Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘IBM’ Category

pepper

「Watson」とは IBM の人工知能のこと・・・

Watson Learns To Speak Japanese | Fast Company

Based on more than two decades of work in its Tokyo research division, IBM announced today that its conversant artificial intelligence program, Watson, is learning to think and speak in Japanese for its work with SoftBank, the company’s first commercial partner in Japan.

SoftBankとIBMが協力してWatsonに日本語を教える…その全サービスとAPIを日本語化へ | TechCrunch

ソフトバンク、IBMと人工知能「Watson」を日本展開へ–ロボットへの応用も | CNET Japan

広告

Read Full Post »

apple-ibm-hero-620x413

[Apple + IBM:image

アップルと IBM が手を組んだことは 2014 年最大のニュースだったと Horace Dediu がいっている。

Biggest news of 2014 | Asymco

     *     *     *

IBM とアップルのロマンスなんて誰も考えもしなかっただろう。なにせこの両社はこれまで対立することの方が多かったのだから・・・

コンピューティングの変化

過去はどうあれ、この両社が手を組んだことには極めて重大な意味がある。大規模なスケールで起きている変化を示すものだからだ。両社の反目は「コンピューティング」(computing)という同じビジネスを目指したことから生まれた。しかし 1980 年代初頭以降「コンピューティング」は何百、何千というビジネスモデルにモジュール化した。もはやベージュボックスを売るだけではなくなった。IBM はコンピュータ製造から撤退、サービスやコンサルティングに踏み切らざるを得なくなった。一方アップルは、ハードウェアの価値を高めるデバイス+ソフトウェア+サービスへと移行した。

Nostalgia aside, this new union is profoundly important. It indicates and evidences change on a vast scale. The companies’ antagonism was due to being once aimed at the same business: computing. Since the early 1980s, “computing” came to be modularized into hundreds, perhaps thousands of business models. It is no longer as simple as selling beige boxes. IBM was forced out of building computers and into services and consulting while Apple moved to make devices and the software and services which make its hardware valuable.

     *     *     *

モバイルが決め手

両社の利害が一致したことで今年の戦略的パートナーシップが結実したのだ。これはコンピューティングが「モバイル」と呼ばれるものへ移行したことによって生じた。アップルとしては、未だ残る法人ユーザー、いまや落ちこぼれとなってしまったグループへのモバイルプラットフォーム採用を加速化しようとする。それと同時に IBM は、法人の持つ巨大なデータ倉庫を法人ユーザーの手に委ねようとしているのだ。

The convergence of interests which was consummated into a deal this year stems from the migration of computing around what has come to be called “mobile”. Apple intends to accelerate the adoption of its mobile platforms among the remaining non-adopters: enterprises–a group which, by now, qualifies as laggards.[1] Simultaneously IBM intends to connect data warehouses at those same enterprises to their employed users.

     *     *     *

お互いにとって利益

両社が力を合わせることでお互いの目的がより達せられるようになった。アップルは援助と専門知識を提供することにより法人への円滑なアクセスという突破口を得る。IBM は自らの API を通じてモジュール化したデータベースへのアクセスを提供することにより信頼できるクライアント体験を獲得する。両社が手を結ぶことにより、モバイルの(したがって直観的な)ソリューションの採用が増加し、生産性が向上して、購入企業の利益にもなる。

Both can achieve their goals better if they join forces: Apple offers assistance and expertise while obtaining access and lubrication for orifice entry. IBM offers modularized access to databases through its own APIs and obtains credible client experiences. The combination increases adoption of mobile (i.e. intuitive) solutions and an increase in productivity, benefiting the buyer.

     *     *     *

ユーザーのためのデザイン

最近発表されたアプリを見れば、両社の関係がいかに大きな変革をもたらすものであるかよく分かる。我々はユーザー[!]のためにデザインされたアプリの登場を目撃しているのだ。必要事項のチェックリストなどを取り仕切る内部委員会のためのものではない。

The recent apps release showed just how transformative this relationship could be. We were witnesses to apps which appeared to be designed for users[!] They were not designed for committees that prepare checklists of requirements.

     *     *     *

法人ソフトのスペック万能主義

法人ソフトを苦しめてきた機能万能主義[featuritis、feature creep]に抗しようとする IBM の勇気は称賛さるべきだ。それはソフトやハードの購入決定権者に対しノーを突きつけることだ。それは基本的に購入権限を持つ者にノーといい、給与を支払われている従業員にイエスということなのだ。ユーザー体験の質の高さは一目瞭然だ。ユーザーの取るべきアクションの数も、次々と見なければならない画面の数も、容赦ないほど間引かれている。これが最善のデザイン慣行としてアプリを貫いているコンセプトであり考え方なのだ。しかもなお不毛な法人ソフトのスペック万能主義を排している・・・

We must applaud IBM for having the courage to resist the featuritis which plagues enterprise software design. This resistance requires saying No to those who specify and are thus authorized to purchase software and hardware. IBM has had to essentially say no to those who buy and yes to those who are paid to use. The quality of the experience is evident at first sight. The number of user actions, the number of screens to wade through have been ruthlessly culled. These are concepts and ideas which now permeate app design best practices. Yet they are practices which still elude the spec-driven enterprise software wastelands.

     *     *     *

最重要ニュース

予期せざることとはいえ今日のテクノロジーを考えれば十分説明可能だ。IBM とアップルのパートナーシップこそ 2014 年で最も重要なテクノロジー関係ニュースだと自分は考える。

Being unexpected and yet explanatory of the state of technology today, the partnership between IBM and Apple is, in my opinion, the most significant technology news of 2014.

     *     *     *

いつもながら Dediu の視点は今後もたらされる変革の大きさに向けられている。

法人の IT 部門には大きな変革の波が押し寄せる・・・

Screen-Shot-2014-12-26-at-11.28.03-AM-620x394

なお、本稿にはこれまで登場したコンピューティング・デバイスのチャート[上図参照]が添えられている。過去に登場した様々なデバイスの栄枯盛衰が1枚のチャートに納められていてこれまたなかなか興味深い・・・

     *     *     *

追記: 「高度な法人体験の DNA は IBM にある」(12月31日)

アップルが Tim Cook の代になって IBM と手を組んだのは決して偶然ではない。

Cook 自身 IBM に勤務した経歴を持っている。[Thanks:  @boxerconan] それも12年の長きにわたって・・・

アップルサイトにも明記されているが、最終的には北米・南米地区の IBM PC の製造・流通責任者だった。

サプライチェーンの達人のよういわれる Cook だが、そのルーツは IBM にあったのかもしれない。

その経歴から見ても IBM の持つ強みを十分理解できる立場にあった。

Cook が「高度な法人体験の DNA は IBM にある」というとき、そのことばは真実を語っているのだろう。

Read Full Post »

Ibmsliced

Apple Poaches Top IBM Chip Designer

Papermaster のアップルへの引き抜きについては裁判所の中止命令が出されたが、その後の展開をみていると IBM が恐れていることが次第に見えてくるように思える。

InformationWeek: “IBM Fears Papermaster Could Design Rival Apple Chips” by Paul McDougall: 11 November 2008

     *     *     *

ライバル企業にチップ設計のノウハウを渡してたまるか

訴状の中で Rodney Adkins[IBM のシステム技術担当上級副社長]は、iPhone や iPod のようなアップル製品で使用される可能性のあるマイクロチップを IBM が製造していること、過去にはマックに搭載される Power PC プロセッサをアップルに供給していたことなどを指摘している。「Papermaster 氏が所有する企業秘密および極秘ノウハウは非常に広範囲にわたっており、コンシューマエレクトロニクスの高度かつ広範囲の分野でのアプリケーションに使われる可能性がある」と Adkins はいう。

Adkins, in a court filing, notes that IBM manufactures microchips that could be used in Apple devices such as the iPhone and the iPod, and that IBM used to supply Apple with Power PC processors for use in Macs. “The trade secrets and confidential know-how that Mr. Papermaster has in his possession can be used for extensive and far-reaching applications in the field of consumer electronics,” Adkins states.

     *     *     *

最低1年間は仕事をさせない

IBM は先月 Papermaster を提訴した。彼は IBM におけるチップ専門家のひとりだった。IBM はニューヨーク連邦地裁に対し最低1年間は Papermaster をアップルの新しいポスト(デバイスハードウェアエンジニアリング担当副社長)に就かせないよう訴え出た。新しいポストは、退社後「1年間は IBM の競合企業に就職しないという契約」に反すると IBM は訴状で述べている。

IBM sued Papermaster, who was one of the company’s top chip experts, last month. IBM is asking U.S. District Court in New York to block for at least one year the engineer’s move to Apple, where he’s been named senior VP for devices hardware engineering. Papermaster’s position in Cupertino violates “his contractual obligation to refrain from working for an IBM competitor for one year” after leaving the firm, IBM states in its complaint against Papermaster.

     *     *     *

やはり Papermaster の持つチップ開発のノウハウが問題の核心らしい。

どうやら IBM としては、アップルが自前のチップを開発することを本気で恐れているということだろうか・・・

それにしても、最低1年間はアップルの仕事に就かせないということは、裏返せばそんなノウハウも1年も経てば役立たずになるということで、いかにも技術の最先端を行くシリコンバレーらしい話だ。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

Tony Fadell

Apple loses Fadell, its iPod chief

アップルのすげ替え人事は裁判所の差し止め命令という事態に発展した。

裁判所命令が出る前だが、今回の出来事を愛憎劇として非常にシニカルに捉えた記事がある。

PBS [The Pulpit]: “Love-Hate: Why iPod chief Tony Fadell is really leaving Apple” by Robert X. Cringely: 07 November 2008

     *     *     *

思い切った決断

Steve Jobs はそんじょそこらの人間とは異なる。何百万という顧客、3 万 2000 人の従業員、取締役会が後ろに控えており、しかもいずれも彼が間違いなど犯すわけはないと信じている。巨大な収益をあげ、マーケットシェアも増加し、無借金で 200 億ドルの現金を有する会社を経営しているからこそ、思い切った大胆な動きができるのだ。直近の例でいえば、発表の直前まで iPod 部門の長だった Tony Fadell のクビをすげ替える決断がそうだ。Jobs のやることすべてについていえるように、Fadell の退社はアップルの遠大なる計画の一部なのだ。

Steve Jobs is not like you and me. He has millions of customers, 32,000 employees, and a board of directors who think he can do no wrong. Running a company that is immensely profitable, gaining in market share, has no debt and $20 billion in cash, he can afford to make bold moves, the most recent of which is his decision to replace Tony Fadell, until moments ago head of the division that produces Apple’s iPod. Like everything Jobsian, Fadell’s departure is part of an Apple GRAND PLAN.

     *     *     *

Steve Jobs のエゴ

ここで問題となる変数(variables)は、順不同で挙げると、エゴ、競争上の優位、エゴ、経営手腕、エゴ、戦略的思考、そしてエゴだ。

The variables at work here are (in no particular order) ego, competitive advantage, ego, management technique, ego, strategic thinking, and ego.

Steve Jobs のエゴはいかなる空間をも充たしうるほど大きいといっても過言ではない。とにかく私はそう思う。Fadell の失敗は、彼が「iPod の父」ともてはやされたことだ。それじゃ Jobs は何なんだ。偉大なる決断をしたのは Jobs じゃないか。なかでも、すべてのレコード会社を丸め込んだのは彼ではなかったか。[iPod のプロジェクトの]最後の栄誉を受けるのはジェームズ比嘉だろう。しかし彼にクビになって欲しくはないから、真の iPod の父という栄誉は、どの点から見ても Steve Jobs に帰することにしよう。[注:James Higa、アップル社員で沖縄生まれの日系二世、漢字 Talk や iPod の開発に深く関わった]

To say that Steve Jobs’ ego can expand to fill any known space might be an understatement but I’ll stand by it anyway. Fadell’s failing in this regard is his being hailed as the “father of the iPod.” What does that make Jobs? Who made THE BIG DECISION? Who committed the company? Who – most importantly of all – seduced all the record companies? That last guy would be James Higa, but since I don’t want to get HIM fired, too, let’s just attribute it all to Steve Jobs – for all intents and purposes the REAL father of the iPod.

誰もが Steve を賞賛するのだ。

All hail Steve.

     *     *     *

死だけでは不十分

Tony Fadell について起きていることはこういうことだ。まず、マスメディアに Jobs の後継者のひとりに擬せられるという自らのカリスマ性の故に、危うい立場に立つことになったのだ。それだけでも死に値する。いや死だけでは不十分だ。IBM の元上級幹部 Mark Papermaster という外部変数を含む決断を必要としたのだ。

So here’s what’s going on with Tony Fadell. First, he was vulnerable as a charismatic leader in his own right who has been talked about in the press as a possible heir to Jobs. That alone meant he had to die, but it wasn’t enough to mean that he had to die just now. That decision required an external variable in the form of former IBM executive Mark Papermaster.

     *     *     *

側近ポストと裁判

Steve Jobs は Papermaster に Tony Fadell のポストを与えたいと考えた。Papermaster が Fadell より仕事をうまくこなすからではない。それは二つの重要な配慮からだ。1)Jobs の側近ポストは限られている。2)Papermaster を Fadell のポストに就けることが IBM の法的訴追をかわす最善の方法だと Jobs が考えたことだ。

Steve Jobs wants to give Tony Fadell’s job to Papermaster. It’s not that Papermaster would be any better at the job than Fadell, but there are two over-riding factors here: 1) Jobs can only have so many direct reports, and; 2) he thinks putting Papermaster in Fadell’s job is the best way to get past any legal objections from Papermaster’s former employer, IBM.

     *     *     *

酷薄だが効果的なやり方

Jobs の身近に身を置くものはすべて、常時 Jobs から人事評価を受ける。この人物は本当に(あるいは今でも)世界一だろうか、と。もしそうでなければ、あるいはまた同様に優れたものが他にいて(ここが重要だが)更に別の理由があるということなら、その当人は直ちに辞めなければならない。Steve Jobs はこうして最後には側近の期待を裏切る。それが彼のやり方なのだ。結果として一人分空けるために、アップルが数百万ドル払うハメになってもそれは構わない。取締役会は(我々だってそうだが)Jobs こそアップルを成功に導いた秘密だということを知っている。彼の流儀は酷薄だが、確かに効果的だ。

Everyone close to Jobs is under continual analysis: is this person really (or still) the best in the world? If they aren’t, or if someone else is just as good but more important for some additional reason, then the incumbent has to go. Steve Jobs ultimately betrays all of his direct reports in this manner. It’s just the way he is. And if it costs Apple a few million to remove one extra head from the room, well that’s okay with a board that KNOWS (as we all do, to put it fairly) that Jobs really is the secret of Apple’s success. His system may be brutal, but it works.

     *     *     *

Jobs と同じエレベーターには乗るな

Jobs が Fadell にムチを加えているとき、一方では Papermaster を口説いていた。Jobs はひとの気を引くのがとてもうまい。IBM の上級幹部の気を引くのに2階級下のポストで口説いたりはしない。だから Jobs の側近グループでもっとも不安定な Fadell が辞めざるを得なかったのだ。アップル人事部門のトップである Fadell の細君が自らの夫君に引導を渡すハメになったのは余録だったが、アップルの従業員にとってみれば Jobs と同じエレベーターに乗る危険を犯すより階段を使う方がいいという教訓になったのだ。

Just as Jobs was scourging Fadell, though, he was seducing Papermaster. Jobs can be VERY seductive. And he was hardly going to seduce the IBM executive with a promise to put him two levels down. So as the most vulnerable person in Jobs’ inner circle, Fadell had to go. That Fadell’s wife was head of Human Resources for Apple and was forced, essentially, to terminate her own husband, well that was just gravy and yet another reason for Apple employees to take the stairs rather than risk sharing an elevator with Jobs.

恐怖はモーチベーションを高めるのに非常に有効だということだ。

Fear can be a remarkable motivator.

     *     *     *

かつて辛辣な Jobs の心理分析をやってのけた Cringely だけのことはある。

側近グループのクビのすげ替えは Jobs の心の中を見てはじめて分るということか・・・

元の記事には、裁判がうまく行かなかった場合にJobs がとるであろうウルトラCについての記述もあるが、そこはご自分でお確かめください。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , , , ,

Read Full Post »

Applevsibm]

Money Times

元幹部をアップルに引き抜きぬかれて提訴していた IBM は、Papermaster の雇用差し止め命令を裁判所から確保した。

Bloomberg.com: “IBM Wins Order Forcing IPod Executive to Cease Work at Apple” by Carlyn Kolker: 08 November 2008

     *     *     *

IBM は、アップルに対する裁判所の停止命令を獲得することに成功した。元雇用者である IBM との契約違反の恐れがあるので、新しい iPod/iPhone 担当幹部が即刻業務を中止するよう命ずるものだ。 

Nov. 8 (Bloomberg) — International Business Machines Corp. won a court order forcing Apple Inc.’s new executive in charge of the iPod and iPhone devices to stop work immediately because he may have violated an agreement with IBM, his former employer.

「別途裁判所命令があるまで Papermaster は直ちにアップルとの雇用契約を停止しなければならない」と、米国地方裁所判事 Kenneth Karas(ニューヨーク州ホワイトプレインズ)は昨日市場が閉鎖された後に出された裁判所命令で述べた。

Papermaster “will immediately cease his employment with Apple Inc. until further order of this court,” U.S. District Judge Kenneth Karas in White Plains, New York, said yesterday in an order issued after markets closed.

「我々の要求を裁判所が認めたことに満足している」と IBM のスポークスマン Fred McNeese は語った。

“We are gratified that the court agrees with our request,” Fred McNeese, an IBM spokesman, said.

「我々は裁判所の命令に従うつもりだ。しかし最終的には Mark Papermaster がアップルに入社できるものと確信している」とアップルのスポークスマン Steve Dowling は述べた。

“We will comply with the court’s order, but are confident that Mark Papermaster will be able to ultimately join Apple when this dust settles,” said Steve Dowling, an Apple spokesman.

     *     *     *

Papermaster の引き抜きはすんなりとはいかないようだ・・・

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »

Apple Ibm

Apple and IBM Set to Clash Over Executive Poaching

アップルの未来を占う重要なトップ人事が発表された日本語]。IBM の上級幹部を引き抜いてアップルの上級幹部に加えるというものだ。

iPod 部門を率いる上級副社長の Tony Fadell が退き、IBM のマイクロプロセッサ技術開発担当上級副社長の Mark Papermaster がその後任となる。

Tony Fadell といえば iPod を成功に導いた立役者だが、彼を切ってまでアップルに迎えたかったのが Mark Papermaster だったということか・・・

IBM は、退職後も競合企業には就職しないという契約違反だとして Papermaster をニューヨーク州連邦地裁に提訴済みだ。

New York Times: “Apple Hires I.B.M. Veteran as Device Engineer” by John Markoff: 04 November 2008

     *     *     *

IBM の訴訟

Papermaster 氏の役割をデバイスハードウェアエンジニアリング部門の上級副社長という限定的な仕事にすることで、アップルとしては IBM の訴訟を簡単に退けられるものと考えているのかもしれない。・・・

Because Mr. Papermaster will have a more limited role as senior vice president for devices hardware engineering, Apple may believe that it will be able to reject the I.B.M. lawsuit easily. […]

     *     *     *

プロセッサ設計の第一人者

しかしアップルとしては Papermaster 氏のプロセッサ設計能力に関心があるのかもしれない。アップルは今年初め PA Semi を買収した。同社はマイクロプロセッサの設計をする小さな会社で、IBM Power デザインに基づくマイクロプロセッサを開発する。当時 Jobs 氏は、PA Semi のハードウェア設計能力を iPhone や iPod のために利用したいと語っていた。

But Apple may also be interested in Mr. Papermaster’s processor design expertise. Earlier this year Apple purchased PA Semi Inc., a small microprocessor design firm that was developing microprocessors based on the I.B.M. Power design. At the time Mr. Jobs said Apple would use that expertise to design hardware for its iPhones and iPods.

     *     *     *

興味をそそるギャンブル

最近まで IBM でプロセッサ設計の専門家だった Papermaster 氏を Jobs 氏が選んだということは実に興味をそそるギャンブルのように思える。Papermaster 氏は高能力コンピュータ設計の第一人者だが、コンシューマ製品の経験は欠いている。

Mr. Jobs’s choice of Mr. Papermaster, who until recently was a processor design expert at I.B.M., appears to be an intriguing gamble. He is an expert in high-performance computing systems, but lacks a background in consumer manufacturing.

     *     *     *

アップルが IBM の PPC の第一人者を引き抜いた背景については様々の推測があるが、CrunchGear の John Biggs がズバリ書いているほか、Paul Murphy[仮名]の推論が大変おもしろい。

ZDNet: “Speculation on Papermaster’s “huh?”: IBM, Apple, and Freescale” by Paul Murphy: 04 November 2008

     *     *     *

契約違反してまで・・・

真面目で慎重な IBM の上級幹部が[競合企業には就職しないという]契約に違反してまで目に余るような行動をとるに至ったのは、一体全体どんなアドバイスをこれまた真面目で慎重なアップルの弁護士からもらったためなのだろうか。

Why then would a sane and serious senior executive, presumably advised by equally sane and serious Apple lawyers, do something so flagrantly in violation of his contract?

     *     *     *

Freescale がらみ

私の答えはこうだ。アップルの Freescale 支配ないしは乗っ取りの準備が整いつつあったからだ。だから、Papermaster をクパチーノに呼び寄せる計画ではなくオースチンの道一つ隔てた反対側へ移らせる計画だったのだ。[注:Freescale Semiconductor, Inc. はモトローラの半導体部分がスピンオフして設立された会社でテキサス州オースチンに本社がある]

My answer is that Apple is getting ready to either take over, or displace, Freescale; and therefore that the plan isn’t to have Papermaster move to Cupertino, but rather just across the street in Austin.

     *     *     *

一刻も早く

Papermaster はまさにこの仕事に打ってつけの人間だ。もしシングルチップノートフォン(?)や高度センサーを作るということなら、アップルの将来の PPC 計画には Freescale 規模の会社と深い技術の理解が必要だ。しかしIBMとの契約のためアップルの仕事に就くことは不可能だった。一方仕事に就かないまま1年も過ごしたのではコネも技術も時代遅れになってしまう。

He’s the right man for the job – and Apple’s future PPC plans clearly need a company of Freescale’s size and technical depth if they’re to make single chip notephones and advanced sensors – but his contract with IBM makes it impossible for him to take it now while simply sitting out a year puts him too far behind on contacts and technology to do the job.

     *     *     *

落しどころは・・・

ということで結論的には、アップルに行かせない代わりに Freescale ないしは獲得済みの PA Semi の製造・流通を担う新会社のトップに就かせるということで解決を見るはずだ。

So what I think we’ll see as the bottom line on this is a settlement with Apple that doesn’t let him go to Apple – but does let him take the top job at Freescale or a company Apple creates as the manufacturing and distribution arm to its PA Semi acquisition.

     *     *     *

この重要な人事が余り目立たないように大統領選のドサクサにまぎれて発表したと Mercury News はいっている。

iPod 部門のトップを辞した Tony Fadell は、上級副社長からコンサルタントになったわけで、細君ともども副社長を辞するところをみると複雑な心境だと思われる。

アップルの PA Semi 買収については、Grand Central という並列プログラミングや開発対象プロセッサなど憶測が絶えないが、どうやらアップルは本気で自前のチップを開発するつもりのようだ。

だとすると、どんなチップを考えているのか。それはどんな製品に使われるのか。「single chip notephones」とは一体何なのか。ますます興味が湧いてくる。

原文を見る:Original TextJohn Markoff
原文を見る:Original TextPaul Murphy

Technorati Tags: , , , , , , ,

Read Full Post »