Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Ecosystem’ Category

apple_bat_signal.jpg

Apple Cloud – Sam Spratt

アップルを含むハイテク産業にとって来年はサービス競争の年になると、投資家向けサイト Barrons が予想している。

Barrons.com: “Beyond Gadgets: The Services Brawl of 2011” by Tiernan Ray: 18 December 2010

     *     *     *

「サービス」の意味

ハイテク産業にとって軍資金を必要とする理由がますます顕著にになってくる。アップルもまた大きなチャレンジに対処しなければならない。iPad や iPhone の 2011 年の販売量がどうなろうと、アップルは競争力を「エコシステム」にシフトする必要がある。コンピュータ機器やソフトウェアだけでなく、「サービス」が大きな意味を持ってくる。サービスとは、コンテンツや諸機能がアップルデータセンターのコンピュータ上に存在するという意味だ。

[…] reasons for companies to hold onto their war chest will increase markedly. Apple, for one, will need to invest to meet a major challenge. No matter how many iPads and iPhones it sells in 2011, the competitive focus is shifting to the “ecosystem.” This comprises not just computing devices and software, but also “services,” which basically means content and functionality that is hosted on Apple’s own computers in its data centers.

     *     *     *

グーグルと互角に勝負

今やアップルは、iTunes からコンテンツを配信する世界一のオンラインミューシックベンダーだ。しかしこれは始まりに過ぎない。これからはグーグルと互角に勝負できることを示さなければならない。グーグルはすでに何年にもわたって個人のデータを扱い、デスクトップアプリケーションではなくインターネットそのものに関わってきたのだ。

Apple is already the No. 1 online music vendor in the world, serving up content from iTunes. That’s a start. But it will have to show it can go head-to-head with Google, which has spent many more years hosting individuals’ data and thinking about the Internet, not desktop applications.

     *     *     *

空中のジュークボックス

これに対抗すべくアップルはノースカロライナのデータセンターに10億ドルを投じてきた。これによってアップルのオンライン MobileMe は格段に強化されることが期待されている。例えばユーザーは、映画や音楽を自らのマックではなく、空中のジュークボックスに永久に保存することも可能になるのだ。

In response, Apple is investing $1 billion in a data center in North Carolina and it is widely expected that the facility will enhance Apple’s current MobileMe online application. It could, for example, become a big jukebox in the sky, where a customer’s movies and music are stored permanently, rather than residing on their Mac computer.

     *     *     *

増加する設備投資

確かにアップルは大きな設備投資に備えている。Robert Cihra[Caris & Co.]によれば、今年の設備投資は 55% 増の40億ドルになるという。もっぱらオンラインインフラの強化のためだ。

APPLE IS CERTAINLY GEARING UP for big investments. Its capital expenditures are expected to jump more than 55% this year, to $4 billion, according to Caris & Co.’s Robert Cihra, mainly for online infrastructure.

     *     *     *

プラットフォームの構築

アップル、グーグル、マイクロソフト、その他多くのハイテク産業は、プラットフォームの構築を競っているのだと Gene Munster[Piper Jaffray のアナリスト]はいう。ここでプラットフォームとは、コンテンツやコンピュータ能力をあらゆるデバイスに押し進めることだ。なかんずくタブレットコンピュータやスマートフォンのようなモバイルデバイスが中心であり、一方データは「クラウド」に存在するというわけだ。

Apple, Google, Microsoft (MSFT) and most other computing companies are competing to build a platform, in the words of Piper Jaffray analyst Gene Munster. The platform means all manner of content and computing functionality can be pushed to various devices, increasingly mobile devices such as tablet computers and smartphones, while the data resides in the “cloud.”

     *     *     *

クラウド

クラウドというのはハイテク業界の隠語で、サービスプロバイダーが管理運営するサーバーコンピュータの集合体を意味する。個人が管理するものについては通常いわない。

The cloud is tech-industry argot for collections of server computers managed by service providers, rather than maintained by the individual.

     *     *     *

アップルはウェブ企業

「10年前にアップルのことを家電メーカーだというのはバカげていた」と Munster は先週の電話インタビューで語った。「しかし今やバカげた話ではない。ではアップルがウェブ企業だと考えるのはバカげているだろうか?」

The thought of Apple being a consumer-electronics company 10 years ago was absurd,” Munster observed in a phone interview last week. “It’s no longer absurd. Now, is it absurd to think of Apple as a Web company?”

     *     *     *

データを人質に取る

問題はその理由だ。なぜコンピュータやスマートフォンを売るだけではないのか。なぜ「サービス」企業になる必要があるのか。ひとつの答えは囲い込み(lock-in)だ。アップルやグーグルはよく知っているのだ。ユーザーのデータをクラウドに取り込む(人質に取る)ことによって、ソフトやデバイスに対するユーザーの忠実度を確保できることを。そうすることによってユーザーが他のベンダーに逃げ出したりしなくなると考えているのだ。

The big question is, Why? Why not just sell computers and smartphones? Why become a “services” company? One answer is lock-in. Apple and Google know that by holding your data in the cloud, so to speak, they’ll retain your loyalty for their software and devices. The defection of customers to other vendors will decrease, or so the thinking goes.

     *     *     *

新手の競争相手

もうひとつの答えは、2011 年になると新手の新進企業が続々と登場してハイテク産業に対するプレシャーが増すからだ。Facebook は最近の個人的投資で時価総額が 550 億ドルに達すると考えられており、創業者 Mark Zuckerberg は弱冠26才の若さでタイムズ誌の表紙を飾る。Twitter の時価総額は40億ドルになんなんとしている。

Another answer: 2011 will bring more and more pressure on tech companies to compete with the new kids on the block. Facebook, whose founder Mark Zuckerberg is Time’s Person of the Year at the tender age of 26, is apparently valued these days at approximately $55 billion, based on recent private investments in the company. Twitter is approaching $4 billion in market cap.

     *     *     *

革新的であり続ける

さらにまたアップルやグーグルなどのハイテク企業にとっては、革新的であり続けない限り脱落するというプレシャーがあるからだ。

And still another answer is that Apple and Google and others are under pressure to keep innovating or fall behind.

     *     *     *

アップルに限らずどのハイテク企業も現金を溜め込んでいるのは、かかる変化に備えるためというわけだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記(12月21日)

元記事の全訳はこちら・・・

WSJ Japan: “BARRON’S / 【バロンズ】米アップル、11年はエコシステム構築に向けた投資が鍵 “: 20 December 2010

Read Full Post »


App Universe

App Universe

Charlie Stross の注目すべき論考がある。今現在 200 を超えるコメントが寄せられていることがその反響の大きさを物語っている。

「Steve Jobs が Flash を嫌う本当の理由」というタイトルで、Steve Jobs の公開書簡を踏まえて書かれたものだが、その内容はアップル対アドビの確執を遥かに超える視点を提供している。

Charlie’s Diary: “The real reason why Steve Jobs hates Flash” by Charlie Stross: 30 April 2010

     *     *     *

一か八かの賭け

私の考えはこうだ。Steve Jobs は、アップルの未来を・・・時価総額が 2000 億ドルをこす企業の未来を、新しいマーケットへの進出を目指す一か八かの勝負に賭けているのだと思う。目覚めた HP は森が燃えているの気付いた。2、3年遅れではあるけれど・・・。マイクロソフトはコールタールの穴にはまりこんで抜け出せずにいる。自らの住むすべてのエコシステムを焼き尽くす地獄の炎が迫っているのを理解できないのだ。そこら中にパニックの臭いが立ちこめている。

I’ve got a theory, and it’s this: Steve Jobs believes he’s gambling Apple’s future — the future of a corporation with a market cap well over US $200Bn — on an all-or-nothing push into a new market. HP have woken up and smelled the forest fire, two or three years late; Microsoft are mired in a tar pit, unable to grasp that the inferno heading towards them is going to burn down the entire ecosystem in which they exist. […]

     *     *     *

PC 産業の死

ともかく Steve Jobs の陥っている戦略的ジレンマとは、ひと言でいえばこういうことだ。これまで30年以上にわたり馴染んできた PC 産業そのものが死滅しようとしているのだ。

Anyway, here’s Steve Jobs’ strategic dilemma in a nutshell: the PC industry as we have known it for a third of a century is beginning to die.

     *     *     *

コモディティー化

PC はコモディティー商品に成り果てた。この10年で PC やラップトップの価格は実質50%も下落した。性能は事実上向上しているというのに。典型的なネットブックやデスクトップの儲けの利幅は10%以下だ。アップルはこの利幅の崩壊を、プレミアムマーケットに狙いを付けることで乗り切ってきた。アップルが自動車会社だとしたら、メルセデスや BMW、ポルシェ、ジャガーをひっくるめたようなものだったろう。それでも全体としての価格の下落は否めない。さらには PC 革命のおかげでどの価格帯をとってもマーケットは飽和状態にある。PC を必要とし、買える余裕のあるひとはすでに所有しているのだ。開発途上国のような一部のマーケットはいまだ成長を続けている。しかし価格ピラミッドからみれば底辺価格帯のものであり、マージンたるやほぼゼロに等しい。

PCs are becoming commodity items. The price of PCs and laptops is falling by about 50% per decade in real terms, despite performance simultaneously rising in real terms. The profit margin on a typical netbook or desktop PC is under 10%. Apple has so far survived this collapse in profitability by aiming at the premium end of the market — if they were an auto manufacturer, they’d be Mercedes, BMW, Porsche and Jaguar rolled into one. But nevertheless, the underlying prices are dropping. Moreover, the PC revolution has saturated the market at any accessible price point. That is, anyone who needs and can afford a PC has now got one. Elsewhere, in the developing world, the market is still growing — but it’s at the bottom end of the price pyramid, with margins squeezed down to nothing.

     *     *     *

サービスとしてのソフト

同じ時期にワイヤレスブロードバンドがやってきた。そして企業も個人もますますデータをクラウドへ移行している。(いいかえれば、グーグルのような大企業が所有し管理する無名のデータ倉庫にうずたかく積み上げられた無数のサーバーに保存しているのだ。)いかなるソフトウェアもサービスとして配信される。使用しているデバイスが、如何なるものであってもそうだ。電話、ラップトップ、テレビ、あるいは直接頭脳にインプラントされたものであっても・・・。いったい何故だ?それは誰もが(企業の誰もがという意味だが)そう信じるからだ。ハードウェアのコストが幾何級数的にゼロに近づくにも関わらず、サービスとしてソフトウェアを売りつづけることが出来れば儲けられると考えるからだ。ああ、それからディスク管理やバックアップ、アンチウイルスといったもろもろの面倒な管理業務が外部に委託できるということもある。

At the same time, wireless broadband is coming. As it does so, organizations and users will increasingly move their data out into the cloud (read: onto hordes of servers racked up high in anonymous data warehouses, owned and maintained by some large corporation like Google). Software will be delivered as a service to users wherever they are, via whatever device they’re looking at — their phone, laptop, tablet, the TV, a direct brain implant, whatever. (Why is this? Well, it’s what everyone believes — everyone in the industry, anyway. Because it offers a way to continue to make money, by selling software as a service, despite the cost of the hardware exponentially dropping towards zero. And, oh, it lets you outsource a lot of annoying shitty admin tasks like disk management, backup, anti-virus, and so on.)

     *     *     *

iPhone OS および iPad の意義

iPhone OS および iPad の意義は、オリジナル Macintosh がそれまでのコマンドライン PC とは一線を画したように、これまでのものと比較してまったく新しいユーザーインターフェイスを備えたアップルコンピュータが誕生したというだけのことではないと考える。むしろ、それはひとたびムーアの法則が失墜し、PC 産業のクレーターと利益を生めない荒野だけが残ったとき、アップルが未来のコンピューティングから取り残されない[relevant]ための壮大かつ野心的な挑戦なのだ。

My take on the iPhone OS, and the iPad, isn’t just that they’re the start of a whole new range of Apple computers that have a user interface as radically different from their predecessors as the original Macintosh was from previous command-line PCs. Rather, they’re a hugely ambitious attempt to keep Apple relevant to the future of computing, once Moore’s law tapers off and the personal computer industry craters and turns into a profitability wasteland.

     *     *     *

エコシステム

App Store と iTunes Store から Steve Jobs は学んだのだ。流通チャネルを自ら所有することが決定的に重要であることを・・・。たといハードウェアの扱いを止めても、データ(アプリ)へのアクセスを握っている限り、それから使用料を徴収するというビジネスモデルが可能なのだ。品質も(どんなものであれ)維持できる。マルウェアも排除できる。ライバルをやっつけることすらできるのだ。よく手入れされた App Store は事実顧客を惹き付ける。アプリを動かす OS の普及を図るためにも強力な武器となる。OS、ハードウェアプラットフォーム、そしてアプリが揃ってエコシステムとなるのだ。

The App Store and the iTunes Store have taught Steve Jobs that ownership of the sales channel is vital. Even if he’s reduced to giving the machines away, as long as he can charge rent for access to data (or apps) he’s got a business model. He can also maintain quality (whatever that is), exclude malware, and beat off rivals. A well-cultivated app store is actually a customer draw. It’s also a powerful tool for promoting the operating system the apps run on. Operating system, hardware platform, and apps define an ecosystem.

     *     *     *

クラウドコンピューティング

アップルは必死になって新しいエコシステムを育てようとしている。26年を経た Macintosh 環境に取って代わるものを、きっかり5年の間に成熟させようとしている。クラウドコンピューティング革命が PC 産業を押し潰すまでに残された時間をそう捉えているのだ。2015 年までの間に自らを全く異なるタイプの企業に変えることが出来なければ、アップルの命運は他の PC 産業と同じく、取り残された存在[irrelevance]と化してしまう。ぎりぎりの予算で取るに足らない利益を追求する、コモディティー部品を組み立てるだけの、どれをとっても変わらないサプライヤーのひとつに堕してしまうのだ。

Apple are trying desperately to force the growth of a new ecosystem ム one that rivals the 26-year-old Macintosh environment — to maturity in five years flat. That’s the time scale in which they expect the cloud computing revolution to flatten the existing PC industry. Unless they can turn themselves into an entirely different kind of corporation by 2015 Apple is doomed to the same irrelevance as the rest of the PC industry — interchangable suppliers of commodity equipment assembled on a shoestring budget with negligable profit.

     *     *     *

公開書簡の本気度

今この時点で、App Store というソフトウェアプラットフォームの成長を妨げるおそれのある脅威に対しては、激しい抵抗が起きることになる。Steve Jobs が(あるいは部下が)公開書簡に書いた内容を彼は本気で信じている。「Flash はクロスプラットフォームな開発ツールだ。アドビの目的はデベロッパが最良の iPhone/iPod/iPad アプリを開発することを支援するものではない。デベロッパがクロスプラットフォームを使ったアプリを書くのを支援するのが目的だ。」間違いなく彼は、アプリケーションエコシステムに注ぐべき集中力とエネルギーを、クロスプラットフォームアプリによって殺(そ)がれることを望んではいない。アップルがソフトウェア部門を有するハードウェア企業から、ハードウェア部門を備えたクラウドコンピューティング企業へ(ほぼグーグルに近い)と長期的に移行するのをサポートすることこそ長期的な目標なのだ。グーグルの Nexus One をきちんと理解するならば[?]そういうことなのだ。そうできなければ、無縁の闇に消えて行く PC 産業の長い死のスパイラルに与(くみ)することとなる。

Any threat to the growth of the app store software platform is going to be resisted, vigorously, at this stage. Steve Jobs undoubtedly believes what he (or an assistant) wrote in his thoughts on flash: “Flash is a cross platform development tool. It is not Adobe’s goal to help developers write the best iPhone, iPod and iPad apps. It is their goal to help developers write cross platform apps.” And he really does not want cross-platform apps that might divert attention and energy away from his application ecosystem. The long term goal is to support the long-term migration of Apple from being a hardware company with a software arm into being a cloud computing company with a hardware subsidiary — almost like Google, if you squint at the Google Nexus One in the right light. The alternative is to join the PC industry in a long death spiral into irrelevance.

     *     *     *

価値ある提案

2015 年までには iPad は進化しているだろう。7インチ[18センチ]スクリーンの小さなモデルや大きなデスクトップモデルも登場するだろう。さらに重要なことは新しいプロセッサを搭載するだろう。今日の Atom CPU の子孫[アップル製ツールの使用をデベロッパに求めていることで、App Store が新しい CPU アーキテクチャに容易に移行できる点に注目]か、Cortex A9 クラスの ARM コア[テューアルコア、2GHz 以上、現行機種より高速か、あるいは同じ性能でより低消費電力のもの]だ。しかし真にすばらしいのは、アップルのエコシステムに参加することで得られる外部便益[external benefit]こそ、PC 産業失墜のさなかで大金をごっそり儲けようする連中を引き寄せるだけの価値ある提案[value proposition]たりうる点だ。

The iPad by 2015 will have evolved. There will be smaller models with 7″/18cm screens, and larger desktop models. Most importantly they’ll be using newer processors, either a descendant of today’s Atom CPU (remember, Apple’s demand that developers only use Apple’s compiler toolchain mean that Apple can shift the app store to a new CPU architecture quite easily) or Cortex A9 class ARM cores — dual core, 2GHz, and up, vastly faster than the current machine … or vastly more energy-efficient at the same performance level. But where it will really shine — the value proposition that will keep punters forking over huge gobbets of steaming money, in the midst of a PC industry that’s cratering — will be the external benefits of joining the Apple ecosystem.

     *     *     *

2015 年の iPad

もしアナタが 2015 年に iPad を使っているとしたら、自宅にブロードバンドを引くことなぞ意に介さないだろう。どこにいても必要なときデータを得ることができるからだ。バックアップに気を使うこともなくなる。データは常にアップルのクラウドに保存されているからだ。ソフトウェアアップデートも気にしなくていい。すべてはバックグラウンドで自動的に処理されるからだ。面倒なこともないし、ワームやウイルスも、マルウェアも侵入しない。そうなるためには、ネットブック好きのマイクロソフト愛好者より余計なカネがかかるのは当然だ。その代わりアンチウイルスソフトでコンピュータが壊れるのではないかと心配せずに済む。アナタが使うのは、今日いう意味での「コンピュータ」ではない。それは、いつどこでも自分のデータにアクセスできる一群のデバイスに囲まれているということを意味するのだ。

If you’re using an iPad in 2015, my bet is that you won’t bother to have home broadband; you’ll just have data on demand wherever you are. You won’t bother yourself about backups, because your data is stored in Apple’s cloud. You won’t need to bother about software updates because all that stuff will simply happen automatically in the background, without any fuss: nor will worms or viruses or malware be allowed. You will, of course, pay a lot more for the experience than your netbook-toting hardcore microsofties — but you won’t have to worry about your antivirus software breaking your computer, either. Because you won’t have a “computer” in the current sense of the word. You’ll just be surrounded by a swarm of devices that give you access to your data whenever and however you need it.

     *     *     *

生き残りを賭けて

これがシリコンバレーにパニックの死臭が立ちこめる理由だ。これがアップルがセキュリティについてナチのようなパラノイアになる理由であり、HP がマイクロソフトの未来のメジャーなプラットフォームを見捨てて、失敗しかけた会社に10億ドル余を投じた理由だ。これがみんながグーグルを恐れる理由なのだ。

This is why there’s a stench of panic hanging over silicon valley. this is why Apple have turned into paranoid security Nazis, why HP have just ditched Microsoft from a forthcoming major platform and splurged a billion-plus on buying up a near-failure; it’s why everyone is terrified of Google:

PC 革命は終わりを告げようとしている。誰もが生き残りを賭けて狂奔しているのだ。

The PC revolution is almost coming to an end, and everyone’s trying to work out a strategy for surviving the aftermath.

     *     *     *

クラウドコンピューティングが大勢となった未来から振り返ると、Jobs の公開書簡の意味がよく見えてくるということだろう。

John Gruber もまた、事は未来に関係するのだとコメントしている。

Daring Fireball: “Charlie Stross on Apple’s Long-Term Strategy” by John Gruber: 30 April 2010

未来に関わる意思決定

アドビの Flash クロスコンパイラを利用したアプリをアップルが禁止しようとしているのは、現在が問題だからではない。10年先の未来のあり方を形作る意思決定を、今の時点で・・・自らが影響力を行使できる今の時点で行なおうとしていることが問題なのだ。HP が Palm を買収したのは、アップルの戦略に HP が気付いているからであり、自らもそれに加わろうと考えているからだ。そういう Stross の意見に私も賛成だ。

Apple’s decision to ban apps made using Adobe’s Flash cross-compiler isn’t about the present. It’s about making decisions now — exerting control while they have it — to shape the landscape of the entire industry a decade from now. And count me in with Stross — HP’s decision to buy Palm is a sign that HP understands Apple’s strategy and they want in.

     *     *     *

過去から今を見ているだけでは現在は分らない。未来から見て初めて分る・・・

原文を見る:Charlie Stross]
原文を見る:John Gruber

     *     *     *

追記:読者の感想(5月3日)

目についた感想を順不同で・・・

okemos:チャールズ・ストロスっていうから、あれ?って、思ったら、ほんとにSF作家のチャールズ・ストロスだった。

amori:SF作家のコメントというのが、ジョブスのビジョンの特異性を示しているようで興味深い。ビジネスの論理とは違う感性によるビジョンに基づいた未来図であることを期待したい。

ts7i:SF 的におもしろい。

idiotton:自分もこの見方だね。技術的な話じゃない。

ogwata:元記事の筆者、Charlie StrossはイギリスのSF作家和訳あり、以前はジャーナリストだった人。つまりこの論考はシリコンバレーの外側からの物。

k_kei1:また新しい波が起きるのかと思うとワクワク?

ChihiroHirose:次の革命がやってくる。モノ売ってる場合じゃね~

asonas:もっと、未来見ようぜ。

royhoshino:面白かったです。少なくとも2015年迄は生きて居たい。その時どうなってるか見てみたい。

birdiegr:「maclalala2 http://j.mp/aiefuQ」はIT業界に関わるものとして考えさせられる視点を与えてくれる。「自らが影響力を行使できる今の時点で」は健康問題もあるし納得。違和感が払拭される。元記事を紹介してくれた藤シローさんにも感謝。

vprtrl_yh:破壊的なイノベーションは破壊の先駆者でもあるAppleをも既に飲み込んでいた、と。面白い。

_danwaneji:とても面白い。ジョブスが想像しているであろう「コンピュータの未来」の推察。「よく手入れのされたAppStore」よく手入れのされたOS=MacOS に相似? という価値について。

miacis:“Steve Jobs、なんかとっても急いでいる感じが強い…

gohsuket:コンシューマーサイド・コンピューティングとして未来を考えたら、 まぁ、こうなるでしょね。あとはiPad, iPhoneが未だ母艦を必要とするって部分の処理が未定だが。

hatenkou001:だいたいその通りのような気がしたけど、、みんなクラウドって気持ち悪くないのかな?グーグルに個人情報握られる以上のハードルのような。

ku__ra__ge:データは全てクラウドに保存されて同期する必要がないのは、2010年現在アンドロイドが既に実現させてないか?

simzcom:“「ネットブック愛好者」の間ではとっくにクラウドが常識で、好きなときに好きなOSやデバイスからデータにアクセスしてますが何か…。

tunepolo:問題は、Appleはあまりネットワークが得意な企業じゃないことだよね

scorpiius:スマフォとクラウドで通信帯域幅は爆発的に必要になる事が認識出来てない人と、それ以外ほぼ同意見に不安www

hatoken:DIYの精神から、すでに遥か遠くにたどり着いてましたからね。make money moneyな自己実現

ichiroc:使いやすそうなマウスやUIでラッピングした処で、冷静に考えればパソコンは使いにくい。だから無くなる。チャンスと恐怖が大きすぎて次の物を誰もが作りたがってる..

pekodeco:ヨッパらっているせいか、何言ってるかサッパリ分からない^^;;

hisamura75:そんなことは誰の目にも明らか。問われるべきは、どうやってそういう「ビッグ・ブラザーのいる未来」を回避するか、ではないのか?/あのチャールズ・ストロスだったのかwww

Powerweb:PC 産業の死か、言われちゃうよねぇ

otachan:この議論、あいかわらず作る人がコマみたいに扱われてて、それをマンセーする人たちも多くて不快だな。未来もいいけどサ。

kokogiko:なんか単に、日本でキャリアをプレーヤとしてここ10年ほどに起きた事が、世界を舞台にプレーヤをデバイスメーカに移して起ころうとしてるだけに見える…。

ryuusagi:ハードウェアの時代が終了してソフトウェアの時代が来たとき日本の企業は生き残れるか

diabah_blue:残念ながら日本のメーカーは死ぬ。

n_y_a_n_t_a:必要と言われたものは渡すが大事なものは渡さないで商売が出来るようになったと。さらに顧客にとって大事なデータを人質にして永続的な課金。単純課金モデルと違って隙がない。日本のケータイキャリアには無理だな。

hjapanman:appleが目指すものは日本の携帯キャリアが実現済み。なのにキャリアはappleとandroidに自らの課金&webサービス提供プラットフォームをみすみす渡そうとしている。キャリアはただの無線回線屋に成り下がるつもりか?

egh90vw749kv:例えば目の前の餌、つまり「オープンOS」を採用し、グーグル製のサービスに依存するならば、日本企業はどうやって生き残るつもりなんだろう? ハードがコモディティ化しきった後は戦える武器が何も残っていないのに

Gustav13:色々書いてあるけど、端的に言えば『全力でひきこもりたい!』って言ってる日本のメーカーと変わらないよね

MIZ:もったいつけて書いてるからどんだけすごい理由かと思ったら、結局「独占したい」ってだけじゃないか。なら中途半端に外部に頼らずソフトウェアも全部自製しろってんだ。

TNakamura39:理由になっていない。流行のタームを並べてるだけ。

windy6001:“意味不明な、自己陶酔文章。。しかも長すぎる。。 Flashを、iPhone、iPadに入れたら、アプリプラットフォームが乗っ取られるから。で良いと思うけど?

     *     *     *

追記2:ギークの視点(5月7日)

Charlie Stross の論考に対するギークの反応が興味深い。

     *     *     *

TWiT 246

TWiT の今週のエビソードでも、その一端が窺える。

this WEEK in TECH: “TWiT 246: Two And A Half Journalists“: 02 May 2010

Charlie Stross の説を取り上げた Leo Laporte がみんなに水を向けるのだが[1h:06 ごろから]、一瞬沈黙が支配する瞬間があっておもしろかった。

Ryan Block[gdgt]の直後の発言が総括しているように思える。

「PC の終焉は前からある話だ。しかしそれをいうのはまだ早すぎる。iPad の成功だってこれから証明されねばならない。」

過去の技術の発展を知悉し、その延長上に現在を分析できるギークからすると、PC の終焉という未来からの視点[?]で現在を断じられてはとてもタマラナイということのようだ。

     *     *     *

John Gruber

アップルギークの Gruber も、Stross 説に反論することを忘れていない。

本文で紹介したコメントの後で、「アップルがソフトウェア部門を有するハードウェア企業から、ハードウェア部門を備えたクラウドコンピューティング企業へ(ほぼグーグルに近い)と長期的に移行するのをサポートすることこそ長期的な目標なのだ」という点については同意できないとしている。

Daring Fireball: “Charlie Stross on Apple’s Long-Term Strategy” by John Gruber: 30 April 2010

クラウドコンピューティングのインフラを強化してアップルのコアとなる能力に加えるべきだという点には同意する。しかしハードウェアビジネスはアップルにとって今後ますます重要になる。ライバルがマネできないソフトウェアとハードウェアの双方を造り出すことこそアップルの長期目標だと思う。デザインについてはアップルはすばらしいユーザー体験を造り出した。しかし収入をあげるという財務的観点からいえば、アップルはハードウェアを売ってカネを稼いでいるのだ。

Apple needs to add a strong cloud computing infrastructure to its core competencies, yes. But hardware is more important to Apple’s business now than ever. I think it’s Apple’s goal to produce both software and hardware that its competitors cannot compete with. From a design perspective, Apple creates an experience. From a financial perspective, though, Apple sells hardware.

     *     *     *

未来をどう捉えるかという点になると、ギークと SF 作家では大きな違いがあるようだ。

     *     *     *

追記3:興味深いメモ(5月12日)

つぎのエントリーがめっちゃ楽しかった。

・Apple Investors JP: “Jobs Flash を嫌う本当の理由” by fukuyas: 04 May 2010

・agehaメモ: “iPadなんてダレが買うんだ?“: 01 February 2010

Technorati Tags: , , , , , , ,

Read Full Post »