Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘iOS 4’ Category

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Multitasking

ようやく iOS 4 で実現したマルチタスキングが見かけだけのものだと指摘したのは Craig Hockenberry だった。

Matt Neuburg が Fast App Switching と比較した興味深い記事を書いている。

TidBITS: “What is Fast App Switching?” by Matt Neuburg: 23 June 2010

     *     *     *

マルチタスキング

マルチタスキングの意味はひとによって違う。(1)ひとつは Mac OS X のときと同じという考え方。複数のアプリケーションが実際に同時並行的に実行され、アプリケーションAからアプリケーションBに戻ると、前にやめたときと同じ状態になる。(2)もうひとつは、単に高速でこれまで使ったアプリケーションを切り替える能力という考え方。アプリケーションをやめるとき、そのときの状態を保存しておく。そうすれば戻ったときに、前にやめたときの状態にあるように「振る舞える」からだ。アップルが実現したのは、(2)よりは少し意欲的だが、(1)と比べるとはるかにリソースを食わない(したがって危険性があり得る)やり方だった。

[…] multitasking means different things to different people. You might mean (1) what happens on Mac OS X, where multiple applications really do run simultaneously and you return from application A to a window of application B to find it in the state you left it. Or you might mean (2) the mere ability to switch rapidly between recently used applications, which save state on quitting so that they behave as if they’d remained in the state you left them. What Apple has actually implemented is something a little more ambitious than option 2, but still considerably less resource-intensive (and potentially dangerous) than option 1.

     *     *     *

仮死状態

この説明の詳細版と簡約版はつぎのとおり。iOS 4 で実行しているアプリは、ホームボタンを1度押すとアプリから離れる。しかしアプリが終了したわけではなく、仮死状態(suspended animation)になるだけだ。ちょうど「2001 年宇宙の旅」で HAL が極低温ハイバネーションの状態になったのと同じだ。アプリはシステムからのイベント情報を受け取るのを停止する。ループ命令は実行されない。アプリはバックグラウンドにまわされ、不活性状態になる。しかしインターフェイスとリソースを使用していて、リジュームのときもゼロから再起動しなくていいという意味では未だに動いている。だから元のアプリに戻れば、どんな場合でも前にやめたときの状態を再現して、直ちに動くのだ。

Here’s the long and short of it. When you are running an app in iOS 4 and you press the Home button once to leave it, the app doesn’t quit. Instead, it goes into suspended animation, like the scientists in cryogenic hibernation in “2001: A Space Odyssey.” The app simply stops receiving events from the system; its run loop isn’t looping. The app is both backgrounded and inert; but it is still running, in the sense that its resources and interface are still present, so that it doesn’t have to be relaunched from scratch in order to resume. That way, when you come back to that app, no matter how, the app can simply pick up doing what it was doing when you left off, instantly.

     *     *     *

Fast App Switching

このような振舞いが「Fast App Switching」と呼ばれるものだ。アップルが iOS 4 で実現したマルチタスキングと呼んでいるものの大部分はこういうことだ。(iOS 4 マルチタスキングの全てではない。特別の機能をもったいつくかのアプリは、仮死状態になってもワンスレッドだけがアクティブになっている。かかる機能はオーディオ、ロケーション探知、VoIP だけに限定されている。)

This behavior is fast app switching, and is most of what Apple calls multitasking on iOS 4. (It is not the whole of iOS 4 multitasking, because some apps with specialized functionality will register with the system to be allowed to go into suspended animation with one thread still active; such functionality is strictly limited to playing audio, location detection, and voice-over-IP. But in this article I’m not concerned with those situations.)

     *     *     *

アップルが実現したのは、マックの Command-Tab switcher に匹敵する Fast App Switching というインターフェイスだと Matt Neuburg はいう。

Fast App Switching の詳細や開発上の問題点についても詳しく触れられているので、デベロッパにとっては必読だろう。

原文を見る:Original Text]

Technorati Tags: , ,

Read Full Post »

iOS 4 はどうよ

June 21 Update

WWDC で Jobs が約束したとおり、iPhone 4 の発売に先駆けて iOS 4 がアップグレードされた。約束どおり無料だ。

満を持していた達人たちが堰を切ったように、それぞれの視点からレビューしている。

いずれも詳細かつ多岐にわたっているが、とりあえずざっと見渡してみると・・・

     *     *     *

Jacqui ChengArs Technica

iOS 4 の新 API はクリエイティブなアプリの登場を可能にするだろう・・・

Ars Technica: “Ars reviews iOS 4: what’s new, notable, and what needs work” by Jacqui Cheng and Clint Ecker: 21 June 2010

iOS 4 の最もエキサイティングなところは、1500 の新しい API をデベロッパがどう使いこなすかという点だ。iPhone 体験とはつまるところアプリによって決まるということだ。最新の API によってアップルは新しい可能性を開いたのだ。2010 年後半になれば、クリエイティブなことができるアプリ(ゲームセンター、マルチタスキング、カメラなど)がたくさん登場するのは間違いない。

The most exciting part about iOS 4 is really what third-party developers will do with the 1,500 new APIs. After all, the iPhone experience has become one that is almost defined by its apps, and Apple has opened up a new world of possibilities with its latest API offerings. As we go into the second half of 2010, we’re sure to see plenty of new apps that do creative things with Game Center, multitasking capabilities, the camera, and more.

     *     *     *

Dan MorenMacworld

全般的にキビキビしている。特にカメラアプリがそうだ・・・

Macworld: “Apple iOS 4 Smartphone Review” by Dan Moren: 21 June 2010

iPhone のベンチマークは一筋縄ではいかないが、iPhone 3GS で iOS 4 をいじってみた印象では 3.1.3 バージョンよりキビキビしている感じだ。OS の反応は全体的にみてもいいが、いくつかの分野で著しい。iPhone 3GS でもカメラアプリはずっとキビキビ動く。あっという間に写真が撮れるし、撮影出来るし、iPhone 3.0 で気になったノロさもない。

While formal benchmarking is tricky on the iPhone, my initial impression of iOS 4 on my iPhone 3GS is that it’s quite snappy — more so than version 3.1.3. The OS as a whole seems more responsive, but there are a couple of places where speed improvements are pronounced: in general, the Camera app running on an iPhone 3GS seems far zippier now than previously. Pictures get taken almost instantaneously, and I didn’t notice any of the sluggishness that has occasionally plagued iPhone 3.0.

     *     *     *

Dan FrakesMacworld

フォルダのおかげでお気に入りアプリをまとめておけるようになった・・・

Macworld: “Hands on with iOS 4 folders” by Dan Frakes: 22 June 2010

フォルダにはほかにも利点がある。よく使うアプリを1つないし2つのホームスクリーンにまとめておけることだ。5つ以上のホームスクリーンをスワイプしなくても、1つか2つのスクリーンを見るだけで、お気に入りのアプリを見つけて起動できる。これまで11のホームスクリーンを頻繁に使っていたが、今ではもう最初のいくつかしか使わない。

This example also illustrates another folder advantage: condensing your most frequently used apps into just one or two screens. Instead of having to swipe across five or six (or more) Home screens, accessing your favorite apps is now a matter of locating the appropriate folder on just one or two screens and then launching the desired app. Since I started using folders extensively, I’ve found that, whereas I used to regularly access nearly every one of my iPhone’s 11 visible screens, I’m now using mainly the first few.

     *     *     *

Craig Hockenberryfurbo.org

iOS 4 は巧妙なやり方でマルチタスキングらしく見せている・・・

furbo.org: “iPhone multitasking” by Craig Hockenberry: 21 June 2010

実際より多くのアプリを動かしているような気がするのは巧妙な手品だ。異なるアプリをたくさん使っているのにバッテリーが長持ちする理由もこれで説明できる。ほとんどのアプリは凍結されて、パワーを使わないのだ。アクティブなのはスクリーンにあるアプリだけだ。バックグラウンドで動いているオーディオ・電話・GPS アプリは、一時にひとつしか動いていない。(iPod アプリを使いながら Pandora を聞いてみると分る。)

This sleight of hand makes it feel like you’re running many more applications than you actually are. It also explains how your iPhone can continue to have great battery life while you interact with many different apps. Most of your apps will be frozen and not using power: only the app on your screen is active. And even with audio, phone or GPS apps that are running in the background, you won’t be using more than one of those at a time (go ahead and try to listen to Pandora and the iPod apps at the same time!)

     *     *     *

Nik Fletchernikf.org

小さな変化を少しずつ重ねて改良していくのがアップルのやり方・・・

nikf.org: “8 Subtle Changes You May (Or May Not) Notice in iOS 4” by Nik Fletcher: 21 June 2010

Mac だろうと iPhone だろうとアップルが OS をアップグレードするときは、あまり目立たないがバケツ一杯分ほどの変化をシステムにも加える。iOS 4 でもまさにこのやり方をとっている。大きな変化を追っかけるので忙しいかもしれないが、気付くが気付かないか分らないほどの小さな変化を次に8つ挙げる。

Every time Apple releases a new OS update, be it on the Mac or iPhone, there’s a bucketload of smaller – lesser-spotted – changes that appear in the system. iOS 4 very much continues this trend, so whilst you’re busy perusing the new update today here’s 8 little changes you may (or may not) spot.

     *     *     *

Paul ThurrottSuperSite for Windows

iOS 4 はほかのモバイル OS と差をつけた・・・

SuperSite for Windows: “Apple iOS 4” by Paul Thurrott: 21 June 2010

直前に iPhone OS 4 から iOS 4 へと名前の変わったアップルの第4世代モバイル OS は、ほかのすべてのモバイル OS を判断する基準となった。しかもその壁は高い。iOS は、すばらしいが大きな欠陥も抱えた初期のプラットフォームから、やさしく、使いやすく、しかも非常にパワフルなプラットフォームへと変化した。すばらしすぎて、他のモバイルデバイスが追いつくには数年を要するほどだ。(なんらかの形で優れているといえるのはグーグルの Android ぐらいだ。)

Apple’s fourth generation mobile operating system, renamed just before launch from iPhone OS 4 to iOS 4, is the standard by which all other mobile systems must be judged. And it’s a high bar: The iOS has matured from an amazing but deeply flawed platform to one that is both easy to use and achingly powerful. It’s so good, in fact, that’s it’s taken the rest of the mobile device industry years to catch up. (Only Google’s Android seems to have surpassed iOS in any meaningful way so far.)

     *     *     *

マイクロソフトは目を覚ますべきだ・・・

Windows Phone Secrets: “Windows Phone vs. the world, part 1: Developers” by Paul Thurrott: 20 June 2010

まだ始まったばかりでマイクロソフトは追いつけるというひとにいいたい、目を覚ませ!と・・・。3年前に iPhone が登場したとき、まだ未熟だったスマートフォンの世界に稲妻が走ったような気がした。3年経った今、すべてが変わった。Windows Phone が闘うべきマーケットは大きく変化した。アップルが 2007 年に出したものを 2010 年に与えるだけでは不十分なのだ。他のこともそうだが、同じことがデベロッパのツールやドキュメンテーションについてもいえる。マイクロソフトが闘っているのは3年前のアップルではないのだ。

To those who would argue that this is early days and that Microsoft’s documentation can only catch up, I’d say, wake up. When the iPhone debuted three years ago, it was a bolt of lightning in what was then a very immature smart phone world. Three years later, everything has changed, and the market in which Windows Phone will compete is vastly different. In 2010, it is not enough for Microsoft to provide what Apple had in 2007, and this is as true with developer tools and documentation as it is with anything else. Microsoft isn’t competing with the Apple of three years ago.

滴り落ちる水滴ではなく、消防ホースからほとばしる水が必要だ。アップルがデベロッパに与えているものが必要なのだ。それこそが越えるべき壁だ。

What we need, then, is not a trickle, but a fire hose. We need what Apple offers iOS developers. That’s the bar.

     *     *     *

この他にも John Gruber のものも興味深いが、いずれ稿を改めて・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記:うまくいかなかった(?)インストール

筆者の iPhone 3G iOS 4 のインストールを試みたのだが、これがなんかスッキリしない。

まず1回目は「アップデート」してもインストールできず、なんの変化もなし。

何度か繰り返すうちに、やたらと長いバックアップ時間にしびれを切らし、何度か途中でキャンセルしたりして・・・

最後は「復元」→「アップデート」を試した。

「ソフトウェアバージョン 4.0」は確認できたのだが、ホームスクリーンの変化もなければ、特段変わった感じもない。

いつもなら古い機種でも感じられるスピードアップ感が今回のアップグレードにはない。

全体的に重いとまではいわないが、それまでのスイスイ感がなくなり、なんとも釈然としないアップグレードだ。

三浦一紀氏[ギズモード]や yoidoreoyaji 氏[酔いどれオヤジのブログwp]のように簡単にはいかなかった・・・

     *     *     *
     *     *     *

追記2:iPhone 3G のパフォーマンスを比較(6月23日)

iOS 4 Performance on iPhone 3G (Camera and Settings) – Flickr]
iOS 4 Performance on iPhone 3G (Camera and Settings) – YouTube]

古いマシンでも OS をアップデートすればパフォーマンスが向上するのはマックファンなら周知の事実。

OS のアップデートは迷わずインストールするクセがついている。

しかし今回の iOS 4 だけは少し勝手が違った。

3GS なら問題ないのだろうが、3G では必ずしもそうはいかないようだ。

冒頭のビデオを見て納得した気分・・・

ithinkdifferent: “iPhone 3G Performance – OS 3.1.3 vs iOS 4” by Imran: 23 June 2010

     *     *     *

おんやまあ、こいつはラグってるぞ。ジェイルブレイクしてない iPhone 3G で試したところ、ほとんどの場合 OS 3.1.3 より iOS 4 の方が遅かった。ビデオで見る限り、大きなパフォーマンスの違いがあるわけではないが、iOS 4 にアップグレードする価値があるかどうか疑問だ。ビデオを見て判断してほしい・・・

Oh boy. This is one laggy beast. iOS 4 is slow in most things when compared to OS 3.1.3 on an iPhone 3G (non-jailbroken). Although I haven’t noticed that much of a difference in performance as evident from the video, it makes one wonder whether the upgrade to iOS 4 is really worth it or not. You be the judge:

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »