Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘製品開発’ Category


[7-inch iPad のモックアップ:image

Jim Dalrymple が7インチ iPad について語っていることがオモシロい。

The Loop: “The 7-inch iPad” by Jim Dalrymple: 25 May 2012

     *     *     *

7インチ iPad はなぜ出ないのか

スティーブ・ジョブズは7インチ iPad じゃ小さすぎるといったといわれている。7インチ iPad を製造できる技術はこの数年で変わってきた。しかしアップルがそれを出さない理由は変わっていない。

Steve Jobs was quoted as saying that the 7-inch iPad was too small. While the technologies that would allow such a device have changed in the last couple of years, the reasons Apple would release it haven’t.

     *     *     *

Kindle Fire 対抗論

7インチ iPad を出すべきだと多くのひとが考える最大の理由は Kindle Fire だ。アナリストもメディアの連中も、アマゾンの脅威を回避するためアップルは小型タブレットを出すべきだと主張し続けている。

The reason that most people bring up regarding the release of a 7-inch iPad is the Kindle Fire. Analysts and media types insist that Apple needs to bring a smaller tablet to market to ward off the threat from Amazon.

     *     *     *

分かっちゃいない

この議論にはいくつか難点がある。第1に、これをアップルが7インチ iPad を出す根拠にしている人たちはデタラメもいいところだ。第2に、そんな議論を持ち出すのは彼らがアップルのことを理解しておらず、アップルの行動パターンを理解していないからだ。

There are a couple of things to consider with this argument. First, people that use that as the basis for the release of a 7-inch iPad are full of shit. Second, using that argument shows they don’t understand Apple and how the company works.

     *     *     *

ライバルなんか目じゃない

アップルはライバルに対抗するため、まだ完成の域に達していない、ないしは業界に大きなインパクトを与えるとは思えない製品を出すことはしない。アマゾンの Kindle Fire はそれなりの売れ行きを示しているが、iPad のライバルではない。

Apple will not respond to a competitor by releasing a product that they don’t feel is ready to be sold or will not make a significant impact in the industry. The Kindle Fire, while a decent seller for Amazon, is not a competitor to the iPad.

     *     *     *

2つはまったく別のもの

iPad と見比べて、同じ体験ができるからと Kindle Fire を買うひとなんかいるワケがない。Kindle Fire と iPad は対象としているマーケットがまったく異なるのだ。

People do not go out and look at an iPad and then decide to get a Kindle Fire, knowing they can get the same experience. The Fire and the iPad serve different markets.

     *     *     *

すでに開発済み

アップルが7インチ iPad の開発をしてからだいぶ時間が経ったと私は信じている。[注:こちらも。]だからその気になればいつでも出せるはずだ。しかし現実にはそうしていない。なぜなら7インチ iPad はアップルが思い描く製品ではないからだ。

I believe that Apple’s had a 7-inch iPad for a while now, so they could have released it at any time, but they didn’t because it wasn’t the product they envisioned.

     *     *     *

さまざまな変化

オリジナル iPad が登場して以来、チップは小型化し、ワイヤレス技術も進化、Retina ディスプレイも導入された。みんなが iPad をどう使うかということもよく分かってきた。これこそ新製品を決めるにあたって決定的に重要な情報なのだ。

In the years since the original iPad was released, chips have become smaller, wireless technologies are better, retina displays have been introduced, and Apple has a better idea of how people use the device. This is crucial information to have when making product decisions.

     *     *     *

当時としては完璧

10インチ iPad は当時アップルが持っていた技術やマーケット情報からみて完璧なサイズだった。今でもそれが完璧なサイズであることは変わらない。

The 10-inch iPad was the perfect size with the technologies and market data Apple had available at the time. The fact is, it’s still the perfect size.

     *     *     *

空隙を埋める

7インチ iPad は製品戦略の空隙をアップルが満たしつつあること証左だ。戦略自体が変化したのではない。歴史的にみてもアップルは製品というものについてまさにこういう態度をとってきたのだ。

A 7-inch iPad is only a sign that Apple is filling out its product strategy, not that its strategy has changed. The company does have a history of doing this very thing with its products.

     *     *     *

当時としてはベスト

オリジナル iPod の例を考えてみよう。今から考えるとそれは大きかった。しかし当時可能な技術からすれば、製造し得るベストな製品をアップルは発表したのだ。

Let’s take the original iPod. Looking at it now, it was big. However, at the time, with the technology available to them, Apple released what they felt was the best product they could make.

     *     *     *

異なる顧客分野を開拓

その後アップルは iPod mini — 後に iPod nano となる — を出してそれまでとは異なる顧客分野を開拓した。さらに iPod shuffle も出したが、これもまた異なる顧客分野を獲得した。

Then Apple came out with the iPod mini, which later became the iPod nano, capturing another segment of the market. That release was followed up by the iPod shuffle, again capturing another segment of the market.

     *     *     *

アップルにとっては計算済み

これらの製品が可能になったのは技術の変化だった。しかし私としては、これらのすべてはアップルの計画どおりだったのではないかと思う。

It was changes in technologies that allowed these products to be released, but I believe Apple had planned the releases all along.

     *     *     *

肝心な点は・・・

7インチ iPad だろうと、他のアップル製品だろうと、ライバルに及ぼす影響という観点から見るべきではない。そうではなく、アップルの製品戦略に合うかどうかという観点から見るべきなのだ。そうすれば物事がもっとハッキリ見えてくる。

When you look at a 7-inch iPad, or any other Apple product, don’t look at how it affects its competitors, but rather how it fits into Apple’s product strategy. Doing that will make things a lot clearer.

     *     *     *

これ以上付け加えることはないだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[Iris 9000:image

とうとう Siri 人気でガジェットまで出た(出る)。Siri を使うための音声リモコンだ。

The Loop: “Siri-compatible remote voice control module looks like 2001′s HAL” by Peter Cohen: 25 October 2011

     *     *     *

HAL そっくり

Siri のリモート音声コントロールは「2001 年宇宙の旅」の HAL そっくりだ。

Siri-compatible remote voice control module looks like 2001′s HAL

Siri は iPhone 4S に搭載された音声応答システム。どうしても「2001 年宇宙の旅」の宇宙船ディスカバリー号に搭載された人工知能 HAL と比べてしまう。Iris 9000 は HAL のような形をした音声リモコンだ。この ThinkGeek 社製品によって HAL との距離がまたひとつ縮まった。

Siri, the voice response system built into the iPhone 4S, has inevitably drawn comparisons to HAL, the artificial intelligence on board the spaceship in 2001: A Space Odyssey. ThinkGeek is blurring that line by introducing the Iris 9000, a remote voice control module that looks like HAL.

     *     *     *

離れたところから音声でコントロール

IRIS 9000 の出荷は来年春まで待たなければならないが、この 59.99 ドルのガジェットを使えば、部屋の隅から iPhone 4S をコントロールすることが可能になる。クレードルには iPhone 4S を収納し、マイクロリモコンのボタンを押すことで Siri を起動する。内蔵マイクで 50 フィート[約 15 メートル]離れた声も拾うことができる。

IRIS 9000 won’t ship until next spring, but when it does, the $59.99 gadget will let you control your iPhone 4S from across the room. A cradle holds your iPhone 4S, and a “micro remote” triggers Siri with a button press. A built-in mic picks up your voice and triggers Siri up to 50 feet away.

内蔵スピーカーによって Siri の回答音声を拡大できるほか、Siri の声にあわせて赤いランプが瞬く。

A speaker embedded on the Iris unit amplifies Siri’s spoken responses, and the glowing eye even flickers along with Siri’s voice.

     *     *     *

ポッドベイドアが開くのも

SF ファンの夢がまたひとつ実現した。ポッドベイドア[注]が開くのももう少しだ。

Yes, it’s every sci-fi fan’s dream come true. One step closer to opening the pod bay doors.

[注]人工知能 HAL が初めて人間に反逆するときのやりとりから。そのハイライトシーンはこちら
Dave Bowman: Open the pod bay doors, HAL.
HAL: I’m sorry, Dave. I’m afraid I can’t do that.

     *     *     *

まるで自分の机に HAL が乗るみたいで心が躍る。(今になればレトロ?) プロモーションビデオもぜひご覧あれ。

こういうことを直ちに商品化できる力はどこから生まれるのか・・・

[via Laughing Squid

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Steve Jobs:image

Jobs には4年後までの新製品計画があったという Daily Mail 紙の記事が気に懸かった。

それ以上詳しい内容は触れられていないが、BostonHerald が次のような Carl Howe のコメントを紹介している。

BostonHerald.com: “Steve Jobs left plans for more Apple products” by Thomas Grillo: 10 October 2011

     *     *     *

4年間分にも及ぶ新製品計画

Steve Jobs は亡くなる最後の日まで未来について考えていた。

Even in his last days Steve Jobs was thinking of the future.

複数の記事によれば、この天才はアップルの成功を約束する4年間分にも及ぶ新製品計画を準備していたという。

The Apple genius stockpiled fours years worth of blueprints for fresh products to ensure his company’s success, according to reports.

     *     *     *

iCloud プロジェクトも

病気であったにも関わらず、先週56歳で亡くなったアップルの創業者兼 CEO は、最新の iPod、iPad、iPhone、MacBook について指示していただけでなく、遅れている iCloud プロジェクトの開発についても監督していた。アップルのユーザーは iCloud によって遠隔から音楽や写真、その他の書類を保存できることになる、と Daily Mail 紙は伝えている。

Despite his illness, Jobs, the co-founder and CEO of Apple who died last week at the age of 56, had been masterminding updated versions of the iPod, iPad, iPhone and MacBooks, and overseeing the development of the delayed iCloud project, which will allow Apple users to store music, photos and other documents remotely, according to a report in the Daily Mail.

     *     *     *

驚くには当たらない

Yankee Group の消費者研究グループの長である Carl Howe は、Jobs が未来のアップル製品の開発を進めていたとしても驚かないという。iPad のデザインが 2004 年には完成して登録されていたのに、実際にマーケットに投入されたのは昨年だったことを考えれば、これは驚くには当たらないと。

Carl Howe, director of Yankee Group’s Consumer Research group, said he’s not surprised that Jobs was at work on future Apple products, noting that the design registration for the iPad was completed in 2004 but not introduced to the marketplace until last year.

「せいぜい当該四半期か2四半期ぐらいしか念頭にない連中と違って、Jobs は何年も前から先を見越して新製品を計画するのだ」と彼はいう。

“It’s not like these guys plan only a quarter or two in advance,” he said. “Jobs anticipated new products years ahead.”

     *     *     *

死後初めての製品

新しい iPhone モデルは10月5日の Jobs の死後初めて発売されるアップル製品となる。iPhone は同社にとって最大の収入源で、販売収入のほぼ半分を占める。今回初めてすべての米国キャリアで利用できるようになったのだ。

The new model will be the first Apple product release since Jobs’ Oct. 5 death. The iPhone represents the company’s biggest source of revenue, accounting for nearly half of its sales. For the first time, the device is available from all three of the nation’s largest carriers.

     *     *     *

調査結果も裏付ける

新製品発表前に行なわれた調査結果は、新 iPhone の驚くべき予約状況によっても裏付けられる。新しい iPhone に関心があるかと尋ねられた消費者は、なんとその 40% が新製品がどんなものか分からなくても買うと回答したのだ。

Howe said the stunning presales confirm a survey that was completed before the introduction of the new iPhone. Consumers were asked if they were interested in the new Apple phone and a whopping 40 percent of those polled said they would buy a new iPhone without knowing what was in it.

     *     *     *

ブランドさえ確立できれば

「これはアップルブランドの強さと、アップルが消費者の求めに応じてきたことを示すものだ。ブランドさえ確立できれば、消費者はその製品を信頼し、購入するのだ。」

“This shows the power of the Apple brand and delivering what consumers want,” he said. “If you built up the brand, consumers get to build trust and they buy your products.”

     *     *     *

これ以上の詳細は分からないのだが、折に触れて重要な発言をしてきた Carl Howe なので気になるところ。

お茶の間でのコンテンツ消費に関するものも開発パイプラインに含まれていると思うが、クラウド化はその決定的前提条件だろう。

Jobs がいかなる未来を思い描いていたのか、その姿が明らかになるのが楽しみだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


Illustration | Alexander Ho]

iPhone や iPad をライバルが追いかける。各社のスマートフォンやタブレットが次々に登場する。まるでガジェットの洪水だ。

その割には未完成のものが多いと Harry McCracken[Technologizer]が苦言を呈している。

TIME: “It Just Doesn’t Work: Why New Tech Products Are Increasingly Unsatisfying” by Harry McCracken: 28 July 2011

     *     *     *

It just works(ちゃんと動く)

Steve Jobs がアップルの新製品を気に入ったときは、みなさんご存知のようにたった3語でそれを表現する。 — 「It just works.」(ちゃんと動く)と。最近つくづくとライバルが同じことをしているだろうかと考える。

When Steve Jobs is delighted with a new Apple product — which, as you may be aware, he usually is — he flatters it with three simple words: “It just works.” […] Lately, though, I’ve been wondering whether some of its competitors are doing the same.

     *     *     *

ライバルはどうか

この20年間私はテクノ製品のレビューを仕事にしている。いろんなものを見てきた。最初からすばらしかった PalmPilot のような製品から、発火しやすいマウスというまるで危険なものまで。しかしレビューの対象に取り上げる新製品が、まだ大衆が使うレベルに達していないと今ほど感じる時期はない。まるで突飛すぎたり、まったく動かなかったりする。メーカーの助言を得るため電話すると、メーカーはほとんどの場合私が遭遇した問題点を熟知しているのだ。

I’ve been reviewing technology products for 20 years now. I’ve seen it all, from products that were amazing from the get-go (the first PalmPilot comes to mind) to ones that were downright hazardous (a mouse that caught on fire). But there’s never been a time when so much of the new stuff I look at is so very far from being ready for mass consumption. Sometimes it’s a tad quirky; sometimes I can’t get it to work at all. And when I call the manufacturers for help, they’re often well aware of the problems I encountered.

いったいこれはどうしたわけだろうか?・・・この理由として3つの犯人像が浮かぶ。

What’s going on here? There are three main culprits:

     *     *     *

第1:ベータでよしとするカルチャー

The beta culture.

昔はベータテスト中の製品だけにベータというラベルを貼ったものだ。まだ開発中で、一般大衆が使う段階にはなっていない代物だった。インターネットですべてが変わった。リリース前のものでも何百万というひとに流通させるのが簡単になってしまったからだ。

Once upon a time, products that were labeled as beta were indeed undergoing beta testing. They were works in progress, and nobody dreamed of sharing them with the general public. The Internet changed that by making it easy to distribute prereleases to millions of people. […]

なんでもベータにできる世の中なんて、何も完璧ではないということだ。フリーのソフトウェアならまだしも、何百ドルもするハードウェアとなるとそうはいかない。たといメーカーがベータ段階のハードウェアだといわなくても、そう考えていることはハッキリしている。

A world in which anything can be a beta is a world in which no product must be complete. That might be O.K. if you’re talking about free software, but the philosophy is rubbing off on hardware that people pay hundreds of dollars for. Even if companies don’t call hardware beta, they clearly think of it that way.

顕著な例はモトローラの Xoom タブレットだ。2月に登場したが、4G サポート、Flash、MicroSD スロットのサポートという3つの機能は後日までお預けの状態だった。その後今日まで一部のユーザーは MicroSD を有効にできたが、そうでないものもいる。延び延びの 4G アップグレードについてはみなが待ちかねている。これってベータ製品ではないのか。

One notable example was Motorola’s Xoom tablet, which arrived back in February with rain checks for three of its notable features: 4G support, Flash and support for its MicroSD slot. Today, some owners have the update that enables MicroSD, others don’t, and everyone’s still waiting for the overdue 4G upgrade. Sounds like a beta product to me.

     *     *     *

第2:アップデートが簡単にできること

Easy updates.

ハードウェア製品の機能の多くは、今日ではファームウェア(firmware)によってなされる。すなわち埋め込みソフトウェアのことだが、製品出荷後でもインターネットによってアップデートすることが可能だ。あとでアップグレードすればバグを修正できるという事実は、未完成な製品をだそうとする強烈な誘惑となる。(大学の試験で答案を出した後訂正を認めるのと似ている。)

Today, much of the functionality in many hardware products is accomplished through firmware — embedded software that can be updated over the Internet after a product ships. The fact that companies can fix bugs by pushing out upgrades turns out to be a powerful temptation to ship incomplete products. (It’s a little like having a college professor who lets you change your answers on an exam after you turned it in.)

HP TouchPad が発表後あまり受けが良くなかったことに対して、HP のボス Jon Rubinstein がスタッフに向けて出したというメールを見てこのことを思い出した。不平のいくつかはもっともだと彼は認めた。そしてそれらは TouchPad のソフトウェアアップデートとアプリケーションストアで解決されるだろうと述べた。もし HP がバグだらけの TouchPad 初期モデルを発売した後でも開発や問題点の修正を続けることが出来なかったとしたら、そんなノンキなことは言っておれなかったハズだ。

I was reminded of this when I read a leaked e-mail that HP honcho Jon Rubinstein sent to his staff after the company’s TouchPad tablet was released to uniformly lukewarm reviews. He acknowledged that some of the gripes were legit. And then he said that most of them would be quickly fixed in updates to the TouchPad’s software and application store. He wouldn’t have been nearly so blithe if it hadn’t been possible for HP to go on working on the TouchPad after people were buying it in its buggy initial state.

     *     *     *

第3:ライバルを負かせばいいとう考え

The rush to beat the other guys. […]

例えば4月に RIM が BlackBerry PlayBook タブレットを出したとき、これぞ「プロレベル」初のタブレット、Adobe Flash もサポートするとさっそく広告でもてはやしたものだ。なかなかカッコよかった・・・が、実は故障しがちで、搭載した Flash のバージョンはちゃんと動かなかった。PlayBook のマーケティングは万全だったが、PlayBook 本体はまだ準備不足だった。

RIM, for instance, shipped its BlackBerry PlayBook tablet in April, then immediately began flooding the airwaves with ads that touted it as the first “professional grade” tablet and boasted of its support for Adobe Flash. Which would have been dandy … except that the tablet was thoroughly glitchy and sported a version of Flash that barely worked. The PlayBook’s marketing campaign was ready; the PlayBook wasn’t.

アップル iPad に続くタブレットは、どれも PlayBook のようにライバルをやっつけるため急ごしらえでデザインされたという感じだった。どれも大きくヒットしなかったのは偶然ではない。本気で iPad のライバルを出すつもりなら、未完成のまま出したりはしないのだ。

Like the PlayBook, nearly all the tablets that have followed Apple’s iPad onto the market feel like they were designed with a sense of urgency that trumped all else. It’s no coincidence that none of them have been big hits. If a serious iPad rival does come along, it won’t be one that was shipped prematurely.

     *     *     *

アップルならどうする?

ひるがえってアップルのことを考えてみよう。アップルの出す製品が、一般消費者が望む機能すべてを搭載しているわけではないことはよく知られている。しかし、その製品がまるで魔法のように「ちゃんと動く」(just work)状態でなければ、そうなるまでアップルは開発を続けるのだ。それが新たなオドロキに見えるのがテク業界の現状だとしたら、アップルは何というだろうか?

All of which brings me back to Apple. Heaven knows, it often ships products that don’t include all the features an average consumer might want. But even when its products don’t “just work” in a way that feels practically mystical, they do work. What does it say about the state of the tech industry that this comes as a refreshing surprise?

     *     *     *

なんか身につまされる話だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »