Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘iPad’ Category

Update 2:Lessien の感想》
Update:John Gruber の10月22日イベントに対する感想》

apple-oct-22-ipad-red-380x285

[10月22日火曜日]

アップルの iPad イベントはこれまでのウワサと違って10月22日に開催されることが明らかになった。

アップルイベントを的確に当てる Jim Dalrymple もその旨確認した。

The Loop: “Apple’s rumored Oct 22 iPad event” by Jim Dalrymple: 08 October 2013

     *     *     *

10月22日に開催されるというウワサの iPad イベント

Apple’s rumored Oct 22 iPad event

John Paczkowski の AllThingsD の記事

John Paczkowski at AllThingsD:

アップルの予定に詳しい筋が AllThingsD に語ったところによると、招待者だけが出席できるアップルの次回のイベントは10月22日火曜日に開催されるという。このイベントは最新の iPad ラインにフォーカスしたものになる・・・

People familiar with Apple’s plans tell AllThingsD that the company will hold its next invitation-only event on Tuesday, October 22. The focal point of the gathering will be the latest updates to the company’s iPad line…

イェップ。

Yep.

     *     *     *

John Paczkowski の元の記事は、他にもいろいろなウワサについて触れているが、Dalrymple が「イェップ」のご託宣を出したのは期日と iPad ラインという部分だけだ。

このニュースをきっかけに、またウワサマシンが全開になる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》John Gruber の10月22日イベントに対する感想

John Paczkowski の記事[日本語はこちら]に対する John Gruber の反応が興味深い。

Daring Fireball: “John Paczkowski: Apple Will Hold Fall iPad Event on October 22, iPad Mini Going Retina and Getting A7” by John Gruber: 08 October 2013

     *     *     *

John Paczkowski がアップルの iPad イベントは10月22日開催、iPad mini は Retina 化し A7 になるといっていることについて

John Paczkowski: Apple Will Hold Fall iPad Event on October 22, iPad Mini Going Retina and Getting A7

John Paczkowski いわく:

John Paczkowski:

第5世代の iPad は iPad mini と同じようなより薄く、より軽いデザインになり、カメラももっとよくなるものと思われる。アップルの新しい 64-bit A7 チップを搭載するだろう。第2世代の iPad mini は Retina ディスプレイにアップグレードされ、A7 を搭載するだろう。これらの新しい iPad が、最近 iPhone 5S で登場したばかりの Touch ID 指紋認証センサーを搭載するかどうかは不明だ。もっぱらそんなウワサではあるけれど・・・

The fifth-generation iPad is expected to feature a thinner, lighter design akin to the iPad mini’s, and an improved camera. It will run Apple’s new 64-bit A7 chip. The second-generation iPad mini will be upgraded with a retina display and also see the A7 incorporated into its innards. It’s not clear whether Apple’s new iPads will feature the Touch ID fingerprint sensor that recently debuted on the iPhone 5s, though that has been rumored.

     *     *     *

10月22日の火曜日は当然だ

昨年の発表スケジュールとも合致するので、開催日は当然そうだろう。アップルは規則性を守る会社だ。昨年の iPhone および iPad のイベントがそれぞれ9月11日と10月23日の火曜日に別々に行なわれたのなら、今年は9月10日の火曜日に iPhone イベントが行なわれたのだから、iPad イベントは当然10月22日の火曜日になるハズだ。昨年のイベント以来 iPad のラインアップが更新されていないことを考えても、iPad イベントがないなんてとても考えられない。

The date seemed rather obvious, given that it coincides with last year’s announcement schedule. Apple is a company of patterns; if they held separate iPhone and iPad events on Tuesdays 11 September and 23 October last year, then held an iPhone event on Tuesday 10 September this year, it was pretty obvious Tuesday 22 October would be the date for the iPad event this year. And given that they haven’t refreshed the iPad lineup since last year’s event, it was even more unlikely that there would be no iPad event.

     *     *     *

果たして iPad mini は A7 になるか

Paczkowski の記事でオモシロいのは、iPad mini が Retina 化し A7 を搭載するという点だ。現在の Mini が搭載しているのは A5 だが、Paczkowski が正しければ完全に一世代省略されることになる。アップルが今年の Mini をどうするつもりか自分にはまったく情報はないが、一般の観察者として考えても、これは異常なことではないかと思う。

Interesting to me is Paczkowski’s reporting that the iPad Mini is going retina and getting the A7. The current Mini is running the A5, so if Paczkowski is right, the Mini is going to skip an entire generation. I know nothing about Apple’s plans for the Mini this year, but simply as an observer, I find that unusual.

     *     *     *

予想のポイントはいろいろあってオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》Lessien の感想

いつもピリっとしたコメントをする Lessien が、10月22日の iPad イベントについて次のようにツィートしている。

     *     *     *

Lessien ‏@Lessien 1時間前

10月22日はマイクロソフトの Surface 2 の発売開始日でもある。むごいわよ、ティム、とてもムゴいわ。

October 22 also marks the first day of retail availability for Surface 2. Cruel, Tim, cruel. http://allthingsd.com/20131008/apple-will-hold-fall-ipad-event-on-october-22/

     *     *     *

そうかマイクロソフト Surface 2 の発売日にぶっつけたか・・・

Read Full Post »

BestBuy_clearance_prices

[BestBuy’s clearance prices:image

なんかそれらしい感じになってきた。

Wal-Mart、Best Buy、MacMall などが一斉に旧モデルの価格を値下げしているそうだ・・・

Fortune Tech: “iPad price cuts: A signal Apple is about to release new ones” by Philip Elmer-DeWitt: 04 April 2013

     *     *     *

半年近くたった現行モデル

アップルが iPad mini とフルサイズの iPad の新モデルを発表してから 163 日経った。これは — みんなが重宝している MacRumors の Buyer’s Guide によれば — タブレットの通常の更新サイクルの約半分だという。

FORTUNE — It’s only been 163 days since Apple (AAPL) introduced the iPad mini and updated its full-size iPad line — roughly half the tablet’s usual 311-day product cycle according to MacRumors’ invaluable Buyer’s Guide.

このガイドはいつアップル製品を買えばいいかアドバイスしてくれるものだが、iPad mini については「アップデートされた新製品を今すぐ買いなさい」というアドバイスのままだ。

In fact the guide, which advises readers when it’s safe to buy an Apple product, still has a “Buy Now! Product just updated” recommendation on the iPad mini.

     *     *     *

小売りチェーンの一斉値下げ

しかしこれも近々改められることになりそうだ。Wal-Mart、Best Buy、および MacMall では水曜日に一斉にクリアランスセールを開始した。第3世代 iPad および現世代の iPad mini をどれも約 30% 値下げするものだ。これってアップルが新旧モデルの交代を図ろうとしているってことじゃないの?

That’s likely to be revised soon. On Wednesday, Wal-Mart (WMT), Best Buy (BBY) and MacMall initiated clearance sales, reducing their 3rd-generation iPad and current iPad mini prices roughly 30% across the board — a pretty good sign that Apple is about to replace the old models with new ones.

     *     *     *

半年サイクル?

アップルは製品サイクルを6か月に短縮しようとしているのだろうか?

Could Apple be moving toward a 6-month product release schedule?

そうかもしれないが、もしそうなら iPhone は先月出たことになる。アップル部内からは準備が整い次第出荷するという答えしか返ってこない。それまではないワケだ。

That may be where it’s headed, although if that were true of the iPhone, we would have seen a new one last month. The only thing we hear from inside Apple is that the company releases products when they’re ready to ship. And not before.

     *     *     *

Rene Ritchie の予想は「iPad 5 と iPad mini 2 は4月発表」ということだった。

つい最近のギークたちの情報交換は次のようなもの。

・Rene Ritchie — 準備が整えば4月に 9.7 インチ iPad のイベント
・Matthew Panzarino — 4月に iPad
・John Gruber — イベントのウワサは聞いていないが、ミニ風のフルサイズ iPad(new Mini-style full-size iPad)はあると思う

さて、どうなる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[新 iPad を発表する Tim Cook]

新しい iPad をライバルの目を通して見たらどうなるか・・・Farhad Manjoo の論考が刺激的だ。

Slate Magazine: “The iPad Is Unbeatable” by Farhad Manjoo: 08 March 2012

     *     *     *

アップルの必殺パンチ

アナタが大きなテクノロジー企業(アップルとは別)の CEO だとしよう。例えば Steve Ballmer や Michael Dell、Meg Whitman、Larry Page あるいは Paul Otellini の立場にいるとしよう。新しい iPad をアップルの Tim Cook が発表した翌日の今日、アナタはどんな気持ちでいるだろうか。スクリーンと携帯アクセスがよくなっただけで、ピカピカの同じタブレットが多少よくなったに過ぎないと無視しているだろうか。それとも昨夜は輾転反側(てんてんはんそく)眠れぬ夜を過ごしただろうか。新しいデバイスという必殺パンチによってアップルの地位がさらに強化され、ウェブブラウザ登場以来の最大かつ最も破壊的な新技術マーケットの紛うかた無きリーダーとしてその地位がさらに強化されることを心配して。それとも眠りの最後はもっとヒドいものだったろうか。混乱と恐れで — iPad により完全にノッピキならない状態に追い込まれ、しかもそれに抗(あらが)う術(すべ)もないという混乱と恐れに身がすくんでしまって・・・。

Imagine you run a large technology company not named Apple. Let’s say you’re Steve Ballmer, Michael Dell, Meg Whitman, Larry Page, or Intel’s Paul Otellini. How are you feeling today, a day after Apple CEO Tim Cook unveiled the new iPad? Are you discounting the device as just an incremental improvement, the same shiny tablet with a better screen and faster cellular access? Or is it possible you had trouble sleeping last night? Did you toss and turn, worrying that Apple’s new device represents a potential knockout punch, a move that will cement its place as the undisputed leader of the biggest, most disruptive new tech market since the advent of the Web browser? Maybe your last few hours have been even worse than that. Perhaps you’re now with confusion, fearful that you might be completely boxed in by the iPad—that there seems no good way to beat it.

     *     *     *

怖れよ

もしアナタがそんな CEO だとしたら、アナタが怖れることを、アナタのために切に望む次第だ。

For your sake, my hypothetical CEO friend, I hope you’re frightened.

     *     *     *

Manjoo は2つのシナリオを提示する。ひとつは iPhone の場合のようにライバルにも生き残る道が残されるケース。もうひとつは iPod の場合のようにライバルが払拭されてしまうケース。

タブレットは後者のケースであり、ライバルにチャンスはないと彼は結論する。タブレットなんて一時の流行に過ぎない(tablet-as-fad scenario)という「希望的」観測にもキビシい見方をする。

結びのことば。「だから言ったように、怖れるべきなのだ。」(As I said: Be very afraid.)

Manjoo の論考はその論点を含めて一読に値すると思う。

[via Daring Fireball, The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


コンピュータにつながないと使えない iPad

破竹の勢いを誇る iPad だが、「ポスト PC」を謳いながらどうしても母艦としてのコンピュータから切り離せない部分がある。

John Gruber が興味深い考察をしている。「iPad をコンピュータにつなぐコードは切れないのか」と。

Daring Fireball: “Cutting That Cord” by John Gruber: 15 April 2011

     *     *     *

クラウドではひと世代遅れている?

先月 iPad 2 の発表イベントがあった際に、 Josh Topolsky[その後 Engadget を辞めた]と話をしたが、彼が興味深い指摘をした。iPad 2 は(ハード的にもソフト的にも)デバイスという面ではライバルよりひと世代先をいっているが、クラウドという面になるとひと世代遅れているのではないか・・・iPad 2 はそういうことを端的に示しているのではないか、と。

After Apple’s iPad 2 introduction event last month, I ran into Josh Topolsky, and, of course, we talked about what we thought of it. Topolsky made an interesting observation: that the iPad 2 epitomized how Apple seems to be a generation ahead of its competitors on the device side — both hardware and software — but a generation behind on the cloud side.

     *     *     *

まさに iOS がそうだ

以来その点について考え続けてきた。そしてそれは iOS の現況そのものではないかと思い至った。どのライバルといえども、エレガンス、バッテリー、製造品質のいずれにおいても iPad 2 に匹敵するものを今年出すとは思えない。ユーザー体験という意味においても、iOS に勝る OS はないと思われる。

I’ve been thinking about the iPad in this context ever since, and I think it’s a perfect synopsis of the state of iOS. There will be no tablet this year from any competitor that matches the iPad 2 in terms of elegance, battery life, or build quality. No competing OS will match iOS in terms of on-the-device user experience.

     *     *     *

ライバルは PC を必要としない

しかし iPad のライバルのタブレットは、デスクトップ PC につなぐ必要がほとんどないか、まったくその必要がない。この点では RIM の PlayBook ですら一歩進んでいるといえる。出荷時点では PlayBook は独立のデバイスではない。メールや住所録、カレンダー、メッセージなどは BlackBerry(電話)につなぐ(tethered)ことが必要だ。それでも PC は必要ないのだ。

But most iPad competitors have little-to-no reliance on a connection to a desktop PC, the way an iPad does. Even RIM’s PlayBook is, in some sense, ahead in this regard. The PlayBook, as it is going to ship, is not a standalone device. It requires a tethered BlackBerry phone in order to do email, contacts, calendaring, or messaging — but it doesn’t require a PC.

     *     *     *

この点に関するいくつかの議論を踏まえて、Gruber はつぎの4つが iPhone、iPad、iPod Touch などの iOS デバイスが母艦としての Mac/PC を必要とする場合だという。

母艦が必要となる場合

1)デバイスのアクティベーション(device activation)
2)iOS のアップデート(software updates)
3)デバイスのバックアップおよびデータ復元(device backup/restore)
4)データの取り込み・移動(getting data onto your device)

・Michael Gartenberg: “‘Post-PC’ does not mean ‘Sans-PC’
・C.K. Sample: “Dear Apple: You’re Not ‘Post-PC’ Until You Cut the Cord
・Paul Hontz: “If iPads Are ‘Post-Pc Devices’ Why Must I Sync With iTunes Before I Can Use One?

     *     *     *

それぞれ別個の問題

これらの問題は、「デスクトップ iTunes につながなければ同期できないコンピュータへの依存はなくすべきだ」という単一の問題と考えるべきではなく、それぞれ別個の4つの問題と考えるべきだ。

I think it’s worth considering these as discrete problems, rather than thinking about this as a single “Apple should eliminate the dependency on tethered syncing to desktop iTunes” issue.

     *     *     *

Apple TV 2 の場合

Apple TV 2 は一歩進んでいる。iOS デバイスでありながら(コンピュータからは)独立しているのだ。箱から取り出し、電源コードをつなぎ、電源を入れて、iTunes Store の認証を入力すれば・・・それで終わりだ。ただし Apple TV 2 にはコンテンツを保存できない。ストリーミングするだけだ。だから最初に音楽やビデオといったコンテンツを同期する必要がないし、コンテンツをバックアップする必要もない。万が一 Apple TV がおシャカになってもデータを失うことはないのだ。

Apple TV 2 shows the way forward. It’s an iOS device that works independently. Take it out of the box, plug it in, turn it on, enter your iTunes Store credentials — done. But Apple TV 2 doesn’t store content; it only does streaming. And because it only does streaming, there’s no initial sync for music or video, and there’s no need for anything to be backed up. If your Apple TV goes belly-up, you don’t lose any data.

したがって iOS デバイスを iTunes が動いている母艦としての Mac ないしは Windows PC につなぐ必要があるとされる4つの理由のうち、Apple TV は2つに対処するだけで済む。デバイスのアクティベーションとソフトウェアのアップデードの2つだ。

So of the four reasons why other iOS devices require tethering to iTunes running on a Mac or Windows PC, Apple TV only tackles — and admittedly only needs to tackle — two of them: device activation and software updates.

     *     *     *

同じことができない理由はない

この2つの「デスクトップ iTunes」への依存に関しては、いずれアップルは iPhone や iPad についてもなくすることになるだろうと考える。もし Apple TV がアクティベーションもソフトウェアアップデートもできるのなら、iPhone や iPad で同じことができない理由はない。技術的に簡単に解決できるといっているのではない。マイクロソフトが Windows Phone 7 デバイスのアップデートで遭遇した問題を考えれば明らかだ。しかし、ともかく技術的に可能ではあるのだ。

I suspect those are the first two desktop iTunes dependencies that Apple will eliminate for iPhones and iPads. If Apple TV can activate itself and update its own software, there’s no reason iPhones and iPads couldn’t do the same. I’m not saying it’s an easy technical problem to solve — see, for example, the problems Microsoft has had with updates to Windows Phone 7 devices — but clearly, it’s technically feasible.

     *     *     *

容量がない場合はどうする

デバイス上に自由に使えるストレージスペースがない場合はどうするかという明らかな問題がある。その場合は、アップデーターは一部のスペースを開放するか、あるいは Mac や PC の iTunes につなぐ古いやり方でソフトウェアアップデートを行なうよう指示することになるだろう。もう一点、iPhone や iPad でワイヤレスなソフトウェアアップデートが可能になったとき、それでもアップルはコンピュータにつなぐやり方を好ましいアップデート方式とするだろうかという問題。これはそれほハッキリした問題ではない。なぜなら iTunes はアップデートをインストールする前にデバイスのバックアップを行なう。コンピュータに同期したことのない iPad は、一度もバックアップしたことのない iPad というわけだ。

One obvious problem: what to do if there isn’t enough free storage space on the device? Perhaps, in that case, the updater would suggest either freeing up some space or plugging the device into iTunes on a Mac or PC to update the software the old-fashioned way. A less obvious problem: even if/when over-the-air software updates are enabled for iPhones and iPads, should Apple still present tethered-to-a-computer updating as the preferred update mechanism? The reason: iTunes backs up the device before installing the update. An iPad that’s never been synced to a computer is an iPad that’s never been backed up.

     *     *     *

PC を必要とするデバイスをどうして「ポスト PC」デバイスといえるか

これは大切な点だ。なぜならワイヤレスなバックアップやコンテンツの同期はすぐ実現するとは考えられないからだ。ワイヤレスネットワークはまだ十分な速さを備えていない。Mac や PC で動く iTunes にローカルネットワークで Wi-Fi 同期(Wi-Fi syncing)させる話をしているのではない。それならいずれ実現するだろう。しかし「PC を必要とするデバイスがどうして『ポスト PC』デバイスといえるだろうか」という問題を解決することにはならない。iPad には USB ケーブルが必要だという類いの話ではない。そもそもなぜ PC が必要かという話なのだ。

That’s important, because I don’t think over-the-air backups or media syncing are coming soon. Wireless networking just isn’t fast enough. I’m not talking about Wi-Fi syncing over a local network to iTunes running on your Mac or PC — that may well be coming soon, but it wouldn’t solve the “how can these devices be ‘post-PC’ if they require a PC?” problem. We’re not talking about why the iPad needs a USB cable; we’re talking about why it needs a PC, period.

     *     *     *

アップルが踏み出す第一歩

アップルの「クラウド」対応は十分でない、あるいは関心を持っていないと非難されることがある。しかしそれは正確ではない。物事をひとつずつ解決してはいるのだ。音楽、映画、テレビ番組、そしてアプリなどの大部分については、iOS ユーザーが iPhone や iPad で直接に購入する段階になっている。これは Mac/PC の iTunes をハブとして必要としなくなる方向へアップルが踏み出した第一歩なのだ。

Apple gets a rap for being bad at, or simply not caring about, “the cloud”, but that’s not accurate. It’s just that they’re moving things there one piece at a time. It’s already the case that a large amount of songs, movies, TV shows — and especially apps — are purchased from the iTunes Store by iOS users directly from their iPhones and iPads. That’s the first step Apple took away from iTunes (on the Mac/PC) as a required hub.

     *     *     *

一歩一歩ずつ

だから私はこう考える。iPad や iPhone が iTunes の動く PC との接続を一気に断つということはないだろうと。それは一歩一歩の歩み(incremental)であり、最初は新品のデバイスのアクティベーションとソフトウェアアップデートから始まるのだ。そうなった時点で PC がなくても iPad/iPhone が使えるようになる。まだ大量の音楽・ビデオライブラリーを同期する必要があるのであれば、あいかわらず iTunes の動く PC が必要かもしれない。しかし、そもそも大量の音楽・ビデライブラリーを持っているのなら、すでに PC を所有しているハズだから問題はないわけだ。

So I’m thinking the iPad and iPhone won’t drop their connection to iTunes running on a PC in one fell swoop. It’ll be incremental, with new-device activation and software updates coming next. At that point, you’ll be able to use them without owning a PC. If you want to sync large libraries of music and video, you’ll still need a PC running iTunes, but if you have a large music/video library in the first place, you must have a PC already, so that’s not really a problem.

     *     *     *

クラウドへの完璧なバックアップ・復元

32 ないし 64 GB ものデータをクラウドにバックアップし、復元するのはまだ技術上可能ではない。 Wi-Fi 接続の iTunes から HD 映画一枚をダウンロードするだけで数時間かかる。アップロードとなるとダウンロードよりもっと遅くなる。この点では iOS デバイスが Android に遅れを取っているわけではない。Android ではクラウドへの完璧なバックアップや復元はやっていないからだ。(そもそも Android は完璧なバックアップ・復元はやらないのだ。)

It just isn’t technically feasible to have people backing up and restoring 32 or 64 GB of data to the cloud. It can take hours to download a single HD movie from iTunes over a Wi-Fi connection, and upload speeds are far slower than download speeds. iOS devices aren’t behind Android in this regard, because Android doesn’t do complete device backups/restores over the cloud. (Android devices don’t do complete backups/restores, period.)

     *     *     *

少量データのクラウドへの同期

膨大なデータを移動させるにはワイヤレスネットワークはまだ不十分だ。しかし少量データをクラウドで同期させる(cloud-based syncing)という面では、iOS はライバルに立ち遅れている。iPhone や iPad のユーザーは MobileMe を使えばカレンダー、住所録、ブックマークなどを簡単に同期できる。MobileMe はとても信頼性が高いので何年も使っており、私は大好きだ。しかし年間 99 ドルも払うとなると、多くの iOS ユーザーにとって話は別で、彼らのほとんどはカレンダー、住所録、ブックマークのワイヤレス同期を利用していない。現時点では競争力がないというわけ。・・・Android ユーザーならほとんど全部がグーグルアカウントを持ち、新しい端末を買ったらすぐカレンダー、住所録、その他多くのアプリケーションのデータをワイヤレスで同期しているのは間違いないだろう。

Wireless networking just isn’t ready for moving huge chunks of data around. Where iOS devices are behind the curve, competitively, is in cloud-based syncing for small bits of data. iPhone and iPad owners need MobileMe to get no-fuss wireless syncing for calendars, contacts, and bookmarks. I like MobileMe a lot, and it’s been very reliable for me for a few years now. But, at $99/year, it’s not something most iOS users have, and thus, most iOS users don’t get over-the-air syncing of calendars, contacts, and bookmarks. That’s not competitive today. (I’d love to know exactly what percentage of iOS users do use MobileMe.) I’ll bet nearly all Android users have Google accounts, and thus get calendars and contacts and many other bits of application data synced over-the-air a few minutes after they take their phones out of the box.

     *     *     *

ユーザーは待ちかねている

iOS ユーザーの多くは、Mac や Windows で動く iTunes はもはや必要ないとアップルが発表するのを待ちかねている。私が待ちかねているのは、ワイヤレスにカレンダーや住所録、それに App Store のアプリのデータを同期するのに MobileMe に支払わなくても済むことだ。

The announcement many people seem to be waiting for is for Apple to tell iOS users they no longer need iTunes on the Mac or Windows. The announcement I’d like to see is for iOS users to no longer need to pay for MobileMe to wirelessly sync calendars, contacts — and any other small bits of data from apps from the App Store.

     *     *     *

MobileMe の必要がない iBooks

iBooks ではそうなっている。iPad の読書を途中でやめ、iPhone でその続きを読もうとすれば、同じ本の同じページが見れる。Kindle でも、他の電子書籍サービスでもこれは同じだ。iBooks がユニークだとか、ライバルより一歩進んでいるという点が重要なのではない。iBooks には MobileMe が必要ないという点が重要なのだ。すべては iTunes Store で処理される。自分のデバイスで本を買い、同じデバイスでそれを読む。その履歴やブックマークなどのメタデータはクラウドにある iTunes アカウントに同期される。すべてはスムーズだ。ほかのアプリも同じようにできるべきなのだ。Safari のブックマークをワイヤレスに同期するのに年間 99 ドルも払う必要があるだろうか。iOS のゲームデベロッパにとって、自分のゲームでの上達ぶりが同じ iTunes アカウントを使えば、簡単に複数のデバイスでも同期できるようにすべきではないか。App Store のデベロッパは、この種の機能を使うために他のサードパーティの Dropbox などに頼らなくて済むべきではないか。

iBooks does this. If you pause while reading a book on your iPad, then resume reading on your iPhone, it picks up on the same page in the book. Kindle and a bunch of other e-reading services do this too. The point isn’t that iBooks is unique or ahead of the curve in this regard. It’s that you don’t need MobileMe for iBooks. It’s all handled by the iTunes Store itself. You buy books on your device, you read them on your device, and your history, bookmarks and other metadata all get synced to your iTunes account in the cloud. And it works great. But a lot more apps should work like this. Should wireless Safari bookmark syncing cost $99 a year? Shouldn’t it be easy for iOS game developers to sync progress for the same game across multiple devices using the same iTunes account? App Store developers shouldn’t have to rely on another third-party — Dropbox — for this sort of functionality.

     *     *     *

Google Docs なら

iWork ソフトや GarageBand の iPad 版は実にすばらしいアプリだ。これまでになくすばらしいユーザー体験をデザインしたクリエイティブソフトといっていい。しかし、例えば iPad の Keynote で作成したスライドを iMac の Keynote で開こうとすると、これは全くの時代遅れといわざるを得ない。Google Docs には UI 上の華々しさはないかもしれないが、同期するのは目にもつかない(invisible)ほど簡単だ。Google Docs を開きさえすれば、ファイルはそこに見つかる。編集や作成に使ったマシンが何か、いま使っているマシンが何かということは一切関係ない。いつでもそこにあるのだ。それが Google Docs が提供する全体的な体験なのだ。

[…] The iPad versions of the iWork suite and GarageBand are exquisite apps — easily some of the best-designed user experiences for creative software ever made. But the process of getting, say, a slide deck created in Keynote on your iPad open in Keynote on your iMac is downright antediluvian. Google Docs has none of the UI panache, but the syncing is invisible. You just open Google Docs, and there are your files. Doesn’t matter which machine you used to edit or create them, or which machine you’re using now, they’re all just there. That’s part of the overall experience.

     *     *     *

そして・・・

そしてその点でアップルは遅れている。

That’s where Apple is behind.

     *     *     *

徐々に母艦への依存度は減らしていくが、ある日突然すべてがクラウドに移行するわけではないという点が重要だろう。

「雲を掴むような」アップルクラウドや巨大データセンターの話に振り回されないためには、アップルの強みと弱みを十分に理解しておく必要がありそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ipad-mini.jpg

7インチ iPad

Steve Jobs が全面的に否定したにもかかわらず、またぞろ7インチ iPad のウワサが浮上している。

Chris Maxcer の意見がオモシロい。ちょっと視点を変えれば、7インチ iPad が登場する可能性はあるじゃないかというのだ。

MacNewsWorld: “Why Apple Might Be Game for a 7-Inch iPad” by Chris Maxcer: 14 December 2010

     *     *     *

小型 iPad のウワサ

新しいウワサで私がビックリしたのは、小型の iPad をアップルが出すという点だ。iPad mini や iPad nano ではなく(それじゃ iPod touch だ)、7インチサイズという新しい話だ。現行の iPad[9.7 インチ]と iPod touch[3.5 インチ]の中間サイズを計算すれば 6.6 インチになるが、それはどうでもいい。実際のサイズは、ひとつひとつのピクセルの大きさとスクリーン自体の作り方、それにアップルがその形状に収めようとするピクセルの数によって決まる。

What has surprised me, though, is the new rumor that Apple is planning on launching a new, smaller iPad. Not exactly an iPad mini or iPad nano (that would be the iPod touch, no?), but something new in the seven-inch screen size range. The current iPad screen is 9.7 inches, while the iPod touch screen is 3.5 inches on the diagonal. Oh, and in case you like math, the middle screen size between the two would be 6.6 inches — not that it matters exactly, anyway, because the actual size will have more to do with the number of pixels that Apple will want to fit into the form factor, along with the individual pixel size and manufacture of the screen itself.

     *     *     *

7インチでは十分でない

jobsbq.jpg

指だってすり減る・・・

でも Steve Jobs は公の席で小型タブレットをこき下ろしたのではなかったか? そうだ、確かにそうだ。10月の四半期決算発表で Jobs は投資家を前に「来月は雪崩のようにタブレットが登場する」と語った。ちゃんとしたものは少ないが、ほとんどみな7インチスクリーンを採用する、と。「7インチサイズでは偉大なるタブレットアプリを作るには十分ではない」とまでいったのだ。

But didn’t Apple CEO Steve Jobs just publicly bash little tablets? Yes, yes he did. In October on Apple’s quarterly financial report conference call with investors, Jobs took a moment to address an “avalanche of tablets poised to enter the market in the coming months.” He said that while there would only be a few credible entrants, almost all of them use seven-inch screens, and more to the point, a seven-inch screen size “isn’t sufficient to create great tablet apps.”

     *     *     *

中途半端な存在

さらに続けて Jobs は、7インチタブレットは中途半端な存在(tweener)で、スマートフォンに対抗するには大きすぎ、iPad と対抗するには小さすぎると語った。

He went on to say that seven-inch tablets are “tweeners” — too big to compete with a smartphone and too small compete with an iPad.

確かに彼は正しい。

He’s right.

     *     *     *

もっと考えればよかった

初めてこの話を聞いたとき、自分はこう思ったものだ。すべての新聞も雑誌も、すばらしい特別版の書籍も、さらにはウェブブラウジングも、これらはすべて iPad のために作られている。なのに「何故ミニタブレットを欲しがるひとがいるのだろう? 持ち運びには大きすぎるし、かといってちゃんとした仕事には小さすぎる」と考えたものだ。

In fact, when I first heard this, I thought about all the newspapers and magazines and awesome specialized books that are being created for the iPad — not to mention Web browsing — and I thought, “Why would anyone really want a mini-tablet, anyway? They are too bulky to easily carry around and yet far too small for serious work.”

しかし、もっと考えてもよかったのだ。

There’s more to consider, though.

     *     *     *

7インチでも結構大きい

この週末、近くの AT&T ストアでサムスンの Galaxy Tab に触る機会があった。結構大きいことに正直いってビックリした。iPad スクリーンのすばらしさには敵わないが、それでも新しい体験だった。このサイズならEブックの読書にも、カーナビにも、メールをたくさんこなすのにも、そして持ち運びの便利なタスクマネージャとしても、なかなかすばらしいと思った。

Over the weekend, I had a chance to play with a Samsung Galaxy Tab at my local AT&T (NYSE: T) store. Frankly, I was surprised at how large it was. While nowhere near the excellence of the iPad’s screen, it really did represent a new sort of computing experience. The size would be great for reading e-books, using as a dashboard navigation system, and still you could slam your way through a heckuva lot of email, not to mention have a much more portable and useful task manager.

     *     *     *

ウワサが実現するには?

7インチ iPad のウワサはなかなか消えない。アップルがこのサイズの iPad を製造するだろうというものだ。ではそれが現実のものとなるにはいったい何がどうなればいいのだろうか?

OK, say that this rumor actually has legs and that Apple is going to produce a 7-inch form factor iPad. What stars would need to align to let this slip into daylight?

     *     *     *

iPad の名前をやめる

まず「iPad」という名前をやめればいいのだ。そうでなくてもアップルにはすぐ使える「iPod」という名前がある。Jobs はこういえばいいのだ。これはタブレットではない。たとえ iOS で動いてもタブレット体験を提供するものではない、と。「iPod G」と呼べばいいのだ。

First, Apple could forego calling it an “iPad.” Apple has a handy foundational name to use already: iPod. Jobs could say that it’s not a tablet, not meant to offer a tablet experience — even though it runs iOS. He could call it the “iPod G.”

     *     *     *

G はゲームの G

「G」とは何か? もちろん「ゲーム」のことだ。App Store はすばらしいゲームではち切れんばかりだ。毎日のように大人も子供も iOS ゲームのために現ナマをはたいている。巨大なマーケットだ。もし Jobs が小型 iPad を出したいと思えば、そしてなお7インチサイズの競争相手をこき下ろしたいと思えば、ゲームモデルを出せばいいのだ。iPad の名前を使ったってかまわない。iPad G と呼べばいいのだから。彼のマーケティングの才をもってすれば、7インチをめぐる議論なんてカンタンに片付けられるハズだ。

And what would the G stand for? Games, of course. The App Store is busting [sic] at the seams with fantastic games, and consumers (and kids) are shelling out real money everyday for iOS games. It’s a huge market. If Jobs wants to offer up a smaller iPad — and still publicly put down the 7-inch form factor competition — he can do it by offering a gaming model. Heck, he could even use the same iPad name, but call it the iPad G, and with his marketing skills, he can spin the public 7-inch poo-pooing easily enough.

     *     *     *

前言を翻す

もちろん Jobs は自分もアップルも間違っていた、ないしはいささか誤解していたといって小型 iPad を発表することもできる。・・・あるいはまた、アップルの顧客が中間サイズのデバイスを本気で欲しがっているのを知って驚いたといってもいい。滅多にないことだが、Jobs は前にも前言を翻したことがある。そうなっても驚かない。

Of course, Jobs could also announce a small iPad and simply say that he and Apple were wrong or somewhat mistaken … or maybe even surprised to learn that Apple customers really did want a midsize device. Jobs has backpedaled before, but it’s a rare activity. I’m not holding my breath.

     *     *     *

売れること間違いなし

それでも、7インチの iPad だろうと iPod だろうと、ビッグブラザーの iPad より少し値段を安くすれば、売れること間違いなしだ。

But still, a 7-inch iPad or iPod, especially one that’s priced slightly less than the big brother iPad, would certainly sell well.

     *     *     *

そうか、「iPad」とさえ考えなければ7インチもありということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Pete_Cashmore.jpg

Pete Cashmore – Mashable

2010 年、技術世界の風景は iPad によってガラリと変わった、と Mashable の Pete Cashmore はいう。

CNN.com: “How the iPad changed 2010” by Pete Cashmore: 17 December 2010

     *     *     *

世界が変わる

iPad が変えたのはデバイスマーケットだけにとどまらない。出版からウェブデザインに至るまで世界が変わるのをわれわれは目撃している。それも予想もしなかったやり方で・・・

But the iPad has reshaped more than just the device market: From publishing to web design, we’re seeing the iPad change the world in unexpected ways.

     *     *     *

1)トップに躍り出たアップル

アップルをトップの座に押し進めたのが iPad であることはもはや誰の目にも明らかだ。iPad 発売から1か月後の5月に、アップルは世界最大のテクノロジー会社になった。

1. Pushing Apple over the top: It’s no secret that the iPad has accelerated Apple’s rise to the top. In May, the month after the iPad’s release, Apple became the world’s biggest tech company.

未来永劫マイクロソフトの陰にいるかと思われたアップルがレドモンドの巨人を追い抜いたのだ。

Apple, which had seemed perpetually in Microsoft’s shadow, had outrun the Redmond giant.

     *     *     *

2)新しいカテゴリーの誕生

それまで休眠中かと思われたタブレットコンピュータに対する興味にiPad は火をつけた。

2. A new device category: The iPad has also reignited interest in what seemed to be a dormant market for tablet computers.

競合他社も競ってマーケットに参入しようとしている。最も顕著な競争相手はサムスンの Galaxy Tab だ。それでも、アップルがタブレットマーケットの大半を獲得するだろうと eMarketer は予想する。

Apple’s competitors have raced to enter the market, with notable competition coming from the Samsung Galaxy Tab. Even so, Apple will retain the lion’s share of the tablet market, eMarketer predicts.

     *     *     *

3)出版ルネッサンス

iPad が出版界の真の救世主となるかどうかはまだ分からない。しかし、それまで低迷していた雑誌・新聞の再生に iPad が火をつけたことは確かだ。

3. Publishing renaissance: Whether the iPad can truly be print publishing’s savior remains to be seen, but the device has certainly sparked the rebirth of seemingly stagnant magazines and newspapers.

Wired の iPad アプリは、印刷物の持つ触覚的側面をデジタル領域に持ち込んで大きな話題となった。Flipboard のような画期的アプリケーションが登場することによって、ウェブの持つソーシャルな側面と、新聞を手にしたとき夢中に読みふける体験とがひとつになったのだ。

Wired’s iPad app generated a storm of publicity for bringing the tactile nature of print to the digital realm, while groundbreaking applications like Flipboard are combining the social aspects of the web with the truly engaging experience of holding a newspaper.

さらに iPad は、出版社が再びコンテンツから料金を徴収する可能性を与えてくれた。その試みが成功するかどうか、今後 iPad で利用できるコンテンツが増えてもなお続くかどうかは、今のところまだ不明だ。

What’s more, the iPad has enabled publishers to once again charge for content — although it remains to be seen whether this trend persists as more content options become available on the iPad.

     *     *     *

4)変わるウェブデザイン

これは予期せぬ出来事に属する分野だ。Christina Warren[Mashable]によれば、事実 iPad はウェブサイトのデザインを変えつつある。

4. Reshaping web design: Put this one down to the laws of unintended consequences: The iPad is actually changing the way websites are designed, writes Mashable’s Christina Warren

多くの会社が、自らのウェブサイトより iPad アプリの方が使い勝手がいいことに気づくようになった。かくてウェブサイト自体が iPad アプリにマッチするように姿を変えつつある。iPad アプリに最も影響を受けた例は Twitter だ。最近のデザイン変更は同社の iPad アプリから大きな影響を受けている。

A growing number of companies have found that their iPad apps offer better usability than their websites, and so the latter are being molded to match the former. Most notable among these iPad-inspired interfaces: Twitter’s recent redesign borrowed heavily from the company’s iPad app.

     *     *     *

5)App Store の勝利

善かれ悪しかれ、iPad によって App Store モデルが確立した。アプリケーションやコンテンツにモバイルデバイスからアクセスする卓越したモデルとして・・・

5. App store victorious: For better or worse, the iPad has cemented the app store model as the preeminent way to access applications and content on a mobile device.

iPad 自体は、ウェブ中心というよりアプリ中心のデバイスだ。iPhone の小さなスクリーンと遅い接続スピードにとっては、特化したアプリケーションの方が明らかに有益だ。この同じモデルが、主として Wi-Fi ネットワークで使われるスクリーンの大きなデバイスにも当然当てはまるかどうかはまだ分からない。

The iPad is not a web-centric device but rather an app-centric one. Although specialized applications are obviously beneficial on tiny iPhone screens with slow connections, it wasn’t a forgone conclusion that the same model would apply to a device with a larger screen that’s used mainly on Wi-Fi networks.

最終的に消費者は、同一のコンテンツに有料アプリでアクセスするより、無料のウェブサイトにアクセスする方を好むのではないだろうか。然るに目下のところ消費者は、アプリこそモバイル体験の中心だといっている。

After all, wouldn’t consumers rather access free websites than pay for the same content via an app? And yet consumers have spoken: For now, apps are at the center of the mobile experience.

     *     *     *

iPad がもたらした変化を大きな視点からよく捉えているように思われる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

crystal_case_for_ipad_2nd_generation.jpg

Crystal Case for iPad 2nd Generation

ぼつぼつサプライヤー筋から次世代 iPad のケースと称する写真がリークされはじめた。

iLounge: “First iPad 2G case shows rear camera, new curves?” by Charles Starrett: 09 December 2010

     *     *     *

第2世代 iPad のクリスタルケース

中国のメーカー Shenzhen MacTop Electronics が、第2世代 iPad のケースと称するもの[冒頭写真]を明らかにしている。「第2世代 iPad のクリスタルケース」と名付けられたこのケースは第1世代モデルより薄く、背面カーブも異なっている。スピーカー開口部が異常に大きいほか、iPhone や第4世代 iPod touch と同じ上部左側の位置に背面カメラの穴がある。アップルは第2世代 iPad の発表をまだ行なっておらず、その存在すら認めていないが、最近のウワサでは100日以内に発表されるのは間違いないとみられている。

Shenzhen MacTop Electronics, a Chinese manufacturer, is now offering what it claims is a case for the second-generation iPad. Dubbed the “Crystal Case for iPad 2nd Generation,” the case appears to have different, slimmer contours than the first-generation model, with the speaker opening unusually large on the back, and a hole for a rear-facing camera in the upper left-hand corner, similar to its position on the iPhone and fourth-generation iPod touch. Apple has yet to announce or even acknowledge the existence of a second-generation iPad, although recent rumors have pegged the device’s release as coming within the next 100 days.

     *     *     *

大きな切り欠きは何を意味するか

silicone_case_for_ipad2.jpg

Silicone Cases for Next-Generation iPad

アップデート:第2世代 iPad の二つ目のケースが見つかった。 最初のケースと同じ位置にカメラ孔とスピーカー部分の切り欠き(cutout)があるものだ。二つ目の写真に添えられたテキストによれば、新しい SD カードスロットのための切り欠きのようにも思える。切り欠きの異常な大きさと形は、SD カードを現在のスピーカーの上面に置くためのものか、あるいはスピーカーの位置にカードスロットを設け、スピーカーを新 iPad の背面に近い位置に移動させるためのものか、さらには第3の可能性として第1世代 MacBook Air に似たポップアップドアをおくためのものか、いろいろ考えられる。しかしアップルの最近の設計に関する決定を考えれば、このいずれも可能性は少ないように思われる。

Update: Following our initial report, a second case was spotted sporting the same camera hole and expanded speaker-area cutout as the first case; the text accompanying the second image suggests the cutout is for a new SD card slot. The unusual size and shape of the cutout would suggest either the placement of the SD card above the current speaker, realignment of the speaker closer to the new iPad’s back with the card slot in its former place, or potentially a new pop-out door akin to the ports on the first-generation MacBook Air. All three possibilities seem somewhat unlikely in light of recent Apple design decisions.

     *     *     *

アップデート2:iPad の背面カメラがほかの iOS デバイスや他社のタブレットと比較していかなる意味をもつか論じたエントリーはこちら

Update 2: We’ve added an article briefly discussing how a rear iPad camera could work relative to other iOS devices and tablet competitors.

     *     *     *

アップデート2で触れられた記事の結論の部分はつぎのとおり。

iLounge: “How iPad 2G’s Rear Camera Will Probably Work (And Be Magical)” by Jeremy Horwitz: 09 December 2010

背面カメラについての予想

我々の予想はこうだ。目下の一番の可能性としては、iPad の背面カメラはより大きく、広角レンズで、かつ解像度の高いものなるだろうと考えられる。少なくとも二つのうちいずれかは iPhone 4 を超えないまでも匹敵するものにはなるだろう。この結果次のような予想ができると思う。FaceTime やカメラの新しい iPad アプリが登場するだろう。今後いろいろな FaceTime デバイスが登場することを考えると、FaceTime アプリはビデオの読み込み・書き出しにうまく対応したものとなるだろう。カメラアプリについては、Android 対応タブレットがすでに実現しているのよりもっとタブレットにふさわしいプレビュー方法を備えたものとなるだろう。それからまたカメラと iPad の相乗効果(synergy)に焦点を合わせたコマーシャルも出るだろう。真にフォトフレームに適する写真が取れるという点に焦点を合わせたものだ。もしアップルがそんな芸当をやってのければ — それにはちゃんとしたレンズやセンサーやインターフェースが必要だが — 次世代 iPad は直ちに第1世代よりクールでよりソーシャルなデバイスとしての地位を固めるだろう。

Our Predictions. Our best guess at this moment is that the rear camera on the iPad will be bigger, wider-angled, and better in resolution than the one on the iPod touch, with at least one if not two of those factors at least rivaling if not surpassing the iPhone 4. We’d expect new FaceTime and Camera applications for the iPad, the former with a well-considered approach to handling both outgoing and incoming video from the increasing array of FaceTime devices, and the latter with a previewing methodology that makes more sense on tablets than what Android-based rivals have accomplished. And of course, we’re betting that there will be ads that focus on the camera and iPad synergy as creating the first picture frame that actually takes photos worth framing. If Apple pulls off such a feat, which depends on the right lens, sensor, and UI, the next iPad will instantly be even cooler and more social than the first one.

     *     *     *

サプライヤー筋のリークが始まったところをみると、いよいよ次世代 iPad の登場も間近か・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

john_gruber_original.jpg

[John Gruber]

iPhone や iPad のニュースを目にしない日はない。その一方で Mac のニュースがぐんと減ったのは寂しい限りだ。

そのうち Mac は消え去るのだろうか? そんな疑問に対して John Gruber がノーといっている。

Macworld.com: “What’s with the Mac doomsayers?” by John Gruber: 03 December 2010

     *     *     *

Mac 終焉説

「Mac はもう終わりだ」という説がある。iOS こそ未来だ、Mac OS X は過去のものだ、未来のためならアップルはよろこんで過去を捨てるだろうというものだ。

Here’s the short version of the “Mac is doomed” scenario: iOS is the future, Mac OS X is the past, and Apple is strongly inclined to abandon the past in the name of the future.

     *     *     *

恐れ

レガシー技術を嫌うアップルの文化は、真剣さが欠如しているためでもなければ、全社にわたる注意力が欠如しているために生じるのでもない。新しい、ピカピカのものに惹かれるためでもない。それは、恐れ — 過去のお荷物に押しつぶされるかもしれないという恐れなのだ。新しい、まっさらなものを造ろうとする試みが古いものによって足を引っ張られるという恐れだ。

Apple’s cultural aversion to legacy technology isn’t about a lack of seriousness, or a short companywide attention span. It’s not about being attracted only to the new and shiny. It’s about fear—the fear of being weighed down by excess baggage. Fear that old stuff will slow them down in their pursuit of creating brand-new stuff.

     *     *     *

古いもののサポート

これまでそうだった。Mac OS X に移行するため Classic は急速に見捨てられた。PowerPC に対するサポートは最後の PowerPC Mac が製造中止になった3年後に Mac OS X 10.6 から除かれた。64-bit Carbon アプリケーションのプログラミングインターフェイスもなくなった。これらの技術が役に立たなくなったせいではない。そうではなく、サポートを続けることが会社の発展を遅らせるだろうという理由からなのだ。古いもののサポートに時間を使えば、新しいものを作るための時間はなくなるのだ。

So it goes: Classic was abandoned as quickly as possible in the transition to Mac OS X. PowerPC support was dropped in Mac OS X 10.6 three years after the last PowerPC Macs were discontinued. The 64-bit Carbon application programming interface died. It’s not that these technologies were no longer useful. It’s that continuing to support them would have slowed the company down. Time spent supporting the old is time not spent building the new.

     *     *     *

レガシーとは

普通の会社にとって「レガシー」技術とはなんとかして維持したいと考えるものだ。アップルでは、レガシー技術とはなんとかしてやめたいと思うものだ。Mac より iOS の方に明るい未来があるかどうかということが問題なのではない。それは明らかだ。問題は、Mac が「レガシー」になったかどうかということなのだ。Mac は iOS の歩みを遅らせようとしているのか、iOS を押し止めようとしているのだろうか?

At typical companies, “legacy” technology is something you figure out how to carry forward. At Apple, legacy technology is something you figure out how to get rid of. The question isn’t whether iOS has a brighter future than the Mac. There is no doubt: it does. The question is whether the Mac has become “legacy.” Is the Mac slowing iOS down or in any way holding it back?

     *     *     *

足を引っ張ってはいない

そうではないと思う。実際はその反対だ。その一例として、アップルが iOS に移行したとき、Mac OS X 開発に当たる人材を iOS の方に充当して Mac OS X の開発が遅れたことが挙げられる。その逆ではなかった。2007 年にアップルは Mac OS X 10.5 の遅れをはっきりと認めた。オリジナル iPhone の出荷に間に合わせるため、主要なエンジニアリングリソースを投入しなければならなかったというのがアップルの理由だった。

I say no. In fact, quite the opposite. For one thing, Mac OS X development has been slowed by the engineering resources Apple has shifted to iOS, not the other way around. Apple came right out and admitted as much, when Mac OS X 10.5 was delayed back in 2007. The company’s explanation: It had to shift key engineering resources to help the original iPhone ship on time.

     *     *     *

ヘビー対軽快

しかしもっと大きな理由がある。それは Mac の存在そのもの、Mac の引き続く成長こそが、より少ない機能に iOS が特化することを許すということだ。iPad が誇れる最大の点は、より少ない機能に特化したポータブルコンピュータだということだ。より少ないことに特化するが故に、何をやるにしても、よりベターに、よりシンプルに、よりエレガントに出来なければならない。Mac が出来ることすべてを iOS が出来るようになって初めて Mac は舞台から姿を消すことになる。Mac にヘビーな部分(heaviness)があるからこそ、iOS は軽快である(light)ことが出来るのだ。

The bigger reason, though, is that the existence and continuing growth of the Mac allows iOS to get away with doing less. The central conceit of the iPad is that it’s a portable computer that does less—and because it does less, what it does do, it does better, more simply, and more elegantly. Apple can only begin phasing out the Mac if and when iOS expands to allow us to do everything we can do on the Mac. It’s the heaviness of the Mac that allows iOS to remain light.

     *     *     *

Mac OS X が果たすべき役割

iOS にはお荷物がないというのは、まったくお荷物がないのではなく、それを Mac が負担しているということなのだ。長期的に見て、たとえば10年ぐらいで考えると、良いものはすべて最後を迎えることになる。しかし、短期的にみれば、Mac OS X にとっては iOS の世界で果たすべき役割があるのだ。複雑で、リソースを食う仕事を支えるプラットフォームとしての役割だ。

When I say that iOS has no baggage, that’s not because there is no baggage. It’s because the Mac is there to carry it. Long term—say, ten years out—well, all good things must come to an end. But in the short term, Mac OS X has an essential role in an iOS world: serving as the platform for complex, resource-intensive tasks.

     *     *     *

The computer for the rest of us

おかしなことだが、25年前にマックの役割を形容するのに用いられたスローガンが今でも通用する。「その他の我々のためのコンピュータ」(The computer for the rest of us)だ。

The funny thing is, the best slogan to describe the Mac’s role is the same one it started with 25 years ago:

The computer for the rest of us.

     *     *     *

25年前のスローガンが新しい意味で蘇る・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ipadwars.jpg

iPad Wars!

リチャード・ブランソンとルパート・マードックのライバル関係はよく知られている。テレビからついには iPad にまで及ぶ戦いだ。

ルパート・マードックの iPad デジタル新聞が遅れるとのウワサがある一方で、iTunes ストアにはすでにブランソンの iPad マガジン第1号が載っている。

TNW: “Sneak Peak: Richard Branson’s iPad Magazine launches tomorrow” by Courtney Boyd Myers: 29 November 2010

     *     *     *

ブランソンの iPad マガジン

ipad_mag_project.jpg

Project マガジン

億万長者にして企業家のリチャード・ブランソンの iPad マガジン「Project」が明日公刊される。Project のブログからみると、なかなかクールな出来で、デザインやエンターテインメント、技術、起業家などの話題をカバーしている。

Billionaire entrepreneur Sir Richard Branson’s iPad magazine launches tomorrow. Project‘s blog looks pretty cool at first glance, covering topics like design, entertainment, technology and entrepreneurs.

Project は Virgin Digital Publishing が iPad のために特別にデザインしたものだ。第1号はトロンの Jeff Bridges をフィーチャーしている。

Project is designed specifically for the iPad from Virgin Digital Publishing. Their first issue features Jeff Bridges, in anticipation for Tron.

     *     *     *

tokyo_demo.jpg

[第1号には東京の記事も・・・]

PROJECT magazine demo – issue 1 on Vimeo

明日ニューヨークで発表の予定

Richard Branson は明日ニューヨークでマガジンを公式発表する予定。われわれも現場でカバーするほか Branson のインタビューを載せる予定。

Richard Branson will officially launch the magazine tomorrow in New York, and we’ll be there. Check back tomorrow for morning updates and an interview with Sir Richard himself.

     *     *     *

ヨーロッパではニューヨークよりひと足はやく発表が行なわれた。

ブランソン対マードックのライバル戦争は、まずブランソンが一勝を挙げた形だ。

iTunes ストアでは Project マガジンがダウンロードできる状態になっているが、例の購読料自動請求の件はどうなっているのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

News-Corporation-Chairman.jpg

メディア王 Rupert Murdoch

Update:来年までずれ込む?〉

12月にアップルのプレスイベントがあるというウワサの元になった John Gruber の記事がある。

ガーディアン紙のスクープをフォローしたものだが、興味深い視点がいくつもある。

Daring Fireball: “News Corp’s Upcoming iPad App ‘The Daily’ to Pioneer New Recurring Subscription Billing” by John Gruber: 22 November 2010

     *     *     *

すべてはガーディアン紙の記事参考、日本語概要はこちら]から始まった。

ガーディアン紙のスクープ

とうとう秘密が漏れた[注]。アップルがコンテンツの定期講読について自動継続請求のサポートを考えているというのだ。ガーディアン紙の Edward Helmore が昨日報じている。

[注]The cat is out of the bag.:(うっかり)秘密が漏れる、猫を袋に入れて豚だと言って売ろうとしたが猫がとび出てきたとの故事から

So the cat — or at least part of the cat — is out of the bag on Apple’s upcoming support for recurring subscription billing for content. Edward Helmore, reporting for The Guardian yesterday:

iPad 専用デジタル新聞

「米国メディアの報道によると、メディアの巨人 News Corp の Rupert Murdoch とアップルの Steve Jobs は、今月末に新しいデジタル新聞『Daily』を発表すべく準備中だという。」

“Rupert Murdoch, head of the media giant News Corp, and Steve Jobs, the chief executive of Apple, are preparing to unveil a new digital ‘newspaper’ called the Daily at the end of this month, according to reports in the US media.”

「この共同プロジェクトは、数か月来ニューヨークにおいて来秘密裡に開発されており、iPad のようなタブレットコンピュータのためだけにデザインされた世界初の新聞で、来年始めに発表が予定されている。」

“The collaboration, which has been secretly under development in New York for several months, promises to be the world’s first ‘newspaper’ designed exclusively for new tablet-style computers such as Apple’s iPad, with a launch planned for early next year.”

印刷物を超えて

「『タブロイド紙の感性と高級紙の知性を備えたものにする』という計画は、新聞を印刷物の世界を超えたものにしたいという Murdoch の決意を示すものだ。」

“Intended to combine ‘a tabloid sensibility with a broadsheet intelligence’, the publication represents Murdoch’s determination to push the newspaper business beyond the realm of print.”

「報道では、対応する『印刷版』や『ウェブ版』はないという。アップルエンジニアの協力のもとに開発されたこの技術の革新的部分は、iPad ないしは増加しつつある同様なデバイスに対して、出版物を自動的に発送するという点にある。」

“According to reports, there will be no ‘print edition’ or ‘web edition’; the central innovation, developed with assistance from Apple engineers, will be to dispatch the publication automatically to an iPad or any of the growing number of similar devices.”

週 99 セント

「印刷費や配送コストがかからないことから、アメリカ版 Daily は週 99 セントになる予定。」

“With no printing or distribution costs, the US-focused Daily will cost 99 cents (62p) a week.”

     *     *     *

続いて Gruber の12月イベントの予想だ・・・

プレスイベントに Jobs と Murdoch が登場する

ガーディアンの話は、予想期日が少しずれこむことを除けば、私が耳にしていることとおおむね一致する。この話はプレスイベントで発表されるだろうというのが私の理解だ。Steve Jobs と一緒に Murdoch が(多分他の新聞社のお偉方も)ステージに上がるハズだ。この発表は結構大きなものになるだろう。ただ「今月」とはいっても、サンクスギビング(感謝祭)は木曜日だし、だいぶ過ぎてしまったので、来月まではないだろう。

This jibes, mostly, with what I’ve been hearing. The Guardian’s dates are slightly off, though. My understanding is that this initiative is going to launch with a press event, with Murdoch (and perhaps other newspaper and magazine executives) joining Steve Jobs on stage. This is not going to be a quiet launch, to say the least. But “this month” is effectively already over, considering that Thanksgiving is Thursday, so it won’t happen until next month at the earliest.

12月9日ないしは次の週

私が耳にしているのは12月9日だが、当日は木曜日に当たるので、アップルのプレスイベントの期日としてはいささか異例だ。12月9日とはいっているが、たぶん次の週の火曜日か水曜日までずれこむのではないか。もしかしたら Mac App Store のオープンと一致するのかも・・・。

(The date I’ve heard is December 9, but that’s a Thursday, which would be somewhat unusual for an Apple press event. My guess is that they’re telling people December 9 but it might slip back to Tuesday or Wednesday the week after. Perhaps it will coincide with the opening of the Mac App Store?)

     *     *     *

タブレット専用新聞

キーポイントとなるのは、News Corp がやろうとしているのが、現在の新聞を iPad に載せるものでもなければ「オンライン新聞」でもなく、「タブレット新聞」(tablet newspaper) — 少なくとも現時点では iPad に限定された「iPad 新聞」(iPad newspaper)だという点だ。

The key, though, is that what News Corp is working on is not an iPad counterpart to an existing newspaper, nor is it an “online newspaper” in general. It’s a “tablet newspaper” — and, at least for now, specifically an iPad newspaper

.     *     *     *

Murdoch の野望

ガーディアン紙の話の続き・・・

Helmore writes:

ある調査

「79 才になる Murdoch はある調査を読んだあとこの計画を考えついたといわれる。その調査では iPad にどっぷり漬かる時間の方がコンピュータで漠然とインターネットサーフィンする時間より(相対的な話ではあるが)長いというもの。」

“The 79-year-old Murdoch is said to have had the idea for the project after studying a survey that suggested readers spent more time immersed in their iPads than they did — comparatively speaking — on the internet, where unfocused surfing is typical.”

カネを払う読者

「情報によれば、Daily がちゃんとしたものになれば、クオリティの高い、オリジナルなオンラインコンテンツに対して消費者がカネを払うだろうということから、Murdoch がこのプロジェクトに入れ込んでいるのだという。」

“Sources say Murdoch is committed to the project in part because he believes that the Daily, properly executed, will demonstrate that consumers are willing to pay for high- quality, original content online.”

iPad が各家庭1台

「iPad はゲームチェンジャーになると Murdoch は信じている。2011 年末までには 4000 万台の iPad が行きわたると見ているのだ。ある情報では『各家庭に1台ずつ iPad が行きわたり、ニュースや情報を得るためのデバイスになると彼は予想している。4000 万台のうち 5% が Daily の定期購読者になるだけでも、200 万の読者が得られるというわけだ』という。」

“Murdoch believes the iPad is going to be a ‘game changer’ and he has seen projections that there will be 40 million iPads in circulation by the end of 2011. A source said: ‘He envisions a world in which every family has a iPad in the home and it becomes the device from which they get their news and information. If only 5% of those 40 million subscribe to the Daily, that’s already two million customers.'”

     *     *     *

まったく新しい新聞のモデル

確かに Murdoch は MySpace 取得に5億ドル以上を投じた人物だ。彼のデジタルに対するカンは、絶対正しいかどうかは別にしても、なかなか興味あるものだ。新聞の新しい、スリム化され、ぜい肉を削ぎ落としたビジネスモデルなのだ。以下は Murdoch が Max Suich[AFR.com]と行なったインタビューの一部だ。

Granted, Murdoch is the guy who bought MySpace for over $500 million, so his digital instincts are far from infallible, but at the very least it’s an interesting initiative. It’s a new, lean mean business model for daily news. Here’s Murdoch in an interview earlier this month with Max Suich at AFR.com:

「6週間以内に新しい新聞を始めるつもりだ。まったく新しい新聞。New York Post に少し似ているが全国紙だ。Post のユーモアとやり方に近いもの。ただしタブレットでしか読めない。その新聞ではジャーナリスト(と8人から10人程度テクニシャン)しか採用しない。」

“I’m starting a paper in six weeks. A brand new paper. It will be a bit like the New York Post . But it will be national. Have that sort of humour and attitude like the Post. It will only be seen on tablets. It will only employ journalists — and maybe eight to 10 technicians.”

     *     *     *

自動請求には iOS の新バージョンが必要

情報(アップル以外の)によると、アップルの役割は次のようなものらしい。中核となる “iNews” ないしは “Newsstand” のようなアプリを備えた iBooks 的なものとは異なる。むしろ iTunes のアカウントを利用して行なわれるアプリの定期購読支払いオプションみたいなもの、いいかえれば定期購読料を本当に自動継続請求してくれるものになるというのだ。News Corp の「Daily」とは、App Store のアプリのひとつに過ぎないが、iOS にビルトインされた自動請求ルーティン(subscription billing routines)を利用するというわけ。私の理解するところでは、アプリを開発した News Corp のデベロッパたちは、すでにアップルの自動請求 API に関する暫定版ドキュメンテーションを完成しているという。多分これには iOS の新しいバージョンが必要になると思われるので、出来次第 Daily が公開されても、アップルから自動請求のサポートが発表されるまでは無料ということになるのではないか・・・

[注]recurring billing:自動継続請求、クレジットカード会費や雑誌購読料などのように放っておくといつまでも支払いが自動的に続くもの

As regards Apple’s role, my understanding, based on information from sources not at Apple, is that this is not something like iBooks — there is no central “iNews” or “Newsstand” app from Apple. Rather, it’s a new subscription billing option for apps — true recurring subscriptions — paid through your iTunes account. News Corp’s “Daily”, then, would be just an app in the App Store, using subscription billing routines built-into iOS. My understanding is that the developers at News Corp building the app already have preliminary documentation on the new subscription billing APIs from Apple. I presume this would require a new version of iOS, but perhaps the Daily will launch as soon as it can, free of charge until the billing support ships from Apple.

     *     *     *

コンテンツの定期配信

もしコンテンツがバックグラウンドで定期的に配信され、翌朝開いたときにダウンロードしなくても当日版のニュースが読めることになればすばらしいじゃないか。「そうなったらいいのに」という私のアイデアに過ぎず、アップルから聞いた話ではないけれど。ガーディアンの次の話には本当にそうなのかなあという気もする・・・

It would be nice if there were also a way for content to be delivered periodically in the background, so that when you launch it in the morning, you don’t have to wait for it to download today’s news. That’s just a “wouldn’t it be nice?” idea from me, though, not something I’ve heard is coming from Apple. But this bit from the Guardian story makes me wonder if they’re working on it:

「アップルエンジニアの協力のもとに開発されたこの技術の革新的部分は、iPad ないしは増加しつつある同様なデバイスに対して、出版物を自動的に発送するという点にある。」

“[T]he central innovation, developed with assistance from Apple engineers, will be to dispatch the publication automatically to an iPad or any of the growing number of similar devices.”

「増加しつつある同様なデバイス」に対してアップルが協力することはあり得ないとは思うけれど・・・

Although I sincerely doubt Apple is offering much help with the “growing number of similar devices” aspect.

     *     *     *

瀕死の新聞産業の起死回生策と iOS の次のアップグレードの話がないまざって、期待と妄想の歯車が次のレベルへとギアシフトする。

それにしても日本の新聞も他人事じゃあるまい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉来年までずれ込む?(11月30日)

iPad 新聞「Daily」は来年までずれ込むというウワサがある。

Electronista: “News Corp iPad daily may be delayed into 2011“: 26 November 26, 2010

     *     *     *

アップルが合意しない?

金曜午後に複数の情報筋が明らかにしたところによると、News Corp が発表するタブレット新聞「Daily」は来年初めまでは出ないようだ。12月中旬発表とのウワサを情報筋はきっぱりと否定した。2011 年にずれこむだろうという。フィナンシャルタイムズに載っている情報だけではなぜ遅れるのかはっきりしないが、たぶんアップルが自動請求にゴーサインを出さないためだと思われる。

The News Corp tablet publication The Daily may not arrive until early next year, sources alleged Friday afternoon. They rebuffed the rumors of a mid-December launch and said it was “more likely” to reach into 2011. What triggered the delay wasn’t clear in the Financial Times slip, but Apple supposedly hadn’t yet agreed to allow recurring subscriptions.

     *     *     *

したがって iOS 4.3 も・・・

この情報が正しければ、iTunes の定期購読をサポートする iOS 4.3 アップデートが同じ頃に行なわれるというウワサとも矛盾することになる。

The claim if true would partly contradict talk of an iOS 4.3 update due around the same time that would add iTunes subscription support.


     *     *     *

ベッドをともにする

意見の不一致がどうであれ、Daily をめぐるアップルと News Corp の協力関係は非常に親密なものだと思われる。・・・


No matter the disagreements, plans for the Daily were described as a very close collaboration between Apple and News Corp. […]


「News Corp は完全にアップルとベッドを共にしている」と情報筋のひとりはいう。


”[News Corp] is getting into bed completely with Apple,” a tipster said.

     *     *     *

この記事の元になったフィナンシャルタイムズは次のように述べている。

FT.com: “Old media tackle the challenge of tablets” by Andrew Edgecliffe-Johnson, Joseph Menn, Tim Bradshaw and Esther Bintliff: 26 November 2010

来年の可能性大

プロジェクトに詳しい情報筋は、12月のステージで Murdoch と Steve Jobs が「Daily」を発表するというウワサを否定した。発表は来年になる可能性が大きいという。

People familiar with the project deny rumours that Mr Murdoch and Steve Jobs, Apple’s chief executive, could announce The Daily on stage in December, saying that a new year launch is looking more likely.

     *     *     *

自動継続課金システムが導入されればすごいことだが・・・

12月中旬にイベントが実現するためには、いくつもハードルがあるということだろう。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »