Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘Apple’ Category

jobs.ive_.jpg

Steve Jobs と Jonathan Ive

アップルの成功の原動力となっている Steve Jobs と Jonathan Ive について、Laula Sydell が興味深い記事をまとめている。

NPR: “Undesigned: The Symbiotic Relationship Of Steve Jobs And Jonathan Ive” by Laula Sydell: 30 December 2010

     *     *     *

Jives

Steve Jobs にはひそかなパートナーがいる。多くのひとが Jonathan Ive こそデザインに対するみんなの考えを変えた人間だという。

Behind the scene, Jobs has a partner. Many people attribute Jonathan Ive with changing the way people think about design.

アップルでは2人のことをよく「Jives」[Jobs + Ive]という。お互いにあまりに親密だからだ。2人は食堂で昼食をとりながら静かに語り合う。クパティーノ本社の庭を一緒に散歩する。

At Apple, people often refer to the two men as Jives — because they are so close. They often talk quietly over lunch in the company dining room, or stroll around the grounds of the Cupertino headquarters.

     *     *     *

共生的な関係

Ive と Jobs が 1990 年代に会って以来、2人は分かつことのできない関係にある。たくさんの聴衆の前で iPhone 4 のビデオ電話機能が紹介されたとき、Jobs が電話をかけたのは Ive だった。

Ive and Jobs have been inseparable since they met in the mid 1990s. When Steve Jobs stood on stage in front of hundreds of people and announced the video phone feature on the iPhone 4, he chose to make one call. It was to Ive.

「Steve と Jony Ive の関係はとても共生的(symbiotic)だ」と Leander Kahney[『スティーブ・ジョブズの流儀』(Inside Steve’s Brain)の作者]はいう。「Steve は Jony Ive が必要だし、Jony Ive も Steve が必要なのだ。」

“Steve’s relationship with Jony Ive is very symbiotic,” said Leander Kahney, the author of Inside Steve’s Brain. “Steve needs Jony Ive and Jony Ive needs Steve,”

     *     *     *

地下室に埋もれていた才能

1996 年に Jobs が復帰したとき、アップルは破産の危機に瀕していた。Jobs はすべてについて見直しを始めた。

In 1996, when Jobs returned to save a company on the brink of bankruptcy, he began an evaluation of everyone.

「Jobs は何百という試作品に囲まれた Johny Ive が地下室にいるのを見つけた。Jobs は才能が眠っていることに直ちに気づき、日の目を見させることにしたのだ」と Kahney はいう。

“He found Johny Ive in a basement surrounded by hundreds and hundreds of protypes,” said Kahney. “[Jobs] recognized immediately that he had a talent there that should be put to work.”

かくて Jobs は Ive に Mac コンピュータの刷新を命じた。

Jobs got him working on revamping the Mac computer.

     *     *     *

近づきやすく、怖くない存在

Jonathan Ive interview – YouTube]

アップルは決してメディアに対して内部の人間にインタビューすることを許さない。この記事についても一切協力していない。しかし Ive は英国テレビ Channel 4 で珍しくインタビューに応じ、デザインに対する考え方について語っている。

Apple almost never lets media talk to anyone inside the company and would not agree to be part of this story.

But Ive gave a rare interview about how the thinking behind the design for the first iMac to British television’s Channel 4.

「当時多くのひとびとがコンピュータやテクノロジーに対して不安な気持ちを抱いていた」と Ive はインタビューで語る。「だからゴールはハッキリしていた。いかにして製品を近づきやすく(accessible)、かつ怖くない(intimidating)存在にするかということだった。」

“A lot of people at that point in time were nervous around computers, around technology,” Ive said in the interview. “So a clear goal was how we could make the product accessible, not intimidating.”

     *     *     *

不屈と集中

1992 年に Ive を採用した元アップル社員 Robert Brenner は、Ive が不屈で容赦なかった(relentless)という。

Robert Brenner, who has since left Apple, hired Ive in 1992. He says Ive is relentless.

「真にいいものをマーケットに出すには不屈でなければならない。それが Jonathan の特質だったと思う」と Brenner はいう。「真に正しいものが得られるまで実に彼は集中していた。」

“You really have to be relentless to get good stuff out in the market and I think that is an attribute of Jonathan,” said Brenner. “He was very, very focused on getting it just right.”

     *     *     *

細部へのこだわり

Jobs もまた同じように細部へのこだわりを持っていると Kahneyはいう。iPod のプレス発表の前夜、ヘッドフォンを差し込んでもカチッという音がしないことに Jobs は気がついた。

Kahney says Jobs is equally obsessed with details. The night before the iPod was introduced to the press Jobs discovered that the headphone jack didn’t make a click when you plugged in the headphones.

「Jobs は全部を解体して、ハッキリとクリック音がするヘッドフォンジャックに取り替えるようエンジニアに命じた。みんなは徹夜して iPod を再包装し、ジャーナリストが翌朝使えるようにした。これってバカげてるっていうか、こんなことまで誰がやる? 誰も気づいたりしないのに?」と Kahney はいう。

“He ordered the engineers to dismantle them all and put in headphone jacks that made a nice, satisfying click,” said Kahney. “So these guys stayed up all night and then had to repackage the iPods in the morning to give the journalists and the reuses. It’s kind of nutsy. I mean who does that kind of thing. Who is going to notice?”

     *     *     *

まるでデザインされていないような(undesigned feel)

デザインについてのドキュメンタリー「Objectified 」の中で、Ive は彼の作品に見られる「まるでデザインされていないような感じ」(undesigned feel)について語っている。

In Objectified, a documentary about design, Ive talked about his products’ undesigned feel.

「ディスプレーに至るまですべてが異なる」と iPhone の大きな前面ガラスについて Ive はいう。「このような製品でわれわれがやろうとしていることの大部分は、実はデザインが邪魔しないようにすることなのだ。そうして形が徐々に固まり、恣意的なものではなく[必然的なものと]なったとき、まるで何もデザインされていないように感じるのだ。」

“Everything defers to the display,” Ive said about the iPhone’s big glass front. “A lot of what we seem to be doing in a product like that is actually getting design out of the way. And I think when forms develop with that sort of reason and they’re not just arbitrary shapes, it feels almost undesigned.”

     *     *     *

クリエイティブなコラボ

すべてをきちんと正しく行なうためには、Jobs と Ive の両方が必要だと Kahney はいう。「彼らはまさにクリエイティブなパートナーだ。2人は共同して仕事をする。クリエイティブなコラボレーションなのだ。」

To get it all right Kahney says it took Jobs and Ive together.

“They’re creative partners in the fullest sense. They work together. It’s a creative collaboration,” said Kahney.

そのコラボレーションの結果がうまく製品に実っているのは誰の目にも明らかだ。サムスンはじめ HTC など多くの企業がマネようとする。しかし Jobs と Ive のエキサイティングなデザインを造り出せるものは誰もいない。

And its hard not to notice that it’s a collaboration that has resulted in products so successful other companies — from Samsung to HTC — have tried to emulate. But, none create the kind of excitement of Jobs/Ive design.

     *     *     *

見えなくなるデザイン・・・それがアップルデザインの神髄だろう。

今年はどんなサプライズを2人のコラボは見せてくれるのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

これが iPad 2 の青写真?

iPad2_case_mold_drawings.jpg

[iPad 2 ケース金型の青写真]

Update:削除された青写真〉

MACお宝鑑定団発のニュースが世界を駆け巡って間もないが(こちらこちら)、どうやら 9 to 5 Mac が iPad 2 の青写真を入手したらしい。

9 to 5 Mac: “iPad 2 mold: back camera, tapered edges, new side port?” by Cleve Nettles: 29 December 2010

     *     *     *

iPad 2 ケース金型の青写真

この数週間、iPad 2 のケースだと称する話がネットに溢れた。中には iPod-touch に似たエッジが先細りになるデザインを採用するという未確認情報も含まれる。これらのケースには、大型スピーカーと思われる底部の開口部や背面部カメラと思われる開口部もある。これらのケースデザインがホンモノかどうか分からないが、9to5mac はアジアのケースメーカーから iPad 2 ケース金型の青写真をなんとか入手することができた。

Some purported iPad 2 cases hit the web over the last few weeks as well as some unconfirmed reports claiming the iPad 2 will gain an iPod-touch inspired design with tapered edges. These cases appear to show a new slot on the bottom for an enhanced speaker system as well as a hole for a back camera. These case designs are still of course unconfirmed to be legitimate but 9to5mac has managed to get a hold of some iPad 2 case mold drawings from an Asian case supplier.

     *     *     *

先細りのエッジ、背面カメラ

これら青写真から分かるように、エッジは明らかに先細りになっており、その背面は現在の iPad および過去の iPod touch のように緩くカーブしている。背面カメラのウワサもこれらの青写真で確認できる。我々のソースによれば、カメラ開口部の大きさは iPhone 4 のものに近いという。(同じような写真が撮れるかどうかは不明。)

As you can see in these drawings (above, below, and after the break) the edges are clearly tapered and the iPad 2′s back is slightly contoured like the current iPad and past iPod touch models. These drawings also add confirmation to the back camera reports and our sources say the camera hole size is close to the size of the iPhone 4′s (which may or may not indicate a similar shooter).

     *     *     *

新しいポート

青写真から分かる新しい情報としては、デバイスの左側にまったく新規のポートがあることだ。それが何を意味するものか分からないが、ともかく iPad 2 デザインの概念図には付いている。青写真では SD カードスロットのように見えるが、単に金型の一部かもしれない。iPad 2 にはミニ USB ポートないしはフル USB ポートが付くかもしれないという最近のウワサもあるので、これは3つのポートのいずれか、あるいはその組み合わせということかもしれない。

Some new information we have discovered through these drawings is a brand new port opening on the left side of the device. We’re not sure what this opening is for but it is there on these latest iPad 2 design schematics. On the drawings there appears to be an SD card going into the port but that could just be a piece of the case mold machine. The latest rumors point to either a mini USB or a full USB port being present on the iPad 2 so it very well could be one or a combination of the three ports.

     *     *     *

8.5 ミリの厚さ

さらには Foxconn からのウワサも少なからず聞こえてくる。次世代 iPad の厚さは 8.5 ミリになるというものだ。この数値が中心部で測ったものか、それとも先細りのエッジで測ったものかは明らかでない。ちなみに初代 iPad を中心部で測った厚さは 13.4 ミリだとアップルはいっている。

Additionally, we heard a few whispers out of Foxconn pointing to an 8.5mm dimension of thickness on the next generation iPad. It is unconfirmed as to where this measurement was taken as this could be on a tapered edge or in the center. For reference, Apple’s measurement for the center of the first generation iPad is 13.4mm.

     *     *     *

まず詳しいことは外部から明らかになっていく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉削除された青写真(1月1日)

その後 9 to 5 Mac のサイトからは iPad 2 ケースの青写真が削除され、つぎのようなコメントが載っている。

     *     *     *

アップデート:掲載した金型の青写真を削除するように(あまり気持ちがいいとはいえないやり方で)われわれは要請された。これは誰かさんの所有物だからというのだ。われわれは要請に従った。

Update, we’ve been told (not so nicely) to remove those mold drawings because they are the property of someone else. We’ve complied.

     *     *     *

一方ウォールストリートジャーナルは、9 to 5 Mac の記事の元になった Alibaba.com[中小企業のEコマースサイト]のリストが同じく削除要求を受けたことを報じている。

WSJ [China Real Time Report]: “The Mysterious Case of the ‘iPad 2′ Cases” by Owen Fletcher: 31 December 2010

     *     *     *

誰か分からないが、誰かが注目を浴びるのは望ましくないと考えたようだ。Alibaba.com はリストを削除せよとの要求を受けた。「これら製品が主張していることが正しいのかどうか分からないが、これらリストを削除するように正式の要請を受けた」と Alibaba Group のスポークスマン John Spelich が水曜日に語っている。

But someone—it’s unclear who—doesn’t seem to appreciate all the attention: Alibaba.com was asked to remove the listings. “We do not know whether these products are what they say they are, but we have received a legitimate takedown request and are removing the listings,” Alibaba Group spokesman John Spelich said Wednesday.

     *     *     *

Cease and Desit[排除勧告]なんて最近ではめずらしい・・・

Read Full Post »

ipad-mini.jpg

7インチ iPad

Steve Jobs が全面的に否定したにもかかわらず、またぞろ7インチ iPad のウワサが浮上している。

Chris Maxcer の意見がオモシロい。ちょっと視点を変えれば、7インチ iPad が登場する可能性はあるじゃないかというのだ。

MacNewsWorld: “Why Apple Might Be Game for a 7-Inch iPad” by Chris Maxcer: 14 December 2010

     *     *     *

小型 iPad のウワサ

新しいウワサで私がビックリしたのは、小型の iPad をアップルが出すという点だ。iPad mini や iPad nano ではなく(それじゃ iPod touch だ)、7インチサイズという新しい話だ。現行の iPad[9.7 インチ]と iPod touch[3.5 インチ]の中間サイズを計算すれば 6.6 インチになるが、それはどうでもいい。実際のサイズは、ひとつひとつのピクセルの大きさとスクリーン自体の作り方、それにアップルがその形状に収めようとするピクセルの数によって決まる。

What has surprised me, though, is the new rumor that Apple is planning on launching a new, smaller iPad. Not exactly an iPad mini or iPad nano (that would be the iPod touch, no?), but something new in the seven-inch screen size range. The current iPad screen is 9.7 inches, while the iPod touch screen is 3.5 inches on the diagonal. Oh, and in case you like math, the middle screen size between the two would be 6.6 inches — not that it matters exactly, anyway, because the actual size will have more to do with the number of pixels that Apple will want to fit into the form factor, along with the individual pixel size and manufacture of the screen itself.

     *     *     *

7インチでは十分でない

jobsbq.jpg

指だってすり減る・・・

でも Steve Jobs は公の席で小型タブレットをこき下ろしたのではなかったか? そうだ、確かにそうだ。10月の四半期決算発表で Jobs は投資家を前に「来月は雪崩のようにタブレットが登場する」と語った。ちゃんとしたものは少ないが、ほとんどみな7インチスクリーンを採用する、と。「7インチサイズでは偉大なるタブレットアプリを作るには十分ではない」とまでいったのだ。

But didn’t Apple CEO Steve Jobs just publicly bash little tablets? Yes, yes he did. In October on Apple’s quarterly financial report conference call with investors, Jobs took a moment to address an “avalanche of tablets poised to enter the market in the coming months.” He said that while there would only be a few credible entrants, almost all of them use seven-inch screens, and more to the point, a seven-inch screen size “isn’t sufficient to create great tablet apps.”

     *     *     *

中途半端な存在

さらに続けて Jobs は、7インチタブレットは中途半端な存在(tweener)で、スマートフォンに対抗するには大きすぎ、iPad と対抗するには小さすぎると語った。

He went on to say that seven-inch tablets are “tweeners” — too big to compete with a smartphone and too small compete with an iPad.

確かに彼は正しい。

He’s right.

     *     *     *

もっと考えればよかった

初めてこの話を聞いたとき、自分はこう思ったものだ。すべての新聞も雑誌も、すばらしい特別版の書籍も、さらにはウェブブラウジングも、これらはすべて iPad のために作られている。なのに「何故ミニタブレットを欲しがるひとがいるのだろう? 持ち運びには大きすぎるし、かといってちゃんとした仕事には小さすぎる」と考えたものだ。

In fact, when I first heard this, I thought about all the newspapers and magazines and awesome specialized books that are being created for the iPad — not to mention Web browsing — and I thought, “Why would anyone really want a mini-tablet, anyway? They are too bulky to easily carry around and yet far too small for serious work.”

しかし、もっと考えてもよかったのだ。

There’s more to consider, though.

     *     *     *

7インチでも結構大きい

この週末、近くの AT&T ストアでサムスンの Galaxy Tab に触る機会があった。結構大きいことに正直いってビックリした。iPad スクリーンのすばらしさには敵わないが、それでも新しい体験だった。このサイズならEブックの読書にも、カーナビにも、メールをたくさんこなすのにも、そして持ち運びの便利なタスクマネージャとしても、なかなかすばらしいと思った。

Over the weekend, I had a chance to play with a Samsung Galaxy Tab at my local AT&T (NYSE: T) store. Frankly, I was surprised at how large it was. While nowhere near the excellence of the iPad’s screen, it really did represent a new sort of computing experience. The size would be great for reading e-books, using as a dashboard navigation system, and still you could slam your way through a heckuva lot of email, not to mention have a much more portable and useful task manager.

     *     *     *

ウワサが実現するには?

7インチ iPad のウワサはなかなか消えない。アップルがこのサイズの iPad を製造するだろうというものだ。ではそれが現実のものとなるにはいったい何がどうなればいいのだろうか?

OK, say that this rumor actually has legs and that Apple is going to produce a 7-inch form factor iPad. What stars would need to align to let this slip into daylight?

     *     *     *

iPad の名前をやめる

まず「iPad」という名前をやめればいいのだ。そうでなくてもアップルにはすぐ使える「iPod」という名前がある。Jobs はこういえばいいのだ。これはタブレットではない。たとえ iOS で動いてもタブレット体験を提供するものではない、と。「iPod G」と呼べばいいのだ。

First, Apple could forego calling it an “iPad.” Apple has a handy foundational name to use already: iPod. Jobs could say that it’s not a tablet, not meant to offer a tablet experience — even though it runs iOS. He could call it the “iPod G.”

     *     *     *

G はゲームの G

「G」とは何か? もちろん「ゲーム」のことだ。App Store はすばらしいゲームではち切れんばかりだ。毎日のように大人も子供も iOS ゲームのために現ナマをはたいている。巨大なマーケットだ。もし Jobs が小型 iPad を出したいと思えば、そしてなお7インチサイズの競争相手をこき下ろしたいと思えば、ゲームモデルを出せばいいのだ。iPad の名前を使ったってかまわない。iPad G と呼べばいいのだから。彼のマーケティングの才をもってすれば、7インチをめぐる議論なんてカンタンに片付けられるハズだ。

And what would the G stand for? Games, of course. The App Store is busting [sic] at the seams with fantastic games, and consumers (and kids) are shelling out real money everyday for iOS games. It’s a huge market. If Jobs wants to offer up a smaller iPad — and still publicly put down the 7-inch form factor competition — he can do it by offering a gaming model. Heck, he could even use the same iPad name, but call it the iPad G, and with his marketing skills, he can spin the public 7-inch poo-pooing easily enough.

     *     *     *

前言を翻す

もちろん Jobs は自分もアップルも間違っていた、ないしはいささか誤解していたといって小型 iPad を発表することもできる。・・・あるいはまた、アップルの顧客が中間サイズのデバイスを本気で欲しがっているのを知って驚いたといってもいい。滅多にないことだが、Jobs は前にも前言を翻したことがある。そうなっても驚かない。

Of course, Jobs could also announce a small iPad and simply say that he and Apple were wrong or somewhat mistaken … or maybe even surprised to learn that Apple customers really did want a midsize device. Jobs has backpedaled before, but it’s a rare activity. I’m not holding my breath.

     *     *     *

売れること間違いなし

それでも、7インチの iPad だろうと iPod だろうと、ビッグブラザーの iPad より少し値段を安くすれば、売れること間違いなしだ。

But still, a 7-inch iPad or iPod, especially one that’s priced slightly less than the big brother iPad, would certainly sell well.

     *     *     *

そうか、「iPad」とさえ考えなければ7インチもありということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ひと足お先に iPad mini

Jimmy_Lin_with_mini_iPad.jpg

日本発の iPad ニュースが世界を駆け巡った

MACお宝鑑定団のニュースと Taiyo Fujii 氏のレンダリング画像だ。

内容は中国情報筋の話を紹介したものだ。

ウワサという点では中国は常にひとの先を行く。

どうやら iPad 2 らしき実物まで登場しているらしい・・・

M.I.C. Gadget: “Taiwan Pop Star Leaks iPad Mini” by By Herman Lai: 21 December 2010

     *     *     *

Jimmy Lin のリーク

なんとなんと、台湾の人気歌手 Jimmy Lin[林志穎]が iPad mini をリークしている。2つのデバイスを抱えた自分の写真[冒頭]を昨日ブログに投稿した。ひとつは現行の iPad、もうひとつは小型の iPad だ。投稿のタイトルは「新しいオモチャ mini iPad」。

What a surprise! A famous Taiwan pop star Jimmy Lin posted a picture of himself holding two devices on his Sina Microblog yesterday – one is the current-generation iPad; the other, a smaller sized iPad! The topic of his message is, “New toy mini iPad”.

     *     *     *

RAmos W11?

ramosw11_vs_ipad.jpg

iPad vs RAmos W11

これって Shanzhai の7インチタブレット RAmos W11 ではないかと思うがどうだろうか?

And, we think the device looks like a shanzhai tablet “RAmos W11“. Let me show you the photo of it after the break.

This is RAmos W11, what do you think?

     *     *     *

プロトタイプ?

ブログによせられたコメントは 2726、リツイートは 3623 回にも及んでいる。これはまだプロトタイプだと Jimmy はいっている。1才の息子が遊ぶのにちょうどいい大きさだとも・・・

So far, his post has received over 2,726 comments and been retwitted 3,623 times. Jimmy responds in the message, saying it is a prototype and the size is good for his one year old son to play with.

     *     *     *

ホンモノ?

彼は人気歌手と同時に優れたレーシングドライバーでもあり、またテクノロジー会社を興して成功している。だから中国のネチズンの中にはこれはホンモノの mini iPad だというものもいる。誰か Steve Jobs に確かめてみたら・・・

Besides being a pop star, he is also a very great racing driver and ever founded a very successful technology company. Therefore, some Chinese netizens are saying that what he is holding is a real mini iPad. Maybe someone should ask Steve Jobs about it.

     *     *     *

いろんなウワサが出回ってきたところをみると、iPad 2 もいよいよ射程内に入ってきたということか。

小型 iPad というところが特に気にかかる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

mcc_calendar.jpg

Computerworld がオモシロいカレンダーを載せている。来年のアップル製品発表予想だ。

Computerworld Blogs: “Collected: Apple’s busy diary for 2011” by Jonny Evans: 21 December 2010

     *     *     *

来年はどうなる?

アップルにとって 2011 年もまたたいへん多忙な年になりそうだ。iPhone 5、iPad 2.0 から Mac App Store まで、耳に飛び込んでくる話もたくさんある。アップルは来年どんなスケジュールで製品を発表するのだろうか?

Apple’s [AAPL] gearing up for a busy, busy year in 2011. We’re already expecting the iPhone 5 and iPad 2.0, we’re looking forward to the Mac App Store and more. So what events and product releases might feature in Apple’s 2011 schedule?

     *     *     *

架空の製品発表カレンダー

そこで過去の知識と経験、アップルの製品発表サイクルなどに基づいて、アップルの 2011 年の架空の製品発表カレンダーを作ってみた。これを投資の参考にしようなどとは思わないでおくれ。私にはインサイド情報なんてないし、すべては公開された情報に基づく推測だ。まあ、それを念頭において、ゆっくりと楽しんでくれ給え・・・

I’ve looked into my tea leaves, done some educated guessing and mulled over typical Apple release patterns to create an almost completely fictitious diary for Apple’s 2011. Don’t bet your investments on this work of fiction (I’m not claiming any inside view here, it is all based on open speculation), with these caveats in mind I’d like to invite you to sit back and enjoy the ride:

     *     *     *

1月:

ビジネス向け Mac App Store の開店

・速くて薄くてカメラ付き iPad 2.0 の発表、4月までには出荷

・第1四半期決算発表、マック大幅増、素晴しい iPad の売れ行き、非常に堅調な iPhone 関係

・iWork 11 が App Store から登場

・News Corp. から The Daily マガジン登場

• Mac App Store opens for business

• Apple introduces the iPad 2.0 — faster, thinner, new cameras, shipping “by April”.

• Apple reports Q1 results — confirm huge Mac sales growth, stellar iPad sales and extremely strong iPhone statistics.

• iWork 11 makes App Store debut.

• News Corp. ships ‘The Daily’ magazine

     *     *     *

2月:

・Aperture のアップグレード

・Mac App Store 100万ダウンロードを達成、iWork および様々な無料ゲームアプリが大成功を納める

・iAds の春期パートナー発表、ただし収入の議論は行なわれず

・iTunes のアップグレードでテレビ番組のストリーミングと講読サービスに対応、ケーブル会社の株価急落

• Aperture upgraded

• First million apps downloaded from Mac App Store, iWork and a variety of free gaming apps see huge success.

• iAds spring partners unveiled, though Apple skips discussion of revenue.

• iTunes update brings TV show streaming and subscription services. Cable company shares take a dive.

     *     *     *

3月:

・Verizon から iPhone 登場

・ホワイト iPhone の出荷、ただし数量はタイト

・iBookstore のアップデートでウェブが書籍へ

・iBookstore/iTunes Extra タイトル作成ツールの公開、これもまた将来の iLife スィートに加わるか?

• iPhone hits Verizon

• White iPhone ships, but supplies deeply constrained

• iBookstore update brings the Web to books

• iBookstore/iTunes Extra title creation tool revealed, will this be part of future iLife suite?

     *     *     *

4月:

・MacBook Pro ラインのアップグレード、一部モデルは光学式ドライブ廃止、SSD を標準仕様に採用、Jobs いわく「これがモバイルコンピューティングの将来だといったが、今でもそう信じている」と

・第2四半期決算発表

・初めて iPad 2.0 が小売店に登場、初日で100万台売れる

・Final Cut Studio が 64-bit にアップグレード、強力な iAd とバーチャルリアリティ構成技術を統合

・iMac のアップデートで Magic Trackpad が標準仕様に

• Apple upgrades MacBook Pro range, some models lose optical drives and gain SSD as standard. “We said this is where mobile computing is going, we still believe this,” says Jobs.

• Apple reports Q2 results

• iPad 2.0 hits retail for the first time, over a million sold on day one.

• Final Cut Studio upgrade is 64-bit and integrates powerful iAd and virtual environment creation features.

• iMac update now ships with Magic Trackpad as standard.

     *     *     *

5月:

・iPad 2.0 の販売が2か月で600万台突破

・Logic Studio アップグレードの出荷、ライブパフォーマンスのミキシング、ライブレコーディングの自動レベルコントロール等の機能を追加

• iPad 2.0 achieves six million sales in first two months.

• Logic Studio upgrade ships, now offers additional features for live performance mixing, including automated level controls for live desk recording.

     *     *     *

6月:

・Steve Jobs の WWDC キーノート

・WWDC で iPhone 5 発表

・OS X Lionのデベロッパ向けリリース

・Safari 6 が Flash をサポート、Flash はオプションとなる

・OpenJDK Project により OS X Lion および Snow Leopard 向け Java パブリックベータの完全テスト結果を発表

・iOS 5 が地図および位置特定ツールなど各種機能に対応、アップルは位置情報の使い易さに注力するとともにプライバシーにも配慮

• Steve Jobs keynotes WWDC

• iPhone 5 debuts at WWDC

• WWDC sees beta release of OS X Lion to developers.

• Safari 6 offers improved Flash support — Flash now an optional extra.

• OpenJDK Project announces first fully-tested public beta of Java for OS X Lion and Snow Leopard systems.

• iOS 5 offers plethora of features, including new mapping and location-sensing tools. Apple focuses its pitch on easy-to-use and understand privacy controls for location and usage information.

     *     *     *

7月:

・iPhone 5、iPad 2.0 が新しい国々にも到着

・第3四半期決算発表

・アップルデスクトップ製品のアップグレード、Magic Trackpad は標準仕様に、Mac Pro は LightPeak への接続可能に

• iPhone 5, iPad 2.0 reaches new countries

• Apple reports Q3 results

• Apple desktop products upgraded, now ship with Magic Trackpad as standard. Mac Pro now boasts LightPeak connectivity.

     *     *     *

8月:

・スペシャル音楽イベントの開催、9月出荷の新製品(次項以降)を発表

・iPhone 用 Android エミュレータを発表、Jobs いわく「Android にもいいアプリがあるが、これで iPhone でも使えるようになる。ただし Flash はダメだが・・・」

・地獄も凍りつくが(決してあり得ないことだが)、iTunes アプリが Android ユーザーに対しお気に入りのストアから音楽を購入することを可能にする

• Apple hosts special music event, introduces new products which ship in September (see below).

• Apple introduces Android emulator for iPhone, “There’s some good apps on Android, now iPhone users can run them on their iPhone, unless they use Flash,” says Jobs.

• Hell freezes over, iTunes app lets Android users purchase music from their favorite music store.

     *     *     *

9月:

・iTunes 11 の出荷、音楽をクラウドに保存することが可能になる、「長い間これに取り組んできた」と Steve Jobs

・新しい iPod touch の出荷、筐体は iPhone 4 により近く、容量はより大きく

・iPhone nano が iPod nano に取って代わる、時計のように着用でき、A4 プロセッサを搭載、音声電話にも対応、この小型で安価な iPhone の機能は限定されているが、Tweet、Facebook、移動中のメールにも対応

・iPod classic のスピード増加

・Apple TV に最新の A5 プロセッサ採用か?

• iTunes 11 ships, offers cloud-based music locker service. “We’ve been working on this for a while,” admits Steve Jobs as he introduces the service.

• New iPod touch ships, chassis is more like the iPhone 4, capacity increased.

• iPod nano replaced by iPhone nano, worn like a watch and equipped with an A4 processor and the capacity for voice calls, this smaller cheaper iPhone is feature-limited but lets you Tweet, Facebook and email on the move.

• iPod classic gets speed bump.

• Apple TV gains latest (A5?) processor.

     *     *     *

10月:

・Mac OS X Lion の出荷

・iOS/OS X を統合する iOS 5.1 登場

・初めて App Store 限定となる iLife が登場、クラウドベースの機能を追加

・第4四半期決算発表

• Mac OS X ‘Lion’ ships

• iOS 5.1 debuts, extends iOS/OS X integration.

• iLife 12 appears, equipped with additional ‘cloud’-based features this is the first version of iLife to be made available exclusively via the App Store.

• Apple reports Q4 results.

     *     *     *

11月:

・iOS 5.2 アップグレードの出荷

• iOS 5.2 upgrade ships

     *     *     *

12月:

・App Store のダウンロード50億を達成

・Mac App Store のダウンロード1億を達成

・iPhone nano の販売が500万台を越えたことをアップルが確認、クリスマスシーズンに向けて値段を引き下げ

• App Store downloads now reach 5 billion

• Mac App Store downloads reach 100 million

• Apple confirms 5 million iPhone nano sales, cuts price for Christmas market.

     *     *     *

はてさて、いくつ当たるかは別として、来年もアップルの話題は尽きないようだ。

なお、絵で見る 2010 年回顧はこちら・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

steve-jobs.jpg

Pascal-Emmanuel Gobry がアップルのマーケティング手法についてオモシロいことをいっている。

Silicon Alley Insider: “Apple’s Cleverest — And Most Annoying — Marketing Gimmick” by Pascal-Emmanuel Gobry: 18 December 2010

     *     *     *

卓越したマーケティング手法

ことマーケティングに関する限り、アップルが史上最も優れた企業のひとつであること、Steve Jobs が非常に細部にまでこだわることについては誰しも認めるところだろう。この二つの点は些細なことかもしれないが、アップルが用いる卓越したマーケティング手法(marketing gimmick)なのだ。毎日のようにアップルが用いていても、それが非常に賢いやり方であると同時に(少なくとも自分とっては)非常に気に障るものであることに気づくひとは少ない。

It’s universally acknowledged that Apple is one of the best companies in history when it comes to marketing, and that Steve Jobs is a very detail-oriented man. An example of these two things is a tiny, but great marketing gimmick that Apple uses. Even though they use it nearly every day, we bet you haven’t noticed It’s both extremely smart and extremely annoying (at least to us).

     *     *     *

製品をヒト扱いする

それはこういうことだ。アップルは自社製品を指すのにモノではなくヒトを指すみたいに文法上扱うのだ。

Here it is: Apple refers to its products grammatically as persons and not as objects.

Steve Jobs が iPod や iPhone、iPad について語るとする。彼は「the iPhone does this」とか「the iPhone does that」という代わりに「iPhone does this」とか「iPad does that」というのだ。前者はモノを指す言い方であり、後者はヒトを指すとき使う言い方だ。[注:モノには冠詞がつくが、ヒトは固有名詞なので冠詞がつかない。]

If Steve Jobs is talking about an iPod, an iPhone or an iPad, he will say “iPhone does this” or “iPad does that”, instead of “the iPhone does this” and “the iPhone does that.” You would use the former version to refer to a person, and the latter to an object.

     *     *     *

意識下のメッセージ

これは非常に賢いやり方だ。あまりに微妙で気づかないからだ。ほとんどのひとは気づいていないと思う。うまくいくのはまさにこういうやり方なのだ。そうすることでアップルについて強力な意識下のメッセージ(subliminal messages)を送り出すのだ。われわれの製品はユニークでとても貴重だ、と。同じく重要なことだが、われわれは自社の製品を語るのに競合他社と同じやり方はしない、とも。

It’s extremely smart because it’s so subtle. We’ll bet most people haven’t noticed it. And yet it’s exactly the kind of thing that works. It sends a bunch of powerful subliminal messages about Apple. Our products are unique and very valuable. Perhaps as importantly: We don’t speak about our products in the same way as our competitors.

     *     *     *

意図的に

一旦気がつくと、そこら中その例で溢れている。Steve Jobs はキーノートでそういう言い方をする。アップルは広告でそうする。実際に Mac vs PC のコマーシャルではそれぞれの製品を代表していたのはヒトだった。アップルが意図的にそうしているのは間違いないし、それが効果的であることも間違いない。

Once you pay attention to it, you see it everywhere. Steve Jobs does it in his keynote speeches, Apple does it in its ads. And of course in the Mac vs PC ads the products are represented by actual people. There’s no way they’re not doing it on purpose — and there’s no way it doesn’t have an effect.

     *     *     *

なぜ気に障るのか

しかしそれが気に障るのはなぜだろうか? こう考えるのは自分だけかもしれないが、巨大企業が自社製品を買ってもらうのにそれをヒト扱いするなんで、なんとなく気味が悪いという点がひとつ。もっと重要なことは、自分が文法にうるさいことだ。こと文法に関してはアップルが実にひどい会社であることは「Think Different」を見ても明らかだ。

But why is it so annoying? Well first of all, maybe we’re alone, but there’s something just faintly creepy about a giant corporation who wants you to buy their products talking about them as if they were persons. But more importantly, it’s annoying because we tend to be sticklers for grammar, and Apple is one of the most egregious companies on this front (“Think Different”?!).

     *     *     *

細部にまで注意を払う

それにしても、アップルがかかる細部にまで注意を払い、マーケティングに通暁していることには感心せざるを得ない。

And yet, we can’t stop admiring Apple’s attention to detail and marketing savvy.

     *     *     *

潜在意識に働きかける意識下のやり方こそ最高のマーケティングというわけだ。

ところでこの文章は、ほんとうにアップルを褒めているのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

apple_bat_signal.jpg

Apple Cloud – Sam Spratt

アップルを含むハイテク産業にとって来年はサービス競争の年になると、投資家向けサイト Barrons が予想している。

Barrons.com: “Beyond Gadgets: The Services Brawl of 2011” by Tiernan Ray: 18 December 2010

     *     *     *

「サービス」の意味

ハイテク産業にとって軍資金を必要とする理由がますます顕著にになってくる。アップルもまた大きなチャレンジに対処しなければならない。iPad や iPhone の 2011 年の販売量がどうなろうと、アップルは競争力を「エコシステム」にシフトする必要がある。コンピュータ機器やソフトウェアだけでなく、「サービス」が大きな意味を持ってくる。サービスとは、コンテンツや諸機能がアップルデータセンターのコンピュータ上に存在するという意味だ。

[…] reasons for companies to hold onto their war chest will increase markedly. Apple, for one, will need to invest to meet a major challenge. No matter how many iPads and iPhones it sells in 2011, the competitive focus is shifting to the “ecosystem.” This comprises not just computing devices and software, but also “services,” which basically means content and functionality that is hosted on Apple’s own computers in its data centers.

     *     *     *

グーグルと互角に勝負

今やアップルは、iTunes からコンテンツを配信する世界一のオンラインミューシックベンダーだ。しかしこれは始まりに過ぎない。これからはグーグルと互角に勝負できることを示さなければならない。グーグルはすでに何年にもわたって個人のデータを扱い、デスクトップアプリケーションではなくインターネットそのものに関わってきたのだ。

Apple is already the No. 1 online music vendor in the world, serving up content from iTunes. That’s a start. But it will have to show it can go head-to-head with Google, which has spent many more years hosting individuals’ data and thinking about the Internet, not desktop applications.

     *     *     *

空中のジュークボックス

これに対抗すべくアップルはノースカロライナのデータセンターに10億ドルを投じてきた。これによってアップルのオンライン MobileMe は格段に強化されることが期待されている。例えばユーザーは、映画や音楽を自らのマックではなく、空中のジュークボックスに永久に保存することも可能になるのだ。

In response, Apple is investing $1 billion in a data center in North Carolina and it is widely expected that the facility will enhance Apple’s current MobileMe online application. It could, for example, become a big jukebox in the sky, where a customer’s movies and music are stored permanently, rather than residing on their Mac computer.

     *     *     *

増加する設備投資

確かにアップルは大きな設備投資に備えている。Robert Cihra[Caris & Co.]によれば、今年の設備投資は 55% 増の40億ドルになるという。もっぱらオンラインインフラの強化のためだ。

APPLE IS CERTAINLY GEARING UP for big investments. Its capital expenditures are expected to jump more than 55% this year, to $4 billion, according to Caris & Co.’s Robert Cihra, mainly for online infrastructure.

     *     *     *

プラットフォームの構築

アップル、グーグル、マイクロソフト、その他多くのハイテク産業は、プラットフォームの構築を競っているのだと Gene Munster[Piper Jaffray のアナリスト]はいう。ここでプラットフォームとは、コンテンツやコンピュータ能力をあらゆるデバイスに押し進めることだ。なかんずくタブレットコンピュータやスマートフォンのようなモバイルデバイスが中心であり、一方データは「クラウド」に存在するというわけだ。

Apple, Google, Microsoft (MSFT) and most other computing companies are competing to build a platform, in the words of Piper Jaffray analyst Gene Munster. The platform means all manner of content and computing functionality can be pushed to various devices, increasingly mobile devices such as tablet computers and smartphones, while the data resides in the “cloud.”

     *     *     *

クラウド

クラウドというのはハイテク業界の隠語で、サービスプロバイダーが管理運営するサーバーコンピュータの集合体を意味する。個人が管理するものについては通常いわない。

The cloud is tech-industry argot for collections of server computers managed by service providers, rather than maintained by the individual.

     *     *     *

アップルはウェブ企業

「10年前にアップルのことを家電メーカーだというのはバカげていた」と Munster は先週の電話インタビューで語った。「しかし今やバカげた話ではない。ではアップルがウェブ企業だと考えるのはバカげているだろうか?」

The thought of Apple being a consumer-electronics company 10 years ago was absurd,” Munster observed in a phone interview last week. “It’s no longer absurd. Now, is it absurd to think of Apple as a Web company?”

     *     *     *

データを人質に取る

問題はその理由だ。なぜコンピュータやスマートフォンを売るだけではないのか。なぜ「サービス」企業になる必要があるのか。ひとつの答えは囲い込み(lock-in)だ。アップルやグーグルはよく知っているのだ。ユーザーのデータをクラウドに取り込む(人質に取る)ことによって、ソフトやデバイスに対するユーザーの忠実度を確保できることを。そうすることによってユーザーが他のベンダーに逃げ出したりしなくなると考えているのだ。

The big question is, Why? Why not just sell computers and smartphones? Why become a “services” company? One answer is lock-in. Apple and Google know that by holding your data in the cloud, so to speak, they’ll retain your loyalty for their software and devices. The defection of customers to other vendors will decrease, or so the thinking goes.

     *     *     *

新手の競争相手

もうひとつの答えは、2011 年になると新手の新進企業が続々と登場してハイテク産業に対するプレシャーが増すからだ。Facebook は最近の個人的投資で時価総額が 550 億ドルに達すると考えられており、創業者 Mark Zuckerberg は弱冠26才の若さでタイムズ誌の表紙を飾る。Twitter の時価総額は40億ドルになんなんとしている。

Another answer: 2011 will bring more and more pressure on tech companies to compete with the new kids on the block. Facebook, whose founder Mark Zuckerberg is Time’s Person of the Year at the tender age of 26, is apparently valued these days at approximately $55 billion, based on recent private investments in the company. Twitter is approaching $4 billion in market cap.

     *     *     *

革新的であり続ける

さらにまたアップルやグーグルなどのハイテク企業にとっては、革新的であり続けない限り脱落するというプレシャーがあるからだ。

And still another answer is that Apple and Google and others are under pressure to keep innovating or fall behind.

     *     *     *

アップルに限らずどのハイテク企業も現金を溜め込んでいるのは、かかる変化に備えるためというわけだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記(12月21日)

元記事の全訳はこちら・・・

WSJ Japan: “BARRON’S / 【バロンズ】米アップル、11年はエコシステム構築に向けた投資が鍵 “: 20 December 2010

Read Full Post »

Pete_Cashmore.jpg

Pete Cashmore – Mashable

2010 年、技術世界の風景は iPad によってガラリと変わった、と Mashable の Pete Cashmore はいう。

CNN.com: “How the iPad changed 2010” by Pete Cashmore: 17 December 2010

     *     *     *

世界が変わる

iPad が変えたのはデバイスマーケットだけにとどまらない。出版からウェブデザインに至るまで世界が変わるのをわれわれは目撃している。それも予想もしなかったやり方で・・・

But the iPad has reshaped more than just the device market: From publishing to web design, we’re seeing the iPad change the world in unexpected ways.

     *     *     *

1)トップに躍り出たアップル

アップルをトップの座に押し進めたのが iPad であることはもはや誰の目にも明らかだ。iPad 発売から1か月後の5月に、アップルは世界最大のテクノロジー会社になった。

1. Pushing Apple over the top: It’s no secret that the iPad has accelerated Apple’s rise to the top. In May, the month after the iPad’s release, Apple became the world’s biggest tech company.

未来永劫マイクロソフトの陰にいるかと思われたアップルがレドモンドの巨人を追い抜いたのだ。

Apple, which had seemed perpetually in Microsoft’s shadow, had outrun the Redmond giant.

     *     *     *

2)新しいカテゴリーの誕生

それまで休眠中かと思われたタブレットコンピュータに対する興味にiPad は火をつけた。

2. A new device category: The iPad has also reignited interest in what seemed to be a dormant market for tablet computers.

競合他社も競ってマーケットに参入しようとしている。最も顕著な競争相手はサムスンの Galaxy Tab だ。それでも、アップルがタブレットマーケットの大半を獲得するだろうと eMarketer は予想する。

Apple’s competitors have raced to enter the market, with notable competition coming from the Samsung Galaxy Tab. Even so, Apple will retain the lion’s share of the tablet market, eMarketer predicts.

     *     *     *

3)出版ルネッサンス

iPad が出版界の真の救世主となるかどうかはまだ分からない。しかし、それまで低迷していた雑誌・新聞の再生に iPad が火をつけたことは確かだ。

3. Publishing renaissance: Whether the iPad can truly be print publishing’s savior remains to be seen, but the device has certainly sparked the rebirth of seemingly stagnant magazines and newspapers.

Wired の iPad アプリは、印刷物の持つ触覚的側面をデジタル領域に持ち込んで大きな話題となった。Flipboard のような画期的アプリケーションが登場することによって、ウェブの持つソーシャルな側面と、新聞を手にしたとき夢中に読みふける体験とがひとつになったのだ。

Wired’s iPad app generated a storm of publicity for bringing the tactile nature of print to the digital realm, while groundbreaking applications like Flipboard are combining the social aspects of the web with the truly engaging experience of holding a newspaper.

さらに iPad は、出版社が再びコンテンツから料金を徴収する可能性を与えてくれた。その試みが成功するかどうか、今後 iPad で利用できるコンテンツが増えてもなお続くかどうかは、今のところまだ不明だ。

What’s more, the iPad has enabled publishers to once again charge for content — although it remains to be seen whether this trend persists as more content options become available on the iPad.

     *     *     *

4)変わるウェブデザイン

これは予期せぬ出来事に属する分野だ。Christina Warren[Mashable]によれば、事実 iPad はウェブサイトのデザインを変えつつある。

4. Reshaping web design: Put this one down to the laws of unintended consequences: The iPad is actually changing the way websites are designed, writes Mashable’s Christina Warren

多くの会社が、自らのウェブサイトより iPad アプリの方が使い勝手がいいことに気づくようになった。かくてウェブサイト自体が iPad アプリにマッチするように姿を変えつつある。iPad アプリに最も影響を受けた例は Twitter だ。最近のデザイン変更は同社の iPad アプリから大きな影響を受けている。

A growing number of companies have found that their iPad apps offer better usability than their websites, and so the latter are being molded to match the former. Most notable among these iPad-inspired interfaces: Twitter’s recent redesign borrowed heavily from the company’s iPad app.

     *     *     *

5)App Store の勝利

善かれ悪しかれ、iPad によって App Store モデルが確立した。アプリケーションやコンテンツにモバイルデバイスからアクセスする卓越したモデルとして・・・

5. App store victorious: For better or worse, the iPad has cemented the app store model as the preeminent way to access applications and content on a mobile device.

iPad 自体は、ウェブ中心というよりアプリ中心のデバイスだ。iPhone の小さなスクリーンと遅い接続スピードにとっては、特化したアプリケーションの方が明らかに有益だ。この同じモデルが、主として Wi-Fi ネットワークで使われるスクリーンの大きなデバイスにも当然当てはまるかどうかはまだ分からない。

The iPad is not a web-centric device but rather an app-centric one. Although specialized applications are obviously beneficial on tiny iPhone screens with slow connections, it wasn’t a forgone conclusion that the same model would apply to a device with a larger screen that’s used mainly on Wi-Fi networks.

最終的に消費者は、同一のコンテンツに有料アプリでアクセスするより、無料のウェブサイトにアクセスする方を好むのではないだろうか。然るに目下のところ消費者は、アプリこそモバイル体験の中心だといっている。

After all, wouldn’t consumers rather access free websites than pay for the same content via an app? And yet consumers have spoken: For now, apps are at the center of the mobile experience.

     *     *     *

iPad がもたらした変化を大きな視点からよく捉えているように思われる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

soldering,jpg.jpg

たかがハンダ付け・・・

不良コンデンサを取り替えてハンダ付けするだけじゃないか。たかがハンダ付けだもの・・・そう考えたのが浅はかだった。

今回もヒントは読者 Tomo 氏のコメントだ。

Tomo 氏指摘の記事の8番目のコメントから、筆者と共通部分を引用すると・・・

     *     *     *

2つのハードル

8. 通りすがりっす

先ず、iMacG5は相当の腕と道具がないと修理不可能です。普通のマザーボードのコンデンサ交換が出来る程度の方なら手は出さない事をお奨めします。[=ハードル1]

今回の場合、確かに電源も逝ってますが、コンデンサの半田付けに不良があります。故にLCDがグリーン色になっています。赤色になる場合とかもあります。

結論を言うと、積層基盤のスルーホール内の半田が除去しきれていないか、半田付けした時に半田がスルーホール内までしっかり流れ込んでいないかです。[=ハードル2]

     *     *     *

スルーホールまで

シロウトの悲しさ、プリント基盤のハンダ付けの何たるか理解していなかった。コンデンサが固定できればそれでいいと安易に考えていたのだ。

まず、ドシロウトは手を出すなというハードル1に違反していることは目をつぶっていただいて・・・

第2のハードルの、色異常が発生するのはハンダがスルーホール内までしっかり流れ込んでいないためという指摘は、筆者の場合にピッタリじゃないか・・・

     *     *     *

再度ハンダ付け

再度ロジックボードを引っ張りだしてみる。

とりあえず点検したところ、基盤上にも、電源内部にも特段コンデンサに異常をきたしている様子はない。

問題のコンデンサも新しいものと交換して、なんとか「スルーホール」の方までハンダが流れ込むよう努力する。

だんご状になって、なかなかホールまで流れ込んでくれない。なんどもハンダを溶かしては吸い取り器で吸い出すハメになる。

     *     *     *

画面が戻った

abnormal_color.jpg

なんとかハンダ付けを終了して、再度 iMac を組み立てる。

電源を入れると・・・

ジャーン・・・りんごマーク・・・デスクトップ正常画面・・・画面の色異常・・・

出た、でた、画面が出た!

画面は色異常でも、ともかく画面が出るところまでは復帰した。

harubuns 氏にいただいた電源は正常で、問題はコンデンサのハンダ付け不良だったということらしい。

何回か起動しなおしてみるが、画面の色異常は変わらない。スリープ復帰でも同じだ。

     *     *     *

さあて・・・

折角ここまで来たものの、このままでは残念だ。

画面の色異常発生はまだハンダ付けが不十分らしいことを思わせる。

積層基盤のスルーホールまで確実にハンダ付けするにはどうしたらいいのだろうか・・・

     *     *     *

追記:正常画面に戻ることもある

不思議なのだが、画面の色異常が正常に戻ることがある。

mbg.jpg

例えば比較的画面表示の複雑なゲーム(Marble Blast Gold とか Nanosaur 2 など)を終了すると、・・・なんと、なんと色異常が正常に戻るのだ。

normal_color.jpp.jpg

以後は何をやっても、電源を落とすまでは正常のまま。

しかしまた再起動すると、また色異常画面に戻る。

シロウトには雲をつかむような話で、何がなんだかさっぱり分からない。

Read Full Post »

intel-sandy_bridge.jpg

Intel Sandy Bridge CPU

詳細なマックレビューでなる AnandTech の Anand Lal Shimpi が、未来のマックが採用する CPU について興味深い発言をしている。

Macworld: “Mac of the future: the CPU” by Anand Lal Shimpi: 01 December 2010

     *     *     *

時計仕掛け

この数年来、アップルがマックで使う CPU を予想するのは比較的カンタンだった。アップルがインテルの x86 プロセッサに移行して以来、インテルのロードマップを反映したものがマックのロードマップだった。インテルが新しい CPU を出す。すると数か月後にアップルが新しいマックを出す。まるで時計仕掛けのように正確だった。おかげでさもなくば予想のむずかしいアップルのプロダクトサイクルから驚きの要素がいくぶん失われてしまった。

For the past few years, predicting the CPUs that Apple would put inside its Macs has been relatively easy. Ever since Apple made the move to Intel’s x86 processors, the Mac road map mirrored Intel’s road map: Intel would release a new CPU, and a few months later Apple would release a new Mac. It was like clockwork, and it removed some of the surprise from Apple’s otherwise difficult-to-predict product-release cadence.

     *     *     *

壊れた時計仕掛け

ところが1年にわたってアップルはその時計仕掛けを壊してしまった。それはアップルが 2010 年4月に MacBook Pros を出したことから始まった。

But over the past year, Apple effectively smashed that clock. It all started with the MacBook Pros released in April 2010.

     *     *     *

13インチモデルは古いまま

そのアップデートの際、当時のインテル最新の Arrandale マイクロプロセッサ(Core i5 および Core i7 チップという名前の方がよく知られている)を採用したのは MacBook Pro ファミリーのうち15インチと17インチの2モデルだけだった。この CPU はインテルの最新技術(32-nm 製造プロセス、Hyper-Threading、Turbo Boost)を利用したものだ。しかし13インチモデルは古い CPU のままだった。

In that round of updates, only two members of the MacBook Pro family—the 15-inch () and 17-inch () models—got Intel’s then-new Arrandale microprocessors (more popularly known as the Core i5 and Core i7 chips). Those CPUs took advantage of some of Intel’s most up-to-date technologies—including a 32-nanometer manufacturing process, Hyper-Threading, and Turbo Boost. The 13-inch MacBook Pro (), however, stuck with the older Core 2 Duo CPU.

     *     *     *

今後を占うポイント

アップルが古い Core 2 Duo にこだわったことは2つのことを意味する。ひとつはアップルとインテルの関係がかつてほど居心地のいいものではなくなったのかもしれないということであり、二つ目はアップルが本当に GPU[graphics processing unit:グラフィックス・プロセッシング・ユニット]を気に入っているということだ。この2点が、アップルのハードウェアに関する今後2年間の意思決定に影響を及ぼすことになる。

The simple decision to stick with the Core 2 Duo indicated two things: first, that the Apple-Intel relationship might not be as cozy as it once was; and, second, that Apple really likes graphics processing units (GPUs). Those two points will drive much of Apple’s hardware decision-making over the next two years.

     *     *     *

インテルの最新チップはいらない

私の見るところ、アップルユーザーは13インチ MacBook Pro で(さらには MacBook Air の11インチおよび13インチモデルで)古い Core 2 Duo が使われていても気にしていないように見える。アップルとしては、これら製品が売れさえすれば最新で最高のインテル製品を使う必要を感じなくなっているように思えるのだ。

As far as I can tell, Apple’s customers didn’t mind when it used the Core 2 Duo in the 13-inch MacBook Pro (and, more recently, in the 11- and 13-inch MacBook Airs). If those products sell just fine, Apple will probably no longer see the need to use Intel’s latest and greatest products.

     *     *     *

OpenCL のおかげで

一方アップルは、より強力な GPU を使う必要を感じているようだ。現在マックを買うと、なんらかの形で強力な GPU がついてくる。15インチおよび17インチ MacBook Pro では統合グラフィックスプロセッサ Nvidia GPU が必要な場合に備えてセットになっている。かかる GPU は、OpenCL スペックのおかげで、リアルタイムのグラフィックスレンダリングだけでなく、一般的なコンピュータ処理作業にも使えるのだ。

At the same time, Apple has seen the need to use powerful GPUs in its computers. You can’t buy a Mac today that doesn’t have a robust GPU of some sort. Even the 15- and 17-inch MacBook Pros pair their integrated graphics with an Nvidia GPU, just in case you need it. Thanks to the OpenCL spec, such GPUs can be used for more than just real-time graphics rendering, taking on general computing tasks as well.

     *     *     *

AMD の可能性

したがってかつてはインテルの CPU を必要とした会社も、むしろ GPU の方が大事になってくるというわけだ。もちろんアップルが完全にインテルを止めてしまうことなど考えられないが、以上の点から考えると、今後2年間にアップルが AMD の CPU を使うことを検討してもおかしくはないのだ。

So you have a company that seems no longer to care as much as it once did about Intel’s CPUs, but that increasingly cares a lot about GPUs. While I can’t imagine Apple dropping Intel altogether, these two factors make me wonder whether Apple will at least consider using CPUs from AMD in the next two years.

     *     *     *

かくて Anand Lal Shimpi は AMD の CPU-GPU 戦略を振り返って、アップルが AMD チップを採用する可能性を検討する。

Fusion クラスのプロセッサから始まって、E-350 から Llano まで検討した結果、2012 年に AMD が強力な CPU-GPU チップセットを出すまでは、その可能性はないだろうと判断する。

続いてインテルの Sandy Bridge を取り上げる。

     *     *     *

Core i-シリーズの次世代 CPU:Sandy Bridge

この間インテルも甘んじていたわけではない。Core i-シリーズの第2世代 CPU(コードネーム Sandy Bridge)は 2011 年1月に登場する。アップルとしてはこのチップによってパフォーマンスの全体的向上と動画デジタル加工(video transcoding)のハードウェア的加速が可能になるハズだ。マックがこれを採用することはほぼ間違いない。

Intel won’t be standing still all of that time. The second-generation of its Core i-series CPUs (code-named Sandy Bridge) will come out in January 2011. Apple would get much better overall performance and hardware-accelerated video transcoding from these chips; their adoption in Macs is pretty much guaranteed.

     *     *     *

Sandy Bridge は OpenCL をサポートしない

Sandy Bridge は On-Die グラフィックスを採用するが、OpenCL はサポートしない。Sandy Bridge のグラフィックスは大部分の OS X ユーザーにとって十分な速度だと思われるが、アップルが OpenCL 対応の GPU をマックで採用するのを止めるとまでは考えられない。そういうわけで 2011 年においても大部分のマックは別個 GPU の搭載を継続するだろう。

Sandy Bridge will have on-die graphics, but that hardware won’t support OpenCL. While I believe Sandy Bridge’s graphics will be fast enough for the majority of OS X users, I don’t think Apple will want to stop shipping OpenCL-capable GPUs in its systems. For that reason, we may continue to see discrete GPUs shipped with most Macs sold even in 2011.

     *     *     *

マックへの採用は 2011 年から

Sandy Bridge チップは 2011 年の第1ないしは第2四半期に MacBook、MacBook Pro、iMac に搭載されると考えられる。Mac Pro については、Sandy Bridge の採用は 2011 年第3ないし第4四半期になると思われる。最近のモデル発表からみて、MacBook Air の本格的アップデートは早くても 2011 年末までは行なわれないだろう。

I’d expect to see Sandy Bridge chips appear in MacBooks, MacBook Pros, and iMacs sometime in the first or second quarter of 2011; I’d expect the Mac Pro to get Sandy Bridge sometime in 2011’s third or fourth quarter. Given the recent release of the new models, I wouldn’t expect to see the MacBook Air get a serious update until late 2011 at the earliest.

     *     *     *

Ivy Bridge

インテルは 2011 年末ないしは 2012 年初頭に Sandy Bridge の後継チップ Ivy Bridge を発表する予定だ。Ivy Bridge はより強力な GPU コアを有するハズだ。ただ、その性能がアップルが必要とする GPU の基準を充たすかどうかはまだ不明だ。

In late 2011 or early 2012, Intel is expected to release Sandy Bridge’s successor: Ivy Bridge. That should provide a more capable GPU core than Sandy Bridge; whether or not it will meet Apple’s requirements for a compute-ready GPU is still unknown.

     *     *     *

Sandy Bridge に関する記事もちらほら現れ始めた。(こちらこちら

Anand Lal Shimpi の記事は未来のマック CPU を読み解く上で格好の道標になるように思える。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »