last two years, the iPhone has provided more than half of Apple’s corporate revenue, and in the most recent quarter it was more than two-thirds of the revenue. Apple is rapidly becoming iPhone Inc., maker of smartphones and… various other devices.

     *     *     *

戦略的意思決定にも影響

iPhone ビジネスが大成功を収めたおかげで、そのことがアップル全体としての意思決定に影響を及ぼすようになっている。

iPhone のもたらす収益の度合いがあまりにも大きすぎるため、どうしても最大の収益源が最優先されざるを得ない。

iPhone の記録的成功がアップルの戦略そのものに影響しはじめているのだ。

     *     *     *

iPhone アクセサリーとしての Apple Watch

例えば Apple Watch だ。確かにこれは新しいカテゴリーの製品だが、同時にまたこれは iPhone アクセサリーでもある。しかも何億人もの iPhone ユーザーにとって Apple Watch は唯一の時計アクセサリーだ。初代モデルは少なくともそういうことだ。

Apple Watch をヒットさせるには多数いる iPhone ユーザーを満足させればいい。iPhone マーケットが巨大なので Apple Watch のために新しい顧客層を開拓しなくても済むからだ。だからアップルは多大の時間と労力を Apple Watch に投じることができるのだ。

Android ユーザーにも利用できるようになるとは思えない。そんなことがあるとしても、それは何年もずっと先のことだろう。

     *     *     *

アップルを理解するには・・・

iPhone の成功が余りに大きすぎたためそれがアップルの意思決定に影響を与えている。

新たなカテゴリーの製品であれ、既存の製品であれ、アップルがやっていることを理解するには次のチャートを念頭におくだけで十分だ・・・

category2-q1-2015-6c

[アップルの製品別売上の推移:Six Colors

     *     *     *

たしかに Jason Snell のいうとおり「アイフォン株式会社(iPhone Inc.)」と考えると見えてくる部分がたくさんあるような気がする。

Apple Watch も当初はその視点から考えると理解しやすいのかもしれない・・・

Read Full Post »

White House Holiday Decorations

[iPhone 6 で撮影したホワイトハウスのクリスマスデコレーション:TIME

クリスマスになるとホワイトハウスもデコレーションで飾られる。

ホワイトハウスのプロカメラマンが iPhone 6 を使った感想を述べているのが興味深い。

Photographing the White House Christmas Decorations With an iPhone 6 | TIME

     *     *     *

実際に iPhone 6 を使ってみた

ホワイトハウス付き写真家 Brooks Kraft は、今年のクリスマス風景の撮影に iPhone 6 を使ってみた。

White House photographer Brooks Kraft used his iPhone to document this year’s Christmas decorations at the presidential residence

     *     *     *

カラーバランス、手早い撮影

その結果はなかなか良好だった。「各部屋の照明はいろいろで、自然光の部屋もあるが、iPhone 6 はそのままの設定でもカラーバランスが非常にいい。」また Kraft は iPhone 6 では仕事が手早く済むことも気に入った。「iPhone 6 は被写界深度が深いので撮影と移動が素早くできる。部屋から部屋へと次々に案内される今回のような場合は時間が限られているのでぴったりだ。なるべく人影の少ない瞬間を狙うのだが、そんな瞬間は非常に限られているからだ。」

The results, he feels, were good. “There are a lot of mixed lights in these rooms and there’s also [natural] light, and the new iPhones do a really good job of balancing colors right out of the camera. Kraft also likes to shoot with an iPhone because it allows him to work rapidly. “The iPhone has a lot of depth-of-field, which allows me to shoot the [picture] and move around quickly, which worked in this situation because we were sort of ushered through the rooms and didn’t have a lot of time. I wanted to photograph most of the spaces with few people in them, so the window of opportunity in which to shoot was brief.”

     *     *     *

シャッターチャンスを逃さない

さすがに iPhone 6 はデジタル一眼レフカメラ(DSLR)の代わりにはならないという。「iPhone 6 は別のタイプのカメラだと思う。プロの仕事の大部分は DSLR で撮影する。」しかしながら特定の場合には iPhone が役に立つという。「iPhone ではひとびとの反応が違うことに気がついた。気取らないありのままの写真を撮ろうとすると、モバイルデバイスに慣れているせいかみんなが反応する時間が遅い。だからいい写真を撮れるシャッターチャンスが多い。ホワイトハウスの場合は特にそうだ。」

Kraft says the iPhone won’t replace his professional DSLR. “I look at the iPhone as another piece of equipment. But the majority of my professional work is shot on a DSLR.” Nevertheless, the iPhone can help in certain situations. “I notice that people just don’t react the same way [when you’re using an iPhone]. If you are looking to capture something candid, people are so used to seeing mobile devices that their reaction time is slower. You have a better chance of getting the shot, and that was the case at the White House.”

     *     *     *

撮影する際のアドバイス

Brooks Kraft は iPhone 6 で撮影する際のアドバイスとして次のような事項を挙げている。その理由もさすがプロらしい・・・

Brooks Kraft’s five tips for shooting with an iPhone:

1)露出はベストに

1. Make sure you get the best exposure you can when you’re shooting, because it’s pretty hard to correct a bad exposure on the phone. It’s worth taking the extra minute to get it right.

2)フラッシュは使用しない

2. Don’t use the flash. With steady hands, the iPhone is frequently capable of capturing images in low light situations, and the results often look better then with the flash. But in some cases, you don’t have a choice.

3)ズームは使わない

3. Don’t use the zoom function because it’s not an optical zoom. It’s just blowing up the pixels you have.

4)解像度は最大に

4. Pay attention to the image settings of the app you’re using to photograph. Some will downsize your files. I use the native camera app because I’m sure to have a clean, maximum resolution file that I can go back to.

5)撮影後はきちんと整理を

5. Think about what you do with your images once you’ve shot them. There’s a tendency when you’re using a mobile device to let your images sit there instead of organizing them, archiving them or printing them. I really think that when people look back at their visual histories, they [might find big gaps in their archives].

     *     *     *

カメラが理由で iPhone 6/Plus を選んだひとは是非ともご一読あれ・・・

Read Full Post »

11138-3814-141118-iPhone-Dual-Camera-l

[こんなになる?:image

次世代 iPhone カメラについて John Gruber が語ったことについて・・・

Gruber: I’ve heard Apple is working on ‘the biggest camera jump ever’ for the next iPhone | The Tech Block

     *     *     *

iPhone カメラの飛躍的改良

最新のポッドキャスト The Talk Show で John Gruber はこういっている。「小鳥ちゃんの中の小ちゃな小鳥ちゃん」から聞いた話では、アップルは次世代 iPhone のカメラの改良を検討中で「これまでにない飛躍的なカメラの改良」になると。[1:11:00 ごろから]

In the latest episode of The Talk Show, John Gruber mentions that he’s heard “from a birdie of a birdie” that Apple is working on the “biggest camera jump ever” for the next iPhone.

「特に自分が耳にしたのは、来年はカメラが飛躍的な改良を遂げるかもしれないという話だ。それが何を意味するのかはっきりしないが、2つのレンズを備えた変わったシステムで、背面カメラには2つのレンズを使い、画質はデジタル一眼レフカメラ(DSLR)のレベルになると聞いている。」

The specific thing I heard is that next years camera might be the biggest camera jump ever. I don’t even know what sense this makes, but I’ve heard that it’s some kind of weird two-lens system where the back camera uses two lenses and it somehow takes it up into DSLR quality imagery.

     *     *     *

img01

[Exmor RS IMX230 stacked CMOS image sensor:Sony

ソニーの新しいカメラセンサー

Gruber のコメントが興味深く、もしかしたら本当かもしれないと思わせるのは、今日ソニーが発表した新しいスマートフォンカメラセンサーと関係あるからだ。1/2.4 インチという小さなデザインに 21 メガピクセルを組み込むセンサーだ。これまでずっとソニーはアップルの iPhone カメラセンサーのサプライヤーだった。

What makes Gruber’s comments interesting and possibly true is Sony’s announcement today regarding their new smartphone camera sensor that packs 21-megapixels into a small 1/2.4-inch design. Sony has long been Apple’s supplier for the camera sensors that go into the iPhone.

     *     *     *

Screen-Shot-2014-04-01-at-12.21.52-PM-640x464

[A newly granted Apple patent:Ars Technica

交換可能レンズ

もうひとつの興味深い可能性としては交換可能なレンズがある。今年の初めに認可されたアップルの新しい特許によれば、アップルは iPhone の背面カメラにさまざまの小型の単焦点レンズを装着することを検討中であることが分かる。Gruber が「デジタル一眼レフカメラのクオリティ」というのはもしかしてこれと関係があるのではないか? 来年の iPhone が発表されるまではまだまだ時間があるが、iPhone のカメラがもっとよくなると思うとよだれがたれる・・・

This also brings up another interesting possibility: interchangeable lenses. Earlier this year, a newly granted Apple patent suggested Apple was exploring the possibility of attaching various small, fixed focal-length lens to the iPhone’s rear camera. Could this also be part of what Gruber meant when he said “DSLR quality”? We’re quite a ways away from the next iPhone announcement, but the idea of an even better iPhone camera makes us drool.

     *     *     *

2レンズカメラについては Corephotonics が開発したものもあるようだ。

珍しく Gruber 発のウワサだが、来年が “S” の年(大幅なデザイン変更が行なわれる年ではなくスペックアップだけの年)であることを考えると、「カメラの飛躍的改良」は大いにありそうな気がする・・・

Read Full Post »

rogan-phone

iPhone6、触って使って「超絶ガッカリ」 | 東洋経済オンライン

「ガックリ。いよいよアップルの成功哲学が崩壊し始めたのではないか」

「iPhone6 Plusの画面を見ると、まるで“老眼フォン”。(これまでのiPhoneで)見づらい人のために字が大きくなっているだけではないかと」

「チップが速くなったとか、画面が大きくなったとかは、Androidでもできるんですから」

Read Full Post »

Older Posts »