Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘買収’ Category

[米スプリント:image

ソフトバンクの話題を The Verge が取り上げている。

The Verge: “Japanese carrier SoftBank in talks to acquire Sprint, reports Nikkei” by Jeff Blagdon: 11 October 2012

     *     *     *

スプリントを買収

日本の携帯電話3位のソフトバンクが米スプリント・ネクステルの株式3分の2超を取得する方向で協議に入ったと、日経が報じている。買収価格は1兆5千億円(192 億ドル)に達するものと思われる。

Japan’s Nikkei business daily is reporting that the country’s third-place wireless carrier, SoftBank, has entered discussions to acquire more than two thirds of Sprint Nextel stock. The price is said to be over 1.5 trillion yen, or about $19.2 billion.

     *     *     *

グローバルビジネスの展開へ

最近のソフトバンクは買収づいている。今年1月には PHS オペレータのウィルコムを、2週間ほど前には携帯電話4位のイー・アクセスを買収したばかりだ。これら買収によりソフトバンクはグローバルビジネスでの存在感を高め、規模のメリットで端末機器に対する負担を軽減しようとしているのだと日経はいう。ソフトバンクは英国ボーダフォンの危機に陥った日本法人を 2006 年に買収、立ち直らせた実績を持っており、スプリントの不安定な経営にも資することになりそうだ。

Softbank has been on a string of acquisitions of late, picking up PHS operator Willcom in January of this year, and fourth-place Japanese carrier E-Mobile less than two weeks ago. Nikkei reports that SoftBank hopes to use the acquisition to expand its global business presence, and to use economies of scale to lower the price it pays for devices. SoftBank is credited with turning around UK carrier Vodafone’s struggling Japanese operations following its 2006 acquisition, something that could bode well for Sprint’s rocky performance.

     *     *     *

内向きに終始している日本から久しぶりに大きなニュース・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

[参考]

Softbank seeks majority Sprint stake | Reuters
ソフトバンク、米携帯大手スプリント・ネクステル買収へ交渉=関係筋 | Reuters
Softbank in Advanced Talks to Acquire Sprint Nextel | WSJ.com
ソフトバンク、スプリント・ネクステル買収に向け詰めの交渉―関係筋 | WSJ日本版
What A Softbank Takeover Of Sprint Would Mean For The U.S. Mobile Market | WSJ
Sprint Confirms Talks With SoftBank Over “Substantial Investment” | AllThingsD
ソフトバンク、スプリントの70%買収で合意か | maclalala:link

広告

Read Full Post »

Update:Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど》


[Facebook buys Instagram | The Joy of Tech

Facebook が Instagram を買収した真意についてはいろいろ取り沙汰されているが、少しぐらい高くても早めにライバル潰しをしておこうという点は衆目の一致するところのようだ。

さっそく使うのをヤメたひとも出てきたようだが、The Joy of Tech が皮肉たっぷりにチクリとやっている・・・

Facebook buys Instagram | The Joy of Tech

     *     *     *

心配しなくていいよ。Instagram は今のままで変わらないから・・・

Don’t worry forks, everything about Instagram will be staying exactly the same.

     *

それに、キミの写真もデータも、ぜんぶボクのものだ。

Plus you now have the comfort of knowing that all your pictures and data are in my hands.

キミの個人情報はタップリ Facebook が大切にさせてもらうから安心してくれたまえ!

You can rest assured that Facebook will treasure every bit of your information!

     *

あ、それから少しだけ変更点があるのでお知らせ・・・新しい Instagram のアイコンはこちら!

On that note, I do have just one little changes to announce… Instagram’s New Icon!

     *     *     *

そうきたか・・・

★ →[イラストを見る:Joy of Tech

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Sa

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど(4月18日)

これまで Facebook が買収したうちでシャットダウンしなかったのは FriendFeed ぐらい・・・

Agile Cat: “Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど“: 18 April 2012

     *     *     *

買収してはシャットダウン

一般的に、Facebook による買収は、前回の Gowalla の時のように、その相手の能力が対象となる。通常では、 Gowalla のように、そのプロダクトは Facebook により取り消され、また、機能だけが Facebook に取り込まれることもある。 このソーシャル・ネットワークは、NextStop と、ex-Googlers ののチームを買収したが、それらは直ぐにシャットダウンされた。 NextStop 時代のトップは、Facebook Timeline を支えるプロダクト・マネージャになった。同様に、Facebook がファイル共有サービスである most of を買収した途端に、Drop.io は消え去ってしまった。

FriendFeed was a relatively early acquisition for Facebook and it’s one of the few products acquired by Facebook and not shut down. Though FriendFeed sometimes feels like it’s on a single server in the Facebook janitor’s closet, the service and the FriendFeed API are still running.

     *     *     *

これまでの買収は将来のライバル潰し(?)が目的だった。

さて Instagram はどうなる・・・

Read Full Post »


[Larry Page:photo

グーグルが Motorola Mobility の買収に大枚をはたいた。そのニュースでネットは持ち切りだ

これは Android をスーパーチャージするためであり、ライバルに対する競争力を高めるためだと Larry Page 自ら大見得を切った。

Official Google Blog: “Supercharging Android: Google to Acquire Motorola Mobility” by Larry Page: 15 August 2011

     *     *     *

Android はオープンのまま

モトローラを買収しても Android をオープンプラットフォームにするという我々の決意は変わらない。モトローラは Android のライセンシーであり、Android はオープンのままだ。モトローラは別会社として運営される。Android の成功には多くのハードウェアパートナー(メーカー)が貢献した。これらメーカーと一緒にすばらしいユーザー体験を提供するため邁進するつもりだ。

This acquisition will not change our commitment to run Android as an open platform. Motorola will remain a licensee of Android and Android will remain open. We will run Motorola as a separate business. Many hardware partners have contributed to Android’s success and we look forward to continuing to work with all of them to deliver outstanding user experiences.

     *     *     *

パテントポートフォリオの強化

モトローラの買収によってグーグルのパテントポートフォリオが強化され、競争力が増す。これによりマイクロソフトやアップル、その他の企業からの反競争的脅威に対抗することが可能になる。

[…] Our acquisition of Motorola will increase competition by strengthening Google’s patent portfolio, which will enable us to better protect Android from anti-competitive threats from Microsoft, Apple and other companies.

     *     *     *

Android をスーパーチャージする

グーグルとモトローラが組むことにより、Android をスーパーチャージできるだけでなく、競争力を高め、消費者に対しイノベーションと、大きな選択肢、すばらしいユーザー体験を提供することが可能になる。

The combination of Google and Motorola will not only supercharge Android, but will also enhance competition and offer consumers accelerating innovation, greater choice, and wonderful user experiences. I am confident that these great experiences will create huge value for shareholders.

投稿者:Larry Page[グーグル CEO]

Posted by Larry Page, CEO

     *     *     *

マイクロソフトやアップルの「反競争的脅威」を繰り返しているところをみると、どうやら先日の David Drummond の投稿は Larry Page の考えでもあったようだ。

ここで「反競争的脅威」とは「競争的脅威」と読むべきではないかと John Gruber はいう。

マイクロソフトとはトップ同士の話し合いも行なわれたが、最後はグーグルが振り切ったようだ。

この Larry Page の投稿に対しては賛否こもごも多くの意見が噴出している。

マイクロソフトとアップルを邪魔する消耗戦だという極端な意見から、アップルが特許ポートフォリオを強化したと評価するものまで多岐にわたっている。

しかし激しい競争にしのぎを削る端末機ビジネスにグーグルが踏み込むことに疑問をもつものも多いようだ。なかでも Henry Blodget の意見がおもしろい。

Silicon Alley Insider: “THE TRUTH ABOUT THE GOOGLE-MOTOROLA DEAL: It Could End Up Being A Disaster” by Henry Blodget: 15 August 2011

まず Blodget は5つの観点から検討を加える。[全訳はこちらを参照]

1)サムスンや HTC のような端末機メーカーはグーグルをライバルと看做すのではないか
2)ハードやソフトを一体化するアップル方式の方が PC 方式より優れていることを認めたことにならないか
3)マイクロソフトはしてやられたと思うのではないか
4)単なる防御的意味だけなのか、それ以上の意味があるのか
5)激しい競争にしのぎを削る端末機ビジネスに参入することを投資家はどう考えるか

     *     *     *

1万 9000 人の新社員

さらにはグーグルに新しく1万 9000 人の社員が加わることになる。1万 9000 人もだ! グーグルの社員総数は現在2万 9000 人にすぎない。60% も社員数が増加することになる。カルチャーの違いはもっと重大だ。グーグルはそんなマネジメントが出来るのだろうか?

Additionally, Google just added 19,000 new employees. 19,000! Google itself only has 29,000. Google just increased the size of itself by 60%–in a company in which culture is crucial. Does Google really have the management in place to manage that?

     *     *     *

奇跡の可能性

確かにグーグルが Motorola Mobility をアップルに対抗できるライバルに育て上げる奇跡の可能性もないわけではない。Android の販売人にとどまらず、iPhone みたいに利潤たっぷりのマージンを上げるという奇跡の・・・

Yes, there’s a chance that Google could pull off a miracle here and transform the Motorola Mobility business into a direct competitor of Apple’s–in which Google gets not only Android distribution, but super-fat iPhone-like profit margins to boot.

     *     *     *

大失敗の可能性も

しかし、ありそうな筋書きは、モトローラがこれまでのような二流の落伍者にとどまり、検索ビジネスでの輝かしい独占的地位に粗末な消耗品ハードを加えただけという結末になることだ。これじゃ投資家の気には入るまい。

Far more likely, Google will just continue Motorola’s mediocre also-ran status in the handset business, thus adding a big, crappy commodity hardware business to its glorious monopoly software business in search. And that won’t make investors happy.

結論。グーグルとしては大胆な動きだ。しかし解答より疑問の方が大きい動きだ。最終的には大失敗に終わる可能性すらある。

Bottom line, a bold move by Google. But one that raises a lot more questions and challenges than answers. And one that could end up being a major disaster.

     *     *     *

そんな中で Jim Dalrymple が HP の立場から光を当てているのがひと味違っておもしろい。

The Loop: “Google, Motorola deal opens the door for HP to license webOS” by Jim Dalrymple: 15 August 2011

     *     *     *

新しいモバイル OS を選ばなくてもいいか

グーグルのパートナーたちがバカでない限り、つぎに選ぶべきモバイル OS を何にするか終日頭をひねったに違いない。

Unless Google’s partners are completely stupid, they spent most of the day figuring out which mobile operating system they will use next.

     *     *     *

HP の webOS はどうか

サムスン、LG、HTC にとっては然るべき選択肢がないということが問題だ。しかしひとつあるかもしれない・・・それは HP の webOS だ。

The problem that Samsung, LG and HTC have is that there isn’t a good option available. But maybe there is — HP’s webOS.

HP は Palm を買収した際に webOS を獲得した。誰に聞いてもそれは優れた OS だ。事実 HP はコンピュータや、プリンター、ハンドヘルドで webOS を使うつもりであることを隠さない。

HP acquired webOS when it bought Palm, and by all accounts, it’s a very good operating system. In fact, HP has made no secret that it plans to use webOS in computers, printers and handheld devices.

     *     *     *

HP にとってチャンスではないか

HP の TouchPad が飛ぶように売れているわけではなさそうだ。ということはライセンスに興味を持つメーカーに HP がそのモバイル OS の売り込みをしないわけでもなさそうだ。

It doesn’t appear that HP’s TouchPad is flying off the shelves, so there seems to be no reason the company wouldn’t shop its mobile OS around to interested manufacturers for a licensing deal.

事実 HP がこの OS をライセンスできれば、マーケットでの地位を強化するのに役立つ。それだけではない。グーグルの地位を弱めるのにも役立つ。そんな動きをリードするのはアップルかもしれないが、HP としては初めてマーケットシェアを増やすチャンスが巡ってきたのかもしれない。

The fact is, if HP were to license the OS, it would strengthen its position in the market, but it would also weaken Google’s position. Apple would probably come out of such a scenario on top, but this could be the first step for HP to build a significant amount of market share.

     *     *     *

どうやら新生グーグルでは Larry Page の意向が大きく働き始めたようだ。

125 億ドル(1兆円弱)という大金をはたき、カルチャーの違う人間をたくさん抱え込んでまで行なう今回の賭けはうまくいくかのか・・・

★ →[原文を見る:Larry Page
★ →[原文を見る:Henry Blodget
★ →[原文を見る:Jim Dalrymple

Read Full Post »