Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Hybrid Architecture’ Category

ARM とインテルの性能比較

アップルのポータブルマック(netbook/tablet)について Seth Weintraub が興味深い発言をしている。

Computerworld: “Intel-ARM hybrid Mac coming?” by Seth Weintraub: 10 February 2009

     *     *     *

ハイブリッドアーキテクチャ

前にも何度か触れたが、アップルは PA Semi の買収によって懸案の ARM プロセッサ強化を図ろうとしている。その動きのひとつは、中間ステップとしてポータブルマックに ARM とインテルのハイブリッドアーキテクチャを使用することだ。何故アップルはそんなことをするのだろうか。

I’ve talked a lot here before on how I think that, with the purchase of PA Semi,  Apple has long term plans to ratchet up its ARM usage.  One such usage, or transition, would be employing a hybrid ARM/Intel architecture for the Macintosh portable line.  Why would Apple do this?

     *     *     *

「携帯電話」モードと「Big Windows」モード

突如そんな考えが私に浮かんだわけではない。ARM の CEO Warren East が、デルおよび複数の匿名他社が2つのモードで作動する PC を製造中であることを明らかにしている。「携帯電話」モードでは、低消費電力でメールやウェブブラウジングが可能だ。メイン CPU を起動すると、普通の PC のような「Big Windows」モードになる。

First of all, the idea didn’t hit me out of the blue.  Warren East, ARM’s CEO, revealed that Dell and unnamed others are building hybrid PCs that have two modes: A mobile phone-like mode where you can do email and web browsing on very little power.  Then you can turn on the main CPU and have “Big Windows” mode that acts like a regular PC.

     *     *     *

ARM OS は金のなる木

いささか手間がかかるにしても悪いアイデアではない。しかし重要なことは、もしデルがやっているのなら、アップルだってやらないわけがないという点だ。アップルは ARM のライセンスを持つ PA Semi を買収した。いまや ARM OS(すなわち iPhone OSX)は金のなる木で App Store で出番を待っているというわけだ。想像してほしい、もし Mac OSX Leopard というフル OS の代わりに iPod touch OS を使えば、MacBook が1回のチャージで3日間でも動くのを!

Not a bad idea, if a bit complicated.  But more importantly, if Dell is doing this, why wouldn’t Apple, who bought an alleged ARM license with PA Semi and has an ARM OS (iPhone OSX) with a lucrative App Store waiting in the wings?  Imagine being able to run an iPod touch OS for three days on your MacBook on one charge instead of running full Mac OSX Leopard.

     *     *     *

Hackintosh も排除できる

またハイブリッドシステムならアップルにとってセキュリティ上のメリットもいくつかある。PA Semi の ARM チップでなければちゃんと作動しない設定にすれば、Hackintosh が Mac OSX を動かすのを防ぐこともできる。もちろんすぐにも可能というわけではない。アップルにはサポートすべきレガシーハードウェアもいろいろあるからだ。しかし数年もすれば、マックのハードウェアを OS に対応させるのはいずれ可能になるだろう。

This hybrid system could also allow Apple to enforce some additional security on their OS.  It could eliminate the ability of Hackintoshes to run Mac OSX by requiring a special PASemi ARM chip to work properly. This wouldn’t be an immediate fix, Apple has a lot of legacy hardware that will need to be supported.  But over the course of a few years, it could better tie the OS to the Mac hardware.

     *     *     *

インテルから ARM

現実問題としては、アップルの低消費電力マシンはインテルから ARM プロセッサへ移行するものと思われる。Pegatron(EEE で有名な ASUS の子会社)にはすでに ARM Cortex プロセッサ搭載の TI OMAP 3 シリーズというネットブックがあり、Ubuntu Linux で動く。販売価格は 200 ドルになるらしい。また私の理解では、ARM Cortex A8 プロセッサを搭載し、Android OS で動く同様な製品が、来月には数社から出荷されるはずだ。

Realistically though, it would be preparing Apple’s low power machines to go to ARM processors from Intel.  Pegatron (a spinoff of ASUS – of EEE fame) already has a Netbook based on an ARM Cortex processor – the TI OMAP 3 series and using Ubuntu Linux.  This product is supposed to sell for $200  My understanding is that a few more vendors will be shipping similar products based on ARM Cortex A8 processors and running Android OS in the coming months.

     *     *     *

あくまで推測だが・・・

もしアップルが低消費電力分野に進出したいと思うなら、ハイブリッド製品を出すのがベストではないか。

If Apple wants to enter this low power game, perhaps the best way to do so is with a hybrid setup.ハ

もっともこれは、単なる推測というか希望的観測にすぎないけれど・・・

But then again, this is all just wild-guessing and wishful thinking.

     *     *     *

さて、PA Semi の買収Papermaster の獲得に続くこのあとの展開はどうなるだろうか。ハイブリッドポータブル Mac の可能性は本当にあるのだろうか。

原文を見る:Original Text

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »