Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘App Store’ Category

Screen-Shot-2015-01-22-at-1-22-11.30.06-AM

Wow…

Bigger than Hollywood | Asymco

Put another way, in 2014 iOS app developers earned more than Hollywood did from box office in the US.

But there’s more to the story. It’s also likely that the App industry is healthier. On an individual level, some App developers earn more than Hollywood stars[3] and I would guess that the median income of app developers is higher than the median income of actors.[4]

広告

Read Full Post »

a_billion_thanks

[A billion thanks]

自らも優れたプログラマーである Marco Arment が iOS アプリの価格のあり方について心情を吐露している

Marco.org: “Underscore Price Dynamics” by Marco Arment: 28 September 2013

     *     *     *

たかがチッポケな電話アプリ

信じられないほど多くのひとが次のようにいうのをこれまで何度も聞いてきた。

[…] but you would not believe how many people I’ve met over the last few years who have said the exact same things to me. This is definitely the majority opinion:

・iOS アプリに数ドル以上の価値があると考えるひとは誰もいない。(たったそれだけの価値ですら。)たかがチッポケな電話アプリじゃないかというワケだ。

– Nobody thinks iOS software is worth more than a few dollars, if even that much. It’s “just” a little app on a phone.

・有料アプリを見つけたらまずタダのバージョンを探すひとがほとんどだ。(たいていの場合何かひとつは見つかる。)iPhone や iPad いっぱいのアプリを持っていても有料アプリはひとつも買ったことのないひとがたくさんいる。

– Almost everyone, when presented with a paid-up-front app, will first seek a free alternative. (Usually, they’ll find one.) Many people with iPhones and iPads full of apps have never bought a single paid-up-front one.

・ユーザーは(これまでのバージョンを引っ込めて、新しく別の有料バージョンを出すという)有料アップグレードが大嫌いだ。

– Customers hate the current method of paid “upgrades” (pulling the previous version from the store and putting up a new, separate paid-up-front app).

・しかしアプリ内課金についてはそれほど反発はない。

– These objections don’t apply nearly as much to in-app purchase.

     *     *     *

有料アプリの時代は終わった

ひとつだけハッキリしていることがある。一般ユーザーが前払いでアプリを買った時代は終わったということだ。もしアナタが有料アプリを買っていたら、それは不吉な前兆かもしれない。

I’m sure of one thing, though: the market for paid-up-front apps appealing to mass consumers is gone. If you have paid apps in the store, you’ve probably seen the writing on the wall for a while.

このモデルはアプリがあまり多くなかった時代は意味があった。しかし今ではどんなことにもごまんとタダでそれなりに使えるアプリがある。もう時代は変わっているのだ。ニッチなマーケットを対象とするアプリにはそれでもまだカネを払ってくれるユーザーがいるかもしれず、タダのものより良ければ生き延びれる。しかしそんなアプリの数はどんどん減っている。

That model made sense when there were fewer apps available, but now that there are plenty of free and good-enough versions of almost anything, it’s a different game. Apps targeting niche markets can still find enough paying customers to stay alive if they’re much better than any free alternatives, but the number of apps in that situation is always shrinking.

     *     *     *

アップルが有料アップグレードに関心を持たない理由

アップルがアプリの有料アップグレードに関心を持たない本当の理由はそこにある — 顧客からの要求がないということだ。無料アプリは有料アプリの何層倍もダウンロードされるのがマーケットの常だ。無料アプリでアプリ内課金をうまく使った方がよりカネが稼げる。時が経つにつれてこの傾向は一層強く、ハッキリしてくるだろう。

This is the real reason why Apple doesn’t care about upgrade pricing: there’s no demand from customers. The market has shown that free apps will be downloaded at least an order of magnitude more than paid-up-front apps, and smart use of in-app purchase in a free app is likely to make more money. Over time, this trend has only become stronger and more clear.

     *     *     *

十分善戦した

iOS の有料アプリは十分善戦した。しかしそれも終わりだ。新しいやり方を考えるときだ。

Paid-up-front iOS apps had a great run, but it’s over. Time to make other plans.

     *     *     *

良くも悪しくもユーザーがアプリのあり方を決める。

優れたアプリ開発者である Marco Arment のいうことだけに考えさせられる。

John Gruber とその仲間が出した「Vesper」でデバイス間の Sync が可能になったとき、彼らは有料アップグレード方式をとるのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[グーグルの Voice Search はスゴい!:YouTube

Siri を打ち負かした Google Voice Search アプリはなかなか魅力的だ。

このアプリが2か月以上も App Store の審査をパスしなかった点について Danny Sullivan が触れている。

Search Engine Land: “New Google Search App With Siri-Like Voice Responses Finally Approved For iOS” by Danny Sullivan: 30 October 2012

     *     *     *

2か月以上もストップ

8月に発表されたグーグルの Google Search アプリが2か月以上もアップルのアプリ審査手続で立ち往生していたことは明らかだ。しかしそれも終わった。審査をパスしたとグーグルが発表している

Announced in August, Google’s new Google Search app for iOS has been apparently stuck in Apple’s app approval process for over two months. No longer. Google’s just announced that the new app is out.

提出した後こんなに長時間かかったのは何故なのか不明だ。グーグルもアップルも触れていない。現在 iTunes で iPhone、iPad、iPod Touch などの iOS デバイス用アプリとして入手可能になっている。

It was never clear exactly why it took the app so long to emerge after it was submitted. Neither Google nor Apple said. But it’s available now through iTunes for those with iOS devices like the iPhone, iPad or iPod Touch.

iOS の Google Maps アプリを待ちかねているひとはまだ待つ必要がある。この新しいアプリでは地図は扱っていない。

For those wanting a Google Maps app for iOS, keep waiting. This new app doesn’t do maps.

     *     *     *

アプリがパスしたタイミングがなんとも微妙だと John Gruber が指摘している。

Daring Fireball: “Curious Timing” by John Gruber: 06 November 2012

     *     *     *

微妙なタイミング

状況証拠から見る限り、グーグルアプリを App Store で認めないようアップルが意地悪をしていたように見える。

Circumstantial evidence that maybe Apple has been spitefully withholding Google’s apps from the App Store:

考え得るひとつの説明 — グーグルが直すべき技術上の問題ないしはガイドライン違反があったというもの。もうひとつは、Google Voice Search が Siri と比べてあまりに優れているため、アップルが意地悪して審査を遅らせたというもの。

One possible explanation: there were technical problems or guideline violations that Google needed to fix. The other: Apple froze it in the queue out of spite, because Google Voice Search compares so favorably to Siri.

さらに興味深いことに、App Store に最終的にアップデートされたのは10月30日、すなわち Scott Forstall が地位を追われた翌日だった。

Intriguingly, the update finally appeared in the App Store on October 30 — the day after Scott Forstall was ousted.

     *     *     *

はてさて・・・

★→[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Pete_Cashmore.jpg

Pete Cashmore – Mashable

2010 年、技術世界の風景は iPad によってガラリと変わった、と Mashable の Pete Cashmore はいう。

CNN.com: “How the iPad changed 2010” by Pete Cashmore: 17 December 2010

     *     *     *

世界が変わる

iPad が変えたのはデバイスマーケットだけにとどまらない。出版からウェブデザインに至るまで世界が変わるのをわれわれは目撃している。それも予想もしなかったやり方で・・・

But the iPad has reshaped more than just the device market: From publishing to web design, we’re seeing the iPad change the world in unexpected ways.

     *     *     *

1)トップに躍り出たアップル

アップルをトップの座に押し進めたのが iPad であることはもはや誰の目にも明らかだ。iPad 発売から1か月後の5月に、アップルは世界最大のテクノロジー会社になった。

1. Pushing Apple over the top: It’s no secret that the iPad has accelerated Apple’s rise to the top. In May, the month after the iPad’s release, Apple became the world’s biggest tech company.

未来永劫マイクロソフトの陰にいるかと思われたアップルがレドモンドの巨人を追い抜いたのだ。

Apple, which had seemed perpetually in Microsoft’s shadow, had outrun the Redmond giant.

     *     *     *

2)新しいカテゴリーの誕生

それまで休眠中かと思われたタブレットコンピュータに対する興味にiPad は火をつけた。

2. A new device category: The iPad has also reignited interest in what seemed to be a dormant market for tablet computers.

競合他社も競ってマーケットに参入しようとしている。最も顕著な競争相手はサムスンの Galaxy Tab だ。それでも、アップルがタブレットマーケットの大半を獲得するだろうと eMarketer は予想する。

Apple’s competitors have raced to enter the market, with notable competition coming from the Samsung Galaxy Tab. Even so, Apple will retain the lion’s share of the tablet market, eMarketer predicts.

     *     *     *

3)出版ルネッサンス

iPad が出版界の真の救世主となるかどうかはまだ分からない。しかし、それまで低迷していた雑誌・新聞の再生に iPad が火をつけたことは確かだ。

3. Publishing renaissance: Whether the iPad can truly be print publishing’s savior remains to be seen, but the device has certainly sparked the rebirth of seemingly stagnant magazines and newspapers.

Wired の iPad アプリは、印刷物の持つ触覚的側面をデジタル領域に持ち込んで大きな話題となった。Flipboard のような画期的アプリケーションが登場することによって、ウェブの持つソーシャルな側面と、新聞を手にしたとき夢中に読みふける体験とがひとつになったのだ。

Wired’s iPad app generated a storm of publicity for bringing the tactile nature of print to the digital realm, while groundbreaking applications like Flipboard are combining the social aspects of the web with the truly engaging experience of holding a newspaper.

さらに iPad は、出版社が再びコンテンツから料金を徴収する可能性を与えてくれた。その試みが成功するかどうか、今後 iPad で利用できるコンテンツが増えてもなお続くかどうかは、今のところまだ不明だ。

What’s more, the iPad has enabled publishers to once again charge for content — although it remains to be seen whether this trend persists as more content options become available on the iPad.

     *     *     *

4)変わるウェブデザイン

これは予期せぬ出来事に属する分野だ。Christina Warren[Mashable]によれば、事実 iPad はウェブサイトのデザインを変えつつある。

4. Reshaping web design: Put this one down to the laws of unintended consequences: The iPad is actually changing the way websites are designed, writes Mashable’s Christina Warren

多くの会社が、自らのウェブサイトより iPad アプリの方が使い勝手がいいことに気づくようになった。かくてウェブサイト自体が iPad アプリにマッチするように姿を変えつつある。iPad アプリに最も影響を受けた例は Twitter だ。最近のデザイン変更は同社の iPad アプリから大きな影響を受けている。

A growing number of companies have found that their iPad apps offer better usability than their websites, and so the latter are being molded to match the former. Most notable among these iPad-inspired interfaces: Twitter’s recent redesign borrowed heavily from the company’s iPad app.

     *     *     *

5)App Store の勝利

善かれ悪しかれ、iPad によって App Store モデルが確立した。アプリケーションやコンテンツにモバイルデバイスからアクセスする卓越したモデルとして・・・

5. App store victorious: For better or worse, the iPad has cemented the app store model as the preeminent way to access applications and content on a mobile device.

iPad 自体は、ウェブ中心というよりアプリ中心のデバイスだ。iPhone の小さなスクリーンと遅い接続スピードにとっては、特化したアプリケーションの方が明らかに有益だ。この同じモデルが、主として Wi-Fi ネットワークで使われるスクリーンの大きなデバイスにも当然当てはまるかどうかはまだ分からない。

The iPad is not a web-centric device but rather an app-centric one. Although specialized applications are obviously beneficial on tiny iPhone screens with slow connections, it wasn’t a forgone conclusion that the same model would apply to a device with a larger screen that’s used mainly on Wi-Fi networks.

最終的に消費者は、同一のコンテンツに有料アプリでアクセスするより、無料のウェブサイトにアクセスする方を好むのではないだろうか。然るに目下のところ消費者は、アプリこそモバイル体験の中心だといっている。

After all, wouldn’t consumers rather access free websites than pay for the same content via an app? And yet consumers have spoken: For now, apps are at the center of the mobile experience.

     *     *     *

iPad がもたらした変化を大きな視点からよく捉えているように思われる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

within_90_days.jpg

[Open within 90 days…]

Update :Mac App Store は1月6日オープン〉

独自の情報ソースを持つ Jim Dalrymple が、Mac App Store の開始は来年1月になるといっている。

The Loop: “Mac App Store launching in January 2011” by Jim Dalrymple: 08 December 2010

     *     *     *

12月13日ではない

流布されているニュースと違って、Mac App Store の開始は来年1月になる。

Despite published reports to the contrary, Apple’s Mac App Store will launch in January 2011.

クリスマス商戦を控えた12月13日にアップルが Mac App Store を開始するというのが今週初めのニュースだった。しかし私の情報ソース(複数)によると、Mac App Store の開始は新年になるという。

Reports earlier this week claimed Apple would launch the Mac App Store on December 13, ahead of the holiday shopping season. However, according to my sources, Apple will launch the store in the new year.

     *     *     *

90日以内

私のソースは正式な期日については触れていないが、10月の「Back to the Mac」イベントで明らかにした90日以内という期限は守られるだろうという。

While a specific date was not given for the official opening of the store by my sources, Apple will meet the 90-day deadline given during its October “Back to the Mac” media event.

前回のイベントで90日以内と述べたこと、および Steve Jobs はその約束を守ることから、Mac App Store の開始は1月の第3週ないしはそれ以前になるものと思われる。

Given the date of the media event and Apple CEO Steve Jobs’ commitment to launch the store within 90-days, we should see the Mac App Store sometime on or before the third week of January.

     *     *     *

App Store にならう

Mac App Store は、iOS デバイスのユーザーが App Store の開始以来慣れ親しんできたいろんな特徴を備えることになるハズだ。例えば、ワンクリック・ダウンロード、無料および有料アプリの品揃え、収入の 70/30 分割(デベロッパが 70)、自動インストール、自動アップデート、個人用マックのすべてをカバーするライセンスなどだ。

The Mac App Store will have many of the same features that iOS device users have grown accustomed to since the App Store’s debut, such as one-click downloads, the ability to acquire free or paid software apps, a 70/30 percent revenue split (in the favor of developers), automatic install, automatic updates, and a license that will cover all of your personal Macs.

     *     *     *

今年は盛りだくさんだったからなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

〈Update〉Mac App Store は1月6日オープン(12月21日)

mac_app_store.jpg

Jim Dalrymple の予想どおりだ。

Apple’s Mac App Store to Open on January 6[Press Release] | Apple

AppleのMac App Store、1月6日にオープン予定[プレスリリース] | アップル

     *     *     *

アップルのプレスリリース

2010年12月16日、Apple®は本日、「Mac® App Store℠(マック・アップストア)」を米国時間の来年1月6日よりスタートする予定であることを発表しました。App Storeの革新的な使い勝手をMac OS® Xにもたらすことにより、Mac App StoreはMac用アプリケーションの発見・インストール・更新をかつてないほど簡単なものにします。Mac App Storeはオープン当初より90カ国で利用可能で、有償・無償のアプリケーションが教育・ゲーム・グラフィック&デザイン・ライフスタイル・仕事効率化・ユーティリティといったカテゴリから選べるようになる予定です。[アップル]

CUPERTINO, California—December 16, 2010—Apple® today announced that the Mac® App Store℠ will open for business on Thursday, January 6. By bringing the revolutionary App Store experience to Mac OS® X, the Mac App Store makes discovering, installing and updating Mac apps easier than ever. The Mac App Store will be available in 90 countries at launch and will feature paid and free apps in categories like Education, Games, Graphics & Design, Lifestyle, Productivity and Utilities.

「App Storeはモバイルアプリケーションに革新をもたらしました。それと同じことをMac App Storeによりパーソナルコンピュータの環境でも実現し、パソコン用アプリケーションの購入が簡単で楽しくなるのを望んでいます。1月6日のオープンが待ちきれない思いです」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。[アップル]

“The App Store revolutionized mobile apps,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “We hope to do the same for PC apps with the Mac App Store by making finding and buying PC apps easy and fun. We can’t wait to get started on January 6.”

     *     *     *

その他参考記事:

アップル、Mac用App Storeを来年1月6日にオープン | WSJ Japan

Apple will close Mac OS X downloads site on January 6 | 9 to 5 Mac

Read Full Post »

airpad.jpg

Angry Birds on MacBook Air

Mac App Store に関する議論がおもしろい展開を見せている。

iPad アプリはマックで動くか、すなわち iOS アプリは Mac OS X で動くだろうかという議論だ。

最初に問題提起をしたのは Dave Winer だ。

新しいジャンルの Mac アプリが登場するという Marco Arment の指摘を敷衍(ふえん)して、それを逆転して考える。すなわちiPad/iPhone アプリが Mac App Store にやってくるのではないかと・・・

Winer は Angry Birds(iPad アプリ)が MacBook Air で動くと予測するのだ。

Scripting News: “Angry Birds on MacBook Air” by Dave Winer: 01 November 2010

     *     *     *

iPad アプリが MacBook Air で動くようになる

iPad や iPhone で実際に動くソフトを Mac App Store から購入することになるだろう。

The software we will buy from the Mac version of the App Store will be the actual software that runs on the iPad and iPhone.

言い換えれば、ひそかにアップルはデベロッパに対し、どうすれば iPad ソフトがキーボードを備えた iPad、すなわち MacBook Air で動くように書けるのか教えようとしているのだ。

In other words, they’re teaching the developers, privately, how to write iPad software for an iPad with a keyboard. In other words, the MacBook Air.

     *     *     *

これに対する John Gruber のフォローアップがおもしろい。

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

     *     *     *

問題は何か

iOS がデベロッパにとってモジョ[mojo:魔術、(運を好転させる)お守り、ブードゥー教の呪術から]であることは間違いない。アップルのデベロッパだけでなく、業界全体にとってもそうなのだ。iOS が世界で最もホットなプラットフォームだということに尽きる。間もなく登場する Mac App Store が、これまでマックのアプリケーションなど書いたこともない iOS デベロッパにとって絶好の機会になるとアップルが考えていることも明らかだ。しかしだからといって iPad アプリが現状のままで、まったく異なる入力方式に手を加えたり適合させたりしなくても、マックで動いたりすることは決してないと考える。ARM 対 x86 のコード生成や開発フレームワークの違いが問題なのではない。タッチスクリーンで直接操作することは、タッチパッドでマウスカーソルを動かすこととは基本的に異なるという事実が問題なのだ。

There’s no doubt that iOS is where the developer mojo is. Not just Apple’s developer mojo, but the industry’s. It’s the hottest platform in the world, period. And I do think Apple sees the upcoming Mac App Store as an opportunity for iOS developers who’ve never written apps for the Mac to start. But I don’t think iPad apps are ever going to run on the Mac as-is, without any change or adaptation to account for the very different input methods. This isn’t about ARM vs. x86 code generation, or development frameworks. It’s about the fact that direct manipulation on a touchscreen is fundamentally different than moving a mouse cursor via a touchpad. […]

     *     *     *

そのままでは快適でない

実際マックのスタンダードな機能として iPad アプリが動くことはないと証明することも可能だ。iOS デベロッパキットに同梱された iPhone/iPad エミュレータを使えば、たしかに iOS アプリは現在でも Mac OS X で動く。しかしそれではマックで使うのが決して快適ではない。タッチスクリーンでは自然で楽しいジェスチャも、マウスやタッチパッドでは不自然でかったるいものとなる。自分で開発した iOS アプリを、テストやデバッギングしたそのままの形でマック用に出荷したいと願う iOS デベロッパなど誰ひとりとして知らない。パックマンみたいなゲームを iPhone で試してみたことがあるだろうか。ジョイスティックや D-pad のようなハードウェアを念頭においてゼロから設計されたゲームはジョイスティックのついてないデバイスではどうしてもうまくいかない。iOS アプリをマックで動かすとみな同じことになるのだ。(逆にまた Angry Birds のようなポピュラーな iOS ゲームは、タッチスクリーンで初めて意味を持つようなコントロールを使っている。)

I can prove it, practically, that iPad apps aren’t going to run on the Mac as a standard feature. iOS apps do run on Mac OS X, today, in the iPhone/iPad emulator that ships with the iOS developer kit. Ends up they’re just not that pleasant to use on a Mac. Gestures that are natural and fun with direct touch are awkward and clumsy using a mouse or touchpad. I never hear iPad developers — who run their own iOS apps on their Macs during development, for testing and debugging purposes — wish that they could ship them as-is to Mac users. Ever try a game like Pac-Man on the iPhone? A game that’s designed from the ground up around a hardware joystick or D-pad just isn’t very good on a device without a joystick. Everything about iOS apps is like that when you run them on a Mac. (And, conversely, popular iOS games like Angry Birds tend to feature controls that only really make sense with a touchscreen.)

     *     *     *

最適化されていないアプリ

iPad で試したことのあるひとなら誰でも知っているように、iPad に最適化されていないアプリはひどいものだ。そんなもの自分はどれも使わない。なぜアップルが iPhone アプリを iPad で動くようにしたかというと、初日から iPad には何千というアプリ(理想的なものであろうとなかろうと)があるということを示すためだった。マックではそうしなければならない理由はない。(iPad に最適化されていないアプリはいずれ iPad でサポートされなくなっても驚かない。)

[…] everyone with an iPad knows that non-iPad-optimized iPhone apps stink on the iPad. Personally, I don’t use any of them. I still think the reason Apple allowed iPhone apps to run on the iPad is simply to make sure there were thousands of apps available on day one, whether they were ideal or not. The Mac doesn’t suffer that problem. (I wouldn’t be surprised if the iPad eventually drops support for non-iPad optimized apps.)

     *     *     *

AppKit と UIKit というフレームワークの違い

こういうことになるのではないか。iPad のネイティブアプリは iPhone アプリとは異なるが、それなら両者はどんな関係にあるのかという問題に近い、と。Cocoa ではマックのアプリは AppKit というフレームワークをベースとしている。AppKit は1980 年代末期の NeXT フレームワークに遡る。iPhone の登場で AppKit を UIKit に置き換えた。私自身は Cocoa の専門家ではないが、それでも AppKit と UIKit には単にマウスカーソル対タッチスクリーンの以上の違いがあることは分かる。ある意味で UIKit は一度白紙の状態にしてやり直したものだ。「AppKit を初めからやり直すとしたら、いくつかの点では違ったやり方をする」的な変更を加えたものだ。現在我々がよく知っている iPad がそのままの状態で Mac OS X で動くということになるだろうか? — ノーだ。未来のマックのための UIKit 変種は、本質的により iOS に近いマックのネイティブアプリになるだろうか? — イエスだ。これから2か月後に登場しようとしている Mac App Store は、誰もが知っている古くからの AppKit マックアプリで溢れることになるだろう。

I think it would be something more like how native iPad apps are related to, but different than, iPhone apps. In Cocoa, Mac apps are based on the AppKit framework — and AppKit dates back to the original NeXT frameworks from the late 1980s. With the iPhone, Apple replaced AppKit with UIKit. I’m far (very far) from being a Cocoa expert, but I know enough to say that UIKit is different from AppKit in more ways than just issues related to mouse cursors vs. touchscreens. UIKit is in some ways a clean slate do-over — an “if we could do it all over again, we’d do a few things differently” successor to AppKit. Can I imagine iPad apps, exactly as we know them today, running on Mac OS X? No. Can I imagine a future variant of UIKit for the Mac, which results in native Mac apps that are inherently more iOS-like? Yes. That’s all conjecture about the future, though. The Mac App Store that’s scheduled to ship about two months from now is going to debut filled with nothing but good old-fashioned AppKit Mac apps.

     *     *     *

最適化が iOS 成功の原因

iOS でアップルが成功したのは、「一度書いたコードはどのデバイスでも動く」という考えとは逆だったという点にある。むしろ「この特定のデバイスにちゃんと最適化されたバージョンのコードを書け」というものだったのだ。

The whole point of Apple’s success with iOS has been the opposite of “write once, run anywhere”. It’s more like “write a version that is specifically optimized for this particular device”.

     *     *     *

マックへの回帰の意味は、ソフト的には Mac OS X Lion、ハード的には MacBook Air だった。

さすれば、iOS を踏まえて Mac OS X に回帰するという意味は何なのかが問われているのだろう。

Mac App Store に登場するマックの製品群によってその姿が明らかになる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:非公開の iOS デベロッパ Game Center サミット

Dave Winer の議論から Rene Ritchie はさらに想像を逞しくする。

TiPb: “Will the Mac App Store run iPad apps?” by Rene Ritchie: 01 November 2010

昨夜の iPad Live ポッドキャストで私と Georgia は秘密の iOS デベロッパセッションのウワサを話題にした。そのセッションでアップルはデベロッパたちに、 iPad アプリをマックで動かすカンタンな方法を教えているのではないかというのが彼女の想像だった。

Last night during the iPad Live podcast, while Georgia and I were discussing the rumor about Apple holding a secret iOS developer session, she conjectured that Apple might be showing developers a way to quickly make their iPad apps run on the Mac.

     *     *     *

それに対する John Gruber のコメント:

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

Rene Ritchie はさらに、それこそ今週クパティーノで行なわれている非公式の iOS デベロッパ会議で起きていることではないかと想像を逞しくする。(そうではない・・・開催されているのは Game Center サミットだ。)

Rene Ritchie even wonders if that’s what’s going on this week at the private iOS developer meeting in Cupertino. (It’s not — that event is a Game Center summit.)

     *     *     *

非公開の iOS デベロッパサミットについてはその後何も情報がない。

そこで Gruber が彼一流のさりげないやり方で情報を漏らしたというわけ。

出席者はみな NDA[守秘義務契約]で縛られているのだろうから、情報がないのは当然といえば当然。

結局 Gruber のこの一行が非公開サミットに関する初めて情報となった。

しかし、iOS 4.2 が Golden Master になったり、Mac OS X 10.6.5 Build 10H571 がデベロッパにシードされたりしているところをみると、開催されていることの状況証拠はいっぱいだ。

一方で Mac App Store でのアプリの受付も始まっており、最初に登場するマックアプリがどんなものになるかますます興味津々。(まずはゲームだったりして・・・)

Read Full Post »

 Marco_Arment_fig1.png

既存のマックソフトと未来の Mac App Store アプリ

Mac App Store についてはいろいろ論議を呼んでいる。Instapaper の Marco Arment がデベロッパの立場から注目すべき意見を述べている。

Mac App Store は既存のマックデベロッパのためのものではないというのだ。

Marco.org: “The Mac App Store isn’t for today’s Mac developers” by Marco Arment: 29 October 2010

     *     *     *

こういうことだろう

冒頭の図が(Mac App Store について)アップルが考えていることを示していると思う。少なくとも私はこうなると考えている。

I’m guessing this is what Apple has in mind. If not, this is at least what I think is likely to happen:

もっとも縮尺は正しく反映していない。

Actually, the scale’s off.

それを考慮するとこうなるだろう。

This is the much more likely outcome:

 Marco_Arment_fig2.png

もっと正確に図示すれば・・・

これにはいくつか理由があるのだ・・・

…for a few reasons.

     *     *     *

Marco Arment は Mac App Store がなぜ既存のマックデベロッパのものでないのかを説明していく。[以下日本語は流暢な市村佐登美訳を引用させていただく。]

Long Tail World: “Macアプリストアは既存Macデベロッパーのものじゃない:The Mac App Store isn’t for today’s Mac developers – Marco.org” by 市村佐登美: 29 October 2010

アプリはエンターテインメントだ

iOS App Storeがここまで成功したのも、アプリ購入がiPhone&iPadオーナーの気軽なルーティーンの娯楽になったお陰だ。当座「必要」なものなんてなくても、みんなイソイソとApp Storeはブラウズする。行ってなんか新しくていいのがあったら何ドルか遣おうかな、という気持ちで。[市村佐登美訳]

One of the reasons the iOS App Store is so successful is that app-buying has become a form of casual, routine entertainment for iPhone and iPad owners. We gladly go and browse the App Store even when we don’t “need” anything at the moment, with the intention of going and spending a few bucks on whatever’s new that looks good.

これが理想的に運ぶには、いくつかの条件が揃わないといけない。が、iOSのApp Storeにはそのすべてが揃っているのだ。

・新アプリは定期的に大量に投入しなくてはならない。しかもそのアプリは簡単に検索・閲覧できなきゃいけない。

・アプリが低リスクであること。つまり;

  - 安価

  - 気味悪いこと、破壊的な悪さはしないと信頼できる

  - 簡単&迅速に購入&インストールできる

  - 簡単&迅速に削除できる

・良いアプリは充分な数、揃ってなくてはだめ。みんな悪いものは忘れ、良いものだけ覚えていていてくれるように。[市村佐登美訳]

This requires a few conditions to be ideal, all of which are true on the iOS App Store:

• There must be a large number of new apps being regularly added, and they must be easy to find and browse.

• Apps must be low-risk. That means:

– Inexpensive.

– Trustworthy that they won’t do anything creepy or destructive.

– Easy and quick to purchase and install.

– Easy and quick to delete.

• Enough apps should be good that people will remember the good ones and forget the bad.

今のMacには、この(ほぼ)どれひとつとして条件が揃っていない。Mac App Storeが今のMac対応ソフトウェアの部分集団だけ取扱うなら、やはり以上のキーポイント(“安価”など)のいくつかは抜けたままで終わってしまう。だからこそ僕は、Mac App Storeを独占し(その看板商品になるのは)今まだMacに存在しないアプリだと思うのだ。[市村佐登美訳]

Today, on the Mac, almost none of these are true. And if the Mac App Store is only populated by a subset of today’s Mac software, a few key points (such as “Inexpensive”) still won’t be true. This is why I believe that the Mac App Store will be dominated by (and become known for) apps that don’t exist on the Mac today.

     *     *     *

iOS デベロッパにとっての魅力

Mac App Storeの登場により、デベロッパーを惹きつけたApp Storeの魅力の多くは、そっくりそのままMac対応ソフトウェアに適用されていくだろう。;

・ほとんどのMacオーナーは、Macのマシンの目立つ場所からアプリ購入を推奨される立場となる。潜在オーディエンスは巨大だ。そして見込み客にリーチするのも今よりずっと簡単になる。

・決済プロセスもかなりシンプルになる。

・ソフトウェア専用サイトも今ほど沢山の機能は要らなくなる。

・デスクトップ専用ソフトウェアベンダーにとって最もよくあるサポート問題はインストールのサポートとシリアルナンバー問題だが、このふたつはほぼ完全に消える。[市村佐登美訳]

Much of what made the App Store so compelling to developers will begin to apply to Mac software with the Mac App Store:

• Most Mac owners will be encouraged from prominent places on their Macs to buy apps. The potential audience is huge, and will be much easier to reach.

• Payment processing will be much simpler.

• Software websites won’t need nearly as much functionality.

• Two of the most common support issues for desktop software vendors — installation support and serial-number issues — will almost completely disappear.

というわけで、僕はiOSデベロッパーが大挙してMacアプリを作り始めると思うんだ。特に個人、とても小さなチームね。[市村佐登美訳]

So I expect a lot of iOS developers to start making Mac apps, especially individuals and very small teams.

要は、iPadアプリみたいな価格帯なのだけど若干高い方にシフトする、ということ。今あるMac対応ソフトウェアより低い値段でも、Appleに30%中引きされても、ほとんどの秀逸なアプリにとっては露出価値の方がそれを上回るので、デベロッパーは大儲けできそうだ。[市村佐登美訳]

In other words, a lot like iPad-app pricing, but shifted slightly higher. And even considering the lower prices than current Mac software, and Apple’s 30% cut, the value in exposure will overcome those for most good apps, and developers will be able to make a lot of money.

     *     *     *

マックデベロッパはどうなる?

彼らは大丈夫。[市村佐登美訳]

They’ll be fine.

今あるMacソフトウェア市場がどっかに消えるわけじゃないからね。みんな昔からあるアプリは昔ながらの方法で探し(or探せず)、店舗やベンダーのサイトで大体同じレートで買う(or買わない)。逆に、Macの市場シェア拡大につれ、そっちの市場も拡大し続けるだろう。[市村佐登美訳]

Today’s market for Mac software isn’t going anywhere. People will continue to find (or not find) traditional apps in the traditional ways, and will continue to buy (or not buy) them in retail stores and from the vendors’ websites at about the same rates. In fact, as the Mac’s marketshare grows, this market will continue to grow with it.

が、今まさに巨大な新市場がすぐ隣に開こうとしている。まあ、たぶんAngry Birdsとか安アプリに占拠されるだろうし、その多くはどうでもいいアプリだろうけどね。そうなれば大勢の既存のMacデベロッパーは見下すだろう。でも、ちょっとした余暇で安アプリ作れるデベロッパーは売上げの数字を見て、それとは全く異なる認識を持つかもしれない。[市村佐登美訳]

But a huge new market is about to open next door. And yes, it’ll probably be dominated by Angry Birds and other inexpensive, often trivial apps. When this happens, a lot of traditional Mac developers are going to look down on it. But those with a bit of free time to develop their own inexpensive, often trivial apps might have a different viewpoint entirely when they see their sales numbers.

MacユーザーでありiOSデベロッパーでもある僕にとって、この市場のポテンシャルはほんと信じられないぐらい楽しみだよ。[市村佐登美訳]

As both a Mac user and an iOS developer, I’m incredibly excited for the potential of this market.

     *     *     *

結びの文句がデベロッパとしての Marco Arment の気持ちをよく表しているように思える。添えられた図表も一目瞭然だ。[市村佐登美氏の流暢な訳でぜひ全文をお読みください。]

しかしみんながみな Mac App Store の将来性を高く評価しているわけではない。

批判の急先鋒は gdgt の Ryan Block だろう。

gdgt: “Will the Mac App Store have enough to sell? ” by Ryan Block: 22 October 2010

     *     *     *

アップルにカネを払ってまで

CS5 Master Collection のフルセットがひとつ売れる度にアドビがアップルに 800 ドルずつよこすなんてほんとにそんなことを考えているのか。とてもそうは思えない。

Can you really imagine Adobe letting Apple take almost $800 off the top of each sale of its full CS5 Master Collection set? I can’t.

     *     *     *

コンピュータソフトは売れなくなっている

デスクトップソフトのマーケットの本当の問題は、ソフト(業務用ソフトは別だが)をこれ以上買う必要があると考えるユーザーがいなくなっていることなのだ。箱入りビジネスソフトが死んだのは App Store のせいではない。無料、オープン、あるいは奨励金付きの優れたプログラムがいろいろなウェブサービスからカンタンに入手できるから死んだのだ。別な言い方をしてみよう。最近あなたのご両親は何か新しいコンピュータソフト(Microsoft Office 以外のもの)を買ったことがあるだろうか?

The real issue with the desktop software market is that (unless you’re talking about productivity software) there just isn’t all that much consumers need to buy anymore. The boxed software business didn’t die because of app stores, it died because of an overabundance of great programs that are free, open, or otherwise subsidized that are available through other web or internet services. To put it another way: lately, how often have your parents bought software for their computer (that wasn’t Microsoft Office)?

     *     *     *

反論のポイントはアドビやマイクロソフトがアップルにカネを納めてまでおめおめと Mac App Store でソフトを売るわけがないだろうという点にある。

これに対して、いちはやく「マイクロアプリ」(Micro-Apps)という新しいジャンルに着目したのが MG Siegler だった。

TechCrunch: “Might The Mac App Store Lead To A New Class Of Micro-Apps?” by MG Siegler: 24 October 2010

TechCrunch Japan: “Mac用アプリストアが、マイクロアプリという新ジャンルを生む“: 25 October 2010[Nob Takahashi 訳]

     *     *     *

デスクトップ用マイクロアプリ

この週末、Ryan BlockがgdgtにMacアプリストアには十分な商品があるのか?という興味深い記事を載せた。彼は、なぜAppleが現在のApp Storeの成功を新しいデスクトップストアで再現できないか、についていくつか鋭い理由を挙げている。しかし私は、このストアが新しい種類のアプリを生みだすのではないかと考えている。デスクトップ用マイクロアプリのようなものだ。[Nob Takahashi 訳]

This weekend, Ryan Block put up an interesting post on gdgt entitled: Will the Mac App Store have enough to sell? He raises a number of good points for why Apple may not be able to replicate their current App Store success with this new desktop store. But I’m left wondering if the store won’t lead to a new class of app: a sort of micro-app for the desktop.

     *     *     *

Pandora のような

私の考えはこうだ。iPhone App Storeがスタートして以来最も人気のあるアプリのひとつがPandoraだ。もちろんPandoraはウェブブラウザー経由でも使えるが、多くのユーザーが、デスクトップのどこかに置いてバックグラウンドで走る小さなアプリを使っている。なぜわかるのかって? Pandoraがすでにそのようなアプリを作っているからだ ― ただし、AIR上で動作し、使うにはPandora Oneのプレミアムアカウントが必要だ。では、もしPandoraが無料の広告収入型Pandora Macを作ったらどうなるだろうか。あるいは、追加機能のある有償バージョン($5または$10程度)はどうだろう。多くの人たちがそんなアプリを欲しがるのではないだろうか。[Nob Takahashi 訳]

Here’s what I’m thinking: one of the most popular apps since the inception of the iPhone App Store has been Pandora. Pandora obviously works through the web browser, but plenty of people would be into a small app that sits somewhere on your desktop running in the background. How do I know? Because Pandora actually already makes such an app — but it runs on AIR and you need a Pandora One premium account to use it. What if Pandora made a free ad-supported Pandora Mac app? Or a paid version (maybe $5 or $10) that gives you premium features? A lot of people would want such an app.

     *     *     *

スモールアプリに新しい流通経路

しかし、スモールアプリにとって考えられる本当のチャンスは、人気ウェブアプリをただ真似るのではなく、それを拡張することにある。例えば、すばらしい写真アップロードと閲覧機能のあるFacebookアプリを想像してみてほしい。これは、当初Appleがデスクトップウィジェットで考えていたアイディアのようだが、じっさいには実現しなかった。ひとつの理由はまちがいなく、流通経路がなかったこと、そしてデベロッパーが稼ぐ手段がなかったからだ。Mac App Storeはどちらの問題も解決する。[Nob Takahashi 訳]

But a real opportunity may exist in small apps that don’t just fully mimic popular web apps, but instead extend upon them. Imagine a Facebook app, for example, that offered a great photo upload and viewing experience? Again, this is sort of the idea Apple seemed to originally have with their Desktop Widgets, but those never really took off. One reason, undoubtedly, is that distribution was lacking, and developers had no way to make money from them. The Mac App Store solves both of those issues.

     *     *     *

こうしてみると、これまでのマックソフトの延長上に Mac App Store を考えたのが Ryan Block であり、それに対して新しいジャンルのマックソフトが生まれる可能性に着目したのが MG Siegler や Marco Arment だということではないだろうか。

Marco Arment の指摘はマックと iOS デバイスの両方を熟知したデベロッパの立場から述べられたものだけに説得力が大きいのではないかと思う。

つくづく考えてしまう — 視点をどこにおくかで物事の見え方がまるで違ってくるのではないかと。過去の延長上に今を見るか、それとも未来から振り返って今を見るのか・・・

★ →[原文を見る:Marco Arment

★ →[原文を見る:市村佐登美訳

     *     *     *

追記:聞き逃せないポッドキャスト

今週のポッドキャスト「The Talk Show」がオモシロい。

口の重い John Gruber と聞き上手の Dan Benjamin の組み合わせで人気上昇中のポッドキャストだが、今週はトップデベロッパを招いて Mac App Store についてたっぷり語っている。

上に紹介した Marco Arment に加えて Craig Hockenberry がスペシャルゲストだ。

第一線のデベロッパやギークが Mac App Store をどう考えているのか知るうえで聞き逃せない。

John Gruber が新しいジャンルのソフトのことを「バブルガムアプリ」(Bubble Gum Apps)と呼んでいるのがオモシロい。

★→[ポッドキャストを聞く:The Talk Show

Read Full Post »

Older Posts »