Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘FCC’ Category

Mending_Fence_by_Cynara_Shelton.jpg

Mending Fence by Cynara Shelton

我が道を行くアップルが最近グーグルやアドビなどと関係修復を図っている(fence-mending mode)ように見える、と Philip Elmer-DeWitt[Fortune ブログの Apple 2.0]が書いている。

Fortune [Apple 2.0]: “Apple mends a few fences” by Philip Elmer-DeWitt: 19 September 2010

     *     *     *

Google Voice

今週最も注目されたのは、アップルが GV Mobile +GV Connect などの Google Voice アプリを認める決定をしたことだ。グーグルを App Store から閉め出したのは14か月前のことだった。このため FCC[米連邦通信委]の査察を招くこととなった。早晩政府はこの件を終結するだろう(すでにそうしているかもしれない)。

Google Voice: The move that got the most attention this weekend was Apple’s decision to start approving Google (GOOG) Voice apps such as GV Mobile + and GV Connect 14 months after it threw them out of the App Store — a purge that triggered an FCC probe. Presumably the government will now close its books on the complaint, if it hadn’t already.

     *     *     *

デジタルニューススタンド

もうひとつ関心を呼んだのは Bloomberg が報じたニュースだ。新聞雑誌出版社に iPad の特別版を製作するよう働きかけていたアップルが、ついに iBook ストアによく似たデジタル新聞販売店(digital newsstand)を立ち上げるというニュースだ。これらの出版社は必ずしもアップルと良好な関係ではなかった。だから収入分配や購読者リストをめぐって交渉が行き詰まったと聞いたとき、いったい誰が悪いのかよく分からなかったものだ。

Apple newsstand: The other story getting some buzz is the report on the Bloomberg wire Friday that Apple, having invited newspaper and magazine publishers to create special iPad editions, is finally getting around to building a digital newsstand, similar to its iBook store, to showcase them. Those publishers are not particularly good neighbors themselves, so when we hear that negotiations over how to share revenue and subscriber lists have reached an impasse, it’s hard to know who’s more at fault.

     *     *     *

iPhone で Flash を認める

2週間前、アップルがクロスプラットフォームの開発ツールについてポリシーを翻したことがビッグニュースだった。アドビ Flash で書かれたアプリを App Store から排除する決定から5か月経っていた。FTC[米連邦取引委]の査察を避けるために態度を変えたのではないかと当時勘ぐられたものだ。もっともまだ問題なしとはいえない。Flash コンテンツのサイトは iPhone/iPad/iPod touch ではまだうまく動かないからだ。

Flash-to-iPhone: The big news two weeks ago was Apple’s policy U-turn on cross-platform development tools, reversing a five-month old ban than prohibited apps written in Adobe (ADBE) Flash from entering the App Store. There was speculation at the time that one reason for the change was to render moot an FTC’s probe. Apple may not be out of the woods yet, since websites with Flash content still don’t work properly on the iPhone, iPad and iPod touch.

     *     *     *

アンテナゲート

関係修復というより決着といった方がいいかもしれない。iPhone 4 の外部アンテナに関する苦情を Steve Jobs が公式に認め、問題が生じたすべてのひとへケースを無料配布することを決めたことによって、アップルに対する風向きを変わった。バンパー無料配布計画は今月をもって終わる。

Antennagate: This was not so much a fence being mended as a gate being closed. But Steve Jobs’ decision to publicly address complaints about the iPhone 4’s external antenna and offer a free case to anyone who was experiencing a problem did seem to set a new tone for the company. The so-called free Bumper program ends this month.

     *     *     *

人材引き抜き

人材引き抜きを防ぐため共謀して賃金を抑えたという疑惑について、その決着を図るため複数社が司法省と「事前打ち合わせ」に入っているといわれる。そのひとつがアップルだ。独禁法の民事訴訟で名前が挙がっているほかの会社は、グーグル、アドビ、インテル、Intuit、ウォルト・ディズニーなどだ。

Staff poaching: Apple is one of several companies reported to be in “advanced talks” with the Department of Justice to settle allegations that they colluded to hold down wages by agreeing not to poach each other’s employees. The other parties named in the civil antitrust complaint were Google, Adobe, Intel (INTC), Intuit (INTU) and Walt Disney (DIS).

     *     *     *

なぜ今なのか

それにしてもなぜ今の時点なのか。われわれとしては憶測するほかない。ところで今期会計年度はこの土曜日で終わる。もろもろのムダを整理するのに悪い時期ではない。

Why now? We can only speculate. We note, however, that Apple’s fiscal year ends on Saturday. Not a bad time to clear out some dead wood.

     *     *     *

FCC や FTC の影がちらつくのが気になるが、たしかに関係修復といえないこともない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Fcc Apple

FCC investigates…

連邦通信委員会(FCC)に対するアップルの回答が全文公開された。

ありがたいことにデベロッパとして App Store に精通する深津貴之氏が全文を訳しておられる。

fladdict: “Appleによる連邦通信委員会への回答 を翻訳してみた” by 深津貴之: 22 August 2009

全文公開をきっかけに多くの記事が書かれている。

なかでも Phil Schiller から回答を引き出した John Gruber の感想がたいへん興味深い。

Daring Fireball: “Choice Nuggets From Apple’s Response to the FCC’s Inquiry Regarding the Rejection and Removal of Google Voice Apps From the AppStore” by John Gruber: 21 August 2009

     *     *     *

アップルは拒否していない

アップルの回答は是非とも全文を読むべきだ。明瞭、簡潔なことばで書かれ、質問のほぼ全てに率直な回答をしている。いくつかの問題点をのぞけば・・・

Apple’s response is worth reading in its entirety; it is written in clear, plain language, and gives straight answers to nearly all questions. A few choice bits, though:

「提出された質問とは異なり、AppleはGoogle Voiceアプリケーションを拒否はしておらず、継続してこのアプリケーションを審査中である。」[以下アップルの回答については深津貴之氏の訳を引用させていただく。]

Contrary to published reports, Apple has not rejected the Google Voice application, and continues to study it.

この点は興味深い。いささか微妙な言い回しだが。最終的決定ではなく、アップルに再考の余地があると分ったのはいいことだ。しかしながらアップルが当該アプリを刊行しなかったという事実は残る。(この点については当初グーグルが「拒否された」ということばを使わなかった点も注目される。グーグルのスポークスマンは TechCrunch に対し「我々が6週間前に App Store に提出した Google Voice アプリをアップルは承認しなかった」といったのだ。)

That’s interesting, but it’s a bit of semantic hair-splitting. It’s good to know that the decision is not final and that Apple may reconsider, but the fact remains that Apple chose not to publish the app. (It’s also worth noting that Google’s initial statement regarding this did not use the word rejected either. Their spokesperson told TechCrunch: “Apple did not approve the Google Voice application we submitted six weeks ago to the Apple App Store.”)

     *     *     *

iPhone ユーザー体験を無効化する

「このアプリケーションは未だ承認がおりていないが、それは審査に提出されたものが、iPhoneのコアとなる電話機能とAppleのユーザー・インターフェースを、Google Voice独自の電話、テキストメッセージ、ボイスメールのインターフェースが置き換えてしまい、iPhone独特のユーザー・イクスペリエンスを変質させるのではないかと考えられている為である。

iPhoneのコア機能をスムーズに提供する、独特で革新的な方法を開発する為に、Appleは多大な時間と努力をついやした。例えば、ホーム画面の下部に常に表示さる”電話”アイコンは、お気に入りや履歴、コンタクトやキーパッド、ビジュアル・ボイスメール等を備えたAppleの携帯電話アプリケーションを起動する。Google Voiceのアプリケーションは、ボイスメールを別個に保存する独自Google Voice用の電話番号にルーティングし、iPhone内でボイスメールを保存することを妨害、つまりiPhoneのビジュアル・ボイスメールを無効化することで、これを置き換えてしまう。同様にSMSのテキスト・メッセージもGoogleのハブによって管理され、iPhoneのテキストメッセージの機能を置き換えてしまう。」[深津貴之 訳]

The application has not been approved because, as submitted for review, it appears to alter the iPhone’s distinctive user experience by replacing the iPhone’s core mobile telephone functionality and Apple user interface with its own user interface for telephone calls, text messaging and voicemail. Apple spent a lot of time and effort developing this distinct and innovative way to seamlessly deliver core functionality of the iPhone. For example, on an iPhone, the “Phone” icon that is always shown at the bottom of the Home Screen launches Apple’s mobile telephone application, providing access to Favorites, Recents, Contacts, a Keypad, and Visual Voicemail. The Google Voice application replaces Apple’s Visual Voicemail by routing calls through a separate Google Voice telephone number that stores any voicemail, preventing voicemail from being stored on the iPhone, i.e., disabling Apple’s Visual Voicemail. Similarly, SMS text messages are managed through the Google hubreplacing the iPhone’s text messaging feature.

私が読んだ感じでは、アップルにとって最大の問題は Google Voice アプリがダイアルやボイスメール、SMS などのユーザー体験を無効化し、変えてしまうことにあるのではないかと思う。これはまさにジョブズ的な考えだ。アップルが望むボイスメールとは唯一 iPhone にビルトインされたビジュアルボイスメールだけなのだ。

My reading of this is that Apple’s primary problem with Google’s Google Voice app is that it redefines the user experience for dialing, voicemail, and SMS. This strikes me as very Jobs-ian. The only voicemail Apple wants for the iPhone is the built-in Visual Voicemail.

     *     *     *

未解決の問題

アップルの回答は2つの問題に答えていない。(1)Google Voice に関連する他の3つのアプリ(グーグルのものではなく、しかも前から App Store にあった)がなぜ App Store から削除されたか、(2)SMS やダイアルに関する他のアプリはなぜ許されたのか、という問題だ。App Store で「dialer」と検索してみればそんなアプリがみつかる。

The problem with this explanation is that it doesn’t explain (a) why the three other Google Voice-related apps — which were not by Google, and which were already in the App Store — were removed from the App Store; and (b) why other apps which deal with SMS and phone dialing are allowed. Try searching the App Store for “dialer”.

     *     *     *

グーグルサーバに転送されるデータ

「さらに、iPhoneユーザーの連絡用データベースはGoogleのサーバに転送されるが、我々はそのデータが適切な目的のみに利用されるという確約を、Googleから未だ得ていない。これらの要素は、我々が現在まだ保留している、いくつかの新しい事柄と疑問点を浮き彫りにしている(訳注:presentに関する適切な語が無いため、ここでは「浮き彫りにする」という表現を使用)。」[深津貴之 訳]

In addition, the iPhone user’s entire Contacts database is transferred to Google’s servers, and we have yet to obtain any assurances from Google that this data will only be used in appropriate ways. These factors present several new issues and questions to us that we are still pondering at this time.

おもしろい。

Interesting.

     *     *     *

AT&T が反対したためか

この決定における AT&T の役割については:

Regarding AT&T’s role in this decision:

「Appleは独自に活動をしており、Google Voiceアプリケーションの承認可否に関する、AT&Tとの協議は行われていない。この件に関するAppleの意思決定に影響するAT&Tとの契約条件や暗黙の了解は存在しない。」[深津貴之 訳]

Apple is acting alone and has not consulted with AT&T about whether or not to approve the Google Voice application. No contractual conditions or non-contractual understandings with AT&T have been a factor in Apple’s decision-making process in this matter.

     *     *     *

問題の根源は・・・

この問題について私は当初あえて異を唱えていたが、アップルの回答を見るとその直感がかなり当っていたのではないかと思う。問題はグーグルとアップルが競合関係にあるということだ。言い換えれば、アップルとしてはグーグルの電話サービスが iPhone ユーザーにとってやさしく、かつシームレスなものになることを望んでいないのだ。

Based on Apple’s response, it seems my “devil’s advocate” hunch in my initial piece on this was pretty close to the mark: that it’s about Apple’s competitive relationship with Google. Put another way, Apple does not want to make it easy or seamless for iPhone users to use Google’s phone service.

     *     *     *

AT&T が反対しているという情報

加えて、アップルおよび AT&T の回答は、先に私が「信頼すべき筋」から得た情報とは完全に矛盾する。

Also, Apple’s response, as well as AT&T’s, completely contradicts the information I reported from “a reliable little birdie”:

「憶測はこのくらいにしておこう。信頼すべき筋によれば、iPhone の Google Voice アプリに反対したのは間違いなく AT&T だという。ことは左様にシンプルなのだ。」

Well, so much for my speculation. A reliable little birdie has informed me that it was indeed AT&T that objected to Google Voice apps for the iPhone. It’s that simple

この筋からの情報が入り次第またお伝えしたい。

Any future information from this source will be noted accordingly.

     *     *     *

部内審査プロセス

最後に、App Store の内部審査プロセスについて:

Finally, regarding the internal mechanics of the App Store review process:

「40人以上のフルタイムの審査員がおり、審査プロセスが一様となるようにそれぞれのアプリケーションに対して最低2人の審査員が調査を行う。またAppleはApp Storeに、手続きを決定し、審査プロセスの方針を決定する為にエグゼクティブによる審査会議を設けている。またこの会議では、新たな、あるいは複雑な問題を生じた為に上層陣の判断に送られたアプリケーションが審査される(訳注:この部分は構造が長く複雑である為、意訳および2つの文に分割した)。審査会議は毎週開催され、AppStoreを担当するシニアマネージャ達によって構成されている。アプリケーションの95%は提出から14日以内に承認されている。」[深津貴之 訳]

There are more than 40 full-time trained reviewers, and at least two different reviewers study each application so that the review process is applied uniformly. Apple also established an App Store executive review board that determines procedures and sets policy for the review process, as well as reviews applications that are escalated to the board because they raise new or complex issues. The review board meets weekly and is comprised of senior management with responsibilities for the App Store. 95% of applications are approved within 14 days of being submitted.

     *     *     *

膨大な数の審査

この幹部審査会が新しいもの・・・ある程度新しいものかどうかについて関心がある。

I wonder if the executive review board is new, or at least somewhat new.

「我々は毎週8500個におよぶ新しいアプリケーションとアップデートを受け取っており、そのうちのおよそ20%は当初提出された状態では承認できない。わずか1年強で、我々は200,000個のアプリケーションとアップデートを審査している。」[深津貴之 訳]

We receive about 8,500 new applications and updates every week, and roughly 20% of them are not approved as originally submitted. In little more than a year, we have reviewed more than 200,000 applications and updates.

アプリの数は非常に大きい。毎週 8500 本のアプリを 40 人の審査員が審査するということは、毎週1人当たり 212 本のアプリ、1日当たりでは 40 本のアプリということになる。

That’s a lot of apps. 8,500 per week with 40 reviewers works out to 212 apps per reviewer per week ム about 40 per day.

     *     *     *

アップルの全文公開については John Gruber 自身予想外だったと述べている。

App Store の審査プロセスを考える上で誰もが目を通すべき最重要文書となった。

そんな重要文書が全文日本語で読めるのはたいへんありがたい。しかも App Store の審査プロセスに精通するひとの翻訳だ。深津貴之氏の努力を多としたい。

FCC という国の介入をきっかけにさまざまなことが見えてくるようだ・・・

★→[原文を見る:John Gruber
★→[原文を見る:深津貴之氏訳

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »

No-Google-Voice-Iphone

Google Voice アプリが App Store から削除された

Google Voice アプリが原因不明の理由で App Store から削除される事態が生じたことから騒動が始まった。

CNN [Dow Jones]: “FCC Looking Into AT&T Rejection Of Google Voice App” by Fawn Johnson: 31 July 2009

     *     *     *

Google Voice アプリが発端

連邦通信委員会(FCC)は、人気 iPhone から Google Voice アプリが拒否されたことについて AT&T とアップルに対する調査を開始した。

WASHINGTON -(Dow Jones)- The Federal Communications Commission has launched an inquiry to AT&T Inc. (T) and Apple Inc. (AAPL) over the rejection of Google Inc.’s (GOOG) voice application for the popular iPhone.

金曜日に関係3社に対して発出されたレターでは、なぜアップルが Google Voice アプリを拒否し、「サードパーティ製アプリ」を App Store から削除したのかを質問している。

In letters sent late Friday to the three companies, the FCC asked why Apple rejected the Google Voice application for the iPhone and removed related “third- party applications” from its store.

同レターは、AT&T がその決定に関与するようなことがあったかどうかについても回答を求めている。

The letter also seeks information on how AT&T was consulted in the decision, if at all.

グーグルに発出されたレターでは、Google Voice アプリが如何なるものか、これまでもアップルの App Store で他のグーグル製アプリが承認されたことがあるかどうかについても質問している。

The FCC’s letter to Google asks for a description of the Google Voice application and whether Apple has approved any other Google applications for its store.

     *     *     *

独占的契約を問題視

今回の質問要求は、 電話の人気機種に関して携帯電話会社と端末メーカー結んでいる独占的契約について FCC が行なっているより広範な調査の一部をなすものだ。FCC 委員長の Julius Genachowski が木曜日に語ったところによれば、FCC としてはかかる独占的契約があるために地方の消費者が最新の電話を買えないのではないかという問題を調査したいとしている。

The request is part of a broader-ranging inquiry by the commission on exclusive deals between cell phone carriers and handset manufacturers for hot phones. FCC Chairman Julius Genachowski said Thursday that the FCC wants to look into rural areas where customers can’t buy the latest fancy phones because of such exclusive deals.

金曜日の会見で Genachowski は、「FCC にはワイヤレスの競争市場を育成するとともに、消費者保護と権利強化、技術革新と投資を推進する使命がある」と述べた。この質問状は「最善の政策決定を行なうために必要な事実およびデータを確保しようという FCC の積極的姿勢を示すものだ。」

In a statement Friday, Genachowski said the FCC “has a mission to foster a competitive wireless marketplace, protect and empower consumers, and promote innovation and investment.” The inquiry letters “reflect the Commission’s proactive approach to getting the facts and data necessary to make the best policy decisions.”

     *     *     *

FCC の介入でさらに事態は大きくなった。

アップルの秘密主義もやり玉にあがって何やら不穏な動きだ。展開次第では大問題になりかねない。

原文を見る:Original Text

     *     *     *

[参考]

Google Voice アプリの削除:

・AppleInsider: “Apple pulling Google Voice-enabled iPhone apps” by Aidan Malley: 27 July 2009
・TechCrunch: “Apple Is Growing Rotten To The Core: Official Google Voice App Blocked From App Store” by Jason Kincaid: 27 July 2009
・TechCrunch Japan: “Appleは芯まで腐ったリンゴになりつつある今度はGoogle Voice本体をApp Storeから追ん出す” by Jason Kincaid: 28 July 2009[iwatani 訳]
・Gizmodo: “Apple Rejects Official Google Voice iPhone App” by Matt Buchanan: 28 July 2009
・Endagdet: “Google Voice iPhone app rejected, current GV apps lose connection with iTunes” by Ross Miller: 28 July 2009
・Daring Fireball: “Apple Rejects Google Voice Apps From App Store” by John Gruber: 28 July 2009
・GigaOM: “The Fact & Fiction of Google Voice’s iPhone Rejection” by Om Malik: 28 July 2009
・TechCrunch: “Can AT&T Handle The iPhone?” by MG Siegler: 28 July 2009
・TechCrunch Japan: “iPhoneAT&Tの手に負えるのか?” by MG Siegler: 29 July 2009[Nob Takahashi 訳]
・Daring Fireball: “Update: It Was AT&T” by John Gruber: 28 July 2009

デベロッパの不満:

・Riverturn: “There’s No App for That“: 28 July 2009
・Daring Fireball: “Like Talking to a Brick Wall” by John Gruber: 29 July 2009
・Long Tail World: “iPhoneアプリ削除を知らせるアップル社員と開発者の会話:There’s No App for That – Riverturn” by satomi: 30 July 2009
・Gizmodo: “Apple’s Chickenshit Approval Process Has Gone Too Far” by matt buchanan: 29 July 2009
・TechCrunch: “AT&T: Don’t Blame Us For The iPhone’s Google Voice Ban” by Jason Kincaid: 29 July 2009

技術系ジャーナリストの反乱:

・stevenf.com: “[IMPORTANT NOTE]” by Steven Frank: 31 July 2009
・Daring Fireball: “Steven Frank Has Had Enough” by John Gruber: 31 July 2009
・The General Theory of RIAtivit: “Apple is Making the Case for iPhone Web Apps” by Mike Brophy: 31 July 2009
・TechCrunch: “I Quit The iPhone” by Michael Arrington: 31 July 2009
・Anil Dash: “Apple: Secrecy Does Not Scale” by Anil Dash: 31 July 2009

FCC の調査:

・CNN [Dow Jones]: “FCC Looking Into AT&T Rejection Of Google Voice App” by Fawn Johnson: 31 July 2009
・TechCrunch: “FCC Takes On Apple And AT&T Over Google Voice Rejection” by Jason Kincaid: 31 July 2009
・TechCrunch Japan: “FCCGoogle Voice拒絶の件でAppleAT&Tを調査まず質問状を送付” by Jason Kincaid: 01 August 2009[iwatan 訳]
・Reuters: “FCC seeks details on Google app rejection for iPhone“: 31 July 2009
・CNET: “Report: FCC inquires into Apple, AT&T rejection of Google Voice app” by Erica Ogg: 31 July 2009

Technorati Tags: , , , , , ,

Read Full Post »